RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

自然の豊かさを心の泉に

地球上の大自然は素晴らしい。その豊かさに抱かれて。
重責を全う No 3883
0
    矢張り日本晴れは一番です。
    太平洋側はこうして晴天に恵まれますが雪国は毎日雲に覆われた日々です。
    この差は自然現象で致し方が無い事ですが余りにも格差があり過ぎです。

    自然現象も格差環境が有れば人の世も格差社会になっても不思議はないのでしょう。
    兎も角格差が無いと言う状態はあり得ないと証明されてます。
    それも小さな格差から雲泥の差迄様々有ります。

    そんな中で自然も生き物も過ごして居るのです。
    実に難しいの一言ですか。
    この世に生まれて生き抜いて生涯を閉じる時どんな感慨を持つのでしょう。

    いい世の中だったと自分は幸せだったとそう思うのでしょうかねえ。
    しかし生きている途中即ちこの世に実在して居る時には死の事など考えに有りません。
    ただひたすら世間を相手に懸命に何かをして居ます。

    その中でも重責を背負って活躍して居る人も多数有ります。
    首相を始め、会社のトップ等々国の会社の命運を課せられて過ごして居るわけです。
    その重さと言うものはその場に立って見なければ分からないモノです。

    でも軽々と重さを感じない人も多いのかなあとも側から見える事も多いかな。
    安倍晋三首相などは最高重責の場とは思って無いかもね。
    非常に居心地の良い天国的な場だと勘違いして居る様にも見えます。
    もし重いリュックサックを背負わせられたらあっと言う間にへこたれてしまうでしょう。

    そう思うと楽な方向で考え楽な方針で進める様になって居ますか。
    過去の首相経験者は常に難しい顔をしてましたが安倍首相の顔は深刻さが無いですよ。
    何処にも難題に直面して居る風に見えない顔です。
    詰まり難題が起きて居るとは思って無いのかもしれません。

    桜問題でもカジノ疑惑でも馬耳東風の様態です。
    何か起きてますか?的な感覚しか見えません。
    とすれば重責など無く自己満足の境地に日々楽しくお過ごしなのでしょう?
    既に令和も二年目に入ってますが今年は何かいい事が起きないものかと庶民は思ってますが例えば減税とか?
    そんな話も冗談も無く無味乾燥味付けの無い料理みたいなものだけです。
    なんとかせねばなりませんが野党も何を考えて居るのか?

    選挙が遠のいたから結集は先延ばしだとよ。
    呆れた野党連中です。
    辻説法をして居る次の候補者は何人居ますか?
    早く纏まって力を一つに集約して市民に実力を見せねば選挙前にだけのパフォーマンスは見抜かれますよ。

    与野党とも日本政治は重責感の欠乏症でしょう。
    | 大変 | 09:34 | - | - | - | - |
    温暖化の盲点 No 3872
    0
      曇って雨が多少落ちてますが雪に変わるかどうか??
      暖かい冬ですから雪を見る事は無さそうです。
      温暖化の波は刻一刻地球を飲み込みそうな大型です。

      海水温が徐々に上昇して居ると報道されてますが、何か忘れている様な気がしたのです。
      それは恐ろしい恐怖の現象です。
      何か、もし北極や南極に氷即ち氷河が無かったら、と言う事です。

      現在ドンドン氷河が溶けて海に合流してます。
      この氷があればこそ海水温をいっぺんに上げない効果になって居ると思うのです。
      もし氷河が完全に溶けて海水温の制御が効かなくなったら、あっと言う間に海水温が上昇してしまうでしょう。

      そうしたら現在の様な悠長な話などしてられません。
      海水温が上がれば当然空気だって上がり全体が現状の2度とかの話から20度の話になるのではと想像します。

      氷河様様で人は勝手な振る舞いができて居るのです。
      化石燃料をボンボン使って温暖化を促進させてますが非常に深刻な現状を把握する事が大事では無いかと気付いたのです。

