RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

自然の豊かさを心の泉に

地球上の大自然は素晴らしい。その豊かさに抱かれて。
醜いアヒル的 No 3890
0
    薄日が指していますが冬の寒さを意識してしまいます。
    部屋に特別暖房を入れてませんでしたが今朝は電気ストーブを入れました。
    やはり暖かく感じましたが30分位で消してしまいました。
    今年は暖冬ですよね。

    それにしても下の園児達は相も変わらず元気いっぱい大声を張り裂けるが如く出しています。
    凄いの一言外は寒さが厳しいのに物ともしません。
    自分の全てを出し切れる場はどれ程の幸福感が得られるのでしょうかね。
    実際もし家に居たら大声を出しちゃいけない、走ってはダメ、お外は寒いから部屋に入りなさい等々もう自由など全部奪われて仕舞うでしょう。

    保育園は園児達の天国至福の場です。
    それに比較して大人の世界はみすぼらしい限りです。
    議員辞職もせずにノコノコと出てきて謝罪する光景は世間をなめてます。
    昔ナメンナヨと言う言葉が流行りましたが丁度この時期に使えます。

    そこで一句
    世間体 悪者どもは 屁の河童
    国会議員と言う立場世間体はどんなものか全く意に関せず、どこ吹く風かとばかり!
    昔植木等の無責任がこれ又歌になったり映画になったり巷で話題になった事が有ります。
    無責任の言葉もこの時期必要です。

    一方賄賂収賄等々も何となく煙りが立って来て危ない様相になって来ました。
    これも一句
    火消し役 張本人が 収賄し
    となれば、菅官房長官が最も危ない人になります。
    もう一句
    本丸は 政治中枢 淀君か
    当然淀君は菅官房長官になるのではと思わせます。

    次いでにもう一句
    牢獄で 賄賂に悔やみ 拡大化
    自分だけじゃ無い50人は居るはずだとそれも2000万円も賄賂を貰った輩もいると。
    議員辞め 謝罪するなら 筋通る
    とも言えます。

    国会議員は学歴が有って実力も身に付けて世間の模範になったとしても、選挙と言う難関を突破しなければなれません。
    即ち誰でもなれる職業では無いのです。
    しかし夫婦で国会議員になって日本をどうしようとするのか?
    何処の世界に夫婦議員が居ますか?
    もしそう言う風潮が有るなら殆どの人がそうするでしょう。
    何故ならば選挙と言う方程式を知っていて、金使いも公職選挙法違反する事も熟知しているからです。
    一般人が知り得ない状況を知り尽くしている訳だから夫婦で選挙に出れば上手いこと選挙に勝てるでしょう。

    そんな馬鹿げた事をやっている夫婦だから議員も辞めなければ世間体も馬耳東風なんです。
    もし一般人の民間企業だったら社長が頭を下げて記者会見をしている所です。
    しかし政治の世界じゃ安倍首相が頭を下げるシーンも無ければ自由気ままに振る舞うだけです。

    もう日本の政治家は根底から考え直さなければなりません。
    そんな時に野党が立ち上がって与党になる気迫が必要です。
    しかし昨日も書きましたが玉木党首の頭脳がデタラメで結集も先送りになるとか?

    チャンスをチャンスに出来ない、風を読めない玉木氏の集団は国会議員を全員辞めた方がいい!
    一句
    政権の 崩壊読んで 時期首相
    と言うチャンスに誰が?
    今は石破茂氏 しかし野党だって狙え無い事は無いのだが無理だね。
    こうして国民は野党に対する期待を無くして行くのです。
    サプライズを起きせない野党じゃね。
    | 不幸 | 10:10 | - | - | - | - |
    根底に見下しが No 3863
    0
      曇っていますから当然寒いです。
      こうなると冬の気配を感じる訳です。
      晩秋なのか冬なのかハッキリしない日々が続いてますがこれからはちゃんと冬の力学が働きそうです。

      いっそのこと雪でも降って冬のイメージを強めて貰いたいものです。
      中途半端はいけませんよ。
      今日などどうですかねえ、しっかり暑い雲が出て来てますから雪を落としてみては?

