RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

自然の豊かさを心の泉に

地球上の大自然は素晴らしい。その豊かさに抱かれて。
懸念材料多々No 4025
0
    6月に入りました、今年も後半の始まりです。
    今朝久しぶりに児童の登校風景を眺めてましたが良い事です。
    一年生が初めての登校になったのでしょう、真新しいランドセルに黄色カバーをつけて小さな身体が動いてました。
    何となく涙脆くなってました。

    お子さんを送り出した事でお母さんも安堵している事でしょう。
    長い道のりでした。
    今後は元気にコロナに負けない生活を送って貰いたいです。
    貴重な子供達です。

    人口減少はとても心配の種です、いつの日か若者が結婚を早め多産系の家族を作って欲しいですね。
    我々の時代に生まれた者は兄弟が6人程度は普通でした。
    同級生で多い人は10人も居ました、一番多いのは12名の兄弟が居ましたよ。
    我々の世代は戦争中に生まれたのですから食う物も無く窮乏の真っ只中で生きて来ました。
    でも元気に病気などもせずに毎日学校に行って勉強も真剣に受けました。

    しかし我々が大人になり家庭を持つと子供を持つ数が極端に少なくなってました。
    それは核家族が進み子育ても1人とか2人程度になってしまいました。
    その後も子育てに熱心ではなくなり人口減少の道を辿ってます。

    コロナの影響でどうやら子供が増える様ですが、一年だけじゃ増え方も多少ですよ。
    どんどん子作りに精を出して貰いたいです。

    日本の懸念材料はたくさんあり過ぎてどれを優先したら良いのか、難しい局面になっています。
    無理をして来たツケが徐々に出て来ているのでしょうか?
    お相撲さんは無理矢理身体を大きくさせるそうで、そこにはある意味不都合が起きても無視していると聞きます。
    結果は何らかの病状を抱える事になるとか、不自然な面が引き起こす問題の様です。

    そうした無理矢理を日本も行って来たのは否めません。
    理不尽な国債発行で未来人に借金を残した事もその一つです。
    今度も大幅な国債発行を行って窮乏者を救う訳ですが、富裕者は給付金の辞退と寄付を積極的に行い国を維持させる。
    富裕者が窮乏者を面倒見てあげる、そうした事が出来ないものでしょうか。
    戦後の混乱事に国債が発行されたのかどうか分かりませんが、自分達の力で貧乏でも生活してたのではと思うのです。

    現代は富裕者と貧乏人との格差を開かせる為の国債発行になっています。
    とても自然な行政では無いと感じます。
    高級な住まいも良いでしょうが、中ぐらいの生活で十分だと思う気持ちを日本人は持って国債を出来るだけ少なくさせようと言う感覚になれないでしょうか?
    家庭での毎日の食事に飽きたので外食に行きたい、これも贅沢というものです。

    窮乏という所を経験しないと実際には報道で知っても実感出来ません。
    日本の懸念材料を拾い出して、今やっておくべき事を処理して置かないと未来は闇です。
    未来が薔薇色に輝いている国にするには!ここを再考しておきたいです。
    | 待ち遠しい | 11:46 | - | - | - | - |
    マスクの無い日No 3992
    0
      晴天の行楽日和、朝から弁当作りが大変と言うフレーズが消えてしまいました。
      公園で皆んなでゴザを敷いて飲食する事もままならず。
      家の牢屋に閉じこもって新型コロナウイルスの過ぎゆく事を待つだけです。

      マスクも外出時は必ず付けないとエチケットとして問題です。
      普段の平時は花粉症の為に5月の連休迄必要ですが不思議と連休過ぎには何にも感じなくなり自然にマスクを外すのです。
      しかしこの新型コロナウイルスが蔓延っている間は外せません。

      いつになるやら見通しも立たずマスクの無い日が待ち遠しいです。
      その条件とはどんな状態なのか、政府も専門家もハッキリと言いません。
      トランプの様に適当でもいいからこんな条件になればマスク無しでOKだよ!と言って欲しいものです。

      マスクの意識だけで憂鬱になってしまう時も有ります。
      首相も専門家も国民を大事に考える訳では無い様で、自分達の事だけが頭にある様な印象を受けます。
      クオモ知事の様に激しい口調で市民を説得する事が良いのですがねえ。