      小泉進次郎がセクシーに環境問題を解決する発言はお笑いの世界で人を笑わせればいいのです。
      こと温暖化問題はセクシーどころか恐怖の域に入って居るのです。
      既に北極海の氷河は半分以下に縮小されて居るのでしょう、いやもっと少ないかな。

      ですからそう長く北極海の氷河に頼れない状態です。
      後十年後にどうなって居るか?
      とても心配で危惧してます。

      そんな時間単位だと想像します。
      進次郎に期待出来なければ誰がやりますか?
      可哀想なのは未来人です。
      | 大変 | 18:19 | - | - | - | - |
      慣れる事 No 3864
      0
        冬景色とは言えませんが空は雪雲の様に見えます。
        そろそろチラチラと雪の精が落ちて来はせんかと期待しています。
        期待は期待で現実はまだ熟して無いかも。

        待ち遠しい雪ですがどうやら今年中に見る事は難しいですかね。
        クリスマスも目の前に来ていますが寒さが厳しく無いからどうにもなりません。
        先日歯医者に行って入れ歯の調整をしたら具合が良いです。

        最近入れ歯と言わないらしく義歯と言ってました。
        確かに入れ歯のイメージはよく無いね。
        義歯なら何かね?って感じです。

        それで歯科医に言われた事は義歯に慣れる事が大事だと。
        ですがね、口の中に異物が入って居る訳で何とも違和感に耐えねばならないのです。
        義歯は奥歯二本だけですがそれが中々大変なのですよ。

        慣れると言う事は違和感を感じなくなると言うことです。
        そうなんですよ、色んな場面で違和感って結構多くあります。
        それに慣れて行かねば安心も安堵も有りません。

        しかし慣れるまでにはそれなりの期間も必要ですし又理解或いは妥協もせねばなりません。
        ここんところですね、次々に現れる違和感を次々に認める事は難しい事です。
        今年中に起きた違和感は相当数感じましたが殆ど受け入れ難い事ばっかりです。

        それに今日はある違和感を覚えました。
        小選挙区の選挙制度になってから自民党が優勢になって居る理由です。
        どうやら公明党即ち創価学会の票が自民党に流れるからだというのです。
        特に婦人会の組織が応援するとか。

        選挙は政教分離説がある筈です。
        即ち政治と宗教の分離ですが公明党はその基本を無視してます。
        それ自体違和感が強く残りますが、その宗教組織が自民党の議員を当然させて居ると言う事です。

        これ又違和感にさいなまれます。
        日本の政治は宗教団体の代表かと思わせる節があるのです。
        公明党議員だけで無く自民党議員も創価学会の票で当選しているのです。
        ここの菅原一秀なども創価学会の票が無ければ当選出来ないのだそうです。

        しかし悪いことをして雲隠れしていても創価学会では何も言わないから違和感は募ります。
        勿論菅原一秀に票を入れたら恥ずかしい限りですが投票した人達はどんな思いか知りません。
        兎も角違和感だらけの日本の政治家に腹が立たないのも可笑しな日本人です。

        先日落語を聞いててこれ又違和感に満ちた話に会いました。
        鹿児島の川内原発ですが現在原発が稼働している珍しい所です。
        その発電した電気を鹿児島で利用するかといえば、どうやら北九州市の方に供給していると言います。

        だったら何故川内に作ったのか?北九州に作れば良いじゃ無いかと。
        結局危ないものは人家の少ない過疎地に作る政府の方針です。
        原発は危険なものなのです、もし安全なら過疎地で無くても堂々と大きな街の側に設置した方が利便性が有るでしょう。

        作った電気を近くに送電すれば簡単に済みます。
        しかし川内で作った電気を北九州迄送電するにはどれ程の送電線が必要ですか?
        又電気を送電すれば必ず持っているエネルギーが減少します。
        ですから作った電気を直ぐ近くで使うのが最も効率が良くてエネルギー損失も少ないのです。

