RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

自然の豊かさを心の泉に

地球上の大自然は素晴らしい。その豊かさに抱かれて。
旅の楽しさに繋がるかNo 4128
0
    重い雲に覆われて気温は低いですが湿度は高く矢張りエアコンの生活です。
    今年はエアコンにずーっとお世話になってましてもし停電にでもなったら恐ろしい事になってましたよ。
    災害を受けた地域は本当に大変な思いをされている事でしょう。

    災害の無い日本になりませんかねえ。
    ニュースにどこどこの河川が危険水位に達したとかその地域の住民は脅威に晒されて心配でしょうよ。
    河川管理は大変難しい問題ですが最近の記録的大雨の連続に対応せねばならず、緊急の対策も視野に入れておかねば安心環境が保てません。
    河川の近くには多くの住民が居ますから土手一つで安否の境にいる訳です。
    実に怖いです。

    利根川の土手の近くに住んでいた知人が居ましたが矢張り大雨で濁流が流れて来たときはとても不安だと言ってました。
    立派な堤防でしたが決して油断が出来ないと勿論家の位置は堤防の下ですから万一の時は濁流に飲み込まれる事になる訳です。
    雨は一番嫌うでしょう。

    日本にはそうした河川が無数に有り全体を把握するにはスーパーコンピュータ富嶽が必要でしょう。
    気象庁でも富嶽を使っている様ですから把握して注意を促す事は出来ますが被害を避けるのは住民の意思です。
    ひなびた田舎の長閑な風景が豪雨で様変わり醜い被災地に変わる事も多々有ります。

    旅で自然に恵まれた寒村を見て日本は良いところが多いなあと感じている所が突然の豪雨で一変してしまうのですから怖いですよ。
    球磨川などはそうした所だった筈ですが今は復興に向けてどんな辛さに直面しているのでしょうか?

    GoToトラベルも東京の除外が除かれていよいよ本格的になります。
    しかしその前に被災した観光地を助ける事も重要な話です。
    キャンペーンは国交相の担当のようですが国交省は河川の管理も同時に担っている訳で河川管理にお金を使って欲しいものです。

    旅は楽しいものですが被災地への旅は悲惨な思いになります。
    東日本大震災の現場気仙沼へ旅した時、街の姿がすっかり消えてしまっていたのを見た時合掌してしまいました。
    勿論写真に光景を写す事などできませんでした。
    旅とは楽しい時だけでは有りません、悲しい場面を見る事も有ります。

    キャンペーンが悪い訳では有りませんがこの災害が起きた時期このコロナ禍の時期にお金を使って下さい的やり方は多少の疑問を持つものです。
    お金を使うなら事業的な所に回して貰いたいと思うのです。
    災害復興にどれだけのお金を使っても使い過ぎは無いでしょう。

    確かに旅行関連企業にはお金が行かないですが日本全体が以前の状態に復興すれば人は動く事になります。
    旅は近年異常な程盛況でしたから特にインバウンドなど、それに慣れっこになって少しでも落ち込むと大騒ぎします。
    しかし苦境に立っている方々は被災者が最も大きな痛手を受けています。
    先ずはその方々の救援が優先されてもいいはずです。
    旅の楽しさは余裕のある時です、時間もお金も環境も全て揃った所で、さあ行くか!なら良いですが、コロナ禍で心配しながらでは楽しさ半減するでしょう。

    旅へ行動しようとする発想は安心が第一で次に余裕で又良き友達と一緒に心置きなくの条件が有ります。
    現状ではこの殆どが満足されずに旅へ出発です。
    楽しく良い旅ができますか?
    国交相に聞いて見たいです。
    もっと頭を使って欲しいと思うこの頃です。
    | 待ち遠しい | 09:14 | - | - | - | - |
    天高くだが猛暑No 4120
    0
      素晴らしい青に吸い込まれそうな空です。
      白い雲も既に入道雲も消えて筋雲に変わっています。
      しかし天空と地上の違いが現れているのが今日この頃です。

      昨日も熱中症になった方も多いと思いますが今日はもっと注意が必要です。
      身体も気持ちも秋を認めているのに自然だけは依然として夏模様ですから納得行きません。
      一心同体と言いますが自然と同体にはなりませんか?

