RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

自然の豊かさを心の泉に

地球上の大自然は素晴らしい。その豊かさに抱かれて。
民主主義の不思議さ No 3791
0
    静か過ぎる感じがします。
    これで大型台風が来るのかと想像し難いです。
    しかし着々と都心をターゲットに前進している事は確かな事実です。

    先ずは停電になった時の食料確保をしたいと思ってこれから普段より多く買い求めます。
    そして直前に多くの料理を作って置きます。
    正月の時の様に保存の効くモノを作ります。

    心配をどの点に置くのか、体験が無いだけに気掛かりです。
    気象庁の事前に対策を!ここの実感が無いのです。
    無事に収まる事は無いでしょう?

    さて世の中が大きな波が起きています、まるで超大型台風の様です。
    何がかと言いますと、民主主義と社会主義の関係です。
    我々多くは民主主義の恩恵で無事生活出来ていると思ってます。

    しかし最近の中国の勢いは多少減退しているとは言っても世界を見渡したら凄いと言える成長があります。
    日本のデフレなどを何とも思って無いが如しです。

    民主主義か社会主義かなどを論じる前に企業の中を覗くとそこは社会主義的です。
    関電では有りませんが上位者が金品を貰って50万円もする背広を着れるのです。
    社会主義は上位者の優遇が基本でしょう。

    会社は上位者になる為に如何なる努力も惜しまず頑張りますが、結果上位者になれるかといえばNO です。
    そこには社会主義が働きます、後継者に自分の部下を推薦して据えます。

    もし民主主義を取り入れるのであれば社員の選挙で決める方式でしょう。
    今までそうした会社を聞いた事が有りません。
    幹部になるのも実力者だけでなく適度なゴマスリ者がなります、概ね社会主義です。

    結局資本主義と言うのは自由を保障するだけで運営は社会主義の方が楽なのです。
    デフレから脱却するには社会主義の方が統制経済が出来るから良いのです、会社の経営が落ち込んだら社員を首切りします。
    これは社会主義です。

    統制力を強力に持つ社会主義が現実の生活の場です、しかし思想は民主主義と思ってます。
    このギャップを世界中で感じ始めたのかどうかは分かりません。
    しかし大波が発生しつつあるのです、50年先日本の存在があるかどうかも議論されるでしょう。
    | 私利私欲 | 10:22 | - | - | - | - |
    勝つ事が生きる目的か?No 3720
    0
      ついに青空が支配、あの太陽を遮断していた雲はどこに行ったか?
      ぽっかり浮かんでいる雲が集団になると困りもの。
      梅雨明け宣言が出されたかな?

      布団も太陽の光に嬉しそうです。
      風も若干あるのでエアコンは付けず、部屋に溜まっていたものを全部外に追い出したい気分で窓全開です。
      扇風機が空回りみたいでここまで風が届きません、止めましょう。

      人の世はいつでも勝敗に拘っています。
      人の生きてる殆どが勝つ為のもので、その為に日々行動を起こしているようなものです。
      スポーツは勿論、政治だって、選挙だって、賭け事だって凡ゆる所で勝つ事に終始してます。
      それは今始まった訳じゃ無く、紀元前もズーッと前々から、多分人の形になってからでしょう。

      どうにもこの性から抜け出す事が出来ないのです。
      勝つ事、それは対象があって、相手が有って勝敗が決まります。
      一方、対象に自分自身がなる場合も有ります。
      自分に打ち勝つとか言いますからね。

      兎も角、こうして勝つ事への執念を燃やして一生を送り、一生が終わります。
      勝ちも限りが有りません、勝てばもっと勝ちたいmore and moreもっともっとになります。
      勝ちたいと言う意識が生きている証なのでしょう。
      勝つと言う意識が消滅したら生命が終了するのでしょうか?

