RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

自然の豊かさを心の泉に

地球上の大自然は素晴らしい。その豊かさに抱かれて。
オリンピック中止No 4048
0
    うっすらと弱々しい日光が出てきてます。
    しかし厚い雲の中のほんのちょっとした薄雲からでしょう。
    この先晴れる気配は全く感じられません、これが梅雨の気候ですから辛坊です。

    今年の梅雨は順調といった感じで異変が来ません。
    梅雨明けはきっと暑い夏が照りつけるのでしょう。
    いつ頃開けるんでしょうかね。

    6月も残り一週間になり来月はオリンピックの開催月だったのですがどっかに雲隠れしてしまいました。
    もし強硬論で開催を叫んで見ても何処の国からアスリートが来てくれますか?
    3月の時点でその予測も出来なかった関係者は愚鈍そのものです。
    早々に中止した方が良かったと思いますよ。
    来年の開催は今年と変わらない状態が続くと見通せます。
    今冬の状況次第と読んでいるでしょうが地球は丸く南北が有り、気候も逆になります。

    南の国々は貧困状態から抜け出してませんからもしワクチンが有ったとしても世界中に波及する事は無いでしょう。
    アフリカは陸上で優位なアスリートが多いですからそうした選手を迎えられるかどうかです。
    マラソンにしても走ることにかけては絶対を維持しています。

    それだけじゃ無く世界中で感染対策を独自の方法で行っていますから感染者を見極める方法も一定の方法じゃないでしょう。
    PCR検査も様々な方法をとっている様で国際規格の検査器具では無い様です。
    もしオリンピックを開催するなら全ての面で国際規格を作って、検査も同じ方法を採用しなければならないのは当然です。
    症状のある無しで検査するかどうかでは無くあらゆる場合で検査を行わねばならないのです。

    今日は大丈夫しかし明日は分からない、これがこのコロナウイルスの特徴です。
    ですから毎日検査検査が必要なのです。
    一方アスリートだけじゃ無く観客の方も毎日検査をして大丈夫となったら観戦出来る様にせねばなりません。
    体温計で検査する方法では無症状の人を発見出来ません。
    無症状感染者が半分近くいると言う状態では全ての検査が必要となるのです。

    と言う事は絶対にそれまでの対応ができない訳ですから中止する事は明らかです。
    オリンピックを延長させることでどれ程の税金が使われていますか?
    ハッキリと国民に伝えて貰いたいです。

    無理が通れば道理引っ込む、その通りです。
    コロナの襲撃で今後どれだけの税金収入が減るでしょうか?
    税金収入が減少した分国債を発行する事が出来ると政府筋は見ているのでしょう。
    しかしコロナが2年3年と長引けば国債発行額は急激に増えてしまい日本沈没への軌道に乗っていきます。

    今回だけでも国債発行は100兆円以上でしょうから数年で今の倍ぐらいに膨らむことだって想定して置きたいものです。
    現在1000兆円を越している訳ですからこれが2000兆円でもなったらどうするのか日銀は考えているのでしょうか?
    自分たちだけが困らなければ未来人が困っても善しでは人の子じゃないです。

    そんなこんなで金の掛かるものは止める。
    この一言です。
    オリンピックは来年やらなくたって生きる上で支障は有りません。
    逆に国債を出すことによる被害は人災と同じです。
    早めに判断こそが命を救う鍵です。

    早期発見早期治療です。
    現政権の治癒はこの療法しか有りません。
    | 正しい事 | 10:18 | - | - | - | - |
    一歩後退No 4031
    0
      薄日でももう暑さが違って来ました。
      夏です、熱中症にご注意ですね。
      しかし昨年はスポーツ観戦で日焼けしましたが今年はまだ腕の色が薄いです。
      年寄りは紫外線が必要ですから頑張って外歩きします。

      今朝はちょっと慣れない作業をしましたので筋肉の疲れを感じました。
      そういえば疲れる事って意外に少なくなったので丁度イイ刺激でした。
      常日頃同じ筋肉しか使わない動かさないですからいろんな作業をした方が良さそうです。

      それにしても世界を見渡すと新型コロナウイルスの猛威が移動しながら人間を破壊し続けています。
      現在はブラジルですが次にメキシコやペルーやアルゼンチンへと飛び火する様です。
      ウイルスは一応世界一周してその後諦めるのか、もっと存在感を高めようとするのか?