      それにしても9月はドンドン過ぎてます。
      今年も残り僅かとなる日もまもなくでしょう。
      暑い暑いと騒いでいた時期があっという間に寒い冬支度になるんですから、時の移り変わりは早いというものです。

      政治もまもなく新しい総理と内閣が決まって新たな時代へと進むわけです。
      どんな時代になっていくのか?アベノミクスに代わって菅方程式はどうなるんでしょうか?
      複雑な答案よりも簡単明瞭で単純な方が良いのですがね。
      足し算引き算だけの政治なら国民に分かりやすいのですが、そこに本格的な数学が入ってきたら本人さえ分からなくなります。

      そんな複雑さが政治のいいところかもね。
      誰かが言ってましたが政治はものも金も生産もなく口の聞き方で決まると言う事だそうです。
      口から出る言葉が力であり能力でも有る様です。

      結局政治は重々しいものだと思ってましたが顔と言葉だけの軽いものなんですかね。

      この地域はあのメロン配りの菅原一秀さんの地元ですが既に大きな顔の入ったポスターを新しく貼り始めました。
      解散総選挙を見越しているのでしょうが、彼の場合は説明責任問題がある筈です。
      しかし口を閉ざせば責任を逃れる事が出来るのも政治の世界です。

      これは安倍政権の特徴だったですから党の人は皆そうした行動に出てもおかしく無いですかね。

      ともあれ、今日の青空の様な美しい心の持ち主に政治をして貰いたいですが、政治家で今の青空を見ている人は皆無でしょう。
      全員が室内で会合の連続で、時にはテレビに出演して上手な流暢な会話で視聴者を丸め込む努力をしています。
      武器は口だけですからね。

      一方口が上手くなくても人望と言うものもありますがこれには裏の裏が有ってこの裏の世界は素人には見えません。
      まるで深い霧の中で動いている様なもので姿形は薄ぼんやり見分けられますが話の内容になると皆目知り得ません。
      今度の菅氏の場合も水面下で相当な口裏合わせを行なったと思います。

      その点何となく踊らされたのは岸田氏では無いかと思いますよ。
      禅譲だとか時期は岸田氏に決まったとか言われていたのに急変したんですからね。
      そこに至る迄の物語は御伽噺になりましょうか?

      天下人と言うのは晴天の青空の下で正々堂々と戦いますの高校野球選手宣誓風になる事だと思いますがね。
      料亭で仕切りに誰と誰に何をさせるか等々の余念のない会合がこの世を牛耳る訳です。
      そんな陰湿な世界が政治なんですが信長でも秀吉でも明るい性格ではなかったかなあと、政治もあっけらかんと明るかったのではと。

      日本人は比較的陰湿の方を好む様で、即ち陰口が好きなんです。
      井戸端会議の主役は陰口ですよね。
      その点石破氏は陰口の嫌いな方の様ですから料亭での会合もしないし、仲間を個人的に増やす努力もさほどしない、すなわちオープン状態で戦う様です。
      自分をさらけ出して認めて貰えればやりますよ。
      しかし戦いに敗れても正々堂々の精神は忘れませんよ。
      と言っている様です。

      ざっくばらんな人柄です。
      それからすると菅氏は何をやっても良いから今回のチャンスを逃さないでトップに立つんだと言うしがみつきが見えます。
      そうなると他の人は歯が立ちません、負け戦でも仕掛けねばと言う正義感で行動する訳です。
      一人相撲をさせては行けない、国家のトップを決めると言う大事な行事に参画しなければ国民に申し訳ないぐらいの気持ちでしょう。

      二人からあっさりした爽快感が伝わってきます。
      国民はこうした奥の分からない人よりも個人的な面を出してくれた人の方が好きになれます。
      しかしドロドロの政治現場はドロドロが良いのかもよ。
      美しい青空では政治ができないと言うかもよ。
      特殊な集団ですからね。
      | 待ち遠しい | 09:38 | - | - | - | - |
      人恋しい No4117
      0
        9月に入り急激な変化にビックリです。
        朝の気温が24度でしたからひんやりした肌触りでした。
        何と蝉が鳴いてなかったですよ。
        蝉の温度感知機能は凄いですよ。
        今は少ないですがちゃんと鳴いてます。

        いよいよ秋本番かと思いたくなりますがまだこの先33度の予報も残ってますから安心するのは早計です。
        しかし実に過ごしやすい状態になって来ました。
        友人から先ほど電話が有り長々と話し込みました。

        友人は久しぶりに気温が下がったので朝の散歩をして今カンチュウハイを公園で呑んでいる所だと言ってました。
        丁度電話中に園児たちがそばを通過した様で、園児の元気なおはようございます?と言う声が飛び込んで来ました。
        下の園児達もやっと外で元気に騒ぎ回ってます。
        普通の時が来たんだと感じてます。

