RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

自然の豊かさを心の泉に

地球上の大自然は素晴らしい。その豊かさに抱かれて。
影響甚大物流に No 3799
0
    太陽がとても貴重になって来ました。
    今年のいい天気は何日有ったんでしょうか?
    太陽が出て爽やかな日の経験日は数える程度だったでしょう。
    気象変動がもたらす住みにくさを実感してます。

    台風19号の爪痕を毎日毎日報道されてます。
    それも同じ場所を繰り返し繰り返しです。
    しかしジワジワと我々の所にも影響しているのです。

    そんな報道は全くされませんが何故だろうか疑問になります。
    例えばスーパーの商品棚です。
    欠品がいろいろと出て来てます。
    豆腐などは毎日食べるものですが棚が空っぽの時も有ります。

    他にも日常必要な食品類が欠品しているのです。
    実はお米を買おうと思っているのですが中々入荷しません、家の在庫が底をつく状態です。
    スーパーで聞いたら流通が思うように行かずに入荷不能と言います。

    そう言った流通問題のニュースを聞いた事が有りません。
    この状態が続いたらパニックまで発展するかもと心配です。
    確かに土砂崩れなどで孤立状態を報道するのは必要ですが、大都市で物不足になっている事も重要な現象です。

    台風前に買いだめの様子は報道されましたが現在はそれに匹敵する程欠品が続いています。
    この先流通が正常に戻るのにどれ程の時間がかかるかを政府は自治体は住民に知らせる事が大事な仕事です。
    最近の政府行政はどっか狂った道を歩んでいるような気がします。

    被災地に安倍首相が行ってパフォーマンスをする時間があったら流通の正常化について検討した方がよっぽど国民の為になります。
    これから買い物に行きますが今日の欠品はどんなものか気がかりです。

    そう言えばビール棚も近く欠品しそうです、隙間が出来てます。
    ヨーグルトなども欠品してます。
    兎も角孤立も大変ですが都心で物不足になったら、どうなりますか?

    戦後の買い出しの様に田舎まで行かねばならないのでしょうか?
    恐ろしい状況になりつつ有ります。
    | 大変 | 09:33 | - | - | - | - |
    影響の大きさ No 3797
    0
      どうやら今週末も雨模様です。
      週末の晴天が非常に少ないのはなぜか?気象の週間サイクルが有るのでしょうか。
      寒気も下がって来たせいか寒いです。

      それにしてもです、園児達の大声には元気を貰います。
      どこから出てくるのかエネルギーの塊です。
      可愛いの一言です。

      実は金土でちょっと一泊の旅と思ってました。
      しかし土砂崩れで交通が遮断されている模様だったので昨日新宿まで行ってきました。
      そうしたら中央道が閉鎖中で高速バスの運行は中止でした。
      後一週間程だめだそうです。

      では電車でと思ったらこちらも中央線が高尾の先は行けません。
      鉄道まで遮断です。
      他に東名で行く方法も検討しましたが相当の混雑だそうで、のろのろ運転で時間がかかると言う説明でした。

      結局旅は中止する事にしたのです。
      こうした影響は各地で起きているのでしょう。
      交通が遮断されたら現代は孤立状態に置かれてしまいます。
      橋の崩壊は簡単には復旧出来ませんから不便さを長くなります。

      自然災害が及ぼす影響は金銭で計り知れない多くの不便さ等々の問題を起こします。
      普段は自然と向き合うなど考えて無い事が多いですが、いざ痛めつけられると恐ろしさを実感します。

      災害大国がこの先も続く事をストップさせねばならないのです。
      しかし一過性と考える事が多いことから対策は為されません。
      先ずは洪水に強い住宅作り、即ち戸建てから集合化したコンクリート住宅へ変身させることです。

      そうすれば立地条件も河川近くで無くても集合化すれば広い場所が出来ます。
      100棟の戸建てを集合化させれば、10階建で10棟で済みます。
      堅牢化による安全化、住宅地周辺の開放感が住む上でどれ程いい環境が出来るか、早急に政府の仕事としたらいいのです。
      | 大変 | 09:47 | - | - | - | - |
      爪痕の虚しさ No 3795
      0
        甚大と言う言葉はこうした災害時以外には普通使われません。
        非常によりもっともっと凄い事を言うのでしょう。
        昨日は晴天になったので救出も補修工事もある程度進んだと思いますが今日は一転雨になっています。