      今のところ長続きしそうです。
      毒生が少ない分感染力が大きい言う特徴がある様ですが、あんなに小さなウイルスが何故人間を悩ませるのか不思議です。
      一般動物にとっては何も影響が無いのですからこれ又不思議です。
      猫も感染しているようですが熱が出たら毛が多いですから冷やすのが大変だろうね。

      兎も角ウイルスによって人の社会は甚大な損害を受けました。

      その額はいろんな物差しで表現されて、人々に落胆を与えてます。
      多くは経済的なお金を指標にしてますが精神面とか社会構成面とか広い範囲に影響しています。
      超客観的に大上段から天から地球を見て総合的な判断をしても良い様な気がします。

      多くの話題は枝葉末節的なところを重箱の隅を突っついている感じを持ちます。
      今はジッとして辛坊のひと時ではと思うのです。
      早々に経済活動を始める、渡航も条件付きで解除する等々どっか軽々しい軽挙ではと感じてなりません。

      折角と言うか、ウイルスで活動を制限した訳ですから、世界の今後未来について世界中から人が集まって良い地球を作ることを話し合ったらいいじゃない。
      集まると感染するならテレビ会議でも良いでしょう。
      テレビ会議ももうちょっとやり方が有りそうな気がしますがね。
      宇宙にあれだけの衛星が飛んでいるのに通信が止まったりいろんなトラブルを発生させてますから、完全会議なるものの構築です。

      そうすれば海外出張など今後必要無くなるでしょうが、現状のテレビ会議ではまだダメでしょうかね。
      それよりもロボット会議が良いかもね。
      ロボットにいろんな情報を与えて置いて、相手の意見を理解して、こちらの意見も同感して貰い、良い結果を導く。
      人間が介在しないから感情論にも為らず正論のみがチョイスされるでしょう。

      人間は一歩下がって後退して地球と言う貴重な星をどう運営すれば良いのかロボットに判断させてはどうでしょうか。
      ロボットには地球の生まれた時代からすべての情報を与えておきます。
      人間が発生してから現代迄を教え込み、今の社会が人間にとって最適なのか?いやいやデタラメなのか?を議論させます。

      その間の人間はのほほんとゆったりと見ていれば良いのです。
      人間が余りにも前面に出過ぎて善悪も判断出来ずに無茶な行動をしているのですから。
      トランプの行動言動も世界地球を考えたら最低だとロボットは言うでしょう。

      アベノマスクはどうなのか?ロボットに判断させるのです。
      人が人の行動を判断する時には必ず感情が大きな要素となります。
      この辺で感情無しに何が正しいのか客観的に見てみるのも良いのではと思いますがね。

      それには人間は一歩遠慮するのがいいと思う。
      一言多いトランプからダンマリトランプになったら世界は変わるかもしれません。
      きっと良い方向が生まれる気がします。
      謙虚さとは一歩下がる事かもね。
      安倍政権も!
      | 正しい事 | 10:24 | - | - | - | - |
      硬い、柔らかいどちらNo 3956
      0
        平年気温と言う事ですが寒いですよ。
        ここ数日異常に暖かったからだろうと思います。
        でもやはり暖かい方が良いです。

        各国の情報がたくさん入って来てますから、目を通すだけでも骨が折れます。
        実に面倒な新型コロナウイルス騒ぎです。
        何分初めて遭遇したウイルスですから消滅させる手立てがない事が一番の問題です。

        その為、各国で独自の方法を模索しながら日々を送ってます。
        出来る事は全てやってみると言う具合の行動になっている様です。
        中国は街全体を完全封鎖して1ヶ月で一応感染をゼロにしたと言ってますがどこまで信用すれば良いのか?

        武漢はまだ解放されて従来通りの生活をしている訳じゃない様ですからね。
        いつになったら完全解放になるのか一つの指針になるかもしれません。
        規制を出すのは簡単でしょうが、規制を解く時のタイミングは相当に難しいでしょうね。

        日本でも先日少し緩める様な談話を出したら早速大阪のライブハウスが営業を始めたと言います。
        映像が流れてましたが若い連中はコロナなど気にして無い事を物語ってます。
        又目黒川の桜見物にもワンサカ人が集まった映像を海外の人が見たら目を回して卒倒してしまうでしょう。

        ともかく極端な行動に出るのが日本人かも知れません。
        でもねえ、海外の外出規制で何処でも人が減ってますが日本はあちこちで人人が多く集まり歩いて居ます。
        本当に日本は大丈夫なんでしょうか?