      老人になれば足腰に障害も出てくるし、病気のもなります。
      そこでも勝たねばならないのです。
      神経痛で歩けない、となればサプリメントがCM で盛んに出てきます。
      神経痛に勝つ為にはこれが一番ですよとばかりに!
      結局生涯勝ちの意識を持ち続け、勝つ為にどうするかの対策で終始します。

      ドラマや小説を読んでいるとその連続です、それは当然の結果でしょう。
      書いているのが人間である以上、勝つと言う命題から逃れられませんから!
      生き物の全部がそうしたもんなんでしょうかね?
      勝ちを忘れて生きていける方法は無いものか。
      無いんだよね!
      これから買い物に行きますが、商品をひっくり返して良いものを買いたい、これも一つの勝つ為の行為でしょう。
      情けなく見えるのですが、生きている証だと思えば当然のことか。
      浅ましい人の行動だと思ってしまう。
      | 私利私欲 | 09:52 | - | - | - | - |
      上昇から下降へ No3655
      0
        30度の予報が出てます、もう夏になってしまったのでしょうか?
        まだ朝方は涼しい風が有りますから大丈夫ですが日中はどうなりますか?
        児童たちも炎天下で運動会の練習は辛い所があるでしょう、しかしエネルギーの塊みたいな子供達ですから問題しないですかね。

        昨日も公園で散歩とか運動器具が設置されているところで遊んでいたら、幼児が寄って来て話掛けて来たんです。
        最近の幼児は人懐っこいのでしょうかね。
        実に可愛いですね。

        人の欲求って結局お金でしょうか。
        最終的なものでは無いと言うかも知れませんがお金に絡む問題は限りなく聞きます。
        zozoの件も今後どうなるのか分かりませんが今朝の記事にも出ていますが240億円の借金を銀行から受けていたそうです。
        上昇気流に乗っているときは借金など考える必要もなかったでしょう。

        しかしお金が減れば運転(経営)出来ませんからお金に絡む心配が出てきます。
        どんなに頑張ってお金持ちになっても次もやがりお金なんですかね。

        ゴーン氏だって結局お金が一番で会社の成長など二の次だったでしょう。
        これは今始まった事では無く時代劇を見ているとお金に関わる事件の多い事、それも際限なくお金を求める。
        日本的と言う事なのかどうか?

        いや、世界中でお金だけが先行しているのかも知れません。
        米中の貿易問題もお金の収支がプラスかマイナスかでもめているわけでしょう。
        より安いスマホを生産して世界中に売ろうとする中国企業を阻もうとしているのです。

        資本主義とはお金だけの社会と考えれば特別考える事も無いのでしょう。
        しかしお金が全てではどっか変です。
        それも上昇している時期はドンドンお金が入ってくる、逆に下降すればピッタリと入らなくなり出て行く一方です。

        実に大変社会構造です。
        努力と言うのは平等ではなく、同じ努力でもお金へ結びつけるには一部分です、多くの努力は無駄骨です。
        ですから悪を働いてお金を得ようとする輩は出るわけです。

        2万円の仏像を42万円で老人に売りつける記事が出てましたが、100人も引っかかったと言います。
        まさにお金のためには手段を選ばずです、これも資本主義なんです。
        悪は上昇出来ない人が考える手段なのです。

        上昇と下降が極端に明確になっているのが問題なのでしょうか?
        上昇も無く下降も無い、と言う均衡は無いのでしょうか?
        上昇だけに気を取られ、0.1%でも上がれば上昇機運が高まったとメディアが報道します。
        馬鹿な事です。

        上昇だけを望む事は結局お金を多く持ちたい得たいのと同じです。
        上昇も下降も有っていいじゃないと思うのです。
        お金は天下の回りものですから。
        | 私利私欲 | 09:32 | - | - | - | - |
        電車の中 椅子の争奪戦
        0
          快晴の一日が始まって気分は爽快です。
          ここしばらくこの状態が続くそうですから実に嬉しいものです。
          ですが、こうした良い気分を持って電車に乗ると様相はガラッと変わります。

          ま、朝はラッシュなどの時間帯に乗る事は有りませんが、夕方の通勤客と一緒になる場合が有ります。そんな時に感じるのが日本人の浅ましさです。
          降りたい人がまだ残っているのに乗り込む人がいるのです。

          乗り降りがぶつかり合いながらですからスムーズにいく訳無いです。
          混乱状態になっています。
          そして我先に座るシートを確保する行動に移ります。
          優先席などは学生も居れば、若者も多いのです。

          決して老人が来ようが席を立ちません、席を確保したらここは私のシートとばかりです。
          もちろん周囲に目を向けるなどしません、一応気になる事も多少は有るのでしょうが、見ればどうするかを判断出来ないのです。

