RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

自然の豊かさを心の泉に

地球上の大自然は素晴らしい。その豊かさに抱かれて。
対立は無駄骨No 4055
0
    強風の一日になってます。
    窓が風でガタガタと音を立てています。
    一方窓をちょっと開けていると風を切るビュービューと唸り声が聞こえてきます。
    眼下に見える木の枝が千切れそうな曲がり方をしてます。
    台風並みの強さです。

    昨日はふれあいをして来ましたのでとても楽しい時間を過ごしました。
    人の欲望の一つを満足させるだけで気分は晴れ晴れでした。
    我々引退組は会社に行く訳じゃないから人との接触ふれあいは殆どありません。
    ですからふれあいに枯渇状態です。
    そんなことからどうやら昼カラオケがもてはやされている様です。
    こんな話も聞きました、地域で催しものをやるかどうかで会議を持ったら老人組は是非にとせがんだそうです。
    逆に若い方が老人を保護する為に中止を提言したと言います。
    即ち老人はふれあいを望んでいるのですよ。

    コロナが望むべきふれあいを容赦なく破談破壊したのです。
    これじゃ老人はたまったもんじゃ無いです。
    年中家の中にいて外出も精々日々の買い物程度、会話は家族だけで、テレビもラジオもYouTubeもそれ程の感動も刺激も受けず、笑いも出ない日々。
    これは普通の生活じゃ無いですよ。

    しかし世界を見渡せば、今度はふれあいから対立と言う場面が目に着きます。
    米中の覇権争いなどで世界中が迷惑を受けている訳ですよ。
    「世界は皆兄弟」と言った競艇の笹川良一氏の言葉を思い出します。
    今度は「世界中でふれあいを」のキャッチフレーズは如何なものか。

    しかしコロナでこれはご法度になり、エルボーバンプ(腕で挨拶)じゃ喧嘩腰ですよ。
    地球は人間がいかに幸せに暮らせる場かを模索すれば良いものを、逆の方向に行っては苦労するだけです。
    争い程無駄はありません。

    先の大戦で大きなダメージを受けそしてどれだけの人々が苦労したか。
    対立に無駄はあっても利益は皆無です。
    現在コロナで膨大な損失を産んでいますがそれでも国同士でいがみ合いが除去されません。
    日韓の貿易だって大きなダメージになっているでしょう。
    お互いにスムーズにふれあいができればスーパードライも旨いと飲んで貰えるでしょう。

    しかし何世紀先には対立も疲れ果てて全世界が平和になると期待したいです。
    やはり人類の年齢がまだ若いのでしょう。
    人間の脳が未発達段階なのかも。
    鳥などは種類が違っても対立などせずに毎日せっせと餌求めをして生きてます。
    人間も仕事は餌を求めているのと同じ現象です。
    鳥は餌を加工せずに自然のまま食べますが人はいろんな加工技術を身につけたので複雑な食事になりました。
    いずれも腹が空けば餌が必要なのです。

    結局世界で起きている対立は餌の取り合いでしかないのですよ。
    地球と言うパイの中で取りあいっこしているだけです。
    その欲望が際限なく続き貧富の差などに目を向けません。
    自由には貧富の差を助長する役目目的が有るのです。
    富豪リストに載るかどうか、なんて馬鹿げたことを平気で取り沙汰します。
    逆に貧困のリストも作れば良いものをこちらには目を向けません。

    今の強風は8m/sec程度ですからかなりの強度風です。
    コロナも人間を狙った強風の様なもの、いずれは静かに収まるでしょう。
    コロナも人間と共存したいと言う願望がある訳じゃ無いでしょうが住みやすさを感じたら長い間人間にまとわりつくでしょう。

    コロナとの戦争と言う対立を強調した指導者が多かったですが、対立ではなく本来の姿をよくよく検証してみる事だったと思うね。
    コロナの悪さは何かを突き止めて、悪さをしでかさない対応をすれば言い訳ですよ。
    小池百合子知事もその辺をサジを投げた風で対応の方式無しと言う事みたいです。

    それでいいかもよ。
    もう自然に任せてコロナを放任したらいいかも。
    我々も怖がらずにふれあいをドンドンすればいいかもね。
    対立からお友達へコロナとふれあいを、嫌だけどね。
    | 意識の変化 | 08:58 | - | - | - | - |
    考える時 No 3994
    0
      良い陽気です、こんな日は海をのんびりと望みたい気分です。
      ここから海が見えれば言うこと無しですが地球は丸いので地平線になってしまいます。
      水平線の彼方を見つめていると不思議に壮大な考えが浮かんで来るのです。

