RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

自然の豊かさを心の泉に

地球上の大自然は素晴らしい。その豊かさに抱かれて。
シナジー効果が働いた土壌が有ったか?
0
    多少の緩みが出た模様で、昨日の寒気は移動したのでしょう。
    急に雪になった北の地域は驚いたでしょう。
    そういえば米国も100年ぶりの寒気に驚きよりも辛かったでしょう!

    天候がこうも荒れまくると人は何とか過ごす工夫は出来ますが野の動物たちはどうしているんでしょうね?
    暖かい巣を作っていれば、でも限度があるでしょうからね!

    日産もこうした急変に直面して驚きと共に??対応の巣も完全では無かったのでは無いかと思ってます!
    その巣ですがどうも何処かに問題が有った気がします。
    一方的なマヤカシが簡単に出来てしまうのですから!

    会社のガバナンスとか言うものに欠陥が有りそこを突いた悪魔?が存在した。
    即ちお互いに問題を起こすシナジー効果が働いたにではと言えます。
    悪魔は簡単に自分の設計通りに事が運べたし、一方の側はそれを容認させる隙間がいっぱい有ったのでしょう?

    水も漏らさない体制が有ればどんな悪魔でも行動出来なかったのです!
    甘い経営体制だったんですよきっと。
    隙だらけでカンターパンチを受けるような素人では無かったか。
    巧妙なマヤカシには到底感じられません。

    姉とのアドバイザー契約をしたとしてその後のチェックをしない会社の体質は何を意味しているか?
    オランダアムステルダムの名が出たのでとても懐かしいです、数度行ったのですがメルヘンの世界が好きでした!
    それはともかくとして、60億円もの子会社を設立して何をしていたのか幹部が知らなかったとしたら杜撰な経営だったとしか言えません。

    なんぼ独裁者だとしても、何も言えない様な経営者取締役が恥ずかしい行為です。
    どうせ取締役と言ってもタダのサラリーマンだったんでしょう、ガバナンスなど言葉を知っているだけで実質はもぬけの殻だったんです。
    能無しの会社のトップ連中、一方はがむしゃらに金の亡者、この二つが組み合わさったらマイナスのシナジー効果が出ないのがおかしい、実際は正常な事だったんでしょう。

    美味しい据え膳を食わない訳が無いです。
    猿たちに餌を与えれば喜んで食べます、それも腹いっぱいになってもまだ与えれば食べます。
    悪魔も際限なくお金を欲したのでしょう。
    超一流になるにはお金が大事な資本主義なんです。
    資本主義という事を前に書きましたが、この悪魔の行為が許されるのが資本主義なんです。
    もし逮捕されなければの話です。
    もう資本主義は崩壊しています、そこで資本主義を利用しようとして画策すれば当然結末は思い通りになりません。

    多くの金持ちは自分で会社を起こした人々です、人が作った会社で成金になるには悪魔にならねば出来ないのです。
    いいシナジー効果を見せられました。
    今世紀のジョーク笑いものです?
    | 難問 | 09:51 | - | - | - | - |
    50億円を一言でどう表現するか?
    0
      朝は10度を下回ったので吐く息が白く見えました、若干ですがね!
      その後日が出始めたら暖かくなって日中は17度になるとか気温差が大きくなります!
      でもいい気候です、秋は湿度も低いから過ごすのに最適です!

      カルロスゴーン氏のニュースを色々と読んでますが呆れてしまいます!
      ケチな人の様ですからお金は溜め込んでいた様です。
      それは良いとしても、50億円ものお金を余計に取っていて報告書に書かなかったと言うから大したモンです!
      普通の神経なら絶対に出来ないでしょうが強烈な意思の持ち主なのでしょう。

      見つかったらどうするつもりだったのか?全く思考に無かったのでしょうか?
      どんな思想を持つ人なんでしょうか?
      とても理解出来ない事です。

      50億円を一言で言うならば億ション50戸分でしょうか?
      勿論億ションともなれば贅沢な住まいです!
      それを50戸も所有出来たらどんな気持ちでしょう!
      毎日あっちの億ションこっちの億ションと住まいを変えねばならないことになります!

