RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

自然の豊かさを心の泉に

地球上の大自然は素晴らしい。その豊かさに抱かれて。
完全自粛日 No 4096
0
    晴天が何をもたらすか?
    猛暑です、ここは37度の予想ですから今までで一番暑い日になりそうです。
    日射しが強いどころか痛い感じさえ有ります。
    今日は完全休業というか自粛です。

    とは言っても食料品の買い物だけは必要不可欠ですから、暑い日中に行ってみます。
    首も頭もびしょびしょに濡らして蒸発する気化熱で凌ぎます。
    ただ気化熱と陽射しのエネルギーとの戦いですから負けたら熱中症と言う結果になります。

    日傘も必要でしょう、女性用しか無いですが気にしません。
    今年の最高気温ですかね。
    これでコロナがゲンナリして弱まればいいのですがどうもスッカリ気分を新たに活発化してます。
    特にこちらよりも暑い沖縄での猛威は想定外です。

    ジッとしているだけで汗が流れると言うことは部屋の中では有りません、エアコンの効果はバツグンです。
    しかし万が一停電にでもなったら、そこんところは危機管理です。
    何を用意して置くか、全く対応策してません。
    いいのかねえ。

    こうした異常気象と思っている事が実は今後当たり前の気候になったらと思うと多少心配になってきてます。
    異常が普通になる、コロナも感染拡大が異常ではなく普通と感じ始めているかも。
    手洗いも最近はトイレから出てきた人でもやらない輩を見かける事多いです。

    ましてやスーパーの入り口のアルコール消毒など無視ですよ。
    それでいてうがい薬に殺到する姿は理解出来ませんよ。
    馬鹿の骨頂とは今の日本人です。
    市民も政治家も何々専門家も学者も兎も角夏の暑さに脳味噌が腐敗してとろけてます。
    いや待てよ!コロナウイルスで脳の組織が破壊された様です。

    そもそもGoToキャンペーンは脳破壊症になった人の発想でしょう。
    感染拡大を助長させるなど言語道断です。
    沖縄はいい迷惑を被ってます。
    お盆休みも墓参りだけにしたいでしょうが今年は中止してみていいじゃ無いですか?

    日ごろ家でご先祖さまに祈りを捧げればいい事です。
    お茶と水を仏壇に差し上げるだけでも気が休まるものです。
    たまたまお墓は都内に有りますが今年は中止します。
    感染が減ったら行きます。

    そんな猛暑日は完全自粛の日にして早々とビールにありつきます。
    でも買い物だけはせねば、今の時間はまだ絶えられるかも、行ってきます。
    | 大変 | 09:33 | - | - | - | - |
    危機が再び来ているNo 4064
    0
      相変わらず雨は落ちてきてます。
      この梅雨は何かを訴えているのではと疑いの目になります。
      人間の異常な欲望に対する抑止力であるのか?
      コロナも長雨も豪雨も洪水も人の気力を損なう働きをもたらしています。
      こうなれば欲への追及が減退することは確かです。

      経済上昇は言ってみれば人の欲の強さだったのです。
      欲望に比例して経済活動が活発化しました。
      車だってまだまだ乗れるのに新車が出れば買い替えたい衝動に走ります。
      欲以外にあり得ない意識です。

      しかしこうして災難・危険に会えば欲よりも安全へと意識が変化します。
      今がその瀬戸際で生活しているわけです。
      経済を上昇させる為にGotoキャンペーンをやる様ですが危険を除かないと人の欲求が出てきません。

      所謂政府がやるべき事は欲張りの気持ちを持たせる対策です。
      欲の気持ちを昂らせる事です。
      しかし今は自粛をあれ程要求した後に、それ欲に走れと言ったって簡単に切り替えができません。

      都内からの移動を自粛せよと言っている反面、いや自由度を抑制してはダメとか言ってれば安心と言う感覚はないに等しいです。
      結果は強い欲を出せと言われてもそれに答えられません。

      現在の状態は必要なものに対する最小限の欲望で過ごしているのです。
      毎日の食料品や消耗品、交通費等々で特別に旅にお金を使おうと意欲など持ち合わせません。
      人の心理と言うか行動意識意欲と言うか、そうした観点から物事を見る時を迎えているのです。

      Go-Toキャンペーンなどはそうした心理作戦場最悪の計画です。
      旅館の半額を政府が負担する、国民は喜んで旅への欲望が生まれるでしょうか?
      馬鹿げた計画です。
      その上東京は感染者数が過去最高になってきてます。
      危険は益々高まって来ています。