      園児達が隠れんぼかな?もういいかい?って掛け声をかけてます。
      そして仲間がもう良いよ!と答えるのです、これが子供の頃は不思議とも思わずに遊んでましたが、実に変ですよね。
      声を出せば自分の居場所がバレてしまうのですから静かに隠れるのが良いじゃない?
      でもそんな矛盾に遊びが有るのでしょうかね。

      昨夜のプライムニュースで刺激を受けて楽しかったですよ。
      この時期に文系の学者さんが登場しての議論です。
      概ねはコロナに関する政治家や医師や専門家と呼ばれる人々が出突っ張りの傾向でした。

      所が学者となると思考が幾分深く追求されています。
      東大の古田准教授などはまだまだ若く、これからの日本をどう舵取りするかに影響を与えそうな感じがしました。
      その方の話で共感と言うか同じじゃない!って勝手に思った事が有りました。

      それは使われている言葉を分かりやすくと言う面です。
      濃厚接触と言う言葉が出た時に、セクシーに関係するのじゃないかと思ったのですが、やはりそう言う印象を持った人が多かったと。
      今ではもうそんな想像は無くなりましたが言葉が出た時には驚きでした。

      社会的距離も不思議な言葉だと思った事も前に書きました、やはり古田准教授もおかしな表現だと言ってました。

      意味不明ですよね、ソーシャルとは社会ですから直訳すればその通りですが、社会的距離のニュアンスをどう捉えるか?
      海外の情報を読んでいる人なら何フィートとかの距離感を認識出来ますが、それもいろいろ違ってましたからマチマチでした。
      初めっから何m離れて下さいよ!と何故言わなかったのか?
      社会的距離等抽象的過ぎますが、これが緊急事態の時に使う言葉でしょうか?

      一方自粛と言う表現のお願いについても学者から見たらとても意味深な事だと言います。
      自粛警察と言う言葉が使われているのかどうか分かりませんが、自分が自粛の警察に縛られている様なものだと。
      即ち、自粛と言う言葉で自由が束縛されているのだと。

      逆説的に言えば、自粛のお願いは権限をお上(政府)から我々個人に委ねられた事だと言います。
      なる程と思いました。
      諸外国は権限を使って強制外出禁止ですから権限はお上に有ります。
      この違いはおとなしい日本人だからこそ事件は起きませんが、凄く怖い事でも有ります。

      と言うのは非常にカリスマ性の高い人が現れたらお上から権限を委託されているんだから自由に勝手に行動して煽動したら、とんでもない事になりそうです。
      それを抑える法律も憲法も無い日本ですから実に怖い日本社会なのです。
      明治維新に江戸幕府から受け継いで政権を作りましたが、その時は法律も憲法も何なかったのです。

      そうした時に大久保利通は中央政権を充実させて中央集権を行った訳です。
      そうして日本を方向付けたと思います。
      しかし戦争の敗戦国になってからの憲法では中央集権的な内容が無くなったのでしょうか?

      今は時間も有る時です、学者のご意見を聞いて考える時かも知れません。
      「権力の終焉」とう本を紹介してました、分厚い本ですが読んでみたいと思いました。
      世の中が変化している事を知る必要性は学者以外でも我々も勉強する事が必要なのでしょうね!

      そうした事を考えて現状を見ると、何処かに欠点や欠陥が見えてきます。
      専門家会議と言う場を考えて見ると非常に危ない事をしてるのだと思います。
      何故か?
      この先の日本の方向を決める大きな要素要因を担っているからです。

      専門家会議のメンバーは必ずしも世間や世界を熟知した人々の集まりでは無い事です。
      どちらかと言えば独自の研究者それも医学的な見地に立った人達です。

      そうした人々が難しい言葉を駆使して我々を惑わせて、この先も先導するとなると危険極まりないです。
      緊急事態宣言の続投する事で感染を終止符させる効果は期待出来ます。
      しかし自粛警察の力で身動き出来ない状態になったら生きる事が難しくなります。

      勿論遊んでいても生きる糧は用意しますから安心しなさいと言う約束が有れば別です。
      一方的な自粛警察でがんじがらめにされて、黙って従うでしょうか?

      国民も居酒屋が可愛そうだから飲みに行ってあげようか、と言う感覚も出てきます。
      だって家賃も払えなくなったら倒産です、たしかに街の小さな焼き鳥屋が倒産したって日本のGDPに影響は出ませんが、そこで生きる糧を得て居る事は事実です。

      麻生などは「切り捨てごめん」的な感覚でしょう。
      もしカリスマの人が現れて富裕者から金を巻き上げる行為に走られたら麻生などは貧困を味わう事になって初めて塗炭を知るでしょう。
      そうはならないと言う保証は有りません、日本にはそうした土壌が有るのですから。

      警察も軍隊もカリスマ男に握られたらどうなるのか、空恐ろしい事です。
      しかしそれが危機意識、危機管理の原点では無いかと思ってます。
      ユーホーが現れているようだと言いますから、これからの世界は宇宙戦になるかもね?