        暑さは引いてくれますがコロナは相変わらず威張ってますから始末に負えません。
        もう少し遠慮して人々に少々でも安堵感を与えてはと思うのですがね。
        こちらの意図が通じないのがコロナの独善性です。

        長話の中で友人のお子さんは銀行勤めで情報を持って居て、大手銀行でも行員の削減を検討しているとの事です。
        例えば12000人規模の銀行で7000人体制を検討中だとか?
        恐ろしい程の数字です、勿論即刻減少させるわけじゃ無いでしょうが規模縮小となれば当然仕事量も減るでしょう。

        昔は窓際族と呼ぶ風習を作って仕事を与えず退職を促したモノです。
        肩たたきと言う表現も有りました。
        あくまでも本人の希望で辞めてもらう体系を作るのです。
        上司に呼び出されてアンタはクビだと言う残虐な言葉を使いたく無いから辞表を出す方策をアレコレと考えたのです。

        今は非正規社員であれば即刻明日から契約を解除しますと言えますから楽チンです。
        あくまでも契約で雇用が成立して居るのですから当然の方策でしょう。
        安倍政権は雇用を400万人増やしたと功績を訴えましたがどうやら非正規社員が大半だったとも聞こえてきます。

        コロナ時代にこの雇用が維持され働く人々が無事に生活出来る保証が無くなる可能性が高くなって来たようにも思えます。
        銀行の行員は正規社員だろうと思いますがもし非正規社員がいるとすれば先ずは契約破棄から始まるでしょう。
        非正規社員契約は非常に便利な方策だったのです。

        コロナの収束も見えない今、企業の人事課の仕事はどんな思いでコロナを見ているでしょうか?
        個人企業の飲食店経営者も大変な思いで仕事を継続しているでしょうが、非正規社員の将来も安全で無いのです。
        連合もそうした経済減退から起きる雇用問題を何ら力になってないのが現実の様です。

        給料のアップ要求も殆ど無くヒラ社員であれば給料はずーっと変わらずだと聞きました。
        昇給は定時では無く階級が上がった時だけになっているとか。
        課長にならねば部長にならねば手にするお金は増えない仕組みだそうです。
        我々の時代人には想像すら出来ません、入社当時は確か3万円程度の給料でしたが数年後は10万円に毎年昇給されたモノです。
        その後も昇給は続き昇格しなくても生活面を充実させる事が出来たのです。
        勿論バブル時代も経験してますがどうもそうした時代人には金銭感覚に問題が有った様で無駄遣いは常でした。

        逆にいっぱい楽しんだ事から後悔はしてません。
        現代の様に気分的に消沈している状態ではお金は最大の友とばかりに吝嗇家が多いです。
        先日の10万円給付金も殆どの人が使わないで溜め込んで居ると記事で見ました。

        12兆円も新札を発行して銀行預金しているのであれば何も国の借金を作る必要が無かったのです。
        12兆円を皆が使ったら少しでもバブルとは言いませんが景気が良くなってもいいのです。
        しかし飲食店は相変わらず汲々とお客を待ってます。

        コロナが怖い訳じゃなく単にお金が惜しくて使わないだけです。
        吝嗇家と言う枠から抜け出ないだけです。
        理由はどうやらお金を存分に使う事を経験ないから知らないからでしょう。
        無駄遣いをしたことが無ければ何でも無駄だと思ってしまうでしょう。

        今は日本の経済が壊滅する前兆を迎えている訳です。
        お金を使う方向にベクトル持って行って雇用の維持に国民一人一人が協力することだと思いますがね。
        給付金をもう一度の声も有りますがその時の条件は前のお金を使った人に限ると言えば面白い結果が生まれそうです。

        12兆円が使われて次の12兆円も使われれば日本経済は上向きしますよ。
        無駄な使い方でも良いんです、お金をこの世に回せればそれでいいのですよ。
        お金は使うモノ貯めるモノでは有りません!
        | 待ち遠しい | 10:33 | - | - | - | - |
        一つの時代が終わってもNo 4115
        0
          もう最後にして欲しいこの暑さ。
          暑さに慣れるなどもう無理です。
          1日も早く秋が来てくれと心底から願ってます。
          このストレスは梅雨の時よりも強く感じています。