      全国の数字も確実に高くなっているのですから不安の方が優勢の状態です。
      ここで経済活動を戻そうしても無理というものです。
      今の政治は木を見て森を見ないの諺そのものです。
      夜の街だとか人の移動だとか、そんな枝葉的な事は政治ではありません。
      それは官僚たちに任せてもっと大上段に立って対応せねばなりません。

      アベノマスクが典型的な枝葉仕事です。首相の仕事では有りません。
      兎も角今は心理的な研究が必要な時です。
      感染症専門家から心理学者の出番が来ています。
      どんな人間行動が最適なのか聞いてみたいです。
      | 大変 | 09:57 | - | - | - | - |
      激流から決壊もNo 4042
      0
        今日はどうやら曇り空のまま1日が過ぎそうです。
        その分涼しくて気持ちがいいです。
        暑い日が続いたので元気を取り戻すチャンスです。

        児童たちも体操の時間が普通に組み込まれた模様で赤白の帽子が動き回ってます。
        園児たちからは相変わらず元気を貰ってます。
        老人には園児の声がとても良いそうです、特に高音域が脳を刺激してボケ防止なそうです。
        この地域は保育園の数がたくさん見かけますので各地の老人対策になってましょうか?

        最近の過激過ぎる行動が気になって来てます。
        米国の黒人に対する扱いが想像出来ないものです。
        同じ国民で有るのに差別を平気で行う警官など日本では居ないでしょう。
        どっか不穏な動きがコロナの影響とは思えません。
        根底にあるものが露呈したと感じます。

        一方隣国の朝鮮半島でも何が起きているのかこれ又想像できない状況です。
        いろんな解説を聞きますが何分情報の性格さに疑問が残りますので実態は分かりません。
        この先無事に何事なく調停されればいいのですが、与正女史の過激さが気になります。
        そういえば韓ドラでは女性の発言力というか強烈さが印象的に残りますが与正女史もそんな感じがします。

        こちらは人種としては同じで朝鮮戦争で分断されたから別居している様なもんです。
        ドイツと同じ事ですがそろそろ同居したら良いですがね。
        食糧難も深刻だそうですから人道的な支援も必要になるでしょう。

        又中国の動きも強大な軍事力を背景に尖閣や南シナ海などで不穏な動きが頻発しています。
        このままでは尖閣は近いうちに中国に乗っ取られるのではと思います。
        もっともっと日本として尖閣への軍事監視を強めて置かないと大変な事になりそうな気がします。

        ロシアは北方四島をプーチン時代には絶対に戻らないと約束された感じです。
        安倍首相とプーチンの会談は何十回重ねても握手外交だけで戻せ!って言えないのです。
        歴代の首相が半分でもいいから返せと言って来たのに安倍首相はそれも言わないから結局ロシア領土と決定させられたのです。

        こうして地球上を見渡すと自由主義国家群が総じて弱体化してきている様に見えてます。
        それは国家と言う概念を取り除きグローバル的な感覚で、国家無くても何処にでも住めると言う甘い考えが芽生えているのではと思えるのです。
        一方の社会主義的行動は強力な国家の下に市民が生きる場にしています。

        国家が有って国民が存在する、と言うことは国民は国家の指導に従順でなければ生きてゆけないのです。
        自由は働いてその給料内で食ったり、着たり、旅をしたり程度で物理的なところだけです。
        精神面や思想面の自由さは全く認められませんから人間の脳細胞を情緒面で閉塞させられています。

        まるで日本の戦時中と同じ時代感覚でしょう。
        こうして二極化が益々顕在化してきている様な感じを受けます。
        その理由は矢張りコロナの惨事であろうかと考えます。
        中国の経済ダメージは想像以上に過酷な状態に堕ちている様です。

        これも情報統制してますから知る範囲が限られて分からない事が多いです。
        その国に日本は貿易で相当に期待しているのですから、この先の日本の経済回復は相当な影響を覚悟せねばならないと思います。
        日本だってまだ序の口で倒産件数も250件越え程度ですがこの先1000件迄になるにはあっという間に来るかもしれません。
        ボーナスシーズンに入りつつありますが夏に支給はあったとしても冬は無理ですよ!と言う企業が続出するでしょう。

