RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

自然の豊かさを心の泉に

地球上の大自然は素晴らしい。その豊かさに抱かれて。
裏切り政治 No3888
0
    雨が降り続いて晴れそうも有りません。
    本来なら雪になってもおかしく無い時期ですが矢張り温暖化の糸引きでしょうか?
    晴れる予報ですからそろそろ雲も移動して欲しい所です。

    しかし雲に溜まっている水分量は計り知れ無いですかね。
    豪雨ともなれば海の水を汲み上げて超大型消防自動車で運んで来るような感じですか。
    自然には勝てません、人類の全ての有能者を集めても雨を雪に、豪雨を蹴飛ばす事は不可能です。

    人ってそれ程か弱い動物なんです。
    実に可愛らしい生きもんです。
    人の行いなどにいちいちイチャモンをつける必要がないのです。

    人は健気(けなげ)に生きようと日々努力を重ねています。

    そこに人種など問題にする必要が有るでしょうか?
    麻生太郎の馬鹿げた人種論に呆れて口が塞がりません。
    日本の政治家の代表的な人が民族の単一さを述べて誇りにしたい気持ちが理解に苦しみます。

    そもそも麻生太郎は日本を知らな過ぎます。
    日本は他民族の集まりです。
    先ずは沖縄は琉球王朝であって日本人とする奈良系人種とは縁が有りません。
    次に当然アイヌも全く異なります。
    鹿児島に至ってはどうやらインドネシア系人種じゃ無いかとも言われているんです。
    京都には大昔中国を統一した秦の末裔が大挙入ってきた事がハッキリしてます。

    麻生太郎の地元福岡県の北九州には朝鮮人がたくさん居ります。
    朝鮮学校も有って洋服制服もあちらのスタイルです。
    長崎だって相当に異国的情緒が有りますからスペイン系やポルトガル系の人種が入り込んで居ると思えます。

    北海道はどう見たってロシア系の影響が有ると思われる節があります。
    そもそも日本人の人種とは何を指して居るのか麻生太郎はどう思って言ったのかが知りたいです。
    即ち奈良の大和人が日本人種だと言う事ですか?

    日本武神子(やまとたけるのみこ)でしたかその存在だってどうだかわからない。
    日本書紀が最初の日本史的なものでしょうがそれもハッキリして無いでしょう。
    歴史程難しいものは有りません。

    それを軽々しく演壇の上からぶち上げるのですから馬鹿げた滑稽本と同じです。
    日本を良くする政治を行うのが政治家の義務でしょう。
    それが同党の人々が選挙違反や賄賂を貰っている事に憤りを感じないのですか?
    馬鹿な話をする暇が有りますか?

    暇だから副総理は飾り物だから、勝手気ままに言いたい事を言うのですか?
    副総理なんだから安倍首相に同行して外国で遊んでいたら良いのにね。
    富裕層の中の富裕層でしょうから馬鹿話から外国話に変えたら良いよ。
    政治家は国民を裏切らないで下さいと大声を張り上げておきます。
    | 後の祭り | 10:21 | - | - | - | - |
    気付きが遅かった No 3867
    0
      クリスマスですねえ、クリスチャンであれば厳かに教会へ出向いて神に祈りを捧げるのでしょうが、仏教的には何も無い日です。
      とは言っても仏教に関する祈りをするかと言えば無しです。
      結局無宗教なんでしょうかね。

      それは兎も角子供達はクリスマスが一つのイベントであろうから今朝はプレゼントに沸いているかもねえ。
      サンタさんを信じている事も確かでしょう。
      親たちもそうした時代が有ったんですから子供達に喜んで貰いたい気持ちは有ると思いますよ。

      今更ながらと思ったのが今朝の記事です。
      郵政民営化の目的は小泉元首相に聞かねばなりませんが素人的に野次馬的に見ると天下り先の確保広がりを作る為だったと。
      郵政4グループの副社長は総務省旧郵政省から天下りなんですね。
      流石に社長に天下りしたら目立つでしょうから副社長に留めている訳です。

