RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

自然の豊かさを心の泉に

地球上の大自然は素晴らしい。その豊かさに抱かれて。
花見も自粛No 3967
0
    今日は春の気候そのもの、勿体無いほど良い天気です。
    ちょっと風が強い様ですが南風ですから涼風と言っても良いでしょう。
    まだ桜は満開状態が続いています。

    さてさて公園に花見に出掛けましょうか。
    と言ってお弁当を作っても自粛が頭をよぎりますから、やめにしようとなってます。
    何とも切ない気持ちです。

    兎も角、人との接触を持たない事が今のやるべき事です。

    1mでは足りない様で2mも間隔を持つ様にせねばならない様です。
    自分で距離を取ろうとしても周りの人がその意識が無いと近寄られて距離を保てません。
    今は買い物時が一番近い距離になってます。

    そんな時の注意点は回数を減らす事だと言います。
    即ち、毎日の買い物を3日に一度にするとか、出来れば一週間に一度にするとかが良いと言います。
    先週から実行してます。

    ここは近くにたくさん公園が有りますから人に会わずに散歩が出来ますから一応運動は問題ないです。
    どうしたって運動量が減れば食欲も減ってしまうし、美味しく戴けません。
    花見も小学校の校庭に数本有り他にも数本近くに有るので今日の花見は近場でやります。
    多分大きな公園に行けば多くの花見客が居ると思いますので。

    そうして注意しても注意しても新型コロナウイルスに感染する可能性がゼロになりませんから、これは大変ですよ。
    先ずは感染しない事が最重点です。
    気持ち的に感染の疑いを持って仕舞う事になって喉が痛いとか鼻水は出るとかクシャミを繰り返すとか有ります。
    その原因は花粉症ですから心配してませんが気持ち悪いですよ。
    いつになったら花の下でドンチャン騒ぎが出来るのでしょうかね。
    | 大変 | 11:31 | - | - | - | - |
    脱出は至難 No 3958
    0
      晴天ですが空気が冷たい感じでやっとこの時間になって柔らかくなって来ました。
      花粉も少ないのかも知れません、鼻のムズムズが今の所起きてません。
      窓を解放しても大丈夫ですけど油断は出来ません。
      5月の連休迄症状が出ますからね。

      症状と言えば昨夜若干喉の痛み違和感でしょうか感じて、やられたかな?と思ったりしました。
      体温を調べてら平熱でしたから安心して寝ました。
      今朝も平熱ですので今のところ大丈夫そうです。

      しかし東京も感染源が追えない患者数が増えて居る様で注意せねばなりません。
      色んな情報が飛び交って危険なのか緩めても良いのか?良く分かりません。
      最近は海外のニュースBSNHK でみる様にしてますがやはり新型コロナウイルス問題が大きく取り上げられてますね。

      日本よりも深刻に取り上げて居て、危機感が迫って来ます。
      なんと言っても街中に人が居ない、歩いて居る人を警察が取り締まる風景が異様です。
      通勤は控え目にとは言っても英国は満員電車になって居る様です。
      何処でも仕事熱心を伺えます。

      仕事をせざるを得ない職場が有るのでしょう、特に中小企業の社員は休暇を取れない理由は有るのかも知れません。
      日本は若干緩めになって居る様な雰囲気になってますが、一方では引き締めにも注意しています。
      何となく中途半端的な感じを受けます。

      いつになればこの状況から脱出出来るのでしょうかね。
      脱出した暁には何をしましょうか?
      トンネルを抜けるとそこは大海原だったとなれば思い切り泳ぐ事になりましょうか?
      大平原だったら美味しい空気を胸いっぱい吸い込みたい気分になりましょう。
      そんな日が待ち遠しいです。

      と言う事は従来の環境が如何に幸せで有ったかを物語っています。
      地球上は色んな問題も有りますが現状の生活には特別な支障が無かった事になりましょう。
      しかし一旦新型コロナウイルスが蔓延してしまうと世界は悪魔に支配された様に暗くなってしまいます。

      これから悪魔はどう行動するのか見えないだけに厄介です。
      次々に占拠を広げて世界全体を支配下に置くのでしょう。
      マイッタと人間が降参しても悪魔は容赦しませんから困ったものです。

      連日どうしたらいいか?をあちこちで議論してますが悪魔は笑って人間を見下して居るかに思えて来ます。
      スポーツの祭典にも影響させ延期を余儀なくされましたが、悪魔の思い通りなんでしょうか。
      人間を超えた悪魔は一体何処に隠れて居たのでしょう?

