RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

自然の豊かさを心の泉に

地球上の大自然は素晴らしい。その豊かさに抱かれて。
先読み No 3774
0
    秋の空が気分を豊かにしてくれます。
    何の障害不快も感じない気候がどれ程心を癒すかを実感してます。
    快感の日は一年で何日有りましょうかね。
    園児たちも思いっきり大声を出して自由奔放です。

    今日の明日の来月の数年先の、先は必ず有りますが中々先を見る読む知る事が難しいです。
    知っておけばどれ程不安や心配が無くなるでしょうかね。
    昨日の裁判で大津波が来る予測は不可能であると言う理由で無罪になりました。
    確かに先を読む事の難しさを物語っています。

    しかし先を読むと言う研究課題は何処でも行われています。
    東大の研究では大津波が来ると予測してました。
    その先の読みを取り入れるか捨てるかで重大な災害になるか、危険を避けられるか瀬戸際です。

    人の世はより豊かにする為に金を持ちたい願望が強いです。
    逆に言えば予測を無視してお金を使わない方向を選びます。
    結果は惨憺たる状況を作り出すのです。

    今回の裁判で先読みの判断をどう見るかを示していると思います。
    しかし先読みが必要無いと言うなら平和ボケと言わざるを得ません。
    イランのサウジアラビア攻撃も全く予想していなかったと言えば、遠く離れている日本での考えでしょう。

    しかし中東地区では常々攻撃するされるの戦々恐々状態に有るでしょう。
    ですからやられると言う想定先読みはあったと思います。
    実際に爆撃されて石油生産が出来なくても慌てたりしていない様に見えました。

    もし日本でドローンの爆撃を受けたら、右往左往する事間違い無しです。
    ドローン攻撃される想定を持ち合わせて無いからです。
    どれほど混乱するか想像さえ出来ません。

    先読みでドローン攻撃された時のシュミレーションをしておきたい所です。
    先ずは何処を攻撃されるか、もし電力が狙われたら停電対策をどうするか等々やって置きたいものです。
    もう戦車の配置をどうするかとかの時代では無くなったのです。
    ヒトラーのタイガーなど無益なのです。

    もし中東が火の海になったら、と言う先読みも必要でしょう。
    日本の石油は中東を除いたら何処に求めれば良いでしょうか?
    たった200日余しか備蓄して無いですから一年も持ちません。

    仮に第三次世界戦争と言う自体になれば数年はいや数十年は元に戻すことが出来ないでしょう。
    人類が破滅する事は無いでしょうが文化生活は不可能になります。

    だから戦争をするバカは居ないと思う人が圧倒的でしょう。
    しかし人類は人を殺すと言う行為を持続して持ってます。
    幼い自分の子供さえ殺してしまうのです。
    ですから、安全平和と言う幻を信仰しても、ヒトラーや東條英機の様な人間が出てくればいっぺんに様変わりです。

    兎も角先読みを軽視した裁判判決を愚とする様に考えて置きたい気分です。
    | 難しい | 10:02 | - | - | - | - |
    兆しをどう読むかNo 3773
    0
      良い天気になりました。
      ここんところ日替わり天気です。
      いつの間にか秋が来てます。
      今は夏秋の瀬戸際でしょうか?蝉も名残惜しそうに数匹が頑張っています。

      世界がこれからどう動いていくのか?非常に読みにくい時期に入っているように見えます。
      色んな兆しが出ている様に思えてなりません。
      安定から一挙に戦争と言う事もあり得るかも知れません。

      その戦争も槍や刀剣から鉄砲に激変した時代に似ています。
      現代は爆撃機や戦車などが主流でしょうが、もう古くなった様に感じます。

      人が介在しない戦争に激変してます。
      巡航ミサイルとドローンの組み合わせが現実に起きてます。
      パイロットも戦車の操縦士も要らない、スイッチONで戦えるのです。

      もう戦時の訓練など必要がない事になるのでしょうか?
      日米合同演習など愚の骨頂と言われるのでしょうか?
      又戦争と言う意味合いも深く考えないで、憎いとか報復だとかでドローン攻撃するかも知れません。

      ミサイルもピンポイントであの施設をやってしまえ!と言う安易な設定が起きるかとも。
      兎も角戦争の方式が変わっています。
      ドローンを大量生産して販売しているのが中国だと言いますから、これからの中国は軍事産業の大国になるでしょう。
      もうなっていますか?