        海外と比較して余りにも違いを感じて心配になってます。
        緩い方が生活しやすいですが、反面危険リスクも高くなります。
        逆に窮屈な規制では我慢の生活ですがリスクは低くなるでしょう。
        お国柄にもよるでしょうが先が見えないだけにどちらを選ぶか実に悩ましい所です。

        結局リスク面が優先プライオリティされるのでしょう。
        日本もゆるキャラが流行ってましたからそっちの方面に傾いたのでしょうが徐々に方向転換する時期が来ると想像します。
        収束には相当の時間を要する事が分かって来た為かIOCも遂に多くの意見を取り入れる様になる様です。

        強気一点張りのIOCも新型コロナウイルスには屈服せざるを得なかった訳です。
        早急に結論を出して選手達に安堵を与えてあげたら良いと思うのです。
        どっちつかず中途半端が一番良く有りません。

        今度のバッハ会長は東洋風感覚になっている様に感じましたね、煮えきらない安倍政権の様な雰囲気です。
        先が見えないと言うか、先が読めないと言うか、決断出来ないと言うか、本当に安倍晋三氏に類似して居ます。
        ともあれ間も無く言い渡すでしょうが聖火リレーが始まってからじゃ、格好が付きませんよ。


        硬と軟のどちらが良いか?
        強い指導者は前者を選択、弱い性格は後者でしょう。
        後者は優柔不断になりがちです。
        | 正しい事 | 10:49 | - | - | - | - |
        行動の重要性 No 3943
        0
          雨の1日になりました。
          北海道では雨一番と言う事が有るそうですが今日がそうなんでしょうか?
          我々は春一番と言う猛烈な南風で目覚めますが雪から雨に変わった事で春を感じるのでしょう。
          風よりも雨の方がロマンチックです。相合傘も出来ますからね。

          流石に園児達は外で大声を出せませんから部屋に閉じこもっているのかな。
          濃厚接触して大丈夫ななあ。
          この区でも感染者が出ましたからねえ、身近に迫って来てます。
          我々の感染チャンス?はスーパーでの買い物だそうです。

          都内でもスーパーの従業員が感染したとかでちょっと怖いです。
          出来るだけ時間帯を見計らって客の少ない時をと思ってますが常に結構多いですよ。
          アルコールがあちこちに置いて有りますから見かけたら消毒をしてます。

          マスクも常時付けてます。これは花粉対策としても重要ですから。
          付けないと鼻がムズムズしてハックションとなり、皆を驚かせてしまうのでね。
          お蔭様で花粉対策で早々と買いだめしてましたから助かってます。

          それにしても世界中に飛び火した新型コロナウイルスの勢いは凄いものです。
          殺人鬼になって人々に恐れを抱かせています。
          それも老人を目掛けて戦いに挑み、勝者の王冠を受けようとする訳です。
          そこからコロナ(王冠)の名が付けられたのかねえ。
          冗談を言ってる場合では有りません。

          兎も角世界中で皆んなで力を合わせて新型コロナウイルスに対抗せねばなりません。
          そう言う面から言えば国連が全世界の歩調を統一させて収束への道を作らねばなりません。

          WHOだけでは頼りないですから国連本部が一致団結して大号令をかけねば収まりそうに無いです。
          各国で思い思いで対策をしていたんでは何時迄も収束が見えて来ません。

          日本で言えば自治体へ任せるのでは無く中央政府が国中のコントロールをせねば、あっちこっちバラバラな対応になってます。
          イベントも来週から中止してたものを解放する事になるかも知れません。

          何時迄も閉館したまま収束まで待っていたら、企業は倒産してしまいます。
          何らかの方策を試行錯誤して感染しない方法を見つけて、営業する様にしないと恐慌に至ってしまいます。
          既に株価は恐慌前の様相になって来てます。
          多くの失業者を出してしまいかねない状態も見えて来ました。

