RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

自然の豊かさを心の泉に

地球上の大自然は素晴らしい。その豊かさに抱かれて。
<< 涙を流すとき、真実に出会った気がします。 | main | 今年も年末が近づきました、災害も有りました。 >>
地震は怖いです、昔から地震カミナリ火事親父といいます。
0
    一瞬の出来事、恐怖の中に埋没してしまいます。
    たった数十秒の間に、何十センチもの地盤を移動させる力、想像を超えたものです。
    自然の力・エネルギーの巨大さに怖さと凄さを感じます。

    いったいそのエネルギーの源はなんなんでしょうかね。
    地震のメカニズムを良くプレートの動きと言いますが、よく理解出来ていません。
    プレートがなぜ動くのかも分かりません。

    マグマが上昇して冷やされて、何がどうなっているのか、分かりやすく知りたいものです。
    そして地震は怖いと言う観念から、地震と言うメカニズムを理解をすると言うものへ変われば、多少の恐怖から解放されそうな気がします。
    プレート云々(うんぬん)ではどうもピンとこないんです。

    これからも無くなるものでない地震、地震への恐怖を常に持っていなければならない、日本の地盤をもっともっと理解したいものです。
    活断層と言う言葉もはっきりと分かっていません。
    どんな状態で、そのものがどうなるのか、いずれは地震が来るだけでは、心配ばかりです。

    来た後の対策、即ち防災ではなく事後対策、こちらの方だけに力が行ってしまっている感が有ります。
    耐震の備え、まだまだ住宅で弱いものがいっぱい有るそうです。
    しかしこの地区は地盤が弱い、と言う評価など全く無視して、戸建ての新築住宅を販売するのが現代の姿です。
    昔はあそこは軟弱な地盤だから、家は建てない、そう言って警告なりしてました。

    現代はええあんなところに住宅地が開発されたの、って驚くこともしばしばです。
    沼地だったところが、土地の低いところが、もう跡形も無く住宅の群れになっています。
    それ自体が地震に対する無視ではないでしょうか。

    日本は狭い面積に多くの人がひしめいている、そう思うのですが、実際には都会集中型で、地方はいっぱい広い空間が有ります。
    土地の利用、そのことに日本をリードしている方々には感覚が無く、視野に入っていない気がします。
    田舎、そこには都会と違ったいいものがいっぱい有ります。
    しかし田舎への誘い、老人になれば、田舎暮らしが出来る誘い、そう言うものが少なすぎるような気がします。

    都会の老人一人暮らし、その言葉が無くなるような、田舎疎開的な行政が行われないと、都会はどんどん年寄りの集合体になってしまいます。
    都会に地震は来る、これは絶対に有ります。
    そして、多くの老人が犠牲になることは間違い有りません。

    恐怖はそうしたお年寄りが一番感じているのです。
    地震が怖い、この恐怖を多少でも少なくすること、それをもう少し進めることが出来ないものでしょうかね。
    | 恐怖の中で | 09:58 | comments(0) | - | - | - |