      年末迄何が起きるか分からないと思ってましたが、仕事納めの準備をしている官庁で更迭騒ぎになってます。
      それも大物ですよ、次官になれる人はエリート中のエリートですからね。
      局長の上は実力以上にものを言う所ですから相当に先輩の印象が良くないとなれません。

      即ち一派になって置かねばならないのです。
      結果は当然の様に先輩が困ったら助け舟を出すのが当たり前です。
      かんぽ生命事業の処分をすると総務省から出るとなれば一早く先輩に知らせる報告するのが当たり前なんです。
      その為に次官を貰ったのですから。
      当然バレて元々、先輩の為にした事だからそれが使命だったんだからと。

      官僚達の行動は事務の仕事じゃ無いです、如何に先輩を立てて先輩の安泰をどうすれば良いかだけが仕事なんです。
      次に後輩にそうして貰えるから自分の安定を確保する為です。
      先輩後輩の関係は腐れ縁よりも強い鉄壁です。

      そこに政権が介入する事など出来ませんよ。
      特に安倍晋三氏は官僚達にコンプレックスを持っていると言われています。
      安倍晋三氏は一流大学どころか受験勉強のないエスカレーター大学出です。
      その為に官僚達の出身大学東大や慶應早稲田大学などなどに対して強がりを見せたいのです。
      しかし官僚側は安倍晋三氏を馬鹿にしている事は確かです。

      公文書の書き換えなど、削除など、文書の破棄だの、困るのは安倍晋三氏ではなく官僚達だからです。
      全ては官僚達がお膳立てをし、不正になる事を平気で実行しているのです。
      そこにちょっと昭恵夫人の顔を出させてみたり、安倍晋三氏との蜜月関係者を対象に選んだり、全てが官僚達の行動です。

      ですから安倍首相も知らないことは知らないと言い切るのです。
      裏を返せば、首相の知らない所で事が進み結果が出来て仕舞うのです。
      それもこれも官僚達は安倍晋三氏を裸の王様にしたてあげているのです。

      ですから国会で安倍晋三氏を追及したって本当の事が出て来ません。
      しかし官僚達は次々に移動が有りますから追及する時点では当事者がその場に居ないのです。
      勿論下っ端官僚達はずーっとその場に居ますが発言権など有りませんから事実を知っていても言えないのです。

      これが日本の官僚達の生き方です。
      政治と言うものは政治家が行う者ではなく官僚達のやりたい放題なのです。
      天下り禁止などを言ったって役に立ちません。
      官僚達の言い分を通さねば1日たりとも政権の政治が出来ないのですから。
      政権も大臣もただのお飾りにされているだけです。
      官房長官だって偉そうに言っている一言一句官僚の作った言葉だけです。

      ですから記者の質問に答えられないとメモをもらう訳です。
      又質問の答えは同じ繰り返しな訳です、それ以上に私語を挟んだら大変ね事になりますからね。
      記者達もそれを知っていてその場の繕いをしているだけで茶番劇なのです。

      しかし分かっていても改善も出来ない状態にまで成って仕舞ったからこれからが大変ですよ。
      昨日のニュースで米国の国家予算は150兆円程度です。
      しかし日本の国家予算は100兆円を超えてますよね、米国は人口で2倍以上国土にしたら何百倍あるでしょう。
      だとしたら日本の国家予算は半分でも十分でしょう。

      ここに政権でない官僚が絡んでくるのです。
      官僚達は自分で使うお金が欲しいのです。何故か?
      官僚達の天下り先にお金が回したいからです。
      その結果は目に見えない見返りが有るからです。

      お金を分取れない官庁は官僚達の質もそれ程高くなく天下り先もそれ程でも無いのです。
      ここに官僚達の戦いが存在する訳です。
      予算を膨らませずに官僚達が満足する分けなのです。

      財政の健全化など官僚達は全く意にしてません。
      国債発行出来ればもっともっとやりたいのが官僚達の意思です。
      しかし突出すると目立つので適当に誤魔化しているのです。

      確か国債残高が1000兆円超えた筈ですよね。どうだったかな?
      昨日の報道では発展途上国の債務は6000兆円超えたと言う記事が有りました。
      発展途上国の中に中国が入っているのです、そこでの話ですよ。
      それと比較して日本の数字が巨大過ぎを感じます。