        こうなると全ての進行が遅れてしまい折角の休日を利用しての片付けも大変な状況になっているでしょう。
        被災地のご苦労は想像以上なものでしょう。
        運命と言うものなのか?
        何十年もここに住んでいてこんな被害に会うなんて考えて見なかったと住民は言います。

        本当にそうだと思います、安全だからこそその場に住んでいる訳で、不安が有れば移転していたでしょう。
        日本はいつ何時我の所に災害が起きても不思議じゃない事を物語っています。
        堤防が決壊して新幹線車両が水没すると誰が想定したでしょうか?

        川の流れが急なのは日本の特徴ですが大河に小河川が無数に入り込んでいるのも問題なのかどうか?
        兎も角今日の雨で再び河川の氾濫が起きない事を願います。

        放映されている映像は虚しい限りです。
        被災者が夢ではないかと言う事に切なさを感じます。
        何故ここにどうしてと何度も問いただしても答えは有りません。
        自然の脅威と人間の英知の戦いで人間の敗北を知らされる場面です。

        何百万年も人は自然に悩まされて来ましたが悩みは解消する事は有りません。
        しかし解消を本気で考え対策をすれば出来るのです。
        しかし人は難を受けても受けても忘れてしまうから解消へと道が開かれません。

        この雨が一難去ってまた一難にならない事を天に切望します。
        | 大変 | 09:52 | - | - | - | - |
        一夜明け惨事に No 3794
        0
          猛烈な暑さが来ました。
          自然の過酷さをしみじみ感じさせられます。
          昨夜台風が過ぎ去る9時ごろまでラジオで様子を聞いてました。
          その後停電も無く寝てしまいました。

          今朝になって河川の決壊が至る所に起きた事を知って改めて凄かった台風と再認識しました。
          水没するとその後が大変に時間をかけねば元に戻らないでしょう。
          本当に辛い毎日が続く事になります。

          全体像はまだ掴めていないでしょうが水没は何万戸と言う数字になるのか?
          自然との戦いは大昔からずーっと続いています。
          江戸時代は普請組の仕事の多くは河川の管理、堤防の補修等々が大事なものでした。
          それが現代でも同様に河川の決壊を全面的に解決出来ていません。

          日本中の河川は多分数えられないほどあるでしょう。
          その内の大河は国が管理してますが万全の河川はないでしょう。
          決壊しなくても溢れ出る程の雨が降れば水害は避けられません。

          今後どんな政策を施すのか大事な問題点です。
          太平洋上の水温上昇で大型台風が今後も東日本に向かうと言います。
          今までと違って沖縄が台風のルートでしたが、今後は東京がルートに入るのかも知れません。
          その結果広範囲の被害が出るのか、台風に慣れていないことも原因でしょうか?

          自然は怖い、その事を再認識してこれから自然を見ていき気持ちです。
          | 大変 | 10:08 | - | - | - | - |
          台風が脅威に No 3789
          0
            曇り空、秋は天高くを望みたいです。
            青空は実に美しい空色です。
            しかし園児たちは空など見上げる事もなく一生懸命行動言動に余念が有りません。

            あのエネルギーは小さな身体の何処に蓄えられているのか?
            老人になってしまったらエネルギーは持っているものの外に排出する策を持ち合わせて無いのですかね。
            行動の鈍さに苛立ちさえ感じます。

            超大型台風が徐々に日本を捉えようとしてます。
            ライオンが獲物を追っている様な、台風に日本が狙われています。
            餌食になっては大変な事です。

            どうも最近の日本は祟(たたり)を受けている様な気がしてなりません。
            神か仏か分かりませんが日本にお仕置きをしているのか、その理由は何なのか?
            実に20年と言う二昔(ふたむかし)もデフレが続いている事は世界中を見渡しても無いでしょう。

            発展途上国などで見る高層ビルを目の当たりにする時、日本の鈍化が感じられます。
            最近の話題になっている日本の発展ブレーキが中小企業だと言う事は認識せねばならないでしょう。

            99.7%が中小企業だと言う認識も日本人の中に有るでしょうか?
            実に大企業が3%しか無いと言う事をです。
            どんなに頑張って見ても中小企業は大企業の下請け的な存在です。