      それはそれでSFの世界で面白いですが、現在は本当に考えて最良策を見つける事です。
      | 意識の変化 | 10:25 | - | - | - | - |
      指導者の愚No 3953
      0
        今日も春爛漫で休日、いつもなら花見の場所取りで早朝から良い場所をと繰り出すのですが、今日はどうでしょうか。
        近所の公園では多分大勢の花見客が押し寄せて来ると思う。
        我々3人は11時待ち合わせで公園で花見をします。

        状況は明日のブログで書きます。
        いよいよ経済危機を真剣に討論する様になって来ましたが実に日本の政治家はお粗末です。
        これは由々しき事になりそうです。

        真剣さが足りないと言う印象が強いです。
        と言うのは政治家の頭には次の選挙だけが大きな課題で不況や恐慌など眼中に無いです。
        消費税ゼロにする様な与党若手から要望があったと言います。

        では何故昨年上げたのか、ゼロにする事が出来るのであれば上げる必要が無かったと言える。
        どうしたって真剣勝負で事に当たってない、選挙目当てで動いているしか見えない。

        これから緊急対策でバラマキをする様ですが、中途半端過ぎる政策です。
        不況がバラマキで好況になる訳無いでしょう。
        好況にするには工業の生産を増やす事しか方法は無いと言えます。
        池田首相の時代の日本は決して好景気では無かったと思いますが所得倍増論が出て日本中で工業に力を注ぎました。
        結果10年を待たずに倍の所得になりました。

        これからいよいよ不況がやってきて生活が苦しくなる事は目に見えて居ます。
        安倍政権は雇用の確保だけをお願いしたいと言ってますが、その程度で不況に立ち打ち出来ません。
        新型コロナウイルスでも初期段階で失敗してダラダラと感染者を増やしてます。

        現在ももっとやるべき事があるのに行動しないのですから愚と言わざるを得ません。
        今は政治の正念場です、新型コロナウイルスの正念場では無いのです。
        政治こそがこの場で必要かつ重要なのです。

        愚の首相を持った日本人はとても可愛そうです。
        周りも愚の連中ばかりです。
        思い切って愚を倒して、勇者に変えたら良いのですが。
        | 意識の変化 | 09:59 | - | - | - | - |
        大丈夫ですかNo 3925
        0
          今日は春一番の風が吹きそうだと予報されてます。
          今の所が静かですがどうなりますか?
          8m以上の風になると春一番と言うとか昨日の知りました。

          挨拶に大丈夫ですか?と言うフレーズがこれから使われそうです。
          今迄はインフルエンザでしたが今度は新型コロナウイルスの感染です。
          徐々に身近に感じで来ました。

          考えて見ると政府の杜撰な取り組みが国民を悩ませる結果に繋がりました。
          一方高齢者で疾患を持っている人が重症になる話も、今朝の記事で武漢で26歳の医師が死亡した事からただ事では無いと思うようになりました。
          新型と言う事を十分に肝に銘じて置きたい気分です。

          何が起きるか過去に無い体験をせねばなりません。
          軽く考えては怪我する事は明らかです。
          だんだん日本の国の安全や国を守ると言う点がハッキリと浮かび上がって来ました。
          なんと言っても本気で国民の安全を保障するものが無いと言っても過言では有りません。

          ですから今回も後手後手の対応になってしまって収集が付かない状態に陥ってます。
          国が国民を守らねば自治体では出来ません。
          しかし今回の対応策に自治体への依存が殆どです。

          保健所と言うのは自治体の管轄で熱が出たら4日後に保健所へ連絡する事になりました。
          国はでは何をするのでしょうか?
          重傷者が出ても自治体に任せる訳です。
          狂った対応策です。

          国の力で今回は乗り切る体制をせねばパニックはもう始まっています。
          先ず医師達からの要求の検査を民間で自由に出来る様に許可するのが正道です。
          検査などの精度は回数を重ねれば専門家なら問題有りません。
          何故に制限を加えているのか理解出来ません。

          兎も角、考え方を180度変える事です。
          先ず、スタート時点に戻って何が起きたのかを検証して本質を掴む事です。
          一方ここまで進めて来た事も同時に検証して多くの反省点を確認し共有する事も必要です。
          専門家会議も全員メンバー入れ替えて新たな知見の持った人が当たる事も大事です。

          会議のメンバーが変わらないと意見の新鮮さが望めません。
          特にトップで有る安倍晋三を外す事です。
          彼には何ら正常判断など出来ません。
          米国もトランプでは無く、CDCが中心になっています。
          CDCにはなんと15000人もの集団で感染症だけで無くあらゆる面で人を救う努力をしています。