      大変な事ですが別に溜め込んでいたのでその苦労は無いでしょう?
      それはともかくとして他にも海外で30億円もの住宅を子会社に買わせて居たとも言います。
      そして自分だけが使っていたと凄い人です。
      これだってバレたらどうすると考えなかったのですか?

      小心者が出来る術(技)じゃ無いです。
      大物なんです、だからこそ日産を救ったとも言えるでしょうが?どこか変人と思います!
      変人に会社を救って貰った訳で、社員も複雑な気持ちでしょうね!

      もう何も言いたく無い気分です。
      折角の秋空が台無しになってしまうから、考えないようにしたいです。
      それにしても政治家片山さつき議員の帳簿訂正など可哀想になる程の金額です!
      億単位で訂正するくらいになって初めて大物と言われるかもね?
      今後は日産だけでなく日本経済の先行きが怪しくなっていくかもです。

      友人が言ってました、天皇が新たに即位する年は悪い事が起きると。
      その前兆を物語っていなければ良いのですが?多少気がかりです!
      | 難問 | 10:12 | - | - | - | - |
      食べ物を選ぶ基準は?無いな!
      0
        やはり曇りになると寒いって感じがします!
        部屋の中は22.8度湿度40%丁度良い環境です!
        どうやらエルニーニョ現象が起きる様で暖かい冬になりそうです!

        毎日の日課に食べ物の買い物が有ります。
        出来れば早めに行って出来るだけ新鮮で良いものをと思うのが普通でしょう。
        それが出来るのは専業主婦か老人組です。

        スーパーは10時開店ですがその時間帯は老人組が圧倒的に多いです。
        この地区は先般も書きましたが高齢化が進んでいるとか、なにぶんお年寄りの多い所です!
        大凡半数以上いや8割程老人では無いかと思います!

        それも結構高齢者も多く買い物が運動になっている様です。
        そんな中買い物の基準なるべきものがあるかどうかです?
        メニューに応じて何を買うか決まりますが、行ってみて今夜はこれにと言う場合も多いでしょう。

        問題は選び方です!
        野菜など山積みされてますから新鮮さをと下の方を選んで買う人が多いです。
        そう、商品がひっくり返ってごちゃごちゃに掻き回すのです。
        これには多少の違和感と言うかやめて貰いたい気分になります!
        魚でもサンマは箱から自分で選ぶ売り方もやってます、これはもう大きい物を選ぶ権利が有るとばかりにぐちゃぐちゃにしています!
        これが選び方の基準なんでしょう?

        後の人の事など全く配慮してません。
        ですから、箱のものは選ばない様に基準を作ってます。
        先週土曜日の魚市場?催しで店員さんが大きいのを選んであげるねって選んでくれました。
        有り難いねって言いましたが、大小の差なんて無いに等しいかなとも思うのです。

        そんな訳で買い物には基準があって無いようなものです!
        これじゃなければと言う厳しい判断材料などなりません。
        ただカボチャ選びは必要です?
        カボチャは美味い選び方が有ります。
        失敗する事もありますがまずまず50%程度は成功します!
        皮が厚い果肉が濃いモノ、現場じゃ包丁で切る事が出来ませんが切る時に硬いのがいいです。

        今はミカンの食べ時です、これも農家の方が一生懸命に育てて出荷してくれたものです!
        山積みの中からこれまた美味そうなものはどれかと選ぶ人が多いです。
        これなどはナンセンスで大概同じ木から取ったのでしょうから味は同じです、大同小異はあったにしてもね?

        テレビで見たんですがイタリアだったか??果物に直接手で触ってはいけないのです。
        生鮮食品ですから触れば鮮度が落ちると言う理由です、それが普通のスーパーですよ!
        そこまで徹底してくれたら、いつ行っても鮮度の良いものが買える筈です。
        夕刻の買い物をせざるを得ない人たちは鮮度維持された生鮮食品を手に入れ帰れます。