      そして実際の実権は副社長が握って運営させているのです。
      無理な営業もノルマも官僚らしい発想ですよ。
      官僚には不可能が無い世界で過ごして来たと思いますよ。

      偉い官僚は全てが順風満帆に生き延びて来てますから何でも自分の言う通りに推移すると勘違いしてます。
      かんぽ生命保険がどんなものがなど知る由もないのです。
      ただひたすら自分の副社長時代に成績が出ていれば良いのです。

      結論は天下り先に大企業が出来ればそれで良しだったんでしょう。
      その民営化の選挙で多くの国民は投票しました。
      しかしその賛成した国民にいい加減なかんぽ生命保険売り込んだ訳です。

      これ程道理に合わない理屈にならない話が有るでしょうか?
      民営化で儲かったのは天下りした人たちと政府の財政でしょう。
      赤字があったのかどうかは知りませんが僻地まで郵便局があった訳でそれを廃止させた事がいいことかどうか?

      官僚の退官後に高額の給料が取れる先をいっぱい作りたい為のものだったんです。
      言語道断の一言です。
      国民も野党も大声を出して自民党に猛反省をさせねば気が済みません。

      今後総務省から天下りを無くすと言う一冊を取らねば数年後に復活しますよ。
      郵政4グループは総務省の天下り特権なのですから。
      その権力を捨てる訳が有りません。
      こんな例は数多(あまた)に有る訳で驚きはしませんが未来の日本を考えたらいつかの時点で考え直さねばなりません。

      今の官僚制度がある限り修正改善は出来ないでしょう。
      本当に困った自体ですが誰も本道に戻せないかどうか、いい考えが有るかもよ。
      首相制度から大統領制度にしたら官僚の数も減らせる様な気がしますがね。
      どうですか?
      | 後の祭り | 10:15 | - | - | - | - |
      桜散る 内閣総辞職か No 3847
      0
        綿雲?羊雲かな、柔らかな暖かそうな雲が浮かんでいます。
        殆ど動きません、大気が安定しているのでしょうか。
        太陽はその雲の間から顔を覗かせてますが弱々しい輝きです。

        自然の美とも言える空の雲、雲を見ているのが好きなんです。
        思い出します小学校の頃学校が終わって近くの小川に釣りに行くんですが昼は魚たちは運動中ですから釣れません。
        土手に寝っ転がって空を見上げると色んな雲が有りました。
        雲が好きになったのはその時だったのでしょう。
        雲の動きが早い時は自分の地球が動いている様な錯覚も有るのです。ちょっと怖い気がするのです。

        そんな時って春か秋でしょう。
        夏冬は釣りなど出来ませんからね。
        春良い時期です、桜が咲き乱れ花びらが水面を流れて来るのです。
        その花が水草に邪魔されて動けなくなって水流に抵抗しながらやがて流れに誘われます。
        そうです桜の花は散るのです

        我々の時代は大学合格発表を掲示板に出たのです。
        それを見て家に電報を打つのです。
        ええって思うでしょうが、携帯電話などは当然無く、固定電話も家庭に備えて無かったのです。
        ですから早く知らせる方法は電報だけでした。
        文面が決まってました。

        桜咲く?、桜散るのどちらかです。
        当然桜散るは不合格です。
        でも何故か桜散るの電報は出します、電報で失敗を伝えたんですよ、何故ですかね。

        まあそんな時代が日本にも有ったのです。
        それから50年以上も経ってる現代から想像すら出来ないでしょう。
        その激動の中を生き抜いて来たわけで、変化の多い事は現代人に理解出来ないかも。
        その激変の時期は皆が皆一所懸命に行動してました。

        勿論悪者も居たでしょうが殆どの人は真面目に真面目に働いて居ました。
        政治も色んな荒波の中で、一番良い政は何か?政治家は喧々轟々国会で論戦、或いは体を張って強行採決やら反対をしていたんです。
        実に行動が全てでした。