      米国の嫌がらせ関税など気にならない程中国は他国へドローンを売っているかも。
      今まで米国は軍事産業で国が潤い力があった訳ですが、既に中国に越されてしまったかもしれない。
      アメリカも多少遅れを取ってしまった、次世代の戦争の読みを甘く見ていたとも言えます。

      もうイランからドローン攻撃されても反撃出来ません、今までなら即刻反撃した筈です。
      しかし力が低下して来ていることを物語っているように見えます。
      仮にミサイルで反撃したとしても、ドローンで次々に攻撃されたら迎撃出来ないでしょう。

      ドローンは人が乗ってませんからパイロットが必要無く訓練も要りません。
      パソコン一つで何処へでもピンポイントの攻撃が出来ます。
      軍人何万人の時代は終わったのです。
      沖縄の米軍基地も必要無くなったのです。

      ドローンの発射出来る空間が有れば誰でも戦争を起こせるのです。
      北朝鮮もミサイル飛ばしで遊んでますが、もうミサイルも必要ないと思っているかも。
      ドローンをどう使うかを検討していると思う。

      まもなくドローン実験の話題が出てくるでしょう。
      いや、北朝鮮はドローンの製造をしているかも。
      大量生産して中東に売っているかも。

      こうなると国に大小は関係無くなります。
      ICBM とか長距離ミサイルなども必要無く、ドローンで現在は1500キロ先まで攻撃出来ます。
      当然もっともっと性能が増すでしょうから世界中に飛ばせる事になるでしょう。

      日本は刀槍の戦争しか考えていないとすれば、簡単にやられます。
      首脳会談をして問題解決する時代ではなく、威嚇の時代に移ったのではと思います。
      イランはまさに怖いもの無しと言う態度で世界を相手にしています。

      昔のヒトラー的な感覚があるかも?
      ヒトラーは強力な軍人軍隊を持つ事で世界へ威力を与えましたが、イランはドローンで脅威を与えるのではと。
      何が何だか良く見えませんが、戦争の兆しが出て来た気がします。

      世界戦争は中東関連の国が参加してませんでしたから、今度は中東がメインステージになるのではと穿ったりしてます。
      兆しを早く掴む事、そして戦争を回避する事、これが人類に取って必要不可欠です。
      | 難しい | 10:01 | - | - | - | - |
      織り込み済みか、何もかもNo 3749
      0
        真夏日が復活してます、33.3度です。
        それにしても朝は涼しくなりました。
        楽ですね、徐々に秋の気配を感じてます。
        スポーツの秋にしたいです。

        日々色んな事が起きます。
        平穏の中にも危なっかしい事象がたくさん有ります。
        過ぎて仕舞えばそんな事が有ったと思い返す程度です。
        しかし思い返したく無い事も多々ある事は間違いの無い所です。

        こうして年齢を重ねると嫌なこと、やってはいけない事の方が多いですかね。
        ですから時に嬉しい事が有った時は喜びを大きく感じるのでしょう。
        人はその事で苦労が救われて生き甲斐を強く持てる様になります。
        渋野日向子さんのビッグ優勝などは彼女の生涯でも感極まる出来事でしょう。

        そうした出来事ってどこか決められたものだったのか、織り込み済みだったのかと言う思いもするのです。
        偶然とは言ってもそこに至る道は必然だったとも言えます。
        上手く行く時、行かない時も偶然では無くその道に乗っていたのかも知れません。

        そう考えると未来の道は既に出来上がっているのですかね?
        日韓問題もどんな道か分かりませんが、既にレールは敷かれていてその上に乗っているのかも。
        色んな言葉や行動が日毎に出て来ますがそれも織り込み済みだったりして。

        どんな終着駅か分かりませんが必ずそこへ到着する事は間違いの無い所です。
        途中に素晴らしい海浜の景色が有ったり、逆に荊(いばら)の棘(とげ)だらけの恐ろしい場面が有ったり、天国と地獄を見るような事が有るかも知れません。
        いずれにしても決着するものです。
        ですから、いきり立って感情をむき出しにしても良い事が無いと思うのです。
        しかし喧嘩と言うものは感情が先に走るもので、冷静になった時に実にくだらない事をしたもんだと気づきます。
        今朝の記事でパチスロ依存症の話が出てました。