            コンビニがなりてっているのも中小企業の低賃金で作られたオニギリ等が有るからですね。
            もし大企業の製品だけを並べていたら誰もコンビニに行かないでしょう、スーパーの方が安いのですから。

            儲かるものは自社開発製品です、それが殆どが中小企業で作られています。
            大企業ならば時間外労働を厳しく管理されますが、中小企業にはそんな余裕は無いのです。

            ホリエモンが14万円給料取りに対して馬鹿者扱いをしていますが、日本の中小企業の現実を認識して無いと思います。
            兎も角、デフレの低賃金から高給取りに変化させるためにどうするのか、ホリエモンはそこに目を向ける事で日本を救えると思います。
            ホリエモンの一言で大きな影響を持っているのですから。

            多くの問題を抱えている日本です、台風で全てを破壊されるかも知れないですが、地域は限定されます。

            しかし日本のデフレは日本全体を壊滅させます。
            恐ろしいのは台風でしょうか、デフレでしょうか?
            デフレにもっともっと台風並みの報道を行うときです。
            | 大変 | 10:12 | - | - | - | - |
            憲法とは No 3788
            0
              涼しい日和になってます。
              昨日は強い陽射しで参りました。
              例によって六大学野球を観戦してきましたが、ジリジリと肌が焼けていく様を感じました。
              結局明治は負けてしまったので余計に熱くなってしまいました。

              時折風が吹きましたが流石に秋風で気持ちよかったですよ!
              今日は雨から曇りになりそうで雲が重そうです。

              国会も開かれて議員達も仕事に就くことが出来ます、と言うのか、国会が開かない時は仕事が有るんでしょうかね?
              選挙の為に右往左往しているのでしょう、きっと。
              そんな中、安倍氏の憲法云々ですが分かって言っているのか?と疑問です。

              だって憲法とは実に難しい文章ですし、内容も難解です。
              と言うか、憲法を初めから読んだ事も無いし、内容を理解する努力だってした事が有りません。
              ただ憲法が存在していることだけは知っている程度です。

              その事は何を意味するのか?と言えば、憲法が問題があるとか、邪魔だとかを全く感じていない事です。
              もしこの自由な社会で不自由さが有るのなら今更改正する問題では無かった筈です。

              既に改正されていたでしょう、自民党の党是と言いますが、ずーっと自民党がこの国を牛耳って来たのに何故改正しなかったのかと逆に問いたい気分です。
              今後どうなるのか見守りたいです。
              | 大変 | 10:10 | - | - | - | - |
              ドンは何処にでもいるNo 3786
              0
                朝は多少涼しく感じて来ましたが日中は30度の予報です。
                どうなってしまったのか日本島の気候は。
                住みにくい島国です、沖縄よりも暑い日が多いのではと思う時があります。

                さて森山ドンの話が持ちきりですが、関西電力だって同様にドンが居るはずです。
                森山は90歳で今年亡くなっているとか、高年齢でもドンの力があったのでしょう。
                とすれば、関電だって高齢者のドンが居ても不思議じゃ無いと思います。

                それに関する原発の政治家ドンも居るでしょう。
                話題に上らせないドン同士で日本の電力を牛耳って居ると思うのです。

                電力を牛耳れば日本を支配下に置く事が出来るでしょう。
                先日の千葉の停電で分かる通り電気が来なければ何も出来ません。
                権力を握るには電力を牛耳る事です。

                以前から心配していた事が現実になりました。
                と言うのは、外国からピンポイントで攻撃を受けた発電所が有ったらと考えるとゾッとしてました。
                それが攻撃は海外ではなく、国内で起きていたんです。

                原発に関係しいる政治家は安泰だけじゃなく相当のドンになり得るわけです。
                政治を裏で牛耳る事で裏の首相と言えるでしょう。
                電力を作る方法として原発や火力発電が主流ですから、重油の関連も牛耳る事が出来どれ程の権力か想像を絶するでしょう。

                日本は民主主義国家と表面ズラしてますが、ドンの存在を容認して居る低俗国家です。
                テレビで今回の問題を論じて居るのを見て、ドン達はワハハと笑っているでしょう。
                てめえらに何が出来るかってね。
                森山だって相当の悪ですよ。
                ドンに善い人間はいませんよ。