          日本の気候がどうしてこうも日本人にストレスを与える様になったのか?温暖化だけでは無いよきっと。
          日本の地球位置が南へ移動したのではないかとさえ思ってしまうのです。
          しかしこれ又不思議沖縄は平年気温で、本土が異常気温とは説明が難しいです。

          サンマが居なくなったのも海水温が上がった為だとも言われて居ますが、そうなるともうサンマは口に入りません。
          過去に充分すぎるほど食べましたから諦めますがね。
          但し他の魚も減って来るでしょうから困り物です。
          特にアジは好物ですから少なくなっては困ります。
          でも先日何と一尾六百円のアジがスーパーに並んでました。びっくりせざるを得ません。

          政治の一時代が終りに近づいてますが、魚も時代の流れで庶民の食べ物じゃ無くなるのでしょうか?
          人工飼育された豚や鶏や牛肉だけになって、天然物のサンマやアジは高級品に変わるのですか。

          時代の変遷をどう読み取るか、難しい事ですが魚まで変遷するとか予想外でした。
          この先どう変わってしまうのか恐ろしい限りです。
          ここ数年とか10年とかに大きなウネリの変化が起きている様な感じを受けます。

          そしていよいよ日本人の未来を指導する役者が現れる訳です。
          大統領選の様に日本人全体で選ぶ方法じゃ無いですから井の中の蛙から選択になります。
          それ程の変化が起きるとは思えませんが、多少の期待はしたい所です。

          いつもそうなんです、新たな政権に期待を持つのですがスタートして間もなく、こりゃダメだと感じてしまうから困り物です。
          新首相が選ばれ、新閣僚が名を連ね、それぞれの会見を聞くまでは胸膨らませますがそこ迄です。
          その内のある閣僚から何かが起きる事でスキャンダラスの報道が生まれます。
          そして辞任と、このパターンが不思議に起きてしまうんですよ。
          今回はそうならい閣僚が選ばれて欲しいですね。

          多くの政治家たちは優秀かと思いきや案外世間を知らない議員も多くて、特に二世から三世になっている現状では苦労人では無いからね。
          庶民感覚を持ち合わせて無い人が多いですよ。
          荒々しいどっか取り付きにくい信長風人間など現れないです。

          どちらかと言えば秀吉タイプが多いかもね。
          上司に徹底的に尽くして尽くして、その方が退陣したら自分がのし上がって行く様な隙の無い人です。
          天下を取れば豪華に日本中を変えて自分は金儲けに奔走する輩です。

          秀吉は金鉱を見つけるのが上手かった様で金蘭の贅沢な世界を作りました。

          しかし今の日本は先ずは弱者への救済が最優先される課題でしょう。
          となると明智光秀の方でしょうか?
          明智光秀は良く知りませんがね。
          大河ドラマに登場するくらいだからどっかいい所があったのでは無いかね、ドラマは見てませんが。
          今の有力候補の中で現状に真っ向から為政者となる人は誰でしょうか?

          少し面構えで役者不足とも言えますが、歌舞伎の柄を取り入れてはどうかね。
          ど根性のある人が出てこないと日本の未来は危ういモノになってしまいかねません。
          評論家風では期待が持てないし、わかり過ぎ的対応者は頼りがい無しだし。

          ですがちょっとの間半月程ですか、楽しみが持てます。
          この間はコロナ禍を忘れて気分転換できますよ。
          安倍晋三氏も本人の気分転換と同時に国民にも気分転換を与えたのかも、となれば最後の国民への奉公でしたね。
          最後に来て人間らしい行動を取れましたか?

          未来は続くのです、一時代が終わっても次の時代は必ず来るのです。
          それこそ一喜一憂しても始まりません。
          徒然なるままに!兼好法師でいいじゃ無いですか。
          | 待ち遠しい | 08:51 | - | - | - | - |
          安らぎの場は何処?No 4106
          0
            夏のピークは今日の様です、これから徐々に気温が下がる事を祈りたいです。
            しかし自然の動きは人の予測を超えますので安心出来ません。
            今年の異常天候は何処から生まれているのか。

            原因は温暖化ガスである炭酸ガスを製造した人間である事は間違いなしです。
            間違いだと分かっていても未だにCO2を発生する事を辞めない人間のエゴは気象を大きく異常化させるでしょう。
            コロナ時代になって多少は炭酸ガス発生量が減ったでしょうがまだまだ抑制する事を意識的に行動せねばなりません。

            天候の影響で飢饉になることだって有り得る訳で、実際に野菜類の生産が減って来ています。
            スーパーでも野菜類の品薄感を見て取れます。
            暑さが落ち着くのがいつになるのか、美味しい野菜が大量に出回るのを待つだけです。

            それにコロナが加わって今が一番住みにくい時期でしょう。
            熱中症も今日は最大に注意する日です。
            暑さのピークの日は熱さを一番感じるのですから。
            家の中も注意せねば温度管理を徹底して予防せねばなりません。

            と言うナレーションが聞こえて来そうです。
            コロナも家庭内感染が多くなっている様です。
            こちらは子供が感染して戻ってくる事で親に感染させるケースが多いのでしょうか?