        そうして現代を迎えている訳ですが、既に桜が散るの如く全てが終わってます。
        嘘の政治等で国民を騙すなど尋常では有りません。
        内閣だけでなく官僚も役目無く忖度が仕事の大部分です。

        言葉巧みに嘘をつく、いや巧みに出来ないで小学生の様な子供騙しの答弁には辟易してます。
        エリート大学を出た官僚が小学生程度の嘘しか浮かばないとしたら、官僚は小学校卒業生にさせればいいじゃないの。

        その方が考え方が斬新で、未来志向も豊富で、意欲満々です。
        小学校を卒業したら一般社会人にしても十分ですよ、十分に通用する感覚をもって居ます。
        一流大学卒業生よりも思考能力は上です。

        大学を出ると何かと変な忖度など覚えてしまって個人的な発想が出来なくなって居ます。
        小学生は忖度などしませんよ、親子喧嘩だっていつだって受けて立つ程力強いです。

        安倍晋三内閣は桜散ったと言うよりも、落第したと言う事です。
        もう総辞職をして政権を放り出しても良いです。
        国民はお前さんに続けてやって貰わなくてもいい!と思って居ますよ。

        しかし馬鹿はいつまでも現在にしがみ付きたがるものです。
        変化している事を認め様としないのです。

        桜は散りましたと引導を渡す人は水戸光圀公だけでしょうか?
        来年も桜は咲き散ります。
        しかし桜を見る会は有りません、御苑の桜は寂しがる事ひとしおでしょう。
        桜を悲しませてはなりません、桜は日本のシンボルですから。
        | 後の祭り | 10:30 | - | - | - | - |
        擬獄事件とは No 3845
        0
          いい天気が戻ってきて安堵してます。
          晴天の空は本当に望まれます。
          ジッとして居られなく気もそぞろです。
          ブログ投稿後に早速出掛けます。

          擬獄事件とは久しぶりに聞いた言葉です。
          「さくら擬獄」と言う風に表現した記事に会いました。
          なる程そうかもしれません。
          次々に問題の深さを示す事が日々出てきます。

          しかし世の中はおかしな人も多いですね。
          舛添要一氏などは国会で論議する問題じゃないと大見栄を張ってましたが擬獄事件となればどう言うでしょうかね。
          馬鹿も休み休み言いなさいと言われますよ。

          実に選挙と言うものは政治家の生命線です。
          トランプだって今やプライドもへったくれも無く選挙に勝つ為の行動しかしていません。
          当然安倍晋三も同じでしょう。
          桜の下に後援会を招待して選挙をよろしくと暗黙の圧力をかけた訳ですからね。

          その内容が公明正大に行わなかった事で不公平になり税金の使い方にも疑惑になります。
          しかし不公平な行動をすれば親にも叱られるぐらいの事も知らないで、一国の政治をするなんて言語道断です。
          最長の首相の座に座って居たのは一体日本と言う国はどうかしてます。

          国民も政治家に買収されても平気な感覚に成り下がって居ます。
          菅原一秀の場合もメロンを平気でもらって食べて選挙の時は菅原一秀と書く訳です。
          買収が常套手段になっているのです。

          公職選挙法違反だと言うのに検察も動かないしどうにも国内法が作動しなくなりました。
          まるで中国共産党ですよ。
          前から自民党独裁政治と言って来ましたが中国と何処が違うでしょうか?

          警察権検察権は一方的にご都合主義で発動する所は今の香港と何処が違いますか?
          この晴天下で擬獄を思う気分はいけませんね。
          スッキリと晴れて居るんですからスッキリとした気分にさせて貰いたい。
          何処までも嘘を言いシラを着るではスッキリする訳無いでしょう。

          本人は平気で嘘を言う癖が付いてしまって居るのが政治家なんです。
          言い訳を上手く出来る政治家が有能だとしたら実に情け無い民主主義です。
          無能の首相は長生きする事を今回に最長不倒で証明されました。
          何も出来ないどころか税金を自分で使う私物化は実に見上げたものです。
          早々に辞めた〜って菅原一秀みたいにすれば良いでしょう。