          今日はこうした記事が載ってました、外国には滅多に見られない光景だといいます。
          確かにオランダアムステルダムに行った時の事を思い出します、あちらの人は身体が途轍もなく大きいのです。
          市電は比較的狭くシートの大きさは大人のお尻でいっぱいになります。

          でもおばさんがお尻を小さくして、小さくはなりませんが、その仕草をして座りなさいって言うんです。
          凄く優しさを感じてサンキューとばかりに座りました。
          おばさんとピッタリくっついて座るのです。

          これがあちらの普通なんですね。
          記事には日本に連れて来た外人さんが電車に乗ると女性とか老人と来ると直ぐに立って譲る姿勢をすると有りました。
          その姿勢が自然体で普通なのです。
          日本人の感覚にはこうした普通さが欠如しています。
          昨日この街の新聞を読んでいたら直ぐ前の小学校の校長が談話を書いてました。
          道徳のあり方、即ち個人の生き方的なものでしたが、たった一つでもいいから良い事をする、と言う事を教えれば十分でしょう。

          たった一つそれは電車に乗ったら席を譲る、これだけを覚えておけば良いのです。
          そこから派生する事柄が全て人のために繋がるんです。
          心とはそうしたもので、譲る気持ちが有れば絆も自然に出来ます、人助けも自然体のなります。

          江戸っ子はこうした自然体で行きてました。
          ですが一極集中した今日、生きるのに汲々として余裕すら無いのです。
          シートを見つけったら我のものとして確保し、絶対に人に与える事をしないのです。

          日本はお金も精神も貧乏国に成り果てたのです。
          現代の生き方を変えるチャンスは学校の教育しか見当たりません。
          貧富の差が歴然として来た現代は貧の精神を脱却せねばならないのです。
          貧困教育を校長は気づいて無いのです。
          ラッシュ時間帯の電車の中の状況を子供達に問えば、自ずと席を譲るべきと答えるでしょう。
          ここを常々心して過ごす姿勢を身につかさせれば外国人が来たら日本人のマナーの良さに驚くでしょう。

          来年はあらゆる国からの人が集まります、外国人に負けないマナーを発揮して貰いたい、たったオリンピック開催中だけでも願望です?
          | 私利私欲 | 09:38 | - | - | - | - |
          透明感の秋の空 人の心もそうありたい
          0
            行楽地はこのいい天気に幸いして賑わっているでしょうか?
            真っ青な空が美しいです、これから冬にかけてこの空が東京でも感じるのです。
            まだ公害問題を解決出来なかった時代は決して見る事が出来ませんでした!

            経済成長とは人の為に必要ですが公害をもたらす悪も有りました!
            中国北京も公害問題は解決されていないでしょう?
            粉塵が飛び交う空気を吸うのは嫌ですが、そこに住んでいる人たちは有無を言わないで生活してます!
            これが公害なんです。

            随分前に北京に行った時は丁度今頃ですが、それはそれは美しい青空が広がっていました、綺麗だなあの印象が残っています!
            まだ経済成長がスタートしたばかりだったでしょうか?

            空が美しいと心が同時に快晴になった気分になります。
            気持ちというものは簡単に空から影響を受けるモンだと感じます!
            人は美しさを憧れにしています。

            しかしカルロスゴーン氏の行動は美しいでしょうか?
            これから泥試合をするのでしょうからいよいよ汚物の様な汚さが待っている事が予想されます。
            騙し騙される人の行為の一番汚い部分で論争を行うのでしょうか?