          残念ながら日本にはそうした団体が有りません、作りません。
          ここに日本を安全に守ると言う欠陥があるのです。
          安倍晋三が言っている安全保障と言うのは軍事的な行動があった時に米国が助けてくれると言う迷信だけです。

          日本が戦時状態になった時に日本人は自衛隊だけに任せて、後は米軍が日本を守ってくれると思っているのではないでしょうか?
          それ程まで米軍がやる訳ないでしょう。
          日本は日本人で安全保障をしなければならないのです。

          今回も日本の安全の危機的状態ですが米国が支援してくれているでしょうか?
          CDCが日本に乗り込んできて指導や協力をしてくれるでしょうか?
          今の所批判しているだけです。

          昨日のテレビで馬鹿な事を言っている自衛隊の病院教授が言ってましたが、井の中の蛙そのものです。
          今までに無いデータを取ったので世界にアピールしたいと、そして危険度を下げさせるのだと言う。
          本当に馬鹿です、今は危険度が上昇しているのをどう捉えるかに焦点がいっているわけで、危険度を下げられるデータですと言ってみても誰も見ませんよ。

          危機の度合いを低く見ればもうその人は失格です。
          先ずは最高に危険度がどこで有るのか?
          世界中に感染し日本は国民の半分は感染したらどう対処するのかとか、国民の安全保障をどうするのか?
          シミュレーションしておく事が今の時です。
          最悪から徐々に危険度を下げて、その時々でどう対応するのかケーススタディをして置くのです。

          もし政府がその程度はやってるよと言うなら国民に知らせて欲しい。
          民主主義の国ですから共産党独裁じゃ無いのですから公開して貰いたい。
          そうすれば国民も一部は心配一部は安心とそれぞれ判断するでしょう。

          それと井の中の蛙と言いましたが外国を見て良い事は取り入れる度量が必要です。
          米国が何をしたからそれに順次よう。
          シンガポールがこうしたからと言っても取り入れない。
          こんな事では対応が後手後手になるのは当たり前です。

          マスク一つをとっても台湾では一億枚の製作をメーカーに依頼し間も無く出来有ると言います。
          そこで台湾は政府が全てを買い上げて市民に分け与えると言います。

          日本じゃどうですか?
          先ずは買い占めて品不足の状態にしてから高額な値段で売りつける火事場泥棒がいっぱいいます。
          それを抑える手段も無く無政府状態です。

          今日は土曜日ですから園児達の声は聞こえて来ませんが、園児達も感染する可能性も出て来ました。
          北海道が特殊では無く今後何処でも起こり得る実例です。
          どうするのですか?
          保育園の管理体制をどう指導するのですか?

          次に学校です、文科省大臣は呑気な事を言ってます。
          先ずそろそろ卒業式が間近です、その行事は取りやめて貰うとか厳しい姿勢が必要です。

          今中国人からマスクを上げましょうかと言われるそうです。
          中国に駐在して居る方々に心配してくれて居るのです。
          と言うもの日本は中国よりも危険度が高いからだと言います。

          それは日本の危機管理が全くなされていないと言う危惧を持って居るからです。
          中国があれだけ厳密に感染防止策を実施しても感染がピークに達していない事を殊更に重要視しているのです。
          コンビニへ買い物に行くその時入り口で体温を測定されて高熱で無ければ入店OKになると言います。

          日本はどうですか?満員電車マスク無しには世界中から見られて居るのです。
          これで感染が徐々に広がってピークの山が低くなるとは見えません。
          世界中でそう見ています。
          米国からの渡航者も急激に減る事は間違い有りません。
          当然経済活動も鈍化するでしょうからビジネス関連も停滞します。

          人の行き来も減ります。
          インバウンドなどにまだ期待して居るのでしょうか政府のお偉方は。
          次の大事はオリンピック開催です。
          もっと謙虚に考えて世界中に感染させない為に中止も一つの考えで有るとコメントしても良いはずです。

          ロンドンで手をあげた事に対して小池百合子はイギリス船籍で問題を起こして居る事をご存知かと反論してました。
          これも日本人の奢りです、乗客の感染を防止出来なかった日本が何という言い草か驚いてます。
          逆にご心配頂き最悪の場合はお願いするかも知れません。
          ご指摘に感謝します。と何故言えないのか。

          世界中で新型コロナウイルスに注目してるのですから奢りだけは引っ込めて欲しいです。
          兎も角次々に出てくる課題問題点、これが新型を意味するものです。
          予想できない事、これが新型なのです。
          | 意識の変化 | 10:27 | - | - | - | - |
          どっか違う日本と外国No 3918
          0
            薄日が差し込んでいますがハッキリしない天気です。
            まるで日本政府の新型コロナウイルス対策に似ています。
            先行き不安だけが残り行動にも抑制が掛かってしまいます。