            同居の間ではどうしても気が緩みますから感染も起きても当然でしょう。
            寮などがその代表的な所ですからクラスターの発生は仕方のないことです。
            こんなに暑い気候でも感染力が減少しないコロナウィルスは異常気象と同じです。
            ですから現状は異常状態の中での生活を余儀なくさせられています。

            そこに心休まる場が有るでしょうか?
            実に困った生活環境になってしまいました。
            二重苦三重苦と苦悩が重なり、ウンザリしているのが多くの市民でしょう。

            いや市民だけじゃなく首相も何処となく覇気もなく病的な顔になっています。
            あの勝ち誇った笑顔を見ることが出来ません。
            又西村大臣もはじめは勢いよくスタートしましたが最近はすっかり疲れた様子の話が多く頼りなさを感じます。
            結局みんながコロナと暑さにお手上げ状態なんです。

            安らかに過ごす場を望むのは贅沢な考えですか?
            家の中でゴロゴロ寝てばっかりではストレスの場になってしまいます。
            実に大変な時を過ごしています。
            先ずは気温が下がって秋らしくなったら気分も転換できるかも。

            それまでの辛坊です。
            ともあれ日々の過ごし方に注意して頑張るしかないですね。
            誰に頼る事も出来ず、誰も面倒を見てくれる訳も無し、自分だけでこの時期を解決する努力をせねばね。
            そんな訳で必要最小限の行動でいれば、どっかに余裕が生まれて安堵の気持ちが出てくるかも。
            余裕が欲しい時期なんでしょう。
            | 待ち遠しい | 09:22 | - | - | - | - |
            梅雨明けを早くNo 4079
            0
              今日も又雨の休日です。
              もうウンザリを通り越して苛立ちさえ感じてます。
              雨の日は何をすれば気分転換できるでしょうかねえ。
              まだ雨量が少ないから自然災害が出てませんが二次的な被害は着実に現れていると思います。

              それは野菜類でどうやらいろんな種類で値上げされています。
              値上げ幅は小さい金額ですから目立ちませんが農家にとっては収穫量の減少は値上げでカバー出来るかどうか。
              来週に梅雨明けが有りそうだと聞いてましたがどうやら八月まで待たねばならないと変更された様です。

              こうなると苛立ちは募るばかりです。
              部屋の中も暗くて明かりが必要な程です。
              折角の連休も家の中で過ごさねばなりません。
              子供たちはつまんない!と嘆いていることでしょう。可哀想です。

              早々に決着を着けたい所ですがネチネチと関わって気持ち悪いです。
              コロナもねちっこく生き残ってこれ又嫌らしいですよ。
              夏なんだから風邪のウイルスは力無く引いていくようなもんですが今回のウイルスはしつこいです。

              なんもかんも現在の社会はスカッとしません。
              これで終わりの終点がハッキリせずにダラダラと延長戦が続いて決着しないのです。
              安倍政権も長く続きましたがこれ又終点が見えません。

              ハッキリと私の政権はいつ何時までで終わりにしますから次の準備をして置いて下さい。
              と言えれば素晴らしい首相だったのにねえ。
              その点大統領は終点の時期がハッキリしていて気持ち的にはケジメを着けやすいですかね。

              聞こえるのは雨音だけで鳥の声もセミの声もなく、休園ですから園児の声も無し、寂しい休日です。
              休日は特別な日ではなくこちらは毎日が休日ですが雨の休日は歓迎しません。
              しかし歓迎されない事って多いです。

              歓迎されない理由は何でしょうか?
              我儘に行動する事も一因です。
              周りに目を向けて今どうすれば歓迎されるか検討すれば多少歓迎されそうな行動は取れそうです
              しかし政府の行動は市民から歓迎度三割程度しか得られ無い旅の誘いでは無残としか言いようがありません。