      それでも国債のお金が順当に利用されて国民に感謝され未来人に恩恵をもたらすならば許されるでしょう。
      返済は未来人ですからね。
      しかし未来人に残すものなど一つもなく官僚達の私利私欲に使われているのです。

      安倍晋三氏の桜を見る会も税金だと言いますが税金だけが予算では有りません。
      予算の中に国債も入っているのです。
      即ち国の借金ですよ、その大事な借金を大盤振る舞いで升酒でカンパイなど、とんでもない事です。
      予算をオーバーしてもよく別枠から出せると言うべらぼうーな言い草は無いですよ。

      個人ならば借金は限度即ち返済出来ない状態になります。
      しかし国の借金は無限に出来るのです。
      そのカラクリは官僚達の仕事です。
      昔の大蔵省の官僚達が一番力を持っていたのは借金を簡単に作れる様にしたからでしょう。
      以前は大蔵大臣経験者が首相になったんですからね。
      兎も角、日本は官僚の世界で政治政権は飾り物です。

      官僚に働いてもらわねば日本は成り立って行きません。
      一方逆に官僚の行い次第で国民が困る事も多々有るのです。
      特に税金国債の使い方です。
      民間と比べたら倍以上のお金を儲けさせてくれるにが官庁の仕事です。

      民間企業として官庁からの仕事が貰えると余裕が出来ます。
      経験では3億円の仕事で1億5千万円も儲かった事が有りましたよ。
      税金の無駄遣いをしているのが官僚達のやり方です。

      儲かる仕事を多くやれる企業は天下りを容認する訳です。
      これは企業にとって大事なお客様です。
      しかし国民にとっては少ない収入から税金を取られているのです。
      もう今となっては税金を納めるから没収されると言った方が良いでしょう。
      消費税しかり、官僚達の使い先を考えればしっかり没収されている事です。

      官僚達の為に税金が没収されて、すき勝手にお金を使われて天下りもして、官僚国日本は素晴らしい国家だと手を叩いて喜ぶ官僚達の姿が目に浮かびます。
      | 不幸 | 08:59 | - | - | - | - |
      郵政民営化で大勝利が今?No 3861
      0
        曇り空は寒さを助長させる効果が有りそうです。
        気分次第とはこうした気持ちの事でしょうか?
        でもねえ、園児たちはそんな事などお構えなしで相変わらず大声で会話?してます。

        無邪気とは良い事です。
        気分気持ちなどに左右される事なく猪突猛進ですからね。
        周りなど気になりませんし、意識もしません。
        唯我独尊そのものです。

        しかし皆大人になって苦労するのが気持ちを考えるからでしょう。
        病も気から、と言いますから気持ちと言う目に見えないものがどうして行動なりに影響するのでしょうかねえ。

        ともあれもう直ぐ今年も終わりですが年末になっての記者会見で頭を下げるシーンはもう要りませんね。
        小泉元首相が現役の頃、郵政民営化で博打選挙を行なって大勝利をした事をちょっと思いだしました。

        何故に民営化したのか当時はそれ程気にも留めて無かったんですが、こう色々な問題が出てくると民営化の失敗かもねえ。
        民営化されたから問題が表に出て来たのか?
        それとも民営化したから問題が起きているのか?
        その辺の記事が無いので分かりません。

        しかし問題は次々と後を追って出て来るのですから体質と言うものでしょうか。
        確か明治維新にこの郵便事業がいち早く立ち上がった筈です。
        郵便が如何に大事か必要かを物語っています。

        それにしても何故に生命保険事業まで一所懸命にやらねばならんのでしょうか。
        生命保険会社が無いなら別ですが大手企業が長い歴史を持って頑張って来た分野です。
        それと競争したって勝ち目はないでしょう。
        その為にも無理を通して道理を引っ込めざるを得なかったのかどうか?

        馬鹿げた現象ですが何処かに無理が有ったのですよ。
        郵便事業は国策国営だった事から民間企業に負けてはいけないと言う不文律が有ったのか?
        そしてそこに利権が働いているのかどうか?