        電力会社には優秀な学生が就職して仕事をしているのにそうしたエネルギー改革をしないのも違和感です。
        とても人間業でない事だらけで違和感だらけです。

        違和感は義歯だけにしてもらいたい所ですが現代文明は違和感の大量生産を増長させています。
        誰も言いませんねこうした違和感問題を!
        | 大変 | 09:50 | - | - | - | - |
        余裕無いね No 3862
        0
          今日もいい天気で暖かいから冬の感じはしません。
          でも12月と言うカレンダーを見ると冬なのだーと意識させられます。
          15度ですから春だったらもう初夏かと思わせる気候です。

          今朝はこれから歯医者で入れ歯の調整で出掛けます。
          時間に迫られると焦りさえ感じます。
          余裕は有った方が良いですが、中々直前までいろんな事があるモノです。
          でも気持ちの余裕だけは持ちたいですね。

          余裕は結局時間の事が一番多いでしょうかね。
          お金も余裕が有れば良いのですがこればっかりは何時でも余裕無しです。
          他にも余裕のあるものと言えば特に無いですねえ。

          常に切羽詰まった感覚に追いかけられて、何とも味気ない殺風景な過ごし方をしてることが多いです。
          余裕を作る方法が有れば良いのですが変幻自在に変わる日々ですから都度の余裕は生まれないです。

          これは世の中全体がそう成っているかに見えますがどうでしょうかね。
          トランプ大統領でも現状は相当に切迫した感覚に居るでしょう。
          安倍首相だってそうでしょう、来年の初夢は奈落の底を見るのではと思うでしょうか?

          但し過ごし方改革では無いですが何らかの改善策は有りそうです。
          考える事自体やらなく成って、方法論を他に求めてしまいがちです。
          そうなると本当の改善が出来ない事に成って仕舞う事になります。

          そうですね、考える力が減退しているのが現代人の特徴でしょう。
          何でもインターネット上で解決策を検索しています。
          ですから首が前に垂れた姿が全体の人類像です。

          猿に似て来たのかも。
          そういえば来年の干支は何ですかねえ。
          気にしてなかったので調べてみます。スマホでね。これですよ。
          | 大変 | 09:17 | - | - | - | - |
          英語 No 3857
          0
            児童たちのサッカークラブは早くから練習に励んでいます。
            それもちっちゃな子供達です。
            黄色と赤のユニホームを着けてチーム分けしている様です。

            コーチの大声がここまで届いてます。
            実に熱心ですがこれをどう見るかです。
            将来の名選手を目指していてもそう易々となれません。

            どうもその辺が分からないのです。
            遊び程度の練習なら歓迎しますが3時間と言う猛練習です。
            その間の休息は殆ど無いと子供に聞いた事が有ります。

            それ程熱心に運動出来るならば、別の意味で熱心さが必要かと思うのです。
            それは未だにできない英語なんです。
            子供の頃に英語を熱心に覚えようとしたら実に早く簡単に習得するのではと思えて仕方が無いのです。
            我々の時代は英語は確か中学に入ってからそれも英語の先生とは言っても特別に居ませんで会話は殆どダメでした。

            現在は英語の勉強をした有る取得を持った先生が教えて居ると思うのですが。
            兎も角東京には外国人が非常に多く外国人学校もいっぱい有ります。
            この近辺でも外国人専用スクールが有ります。

            子供達に英語を教える授業が無いなら、土日だけでも良いからサッカー並みに教えるクラブを作ると良いのではと思うのです。
            外国人生徒と一緒になって活動を行う事で互いに言葉の会話を覚える様な気がします。

            大学入試に英語が大きく取り扱われてますが小さい時代から慣れていれば受験でもそれ程気にならないと思う。
            実はこの時期クリスマスソングを聴きながら色んな事をしてます、料理とかね。
            そのソングに覚えているメロディはたくさん有りますが残念な事に英語で歌えません。
            今朝のYouTubeで聴いたものに歌詞が同時に出ているのです。
            歌いたいがサッパリ発音ができないんです。