          そうしたら責任説明もせずに雲隠れ出来ますよ。
          菅原一秀は表舞台から身を隠し続けて居るようですが、なんと選挙民への挨拶回りは丁寧にやって居るそうです
          責任説明を選挙民に行って国民を無視して居ます。
          そうでしょうね次の選挙に票を入れてくれるのは地元民ですからね、一般国民は関係無いからね。

          歪曲した思考がまかり通る日本国は安倍晋三が作り出したものです。
          それまでの首相は屈曲した思考は有りませんでした。
          お互いに切磋琢磨して意見の対立も辞さなかったけど、現在は意見も言えない小僧だけの集団に変質した自民党です。

          アメリカだって大統領権限は大きいですが反対勢力も党内にも有るし民主党も強力です。
          しかし日本は党内の脆弱さも然り、野党も力無しじゃどうにもなりませんや。
          無気力国民になって居る事を知らない安倍政権です。
          擬獄事件はウオーターゲート事件と同格です。
          途中でうやむやにしない事を強く要望します。
          | 後の祭り | 10:08 | - | - | - | - |
          痛み No 3836
          0
            今朝は腰痛の事もありましたが実に8時過ぎ迄寝て仕舞いました。
            久しぶりの寝坊です、目覚ましを設定しなかったのも要因です。
            為に腰痛も若干楽になったかなって感じです。

            痛みは辛いものです。
            ジッと同じ姿勢なら痛みが起きませんがロボットじゃ無い人間様は絶えず動いていますからイタタって所です。
            数日で痛みは解消するでしょう。

            もうギックリ腰は慣れっこになっていますから大体の予想が出来ます。
            しかし痛みと言う現象は他にも使われます。
            痛みいると言う事も有りますがこれは字が違うかも。
            傷みいるかも。

            或いは傷み分もこっちかね、矢張り痛みは人の感覚に使うものですね。
            そんな中、いろんな所で傷みの現場が有ります。
            手痛い失態はどうもこの字の様ですが、今年の桜を見る会などはそんな表現も出来そうです。

            痛みはその内消えるもの、当事者はそう思っているから深刻に考えていないでしょう。
            実に手痛いとはうまい表現だと思います。
            ですが失態の方は尾を引く様で野党追求はまだまだ続きそうです。

            ただ続けるのは良いですが何の為にと言う目標が有って然るべき事です。
            与野党逆転劇を生む為にと言う謳い文句が有ればそれなりに国民へアピールして欲しい。

            兎も角最近の野党は街頭演説をしてません。
            民主党が出来た時はどこの駅前でもマイクを片手に大声で訴えてましたがね。
            誰だろうかと知らない人が演説してたのです、そして選挙の告示が出るとその人が候補者になってました。

            即ち毎日の行動はとでも辛く民衆の反応が無いことを痛いほど感じたりしていたでしょう。
            しかしそうした努力がある時実って与野党逆転劇が生まれました。
            矢張り痛みを感じる程の努力が必要なのでしょう。

            しかしこの腰痛は努力して痛みを作った訳じゃなく習慣的行事です。
            これは無くても良いものです。
            変なものに取り憑かれていますよ。
            | 後の祭り | 11:30 | - | - | - | - |
            温暖化でしょうかNo 3830
            0
              いい天気です。
              今日は暑いくらいな陽気でどうなっているのでしょうか?
              矢張り温暖化の影響ですか。

              セクシーに早く解決策をまとめて実行して貰いたい小泉進次郎さん。
              全然何のセクシー提案も出てこない様ですがどうなっていますか?
              奥さんがセクシーだったのでつい言ってしまったのか?