      地方分権と言う政治上の区分けが有りますが日本では中央政府がお上である以上、お上のご意見に従うと言う様に分権化してません。
      ですから緊急事態と言う概念も中央からの支持まちで独立した思考が出来ていません。

      クオモ知事はトランプが何を言おうと自分の信念を通してニューヨーク州の市民をリードしてます。
      東京はどうでしょうか?
      オリンピックに忖度して中々新型コロナウイルス対策をしませんでした。

      中国の習近平にも忖度して緊急事態宣言も出しませんでした。
      そうした時に専門家も政府に忖度して言い訳的な方針しか出しませんでした。
      クラスター表現はその代表的な言葉です。
      何処の国でもクラスター等言葉を使ってません。

      クラスター専門室などと言う部署を特別に作ってもう役に立たない部署を未だに解散或いは内容変更をしていません。
      現在は市井に充満している感染者を如何に検出するかに重点を置く時に至っても、クラスター的なものが見つかると大騒ぎします。

      韓国は既に感染者が少ないので探すのが難しくなっているのに、未だに毎日6000件の検査をしています。
      その中で見つかるのが数人程度ですが実際に毎日検査しています。
      もう収束したと言ってもいいでしょうが、次の波が来ることを想定して検査を実行しているのです。

      日本は隣国の韓国を何故お手本にしないのか?とても不思議です。
      検査も自動化している様ですから検査能力が抜群に有るのです。
      日本は数百万円で買える自動検出機に予算すら持って無いのです。

      ワクチン開発用として数百億円の予算を付けているのですから驚きです。
      確かにワクチンを開発すれば後々儲かる商品が生まれるかも知れません?
      しかし生まれない方が非常に多い賭け事なんです。
      ギャンブルと同じ程度の確率の低さに大金を使うのです。

      国民が何を求めているのかに目を向ける事をしないのが現政権で有り、専門家である証がこの事です。
      検査をして欲しいと言う切実な国民の声が届かないのです、と言えば格好良いですが、実は知っていて無視しているのです。

      それが無能と言うレッテルが貼られる所以です。
      検査キッドも実に簡単な方法も現実に使われて居ます。
      トランプの話の中でも2回検査したよ!それも15分で結果が出るからね!
      どちらも陰性だったよ!とね。

      所が日本はどうでしょう、平均数日掛かっているのが現実だとか?
      その辺も情報が開示されて無いから本当の所は分かりません。
      自動の機器も導入しない、検査機関も専門会社に出さない、専門性の高い検査要員が不足しているとか何とか、訳の分からない話ばかりです。

      昨日の番組で日本のPCR検査はミステリーだと海外で言っているそうです。
      ミステリー不思議な国になってしまった様です。
      常識を逸した国なのです。
      どうして島国根性が抜けないのか?

      明治維新で過去の日本的欠点を除去してヨーロッパ的近代国家に仕上げた維新の人々に対して、今の行動はどう映るでしょうか?
      又島国的鎖国的感覚で行動してグローバルな見方が出来ないのかと嘆いていると感じてしまいます。

      マスクの無い日は世界から多くを学び取って収束への道を創造する事です。
      それが出来ないのであれば政権を他に譲る事です。
      禅譲等あり得ないのが首相の座です。
      | 待ち遠しい | 11:19 | - | - | - | - |
      うなぎ上りのカーブNo 3989
      0
        今日は薄っすらと白い雲が漂って春らしい雰囲気です。
        予報では25度になるとかで一足飛びに夏模様です。
        それにしても最低気温が4月に入って25日も続いたそうで76年ぶりだと言います。で76年をひょっと考えたら年齢と一緒だったんです。
        即ち生まれた1944年は寒かった年だった事を知り不思議な思いです。

        1944年は東京空襲が始まってまして家の防空壕に避難したと聞いてました。
        勿論生まれたばかりですから何にも記憶は有りませんが戦争の末期だったのです。
        そして翌年に戦争が終了し、敗戦国になってそれはそれは大変な状況になってしまいました。

        大不況もそうですが働く若者は戦争で犠牲になり生産する人が少なかったのです。
        焼け野原でしたから仕事だって無かったでしょうから、立ち上がるのにどれだけの努力が必要だったか。