          そうした不安を解消する為に決断し行動せねばならないのです。
          しかし行動が実に難しいのですが正直に真摯に事に当たれば自ずと解決に近づくでしょう。

          でも忖度やら面従腹背などが頭をよぎると解決は遠のきます。
          有能な頭脳も働かなくなります。
          官僚達は有能で有るが故にその場に居る訳で、能力を発揮出来ないのであればその立場は意味がないのです。

          ただ多くの有能人は自分を過信してますから、一般の意見即ち市井の井戸端会議を無視します。
          実はこの井戸端会議こそが重要なヒントになるのです。
          一般市民は実に優れた行動パターンを時々作り上げています。

          ですからこう言う危機的な状況のときは自分たち(官僚や専門家)だけの狭い範囲から広い世間に接してそこから何かを拾い上げる。
          その行動が必要なんです。
          責任を取りますと言っても死者に対して責任を取れるわけが無いのです。

          軽はずみに責任を取ると言ってはいけません。
          日本人はとても有能な所が有ります。
          それは自分の力を発揮して少しでも危機を乗り越えようとする気構えを持っています。
          今回の場合は病院が最大限の努力をして頑張ってます。
          医師も看護師も身体を張って、試行錯誤しながらどうすれば最良の医療を患者にしてあげられるかを日夜考え行動していると思います。

          そこには忖度も無ければ面従腹背も無いはずです。
          その結果が世界中で死者が少ない理由だと思います。
          献身的な!この言葉は日本人の心底に必ず持っている素直な気持ちです。

          行動こそが解決の原動力です。
          軽はずみなら方針を出して行動を混乱させることは解決への逆行です。
          市民は実に良く新型コロナウイルスの脅威を知っています。

          安心を与える為に、命を守ってあげる為に方針を出すと言う奢りをやめて、市民の皆さんの行動を妨げない工夫をするのがトップの行動です。
          皆んなさんと共にこの難題を乗り切りましょうと。

          多くの意見を求めて現場現場でどうすればいいかをAIを利用して答えを求めて行く。
          これが現代の時代の行動でしょう。
          もう人間の頭脳では忖度ばかりで頼れません。
          これが結論です。
          | 正しい事 | 10:10 | - | - | - | - |
          医者か政府かNo 3939
          0
            青空に支配された空は実に美しいです。
            しかし地球上では新型コロナウイルスに支配されて実に不安の日々です。
            天空と地上の対比が何を物語っているのでしょうか?

            園児達は今日も元気に遊んでますが、このまま休園されずに過ごせるのでしょうか。
            とても心配になって来ました。
            もしも休園にでもなったら元気の鉾先を何処に求めるのか、休園しない事を願うものです。

            今日も新型コロナウイルスの検査が行われ新しい感染者が確認される事になります。
            又感染者は治療の為に入院も余儀なくされます。
            そうした事が何処でコントロールされて居るのでしょうか?

            疑問が出て来てます。
            お医者さんは患者さんを診て病気を判断します。
            しかし今回の場合はお医者さんが危ないから検査して確認したいと思っても自由に検査が出来ない仕組みを作ってます。
            特別な病院やら保健所やらに訴えて、許可が得られれば保健所の方で検査を実施してます。

            保健所は病院じゃ無いでしょうし、患者さんの病気を治す所でも無いです。
            そこが検査の権限と実施権を持っていてお医者さんは見ているだけです。
            これは異常な行動ではないでしょうか?

            お医者さんの中ではとても理解出来ない状況だと思っている人が多いでしょう。
            逆に保健所が全てをやってくれるのだから病院側は責任が無いと逃れて居るかも知れません。
            それは兎も角病院の機能を保健所が奪ってしまっては病院がパンクする事を論ずる必要が無いでしょう。

            医療崩壊と言う事が心配だから保健所が出張って来て居ると言います。
            その為に検査がスムーズに行かず感染者が何処に居るのか皆目見えて来ません。
            保健所とは自治体の所属とは言っても政府筋でしょう。

            政府が病気を判断して検査して治療は病院に押し付ける状態が正常でしょうか?
            政府は方針即ち検査数を増やす為の方策を考えて、お医者さんが自由に検査出来る体制を作るだけで良いのです。