        日本には自分中心が全てです!
        他人は人じゃ無いんです。猿か狐か動物扱いです。

        動物に喰わせるなら鮮度なんか関係ないって言う感覚です。
        やはり買い物の基準は買い物客は自分以外にもたくさんいるのだから、美味い状態を保てる様に上手に品物を選ぶ事でしょう。
        これしか無いね??
        | 難問 | 10:18 | - | - | - | - |
        虎視眈々と狙われているかも??
        0
          今年の秋は長い気がします!
          中々冬到来の感じがしません。
          いい気候が続く方がいいですがこの先どうなるのか冬が来ないのか心配です。

          そんな事も無いでしょうが?やはり冬らしく感じてもいいかなぁって思っています!
          虎視眈々と狙われて、これは何かと言うと医者からです!
          勿論老化して行けば何かしらの不具合が生じるのは当然でしょう。

          そこに医者はメスを入れるのはこれも当然でしょう。
          老人社会です、病人社会でも有るでしょう?
          医者の役割は病気を見つけ出して治療してあげる事ですかね?

          そこんところです、役割が度を越すと病人にさせられるような気がするんです。
          見方によっては普通に何ら支障のない生活が出来ているのでも、検査とかを通して悪いところを探している様にも。
          言葉は変かも知れませんが一般人は医者に狙われているのではと多少の疑問を持ちたくなります!
          当然慈善事業として医者をしているでしょうが、経営と言う事も重要です。

          即ち収入源の病人のお客さんが必要です。
          それを確保する為には検査と言う物が役立ちます。
          健康診断と言う名目で我々は無償あるいはここでは300円で受けられます!
          そのチャンスを逃すわけが有りません。
          病気が見つかれば定期的なお客さんになります。
          この地区は特にお年寄りが多いとか、病人だって多い筈です。

          こちらは狙われた獲物ではないでしょうが何か滑稽感を持ちます。
          先日健康診断したら眼科を紹介されました!
          そこで視野検査をしましょうと早速約束させらて検査しました。
          特別に問題なしですが3ヶ月後にもう一度検査しましょうって約束するのです。

          もうお客さんになってしまった感じです。
          狙われたも同然です。
          一方歯科医に通ってますがここでもいい客になっています。
          何かと問題を指摘されて治療らしい事をしてます。
          歯が浮いた感じとかしみるとかで、対策にマウスピースを入れる事になり使い始めました!

          いやはや口の中にモノを入れて寝るのは気持ちの悪いものです!
          まだ経過日数は少ないですが変化無しです!
          相変わらず歯のしみる痛さは残っています!
          まだ先も有りそうですがこの辺で休憩して見ようと思っています!

          医者の結論は病気を探す、この一言でしょう。
          治療方法は何処でもインターネットで回答が出る仕組みになっている様です。
          症状をインプットすれば治療方法としても投薬も決まっているとか!
          結局我々年寄りは医者から虎視眈々と狙われているかも知れません!
          | 難問 | 09:16 | - | - | - | - |
          紆余曲折して次に進む 時代の流れ
          0
            今日は曇ってしまった!
            寒さも日1日と増して来ました!
            やはり冬が来るんです。

            あの暑かった夏には考えられない冬の寒さがもうじきです。
            水道の水温がぬるま湯だったのに今では温水が欲しくなって来ました!
            勿論まだまだお湯は使いません。

            こうして季節が変わって一年が波乱万丈に終わるのです。
            色んなことが多く有りすぎた今年です。
            雨の恐怖、台風の猛烈な風の体験、地震で土砂崩れが広範囲に起きた驚き??兎も角経験の無い現実に遭遇しました!

            スポーツで言えば番狂わせの優勝とか言われそうです!
            そう言えば、自然界だけじゃ無く人の世でも、藤井7段の活躍、オセロで11歳の子が世界一になるとか、水泳でも素晴らしい記録を出すなど凄い事が多かったです。

            こうして世の中は次へ前進しているんです。
            そんな中でも築地などは新しいものへの反対が行動を起こしていて、あれまあ??と言う感想です。
            必ずしもスンナリじゃ無かったんですね!

            前進には順調も有れば、紆余曲折も有る事を知ります。
            今読んでいる「翔ぶが如く」はまさにそうです。
            行ったり来たりして新しい幕開けがあったんです?
            全員が満足しながら前へ前へと歩む事の難しさを感じます!