        急にそんな事を思って居ますが実はこの新型コロナウイルスも生活をめちゃめちゃにしてしまいそうです。
        今は戦争中ですが、終わった時に勝利者となった所で生活は壊滅的に、経済もどん底に陥って居るかも知れません。

        勝つ為にはなりふり構わず新型コロナウイルスを封じ込める施策をせねばなりません。
        しかし多くの犠牲が伴って普通に戻るまでは相当な日数が必要でしょう。
        オリンピックどころでは有りません。

        未だにオリンピックを諦めきれない関係者が居ますが、中止の信号もそろそろ出す方向で進めたほうがいいでしょう。
        オリンピックは戦争中だけしか中止した事がないと言ってますが、正に今は戦争中です。
        頭の回転を良くする事が大事です。

        カーブが上昇傾向が続いて、何週間先にはあるいは1ヶ月先には右肩下がりになるとから自粛してくれと言います。
        ですがどうも言っている事が海外と違った事ばかりです。
        多くの海外での生活して居る方々からメッセージが届いて参考になる事が多いのに中々採用しようとしません。

        日本式対応法も良いですが、収束が長引けば市民は耐えきれなくなって、暴発する事にもなりかねません。
        安倍政権のミスジャッチ、ミスマッチで国民は大混乱を起こして居ます。
        これを「アベノミスジャ」と言う事にしました。

        アベノミスジャによってどれ程行動等振り回されたか?
        それにいつまでも不安が募るだけで、いよいようなぎ登りの感染者や犠牲者に心が痛みます。
        天皇陛下の言葉は未だ有りませんが、多分にお心を痛めて居る事でしょう。

        それもこれもアベノミスジャによるものです。
        対策対応実行などなどがミスばかりです。
        ジャッチした結果が真逆の時も有ります。
        セーフオンラインであってもアウトと言ってみたり、カウントアウトを未だそこまで行ってないとか?兎も角デタラメ過ぎます。

        ミスジャッチによる国民の動揺は収まりません。
        未だにパチンコ屋が開いている事を考えても世界中から嘲笑されてますよ。
        このジャッチは間違いなのですが曖昧なジャッチしか出来ない法政ですから後手後手と言われる所以です。
        即刻強制力のある法律を作って、制限を強化せねばウナギはドンドン上昇してしまいます。

        そういえば今年の鰻屋さんは大変でしょうねえ。
        土用の日迄に収束して無かったら店を開けられないからどうなるんでしょうか?
        うな重が口に入りませんか?

        それにしても議論倒れの感がする政治家達、今は議論じゃなく実行の時です。
        困っている方々に日銀から札束を借りてもいいから早く市民に出してあげれば良いでしょう。
        書類は後で出せばいいでしょう、振込先もメールで受ければいいでしょう。
        困っている人たちは有る環境にいる人たちです。
        先ずはその方々に配布して、その後老人なら年金振込先へ振り込めば良いし、サラリーマンは政府から企業へ一括振り込んで給料日に10万円追加してあげれば簡単でしょう
        それを総務省だけで一人一人に配布するとすればいつになっても手許にお金が来ませんよ。

        これがミスジャッチなんです。
        ドイツだって英国だって申請したら3日後には振り込まれたと言う話を何回も聞きます。
        何を総務省は怖がっているのか理解出来ません。

        度胸を見せて下さい。
        愛嬌もあった方が良いです。
        男は度胸女は愛嬌と言いますからね。
        ちょっと心に駄洒落でも持って、仕事に励みましょう。
        | 待ち遠しい | 11:14 | - | - | - | - |
        辛坊の教え No 3985
        0
          穏やかな日和ですがやはり重くのしかかったコロナ重に押しつぶされそうな感じです。
          園児も制限されて5、6人程度しか居ません。
          何となく寂しさを思わせます。

          これも全て新型コロナウイルスの攻撃に耐える為の辛坊です。
          多くの問題点が浮き彫りになって来て、どれを取っても満足する場面が有りません。
          それぞれが生きる為に頑張っているのでしょうが、統制の取れた行動が無いのが危機的に思えます。

          危機を皆んなで乗り越えて、安心の世界を取り戻そうと言った方向が中々見出せないのが現状です。
          個人の権利や自由は尊重される反面、その裏側の義務については疎かになっている様に感じてなりません。
          80%減少させるには自分の行動に義務感を持たねば目的を達成しません。