              気持ちよくなりたい、温泉などに浸って気分爽快な気持ちにさせたい等々願望は常にあります。
              しかし今はコロナが頑張っている時期に人も頑張って互いにいがみ合っても気分は高揚しませんよ。
              時期が悪いですね、困っている旅館とかにドンとお金を出してあげれば良いじゃ無いかと思う。

              市民を巻き添えにしてコロナに感染しても良いからお金を旅行関係者に使って下さいと言っている訳ですよ。
              市民は上手く利用されているのですよ、政府は自力ではどうにもならないほど疲弊してますから。
              国会も休園じゃないですが休会ですから法律特措法の変更等々をせねばならないのに何もしません。

              兎も角この梅雨が明けねば全てがシャキッとしません。
              早く来いこいお正月!じゃなく夏空よ。
              しかしこうもしておれません、これから出掛けます、積極果敢に!
              | 待ち遠しい | 09:52 | - | - | - | - |
              まともな世界はNo 4075
              0
                再び天候の回復が遠のいた模様で連休中も雨や曇りだそうです。
                梅雨明けも8月にずれ込むことになりそうだとも言われてます。
                中々人の思い通りにならないのが自然の動きでしょうか?

                さてさてコロナ感染も複雑な様相になってきた感じがします。
                どうも今後の予測は不気味に思わざるを得ません。
                どうなるのかこれ程有能な人間でも先が読めないのですからコロナの恐ろしさを再確認しているところです。

                目に見えない生き物に翻弄されるとは地球の不思議の一つでしょう。
                地球はもっと単純な構造で有ったなら良かったのに。
                多分人の存在がいろんな意味合いを持っているのだと考えてしまいます。

                一般の動物なら細菌だろうがウイルスだろうが特別に影響されないでしょう。
                動物はそれぞれに特有のウイルスや細菌を持参しているから他のウイルスや細菌に対しては排除の機能を持っているのでしょうか?
                所謂抗体と人は言ってますが他のウイルスに対抗出来るのでしょう。

                しかし人間はウイルスも細菌も身体に保持しておく能力を待ち合わせて無かったのかどうか。
                潔癖な身体を作ってしまったのか?
                その為か細菌類の攻撃にも弱いし、ウイルスも抗い切れないのです。
                人間以外の動物は食べ物を洗ったり煮たり焼いたり等しません。
                ここに大きな違いが出てきて人間の生物としてウイルスに弱い体質を作ってしまったと推定出来ます。

                ともあれ人間の身体はウイルスに弱いと言うレッテルは剥がせません。
                と言う事はこのコロナウイルスに対しても抵抗出来ずに感染を広げてしまいます。
                この感染が正常だと即ちウイルスに弱いと言う理由からどんどん感染を広げる現象は普通と見る事も出来ます。

                最近の世界は感染者数が更新されているにも関わらず行動自粛は行なってません。

                と言う事は感染する事が普通の生活スタイル生き方と見ているのですか?
                特に米国もブラジルも野放し状態ですから自然体とも言えます。
                その方式が正常なのか?分からないですが一面の考え方は有るのです。

                その考えを多少受け入れてここ1ヶ月程度怖がらずに行動してきましたが、流石に最近はヤバイ感じを持つ様になって来たんです。
                具体的にヤバイ内容は掴めませんがどうもひな臭いのです。
                この先大幅な感染拡大が起きそうなんです。

                GoToキャンペーンの影響と言うよりもウイルスが活性化したか活動の方法を変えたかどっか変な感じが直感してます。
                来月になったら何か重大な局面を作る予感もあります。
                そんな事で今日からスタンスを変えて、それこそ自粛体制で今後に備えたいと決めました。

                ここ1ヶ月の行動を見直しますがしかし積極的な行動で体調は良い状態でした。
                前の3ヶ月の自粛で筋肉が落ちて体形に変化が起きた様に思いましたがここ1ヶ月で戻った気持ちです。
                しかしこれからどの程度自粛するかですが再び筋力低下になっては困ります。

                特に暑い夏です、運動もままならないですから何かと複雑です。
                ワクチン開発も競争が激化している様ですがこれとて早期開発商品は欠陥を見出せないまま使われるでしょう。
                エビデンスはしっかりしていても後遺症と言う難題は後日に残ります。

                普通になるには最低でも5年程度10年の覚悟が必要ですか?
                政府も何処か焦りまくってウイルスと言う化け物を軽く見ている節が有り困ったものです。
                きっと今の政策が緩すぎたと思う時期が到来しない事を祈りたいです。
                | 待ち遠しい | 09:34 | - | - | - | - |
                混迷はいつ迄No 4070
                0
                  先程数分間太陽光が射しました。
                  今日は晴れるかなと期待したのですが残念厚い雲に逆戻りです。
                  でも雨はなさそうですから早めに散歩に出ます。
                  涼しいから非常に楽です。