              兎も角1日も早く対応すればそれだけ解消も早まると言うものですが、何をノロノロしているのか?
              次の首相候補だとか言われてその気になってるならアホですよ。
              個人の力じゃどうにもならないと思っているのかどうか、実は個人の力程強い物は無いんです。

              個人が発生する言葉から物事が起きているのです。
              トランプだって自身が大統領になろうと思って若いことからその活動をして来た様です。
              個人の力がどれほど大きくなるのかを物語っています。

              小泉進次郎もまだひよこと思って居るでしょうが、ヒヨコだから思い切って行動出来るんです。
              無鉄砲でも良いんです、数打ちゃ当たるって事ですよ。
              何も案件が出てこない大臣じゃ意味が無いです。

              我々の時代の事では無いのです。
              地球が永遠に続くとすれば1億年先にも現状と同じような生活が出来る事を未来人に約束して欲しい。

              今園児たちは物凄い大声で無邪気に遊んでいます。
              その子たちは15年後に大人になります。
              夏に熱中症で悩む事がない様に考えれば一時も猶予が無い筈です。
              皆が期待した進次郎では無かったと言うのであれば何おか言わんやです。
              | 後の祭り | 11:15 | - | - | - | - |
              後手後手に No 3809
              0
                秋の快適な天気になって気持ち良いです。
                園児たちが暴れ回っても汗みずくにならないでしょう。
                良い気候です。
                被災地は片付けが進むでしょうがもう疲れ切っている事でしょうね。

                頑張ってください。
                今まで経験した事が無いほどの雨、風に見舞われて各地で大被害を受けました。
                自然災害は予想する事自体に問題が有るのかも。

                予想を遥かに超えると言って災害を容認しては被害者は可哀想です。
                前もって施す術は無かったのか?
                と言う反省が残ります。

                しかし行政は官僚の仕事ですから責任を全うする人は少ないです。
                災害が起きればそれに対応しますができる範囲迄それ以上は出来ないとします。
                とことん救済する事はしません。

                その延長線上に災害を起こさないと言う対策もなされます。
                結果予想外の雨、風で被害に遭ってしまいます。
                即ち抜本的な改善、堅牢なものを作ると言う行動に至りません。

                土手を補強する事を疎かにしていたがために決壊した、結果は大災害です。
                多くは予算が回らなかったと言う理屈で説明されます。
                官僚の仕事は理屈が先で、現実は二の次です。
                よって行き着くところは事故に繋がり、今度はその対応に追われます。

                見ていると後手後手の政策行動です。
                現在の日本の政治政権は過去を振りかえって比較すると最低の状況です。
                我々は少なくとも現役で活動している方々よりも長い経験をして来ました、見てきました。

                何故か?ここに目を向けて考える人が少ないのです。
                即ち現行が最良と勘違いしているのです。
                事が大きくなる前に警鐘を鳴らす人を消し去る傾向が有ります。

                悪い言葉で言えばファッショナブルなんです。
                反対勢力を抑圧して封じ込めるのです。
                それは政権だけでなく、言論の自由で有るメディアでも起きています。

                メディアの目は自由の代表でなければならないのに、こそこそと現政権を擁護しているのが目立ちます。
                個人にメロンを贈ったら公選法違反を知っていながら、議員を辞めろ!と言いません。

                こんなメディアは不要です、テレビも新聞もインターネット記事も過激な文章は有りません。
                結果何が起きているか、事件が次々と起きているのです。
                任命責任は私に有ります。の報道で終わってます。

                任命責任は重大な過失です、しかしメディアは追求しません。
                こうした情勢が続く限り日本はどんどん落ちこぼれて行く事になるでしょう。
                後の祭りになる前に気づく事が今こそ必要なんです。
                | 後の祭り | 10:09 | - | - | - | - |
                甘い判断のツケ No 3792
                0
                  静かです。
                  これから暴風雨が来襲するとは思えない穏やかさです。
                  しかし大気の動きは活発に徐々に関東を狙ってます。
                  昔なら予報も出来なかったでしょうからこれだけの大型台風だったら大変な災害になっていたでしょう。

                  来ることが分かっていても被害は相当に出る事を予想して、その後の対策を考慮しておきたい所です。
                  停電もそうですが、今回は高潮によってゼロメートル地帯の浸水がどうなるのか?
                  河川が溢れて来ないか等々起きた後を検討して対策を行う事です。