          生活の糧を求める事も大事ですが義務を果たす事も重要な要素です。
          こうしようと方向が決まったら、そちらにベクトルを合わせる事が義務です。
          そこには自由の選択を抑えて、辛坊する事です。

          日本人は昔から辛坊と言う言葉が好きでした。
          辛坊の先に明るい未来が有ると思って歯を食いしばって辛坊したんです。
          タニタの会長(名前は忘れました)さんの銅像に辛坊と書かれてます。
          この言葉を思い出して居ます。

          矢張り会長さんも会社を作り上げる時にどれ程の辛坊が必要だったのか?想像がつきます。
          日本人は辛坊する事が出来る人種です。
          新型コロナウイルスへの戦いは今辛坊が求められています。

          外出自粛も永久にする訳じゃなく、ある期間だけの辛坊なのです。
          こうした辛坊を求める事に日本人は受け入れる気持ちを持ってます。
          自粛してくれ〜とだけ言うのじゃなく、辛坊してくれ〜!と叫んだ方が心に届きます。

          行楽地にもドライブしたいでしょうが、そこは辛坊だよ!と言えば多くの国民はそちらに向かいます。
          それが80%になれば目標達成です。
          20%を動かそうと思っても、20%は言う事を聞かないのです。
          ですからそれは捨ててもいいのです
          パチンコ店に通うギャンブル症候群にどれだけ強要しても20%の人達ですから、そこに労力を使う必要が有りません。
          逆に80%を可能にする人々への辛坊論を言う事が今のやり方です。

          良く言われる事に、20%は優秀で、20%はどうしようもない、残り60%は普通で有ると。
          この理論から20%の有能な人は何も言われなくても自粛します。
          ですから60%の人に辛坊をしてくれ!と言う事が大事です。

          残り20%は指示にも従わない、辛坊もしない人です。
          その人達を検査して陽性が出れば隔離すれば良いのです。
          もしパチンコ屋が危ない場所だとすればそこの客を次々に検査すれば良いのです。
          必ず引っかかるでしょう。

          感染者を減らすには危険のある所を虱潰しに検査する事です。
          居酒屋を要請して生活が困難になると言う現象を無くすには、居酒屋の客を検査すれば良いのです。
          現実には難しい局面は有りますが、経済を優先するなら、そうした対応も有りです。

          特にスポーツジムはクラスターの拠点にされてますが、そこに行く人を徹底検査して行けば安全地帯になるでしょう。

          所が検査体制に脆弱さが出てますからいろんなアイデアも実行不可能です。
          となれば喫緊は辛坊だけなんです。
          小池百合子知事も辛坊の言葉を知っているでしょう。
          国会議員の時に辛坊した組だったでしょう、思い出して下さいよ。
          | 待ち遠しい | 10:24 | - | - | - | - |
          普通が幸せ No 3983
          0
            又寒い雨の月曜日です。
            ここんところ天候が落ち着かず気分も乱れ気味です。
            それにコロナ疲れも手伝って体調管理が普通じゃ無くなりました。

            毎日朝夕の体温チェック及び血圧チェックをしています。
            もしもの事を考えて行動チェックもしています。
            特別な用事も起きて無いので電車やバスに乗ることも有りません。

            しかし何処で感染するか分からないわけですから、油断は禁物です。
            散歩も昨日はいい天気でしたから多くの人が出てました。
            米国ではすれ違う時に人を避けているそうですがそこ迄は出来ません。
            それでも気分は避けたい所です。

            テレビもコロナ番組を見ても参考になりそうな内容が有りませんから長い時間は見ません。
            大凡何処の番組でも同程度ですから、つまらないですよ。
            ですから本を読むことが多くなってます。

            今明治維新頃の江藤新平中心に書かれた本を読んでます。
            そこには維新の複雑さ、見えない将来への礎(いしずえ)を作る行動に、大変だったんだなあと感動さえ思えて来ます。
            そして参議が一体感を持って進んだわけじゃ無く紆余曲折、人の心もいろいろでした。

            そうした維新の時代を経て日本国が新しく生まれたんです。
            それから近代国として日本は国際へ出ていき戦争を重ねて、今日に至ってます。
            維新の当時と現代を比べたて見る事も有りかな、と思い考えて見ました。
            有る面で共通点も有りそうです。
            先が見えないコロナとの戦いと維新の先が見えない人間同士の戦いと、常に人は戦っているんだと思いました。