            しかし数年後はちゃんと軌道に乗って走っている電車の様になっています!
            軌道修正も必要でしょうが一応は作った軌道を走ってみる事です。
            不具合があればその時躊躇なく変更すればいい事です。

            そんなこんなで世は前進するのみです!
            | 難問 | 09:30 | - | - | - | - |
            税金の話、実に不愉快になる
            0
              中秋の名月だった昨夜、曇っていた空に満月が現れて?嬉しかったですよ。
              すぐに雲間に隠れてしまいましたがお会い出来たねと声を掛けました!
              スーパーから月見ダンゴ買ってきて備えました。
              きっと分かってくれたんだと思ったね。

              今日は再び雨になりそうです??
              秋空は期待できないのか?今度は太陽に出てきてもらって話したいところです。
              今朝の記事に自動車税の話が有りました。
              とても不公平な税体制には多少の怒りを感じます。

              日本だけが飛び抜けて高い自動車税を払わされていると言います。
              税金の話をすると兎も角不公平という結論が出てきます。
              難しい問題ですが、ここんところが日本の政治家の優柔不断な所です。

              これはと思う画期的な判断をしない、従来通りであれば文句も出ないと言う話ばかりです。
              改革ってそれ程恐ろしいものでしょうかと一般人は思ってしまうのです。

              税負担は国民に平等に振り分けていると誰も思いません。
              偏りは必ず有りますが、ある範囲即ち許される範囲内であればいいのですが、かけ離れた事甚だしいのです。

              税制問題は政治家しか手を付けられません。
              一から見直す、それは100年かかっても結論は出ないでないでしょうから、注目されるものだけでも変革して欲しい!
              自動車税の不平、介護保険とは言っても税金の様なもの、健康保険もそうです、利用者負担の原則をもっと高めるべきだと思いますます。
              医療費が40兆円を越しても相変わらず病院通いが変わらずです!

              子供が咳をした程度でも病院に行くのですから、もし医療費の負担が全額だったら、絶対に行かないでしょう。
              もし医療費の負担が半額にしたら、医療費は半減するのは目に見えています!
              病院は暇になり医者も少なくなるでしょう。
              そのバランスが大事です。

              ともかく、病院と言うと混雑している、その一言です。
              しかし病院に一年に一度も行かない人も大多数でしょう!
              健康診断程度には行くでしょうが、その健康診断も我々は無料です、ここは300円取られますが、それにしても安いです。

              色んな検査が必要かどうかも疑問ですし、毎年行う事だってどうかと思います。
              毎年変化なしの結果です、そろそろ検査のために病院に行きますがね。
              それもこれも税金で賄っています。

              税収は60兆円、国家予算は100兆円40兆円の不足、もし医療費が患者負担にしたら、収支はプラマイゼロです。
              しかし現実は40兆円をどうするか、そのお金の工面に翻弄しています。

              改革とは翻弄ではなく、スパッと割り切る事です。
              竹を割ったような気持ちの良い政治が出来ませんかね!
              | 難問 | 08:30 | - | - | - | - |
              変わるのか変わらないのか顔
              0
                せっかくの秋日和が台風の影響でしょうか?ここんとこ曇り空ばかりです。
                青空が雲の上に広がっている筈、雲がなくなって欲しいもの。
                結局気候天候は雲に支配されていることになりますか?

                砂漠には雲が無いのでしょうから毎日晴天、それも困りものですが日本は兎も角雲が多過ぎます。
                今日は湿度も高く床の上を素足で歩くと吸い付きそうです。

                今写真の整理をしています。
                というか、古いアルバムから写真を剥がして、(即ち昔のアルバムは貼り付け方式でしたから、)新たに差し込み方式のアルバムに整理しています。

                若い時代の写真が多いです。
                殆どが会社関連ばかりです。
                見ているうちに人の一番いい時代を会社で消費していたんだと思えます。

                若く活気溢れる時期に一生懸会社の発展に行動していたんです。
                そして楽しさもその中で得ていました。
                会社でも催しものでみんなと酒を酌み交わす。
                実に楽しそうな雰囲気です。
                そんな中若い時代の自分の顔を見るといい男って思ってしまったんです。

