RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

自然の豊かさを心の泉に

地球上の大自然は素晴らしい。その豊かさに抱かれて。
勿体無い、何故完売方法を考えないのか?
0
    朝から34度はキツ過ぎます。
    8時半でそんな状態ですから、これからどんな展開になるやら、ここは都内のヒートアイランドだそうですから38度は覚悟です!

    京都も暑さが続いて夏の行事傘行列を取りやめたとか?当然でしょう。
    熱帯夜でした、エアコンを消して寝たら顔の付近がモヤモヤと生ぬるいのです。
    エアコンを入れたら朝までぐっすりでした!

    エアコン様さまです!
    驚いたことに昨年スーパーでうなぎを廃棄即ち売れ残って捨てた量が2.7トンもあったそうです。
    2.7トンは何人分のうなぎでしょうか?
    例えば200gとしたら1万3千人余りになります。
    お年寄りの元気を出すために配ってあげたらどんなに喜んでもらえることか?
    勿体ないよりも無駄そのものです。
    安く販売していけない事ではないでしょう、完売をする対策が必要でしょう。
    安く売る、行列が出来て買えなくても仕方がないでしょう!
    そんな事って他の商品にはありますよ。

    勿体ないと言う概念よりも夏バテ防止対策ですから、捨てる程意味のない事はありません。
    一体経営者は何を考えているのか、もちろん経営者ともなると何千円のうな重でも問題なく食べるでしょう。

    しかし一般庶民はスーパーの値段にも手が出ないのです。
    シラスが少ないから高い、と言う言い訳は成り立ちません。
    捨てる程儲かっていると言えるのです。
    だから余っても採算がとれて、一般庶民の口に入らなくてもいいのです。

    実に馬鹿げた商売です。
    不愉快そのものです。
    商売は儲ける為だけでしょうか?

    上手いものを庶民に提供する事の方が第一ではないでしょうか?
    人を二の次にする発想に不快感を強くします。
    民主主義と言う概念は人を第一に考える事でしょう、封建時代は人は重要視されなかった。
    しかし現代も人は下層部に位置し、金が第一、儲けが第一です!
    ナンセンスな時代です。
    | 難問 | 08:52 | - | - | - | - |
    便利性に対する代償はお金
    0

      久しぶりに雲が上空を覆っています。

      こうした冬の雲はいかにも雪を思わせます。

      雪は降りはしないでしょうが雰囲気を醸し出します。

       

      気温も10度まで届かない予報ですから寒さも一段と感じるでしょう。

      冬になったと言う実感が最近有ります昨日は木枯らしに凍えてしまいました。

      買い物も早々に引き上げてその後の外出は無しでした。

       

      今日も寒いですがあちらこちらと行かねばならず忙しいです。

      便利性を要求することが強くなってきているような気がします。

      何でもかんでも便利が優位に物事を考える様になってきたのです。

       

      それが発展の物差しなのかも知れませんが便利の裏側に何が有るかをよくよく考えねばならないと思うのです。

      コンビニはとても便利ですしかし経済面で考えれば同じ商品をスーパーよりも高いお金を払っているのです。

      便利性を優先しているとこうしたお金の面で無頓着になってしまう気がします。

       

      そこに目を付けて儲ける手段に使うのが企業であろうかとも思うのです。

      便利性を強調して企業が発展しているのが現代かもしれませんアマゾンなどは安いもさることながら便利でも有ります。

      スマホで買い物が出来るのですからこれほどの便利さは無いでしょうしかしアマゾンの利益確保は物凄いものです。

       

      結局便利さの代償がお金で支払っているのかも知れません。

      不便でもお金を使わない方法に向かう様な傾向は薄れてしまっているか。

      例えば70歳以上の老人に無料パスが東京都で発行してます。

       

      無料パスとは実際には1年で1000円払いますが都営電車と都内のあらゆるバスがパス・タダで乗れる制度です。

      こうなるとほとんどの所にパスを利用すればタダです。

      都営地下鉄は多いし都内のバスも至る処をくまなく走ってます。

       

      それらを上手く利用すればいいのですが便利性を優先すればお金を使うことになります。

      実際にお金は大事なものですけれども小銭は気にならない為についつい出てしまいます。

      これが困りものです。

       

      今月は年末の買い物も多いし忘年会も2回ほど予定が入ってますので出て行く方が多いです。

      しっかりと財布のひもを締めておかないといけないと思う次第です。

      しかし今の財布はチャックですから開きやすいのが難点です、ひもが無いからね。

       

       

       

      | 難問 | 08:44 | - | - | - | - |
      記者会見 自分の主張の場 事実は?
      0
        今朝は真上の空に青が戻って来ました。
        ですが、今は雲に覆われてます。
        一雨来そうな雨雲が立ち込めて来ました。
        風も全く無く湿っぽい空気から抜け出したい気分です。