                  何処に被害が集中するか、ピンポイント迄予想出来ないのが自然の巨大さを感じます。
                  園児たちは全く台風を物ともせずに元気いっぱい大声で遊んでます。
                  世間を知らない方が幸せなのでしょう。

                  関電の問題を国会で質疑応答してますが聞いていて驚きは政府即ち官庁の行動が甘いものだと感じてます。
                  縦割り行政ですから部署が違うと意見も言えないし、知っていても情報を流さない所です。

                  あらゆる情報の共有が出来ていればこの問題は早々に政府内も市民も知ってオカシイと騒ぐでしょう。
                  しかしメディアからスッパ抜かれて初めて公になったと言う情けなさです。

                  官庁はメディアよりも知る情報を得やすいのに呑気に見てるだけです。
                  即ち甘い見方、甘い判断、甘い行動の結果です。
                  民主主義はこうした不正を正す事が出来るから良い制度だと言うかも知れませんが、逆にこうした事が起こらない社会の方がいいのです。

                  人間は自分の都合良さを求めます。
                  自分を不利な立場に追い込む事を極端に嫌います。
                  ですから、自分の主張が最も正しい、お前さんの言っていることは受け入れられないとなるのです。
                  そこに甘さが出るのです。

                  日韓問題も報道番組で再び取り上げられて来ました。
                  それはどうやら徴用工の判決した財産の一部を現金化する時期が迫って来たからです。
                  年末から年始に行われると言う事は2ヶ月余の猶予しか有りません。

                  日韓の首脳会談を避けて来た安倍氏がそろそろ窮地に追い込まれると言えます。
                  しかし安倍氏も与党も断固韓国政府が悪いの一点張りで向こうが折れて来ないうちは現状のまま。

                  ここにも読みの甘さがある事は明白です。
                  色んな打開策を提案してくれる有識者がいますが見向きもしません。
                  これは後に禍根となって戻って来る事はハッキリしてます。

                  ブーメラン現象です。
                  今回の台風も災害対策本部を今から作って置き、指令系統を作っておくことも大事です。
                  自衛隊の出動も依頼せねばならないですから、関東に自衛隊員を移動させて置くことを怠ってはならない。

                  当然停電は覚悟の上、浸水も起きうる事、それを個人に任せて命を守って下さいと言うだけでは政府は要りません。
                  安倍氏はおぼっちゃまですから苦しい庶民の事など気に止める事がないのです。
                  ですから全てが甘いのです、そこを周りの人々が注意したり、場合によっては叱責したりせねば気づきません。

                  ですが、周りの人々も甘い感覚が多いのです、即ち二世三世のボンボン育ちで苦労なし、苦労しなくても大臣の椅子を貰えるのです。
                  苦労人は野党の議員だけです、しかし野党はあくまでも外野席です。

                  何ら安倍氏に影響を与えうる力が無いのです。
                  甘い判断行動が続けば北朝鮮からドンドンミサイルが降って来ます。
                  漁場も北朝鮮に譲ってしまって拿捕も出来ない弱腰です。

                  外交筋から文句を言うと言ってますが外交の無い国にどうして外交が効くのでしょうか。
                  甘い甘い!誰見ても甘いのです。
                  危うい日本国、甘い感覚の排除を台風がしてくれれば良いがね!
                  | 後の祭り | 09:25 | - | - | - | - |
                  どっかに日本の欠陥があるNo 3767
                  0
                    やっと少し気温が下がった様です。
                    とは言っても30度は超えてますがね。
                    天高く綿雲が形を変えながらゆっくりと東北方面に移動してます。
                    と言う事はまだ南西の風かも、北風はまだ先の様です。

                    東電の復旧作業もはかどらずまだまだ停電地域が多く残っているようです。
                    もし当事者になったらと考えますが実際の苦労は分かりません。
                    辛い毎日でしょう。

                    電灯がついた時には眩しく感じる事でしょう。
                    話しで聞きましたが、高級マンションでオール電化なのでカーテンと言うかブラインドも動かず、部屋が昼でも真っ暗だと言います。
                    便利の裏側の恐ろしさを知りました。
                    今日も復旧出来ない地域があるそうで限界を超えているのではと心配です。