      こうした悪魔の出現は定期的に地球上へやって来ます。
      これも不思議な事です。
      こうして地球上に住んでいる人類は辛い試練に向かって歩まねばならない運命でも有るのでしょう。

      ジャジャジャジャーンの運命の曲を聞く時なのかもねえ。
      YouTubeで検索してこれから聴こうかな。
      いずれは人類の勝ちになるでしょうからそれまでの間最新の注意をしながらの生活です。
      | 大変 | 10:38 | - | - | - | - |
      薬が無いのが一抹の不安No 3920
      0
        西日本の方で雪になると言ってますが降り始めましたかね。
        九州に転勤して3年半程過ごした経験が有りますが九州の冬は結構寒いです。
        鹿児島の開門岳は毎年雪が降ってましたよ。
        鹿児島で雪が見られるのが不思議でしたがね。

        さてさて武漢肺炎の勢いはまだまだ鎮火傾向が見られません。
        しかし中国のトップ連中は沈静化が始まったと言い出しました。
        昨日のテレビ番組でゲストが言うには危なくなると強気の発言をするのが多いと言ってました。
        実に中国と言う国は信用出来ない事が多いです。
        その原因はメンツにこだわり過ぎるからでしょう。
        習近平のメンツにかけても武漢肺炎の蔓延を食い止めるのだと意気込んでいる訳です。

        メンツよりも人命救助の方が大事ですがそちらの方はどんどん増え続けて劣悪な医療体制です。
        1日百数十人も死亡するなんて考えられません。
        それも武漢だけで、医療の技術や施設が整って無い証ですよ。

        映像に出てくる医療現場は良いところだけ見せているのであって現実とかけ離れた状態を想像します。
        それにもう発生から相当の日数が経過しているのに、街も封鎖されているのに状況が変わらないのもおかしいです。
        感染者数や死亡者が減少したと報道しているのは共産党中央のトップ首相が抑え込みに成功してると言ったから数字を改竄していると疑います。
        もう中国を信じて報道を見る人は居なくなるでしょう。

        結局北京にも感染が拡大しているのです。
        北京に戻った人が二週間家で待機させられて居るのは北京の感染者が急増した理由だと推測します。
        こうして憶測される様になったら国のメンツも有ったもんじゃ無いですよ。

        それでも中国を信じると言って外相同士が会談して居る事を見ると日本もメンツなど無くしてしまったですかね。
        習近平を国賓として4月に受け入れる事をまだ言って居るのですからアホかと言いたいです。
        これ程世界中にそしてとりわけ日本に迷惑をかけて置きながらすみませんねの一言も無いでは有りませんか。

        勿論中国はメンツを重んじるので謝る事はしない主義です。
        全て自分に問題が無い事がメンツの重視に繋がるのです。
        謝ればメンツ台無し自分の存在感が消滅します。
        ですから自ら重責を投げ出す事はしませんからクビ更迭されるのです。

        そんな社会情勢である事から何が正しいかを見極めるのが非常に困難です。
        無事に今月末から衰退傾向が見られれば幸いですが目を日本に向ければ、これからが大変になりそうです。
        一般人の感染が少ないですがで初めてます。

        調べる量(検体)が増えれば当然感染者数が増えてきます。
        検体が分母で感染者数が分子なら有る一定の感染率があれば比例的に増える事になります。
        その辺をやっと加藤厚労大臣が分かって来たかの様に見受けられますが、まだトンチンカンの発言をしています。

        年寄りで何らかの疾患を持った人が病院に行って熱が有るから見てくださいと言っても渡航歴はどうですか?
        が最初の質問でしょう?
        即ち渡航歴者で無いとウイルス検査対象にならないのですから呆れてしまいます。

        既に日本でもパンデミック状態と考えてその状態を想定して患者に当たらねば死者が次々と出て来ますよ。
        中国の様に。
        中国の問題点はパンデミックを認めなかったから大きく拡大したのです。
        日本もその轍を踏むのですかと言いたいです。