        稲田大臣の辞任に関する記者会見をユーチューブで見ました。
        普段は殆ど見ませんが、今朝は一応全て見ました。
        記者会見の意味合いの結論は自分の言いたいことを言って、自分の立場を肯定する場だと思わせます。

        聞き手が本当に回答を得たいと思っている内容には曖昧な言葉で誤魔化してしまいます。
        言葉巧みにと言う表現がピッタリです。
        そう、記者会見する人はそれだけの言葉遊びが出来る人です。
        それとも記者に予め自分の立場を汚染させる様な質問はしない様に頼んで有るのでしょうか?
        有るでしょう。

        それにしても図々しいと言っても過言では無い今回の答弁、もう少し謙虚に、済みませんの連発が有っても良いのではと思いました。
        民間企業で社長を辞任する記者会見の場合は頭を深々と下げて、申し訳ありませんでした。
        と言う姿を取ります。

        しかし、稲田は申し訳ありませんの一言がなかった様見えました。
        頭も下げませんでした。
        自分も部下も責任を取らされた事に対して、何ら反省する所がなかった様な素振りでした。

        そして、最後の方で今後はどうしますか?との質問に対して、今回の事を反省してより一層頑張ると言っても、何処が反省かと憤りを感じました。
        バカヤローと怒鳴りたくなる様な気分で終わりました。

        人をナメンナよ、これは我々の時代人が思う気分です。
        もう稲田は大臣どころでは無く、議員辞職して貰いたい。
        素直に正直にと言っても誰も信じません。
        この信用されない事が自衛隊の中でも起きていたんです。
        良い加減さは自衛隊でも、ましてや国民の目にも余り有るほどでした。

        日本人かと思わせる態度、言葉使い、姿勢です。
        能面の様な顔ですから愛らしさも可愛らしさも無く、同情する気持ちになれません。

        兎も角、これ以上書く気になれない程最低人間で有ると思いましたね。
        | 難問 | 09:07 | - | - | - | - |
        真面目な日本人気質
        0
          今朝はどうにも暑さを凌ぐ方法が有りません。
          結局クーラーに頼ってます。
          クーラーを入れても部屋の温度は28.1度です。
          冷風が来ているところは涼しいですが、トイレとか洗面所にまで行き渡りません。

          この暑さの中現役サラリーマンはせっせと通勤地獄に向かって日々疲労しています。
          ダイエットになるかと思いきやストレス太りになっています。
          この通勤を根本から変更出来る手段は無いのかと、多くの学者も思考しているのでしょうがね。

          同じ事務所に集まって、同じ様に机に向かって仕事をする、何と無く滑稽です。
          仕事は個人的な役割が有ります。
          殆どがグループに属していても個人の能力だけで進めています。
          学校なら教育しなければなりませんが、会社はいちいち先輩が後輩に指導する事など殆どが有りません。

          だとしたら、別段同じ事務所で仕事しなくても良いはずです。
          今日の作業は自宅でも出来ることっていっぱい有ります。
          逆に言えば殆どが自宅で出来る仕事が多いのです。

          総務の仕事などはデータさえ自分の手元に来る様にシステムを組めば全て自宅で出来ます。
          営業などもいちいち会社に出てからお客様を訪問するなどナンセンスです。
          通勤の交通費もバカになりません。
          通勤地獄だけで無く経済損失も膨大です。
          上司との会話も現代ではテレビ電話と言うものがスマホでも出来ますから、顔を見ながら状況を説明出来ます。
          それもタダです。

          現代の技術を駆使したら、通勤などとは前時代的です。
          経営者が人を集めると言う事に執着してるだけで、講演会と勘違いしています。
          抜本的な改革無しに通勤地獄から逃れることは不可能です。
          スマホ、タブレットが有れば殆ど処理できる様になっている現代、未来人から見たら、通勤の馬鹿らしさを指摘されるでしょう。
          | 難問 | 09:19 | - | - | - | - |
          最適な風邪療法は睡眠でしょうか
          0
            風邪気味を感じてから一週間が過ぎました。
            その間鼻水、咳、若干の熱、等々の症状が有り、今回はパブロンの世話になりました。
            滅多に風邪など引いた事が無いので、自然に治ると思ってましたが甘かったです。
            薬の効果で症状は収まりました。
            しかし、この身体のだるさと言う現象は何でしょうか?
            朝起きて、朝食の用意をしてますが、一段落すると眠くてなります。
            倦怠感と言うものかどうか、ともかく横になれば寝てしまいます。
            この一週間は外出も少なくしてましたが、眠さは続きます。
            風邪の治療は睡眠を要求するのかどうか、そんな訳で今も寝る準備です。
            ああ眠い。
            | 難問 | 08:32 | - | - | - | - |
            どうもおかしい近海の魚たち
            0
              昨夕の雷雨は季節の変わり目でしょうか?
              いよいよ梅雨入りになるのかどうか。
              6月6日雨ザーザー降って来て、の子供の絵描き歌が有りますが、その時期に来ました。
              しかし早いもんです、今年も残り半分です。