        政治家の甘い汁を出さねばならない用件があったのか?
        様々な憶測が出てきます。
        それもこれも小泉元首相がした事、小泉氏に本音を聞いてみたい気分です。
        現状の問題の列挙を小泉氏はどう思っているのでしょうかね。
        一言有っても良いのじゃないかね。
        あれだけの大勝利をもたらした自民党小泉元首相の得意な顔が今泥を塗られた訳だから、一言も無いのが寂しいねえ。

        そしてもう一度小泉氏が立ち上がって郵政改革を行なって欲しいねえ。
        多くの国民が犠牲に成っているのですから、騙された人々に完全に保証しますと言っても良いじゃないの。
        このままじゃあ寝起きが悪いと思うよ。

        でもねえ、政治なんてものは水モノと言う例えの通りでいちいち責任など取れないよ。って言うかね。
        だから政治は大事だけども政治不信になる事が多いです。
        現政権だって今やっている事が十年後に悪い面だけが出てくる事だってあるのですからねえ。

        兎も角小泉氏の一言を求めたいですよ。
        | 不幸 | 09:29 | - | - | - | - |
        甘い思考 No 3848
        0
          雪が降りそうな雲です。
          寒気が来ている様ですから寒さ対策をしっかりしておきたいですね。
          冬の寒さと夏の猛暑と比較したら寒さの方が若干耐えられそうです。

          さて色んなコラム等を読んでいると甘い思考だと感じる事が多いです。
          厳しい体験をしていない証ではと思うのです。
          実感は体験で得られるもので脳の力では理解できない事です。

          厳しい体験をすればそれ相当の考えが出来ますが、体験が無ければ厳しくなりません。
          よく言う様に学問では子供に勝てないが実戦では親の方が優っていると。
          どんなに馬鹿オヤジでも子よりも優れたものを持っていると言うのは自らの体験の教えです。
          子は親を超えられない理由はそこです。

          しかし多くの若輩者は先輩を越した感覚を持ちます。
          それを誤りとも錯覚とも自覚しません。
          親に偉そうに何て言う言い草かと言われても、その言葉を理解出来ないのです。
          経験の差です。

          現代人のコラムを見る時にこの経験の無さから来る甘さの多い事を実感してます。
          自由な表現を圧迫する様な意見の多い事。

          個人攻撃の中身が無く空論的な内容が見受けられます。
          体験の無さを如実に現わしています。
          大学教授と言う肩書でコラムを書いている人なども経験不足を感じてしまう事も多々有ります。
          結局内容が中途半端でまとまりが無いのです。

          経験不足を補うものといえば矢張り先輩達の残してくれたものを読むと言う事でしょう。
          歴史こそが自分に無い分野を開いてくれます。
          多くの若輩者のコラムは独りよがりで見通しも無く、場当たり的です。

          最近コメントを書く機会があれば投稿してます。
          そこに痛烈な反省を期待した内容にしてます。
          甘すぎる感覚を是正させて厳しいものを見る目を養って欲しいと言う願望です。
          実にこの先は決して甘く無い時代が来ます。
          戦争だって有り得る事です。

          厳しい目を持つ事で世の先を見つめるコラムを書いて欲しいと最近感じています。
          | 不幸 | 09:29 | - | - | - | - |
          欺瞞の言葉 信頼無し No 3846
          0
            雲一つない空は広がりの大きさを認めざるを得ません。
            宇宙とは無限でも無いにしても広さは無限に等しいと感じます。
            木々も紅葉がどんどん進んで美しい着飾りをして居ます。
            今年の紅葉はとても出来栄えがよく、絵になります。
            絵を描きたいのですが最も不得意な分野ですから描けません、残念です。

            さて今朝の記事で欺瞞と言う言葉が出現しました。
            この言葉を聞いたのは久しぶりというか殆ど使われて無かった様な感じがします。
            欺瞞とか昨日の擬獄とか普通に使われる事の少ない言葉です。
            それが出て来たと言う事は今回のさくらはただのさくらじゃ無かったのでしょう。

            欺瞞の桜とはどんな花なのでしょうか?
            美しい花と思って見て居たのが実は虚実の花で、本性を現したらなんだったのでしょうか?
            私物化とか簡単な物じゃなく強烈な悪が絡んで居るのではと思ってしまうのです。

            どんな人が招待されたかも国民の知る権利を蔑ろ(ないがしろ)にされて国民はそうですか?とうなずいて居て良いのかどうか。
            税金ですよ、5000万円を超える税金ですよ、何人分の税金でしょうかね。
            我々老人はせいぜい年間10万円以下の税金でしょう、となれば500人分以上ですよ。