        パンデミックが劣悪な状態では無くパンデミックを皆んなが理解してパンデミックを防戦する工夫を持つ事が結果として拡大阻止になる訳です。
        逆逆に考えている政府や官僚達の頭脳は既に阿呆のパンデミック状態です。

        もう政府に頼らず自分達で工夫して感染しない方法を持つ時が来ました。
        先ず毎日体温を測る事で発症を確認出来ます。
        それで早い時点で感染したかどうかを自分で判断出来ます。
        次にインフルエンザは4日ぐらいで治りますのでそれ以上の熱に悩まされたら保健所に問い合わせてして状況を話せば対応が即出来ます。

        我々自体が注意しながら自分の身体を守る事をすれば、自分の体調管理をすれば恐れる事はない筈です。
        薬が無いのですからジッと養生してウイルスと戦えば必ず身体が勝ちます。

        習近平がこの戦いは勝つと発言してますが当たり前の事で何もしなくても勝てるのです。
        それは一人一人の心掛け次第です。
        感染する様な場所に出向か無い事も重要な要素です。
        そう言う一つ一つの注意をすれば感染は防げるのです。
        いい加減な行動をしていれば武漢の二の舞です。
        馬鹿に着ける薬は有りません。
        | 大変 | 09:49 | - | - | - | - |
        記事を読めば読む程 No 3903
        0
          晴天が戻って来て嬉しい日々ですがなんと4月の陽気だそうで喜んで良いのかどうか。
          昨日も暖かく薄着でも外は寒さ知らずでした。
          明日は普通の気温に戻りそうですが体調管理をしっかりせねばなりません。

          風邪でも引いたら新型コロナウイルスとの比較判断をせねばならないでしょう。
          それにしても多くの記事が出ていますが大変の一言です。
          以前のSARSの時はどうだったのか記憶がハッキリしませんが今回は恐ろしい限りです。

          内容がよく分からないうちにどんどん拡散してしまって日本も実態を掴み切れないと思います。
          緩い判断は禁物だと感じています。
          発生当時の武漢市の対応が問題になって居ますが当局もSARSの時を想定出来なかったのでしょうか。
          安定安心平和が続くと悪魔が来てもそれ程の恐れを感じない危機意識不足になるのでしょう。

          特に武漢は中国でも大都市ですから官僚達は胡座をかいて居たのではと言いたくなります。
          中央政府は躍起となって面目を保とうとしてますがここまで来れば手遅れです。
          これからどれほどの感染が広がり死者が出るか想定出来ない事になりそうです。
          この状況は多分1年以上も尾を引く可能性が有ります。

          日本政府内ではインバウンドへの影響などを語ってますが馬鹿げた発想です。
          それよりも水際作戦は大丈夫か?
          患者が出たら死者を出さない医療方法を確立しているのか?
          ワクチンが早急に出来るのか?
          先ずは人命を守ることが大事であろうと思うのです。

          いろんな記事を読んでいると問題点が何かの視点がボケているのが多いです。
          本質本題を忘れて途方も無い話をするのはフェイクニュースと同じです。
          真剣に真実を報じる事がメディアの役割でしょう。
          これからも記事を見て行きますが本質を探って欲しいと言いたいのです。

          感染症ですから感染する可能性が必ずある訳です。
          感染しても大丈夫と厚生省から発信出来る体制が国民を安心させる方法です。
          今回の騒ぎで厚生省のコメントを読んでませんが出てるのでしょうか?
          特番に政府見解の欄を設けても良いのではと感じてます。

          園児や児童達が安心して運動やら勉強ができる様な環境を保つ事が出来ると保証してあげねば可哀想です。
          小さな子供までマスクをせねばならない状態は作って欲しく無いのです。
          | 大変 | 10:13 | - | - | - | - |
          怖い空気感染 No 3898
          0
            寒さはこの時期が厳しい筈ですが生温い感じがします。
            新潟では殆ど雪が降らず雪だるまも作れないでしょう。
            これが今年だけでなく今後の状態になったら人間はどう思うでしょうか?