              最近の買い物で気になって居るのがサンマです。
              生のサンマを見かけません。見るのは冷凍物です。
              いつ取れたサンマか分かりません。
              冷凍した年月が表示されてませんから。
              他に近海ものだとサバやイカが有りますが、滅多に見かけません。
              金華山沖(宮城県)のサバが結構多かったのですが、無いです。
              イカもサッパリです。

              どうしてか?原因がさほど報道さてませんが何故かと疑問符が付きます。

              私的な考察は原発事故の影響では無いかと言う疑念を持って居ます。
              放射線量の多い排水を海に垂れ流した事は事実で、その量は膨大で有ったと思います。
              多くの成魚や稚魚が絶滅したんでは無いかと思いたくなります。
              黒潮ですか、海流が太平洋側を流れています。
              これに乗って、福島県沖から北上し北海道、オホーツク海まで放射線量の多い海域になってしまったのではと。
              恐ろしい事です。

              チェルノブイリの場合は内陸でしたから、木々や野生動物が破壊されて生物が生存出来なくなりました。
              今回は海に影響が出たのではと思うのです。
              海に住めなくなった魚たちが逃げ場もなく死滅してしまったのかと。
              自然の破壊をしてしまった人間の知恵、膨大な損失を出しました。

              誰も言わない自然の破壊現象が現実に起きて居ると思えてなりません。
              原発事故は事故では無く、生命の破壊で有ったと将来の結論に繋がると言えます。
              | 難問 | 07:53 | - | - | - | - |
              公明正大は政治の中に無いか
              0
                二日間の雨も止み、薄日が射して来ました。
                これで洗濯物も何とか乾くでしょうが、今は湿度が88%も有りますからね。
                徐々に下がるでしょう。

                政治の世界はどうしても波高しです。
                静かな海原に舟を浮かべる事は出来ないようです。
                毎日読むニュースの中で政治関連記事が消えたと言う事は有りません。

                それ程まで国民に密着しているのが政治です。
                しかし政治に付き物は疑惑・スキャンダルです。
                どうしてこういった疑惑が生じるのでしょうか?
                公明正大が国民の代表者のはずが、インチキばかりやっていると言う疑惑、いつの世でも同じです。

                文書がある無いとか、圧力・権力が行使されたとか、政治は誰の為に行なっているのか?税金を給料として貰っている連中には分かってないです。
                上の声(天の声)と言う言葉は今も使われているのかどうか、現役時代は良く使いました。
                天の声で入札が決まってました、即ち談合です。

                今は談合が少なくなっているかと言えば、そうじゃ無いでしょう。
                形を変えてやっていますよ。
                兎も角、疑惑を起こさない為にも密室政治はやめるべきでしょう。
                小池知事はそう言う面では立派じゃないですか。
                舛添氏やその前の、その前の知事達は疑惑の温床だったですからね。
                公明正大な政治が行われたら、どれ程いい社会が生まれるでしょうか?

                疑惑のないいい社会に住めたら、どれ程幸せを感じるか?想像出来ません。
                疑惑の社会を作る政治家達の下 に慣らされた国民の悲劇、違った社会がきっと有るはずです。
                | 難問 | 08:02 | - | - | - | - |
                緊迫感欠如かも
                0
                  18度を寒く感じるこの季節、ですが運動するには絶好の状態でしょう。
                  校庭ではサッカーの練習が行われています。
                  黄色のユニホームが走り回っています。
                  学校の課外活動では無いらしく、結構厳しい指導を受けている様です。
                  何々チームと名前もある様です。
                  野球は何とかジャイアンツの名前で部員の募集広報を出しています。

                  大いにスポーツを楽しんで、もし能力が有ったら有名選手になって貰いたい。
                  ですが体力増進を目的に、その程度で十分です。
                  何事も適正、合った能力が有りますから、適当が一番でしょう。

                  又々北の方でミサイル発車、我々国民はそれ程危機感を持っていません。
                  先ずミサイルとはどんなものかも良く知りません。

                  都内に落ちたらどの程度の範囲でどの程度の被害が起きるかも分かっていません。
                  脅威なのか?緊張感を持たねばならないのか?防衛するにはどうするのか?解説をニュース(ネット)で見かけません。
                  どカーンと落ちてから凄いもんだと驚いても遅いのですから、何らかの情報が欲しい所です。
                  海外ニュースを見てますと、中国版などはきめ細かな解説をしている様な気がします。

