RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

自然の豊かさを心の泉に

地球上の大自然は素晴らしい。その豊かさに抱かれて。
<< 法を遵守することを何故政治家は出来ないのか。 | main | 知らなかった、この言葉で逃れてしまう常識(?)に閉口します。 >>
じっとしていることは辛く不自然な姿です。
0
    真っ暗な空から今にも雨が落ちて来そうな雰囲気です。
    部屋の中は暗がりのため照明が必要です。
    もし照明の無い大昔の時代、こんな日は何をしていたんでしょうかね。
    鳥たちのように巣にこもっていたんでしょうか。

    じっとして、動かずに一日を過ごしたんでしょうかね。
    しかし動かない、じっとしている、これは辛いことです。
    入院すればほとんどがそうした静の世界に入ってしまいます。

    実に動かないと言う行動(?)は難しいものです。
    健康であれば、もっと難問です。
    しかしそうした時間もたまには必要な気がします。

    のんびりと、静的な空間で、何も考えずに、自然を眺めていたい、そんな気分もいいものではと思ったりします。
    思い出すのは大学受験勉強が終わって、目的の受験も達成し、さてこれから何を、と思った時に、じっと長い時間庭の草木を眺めていました。
    その光景を思い出し、とてもいいものだったと言う感慨に浸ります。

    その後はそのような自然体でのんびりと過ごすことが無かったような気がします。
    せかせかとした日々を、時間を過剰に意識して、周りの人びとにいい人だと思わせるような、裕福な生活に憧れ、ともかく自分への労(いた)わりなど考えませんでした。

    でもこうして現役を引退し、生活も安定し、他人の目も気にせずに、自由に、思い通りに出来る、そうした時なのですが、中々じっとしていません。
    毎日が決まったように、同じことを繰り返しています。
    静かな状態にしていないんです。

    せかせかと、これが収まらないのです。
    結果、じっとしていること、これは実に辛いことで、疲労の原因になるんでしょうかね。
    闊達な行動こそが自然体なんでしょうかね。
    人と言うものはと貧乏性なのかも知れません。

    優雅に時間を過ごす、その中に忙(せわ)しないものが混じってくる、どうもそうした雰囲気があるような気がします。
    だから、結論は忙しなく動いていてもいいのかも知れませんね。
    さっそく、この天気の悪い状況の中で、外出準備をしているんですから、不自然な行動かどうか、これが自然体なのかどうか、分からないばかりです。
    | 自然・活発な行動 | 08:33 | comments(0) | - | - | - |