                  今一体何が起きているのだろうか?と整理して見たい気分ですが中々出来ません。
                  コロナ騒ぎである事は確かです。
                  しかしコロナは病気を起こす問題で他に力はありません。

                  では現在の混迷は何かです。
                  経済の失墜による生活苦と言うものが問題でしょうか?
                  ですが報道などの中に生活苦と言うカテゴリーは有りません。
                  もしそうした方々が多いとすれば救済する為の方策が行われるわけです。

                  実際には家賃の支払い支援などの申請など行っている様ですがその辺も非常に多いのか少ないのかもメディアで表現していません。
                  一体日本の中で何が問題で何が大丈夫なのか、スッキリと整理して欲しいと思うのです。

                  混乱をしたまま進めようとしてますから、いよいよ糸が絡み付いて解けなくなってます。
                  GoTo キャンペーンが今日方針通りか中止か決まる様ですが、これ又知事連中などが反対しているのもどっか変です。
                  キャンペーンを取り仕切るのは政府でコロナ危難は知事で、何処にウイズコロナが有るのでしょうか?
                  共に共通の意思疎通を持たないと混迷の元になります。

                  コロナが収まるまで混迷が続くとしたら、人々の生活そのものが破壊されてしまいます。
                  何が普通で何が異常なのかを判断出来なくなっている状態に陥るでしょう。
                  もう善悪と言う概念での判断も難しくなってきました。
                  GoTo キャンペーンが良いのか悪いのかと正しても回答が有るのか無いのかもハッキリしません。

                  結局場当たり的な混迷の中の判断になるでしょう。
                  エビデンスも何が正しいものかもあやふやです。
                  この先梅雨明けが来ていよいよ活動を積極化するわけで、混迷していては自分勝手主義になります。

                  ワクチンが普及するまで混迷が続くとすれば長い長い海底トンネルの中です。
                  トンネルを抜けたら廃墟の都市が待っていた。
                  これでは小説になりません、やはりロマンが待っていて貰いたい。

                  混迷の中に冗談やらロマンやら何かわかりませんがホットするものがあればいいです。
                  小説を読んでる事が多くなったとしてもロマンだけの内容では飽きてしまうし、歴史やチャンバラでも続きません。
                  やはり現実社会での出来事が刺激的です。

                  多くの方々がしゃべり、それに反応していると自然に混迷混乱へと導入されてしまいます。
                  ですから最近は出来るだけ少量の情報で単純に考えてます。
                  混迷を避けるためにも工夫が必要です。

                  CPのAIに頼むしか無いですか。
                  将棋でも囲碁でも新手を出しているそうですから、この社会でも新手を出して貰いたいですがね。
                  しかし混迷もまた楽しですかなあ!
                  | 待ち遠しい | 10:04 | - | - | - | - |
                  ふれあい欲求No 4063
                  0
                    今年のツユにそろそろストレスを感じ始めてます。
                    朝起きた時に太陽が燦々と輝いている夢を見てしまいました。
                    と言う想像をしたい気分です。
                    夢でも太陽が見てないのですから。

                    梅雨の無い国で過ごしたいですが何処の国に行けば良いやら、しかし日本人である以上この国しか住むところが無さそうです。
                    ですが今年はコロナ騒ぎで日本のいいところが全く消滅してしまいました。
                    修学旅行もまだ実行している学校が少ないか無い様です。

                    これからそのシーズンに入って多少の活気が出れば良いですがね。
                    我々も旅の計画などの話も出ないくらいに旅を忘れてしまいました。
                    旅の良さはいっぱいありますが何と言っても地元の方々とのふれあいではないかと思う。
                    思い出に残るのは美しい景色も有りますが地元人との会話で何らかの影響を受けることです。

                    海外に行っても言葉は通じませんが何となく外国人に接してふれあいを感じるものです。
                    明治維新には多くのお偉いさんが欧州や米国に行きましたが殆どが話せない人ばかりでした。伊藤博文などは真似事をしたけど全くダメとか。
                    しかし一年もパリに住んで毎日の様に出歩いていた川治利長などはパリ警察の全てを知ったと言います。

