RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

自然の豊かさを心の泉に

地球上の大自然は素晴らしい。その豊かさに抱かれて。
好景気への焦りNo 4039
0
    梅雨の中休みですか、薄日が差し込んでいますので、気分は悪くないです。
    しかし暑いです、33度の予報が出てますから数字を聞いただけで汗が吹き出しそうです。
    扇風機も朝から活躍です、どうやらエアコンは空気の循環だけですので外の空気を入れた方が良さそうです。

    特に外食する場合は開放部分の確認が大事な様です。
    とは言っても外食する機会は激減ですから、今のところ気にしてません。
    東京のアラートが何だったのか、昨日の感染者数の数字をどう読むのかわからないですね。

    ともあれまだまだ完全に収束している訳じゃないですから依然として注意気分は抜けません。
    ですが、人の気分と言うものは欲求が満たされて無ければ落ち着きません。
    では人間の基本的欲求とは、と問われたら答えを出せますか?
    で、ある文章の中で見つけました。
    それは
      ふれあい
      意思疎通
      運動
    の三つだといいます。
    なるほどなあとこの三つの欲求が満たされたら日々良い時間を過ごせるのでしょう。
    これを大事にしてこれから意識的に過ごしたいと思っています。

    一方憂鬱になって苛立ちも出てきますが、そんな時は
    今の自分に満足すること。だと言います。
    なる程今を不満に思って過ごしたら、ずーっと詰まらない日々になり一生涯それが続くでしょう。
    満足していると思って過ごせば生涯いい気分でいられるでしょう。

    本当に生き方は気分次第ですね。
    これ又今後の参考にします。
    秀吉が面白い事を言ってたそうです。
    「公然のウソこそ政治というものである。
    そのウソをウソと知りつつ服従することも政治で有る。」
    と。

    なる程今の政治も全く変わりませんね。
    安倍政権がウソを言うのは政治なんですね。
    そして与党の連中がウソを知りつつウソだと言わないことも政治なんですね。
    政治家のウソは公然と承認認知されているのでしょう。
    結局は市民のバカさ加減を政治家は利用しているだけですか。

    何にしても人は毎日生きている訳で、いちいち気を使って、あーでも無い、こーでも無いと言い合っても特にいい事が有りません。
    だとしたら、のんびりと過ごすことで満足していればいいじゃ無いかもね。

    コロナのダメージを早速に取り戻そうと危険を冒してまで経済優先も本来の人間の欲望と違うものかもしれません。
    兎も角現代人は焦り過ぎてます。
    早い事が良い事だ、この考えが現在人の根底に根差しているのが問題です。
    5Gなどで速度を何倍にして情報を得たとしてもどれだけの違いが生まれるでしょうか?
    早く即ち焦りです。

    焦れば焦るほど結果は失敗へと繋がる事が多いです。
    米国の動きも焦りの象徴に見えます。
    クオモ知事はその点を指摘していますが正しい判断です。
    逆に小池知事や西村大臣などはガムシャラに焦って居ます。
    ベトナムとの交流も焦りの一つです。

    確かにふれあいが基本的欲求の一つですが、ジッと我慢することも人の行動の一つでしょう。
    我慢辛坊の後に解放の喜び歓喜が生まれます。
    そんなことで今日も自分は満足して居ると聞かせながら過ごします。
    | 休息 | 10:37 | - | - | - | - |
    連休なので、ブログも連休っと No3636
    0

      平成も数日で令和に引継ぎをします。

      30年間ご苦労様と感謝したいところです。

      昭和は64年の一月までその半分でしたね。

       

      と言う事は昭和は長い時代でした、明治は45年でしょう、大正は15年ですからね。

      昭和は激動の時代だったと思いますが、平成は安定した世界だったかも、局部的に大事件が起きましたが世界戦争が無かったのはなによりです。

      過去を振り返れば戦争に明け暮れた時代がずーっと続いていた訳で、その中で江戸時代は長期の安定社会は鎖国と言う恩恵?が有ったからでしょうか。

       

      時代は過去はいろんな事を教えてくれます。

      今読んでいる楽毅(がっき)にも出ていますが「歴史を知ることによって自分の向こうに有る自分が見えて来る」と記されています。

      国も同じだともあります。

       

      やはり、自分も国も安定と言う一つの目標があります。

      それ以外に何が有りましょうか、もし今でも戦争と言う状態があったならどれほど平和安定を望むか、考えて見れば平成はとても過ごしやすかったと思います。

      今度の令和がどんな時代になるのか期待と不安はつきものです。

      平成の流れが継続することを祈って、数日間休息します。

      その間に令和が来ているでしょう、新しい幕開けがどんな景色なのか????

      | 休息 | 09:43 | - | - | - | - |