        夢中になっている時は金銭感覚が消失して膨大な借金をしてしまいます。
        台の前に座って兎も角勝ちたい一心で時間を過ごす訳です。
        しかし気づいた時に感じるのは虚しさしか残らないのです。
        何故にお金を使い、何故に夢中になったか、依存症の中では解答出来ないのです。

        現在日韓も何かに取り憑かれた、狐が宿った、様な不思議な状態で有る事を気づかねばならないでしょう。
        いつまでたっても「約束を守って欲しい」と言う言葉しか出てこない安倍氏は狐の言葉でしょうか?
        どっか前進させるべき話し言葉があるのではと思います。

        詰まらない見栄を張らずに優しい言葉をかけてあげて、一緒に新しい関係を作りましょうと言えないでしょうか。
        両国民はエキサイトしているわけじゃ無いですよ。
        今まで通りの韓ドラを見て、韓国人は日本へ修学旅行に来て、普段通りの気分でいるのです。

        激暑だったせいで興奮状態にあったでしょうが、秋の良いシーズンが近づいてます。
        日本の秋を韓国人も見たいでしょう、冬に北海道も憧れでしょう。

        それには安倍氏の心の持ち様で決まるんです。
        トランプと何回会談したって解決の糸口がつかめない事は重々分かってなければならないのです。
        しかし今回もトランプと話をして来ますと言ってます。
        もしトランプが解決策を出してくれるんなら、とっくに解決してますよ。
        決着の時期をいついつ迄に、その目標を立てるのが有能な指導者です。

        トランプが次々に中国への制裁を出してますが日程をキチンと出してます。
        日韓問題を今年中になんとかしますと国民へメッセージ出来る状態を作って貰いたい、両国民の願望です。
        | 難しい | 09:48 | - | - | - | - |
        厳しい条件服従か反発か No 3721
        0
          急激過ぎる夏模様に戸惑いを感じています。
          徐々に段階的になら慣れる事が出来ますがイキナリ襲ってくるものには何らかの反応をしてしまいます。
          所謂拒否反応です、抵抗です。

          気分的には嫌だなあと思うものです。
          せっかく待っていた夏なのにこれじゃジッとエアコンの風の中に埋もれています。
          その点子供達は元気そのものです、野球チームが朝から練習しています。
          ここはジャイアンツと言うチーム名が有ります。

          東京は皆ジャイアンツですかね、大阪はタイガースでしょうか?
          そうした厳しい条件下と言うものは中々理解し難い事です。
          今の世界は何事も厳しい事ばかりです。

          日韓関係だってお互いに歩み寄りなど毛頭眼中になく敵対の状態です。
          喧嘩はどちらかが折れないと、終結しません。
          今回はどこまでせめぎ合いが進むのか、第三者的に見ていれば滑稽な事です。
          しかし当事者同士は犬猿の仲の様に噛みつき有って居ます。
          実際に犬猿の喧嘩は見た事が有りませんがどんな風景なんでしょうかね。

          時代は人が支配しているのでしょう、トランプ大統領が出現して来てから米中関係がおかしくなって来てます。
          ここでもお互いに譲り合いの精神などカケラも有りません。
          昔なら軍事行動に走っているかも知れませんが、現在は口喧嘩の様相です。

          イランにしてもどうなるやらサッパリ分からなくなってます。
          そのうちにどんぱちの戦争が始まるのでしょうか?
          人類で一番バカバカしいのは戦争です、お互いにお互いを破壊して何にも残らないのです。

          せっかく過去人が築き上げた文化等々を解体してしまうのですから。
          現在紀元前600年頃の中国の歴史小説を読んでますが(重耳)当時も戦いの連続で、人(王)がそうしているのです。
          政治とは昔も現代もそれ程の違いが無いように感じています。

          その後孔子やキリストが出現してますが変わって居ませんね。
          何でしょうかね、戦いをせねば生きていけないのでしょうか。
          皆んなが手を繋いで歩こう。
          こうした事が出来ないのが人社会ですか?