            しかしそれでも自分中心の生活は変わりませんかね。
            相変わらず二酸化炭素を排出する行動を抑制コントロールしないでしょう。
            崩壊滅亡する迄自己を満足させる事に懸命だろうと思うね。

            これ程商品群が溢れるように店に並んでいても製造工場は自動でドンドン作って居ます。
            作ると言う工程には必ず二酸化炭素を排出する条件が出て来るのです。
            先日も書きましたが新潟だけで無く北海道だって雪を見るのが珍しくなりましょう。

            日本国中沖縄地方の気象に変わってしまうのもそう遠い時期ではないと思って居た方がいいでしょう。
            となると海面だって上がります、海岸地域のお台場では水没騒ぎが間も無く来ます。
            そう言った恐ろしい世の中の流れに、別な流行が起きてしまいました。

            武漢言えばとても懐かしい所です。
            何故か実は仕事で2回ほど行ったんです。
            長江即ち揚子江に河イルカが生存して居たのですが何故か数少なくなって捕獲して育てて居た研究機関が有りました。
            そこのお仕事のお手伝いでOECD/JICA絡みで行きました。
            もう相当前の話です。
            街並みは大きな都会でした。

            そこでコロナウイルスが発生しこれからが非常に心配な状態になってます。
            確かに当時の武漢の市民の生活は相当に酷かったです。
            高級ホテルで過ごしましたが一般市民の食堂に行って餃子を食べたらいっぺんに下痢を起こしました。
            即ち我々が持っていない細菌ウイルスを食べ物に入っていたのでしょう。

            同席した教授は地元ですから平気でした、免疫力を持っているのです。
            中国も貧富の差は日本の比では有りません。
            貧困者の生活は予想出来ない位だと思いますよ。
            ですから強力な新型ウイルスが出来たら立ち所に蔓延してしまうのが当然です。

            大きな街ですから人口も東京と同じくらい居ます。
            人の集まる場所もごった返して居ます。
            丁度中秋の名月の時期に行ってましたが月餅を必ず食べるのです、クリスマスの時のケーキと同じだと言ってました。
            物凄い月餅を山の様に積み上げて売っているのです。
            それを買い求める人人人の多さにビックリした経験を持ちます。

            こうして人が集まれば空気感染で移ってしまうウイルスを防ぎようが無いでしょう。
            重大な状況になってしまいました。
            先ずは世界中にばら撒かない様に中国政府にお願いしたいです。
            しかし春節の期間ですから日本旅行に来る中国人も多いと聞きます。
            その内の何人かはウイルスを運んで来る事を予想せねばなりません。

            日本の水際作戦は甘いとされてますから非常に心配です。
            潜伏期間が14日も有りますから日本で遊んで居る内は症状が出ない事だって有ります。
            人道的には来日した中国人と接しない事は出来ません。

            ですから細心の注意を払って接する事になりましょう。
            浅草雷門などには行かない方が良さそうです。
            武漢と聞いて懐かしむ所か恐怖の武漢になってしまいました。
            早く収束してくれる事を願っております。

            因みに人に懐いていた河イルカですが残念ながら我々の努力も虚しく数年後に亡くなったんです。
            日本の新聞に小さく小さくその記事が有りました。
            寂しい思いをしたのです。
            それからすっかり忘れていた武漢に驚きを感じてます。
            | 大変 | 09:32 | - | - | - | - |
            重責を全う No 3883
            0
              矢張り日本晴れは一番です。
              太平洋側はこうして晴天に恵まれますが雪国は毎日雲に覆われた日々です。
              この差は自然現象で致し方が無い事ですが余りにも格差があり過ぎです。

              自然現象も格差環境が有れば人の世も格差社会になっても不思議はないのでしょう。
              兎も角格差が無いと言う状態はあり得ないと証明されてます。
              それも小さな格差から雲泥の差迄様々有ります。

              そんな中で自然も生き物も過ごして居るのです。
              実に難しいの一言ですか。
              この世に生まれて生き抜いて生涯を閉じる時どんな感慨を持つのでしょう。

              いい世の中だったと自分は幸せだったとそう思うのでしょうかねえ。
              しかし生きている途中即ちこの世に実在して居る時には死の事など考えに有りません。
              ただひたすら世間を相手に懸命に何かをして居ます。