            殆どが耳に入ってくる言葉が分からないのです、スペルは読めるのですが、実はそのスペルの発音が全く違うのです。
            我々はジャックアンドベテイと言う教科書で習いました。
            即ちアイアムアボーイです。

            この様にカタカナで表示された英語でしたからそうだと思って発音もして来たのですが実に愚かでしたね。
            英語は英語圏の人から聞いて初めて発音を覚えると言うものでしょう。
            日本人の発音ではどうにもなりません。

            そんな経験を子供達にさせたくないと思うのでサッカーも良いですが英語クラブを繁盛させて欲しいのです。
            外国人と野外で一緒に行動出来るクラブにすれば良いわけで、特別に教室も必要なく費用も要らない様にすれば良いのです。
            会話はスペルを知らなくたって出来る筈です。

            先ずは英語で誰とも会話出来るように児童たちがなったら大人達も少しづつ覚えるかもよ。
            そこでもあそこでも英会話が聞こえて来たら我々も耳に慣れて来ます。
            英会話教室は高額な費用を出しても本当に自分のものになるまで根気良く勉強出来ません。
            大概中途半端に終わっています。

            それは費用を考えるからです、児童たちが友達に外国人を作れればタダで覚える事が出来るのです。
            勿体無い時期です、サッカーよりも英会話を身につける方がどれほどこの先に良い影響を与えるか先生方も考えませんかね。
            | 大変 | 09:33 | - | - | - | - |
            師走入り No 3843
            0
              師走に入り急に冬を感じで仕舞います。
              11月迄は秋の気分で居ても一日で冬になるんですから気分と言う物はおかしなものです。
              冬来りなば春遠からじで有りまして、今度は春が待ち遠しい所です。

              今月は今年一年を色々と振り返る時期でして、良いことも悪い事も思い出します。
              しかし昨年の事は意外に思い起こさないものです。
              やはり一年で一年にケリを付ける習慣になって居るのでしょうかね。

              世の中もこの一年非常に多くの物議が有りました。
              令和も始まりどこと無く落ち着きをなくしてました。
              今月はジックリと振り返って見たいところです。

              しかし師走は何かと多忙になるものですから大雑把に思い出すしか無いですかね。
              まあそんな訳で師走を過ごす事にします。
              落語は実に福を呼びます。
              笑うところに福来るです。
              | 大変 | 09:06 | - | - | - | - |
              末期的症状 No 3826
              0
                木枯しがやって来るとの予報です。
                いよいよ冬将軍の出番ですか。
                舞台裏でジッと待っていたのでしょうが大暴れして欲しくないです。
                そういえばニューヨークも相当の寒気に襲われているとか、その点東京は暖かくて助かります。

                しかし厳しい寒さも必要ですか、安倍政権の温暖化(ふやけ)による緩みを是正するには。
                桜を見る会が中止だって、聞いて呆れます。
                来年を期待していた後援会の人たちは文句を言わないんですか?
                既に出席すべき準備もしていたでしょうに残念でしたね。

                後援会に関係の無いこちとらはどうでもいい事ですがね。
                もうこうなると安倍晋三だけじゃ無いね、菅官房長もどっかまが抜けている。
                二階幹事長などもう今の政治家じゃ無いです。
                枠があって何処が悪いか?って二階のドスの効いた声で記者が質問されたらううう!って声が出ないでしょう。

                これが今の自民党与党で国会を牛耳っているのが日本です。
                小泉進次郎はどんな思いですか?と卒直に聞いてみたい。
                その様な政党に属していて未来の首相になれるんでしょうか?
                進次郎も同じ轍を踏むのなら期待は全くゼロです。

                せいぜい育児に専念したらいいですよ。
                もう政権も三人目の辞任が出るかどうかでスッタモンダしているでしょう。
                週刊文春への期待が相当に高まっている事は間違いなしです。

                安倍政権も早め早めで手を打っているつもりでしょうが、スキャンダルはそう簡単に消えません。
                トランプだって弾劾の問題がそう長くならないと踏んでいたでしょうが、しつこく問題化されると参って仕舞う筈です。