          園児たちは外に散歩に出るときはお互いに手を繋いで楽しい会話に夢中です。
          園児の世界が作れないのか?
          その園児が大人になってしまえば、戦いに染まってしまうのです。
          変わらない人社会、嘆いてもどうにもならない!
          | 難しい | 10:04 | - | - | - | - |
          どうする次の駒 No3700
          0
            今日も雨??長い梅雨です。
            そろそろいいでしょう!と水戸のご老公が言い出して欲しいところです。
            助さん角さんの活躍が物を言う水戸黄門ドラマ、しかし天候は助っ人がいません。
            いつになったらいい天気が来るのやら天気予報を見たくもないですよ。

            藤井聡太さんもいよいよタイトル戦に参加して来てます。
            凄いですね、何年も将棋にかけてきた先輩を尻目にドンドン強くなっているのですから。
            能力と言うものは天が与えてくれたのか?

            小学校の部活か地域チームか知りませんがこの子達から凄い選手が生まれるでしょうか?
            やはり天性と言うものを持たねば無理でしょう。
            ただ一生懸命に練習したって一流にはなれない、仮にプロに入団してもグランドに出られないのが普通です。
            グランドでプレーしている人達は天性に恵まれた人達です。

            プロ野球の場合は九人のプレーヤーしか出られません、ベンチに約倍の人が入れますが殆どが活躍の場が有りません。
            そしてマイナーリーグになればお客のいない球場で試合をやってます。
            それも一応はプロの選手です。

            スポーツに憧れて勉強もせずに練習に励む子供達は未来を見ていないのでしょう。

            親たちもヘボ野球チームに子供を参加させて時には試合で応援し、勝ち負けにこだわってます。
            もうそろそろ気づいても良いのではと思うのです。
            チームを作るんなら有能な子供達を集めて天性を持った子供達を選ぶ必要があるでしょう。

            高校野球も大学もプロも出来るだけそうした有能な選手を見つけ出しているのです。
            スポーツを体力向上に利用する目的であればとても美味しい事ですが、試合有りきの勝敗にこだわるスポーツはいらない方がいいでしょう。

            試合はプロのやる事、子供達は野球と言うものがどんなものかを体験するだけでいいでしょう。
            それよりもやはり次の手(駒)は勉学です。
            勉学はやれば必ず自分のものに出来ます、これもある程度までですがね。
            この世を渡る場合は勉学が一番良いのです。
            多くの人たちは夢を持っていると言いますが、スポーツで夢みるのは無駄な事です。

            もっともっと勉強に精を出しておくべき時期が小学生時代です。
            もちろん塾に行く事など以ての外で、自分で学ぶを覚えることです。
            先般も書きましたが野衣博士の言われた、自分で問題を作り自分でその回答を得るために努力すること、これですね。

            柔軟な頭のうちにその訓練をしておけば、どれほどいい人材が生まれるか?
            早く子供達の親は気づくべきでしょう。
            もし子供が気付けばもう言う事は有りません、藤井聡太さんのような人になれると確信します。
            次の手は勉学有るのみです。
            受験勉強じゃなく新たな勉学です。
            | 難しい | 09:04 | - | - | - | - |
            小型化 少量化 推進しては No3699
            0
              雨は無いですが曇り空は続きます。
              昨夕太陽が沈みかけにチョンの間日光が出ました。
              新宿の高層ビルが白く輝いたのです。
              しかし今朝は全く日光のカケラも無いのです。

              でも昨日のうっぷんを晴らすかの様に園児たちはデッカい声を出して小さな庭を駆け巡っています。
              何処にそれだけのエネルギーが有るのか?実に活発です。

              老人家族ともなれば、色んな意味で「小」と言うものを選びたいです。
              しかし多くはそう言う小型少量が無いのが普通です。
              例えば、最近枝豆が出てきました。
              とても美味しいですが一袋を買ってくると食べ切れません。
              冷蔵庫で保管すると味が急激に落ちてしまって美味さ半減です。
              又山形のさくらんぼ?も美味しいそうにパックに入って売ってます。

              これも鮮度がいいから上手いので、翌日になったら何となく味が落ちます。
              山形でもぎ立てのさくらんぼを食べると一味も二味も違う気がします。
              ですから少量パック現行の三分の一で良いです、たくさん食べるものじゃ無いですからね。

              その点一個売りのトウモロコシやサツマイモなどは良いですね。
              カボチャも割って売ってますから歓迎です。
              多くのパックものは農家も少量では手間がかかるのでしょうかね。
              ちょっと手間をかけて欲しいです。