                兎も角ドンの横行が電力会社に蔓延って居ますから、今後何も公にされないで終わるでしょう。
                日本式頭下げ運動で終焉です。

                それにしても、令和になってまだ5ヶ月ですが問題が次々と現れて、解決されずに堆積してます。
                年末までもっともっとでてくるのでしょう。

                堆肥ならば積み上げて置けば良い肥料になりますが、難題は積み上げても解決しません。
                日本人もそろそろデモをして悪の撲滅運動を起こさねばなりません。
                運動が無駄と思うでしょうが決して無駄には終わりません。

                未来人を思う気持ちが有れば悪を見逃さない事です。
                | 大変 | 09:27 | - | - | - | - |
                狂いをかんじているかNo 3785
                0
                  園児たちは元気に元気に大声を出してます。
                  秋を満喫しているのでしょう。
                  しかし暑いですよ、10月に入ったと言うのに狂いは是正されません。

                  狂い、それは増税でも言えます。
                  消費税増税と簡単に言って実行してしまいましたが、増税とは庶民に取って血税が増えたのです。
                  多くの人が買い物を控えねば生活が成り立ちません。

                  年金を受け取っている人が増えるから増税に繋がるかと言えば、そうじゃ無いのです。
                  増税で老人保護になる訳でも無いのです。
                  逆に老人を苦しめるだけのものです。

                  どう見ても狂いが生じていますが日本人は反対デモをしなくなった事で政府も自由に何でも出来てしまうのです。
                  山本太郎さんだけが街頭で増税反対で頑張っているだけです。
                  正論かどうかは別にして政府の行動に対する刺激として反対デモを行う事が必要なんです。

                  日本人がこれ程ダラシなくなったのは若者の頭脳が低下した表れです。
                  もう大学生に任せず高校生が立ち上がった方が良いでしょう。
                  香港の様に大学生から最近は高校生がデモの中心になりつつあると言います。

                  一方温暖化に対する現状を打破する訴えも高校生です。
                  多くの賛同を受けています、大きな力に育つでしょう。
                  今立ち上がらねば遅くなってしまう、と言うの焦りも感じている様です。

                  老人が増えて自分の残りの生涯を無事に過ごす事しか考えない人々に何ら期待は出来ません。
                  それなら自分たちが立ち上がって未来を作るしか無いかも。
                  とすれば、行動に移す事です。

                  現代は情報を流す事が簡単ですから多くの賛同者を得る事は難しく無いでしょう。
                  我々の時代は教室を回ってオルグをしたんです、即ち反対の意味合いを説明して賛同を頼むのです。
                  非常に非効率的でしたがデモの参加者は多かったです。

                  デモも無く、メディアもボケ状態で政権の内容に反論する所が有りません。
                  馬鹿みたいに複雑な課税方法を面白半分に報道して、芸能人がええと言っているのですから。
                  先日山本太郎さんがテレビ報道番組に出てきました。
                  中々お呼びがかからないそうです!

                  街頭でのオルグよりはテレビの方が影響力が大きいです。
                  もっともっと増税反対の声を庶民に知らせる事が大事なんです。
                  じゃ無いと共産主義国と変わりません。

                  勿論日本は共産主義的民主主義ですから、何故なら政権が自民党一党独裁でしょう、独裁とは共産主義の事です。
                  日本人はその点も狂っているのです。
                  政治家は自民党から出馬すれば当選確率が高くいずれは大臣にもなれます。
                  今回78歳で大臣の椅子を取った人が居ましたが、派閥の領袖が首相に頼んでやっとなれたと言います。
                  これも共産主義の片われです、最適人事ではなく最適環境を作る事です。
                  反対は排除するのです、石破さんの派閥は大臣ゼロです、反対意見を持っているからです。

                  これを民主主義国会と言えるでしょうか。
                  多くの若者はメクラになっていて、世の中を見る事が出来ないのです。
                  今こそ日本の政治のあり方を観察して民主主義へ変えていかねばならないのです。

                  狂いが生じれば歩行も困難です、迷路に陥らない様に自覚する時です。
                  | 大変 | 09:20 | - | - | - | - |
                  歯車が合ってない No 3779
                  0
                    これぞ秋、涼風が微風(美風)を伴って部屋の中に侵入してます。
                    丁度良い環境条件です。
                    こんな日も無くてはねえ、辛過ぎた今年の夏に恨み節です。

                    被災地の方々も仕事がはかどるでしょう、頑張ってくださいと遠くから願ってます。
                    それにしてももうすぐ冬将軍も来るでしょうから今の内に住める状態を確保したいでしょう。
                    しかしり災証明書が被災者全員に渡るのは数ヶ月かかると言いますから、来年の正月はどうするのでしょうか?