        そして来年もその影響は続くでしょう。
        刻一刻と厳しさを増すことから来る重大事を早く気付き対応することが為政者のなすべき事です。

        今日から国会は休みに入って安倍晋三はやれやれとベットで寝坊しているかもね。
        しかし世の中は休んでいない訳ですから寝ている事も出来ないはず、これが為政者の役割です。

        都知事選も始まりました。
        ホリエモンも出るそうですが今の時点では届出が有りませんが面白い展開が生まれそうです。
        そうですよ、都知事選ぐらいは楽しみたい気分です。
        ここにも大きな変化が生まれるといいです。
        | 大変 | 10:30 | - | - | - | - |
        混沌として来た世界No 4024
        0
          今日は暑い雲が出て来てますがこの先どうなるのでしょうか?
          気温も上がって来ない様ですから涼しい1日になりますか。
          暑くもなく寒くも無く良い気候です。

          日曜日ですから街は人出が多いですかね。
          デパートも開店している様ですがデパートで買い物する人はどんな人ですかね。
          高級品と言うか高価な買い物になってしまいますが矢張りお金持ちはデパートじゃないといけないんでしょうか?

          銀座の高級店も開いているのでしょうかね、有名なブティックなどは客が入っていない様ですがよくまあ店が持ちますよ。
          家賃だって相当なものでしょうから政府の家賃200万円程度じゃ焼け石に水でしょう。

          いつまで続くのかこのコロナ騒ぎ第二波が大きくなったら再度店を閉めねばならないとしたら、店じまいも有るでしょう。
          コロナ禍の恐ろしいところです。
          政権もコロナ対策を成功と思っていたでしょうが、どうやら支持率30%以下になり危険水域と言われ始めました。

          いつ何時解散するか分からない状況になって来て政界も混沌として来ました。
          今衆議院解散と言う時期じゃ無いでしょうが政界と言う所は常識では考えられない事をします。
          都知事選が終わったら急速に解散ムードが高まると予想してます。

          都知事選も今の東京の状態が混沌していて都知事になりたい人も居ないでしょう。
          今回は小池知事にいろんな責任を取って貰おうと対抗馬が少ないでしょう。
          オリンピック問題も先が見えずに泥沼にはまり込んで、多分中止になるでしょうからその後の後始末は大変な事になるでしょう。
          来年はコロナとオリンピックの重荷が想像以上に大きくなっていよいよ混迷の段に陥るでしょう。

          新たな日常になれば日々の生活も混沌としてきます。
          従来通りの生活スタイルを新しくせねばならないと成れば相当に生活プレッシャーがのしかかって来ます。
          スティホームやらテレワークなどは家庭環境がガラッと変わりますから気分的にも重圧を感じます。

          ホームと言えば寝に帰るところと決めて居たのに、そこが仕事場にもなる訳で机の一つも必要になります。
          キッチンの食卓で仕事となれば集中出来るかどうか。
          現在は実験的に行なっているだけで、不便も効率も適当に処理しているでしょう。
          しかし常態化したら企業側も効率等の要求は有る程度行うでしょう。
          勤務チェックも何らかの方法で縛られるでしょう。

          自由な遊び時間ではなく勤務時間ですから制限が課されるでしょう。
          この辺がまだまだルールも無いですから、いざ在宅勤務が一般化したら混乱も起きるでしょう。
          今の実験段階で十分な検討をして置きたいでしょうが実際には実行しながらの模索になるでしょう。

          一方ビルの利用率が減って仕舞う事にもなります、既に実験的に事務所を半分にしている企業も有ります。
          こうなると都内のビル群の事務所は過剰供給状態になり不動産業は痛烈なパンチを受ける事になります。
          大手不動産企業は良いとしても小さな土地にしがみついて事務所ビルを持っている個人や小企業などは軒並み倒産でしょう。

          兎に角東京の狭い空間にビルビルビルとごちゃごちゃに建っています。
          これらが新たな日常になると必要無いモノに変わるのでしょう。
          となれば都会も多少の空き地即ち空間が出来てそこが緑の公園に変わってくれれば良いですがねえ。

          10年先にどれほどの変化が起きているのか?今回の惨事で新たな日常がもたらす効果とは何なのか?
          そこん所を検討して進めて貰いたい気持ちです。
          コロナのPCR検査などなどは専門家に任せて政治は次の社会風景をどう変えるのか議論する時期でしょう。