            いっそ綺麗に罪を認めて謝罪して罪を着て牢獄で何年か過ごせば市民は多少救われます!
            しかしトコトン弁護士と共同歩調をして罪に対する反論を行う筈です。
            罪の軽さを求めるのであれば早々と罪を洗いざらい出して、これはどの程度の罪かをチェックすれば良いのです。

            多くの犯罪者は罪を軽くしたい為に嘘でもいいから頼りにします。
            多分逆転の発想から言えば短期に結論を出した方が楽で有ろうかと思います!
            長い間紛争していればそれだけで勿体ない時間が過ぎます。
            一度の人生時間は大事です、それこそ「時は金なり」でゴーン氏のモットーの金の亡者にしてみれば言い当てています!
            早めの結果が望ましいですが、簡単じゃ無いでしょうかね!
            この秋空の様な透き通った透明感がゴーン氏に求められています!
            | 私利私欲 | 10:02 | - | - | - | - |
            お金の亡者 日本的には恥
            0
              気温が下がったのが水道水の水温で感じます。
              料理や洗い物をしている時に冷たくなったなあと思うのです。
              まだ湯を使う程では有りませんから、多少我慢です。

              逆に野菜類は冷たい水の方がシャキッとするのではと思ってます!
              やはり冬が近づいているのが実感です。
              一応冬仕度は徐々に行っています。
              そういえば、大鳥神社の三の酉が25日に行われるそうです、もうそんな時期になっているんです。
              ちっちゃい熊手を買いに行きましょうかね?

              それにしても驚きです??
              カルロスゴーン氏を知らない人は居ないくらいに有名人です!
              そして高額のお給料取りでも有る事は誰も知っています!

              その方が悪い事をしていたとなると驚かざるを得ません。
              勿論、殺人とかではなく、お金に関わる事件です。
              給料の半分程度しか報告して無かったとすれば、一体どう言う仕掛けをしたのか興味津々です!

              最高責任者でも有り、カリスマ性を持ったトップでまるで王様的な存在だったんでしょう?
              ヒトラーを例に出すのは良くないとは思いますが世界観とか金銭感覚とか狂った見方になったんでしょう。

              ヒトラーも巨額を投じて自分を守るために強烈なシェルターを作らせたとも言います!
              なんとコンクリートの厚みが7mにしたものでした!
              そこに自分がいた時間は数時間だったとか、何のためにお金を使うか?

              逆に何をもってお金の亡者になるのかです。
              確かに自動車メーカーのトップの給料は高いのが通例だとしても、ドル?と比較して円は100分の一以下の価値しか無い訳で、それをドル並みに考えるのは狂人です。

              円の相場と言う事を認識して無い、凄腕の経営手腕を持っていると言ったって適度のお給料で満足するのが日本人の感覚です。
              いい例が有ります。
              昔東芝が不調の時に土光さんが会社を立て直しました。
              日産と同じ様に盛り返した実績を作った人です。
              その方は朝飯はイワシの目指しを食していたと言います!

              それ程までに慎ましい生活をして会社を盛り上げたのです。
              会社が順調になったら今度は別の会社に移り、又々苦労された人です。
              経営の神様です!
              しかしカルロスゴーン氏は居座る続け金をむしり取っていた訳です。

              随分古い話になりますが、田町にカルロスゴーン氏の焼き鳥の店があったんで、行ったことがあります!
              小さな店でどうしてこうした飲食店を経営しているのか?疑問が湧きました!
              たまに来るのですか?と聞いたら来ると言ってました!
              自分で焼き鳥食べたいから経営したんでしょうかね?
              不思議な感じを持ちました。

              今思えば、カルロスゴーン氏の住まいが近くにあったので、と思います!
              兎も角今後どんな成り行きになるかは知りませんが、年末宝クジの5億円を二本当ててもゴーン氏の給料が高いんですから。
              それどころか、隠して倍以上も取って居たと言いますから、戯言では済まされないでしょう。
              もし今韓国でも問題になっている慰安婦補償とか、徴用工の保証とかに使われたらどれ程役に立つお金でしょうかね?
              軌道を踏み外す人は以前からその性癖はあったんじゃ無いかと思えるんです。
              性癖は持って生まれたものだと思うのです。
              過去を洗ってみると面白いかもね?
              現実を面白がっては失礼でしょうか?
              | 私利私欲 | 09:53 | - | - | - | - |
              安心が一番 それ以上の欲は二の次
              0
                まだまだ暑い日が続いてますがそろそろ秋本番になる予報です。
                長かった猛暑も終わりが近づくと寂しくも有ります。
                蝉はスッカリ冬支度した模様で静かです。随分と頑張ったからゆっくりお休みという事ですかね。