                いつも思ってたのは顔に劣等感を持ってたんです。
                もう少しいい顔であったらと言うものです。
                しかし今見ると他の人の顔よりもいい顔です。

                なぜ当時は劣等感になっていたのか不思議な感じがします。
                そして年を取り老年になった今の顔はどうかと思うとやはり劣等感です。

                何時迄も自分の顔に自信が持てないのです。
                顔は変わるもんでしょうかね?
                土台が同じですから変わりようが無いと思うのです。
                しかしですよ、昨日歯医者で聞いたのですが歯の形(形状とか位置とか)が年齢と共に変わるそうです。
                そう言えば前歯の形がどう表現すればいいのか、ジグザグになっています。
                昔は一応綺麗に並んでいた様に思ってますが、どうだったんだか?
                でも歯医者さんはまだ綺麗な方ですよって慰めてくれましたよ。

                歯が変化すれば顔だって変化するでしょう、結局顔も変わるんですよね?
                若い頃は7-3に分けて凛々しく真面目そうにしてました。
                今は短く五センチぐらいにカットしてます。
                これだけでも外形の印象は違うでしょう。

                写真を見る機会など殆どありません、こんな時即ち整理とかのチャンスに見る程度です。
                でも捨てられないんです。
                ま、顔が変わるかどうか、また10年先に見てみます。
                ただし10年先は80歳を超えていますから見る事が出来るかどうか?
                | 難問 | 10:03 | - | - | - | - |
                勿体無い、何故完売方法を考えないのか?
                0
                  朝から34度はキツ過ぎます。
                  8時半でそんな状態ですから、これからどんな展開になるやら、ここは都内のヒートアイランドだそうですから38度は覚悟です!

                  京都も暑さが続いて夏の行事傘行列を取りやめたとか?当然でしょう。
                  熱帯夜でした、エアコンを消して寝たら顔の付近がモヤモヤと生ぬるいのです。
                  エアコンを入れたら朝までぐっすりでした!

                  エアコン様さまです!
                  驚いたことに昨年スーパーでうなぎを廃棄即ち売れ残って捨てた量が2.7トンもあったそうです。
                  2.7トンは何人分のうなぎでしょうか?
                  例えば200gとしたら1万3千人余りになります。
                  お年寄りの元気を出すために配ってあげたらどんなに喜んでもらえることか?
                  勿体ないよりも無駄そのものです。
                  安く販売していけない事ではないでしょう、完売をする対策が必要でしょう。
                  安く売る、行列が出来て買えなくても仕方がないでしょう!
                  そんな事って他の商品にはありますよ。

                  勿体ないと言う概念よりも夏バテ防止対策ですから、捨てる程意味のない事はありません。
                  一体経営者は何を考えているのか、もちろん経営者ともなると何千円のうな重でも問題なく食べるでしょう。

                  しかし一般庶民はスーパーの値段にも手が出ないのです。
                  シラスが少ないから高い、と言う言い訳は成り立ちません。
                  捨てる程儲かっていると言えるのです。
                  だから余っても採算がとれて、一般庶民の口に入らなくてもいいのです。

                  実に馬鹿げた商売です。
                  不愉快そのものです。
                  商売は儲ける為だけでしょうか?

                  上手いものを庶民に提供する事の方が第一ではないでしょうか?
                  人を二の次にする発想に不快感を強くします。
                  民主主義と言う概念は人を第一に考える事でしょう、封建時代は人は重要視されなかった。
                  しかし現代も人は下層部に位置し、金が第一、儲けが第一です!
                  ナンセンスな時代です。
                  | 難問 | 08:52 | - | - | - | - |
                  便利性に対する代償はお金
                  0

                    久しぶりに雲が上空を覆っています。

                    こうした冬の雲はいかにも雪を思わせます。

                    雪は降りはしないでしょうが雰囲気を醸し出します。

                     

                    気温も10度まで届かない予報ですから寒さも一段と感じるでしょう。

                    冬になったと言う実感が最近有ります昨日は木枯らしに凍えてしまいました。

                    買い物も早々に引き上げてその後の外出は無しでした。

                     

                    今日も寒いですがあちらこちらと行かねばならず忙しいです。

                    便利性を要求することが強くなってきているような気がします。

                    何でもかんでも便利が優位に物事を考える様になってきたのです。

                     