          第二波でどうなるか等は既に経験則からの行動にしても良いのです。
          近未来をどう作るのかを政府も企業も個人も考えて行かねば世界をリード出来ません。
          その動きは中国が先駆けて行ってます。
          香港を封じ込め、台湾も香港並みに持ってゆく、世界中に経済圏を作って自国繁栄を狙ってます。

          自由主義を堅持するには中国を封じ込める事でもあろうかと思うのです。
          コロナは従来の順番を逆転させる事もあり得るかもしれません。
          米国ー中国から中国ー米国に変わったらどんな世界になるのか、それこそ世界中が混沌とした時代が到来します。

          しかし来るとも来ないとも現時点で分からない。これが回答でしょう。
          混沌は個人にも社会にも仕事にもそして国際にも収まる事を知らないほど広まるでしょう。
          それが10年の間の流れかと想像します。
          | 大変 | 10:02 | - | - | - | - |
          世界同時コロナテロNo 3980
          0
            天候も下り坂の様で曇って来てます。
            明日も荒れた天気になりそうだとか?
            地上の混乱に天も同調して居る様です。
            園児達は極端に減って通常の1/3程度迄制限してます。

            園児もそうですが保育士も実に恐々と接触しているでしょう。
            濃厚接触の連続ですからねえ。
            もしも感染でもさせたらと思ったら精神的に気を使うでしょう。
            親達もその辺を考えて、テレワークに邪魔だからと言って預けるのはどうかと思うのです。

            それこそ仕事か命かと言う局面です。
            そうした厳しい状況が現在の世界です。
            中国から発して世界中に広がった新型コロナウイルスは思い切り暴れまわって手が付けられません。

            まるでテロに狙われたと思ってしまいます。
            世界同時コロナテロと言う現象が起きているのです。
            それも敵は目に見えないですから攻撃出来ない訳で、敵の言いなりになってます。

            敵を見えるように可視化するには敵を見つけ出す方法しか有りません。
            それがPCR検査な訳で、韓国は徹底的に可視化に成功して一応抑制出来ているようです。
            しかしそれ程簡単じゃ無いわけで、この先も戦いは続くでしょう。

            日本はと言えば、PCR検査で可視化する事を怠り自由な活動を許しています。
            ですから全国に展開して収集が付かなくなってます。
            世界中で一番可視化出来ていないのが日本です。

            即ちテロに対する防衛が出来て居ないのです。
            先ずは見えない敵を見える様に行動する事が初動であろうと思うのですが、それを未だにやらないのですから、世界中から見たら不思議に映るでしょう。
            政府も与党も理由を並べて検査を妨害しました。

            これは国民の命を奪う行為だったのです。
            国民の命を守ると言う宣言は全く真逆だったのです。
            この事は収束した暁には刑事訴訟が出来る内容ではと思ってます。
            弁護士会で検討されても良いかと考えます。

            兎も角テロに対して防衛及び攻撃をせねばならないのですから総合的な結集が必要です。
            しかし専門家会議などは素人的に見ても頼れる感じがしません。
            とても難しい事を並べて国民は分からなくても良いです、とばかりの発言です。

            緊急事態宣言をする基準も三段階を作ってそれに当てはまる順に宣言を出すと言ってました。
            しかし昨日は岩手県など感染者が居ないにも関わらず一律宣言を出した事はどんなエビデンスなのでしょうか。
            いい加減に国民を馬鹿扱いしなさんな!と言いたいです。

            この先も今の専門家会議メンバーで敵と戦うのであれば、命は守れません。
            西浦教授が言っている40万人規模の死者をどう救うのかを真剣に検討するには今現在の専門家会議メンバーの能力じゃ無理です。
            早急に新たなノーベル賞受賞者方に参加して貰いたいのが国民の希望です。
            国民が思っている事を代弁してくれてます。

            しかし政府はそうした貴重な意見に全く聞く耳を持ってなく世界も見ず、低脳者の集まりに頼っているのが現状です。
            そして混乱に混乱を重ねて対策が後手後手になり、責任も全くなく、自治体へ丸投げ状態です。
            そうしてテロ軍団に屈して死者もドンドン増え続けて居ます。

            政府や与党は日本の死者数は諸外国よりも少なく現状は上手く推移していると言ってました。
            しかし今は誰も言う人が居ません。
            大変な状態に入ってしまったのです。
            誰が国民を救うかと言えば政府しか無いのです。
            その政府に頼っていては命が危ないと国民は思い始めています

            政府や自治体から言われなくても外出しませんよ。買い物はOKですよ言われたって、スーパーの中はごった返しで怖いの一言です。
            ですから今までは毎日買い物してましたが今は4日分買って来てます。