            我々は健康診断の時に胸のレントゲンなど必ず実行します。
            これは肺結核等々の検査ですから、結果で安堵する訳です。
            新型コロナウイルスも感染して居るかどうかを検査しないと分からない訳ですから、検査がスタートです。

            それが熱が出ても4日間家で寝ていなさい、その後検査が必要かどうかお医者さんに相談して下さい。
            お医者さんが検査した方が良いねえと言ってくれてどっかのセンターに相談しても断られるじゃ、安心は遠くなり不安が募るだけです。

            病気はお医者さんに頼む、検査キッドなどの数を増やすのは政府が行う。
            この程度の分かりやすい構成を何故日本は行わないのか?不思議です。
            どうやら官僚達の縄張り争いに原因が有りそうです。

            頭が固いのも事実ですが自分所の仕事を守る即ち他人(他部署)からの侵入を拒む体制が強い様です。
            所謂チームプレーが出来ないのです。
            クルーズ船の中の現象を見ても分かります。
            折角自衛隊が出動してくれたのにワンチームに成ってなく自衛隊の防護状態を参考にせず、無防備な官僚達が感染してしまったのです。

            官僚を管轄して居るのは政府筋です。
            官僚のやりたい放題を許して方針を出している現政府の行動は非常に市民を不安に導いています。
            病気はお医者さんに任せる、この事に尽きます。
            政府はお医者さんの要求に応えるだけで十分です。

            専門家委員会も要りません。
            お医者さんの日夜努力に頼る事が一番です。
            ここ一番お医者さんは頑張ろうと言ってますが、その意欲を踏みにじっているのが政府です。
            馬鹿げた行政の長は即刻退陣して欲しい。

            緊急事態宣言を出した所で、お医者さんの活躍の場を与えなければ終息どころか拡大へ発展しかねません。
            | 正しい事 | 10:58 | - | - | - | - |
            次の人 No 3870
            0
              晴天の年末良いですねえ!
              大掃除も良いし買い物も寒さを感じないし、兎も角気分が良いです。
              の筈が、実は昨日の呑み会で今年の最後となったせいか量を過ごしてしまいました。
              帰る電車も乗り過ごしてしまい、逆戻りして乗り換えしてやっと家に着きました。

              昼の時間だったので家に着いても明るかったと記憶してますが何時だったのかも分からず熟眠してました。
              その後もすやすやと眠って今朝の7時半迄寝ましたよ。

              友人三人で呑むほどに酔い、酔う程に会話にエキサイティングして、ついには店の主人から声を下げてと言うご忠告を受けた次第です。
              その店のご主人は80歳の方でしたが元気そのもの後二十年もここまま続けられそうだと言ってましたよ。
              凄いです。

              小さなお店で屋台に似たようなものですが中々の繁盛の様で昼でも呑み客が来るんです。
              我々もその一人でしたが。
              そこは立石と言う葛飾区の区役所の有る街です。
              周りには惣菜屋さんがいっぱい店を出して居ます。

              即ち葛飾の台所でしょうか。
              良い街です、大手スーパーが殆どそうした小さなお店を席巻している時代におじさんおばさん達が手作りで作る惣菜は旨いに決まってます。
              近所の方々は毎日美味しい惣菜に満足している事でしょう。

              今朝の話は石破茂氏の次の人です。
              石破氏の首相像を聞いた内容でした。
              実に良く国民を考えている事と将来の課題を見据えているのです。
              確かに現状を直近で良くしようとしたって変わらない訳で、もう少し長い目でみたいものです。

              その事ができる人かなあと思うのです。
              選挙の時の投票棄権についても義務化する案は以前に提案した通りです。
              選挙の投票に行かない事が日本を駄目にしている元凶なんです。
              先輩中村喜四郎さんの話にも出ている様に少数の人だけが投票していれば自民党が勝つに決まっているのです。

              そうすれば日本の未来が怪しくなって来るのです。
              と言う多くの方々が言い出してくれてます。
              日本の出生数が90万人を割ったと言うニュース程ショッキングな話は有りません。

              しかしこうしたニュースを見ても国民全体で意見交換する事もなく、そうですか?って終わってしまってます。
              安倍首相がこれは由々しき問題ですから日本人としての未来を考えて貰いたいと言うメッセージを出したらどうですかね。