                    異常気象の影響なのでしょうか、大雨や巨大台風が起きてます。
                    日本だけじゃ無くアメリカでもつい最近超大型ハリケーンで壊滅した街のニュースを目の当たりにしてます。
                    一方では森林火災も後を絶たず地球上の酸素の供給が危ぶまれます。

                    どっか変な感じがします。
                    その中で日本を考えて見ると基本、基礎、土台に何か問題がありそうな気がします。
                    具体的に何が欠陥か分かりませんが、人命を守ると言う基本路線が軽視されている様な感じがします。

                    気象庁の発表によると今までに経験した事がない雨量とか風力とか、そして命を守る行動をと。
                    過去にない程の記録が出ています。
                    オリンピックなら新記録は歓迎されますが自然界の新記録は出来れば無い方がいいです。

                    日照りも猛暑も記録づくめです。
                    高温も27年ぶりの記録になったとか。
                    そんな記録を教えて貰っても、我々は何を考え対応し、生活すれば良いのか?
                    とんと分かりません。

                    深慮遠謀がどこの部署でもやってない気がします。
                    気象庁も経験が無い程の豪雨と言うだけで今後もこうした事が度々起きるのかどうかの検討やシュミレーションをしているのかどうか?
                    もし都心に豪雨が起きた時にどれ程の被害が出るかの想定は出てますがもっともっと報道で知らせる方が良いと思います。

                    現代はホームページを見てそれぞれの発表されているものを知る様に促してますが、年寄りは何が何だかわかってませんよ!
                    昔なら口伝えで色んな情報交換をしてましたが今は人と人の交流が疎になってますから、どうしたってテレビ報道しか無いのです。

                    文明の発達は歓迎されてドンドン新たな分野に移行してますがそれに取り残された人々もたくさんいる事も現実です。
                    便利さの追求の裏側に何が隠れているのか、誰もその点を追求しません。
                    それもそうです、発展を阻害すると言われるでしょうからね。
                    しかし停電になって見れば欠点欠陥を知らされるのです。

                    その時にその場で考えなさい!と言っている様に感じます。
                    それが現代の生き方でしょうか。
                    実に分かりにくい日本になりました。
                    | 後の祭り | 09:56 | - | - | - | - |
                    貧乏が原因 多難の日本No 3757
                    0
                      いよいよ9月二学期が始まります。
                      とは言っても今日は日曜日ですから明日からでしょうか。
                      児童の賑やかさが再び起きます、蝉の声も聞こえ無いかも。
                      今が蝉の存在感を示す最後でしょうかね。

                      多難を抱えてこの先どうしようか?
                      政権側は日夜頭が痛いでしょう、解決策は分かっているのですが。
                      全ては貧乏から端を発しているのです。

                      年金問題だって四苦八苦してますが結局の所、金さえあれば簡単なんです。
                      好景気、成長期に年金問題などの話は無かったと思いますよ。
                      稼いだ金が豊富に有った時代には多額の年金を支払ってました。

                      しかし長寿になったから、少子化なったから等の理由で減額に次ぐ減額へと向かって近未来は自分でお金を貯めておけ!とまで言いだしてます。
                      それは何を隠そうと貧乏な日本になった事の表れです。
                      北欧の方では老後の生活は不安にならないと聞いてます。
                      年金なのかどうなのか分かりませんが、自己でお金を溜め込みなさいと言う話は聞いた事が無いです。

                      即ち裕福な国なのでしょう。
                      結局裕福を維持出来ていると思うのです。
                      一方日本は好景気の時は裕福でしたがバブルまで引き起こす馬鹿げた事をして全てを失ったと言っていいでしょう。
                      その後は立ち直れずに貧乏国になって久しいです。

                      ですから、金で解決出来る話が貧乏だから難題になってしまうのです。
                      これが資本主義と言うもので裕福であれば幸せであるし、貧乏であれば哀れな生活になるのです。
                      資本主義は格差社会ですから当然と言えます。