            そうして苦労をして作った国に我々は安穏と暮らして居たんです。
            平和が普通で有ると思い込んでいたのです。
            しかしいざこうしたコロナ惨事に会うと、異常な状態に陥ったと恐ろしくなり焦りも出て来ます。

            緊急事態宣言などを出して普通じゃ無いですよ!と国民にメッセージを送っています
            しかし多くの国民は平和イコール普通でしたから、緊急事態と言う感覚が持てないのです。
            平和も緊急事態も同程度に捉えている向きが感じられます。

            緊急事態と言う発信を考えねばならないのでしょう。
            普通の状態じゃ無い!この事を強く意識させる事が必要なのです。
            では何処が普通じゃ無いのか?ここんところをです。
            命が危険に晒されている、この事が普通じゃ無いのですから、この点をハッキリと伝える方法が必要です。

            普段は命を狙われる事はない状態ですが、今は新型コロナウイルスに命が狙われているのです。
            ですから緊急事態なのです。と言うメッセージが有れば浸透し易いと思うです。

            しかし今は危険の中で生活しているのです。と強いメッセージが無ければ普通感覚を無くすことが出来ません。
            中小企業の経営者が通勤をさせない様にしないのは、命が狙われている感覚がゼロなんです、普通の時と考えているのです。

            普通の平和状態を意識の上で持ち続けて居るのです。
            人の命まで企業が奪う事は出来ません。
            命を全面に出して行動を変える事を要求しなければ政府の役割は果たせません。
            政府も普通じゃない事をもっともっと感じて貰いたいのです。
            | 待ち遠しい | 11:19 | - | - | - | - |
            次の時代はNo 3970
            0
              曇ってますがもうひんやり感が無くなって良い季節になりました。
              園児たちは相変わらず騒ぎ回ってます。
              新型コロナウイルスなども全く知らずに天真爛漫そのものです。

              大人もそうしたい所ですが、感染の危機が有りますからねえ。
              外出は自粛を守ってます。
              しかし感染者数は中々減少せず今日は緊急事態宣言が出される様です。

              これがどの様な影響を生むのか誰も分かりませんね。
              生涯で初めて経験する訳ですからどうなりますか?
              影響は何にどんな風にどの位有るのか予想も出てませんね。

              その辺が見通せれば明るい材料になるのでしょうが闇雲の様相ですから困ったものです。
              そうして時間の経過と共に問題が消えて行き平常な状態が戻って来るでしょう。
              最近その時即ちコロナ明けに何が起きているのかの記事が出始めました。

              先読みでしょうか?
              しかしまだまだ予断を許さない状態ですから未来も見えて来てません。
              その中で多いのは世界観が変わって仕舞うと言う事です。
              米国も中国も国自身が変化するのではと言います。

              変わり方が様々に表現されてますが二国だけの話では無いでしょう。
              急ぎ過ぎた地球の世界を新型コロナウイルスが抑制する為に現れたと初めに書きました。

              ブレーキ役になると言いました。
              結果経済も観光もエンタメも全てが中断してブレーキを掛けられてます。
              この時間がどの程度続くかで世界がどう変わるのか時間は重大な要素です。
              赤信号が一年以上も続く事になるでしょうから苛立って赤でも進んでしまう事も出てくるでしょう。

              そうなるとそれを阻止する為に争いが起きる事も予想出来ます。
              新型コロナウイルスが世界第三次大戦に引っ張っていかない事を祈るだけです。
              今米中が派遣争い的な言動が多いです。
              それに巻き込まれたく無いのですが世界の流れがどう動くのか?
              これが難問です。
              いずれにしても、先ずは感染を収束させる事です。
              どうやら諮問会議で方向が決まった様ですから夕方緊急事態宣言が出されるでしょう。

              さてさてその後はどう変化するか。
              ジックリと見て行きたいです。
              | 待ち遠しい | 11:34 | - | - | - | - |
              雪や来ないか No3891
              0
                雪の降る条件は整っているかに見えますがまだフワフワと落ちて来ませんね。
                どうやらみぞれ程度で終わるのでしょうか。
                是非雪を見たいですよ。
                今後温暖化がもっともっと進めば東京の雪は絶望的です。