            その辺も小池知事が言ってはどうですか?
            それとソーシャルデスタンスの線引きもやっているとこと、無い所、バラバラですから統一して指導するのが当たり前です。
            入場制限も然りです。

            テロ対策なんですから真剣に向かって行かねばならないのに、満員電車の制限が出来ないのは怠慢です。
            兎も角満員電車を無くして見てどの程度効果が有るかを見るのが普通でしょう。
            それがスマホデータで減少した状態を観察して様子見だと政権側は言ってます。

            全くやる気が無いのです。
            5月の連休を前倒しのして企業に協力を得て、この10日間企業を休業させれば良いでしょう。
            どうせ世界中が企業を休めているのですから。

            5月の連休は日本だけの事、世界は連休じゃ無いのです、即ち日本で何時でも連休出来るのです。
            この辺に頭が回らないのはどうしてでしょう。
            兎に角頭が悪すぎます。政府も官僚も専門家会議メンバーも。

            笑ってしまいます。
            お笑い芸人を超えてますよ。
            冗談ジョークエイプリルフールなら良いでしょうが、現実は死ぬか生きるか、コロナテロとの攻防中です。
            目覚めて欲しい日本の政府達、ダメなら別の人に任せて下さい。

            昨夜の番組に出ていた石破さんはとても良い事を言ってましたよ。
            石破茂さんの言葉を聞き入れて再考して欲しいのです。
            | 大変 | 11:08 | - | - | - | - |
            崩壊の仮説No 3978
            0
              まだ北風なのか、確か予報では南風になると言っていたが冷たさを感じます。
              ぼやあと暖かくなって欲しいものです。
              世の中冷え切ったコロナ感情を柔らかく包んで欲しいものです。

              矢張りかと思いましたIMFの発表です。
              2020年の見通しと来年どうなるかです。
              想像した通り大幅な経済ダメージがある様なコメントでした。
              日本はマイナス成長も大きく5.2%の数字が出てました。
              その数字がどんな事なのか具体的に分かりませんが兎も角不景気になるのでしょう。

              既に色んな所で崩壊が始まっている様に見えます。
              資金力の無い所は倒産に至ってますし、緊急の融資を受けている小企業もたくさん出ています。
              大手でも商売が成り立たないでしょうから融資枠を銀行に打診している事も伝えられています。

              どんどん普通の状態から異常な状態に向かいつつ有ります。
              何処が平常か、どの程度になったら異常なのかを見極める事は難しい事です。
              多くは異常を認めたく無い状態で急にガクっと来る事が多いでしょう。

              用意周到で健全経営している所は少ないのではと思います。
              ですから企業内預金を高めている訳です。
              しかし不景気になったらその余剰金預金を崩さねばなりません。

              或いは資産を売って資金繰りをする所も出て来るでしょう。
              平時は順調に企業経営が出来たのに、狂い始めるとあっという間に消滅迄進みます。
              今度のダメージ打撃は軽く見ていると相当に厳しくなると思うのです。

              崩壊はどこから始まるのか分かりませんが従来の普通さが消える可能性が有ります。
              来年も普通の企業活動が出来ると思えない程危険が満ちた世の中かも知れません。
              コロナが体内に残り免疫が出来たとしても再発するかも知れないですから、活動に制限が課されるでしょう。

              崩壊は地震の様に一気に壊滅するのか、徐々に幹が食われて大木が倒れる様になるのか?
              我々の生活はどう変わるのか。
              仮説を考えてみたい。

              先ず、崩壊の現象は雇用から始まるでしょう。
              大企業の雇用保持が困難になり、数千人規模の解雇が各所に出ます。
              それに伴って関連企業も同舟です。
              離職者が街中に溢れるでしょう。
              企業のV字回復は相当の時間がかかります。

              次に解雇されたら収入が無くなりますから不動産関連が軒並み大不況になります。
              当然マンションバブル崩壊へと続きます。
              オリンピック村のマンションも売りに出しても買い手が無くなります。

              続いて銀行の倒産に拍車が掛かります。
              そうなると日本は殆ど機能マヒ状態に陥るでしょう。

              海外でも同様の状態が起きているはずですから輸出で稼ぐ事は出来ません。
              八方塞がりの状態になり、大恐慌が世界を走ります。
              そうなれば我々の生活はとんでも無い程窮地に立たされます。