            余計な外出は出来るだけ避けたい気分です。
            湖北省等の街では長い間閉鎖に耐えていますが未だに衰え無いウイルスの猛威に脅威を感じざるを得ません。
            住民達の不安も募るばかりでしょう。

            大変な気苦労も多い事でしょう。
            ストレスも極度に感じている筈です。
            特に子供達の活発な行動が制限されている事から家の中では大変ではないかと想像します。
            学校も閉鎖されているのでしょう、勉強も出来ない訳でどんな気持ちで高校生等は過ごしているのでしょうかね。


            我々は感染者数と死亡者数だけしかニュースとして入って来ませんがもう少し市民の生活状態も知りたい気がします。
            と言うのも仮に日本もパンデミック状態になったら街の閉鎖は考えられるかもしれません。
            そうなった時にどんな生活をすれば良いのか参考になると思います。

            もう市中でいつ感染してもおかしく無いほどの状態に変化してます。
            ただ感染は恐ろしいですがインフルエンザと同様に考えればそれ程恐れなくても良いと感じてます。
            インフルエンザは市中で何処でも拾ってしまう程ウイルスが散乱していると思います。

            新型コロナウイルスもそろそろそんな状態になっています。
            ですから我々が行うのは感染しても重篤にならない様に注意する事でしょう。
            既往の病気を持っている人は外出を絶対にしない即ち閉鎖する事です。
            それ以外は感染したら無理せずに養生して5日間待てば肺炎に成らずに回復することも分かってます。
            インフルエンザをそれ程怖がらない日本人が今回の新型コロナウイルスを異常に脅威と言う感覚になるのは政府の対応が悪いからです。

            外国ではシンガポールが一番感染者が多いと言う事です。
            勿論日本は客船の人数も入れれば中国の次ですが市中での感染者数はシンガポールの次です。
            でシンガポールの対応について昨日記事が有りました。
            注意書きがあちこちに貼られている様で予防策が書かれているらしいです。
            8項目ですが日本ではそう言うビラを見たことが有りません。
            至って分かり易いものばかりです。

            その中で気になった項目は一つは1日2回体温を測るが有りました。
            石鹸で手洗いやアルコール消毒はどんな時でも必要で特別では有りません。
            ですから日本人は神経質に手洗いやマスクに気を取られる過ぎている様な気がします。

            一方欧州では少ないですが感染者が現れています。
            しかしマスクの週間が無いとかで誰もマスクをしないそうです。
            米国もインフルエンザが流行して1万人以上も死者を出しているのにマスクはしない人が圧倒的だそうです。
            兎も角日本は異常なほどマスク好きです。

            マスクがファッション的に扱ってます。
            政府も何億枚かをメーカーに製造指示していますがこれ程世界と違った対応策は何でしょうかね。
            マスクメーカーから献金されているのでしょうか?

            多分ですよ、想像ですが市中にマスクが販売される来週は直ぐに品切れになるでしょうが数週間も経てば在庫の山になりますよきっと。
            中国は空気が汚染を受けているからつける人が多いのは以前からです。
            今回の騒ぎで不足してますが元々マスクの必要性が有った国柄です。

            又違いの内容に戻りますが日本は何故?って思う程中国人の受け入れを行なってます。
            外国の場合の例が出てました。
            米国は中国から到着した訪問者を入国禁止、フィリピンでも中国から来る訪問客の入国禁止、ニュージーランドも中国から到着する旅行客の入国拒否、インドネシアも中国滞在者の入国禁止、シンガポールも同様です。
            ベトナムもモンゴルも出てました。

            兎も角中国からのお客は入って来ないようにしています。
            日本は最近まで武漢からだけで、それも春節は開放そのものでした。
            隅田川遊覧船に乗っていた武漢の人が残していったウイルスで感染してしまった人はお気の毒と言わざるを得ません。

            そして次に感染も起きて死亡したご老人もそこから感染していたら目も当てられません。
            どうして日本政府は杜撰な判断しか出来ないのか不思議でなりません。

            加藤厚労大臣も緊迫感が全くなく人ごとの様な感じで記者会見しています。
            それとまだ市中に流行して無いと言い張ってますが本当に心からそう思っているだろうか?
            国民に心配をかけたく無いと言う気持ちなら少しは同情もしたくなりますが、そうじゃ無い気がします。
            安倍政権で市中流行になったんでは世間体が悪いと言う裏がありそうな気が臭って来ます。