                今年は最後のチャンスかもしれません。
                それにしても暖かいですよ、部屋の暖房も電気ストーブを朝の内ちょっと付ける程度で部屋自体が寒々としないのですから。
                所謂隙間風もそれ程気になら無いと言う事は外気温が高い証です。
                暖冬も良いとしてもこの先100年後の変わり果てた日本を思う時背筋がヒンヤリとしてしまいます。

                変わり果てたと言う変わり方はどんなものか想像して見たいものです。
                あちこちの湖沼に水が蒸発して無くなり琵琶湖は半分ぐらいの湖に変わっているかも。
                森林火災も起きて山脈に木々が無くなってしまうかも。
                自然の景色が一変しているのでしょうか?

                恐ろしい事ばかりが映ってしまいます。
                温暖化で良い事って何が有りましょうかね。
                恩恵に預かるものは皆無と言っても過言では無いかとも思います。
                そうした未来になら無い為にも大人達が注意歓呼せねばなりませんが、子供の叫びを迷惑がっているのが現状です。
                小泉進次郎も環境よりも子育て育休の方に頭が向いているので期待はゼロ以下です。
                もし育児に専念するなら、先ず環境大臣を辞任して次に議員辞職してフリーになる事が条件です。

                雪が降る街東京が無くなるのが寂しいと思っている内に対策をせねばならない。
                日本の何処に行っても雪が無い未来があるのです。
                スキー場の雪不足等と言っている間は救われます。
                沖縄に雪が無いと言う事が不思議では無いと誰もが思ってますが100年後北海道に雪が無いのですよ。
                これは異常だと気付いた時はもう手の打つ方策は無いのです。

                海水面が上昇し原発の立地されている場所は海面下になるのです。
                その時原発を解体したいが解体に100年は掛かります。
                海面下で海の中で解体作業をするのです、出来ますか?
                誰が作業しますか?

                現代人は現代しか考えてません。
                何と言っても自動車を売ら無い買わない乗らないの三原則を作り上げる事です。
                産業革命は内燃機関を作った最悪の悪魔です。
                そこに気づいている筈の自動車会社が内燃機関をドンドン製造しているのが矛盾と言う言葉以外に他の言葉を探しようが有りません。

                小泉進次郎にもトヨタにも誰にも期待出来ない温暖化阻止方策100年後が見ものです。
                雪の降る街は・・歌の通り雪よ降れ
                | 待ち遠しい | 09:13 | - | - | - | - |
                被災地の苦労に涙 No 3800
                0
                  今日も雨になり被災地は又々心配事が大きくなっている事でしょう。
                  再度水害にならないか、土砂崩れが起きないか、復旧工事を中断せざるを得ないか等々眠れぬ日々でありましょう。

                  一旦被害に遭えば1ヶ月や2ヶ月で普通に戻る事はできないでしょうから心労が重なって辛い毎日になっている事が想像出来ます。
                  報道も良いのですが被災地で復興活動されている方々を思うと静かにしてあげたい気分になります。
                  どんなにスタジオで話し合っても現場を助けられません。

                  ボランティアの派遣を頼りにしている様ですが、お金を用意して全国から作業者を募って大勢で早く処理してあげたいと思うのです。
                  甚大な災害と言いながら復旧作業にお金が用意されて無い様な感じを受けます。

                  スコップで土砂を処分するには余りにも脳がなさ過ぎます。
                  機械を導入して行えば作業での疲労も少なくて済みます。
                  近代は機械化進んでいるのにこうした災害には導入しないのが何故かです。

                  全国から建設に関する業者から借りるとか、レンタルを無償で貸し出すとか、とにかく日本全体で復旧させねばなりません。
                  その行政を自治体に任せずに政府が行わねばならないのです。

                  多分ですよ、都心が致命的な災害に遭ったら、あらゆる手段で復旧するでしょう。
                  東京都にだけ任せずに政府も一丸となって対策に翻弄する事は間違いないです。

                  都心だからではなく、日本の何処でも日本国なんです、都心だけ日本国じゃ無いんです。
                  自衛隊の派遣ももっともっと現地へ出して欲しい気がします。