              どうすれば生活が出来るのか、誰にも分かりません。
              露頭に迷ってしまいます。
              当然株券は普通の新聞紙同然の価値しか持ちません。
              売りに出しても買い手がない訳です。

              それが何年も続き復活するには4年程度が必要になります。
              世の中が変わってます。
              従来の便利さが半分以下に落ちます。
              新幹線も飛行機も便数が半減して移動が困難になります。
              勿論旅行などは夢の夢になります。

              まるで江戸時代に逆戻りです。
              そこで何が生まれるか?
              人を頼る、人の絆が戻って来るのです。
              苦しい時には人が人を恋するのです。
              新しい人の社会が出来上がるのです。
              今の全てが崩壊して新しい時代がやって来ます。

              と言う仮説も有るかもね。
              | 大変 | 11:11 | - | - | - | - |
              花見も自粛No 3967
              0
                今日は春の気候そのもの、勿体無いほど良い天気です。
                ちょっと風が強い様ですが南風ですから涼風と言っても良いでしょう。
                まだ桜は満開状態が続いています。

                さてさて公園に花見に出掛けましょうか。
                と言ってお弁当を作っても自粛が頭をよぎりますから、やめにしようとなってます。
                何とも切ない気持ちです。

                兎も角、人との接触を持たない事が今のやるべき事です。

                1mでは足りない様で2mも間隔を持つ様にせねばならない様です。
                自分で距離を取ろうとしても周りの人がその意識が無いと近寄られて距離を保てません。
                今は買い物時が一番近い距離になってます。

                そんな時の注意点は回数を減らす事だと言います。
                即ち、毎日の買い物を3日に一度にするとか、出来れば一週間に一度にするとかが良いと言います。
                先週から実行してます。

                ここは近くにたくさん公園が有りますから人に会わずに散歩が出来ますから一応運動は問題ないです。
                どうしたって運動量が減れば食欲も減ってしまうし、美味しく戴けません。
                花見も小学校の校庭に数本有り他にも数本近くに有るので今日の花見は近場でやります。
                多分大きな公園に行けば多くの花見客が居ると思いますので。

                そうして注意しても注意しても新型コロナウイルスに感染する可能性がゼロになりませんから、これは大変ですよ。
                先ずは感染しない事が最重点です。
                気持ち的に感染の疑いを持って仕舞う事になって喉が痛いとか鼻水は出るとかクシャミを繰り返すとか有ります。
                その原因は花粉症ですから心配してませんが気持ち悪いですよ。
                いつになったら花の下でドンチャン騒ぎが出来るのでしょうかね。
                | 大変 | 11:31 | - | - | - | - |
                脱出は至難 No 3958
                0
                  晴天ですが空気が冷たい感じでやっとこの時間になって柔らかくなって来ました。
                  花粉も少ないのかも知れません、鼻のムズムズが今の所起きてません。
                  窓を解放しても大丈夫ですけど油断は出来ません。
                  5月の連休迄症状が出ますからね。

                  症状と言えば昨夜若干喉の痛み違和感でしょうか感じて、やられたかな?と思ったりしました。
                  体温を調べてら平熱でしたから安心して寝ました。
                  今朝も平熱ですので今のところ大丈夫そうです。

                  しかし東京も感染源が追えない患者数が増えて居る様で注意せねばなりません。
                  色んな情報が飛び交って危険なのか緩めても良いのか?良く分かりません。
                  最近は海外のニュースBSNHK でみる様にしてますがやはり新型コロナウイルス問題が大きく取り上げられてますね。

                  日本よりも深刻に取り上げて居て、危機感が迫って来ます。
                  なんと言っても街中に人が居ない、歩いて居る人を警察が取り締まる風景が異様です。
                  通勤は控え目にとは言っても英国は満員電車になって居る様です。
                  何処でも仕事熱心を伺えます。

                  仕事をせざるを得ない職場が有るのでしょう、特に中小企業の社員は休暇を取れない理由は有るのかも知れません。
                  日本は若干緩めになって居る様な雰囲気になってますが、一方では引き締めにも注意しています。
                  何となく中途半端的な感じを受けます。

                  いつになればこの状況から脱出出来るのでしょうかね。
                  脱出した暁には何をしましょうか?
                  トンネルを抜けるとそこは大海原だったとなれば思い切り泳ぐ事になりましょうか?
                  大平原だったら美味しい空気を胸いっぱい吸い込みたい気分になりましょう。
                  そんな日が待ち遠しいです。