                末期的症状とは諦めが早くなるんです。
                もうダメだと思う気持ちが出てきて、粘り強く事に当たろうとする意欲が減退します。
                小池百合子知事はダメでも東京マラソンに希望を持たせる行動に粘ったのが強さです。
                もし末期的だったら、IOC から言われたらああそうですが、札幌にしましょうと簡単に答えたでしょう。

                それが今の安倍晋三の行動です。
                日本の首相としての品格が有りません。
                過去の首相の中で一番年寄じみた行動が安倍晋三です。
                今までの首相は行動的に見えたもんです、福田赳夫などは相当の年齢だった筈ですが実に活気あふれてました。

                安倍晋三も麻生太郎も予算委員会等で椅子に座っているのがやっとと言う感じで昼寝しているんじゃ無いかと思えるくらいです。
                気合が入ってないのです。
                人は気合を失ったら見る影も有りません。

                お年寄りの胸を張って歩く姿に感動さえ覚えますが、その気力が人には必要何です。
                内閣総辞職でもやったらいいんじゃない。
                野党も内閣不信任案を出しても良いじゃない。
                昔は年中行事みたいに内閣不信任案を出してましたよ。
                桜に因んで内閣不信任案でも出したらどうですか?安住さん^_^
                | 大変 | 10:13 | - | - | - | - |
                茨(いばら)の道No 3822
                0
                  晴天が戻ってきました。
                  実にいい天気が続きます。
                  運動の秋です、オリンピックもこの時期なれば選手も思い切り自分の日頃を発揮出来るでしょう。

                  しかし真夏の猛暑で台風も心配な時期に開催する訳ですから大変です。
                  問題をより大きくして難題にしてしまうのが英知の結集と言えるかどうか。
                  兎も角無事に最終日が来てくれれば安堵するでしょう。

                  問題だらけの日本はこの先どうなるのですか?
                  この質問は誰にすれば良いのか?
                  この先の道は茨の道です。

                  大変な苦労をしても前進する事が困難ですし、進んでもその先が平原が無いのです。
                  何時迄も茨の道が続いています。
                  そんな道に幸福やら満足が有るかどうか。

                  天皇陛下の即位に関する様々な行事が行われ陛下も嬉しそうに顔を国民に向けています。
                  しかし心の中は複雑に感じているにではと思ってしまいます。
                  自然災害に遭った人たちは毎日毎日後片付けに追われて落ち着いた生活は程遠いのです。

                  その事を心に中に重く感じているのではと考えて仕舞います。
                  皇室の行事ごとですから全てをこなさねばなりません。
                  心苦しく思っているかも知れません。

                  国民はバンザイを連呼して祝いますが被災者はそうした気分になれないかもと思ってしまいます。
                  茨の道は厳しいだけじゃ無く意欲も失って、この先に希望も持てなくなります。

                  農業も今後継続してやっていける自信が無くなったと言う方々がいっぱいいるそうです。
                  人は意欲がなくなれば仕事に励めません。
                  辛い事は我慢しますがそこに何らかの光が必要なんです。

                  即ち希望です。
                  茨の道に希望は有りません。
                  今日本に必要なもの事と言えば茨の道の問題を少なくして歩行し易い様に道を改善してあげる事です。

                  それには指導者たる人は死にものぐるいで仕事をせねばなりません。
                  国会もダレた状態が続いているし、自治体の長も無責任で災害対策はそっちのけでは問題の発生を作っている様なものです。

                  より一層茨の道を険しくしているだけです。
                  もうこの辺で正常な指導者を作らねばなりません。
                  30年後の日本は無いかも知れないと極論を言う人も居ます。

                  しかし極論かどうか、その時に分かります。
                  | 大変 | 10:38 | - | - | - | - |
                  影響甚大物流に No 3799
                  0
                    太陽がとても貴重になって来ました。
                    今年のいい天気は何日有ったんでしょうか?
                    太陽が出て爽やかな日の経験日は数える程度だったでしょう。
                    気象変動がもたらす住みにくさを実感してます。