                      そこで考えられる事は金の使い方です。
                      日本人は金の価値観に疎いのです。
                      国民がどうすれば幸福感を持てるかなど政権は持ってません。
                      政権を維持する為にどうするかで視点が異なってます。

                      貧乏になる理由は政権維持の選挙が原因です、即ち金をばら撒く政策をせねば投票してくれません。
                      もし本気で国家を裕福にするなら、無駄は絶対に出来ません。

                      今朝も記事で58億円のリゾートホテルを環境省が作ったのです、所が出来上がっても無く使われても無いのです。
                      廃墟になってます、と言うのです。
                      こうした無駄が政権維持に必要不可欠と自民党は考えるのです。
                      ですから、選挙目的の無駄使いは貧乏を引き起こす土台です。
                      抜本的な見直しをせねば日本はドンドン貧乏になり、後進国へと陥落して行くしか道は残されていません。

                      抜本的とは無駄を無くす為にどうするかを政治家は考えて行動する事です。
                      選挙は10年に一度程度にしたらその間選ばれた政治家は必死に国民の為に働くと思います。
                      4年の任期でその間解散などもあり、政治家はおちおち政治をしている暇が無いのです。
                      次の選挙の為に選挙地に挨拶周りばかりで国民代表の感覚は殆ど持って無いでしょう。

                      これじゃ貧乏になるのも当たり前です、池田勇人首相が所得倍増論を出して国民を裕福にする話などは国全体でその方向に向かいました。
                      田中角栄は日本列島改造論をぶち上げて、日本国中を豊かにしようと訴えました。

                      皆がそのつもりで田舎も都会も一つになって行ったのです。
                      それもこれも日本を貧乏から裕福に変える為のものだったのです。
                      そして豊かになり先進国入りをしました。

                      その後から日本は貧乏の道を辿ったのです。
                      国が富を得たと勘違いしたのです、無駄をドンドン増長して官庁は色々と金を使いました、前述の環境省だけじゃ無く、厚労省も無駄な建物施設を何十戸も作って最後はただ同然の投げ売りをしたんです。

                      その時に金額は覚えてませんがこれも何十億円です。
                      貧乏になれば借金をせねば今まで通りの形が維持出来ません。
                      ですから国債を発行して国庫に入れたのです。
                      今じゃ何兆円か分かりませんが、確か1000兆円を越したのかな?凄いことです。

                      サラリーマンがサラ金で苦労した時代が話題になった事が有りました。
                      しかし国が借金しても話題にならないのです。
                      国は国民のものじゃ無いと市民は思っているのかしら?

                      しかし借金の返済に何十兆円を使っているとしたら、年金を減額する事自体ナンセンスです。
                      無駄を徹底的に省く、と民主党政権が立ちましたが、これ又中途半端で政権を投げ出しました。

                      徹底的に、これは日本人の苦手の一つでしょう。
                      曖昧に、適当に、まずまずの所で、手を打つ!のが日本人のやる口です。
                      成り行きに任せる、これも大方の見方です。
                      自民党が失敗しようが日本が貧乏になろうが、市民感覚はどうって事ないです!と言うものです。

                      貧乏根性のDNA を持ち続けて居るから貧乏を特別に困ったものだとも考え無いのです。
                      実に日本は国が出来てからずーっと貧乏だったですよね。

                      裕福な時代は過去にあったでしょうか?
                      戦国の世が絶え間無く続き江戸時代になって戦争は避ける事が出来ましたが、貧乏は継続でした。
                      明治も一部の人々が富裕族として貴族になりましたが、国民はまだまだ貧乏でした。
                      その後も発展はしてもあるところで戦争が起きて又々貧乏のドン族です。

                      戦後の復興を限界の努力で一流になったつもりでしたが、ほんの束の間で国債発行の憂き目になったのです。
                      貧乏国が一流だと勘違いしている日本人はオメデタイと言われても反論出来ません。

                      そうなんです、昔から日本人はオメデタイのです。
                      | 後の祭り | 10:02 | - | - | - | - |