RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

自然の豊かさを心の泉に

地球上の大自然は素晴らしい。その豊かさに抱かれて。
<< 晦日、あと一日です。 | main | 新年のおもてなし。 >>
もう一日の今年、いろんなことが有りました、それが最終日にも。
0
    これほど健康のコマーシャルをしている時代は無いほど、テレビ・ラジオ・新聞等々で宣伝されています。
    しかし、健康食品を販売するためのもので、健康管理と言う面では何も言っておりません。
    今年の最後に来て、又しても、最高責任者の頭の下がるのを見なければなりませんでした。
    日本の企業はいったいどこに経営の主眼を置いているのでしょうか、と疑問を持ちます。

    食品を製造する、そこにはどうしたって健康被害を出さない、その品質管理が主眼になければなりません。
    今回の場合、どんな理由から農薬が混入したか明らかになっていませんが、物凄い量と多種類に及んでいることから、製造後に何らかの悪戯(いたずら)とは考えにくいです。
    中国の餃子事件とは質の違ったものであろうかと思います。

    これは製造の品質管理以外に考えられません。
    ある主婦が出荷前に何故分からなかったかと、言ってました。
    これが正しいのです、冷凍食品は製造してから、即出荷は無いかと思います。
    冷凍庫に保存して、その内から出荷するわけですから、製品チャックする時間は十分に有ります。

    しかし、出荷して、子供が吐き気を催して初めて知るとは、品質の管理が如何にズサンかを覚えます。
    現代は冷凍食品時代とばかりに、冷蔵庫も冷凍庫と言ってもいいほど、冷凍庫が大きくスペースを取ってます。
    チンすれば即料理無しで食卓に並べられます。

    しかし、本当にいいのだろうかと、何か健康に悪影響が無いのだろうかと、常々心配していました。
    いくら冷凍と言っても、徐々に製品の品質は劣化します。
    特に、細菌の汚染は避けられません。
    そこで殺虫剤を使うことになりますが、冷凍状態が悪ければ細菌の発生量も多くなり、その結果殺虫剤も多くなり、そんな問題点が有ったのではなかろうかと、邪推しています。

    もう冷凍食品でも事故はこの程度で留めて欲しいと思います。
    この正月用にも冷凍のおせちが食卓にいっぱい並ぶことでしょう。
    その中のエビが問題ではなく、その冷凍食品に殺虫剤が混入していない、そう言い切れないのでは無いでしょうか。

    多少なら中毒を起こさないから、大丈夫、しかし、毎日冷凍食品を食べていれば、これは身体に少しずつ農薬は入っているわけで、堆積する物質であれば、問題が置きかねません。
    日々の食、これは欠かすことが出来ません、できれば冷凍食品などに頼らないで、自分で料理することが大事です。
    そして自分の料理はこの世で一番美味しいのです、本当ですよ。
     
    | 健康:自然の姿 | 09:40 | comments(0) | - | - | - |