                    台風19号の爪痕を毎日毎日報道されてます。
                    それも同じ場所を繰り返し繰り返しです。
                    しかしジワジワと我々の所にも影響しているのです。

                    そんな報道は全くされませんが何故だろうか疑問になります。
                    例えばスーパーの商品棚です。
                    欠品がいろいろと出て来てます。
                    豆腐などは毎日食べるものですが棚が空っぽの時も有ります。

                    他にも日常必要な食品類が欠品しているのです。
                    実はお米を買おうと思っているのですが中々入荷しません、家の在庫が底をつく状態です。
                    スーパーで聞いたら流通が思うように行かずに入荷不能と言います。

                    そう言った流通問題のニュースを聞いた事が有りません。
                    この状態が続いたらパニックまで発展するかもと心配です。
                    確かに土砂崩れなどで孤立状態を報道するのは必要ですが、大都市で物不足になっている事も重要な現象です。

                    台風前に買いだめの様子は報道されましたが現在はそれに匹敵する程欠品が続いています。
                    この先流通が正常に戻るのにどれ程の時間がかかるかを政府は自治体は住民に知らせる事が大事な仕事です。
                    最近の政府行政はどっか狂った道を歩んでいるような気がします。

                    被災地に安倍首相が行ってパフォーマンスをする時間があったら流通の正常化について検討した方がよっぽど国民の為になります。
                    これから買い物に行きますが今日の欠品はどんなものか気がかりです。

                    そう言えばビール棚も近く欠品しそうです、隙間が出来てます。
                    ヨーグルトなども欠品してます。
                    兎も角孤立も大変ですが都心で物不足になったら、どうなりますか?

                    戦後の買い出しの様に田舎まで行かねばならないのでしょうか?
                    恐ろしい状況になりつつ有ります。
                    | 大変 | 09:33 | - | - | - | - |
                    影響の大きさ No 3797
                    0
                      どうやら今週末も雨模様です。
                      週末の晴天が非常に少ないのはなぜか?気象の週間サイクルが有るのでしょうか。
                      寒気も下がって来たせいか寒いです。

                      それにしてもです、園児達の大声には元気を貰います。
                      どこから出てくるのかエネルギーの塊です。
                      可愛いの一言です。

                      実は金土でちょっと一泊の旅と思ってました。
                      しかし土砂崩れで交通が遮断されている模様だったので昨日新宿まで行ってきました。
                      そうしたら中央道が閉鎖中で高速バスの運行は中止でした。
                      後一週間程だめだそうです。

                      では電車でと思ったらこちらも中央線が高尾の先は行けません。
                      鉄道まで遮断です。
                      他に東名で行く方法も検討しましたが相当の混雑だそうで、のろのろ運転で時間がかかると言う説明でした。

                      結局旅は中止する事にしたのです。
                      こうした影響は各地で起きているのでしょう。
                      交通が遮断されたら現代は孤立状態に置かれてしまいます。
                      橋の崩壊は簡単には復旧出来ませんから不便さは長くなります。

                      自然災害が及ぼす影響は金銭で計り知れない多くの不便さ等々の問題を起こします。
                      普段は自然と向き合うなど考えて無い事が多いですが、いざ痛めつけられると恐ろしさを実感します。

                      災害大国がこの先も続く事をストップさせねばならないのです。
                      しかし一過性と考える事が多いことから対策は為されません。
                      先ずは洪水に強い住宅作り、即ち戸建てから集合化したコンクリート住宅へ変身させることです。

                      そうすれば立地条件も河川近くで無くても集合化すれば広い場所が出来ます。
                      100棟の戸建てを集合化させれば、10階建で10棟で済みます。
                      堅牢化による安全化、住宅地周辺の開放感が住む上でどれ程いい環境が出来るか、早急に政府の仕事としたらいいのです。
                      | 大変 | 09:47 | - | - | - | - |