                    それが発展の物差しなのかも知れませんが便利の裏側に何が有るかをよくよく考えねばならないと思うのです。

                    コンビニはとても便利ですしかし経済面で考えれば同じ商品をスーパーよりも高いお金を払っているのです。

                    便利性を優先しているとこうしたお金の面で無頓着になってしまう気がします。

                     

                    そこに目を付けて儲ける手段に使うのが企業であろうかとも思うのです。

                    便利性を強調して企業が発展しているのが現代かもしれませんアマゾンなどは安いもさることながら便利でも有ります。

                    スマホで買い物が出来るのですからこれほどの便利さは無いでしょうしかしアマゾンの利益確保は物凄いものです。

                     

                    結局便利さの代償がお金で支払っているのかも知れません。

                    不便でもお金を使わない方法に向かう様な傾向は薄れてしまっているか。

                    例えば70歳以上の老人に無料パスが東京都で発行してます。

                     

                    無料パスとは実際には1年で1000円払いますが都営電車と都内のあらゆるバスがパス・タダで乗れる制度です。

                    こうなるとほとんどの所にパスを利用すればタダです。

                    都営地下鉄は多いし都内のバスも至る処をくまなく走ってます。

                     

                    それらを上手く利用すればいいのですが便利性を優先すればお金を使うことになります。

                    実際にお金は大事なものですけれども小銭は気にならない為についつい出てしまいます。

                    これが困りものです。

                     

                    今月は年末の買い物も多いし忘年会も2回ほど予定が入ってますので出て行く方が多いです。

                    しっかりと財布のひもを締めておかないといけないと思う次第です。

                    しかし今の財布はチャックですから開きやすいのが難点です、ひもが無いからね。

                     

                     

                     

                    | 難問 | 08:44 | - | - | - | - |
                    記者会見 自分の主張の場 事実は?
                    0
                      今朝は真上の空に青が戻って来ました。
                      ですが、今は雲に覆われてます。
                      一雨来そうな雨雲が立ち込めて来ました。
                      風も全く無く湿っぽい空気から抜け出したい気分です。

                      稲田大臣の辞任に関する記者会見をユーチューブで見ました。
                      普段は殆ど見ませんが、今朝は一応全て見ました。
                      記者会見の意味合いの結論は自分の言いたいことを言って、自分の立場を肯定する場だと思わせます。

                      聞き手が本当に回答を得たいと思っている内容には曖昧な言葉で誤魔化してしまいます。
                      言葉巧みにと言う表現がピッタリです。
                      そう、記者会見する人はそれだけの言葉遊びが出来る人です。
                      それとも記者に予め自分の立場を汚染させる様な質問はしない様に頼んで有るのでしょうか?
                      有るでしょう。

                      それにしても図々しいと言っても過言では無い今回の答弁、もう少し謙虚に、済みませんの連発が有っても良いのではと思いました。
                      民間企業で社長を辞任する記者会見の場合は頭を深々と下げて、申し訳ありませんでした。
                      と言う姿を取ります。

                      しかし、稲田は申し訳ありませんの一言がなかった様見えました。
                      頭も下げませんでした。
                      自分も部下も責任を取らされた事に対して、何ら反省する所がなかった様な素振りでした。

                      そして、最後の方で今後はどうしますか?との質問に対して、今回の事を反省してより一層頑張ると言っても、何処が反省かと憤りを感じました。
                      バカヤローと怒鳴りたくなる様な気分で終わりました。

                      人をナメンナよ、これは我々の時代人が思う気分です。
                      もう稲田は大臣どころでは無く、議員辞職して貰いたい。
                      素直に正直にと言っても誰も信じません。
                      この信用されない事が自衛隊の中でも起きていたんです。
                      良い加減さは自衛隊でも、ましてや国民の目にも余り有るほどでした。

                      日本人かと思わせる態度、言葉使い、姿勢です。
                      能面の様な顔ですから愛らしさも可愛らしさも無く、同情する気持ちになれません。

                      兎も角、これ以上書く気になれない程最低人間で有ると思いましたね。
                      | 難問 | 09:07 | - | - | - | - |