              その中でも重責を背負って活躍して居る人も多数有ります。
              首相を始め、会社のトップ等々国の会社の命運を課せられて過ごして居るわけです。
              その重さと言うものはその場に立って見なければ分からないモノです。

              でも軽々と重さを感じない人も多いのかなあとも側から見える事も多いかな。
              安倍晋三首相などは最高重責の場とは思って無いかもね。
              非常に居心地の良い天国的な場だと勘違いして居る様にも見えます。
              もし重いリュックサックを背負わせられたらあっと言う間にへこたれてしまうでしょう。

              そう思うと楽な方向で考え楽な方針で進める様になって居ますか。
              過去の首相経験者は常に難しい顔をしてましたが安倍首相の顔は深刻さが無いですよ。
              何処にも難題に直面して居る風に見えない顔です。
              詰まり難題が起きて居るとは思って無いのかもしれません。

              桜問題でもカジノ疑惑でも馬耳東風の様態です。
              何か起きてますか?的な感覚しか見えません。
              とすれば重責など無く自己満足の境地に日々楽しくお過ごしなのでしょう?
              既に令和も二年目に入ってますが今年は何かいい事が起きないものかと庶民は思ってますが例えば減税とか?
              そんな話も冗談も無く無味乾燥味付けの無い料理みたいなものだけです。
              なんとかせねばなりませんが野党も何を考えて居るのか?

              選挙が遠のいたから結集は先延ばしだとよ。
              呆れた野党連中です。
              辻説法をして居る次の候補者は何人居ますか?
              早く纏まって力を一つに集約して市民に実力を見せねば選挙前にだけのパフォーマンスは見抜かれますよ。

              与野党とも日本政治は重責感の欠乏症でしょう。
              | 大変 | 09:34 | - | - | - | - |
              温暖化の盲点 No 3872
              0
                曇って雨が多少落ちてますが雪に変わるかどうか??
                暖かい冬ですから雪を見る事は無さそうです。
                温暖化の波は刻一刻地球を飲み込みそうな大型です。

                海水温が徐々に上昇して居ると報道されてますが、何か忘れている様な気がしたのです。
                それは恐ろしい恐怖の現象です。
                何か、もし北極や南極に氷即ち氷河が無かったら、と言う事です。

                現在ドンドン氷河が溶けて海に合流してます。
                この氷があればこそ海水温をいっぺんに上げない効果になって居ると思うのです。
                もし氷河が完全に溶けて海水温の制御が効かなくなったら、あっと言う間に海水温が上昇してしまうでしょう。

                そうしたら現在の様な悠長な話などしてられません。
                海水温が上がれば当然空気だって上がり全体が現状の2度とかの話から20度の話になるのではと想像します。

                氷河様様で人は勝手な振る舞いができて居るのです。
                化石燃料をボンボン使って温暖化を促進させてますが非常に深刻な現状を把握する事が大事では無いかと気付いたのです。

                小泉進次郎がセクシーに環境問題を解決する発言はお笑いの世界で人を笑わせればいいのです。
                こと温暖化問題はセクシーどころか恐怖の域に入って居るのです。
                既に北極海の氷河は半分以下に縮小されて居るのでしょう、いやもっと少ないかな。

                ですからそう長く北極海の氷河に頼れない状態です。
                後十年後にどうなって居るか?
                とても心配で危惧してます。

                そんな時間単位だと想像します。
                進次郎に期待出来なければ誰がやりますか?
                可哀想なのは未来人です。
                | 大変 | 18:19 | - | - | - | - |
                慣れる事 No 3864
                0
                  冬景色とは言えませんが空は雪雲の様に見えます。
                  そろそろチラチラと雪の精が落ちて来はせんかと期待しています。
                  期待は期待で現実はまだ熟して無いかも。

                  待ち遠しい雪ですがどうやら今年中に見る事は難しいですかね。
                  クリスマスも目の前に来ていますが寒さが厳しく無いからどうにもなりません。
                  先日歯医者に行って入れ歯の調整をしたら具合が良いです。

                  最近入れ歯と言わないらしく義歯と言ってました。
                  確かに入れ歯のイメージはよく無いね。
                  義歯なら何かね?って感じです。