              石破氏は危機感を強く持っています。
              そうした日本を見る目を持った人が次に控えて居るのですが残念な事に首相確率は低いのです。
              自民党による自民党の政治ですから党内で力を持たねばならないのです。

              ですから日本を変える、方法論に大統領制度が浮かび上がるのです。
              良い人をトップに持てる方法はこの方法しかないのです。
              党内からの選出では有能な指導者に委ねられないのです。

              今の安倍晋三を見れば誰だって馬鹿な首相だと思うでしょう。
              最長などやって居るのが自慢にする様な人は政治家じゃ無く落語家にでも成れば良いのです。
              政治は生き物です。

              次々に新しい考えが出てくる様に人が変わらねばならないのです。
              日本はこうした馬鹿げたトップを持っている限り成長など起きません。
              成長こそが楽しい人生なのです。

              成長の中で生き抜いた経験者はいい人生を持てたのです。
              今の無成長時代は面白くも無いし、いい人生でもないんです。
              次の人に期待が高まりますが、石破氏以外はダメです。
              | 正しい事 | 10:27 | - | - | - | - |
              罪の意識とは No 3833
              0
                どうやら今日迄の様です晴天が、明日から雨模様の天気予報です。
                ただ予報もいろんなところから出てますから信用信頼の面で何処を選ぶかで変わる事も有ります。
                それにしても寒くなりました。

                罪とは一体なんでしょうかね。
                我々庶民は罪の意識は敏感で、罪を犯してはいけないと言う概念が心底に有ります。
                しかし政治家などはどうでしょうか。
                完全に罪として暴露されない限り、即ちグレーの内は罪では無いと言う理論ですかね。

                我々はグレーも黒も有りません、罪は黒なんです。
                白黒ハッキリしているのが罪で有るはずです。
                一方罪は本人が認めなければ、周りが説明してあげても罪になりません。
                と言うか言い逃れる出来るもの何です。

                罪を着せるとか、言いにがれるとか罪に関わる言葉が多く有りますが、昔から‘正直者はバカを見る’のことわざ通りです。
                あくまでも知りません、関わりありません。と突っぱねれば勝ちになります。
                しかし弱者は逃れられないのです。
                それは司法と言う権限で縛られるからです。

                その点政治家も司法の下にある訳ですが、司法が手を出せないのか、しないのか中々事件に結びつかないです。
                矢張り三権分立など架空の話しで政治家を捜索するなどやらない様に仕組んでいるのです。
                ですから週刊文春の捜査が警察権的な役割を果たしています。

                しかしそこも限界が有り逮捕して追及出来ません。
                ですから折角捜査が核心に触れた時に大臣が辞職する程度でお茶を濁されてしまうのです。
                罪が有ったから辞職したわけでその罪が何なのか公職選挙法に違反する罪だったら議員も辞職せねばならないのです。

                でも平然と議員のバッチを着けているのを国民から見たら許せない行為です。
                勿論議員辞職したらただの人に落ちて仕舞う訳で、でもいち国民となるだけです。
                グレーの中で過ごしていても気分は良く無いでしょう。

                一生涯グレーで生きていくつもりなのかどうなのか?
                一方罪になる様な報道をされても首相自ら襟を正す事もしないで長期政権での功績は大きいと評論家が言います。
                馬鹿な事です。
                罪の中での行為、政(まつりごと)が功績になりますか?

                嘘でも良いから功績と認めさせることを平気で行ってます
                日米貿易を締結して国会も承認した様ですが、何と車の関税は2.5%じゃないんですよ、ランドクルーザーに関しては25%の関税がそのままです。

                茂木氏がそこの所を国民に説明しましたか?
                嘘でも功績にして来た安倍政権ですからここでも嘘の上塗りです。
                嘘とグレーに包まれた政権の運営をして来たこの長期政権、実に日本を発展から落とし込んだのです。

                株価が高いから景気がいいじゃん、と言っている番組に出ているおばさん(有名人)も馬鹿言ってんじゃないよと言いたいです。

                株価を操作しているのは庶民ではなく日銀やら国です、年金積立金から膨大な金を注ぎ込んでいるのを知っているのかどうか。
                もしそうしたお金を引き揚げたら株の暴落へとパニックになります。