                  官僚的考えから現場型行動へ移行させて貰いたい。
                  菅氏の会見では政府が何をしているのかさっぱり伝わって来ません。
                  歯切れの良い会見を行なって、現場に勇気を与えて欲しいのです。
                  眠むたそうな顔で面倒臭い様な話では元気が出ません。

                  スポーツでどれほど元気を鼓舞しても被災地は関係無いんです。
                  それよりも明日は明るくなる様な方針が欲しいのです。
                  被災しなくて良かったではなく、被災した気持ちで応援する気持ちを持つ事です。
                  そこから何かを生み出すと思います。
                  重機の貸し出しも出来るでしょう、作業員も派遣させる事が出来るでしょう、被災しなかった自治体の長はいろんな事が出来る筈です。
                  | 待ち遠しい | 09:43 | - | - | - | - |
                  災害省を立ち上げて No 3796
                  0
                    薄日が差し込んでいます。
                    清々しい微風も有り気持ちの良い朝を迎えています。
                    しかし被災地では何処で寝たのか、起きたら泥の中ウンザリしている事でしょう。
                    泥も乾燥したらホコリで舞い上がってしまいます。

                    とても普通の生活は出来ないでしょう!
                    何とか早く整理したいでしょうが、今日から仕事も始まるでしょうから有給休暇を取って頑張るしか無いかもしれません。
                    どうにも災害を受けた時の状況はその場でしか分からない事です。

                    頑張って欲しいです。
                    今年はもうこれ以上痛めつけられないように天に祈るだけです。
                    しかし地震国の日本ですからいつ何時震災に会うか分かりません。
                    災害大国日本に災害省が無いとは不思議そのものです。

                    福島原発の除染物を詰めた袋が大分流されたそうですが野積みされていたのですから当然でしょう。
                    除染物は相当の放射線物質が含まれている筈その物質を野積みで良いのかどうか、小泉環境大臣に聞いて見たいものです。

                    コメントが出てますか?見当たりませんが?
                    兎も角次の土日は無事に過ぎて欲しいです。
                    静かな土日が無かったような気がします。

                    水はとにかく必要不可欠な物質ですが、必要以上に集合すると今度は被害へまわります。
                    実に厄介な物質です。
                    大雨に遭いながら水不足に悩むのですから、不思議と言えば不思議です。

                    日本は先ず災害省を早急に立ち上げて災害への防衛を行わねば繰り返しの災害を受ける事になります。
                    憲法改正を安倍さんはやりたいのなら別途内閣を作ってやればいい、今は災害を中心テーマで国力を集約する時です。
                    世界中から災害国を見つめられているのですから。
                    | 待ち遠しい | 09:17 | - | - | - | - |
                    残暑はまだ続く No 3751
                    0
                      春眠よりも秋眠に引かれてしまいます。
                      朝の目覚ましの音に参った!と感じてます。
                      秋眠の方がきついですね。
                      所で秋眠の言葉は無いですかね、夏の疲れが有るから起きるのが辛いって事有るでしょう。

                      秋は気候が良く過ごし易いの一言です。
                      しかし残暑は困ります。
                      夏の疲れがを倍加する様なもんです。
                      気持ちは秋の清々しさへ突入してますが大気はまだ湿っぽく肌にベトベト感を残します。

                      間も無く夏休みも終わり児童達は二学期を迎えます。
                      子供のころを思い出しますよ。
                      夏休みの後半は宿題の完成時期ですが絵日記が描けなくてねえ。
                      絵が下手くそだったので絵を描く事がとても辛かったです。

                      友人に絵の上手い子が居たんです、彼に絵の描き方を教えて貰いましたが結果は変わらず下手の継続でした。
                      絵の発想が出来ないのかも、描くべき紙にどんな構想を作るかそこが分からないのです。

                      一方動物でも姿が似てないのです。
                      上手い人はイラストでも漫画でもそれなりにその動物の持つ特性とか姿とか表現してますよ。

                      可愛いとか怒っているとか、愛情とかをいとも簡単に描けるから羨ましいんです。

                      秋は紅葉も綺麗になりますから一度でいいから美しい風景を描いてみたいものです。
                      これから絵の勉強をしたいところです、絵描きを得意となったらどれ程嬉しい事か。
                      残暑の中で色々と考えが浮かびます。

                      平和って本当に良い事です。
                      | 待ち遠しい | 10:06 | - | - | - | - |