                  それで歯科医に言われた事は義歯に慣れる事が大事だと。
                  ですがね、口の中に異物が入って居る訳で何とも違和感に耐えねばならないのです。
                  義歯は奥歯二本だけですがそれが中々大変なのですよ。

                  慣れると言う事は違和感を感じなくなると言うことです。
                  そうなんですよ、色んな場面で違和感って結構多くあります。
                  それに慣れて行かねば安心も安堵も有りません。

                  しかし慣れるまでにはそれなりの期間も必要ですし又理解或いは妥協もせねばなりません。
                  ここんところですね、次々に現れる違和感を次々に認める事は難しい事です。
                  今年中に起きた違和感は相当数感じましたが殆ど受け入れ難い事ばっかりです。

                  それに今日はある違和感を覚えました。
                  小選挙区の選挙制度になってから自民党が優勢になって居る理由です。
                  どうやら公明党即ち創価学会の票が自民党に流れるからだというのです。
                  特に婦人会の組織が応援するとか。

                  選挙は政教分離説がある筈です。
                  即ち政治と宗教の分離ですが公明党はその基本を無視してます。
                  それ自体違和感が強く残りますが、その宗教組織が自民党の議員を当然させて居ると言う事です。

                  これ又違和感にさいなまれます。
                  日本の政治は宗教団体の代表かと思わせる節があるのです。
                  公明党議員だけで無く自民党議員も創価学会の票で当選しているのです。
                  ここの菅原一秀なども創価学会の票が無ければ当選出来ないのだそうです。

                  しかし悪いことをして雲隠れしていても創価学会では何も言わないから違和感は募ります。
                  勿論菅原一秀に票を入れたら恥ずかしい限りですが投票した人達はどんな思いか知りません。
                  兎も角違和感だらけの日本の政治家に腹が立たないのも可笑しな日本人です。

                  先日落語を聞いててこれ又違和感に満ちた話に会いました。
                  鹿児島の川内原発ですが現在原発が稼働している珍しい所です。
                  その発電した電気を鹿児島で利用するかといえば、どうやら北九州市の方に供給していると言います。

                  だったら何故川内に作ったのか?北九州に作れば良いじゃ無いかと。
                  結局危ないものは人家の少ない過疎地に作る政府の方針です。
                  原発は危険なものなのです、もし安全なら過疎地で無くても堂々と大きな街の側に設置した方が利便性が有るでしょう。

                  作った電気を近くに送電すれば簡単に済みます。
                  しかし川内で作った電気を北九州迄送電するにはどれ程の送電線が必要ですか?
                  又電気を送電すれば必ず持っているエネルギーが減少します。
                  ですから作った電気を直ぐ近くで使うのが最も効率が良くてエネルギー損失も少ないのです。

                  電力会社には優秀な学生が就職して仕事をしているのにそうしたエネルギー改革をしないのも違和感です。
                  とても人間業でない事だらけで違和感だらけです。

                  違和感は義歯だけにしてもらいたい所ですが現代文明は違和感の大量生産を増長させています。
                  誰も言いませんねこうした違和感問題を!
                  | 大変 | 09:50 | - | - | - | - |
                  余裕無いね No 3862
                  0
                    今日もいい天気で暖かいから冬の感じはしません。
                    でも12月と言うカレンダーを見ると冬なのだーと意識させられます。
                    15度ですから春だったらもう初夏かと思わせる気候です。

                    今朝はこれから歯医者で入れ歯の調整で出掛けます。
                    時間に迫られると焦りさえ感じます。
                    余裕は有った方が良いですが、中々直前までいろんな事があるモノです。
                    でも気持ちの余裕だけは持ちたいですね。

                    余裕は結局時間の事が一番多いでしょうかね。
                    お金も余裕が有れば良いのですがこればっかりは何時でも余裕無しです。
                    他にも余裕のあるものと言えば特に無いですねえ。

                    常に切羽詰まった感覚に追いかけられて、何とも味気ない殺風景な過ごし方をしてることが多いです。
                    余裕を作る方法が有れば良いのですが変幻自在に変わる日々ですから都度の余裕は生まれないです。

                    これは世の中全体がそう成っているかに見えますがどうでしょうかね。
                    トランプ大統領でも現状は相当に切迫した感覚に居るでしょう。
                    安倍首相だってそうでしょう、来年の初夢は奈落の底を見るのではと思うでしょうか?