                    そこには人と人のふれあいから相通じるものを得るのでしょう。
                    そうなんですよ、ふれあいって一々説明するものじゃ無いし何となく分かり合える間柄かも。
                    ですから家にいて家族とのふれあいだけに終始していた自粛は人を閉塞感に押し込めてしまいます。

                    その反動かも、最近は家にいる事が辛くなり外に出ると夕方迄人とのふれあいを感じ取ってます。
                    ふれあいは会話せねば成り立たないもんじゃなく、歩いている人を見ているだけでもふれあいを感じます。

                    一方スマホでラインなどして意思疎通していると思っても結局はふれあいって無いし、意思疎通も出来てないと感じます。
                    ソーシャルとはそうしたもんでしょう。
                    ソーシャルデスタンスを社会的距離と訳して使ってますがこれはおかしな表現です。

                    昔我々の若い頃はソーシャルダンスが流行ってました。
                    即ち社交ダンスです、社交即ち外で人と交じり合う事でふれあいです。
                    ですからソーシャルデスタンスは人の交じり合いの間隔(距離は直訳)ですから、社交間隔と言えば自然ですし分かりやすいと思う。

                    社会的な距離を2m保ちなさい!は日本語でしょうか?
                    最近の日本は言葉選びに問題がありそうな気がします。
                    誰にでもわかりやすくそしてニュアンスで感じ取れる様な表現が良いと思う。

                    兎も角人の欲求の一番はふれあいだそうですから今日も外出をして世間にふれあってきます。
                    一時の鬱憤を払い除ける為にも積極果敢に行動することです。
                    園児たちは思い切り自分の行動に終始してます。
                    その中は全てふれあいの連続です。
                    | 待ち遠しい | 09:12 | - | - | - | - |
                    一つでも安心をNo 4053
                    0
                      けさ方太陽光が出ましたが束の間でした。
                      やっぱりこの時期は一日中照りつける状態を期待する方が無理というものです。
                      少しでも出ればの程度しか望めませんか。

                      昨日から布マスクをして外出してますがいいですね。
                      何となく優しく顔を包みます。
                      五層構造で内側はガーゼになっているので肌触りが良いのかも。

                      今迄は黒のマスクでしたが内側にメッシュガーゼがついてましたがどうも肌がチクチクして痒いのです。
                      やはり値段の高いものにせねばダメですね。
                      これからもマスクと長い付き合いですから多少なりとも安心の品物を着けたいです。

                      最近感染者数が増えてきた傾向は東京だけではなく北京もそうですし米国の方は1日4万人以上の数ですから驚きです。
                      世界中で1000万人と言う数字は特に驚きません、実際にはその何十倍か何百倍かいるでしょう。
                      ただ検査出来ていないだけで世界中のデータは気になりません。

                      どうしても地元の東京での数をどう考えるのかです。
                      都知事選で忙しい小池百合子氏からのメッセージは特に出てませんよね。
                      最近テレビは見ないからスマホのニュースだけで状況判断してます。
                      あれほど東京アラートで騒いだレインボーブリッジが寂しそうです。

                      再度真っ赤に色付けしてよ!と要求しているかに見えます。
                      取り敢えず注意喚起する為にオレンジ色でも良いですから変化したらどうでしょう。
                      東京タワーでも良いし、スカイツリーでもいいですよ。
                      或いは東京駅にライトアップさせてオレンジ色で50人突破しましたよ!と警鐘したらいいかも。

                      いずれにしても都民は安心が欲しいのです。
                      ゴタゴタと理屈を言うのではなくシンプルに30人の時は紫色、50人でオレンジ色、70人で真っ赤な色とかどうですか?
                      色分けするだけで今の状態が一目で分かるし注意も怠りなくやろうかと思えばそれでいいのですよ。

                      7項目の中で何何がどうのこうのと言っても所詮内容が曖昧で分かりません。
                      都民に警告したいのなら緑色即ち20人代以下で抑えて欲しいと要望すればどうですか。

                      勿論感染者ゼロが目標ですがその時は純白のライトアップ即ち色がゼロと言う事にしては如何かな。
                      安心は非常に単純なものです
                      ゼロになれば誰でも安心と感じるのですから。

                      酒を飲みながら会話も大声をさせない、お互いに多少でも距離を意識して、顔をよせないとか不安の中での酒では二合をあっという間に飲んでしまい早々に帰り道です。
                      まさかマスクしながらの飲み会は無いですよ。

                      都知事選後に何が待っているのか、安心のできる都政を求めて投票所に行きます。
                      | 待ち遠しい | 10:01 | - | - | - | - |