                  と言う事は従来の環境が如何に幸せで有ったかを物語っています。
                  地球上は色んな問題も有りますが現状の生活には特別な支障が無かった事になりましょう。
                  しかし一旦新型コロナウイルスが蔓延してしまうと世界は悪魔に支配された様に暗くなってしまいます。

                  これから悪魔はどう行動するのか見えないだけに厄介です。
                  次々に占拠を広げて世界全体を支配下に置くのでしょう。
                  マイッタと人間が降参しても悪魔は容赦しませんから困ったものです。

                  連日どうしたらいいか?をあちこちで議論してますが悪魔は笑って人間を見下して居るかに思えて来ます。
                  スポーツの祭典にも影響させ延期を余儀なくされましたが、悪魔の思い通りなんでしょうか。
                  人間を超えた悪魔は一体何処に隠れて居たのでしょう?

                  こうした悪魔の出現は定期的に地球上へやって来ます。
                  これも不思議な事です。
                  こうして地球上に住んでいる人類は辛い試練に向かって歩まねばならない運命でも有るのでしょう。

                  ジャジャジャジャーンの運命の曲を聞く時なのかもねえ。
                  YouTubeで検索してこれから聴こうかな。
                  いずれは人類の勝ちになるでしょうからそれまでの間最新の注意をしながらの生活です。
                  | 大変 | 10:38 | - | - | - | - |
                  薬が無いのが一抹の不安No 3920
                  0
                    西日本の方で雪になると言ってますが降り始めましたかね。
                    九州に転勤して3年半程過ごした経験が有りますが九州の冬は結構寒いです。
                    鹿児島の開門岳は毎年雪が降ってましたよ。
                    鹿児島で雪が見られるのが不思議でしたがね。

                    さてさて武漢肺炎の勢いはまだまだ鎮火傾向が見られません。
                    しかし中国のトップ連中は沈静化が始まったと言い出しました。
                    昨日のテレビ番組でゲストが言うには危なくなると強気の発言をするのが多いと言ってました。
                    実に中国と言う国は信用出来ない事が多いです。
                    その原因はメンツにこだわり過ぎるからでしょう。
                    習近平のメンツにかけても武漢肺炎の蔓延を食い止めるのだと意気込んでいる訳です。

                    メンツよりも人命救助の方が大事ですがそちらの方はどんどん増え続けて劣悪な医療体制です。
                    1日百数十人も死亡するなんて考えられません。
                    それも武漢だけで、医療の技術や施設が整って無い証ですよ。

                    映像に出てくる医療現場は良いところだけ見せているのであって現実とかけ離れた状態を想像します。
                    それにもう発生から相当の日数が経過しているのに、街も封鎖されているのに状況が変わらないのもおかしいです。
                    感染者数や死亡者が減少したと報道しているのは共産党中央のトップ首相が抑え込みに成功してると言ったから数字を改竄していると疑います。
                    もう中国を信じて報道を見る人は居なくなるでしょう。

                    結局北京にも感染が拡大しているのです。
                    北京に戻った人が二週間家で待機させられて居るのは北京の感染者が急増した理由だと推測します。
                    こうして憶測される様になったら国のメンツも有ったもんじゃ無いですよ。

                    それでも中国を信じると言って外相同士が会談して居る事を見ると日本もメンツなど無くしてしまったですかね。
                    習近平を国賓として4月に受け入れる事をまだ言って居るのですからアホかと言いたいです。
                    これ程世界中にそしてとりわけ日本に迷惑をかけて置きながらすみませんねの一言も無いでは有りませんか。

                    勿論中国はメンツを重んじるので謝る事はしない主義です。
                    全て自分に問題が無い事がメンツの重視に繋がるのです。
                    謝ればメンツ台無し自分の存在感が消滅します。
                    ですから自ら重責を投げ出す事はしませんからクビ更迭されるのです。

                    そんな社会情勢である事から何が正しいかを見極めるのが非常に困難です。
                    無事に今月末から衰退傾向が見られれば幸いですが目を日本に向ければ、これからが大変になりそうです。
                    一般人の感染が少ないですがで初めてます。

                    調べる量(検体)が増えれば当然感染者数が増えてきます。
                    検体が分母で感染者数が分子なら有る一定の感染率があれば比例的に増える事になります。
                    その辺をやっと加藤厚労大臣が分かって来たかの様に見受けられますが、まだトンチンカンの発言をしています。