                    但し過ごし方改革では無いですが何らかの改善策は有りそうです。
                    考える事自体やらなく成って、方法論を他に求めてしまいがちです。
                    そうなると本当の改善が出来ない事に成って仕舞う事になります。

                    そうですね、考える力が減退しているのが現代人の特徴でしょう。
                    何でもインターネット上で解決策を検索しています。
                    ですから首が前に垂れた姿が全体の人類像です。

                    猿に似て来たのかも。
                    そういえば来年の干支は何ですかねえ。
                    気にしてなかったので調べてみます。スマホでね。これですよ。
                    | 大変 | 09:17 | - | - | - | - |
                    英語 No 3857
                    0
                      児童たちのサッカークラブは早くから練習に励んでいます。
                      それもちっちゃな子供達です。
                      黄色と赤のユニホームを着けてチーム分けしている様です。

                      コーチの大声がここまで届いてます。
                      実に熱心ですがこれをどう見るかです。
                      将来の名選手を目指していてもそう易々となれません。

                      どうもその辺が分からないのです。
                      遊び程度の練習なら歓迎しますが3時間と言う猛練習です。
                      その間の休息は殆ど無いと子供に聞いた事が有ります。

                      それ程熱心に運動出来るならば、別の意味で熱心さが必要かと思うのです。
                      それは未だにできない英語なんです。
                      子供の頃に英語を熱心に覚えようとしたら実に早く簡単に習得するのではと思えて仕方が無いのです。
                      我々の時代は英語は確か中学に入ってからそれも英語の先生とは言っても特別に居ませんで会話は殆どダメでした。

                      現在は英語の勉強をした有る取得を持った先生が教えて居ると思うのですが。
                      兎も角東京には外国人が非常に多く外国人学校もいっぱい有ります。
                      この近辺でも外国人専用スクールが有ります。

                      子供達に英語を教える授業が無いなら、土日だけでも良いからサッカー並みに教えるクラブを作ると良いのではと思うのです。
                      外国人生徒と一緒になって活動を行う事で互いに言葉の会話を覚える様な気がします。

                      大学入試に英語が大きく取り扱われてますが小さい時代から慣れていれば受験でもそれ程気にならないと思う。
                      実はこの時期クリスマスソングを聴きながら色んな事をしてます、料理とかね。
                      そのソングに覚えているメロディはたくさん有りますが残念な事に英語で歌えません。
                      今朝のYouTubeで聴いたものに歌詞が同時に出ているのです。
                      歌いたいがサッパリ発音ができないんです。

                      殆どが耳に入ってくる言葉が分からないのです、スペルは読めるのですが、実はそのスペルの発音が全く違うのです。
                      我々はジャックアンドベテイと言う教科書で習いました。
                      即ちアイアムアボーイです。

                      この様にカタカナで表示された英語でしたからそうだと思って発音もして来たのですが実に愚かでしたね。
                      英語は英語圏の人から聞いて初めて発音を覚えると言うものでしょう。
                      日本人の発音ではどうにもなりません。

                      そんな経験を子供達にさせたくないと思うのでサッカーも良いですが英語クラブを繁盛させて欲しいのです。
                      外国人と野外で一緒に行動出来るクラブにすれば良いわけで、特別に教室も必要なく費用も要らない様にすれば良いのです。
                      会話はスペルを知らなくたって出来る筈です。

                      先ずは英語で誰とも会話出来るように児童たちがなったら大人達も少しづつ覚えるかもよ。
                      そこでもあそこでも英会話が聞こえて来たら我々も耳に慣れて来ます。
                      英会話教室は高額な費用を出しても本当に自分のものになるまで根気良く勉強出来ません。
                      大概中途半端に終わっています。

                      それは費用を考えるからです、児童たちが友達に外国人を作れればタダで覚える事が出来るのです。
                      勿体無い時期です、サッカーよりも英会話を身につける方がどれほどこの先に良い影響を与えるか先生方も考えませんかね。
                      | 大変 | 09:33 | - | - | - | - |