              小型化にする事で商品単価が上がってしまうのは仕方がないと思うのです。
              今年は扇風機の使う頻度が高いですが、もうちょっと小型でも良いかなあと思います。
              しかし多くは同程度の大きさですから選びようがないです。

              丸い形の扇風機も売ってますが小型で良いかなあと思って狙い目です。
              若干高いので躊躇してます。
              ともあれ、老人社会に入ってますから既成の形から小型化になって行くのではと感じてます。

              無駄のない社会にせねばなりません、コンビニも売れ残り商品を出さない様に工夫して来てます。
              家庭でも使い残しで捨てる事は出来るだけ避けたいです。
              あれ!今日光が出てきました、早速外に出て日焼けさせねば、雲は厚いですがね。
              | 難しい | 10:01 | - | - | - | - |
              コード電線の始末 No 3695
              0
                よく降る雨です。
                これ程の長雨の梅雨も近年珍しいのではと感じています。
                沖縄は既に梅雨明けした様ですから暑い真夏日になっているのでしょうか?

                それにしても鹿児島等々の雨量は半端じゃ無い様で日々の生活に支障が出ている事でしょう。
                交通に影響が出ると物質輸送が混乱して欲しいものが手に入りません
                これが大都市で起きたら震災と同程度の混乱が起きるとも思えます。

                もし大川(隅田川)が目一杯水位が上がって橋の交通遮断にでもなったら、洪水が起きたら、色んな想像をしてしまいます。
                日々何事も無く生活出来ることは幸せなんだと思いたくなります。

                現代は電気の世界と言っても過言ではないでしょう。
                凡ゆる所で電気が必要になって来てます。
                コンセントからコードで機器類に接続すれば証明も付くしテレビも見られます。
                もう電気が無かったら、そんな事を考える事自体あり得ないです。
                でも災害が起きればいっ時でも停電が起きます。
                そんな時にはとても不安になり生活に一番支障が出てくる事です。

                そんな電気ですが、意外に昔のままです。
                それはコードですが必要不可欠なものですけれども、一方では始末に困る物です。
                いくつかの集合コンセントを使って差し込んだコードが絡まってしまって、どうにも始末が悪いのです。
                整理しても整理しても、使っているうちに絡まるのです。

                これを何とか出来ないかと何時も思うのです。
                コード革命を電気屋さんにして貰いたい切なる要望です。
                使う長さが都度調整が出来ること、コードの硬さが柔軟にする事、細いコードにする事。

                色んな要望が有ります。
                今の材質である銅ですかね、それでは改善されませんから電気の通りやすい材質に変えねばならないでしょう。
                そこんところを解決する研究をして貰いたい。
                何か有りそうな気がするのですが、例えばハンダに使う材質は何でしょうか?
                それを使えば柔軟性は確保出来ます。
                電気の伝導がどうか分かりませんが一本の糸状に出来れば簡単に伸び縮みさせられます。

                ともあれ、そうした日頃気になっているコードを何とか新しい物へ変えたらスッキリコードに成りますがね。
                出来ないはずは無いのです。
                と思ってます!
                | 難しい | 09:40 | - | - | - | - |
                No3689 アドレス
                0
                  今日も曇り空ですが晴れて暑くなる予想ですが、これから外出です。
                  忙しいのでと言うか友人がいよいよスマホに切り替えるので一応スマホの先輩としてアドレスに行きます。

                  ガラゲーよりも色んな面で機能が有りますのでその辺をどう使うか店員さんと相談しならが機種を決めたいと思ってます。
                  老人用のスマホも有りますが一応チャンとした普通のものを選びたいです。
                  出来れば今使っている機種と同じであれば今後分からない所が出た場合アドレス出来ると思ってます。
                  先ずはそんな訳でこれから出かけます。
                  こうしてスマホ市場が広がるのですかね。
                  | 難しい | 08:13 | - | - | - | - |
                  産めよ増やせよ No3662
                  0
                    五月晴れが地表に潤いを与えています。
                    人も鳥も木々もとても良い環境です。
                    こうした気候が日本では少ない為かとても貴重な感じを持ちます。
                    一年中常夏のハワイなどは気候変化がないでしょうから、良いでしょうね。