            中国の共産党独裁政治と変わらない事を日本でも行われていたら日本人は哀れな乞食です。
            世界を見て日本国の実情を把握して堂々と新型コロナウイルス対策に英断をせねばなりません。

            秀吉がいい事を言ってます。
            「知恵とは、勇気があってはじめてひかるものだ」と。
            知恵と勇気の無い安倍晋三は日本のリーダー失格者です。
            | 意識の変化 | 10:05 | - | - | - | - |
            大人の感覚 No 3886
            0
              暖かいので校庭では少年野球チームの練習が始まってます。
              声を出し合ってお互いを励まし合って頑張る姿は成長の過程ではいい事です。
              先日王さんがプロ野球のチーム数を16に増やす提案をしてました。

              プロ野球の道が広がる事への期待感からです。
              こうして少年達が野球に興味を抱くのもプロ野球への道も有るかと思う気持ちもどっかに有るのでしょう。
              そう言う子供達の為にも16球団を希望していると言います。

              ともあれ練習は楽しいだけじゃなく自分を磨く上でも人一倍の努力が必要です。
              頑張れのエールを送ります。

              さて今日は成人の日で大人になったお祝いをしてあげる日です。
              大人感覚とはどんなものか中々自覚出来ないでしょう。
              実際に普段の生活で今日から大人と言っても区切りがない訳で色んな祝辞からそんなもんかなあって思う程度でしょうかね。

              そうなんですよ、大人だから特別に何が違うかと言ってもそれ程の変化は有りません。
              ですがだんだん成人の日から日が経つにつれて徐々に変化して来るのです。

              無意識の内かも知れません。
              昔は丁稚奉公があける頃が成人の日に当たる様な時期だそうです。
              丁稚から一人前に世間から見られる喜びは大きかった様です。

              出来る人は自分の商売を始める事もあったそうで裏店から表に出る事も有った様です。
              変化がはっきりしていたんですね。

              しかし現代はまだ勉学中が多く社会人になって無い人も多く居て変化が出て来ません。
              何の日と思う青年も居るかもね。
              祝って貰うのは嬉しいが何の為?って疑問が出る事もあるかな。

              それはそれで何かを感じるだけで良いかも。
              長い人生ですから紆余曲折がこれから待ってます。
              それに立ち向かって進むわけで、一つだけやってはいけないのが罪を作らないと言う事です。

              犯罪と言う大きなものでなくても小さな罪にならない様な事でも正しく無い事には手を染めない!
              この一言だけを今日から守れば大人になれたんです。
              罪作りは大人が犯す一番野蛮な行為です。

              その野蛮人の多さにビックリする事でしょうがそんな世間を自分から染まらない。
              この事です。
              | 意識の変化 | 09:16 | - | - | - | - |
              恥を知れ官僚たちNo 3844
              0
                小雨の師走何処となく裏寂しい気分です。
                気温は16度まで上昇すると言いますが太陽が無いと寒い感じです。
                部屋の中も日差しが入って来ないのでひんやりです。

                今年も残り1ヶ月を切りましたのでやるべき事は無いかと考えますが、特別に有りませんね。
                毎日が整理整頓に明け暮れてますから。
                シュレッダーに掛けるものも無いし。

                それにしても官庁の仕事をして居るのは官僚たちでしょう。
                官僚は税金から給料を貰って居る訳でしょう。
                だったら国民の為に仕事をしなさいよ!と言われれも当然でしょう。

                所が最近の官僚は安倍政権の為にやって居る様な感じを受けます。
                だったら安倍晋三氏から給料を出して貰えば良いのです。
                そろそろ冬のボーナスを貰うでしょうが、ちゃんと仕事をしてから貰いなさいと言いたい。

                忖度ばかりで国民の方を見ない仕事はやめなさいと一言年末になっても小言を残したい気分です。
                一体官僚たちは自尊心等持っているかと問いたいところです。
                自分の立ち位置をどう思っているのか、ペコペコ頭を下げるだけの仕事じゃ、しない方がマシです。

                シュレッダーが予約制とは驚きです。
                馬鹿も休み休み言いなさいと昔は馬鹿にされてますよ。
                恥を知れ!と言われてますよ。

                本当に馬鹿なんでしょうかね。
                一流大学を出て官僚になった人たちが馬鹿呼ばわりしては気の毒ですが、どうにも別の表現が見つかりません。
                もし不満だったら反論してきて欲しいものです。

                落語のヨタロウよりも馬鹿です。
                ヨタロウは愛嬌があって憎めない無いですが官僚は憎いです。
                悪知恵を働かすからです。
                ヨタロウは忖度などしません、真っ直ぐです。
                しかし官僚は忖度ばかりがお上手で訓練されてます。

                恥をさえ忘れて真顔でシュレッダーの順番を待って処理しましたって言うからオカシイと言われても、ヨタロウと言われても仕方ないじゃ有りませんか?
                ええどうなんですか、気持ちを言って貰えませんかね。

                誰かの指示で実行したとしてもですよ、一流大学出の人がやる様な仕事じゃ無いね。
                例えシュレッダーで裁断した文章が無くなっても、実はその元即ちパソコンで名簿作成したんでしょう、それを印刷したんでしょう。
                印刷物をシュレッダーにかけたってパソコンの中身はどうなってますか?