                    早急に対応をしてあげられないのでしょうか?
                    自然災害の多い日本は災害対策では最低の対応です。
                    個人ではどうにもならないのですから、助けてあげる行動を取って貰いたい。

                    それに輪をかけて消費税のアップがのしかかって来ます。
                    それこそ臨時的に増税を引き延ばしてあげる工夫も必要でしょう。
                    被害者は買い物がいっぱい出て来ます。

                    家電で家具でもみんな10%に上がってしまっては負担が重いです。
                    多くの義援金が寄せられているでしょうが、その内の2%が増税で消えてしまいます。
                    今お金が必要な方々からお金をぶんどる訳ですから、日本の政治は野蛮です。

                    少なくとも来年度まで増税を待っても日本の経済は変わらずに推移するのに。
                    そう考えるとどこか歯車が壊れているか、合ってないか、尋常じゃないです。
                    それは外交でも出て来てます。
                    日韓関係の悪化が正当化されているのが変だと思わないからです。

                    多くの観光地で暇な毎日を送っている人たちがいっぱいいる事を報道もされなければ、日本中から無視されてます。
                    これは災害でも人災です。
                    自然災害も人災も当事者は普段の何倍も働いても元に戻るのがやっと、プラスになるような事になりません。
                    しかしそこでも増税が来るのです。

                    せめて観光地が元に戻るまでは増税を一時ストップさせる事も大事な救いです。
                    まさか観光客がこれまで減るとはと判断出来なかった事に対する反省の弁も聞きません。
                    狂った事への反省検証がされないのが最近の傾向です。

                    歯車が合わなくなったら前進出来ないのですが無理やり前に進もうとしてますから、狂いはドンドン大きくなります。
                    日米貿易交渉もトランプの為に締結したようなもので日本に良いところは一つも無いです。

                    それを安倍政権の成功と謳うメディアたちも狂ってます。
                    これに伴って農業酪農に関する人々に人災が及ぶでしょう。
                    やってられない!と農業を投げ出す人が多く出るでしょう。

                    正常に戻す、これは高校生の演説で痛烈に世界中へ伝達した筈、戒めと受け止めて、モーゼの十戒と思って、心せねばならない!
                    そういう解釈する人は現代の中にどれだけいるか?
                    | 大変 | 09:36 | - | - | - | - |
                    混迷、混沌どうなっているNo 3778
                    0
                      秋の気候に満喫です。
                      昨夕は素晴らしい夕陽にうっとりしました。
                      空の汚れが無かったのでしょう。

                      ウキウキ気分で外歩きしたい。
                      それにしても国家の最高権力者が一堂に会している国連総会に於いても、どこかスッキリしない所があります。
                      地球は一つしかないし、大事な地球なんですがどうも地球を本当に考えている人は居ないのかも。

                      お互いに自分の利害をどう確保するかに汲々としてます。
                      もう少し上段に立って物を見れば未来は見えるし、現行が如何に愚であるかも分かると言うものです。

                      宗教や主義が違っている為に思考に段差が生まれお互いに受け入れる度量が低いのです。
                      どーん受けて立つ横綱相撲が取れないのです。
                      引き落としや肩すかしなどの卑怯な方法で勝っても、観衆から拍手は来ません。

                      座布団を投げらるのが落ちです。
                      有能な人間は存在しないのが地球なのでしょう。
                      発展を必要以上に要求する、それが必ずしも幸福に結びつかない。
                      逆に混乱を引き起こす事になって不幸が未来に漂ってます。

                      嘆かわしい事ですが高校生の考えにも劣る大人の行動に気づきもしない。
                      英語でスピーチした進次郎の記事などどうでもいい事で、未来人は本当に心配しているのです。

                      もう混沌とした地球を大人たちは大いに反省する時期に来てます。
                      自然を自然に戻す努力を、混乱から整然とする事を心がけて!
                      | 大変 | 09:11 | - | - | - | - |