                既にその傾向が起きつつ有る事も、ソフトバンクの大赤字です。
                この様な株価操作の大手がつまづいたら簡単に暴落するのが株価でギャンブルです。

                深い読みも出来ないでテレビに出て薄い脳で喋るのはやめて欲しい。
                井戸端会議を放送に使うのを局は何と心得ているか?水戸光圀公に聞いたらいいでしょう。
                こうした公共の電波を使っていい加減な内容を流す事も罪なのです。

                罪作りはあらゆる所で行われて日常茶判事になっていて罪が罪と感じない程、感覚が薄れて居ます。
                基準物差しと言うものがとろけてしまって、何でも良いよ、すき勝手にやれば良い。
                そんな風潮にさせたのが安倍政権です、この罪は大罪です。

                桜の下で罪作りをした事を、拘置所で反省したら良いでしょう。
                と、水戸光圀公が言っています。
                | 正しい事 | 09:38 | - | - | - | - |
                不正は何故消せぬか No 3787
                0
                  昨夜台風から温帯低気圧に変わった天気が雨をもたらしてました。
                  結構降った感じがしましたが北日本など被害が出て無いでしょうか?
                  もう災害は十分経験させられた感じです。

                  不正の無い国は何処にも無いのでしょうか?
                  アメリカだって大統領の弾劾が勢いを増して来てます。
                  日本は首相こそ弾劾にあってませんが、似た様なモリカケ問題がありました。
                  うやむやにしてしまいましたが不正は不正です。

                  関西電力の不正は今後尾を引くでしょうが結論はうやむやにするでしょう。
                  日本式問題解決策は「うやむやにする」事です。
                  時間が経てば忘れてしまうので時間との戦いになってます。
                  不正は最近多くなった様にも見えますが昔から続いているものです。

                  江戸時代でも幕府が強力な独裁権を持っていたって悪代官が賄賂を取り私腹を肥やしていたのですから。
                  それにしても関西電力の菓子箱の底に金貨を入れるとはシャレにもなりません。

                  一方貰った方も金貨が入った土産物ならちょっと重いと感じたはずです。
                  どんな状況だったのかアニメでも作ってくれませんかね。
                  いずれにしても不正を悪と思わない錯覚は結構あります。

                  簡単な話では自転車は歩道を走る事はそれなりに指定された歩道になっている場合だけです。
                  しかし殆どが歩道を走ってます、それも人が多い時はチリンチリンと警報を鳴らします。
                  これも指定された場所以外では法律違反なのです。

                  法律など作っても何にもなりません。
                  しかしお国柄でしょうか英国では歩道を走る自転車は警官に補導されて罰金を取られると言います。
                  日本人は罪悪感を非常に低く見る傾向があるのはどうしてか?
                  単一人種の集合でお互いに許しあえる気分を持っているからなのか?

                  金品を与えれば罪になる、貰えば罪になる、の関係をお互いに黙っていれば、バレなければウインイウンと思ってしまうのです。
                  バレなくて良かったねと互いに胸をなでおろすのです。

                  バレねば!これが不正の温床なのでしょうかね?
                  監視して居る筈の監査役も監視どころか賄賂を貰って黙っていろと言われたんでしょうか?
                  事前に分かっていた事をひた隠しにしてバレない事を祈ったのでしょうが、ドッコイそうやすやすと問屋が卸さないのです。

                  しかしこうも多くの不正が蔓延っていれば、昔の組み組織を復活させてはと考えてしまいます。
                  五人組でお互いにお互いを監視し組のだれかが不正を行なったら即刻訴え出る、もし訴えずに他から見つかった場合は五人全員が罪に問われるのです。

                  これは非常にきつい制度だと思いますが、そうでもしないと不正を減らす事が出来ないかもしれない。
                  今の今も何処かで不正をして居る輩がいるのです。
                  金品の授受は行われても不正で無ければ良いわけで、悪だからこそ隠すのです。

                  隠す、かくれんぼだってどんなに巧妙に隠れても見つかってしまいます。
                  隠す、隠れる意味合いはそれ程重要じゃ無いです。
                  逆に表沙汰にすれば美しい人と称賛されます。
                  でも悪人は隠す事がお好きなんです、即ち闇の世界が居心地が良いのです。