                追求されても削除しましたと言うのですか?
                削除したモノを復元はそう難しく無いですよ。
                馬鹿馬鹿しい、国民を欺くなら税金の給料を返上しなさいと言われたって反論出来ないでしょう。

                恥知らずは自分だけじゃないんです、国民も恥をかく事になるんです。
                世界中から恥知らずと言われても仕方がないんです。
                官僚がここまで馬鹿だったとは今更ながら驚きと悲しみが湧いてきます。

                今年だけじゃないけど、官僚の恥知らずを標語にしたテーシャツを作ったら売れそうです。
                来年は馬鹿をしませんと官僚の誓の言葉を承りたい所です。
                | 意識の変化 | 11:12 | - | - | - | - |
                金貯める経営者 No 3812
                0
                  晴天が続くと思ったら薄曇りの天空です。
                  10月最後の日になりましたが今月は悪夢の月でした。
                  水害がこれ程連続で起きるなど過去に無かったのではと思うくらいです。

                  雨量が多かったのか、河川管理が悪かったのか、決壊に対する認識が甘かったのか。
                  様々な問題が山積しています。
                  毎日の報道で被災地の現場を目のあたりに見ていると涙が出て来ます。

                  平時は片付け清掃などをやらなくても良い事を容赦なく強制的に縛られてしまってます。
                  個人の苦労も相当ですが自治体の疲弊も限度以上になっています。
                  普段の何倍も苦労しても、平時に戻るには長い時間が必要です。

                  何としても災害国日本を抜本的に見ないさねばなりません。
                  どんなにお金をかけても災害の起きにくい国造りをせねば国家が破滅してしまいます。
                  お金がない訳じゃ無いのです。

                  企業が蓄えている金額は400兆円を越しているのですから、そのお金を税金で徴収して国家の為に使うのがいいのです。
                  企業は自分一人で稼いでいる訳じゃ無いですから、国民がみんなで努力して稼いだものです。

                  400兆円と言う金額は想像出来ませんが、日本の河川を徹底的に安全にする程の金額に匹敵すれば即実行したら良いです。
                  国家がお金も無く河川を補修できないので有れば企業がそれを代行する度量が必要でしょう。
                  金を保留していたって価値はゼロです。

                  もし何処の河川も安全が確保出来たら国民はどれほど安心して暮らせるか?
                  その価値は保留と比べ物にならない程有意義なものです。
                  お金は使うもので保留するものじゃ無い事を現在の経営者は知らないのです。

                  社員の給料を1100円程度の賃上げとか言っているのが経営者ですから馬鹿と言われても良いじゃ無いかね。
                  400兆円を社員にばら撒いたら簡単にデフレ解消ですよ。
                  三本の矢など必要無いです。

                  安倍政権も左団扇で何もせずに韓国旅行でもしていれば良いのです。
                  日銀の金利政策も必要なく、正常な金利に戻して銀行も健全経営が出来る様になれば個人も預金の楽しみも有ると言うものです。
                  お金を使えば又自分の所に戻ってくるのが金の循環原理です。

                  その逆が現代で循環をさせないで、株価だけを高く保持したって必ず実体の無いものは崩壊します。
                  実際にソフトバンクは税金ゼロ儲けは1兆円も有るのに、実質何も持っていないから、株だけで儲けているから。

                  そんな理不尽がこの世で長く続かないのが道理というものです。
                  企業経営者の頭の中を変える事は簡単です。
                  株価を下げれば良いのです。
                  株価を下げるには年金の持ち株を無くせば良いだけです。

                  今の十分の一迄株価が下がれば企業は真剣に仕事に精を出します。
                  健全経営が要求されます。
                  保留もいっぺんに無くなります。

                  と言う事は景気が良くなり国民は潤い幸福を謳歌しみんな喜びに浸れます。

                  そうした夢物語を作り出せるかと言うでしょうが、多分10年後ぐらいにはそうなります。
                  トランプが退陣し、安倍政権も終わり、麻生太郎も議員を辞め、世代が変われば日本も変化せざるを得ないのです。
                  日本人は自覚が足りないのでは無く、自覚を恐れて居るのです。
                  真の現実が怖いのです。