                    年寄りで何らかの疾患を持った人が病院に行って熱が有るから見てくださいと言っても渡航歴はどうですか?
                    が最初の質問でしょう?
                    即ち渡航歴者で無いとウイルス検査対象にならないのですから呆れてしまいます。

                    既に日本でもパンデミック状態と考えてその状態を想定して患者に当たらねば死者が次々と出て来ますよ。
                    中国の様に。
                    中国の問題点はパンデミックを認めなかったから大きく拡大したのです。
                    日本もその轍を踏むのですかと言いたいです。

                    パンデミックが劣悪な状態では無くパンデミックを皆んなが理解してパンデミックを防戦する工夫を持つ事が結果として拡大阻止になる訳です。
                    逆逆に考えている政府や官僚達の頭脳は既に阿呆のパンデミック状態です。

                    もう政府に頼らず自分達で工夫して感染しない方法を持つ時が来ました。
                    先ず毎日体温を測る事で発症を確認出来ます。
                    それで早い時点で感染したかどうかを自分で判断出来ます。
                    次にインフルエンザは4日ぐらいで治りますのでそれ以上の熱に悩まされたら保健所に問い合わせてして状況を話せば対応が即出来ます。

                    我々自体が注意しながら自分の身体を守る事をすれば、自分の体調管理をすれば恐れる事はない筈です。
                    薬が無いのですからジッと養生してウイルスと戦えば必ず身体が勝ちます。

                    習近平がこの戦いは勝つと発言してますが当たり前の事で何もしなくても勝てるのです。
                    それは一人一人の心掛け次第です。
                    感染する様な場所に出向か無い事も重要な要素です。
                    そう言う一つ一つの注意をすれば感染は防げるのです。
                    いい加減な行動をしていれば武漢の二の舞です。
                    馬鹿に着ける薬は有りません。
                    | 大変 | 09:49 | - | - | - | - |
                    記事を読めば読む程 No 3903
                    0
                      晴天が戻って来て嬉しい日々ですがなんと4月の陽気だそうで喜んで良いのかどうか。
                      昨日も暖かく薄着でも外は寒さ知らずでした。
                      明日は普通の気温に戻りそうですが体調管理をしっかりせねばなりません。

                      風邪でも引いたら新型コロナウイルスとの比較判断をせねばならないでしょう。
                      それにしても多くの記事が出ていますが大変の一言です。
                      以前のSARSの時はどうだったのか記憶がハッキリしませんが今回は恐ろしい限りです。

                      内容がよく分からないうちにどんどん拡散してしまって日本も実態を掴み切れないと思います。
                      緩い判断は禁物だと感じています。
                      発生当時の武漢市の対応が問題になって居ますが当局もSARSの時を想定出来なかったのでしょうか。
                      安定安心平和が続くと悪魔が来てもそれ程の恐れを感じない危機意識不足になるのでしょう。

                      特に武漢は中国でも大都市ですから官僚達は胡座をかいて居たのではと言いたくなります。
                      中央政府は躍起となって面目を保とうとしてますがここまで来れば手遅れです。
                      これからどれほどの感染が広がり死者が出るか想定出来ない事になりそうです。
                      この状況は多分1年以上も尾を引く可能性が有ります。

                      日本政府内ではインバウンドへの影響などを語ってますが馬鹿げた発想です。
                      それよりも水際作戦は大丈夫か?
                      患者が出たら死者を出さない医療方法を確立しているのか?
                      ワクチンが早急に出来るのか?
                      先ずは人命を守ることが大事であろうと思うのです。

                      いろんな記事を読んでいると問題点が何かの視点がボケているのが多いです。
                      本質本題を忘れて途方も無い話をするのはフェイクニュースと同じです。
                      真剣に真実を報じる事がメディアの役割でしょう。
                      これからも記事を見て行きますが本質を探って欲しいと言いたいのです。

                      感染症ですから感染する可能性が必ずある訳です。
                      感染しても大丈夫と厚生省から発信出来る体制が国民を安心させる方法です。
                      今回の騒ぎで厚生省のコメントを読んでませんが出てるのでしょうか?
                      特番に政府見解の欄を設けても良いのではと感じてます。

                      園児や児童達が安心して運動やら勉強ができる様な環境を保つ事が出来ると保証してあげねば可哀想です。
                      小さな子供までマスクをせねばならない状態は作って欲しく無いのです。
                      | 大変 | 10:13 | - | - | - | - |