                北海道も神戸も呉も大変な復旧活動に入っているでしょう。
                いや、東日本震災の後も、熊本震災の後もまだまだ平常に戻るには時間を要します。
                今までの日常、これが来るだけでも幸せを感じる事でしょう。

                平穏無事、この言葉がずーっと続く事、それ以外に何を望むのでしょうか?
                欲望は限度無く襲って来ます。
                その欲望に向かってがむしゃらに邁進する、我慢が出来ない、これが現代でしょうか?
                先ずは安心した日々になっていれば、十分です。
                必要なのはいつもの朝が来る事です。
                | 私利私欲 | 09:58 | - | - | - | - |
                世の為人のためになることを、しかし殆どが自分の為。
                0

                  今朝は曇り空に薄日が細々と出ている程度で比較的寒く感じますが気温は14度とかなり上昇する模様です。

                  雪国はいっぷく状態になるとか雪が落ちてくるのでご注意だそうです。

                  深い雪国の経験をしていないとケガをするかもしれません。

                   

                  ここも先日の雪がまだ日陰に残っています、14度の気温でどうなりますか中々しぶとい残雪です。

                  もう真っ黒になっているので汚い感じもしますが自然に融けるのを待つしか無いです。

                  近くの公園でもやはり日陰には残雪が有ります。

                   

                  世のため人のためと言う事で日々努力しているのが人間社会を作る基本です。

                  弱者を見れば助けてあげる、自分で出来る事はなにかを考えて行動する。

                  その基本的な事は小学校の教育で行われているはずです。

                   

                  しかし現代はどうでしょうか、殆どが自分のためです。

                  電車のプライオリティーシート(優先席)などは典型的な光景です。

                  最近の傾向ですが、一般席でも同様に老人が乗ってて来ても席を譲ると言う行為を見たことがありません。

                   

                  人のためと言う行為がどれほど尊いか、気持ちの良いものか経験者なら分かります。

                  しかし現代は子供のころから自分中心に行動していますから一度も人のためという行為をしたことが無いのでしょうか。

                  甘やかし過ぎ、これは我々の子供のころは厳しく咎(とが)められました。

                   

                  お宅のお子さんは厳しく育てられたので立派な行動(行い)をしますね、これが誉め言葉です。

                  褒められた親は鼻が高くなった気分になります。満足するのです。

                  こうした会話が全く無くなったのでしょう。

                   

                  ですから人のためになる行為ということ自体が何か、分らないのです。

                  人助けや絆と言う言葉は飛び交っていますが、内容が分からないのではと疑いたくなります。

                  台湾の地震に対する支援も自衛隊が派遣するのでそれでいいと言う判断になっています。

                   

                  自分で何かをする、その事については全く関係が無い様な態度です。

                  しかし東日本大震災の経験者は違います、同様な災難に有っていることを共用し何らかの行動を自ら起こして居ます。

                  自らの行為、これが大事なことです。

                   

                  人のためを行動をしてみればどんなに清々しい気分になれるかを経験することが必要なんです。

                  努力でするものじゃ無く、自然体で、強いて言えば慣れてしまった行動です。

                  人のために行うことに慣れてしまえば苦痛もなければ損害も有りません、残るのは気分の良さです。

                   

                  逆に自分の事だけに拘っていると世の中が何でこんなに思うようにならないのかと、天を恨みます。

                  天に唾(つば)を吐く、結果がどうなるか分からない人がいっぱいいます。

                  日本人の行儀の良さ、これが日本人の誇りでも有ったんですが無くなった感がします。

                   

                  スマホを片手から離さず他人など気にしない、歩行中に使わないでください、スピーカーから流れている駅などでも聞こえないのです。

                  実に情けない事です、もし人のためにの概念が有ったら絶対に迷惑になるから止めると言う認識が生まれます。

                  それが出来ない最近の若者は殆ど大学を出ていますが、人のために気付かないのは「阿呆か」と言われても反論出来ないでしょう。

                   

                  自分が有って他人が居る、まさにそうですが、「他人が居る」と言う認識の欠落が現代人です。

                  欠陥人であることを感じないし、恥とも思っていないのです。

                  先ずは一日一回でもいい、人のためになることをする、これが昔の東大の茅学長の言葉でした、身に染みて思い出します。

                   

                  | 私利私欲 | 09:01 | - | - | - | - |