                  馬鹿げた事だと思うのですが悪に染まるアバンチュールも楽しいのかね!
                  | 正しい事 | 10:20 | - | - | - | - |
                  温暖化対策のチャンスNo 3758
                  0
                    凄い暑さが戻って来ました。
                    9月に入ったと言うのに33度は過去にあったんでしょうか?
                    日光に当たる場所の温度計は43度を超えてます。

                    下の園児チビどもは外で騒いでますが暑さをものともしてません。
                    休み明けですから、家での鬱憤を晴らしているかに見えます。
                    矢張り家で親と一緒ではチビでもストレスを感じるのかね。

                    それにしても最近温暖化対策の記事が出てませんね。
                    異常気象の話題は出ますが、対策についての提言を見ません。
                    これで良いのでしょうかと疑いたくなります。

                    我々の時代はまだ我慢出来る範囲でしょうが、チビどもの時代はどうなってしまうか?
                    誰も危機感の切迫詰まった表現をしません。
                    日韓問題は議論の山ですが、温暖化問題が話題沸騰せねばと思うのですがね。

                    人間の質的問題かも。
                    近未来を近視眼的になっている、遠くを見るゆとりが無いようです。
                    100年先など地球的な時間から考えたら一瞬ですから、少なくとも100年先まで見通せねばね。

                    今はまだチャンスがある時期だと思いますよ。
                    これを見過ごしてしまえばチャンスは訪れないかも知れないのに。
                    しかし人は「後悔先に立たず」の諺を利用しません。

                    結局後悔の連続です、あの時にあの対策をしていればと悔やむのです。
                    今日から児童も登校して勉学に励む事になりました。
                    そこで何を勉学するか、自分たちの大人になった時代を想定して何をどうすれば良いのか、いろんな角度から自問して回答を得る時です。

                    教科書の中に無い問題点を見つけだし解決策を見つけ出すのです。
                    未来は自分の存在を左右するのですから、未来まで大人たちが面倒見てくれないのですから。
                    必ず自分たちの時代が来るのですから。

                    温暖化 本気に考慮 後悔へ
                    後悔先に立たずにならないように??
                    | 正しい事 | 09:51 | - | - | - | - |
                    答えが無いのじゃなくて作るのだ No 3734
                    0
                      エアコンの効き目が無いじゃ無いと思える程外気の影響が部屋に及んでいます。
                      11時ですが36.5度です。
                      37度を超えることになるでしょうからこの夏の一番になりそうです。
                      でもねえ、食料品を買いに出かけねばならない。辛いです。

                      今朝の記事に大前研一氏の話が出てましたけど、リカレント教育と言う事を知らずにいました。
                      政府がその言葉を使っているようですが今朝初めてです。
                      その政府方針のリカレントがどうやら間違って使っているとか、それはいいですがね。

                      リカレント教育の本来の意味は人生で何回も勉強し直す必要がある。との事です。
                      生涯勉強と言う事が言われますが、具体的に何をとなると実際には見当たりません。
                      それが何故かと考えると簡単に答えが得られました。
                      それは大学を出るまでは教育を受ける事で勉強していると思ってました。
                      その後社会に出た瞬間勉強らしい事を計画的にやった覚えが有りません。

                      適当に色んな雑誌やら経済誌やらを買い求めて見ましたが読む事で知識が増えた訳でも無く身についてません。
                      そうして定年まで勉強に無縁の状態が続きました。
                      となれば、定年後に何を勉強するかと自分に問いても回答を得ることが出来ない。

                      結果「何を」と言う面で躊躇してしまうのです。
                      リカレントとは学校を出た後も繰り返し勉強の場を何回も持つと言う事ですから、それを知っていればやったと思うがねえ!
                      自分で気づかねばならなかったんですよ。

                      人は中々気づく行為に至りません。
                      日々を無駄に過ごしている事だけです。
                      これからでも遅くはないと心して答えを出して行きたい気持ちになってます。
                      しかし習性と言うか今までの加速度と言うか、そこで舵取りを変えるのは相当の抗いが生じます。

                      どう考えどう回答するか、これは自分で到達せねばならない事だと大前研一氏が言います。
                      先生teacher の存在など必要ない事だとも。
                      先生〜先に生まれた人に新しい事を習う事は無理だとも。
                      確かに!understand!
                      | 正しい事 | 10:49 | - | - | - | - |