                  しかし必ずその現実に遭遇して悩み苦しみ、次が生まれるのです。
                  難産は覚悟せねばなりませんか。
                  新しい時代は直ぐそこまで来ていますが、過酷な試練を経ねばならないのです。
                  その一つが甚大な災害です。

                  ただの災害では済まされない事象が起きているのです。
                  原発事故以来、日本は激変しているのです。
                  気付かないだけです。
                  | 意識の変化 | 09:48 | - | - | - | - |
                  防災の考え方を変えねばNo 3808
                  0
                    今朝方太陽が出てましたが今は暑い雲覆われてしまいました。
                    どうやら1日こんな天候かも知れません。
                    気温は丁度良い感じで過ごし易いです、被災地ではどうでしょうか?

                    片付けとか清掃とか進んでいたんでしょうが先日の豪雨で振り出しに戻ったと言う声も有ります。
                    本当に辛い毎日でしょう。
                    ここでも今日はこれから防災に関するいろんな行事が目の前の小学校である様です。

                    3時間もかけますから相当に詳細な説明やら何かが有りそうです。
                    炊き出しも実施するとか昼飯になるでしょう。
                    防災に力が入ってます。

                    しかし災害を防ぐのが防災でしょうが、災害が来てからどう対処するかの方に主題が移っている様に見えます。
                    防災よりも災害処理と言う事が言えます。
                    多少本末転倒的な感じがしますがね。

                    本来の防災は震災なら建物が倒壊しない、火事なら燃えにくい建物にするとか、水害なら低い土地に住まないとか。
                    そうした災害に強い対応をする事を優先させる事が防災ではと思う。
                    どっかで災害を容認していて、災害はしょうがないから起きたらどんな風にするかになってます。

                    正直なところ現状を抜本的に改革せねば災害を未然に防げません。
                    ですが、誰もそうした大胆な行政をしようと言いません。
                    宮城県の災害地で土地を高くして住宅地を移す提案が数日前に被災者に出したニュースを見ました。

                    これが防災の基本です。
                    洪水で被災した所に又住宅を建てるのは愚の骨頂です。
                    何年後かに必ず災害が来る事は自明に理です。

                    その辺を徹底して行政しなければ防災の意味が有りません。
                    現在災害でどれ程のお金税金を使っているでしょうか。
                    激甚災害として何千億円ものお金を使います。

                    しかし防災に役立つものじゃなく、将来又々災害に遭う所にお金を使うのです。
                    これから首都圏に激甚災害が来ると思っていなければなりません。
                    しかしその災害に対応する住まいの確保は何%でしょうか?

                    ハザードマップの災害地の住居はどの程度か?異常な数値でしょう。
                    その事を棚に上げて防災を論じるのは何処か狂いが出てます。
                    正常な考え方に戻す時ですが、国会は議員の不正を正す事が優先され、防災の抜本見直しは無さそうです。

                    これでは日本も近い未来激甚災害の連続に遭遇する事間違いなしです。
                    | 意識の変化 | 10:33 | - | - | - | - |
                    複雑と単純どちらNo 3782
                    0
                      蒸し暑い状態が続いてます。
                      秋らしく無いと感じるのです。
                      気候は徐々に変化して来たのでしょう。
                      年中蒸し暑い感じがこれからの気候かも知れません。

                      多くの場合単純に考えれば解決も早いと思うのです。
                      しかし実際には複雑をチョイスする事が多いです。
                      何故か、ここんところが人間らしいと言う事でしょうか?

                      人間らしいとは知能を発揮させたい衝動にかられると言う事かも。
                      人がこうだ言えば、私はいやこうすべくだと反論する、結果を出すに及んで曖昧になる事で複雑を作ります。

                      勿論相手の言うままに全部納得する事は出来ない事でしょうが、しかしある程度は理解して上げても良いと思うのです。
                      世界中で国内で問題が解決されずに棚上げされているものは複雑にしてしまったからでしょう。

                      兎も角、単純が良いと思うのです。
                      いくら考えても未来は未来人が作り上げるもの、現実の問題は現代が解決しておく事にすればいいでしょう。
                      温暖化も未来人に解決を委託するのではなく我々が自粛すれば済むことです。

                      CO2 を削減すれば解決する訳ですから出さないようにすれば良いのです。
                      単純で簡単な事ですが現代人はやろうとしないだけです。
                      ですからなになに会議などで複雑な論議をしたりデータを作ったり、無駄ばかりです。
                      明日から車に乗らないを世界中で実施すれば数年後には気温が下がりますよ。
                      実に簡単に解決します。

                      人社会は分かっている事をしない習性を作り上げてます。
                      | 意識の変化 | 10:24 | - | - | - | - |