                    桜田氏の子供三人発言は誰もが望んでいる話でしょうが現状で言い出すのはどうかと常識を問われかねません。
                    江戸時代であれば結婚が20歳前ですし、20歳過ぎには三人ぐらい子供を育てていたでしょう。
                    そんな時代背景の時であれば三人も的外れでは無いかも。

                    しかし現代は結婚が二十代の後半になってますからその時点から三人を育てるのは多少無理もありそうな気がします。
                    先ずは結婚を早くする事が大事な観点です。
                    二十歳前後には結婚しても良い環境があれば良いのですがね。
                    現代は大学に行けば学生結婚をしない限り二十歳前後は無理です。

                    どうしたって自立出来る年齢は高くなってますから、そこんところを見なくてはならないでしょう。
                    昔は大家族ですから住宅の心配も要らないし、子育ても親(ばあさん)がやってくれましたから仕事に出ても問題無かった。
                    人口を増やす対策は口で産め産めを言ったて無理ですよ。

                    先ずは家族の世帯を大きくしないとね。
                    核家族の現状では子供は増えませんよ!
                    桜田氏の感覚は戦後の「産めよ増やせよ」です。
                    一人の意見として捉えられ非難されますが国家としての方針が出ればその程度の言葉は普通に聞こえるでしょう。

                    国家的な危機感を国民が持てる様な方向性を政府が出せるなら皆納得するでしょう。
                    人口問題を国家的にどう対処すれば良いのか?
                    その辺を遅くなってはいますがこれから真剣に考える必要が出て来てます!
                    国民へのアピールは個人では無く国家としての発言にしてほしい産めよ増やせよでも良いです。
                    | 難しい | 08:53 | - | - | - | - |
                    日米に温度差 対中国 No 3649
                    0
                      真っ白な雲が軽そうに空に浮いてます。
                      その雲がウサギになったり?白鳥になったり?色んな模様を作ってます。
                      ノンビリと雲を眺めていると癒されます。
                      忙しい仕事人は空を見上げる事など無いでしょうから今の空などに関心が無いですかね。

                      日米の関係は密接で計り知れないものです。
                      お互いに戦争していた時は決死の戦いをしたのでしょうが今から考えたら想像出来ない事です。
                      何処に戦争を起こさねばならない誤差が有ったんでしょうねと今でこそ言えますが当時は独裁者の意向だったのでしょうか?

                      いずれにしてもお互いに誤差を感じながら前進しているのですかね。
                      今度の米中貿易戦争などはかなりの温度差が有ると言えます。
                      米国は強権を発する事で米国の強さを国民に訴えてます。

                      一方日本は中国の減退がすこぶる心配で企業の存続にも関わってます。
                      どうしたって中国が沈滞したら日本も引きずりこまれます。
                      逆に米国は中国の沈滞を望んでいるのですから真っ向から日本に挑みかけている様に見えます。

                      あれだけ安倍首相のトランプ大統領への外交が蜜月さを見せているにも関わらず、中国の衰退を安倍さんは米国に一言も言えないのです。
                      外交の妙技を見せて欲しい所ですが全くいいところが無いです。


                      中国から工場をタイやベトナムに移しているとか、日本に帰って来るとか、企業は危機を感じて対応してます。
                      それに比べて政府は対岸の火を見ている様な感じで、火を消そうともしないのです。

                      これで日本が沈没船にならない保証は有りません。
                      安閑としていてはこの先どんな不況に陥るか分かったものじゃ無いです。
                      日本は国を挙げて経済発展に、いや経済の現状維持を考えねばならないでしょう。
                      米国と日本の考えの違いを正さねばならないと思うのです。
                      この先米中の首脳会談で解決できる程簡単な話では無いのです。
                      戦争ですからね。

                      お互いに経済覇権を競っているわけですから、真剣に考えねばなりません。
                      所が安倍さんは北朝鮮との交渉を行おうとしています、どっかトンチンカンな思考ではと思うのです。
                      中国訪問はどうなったんですか?ね。
                      どうもチグハグな政治をしている様に見受けられます。
                      政権も末期になると光が影って来ますが、まだ先がいっぱい残ってます。

                      老化が早すぎます、もっともっと現状についてどうすべきか隣国とも昔戦争しましたから易々と意思疎通は出来ませんかね。
                      兎も角心配です。
                      | 難しい | 10:04 | - | - | - | - |