                  日本では報道されていない内容もあります。
                  韓国もそうです。
                  ひかりテレビは海外ニュースが多いです。残念ながらBBCニュースは英語ですから、翻訳されない場合は分かりません。
                  たまに、同時通訳が有りますからその時は助かります。
                  EUのニュースも見られますがこれは通訳無しですからチョイス出来ません。

                  ともあれ、海外版で北の動きを知る事も有ります。
                  もう少し緊迫感を持った方が良さそうな気がするんです。
                  沖縄にF15かどうか分かりませんが、新たに配備されたとか?米国は本気で北の対策を行っている様にも見えます。

                  日本の領土を利用して北を攻略すれば、日本に影響がある事当然です。
                  ミサイルと言う話は遠い外国の話と思っていたのに身近になって来たんです。
                  直ぐそこまで来ているんです。
                  恐ろしいと思わなくてはいけない気がします。
                  | 難問 | 08:57 | comments(0) | - | - | - |
                  劣勢のスパイラルから抜け出るのは困難
                  0
                    今日から本格的な春になりそうです。
                    そう言えば来週は春の彼岸ですから、暦と言うものは精巧に出来ています。
                    感心してしまいます。

                    負のスパイラルに落ち込むとドンドン深まり地獄を見る思いになるでしょう。
                    東芝が今の状況から抜け出ることが出来るのでしょうか?
                    決算が出来ないとはどんなに複雑な構造になっているか想像出来かねます。
                    会社のガバナンスとか環境とかいろんな問題が急に悪くなったのでしょうか?
                    それまでの東芝と言う会社はどれ程いい加減なものだったかを物語っている様な気がします。

                    しかし劣勢のスパイラルは東芝だけではなく、三越伊勢丹でも起きている様です。
                    その前はシャープでした。
                    海外の経営手腕で回復している様ですが、日本の企業が日本人の力で復旧出来ないとは情けない。
                    こうした劣勢、負のスパイラルを背負うと経営陣もどうなっているのか?皆目分からなくなるのでしょう。

                    順調な発展をしている時は経営も楽でしょう。
                    しかし経営者が次々と変わり、創業の精神が薄れてば劣勢になった時どうすることも出来ない。
                    創業者は劣勢から始まって優勢にして行きますが、受け継いだ経営者は優勢の中にいたわけです。
                    ですから劣勢の経験が無く再起をさせるだけの力も持っていない。

                    森友学園も負のスパイラルになっています。
                    しかしこのスパイラルは今後政治的な展開になった時、巨大な竜巻になりそうです。
                    国家を揺さぶる程の竜巻に、まるで韓国の朴前大統領の如くに。

                    スパイラルは非常に恐ろしい現象です。
                    ともかく外野席から見るしか無い庶民、傍観者で過ごしていていいもんかどうか?
                    日本の出来事ですから、日本人が見事に解決したところを見たいものです。
                    | 難問 | 08:59 | comments(0) | - | - | - |
                    問題解決法、感情抜きが早道
                    0
                      曇り空は月曜日にふさわしく無い。
                      今週一週間を張り切って頑張る意欲を損なう気がする。
                      気分は天候に左右されるものだ。

                      そうした気分、感情が人には有る。
                      人の世に問題が生まれるのもこうした感情の存在によるものだと思う。
                      豊洲市場の問題もこの先百条委員会による追及が有るだろうが、根底に感情が優先しているのではと思う。

                      誰をひどい目に合わせれば気がすむか?その点に注目されている様な気もする。
                      問題解結に至らないで終わってしまうかと感じている。
                      即ち現代のイジメ問題をここでも行おうとしているだけだ。

                      本来問題の根源が感情からで有るとすれば、感情を無くして解決策を練るべきであろう。
                      しかしそれは人の世に不可能なことで有る。
                      感情の動物である以上、感情を無くすことは出来ない。
                      結論は永久に問題を産まない方法はないと言う事だ。
                      解決法も無いので有る。

                      裁判での判決も情状酌量等感情論が入ってくる。
                      人の判断に感情を感じるのは当たり前。
                      問題を大げさに扱うメディアは商売の為、内容も感情に訴えて引きつけようとする。
                      詰まると所人の行動には不正義があると言う事。
                      下心が有るのは誰でも、それは感情が有るから。
                      どうにもならない難題の数々、適当に流しておきたいところである。
                      | 難問 | 10:01 | comments(0) | - | - | - |