            税金が足りなくて医療費も1割負担から2割負担に変更すると官僚が言い出してますが支離滅裂です。
            欺瞞とはそうした訳の分からないところから生まれてくる物です。
            日本を良くしたいと言う前提があれば、欺瞞は決して使われる事は有りません。

            名簿問題も追求方法を変えてみるのも一案と思うのです。
            名簿を作成したのは推薦者から出てきたもので構成されているでしょうから、推薦者側に残っている筈です。
            それを一人一人から集めれば内容が分かると言うものです。

            推薦者がシュレッダーにかけて廃棄したとは思えません。
            大事な選挙民の名簿ですからそして恩義を着せる人たちですから。
            メロンを送った名簿が残っている以上に大切なものです。
            もし推薦者が出さないというなら、税金を使ったんですから国民の知る権利に抵触します。

            税金は公明正大で使われるものでコソコソ国民の知らない所で使う物じゃないです。
            桜は盛大に催しされましたが、正大と言う面が欺瞞だったのです。
            名簿を出して国民に見られて誰が損をするのでしょうか?

            桜を見る会に参加した事で箔がつくとまで言われて来た訳でしょう。
            ブログにも行ってきたよ!と誇りに思って投稿した人が多かったんですから隠す必要が全く無いのです。
            隠さねばならない理由は何処に有りましょうか?

            名簿を毎年国民に開示してこんな人を招待したんですよと胸を張って示せば良いじゃ無いですか。
            ああその程度の功績で呼ばれるのであれば、来年は何とか功績を出して呼んでもらおうと励む事になります。

            所が招待状が来ても欠席する人が多い様に見えけられます。
            テレビに出ている人たちの中にも毎年招待状が来るけど行った事がないと言っている人もいる訳です。
            これもおかしな話です。

            功績があるからこそ毎年招待状が来るわけで、有名人だから呼んでいるのでは無いのが元来の趣旨でしょう。
            ですが此処でもどこかがが変ですよ。
            さも欠席が正解と言わんばかりです。
            それ程までに桜を見る会が必要無い物なのかと。

            ともあれ、欺瞞が有るのですからそれをちゃんと解消するまで論じて貰いたいのです。
            うやむやにしないで欲しいのです。
            香港のデモの様に何らかの功績を出して欲しいのです。
            そうしたら来年は桜の下で記念撮影が出来るかもよ。
            しかし残念来年は中止になった。
            でもよ、安倍政権が消滅してしまえば復活するかもよ。

            そこまで頑張る人はどの程度居るか?
            日本の擬獄、欺瞞の世界を一掃出来る指導者を国は望んでいるのではと感じる今日この頃です。
            坂本龍馬でしょうかね。
            龍馬は本当に好きな一人です。
            33歳で呆気なくこの世を去ったのですが残した功績は絶大です。

            龍馬に桜の招待状が届いて居たら何と言いますかね。
            アホな事を税金でやるんじゃ無いきに!って言うかね。
            少ない時間で日本を変えた龍馬、最長首相でバカをしている安倍晋三、功績の天秤はどちらに?
            | 不幸 | 09:14 | - | - | - | - |
            歪みは是正出来ない No 3838
            0
              又もや曇ってきて今にも雨が落ちてきそうです。
              空を覗くとううッと重い石がのしかかって居る感じを受けます。
              気温も10度程度までしか上がらないようですから外出も要注意です。

              しかし園児達はそんな天気も屁のかっぱでいつもの様に罵声を浴びせ合ってます。
              何処から出てくるエネルギーなのか不思議さが湧いてきます。
              栄養が良いのか?我々の園児時代は戦中から戦後にかけてですから、食うものが無かったと思います。
              と言う事はエネルギー不足状態でしょうからジッとしてたんですかね。

              全く子供時代を思い出せません。
              強いて言えば小学校の後半ぐらいから多少の記憶が途切れ途切れに出てきます。
              写真も記念写真程度しか残っておらず、スナップ写真など殆どありません。

              しかし現代はどうでしょうか食物も豊富、保育園も充実、自由奔放で園児が王様です。
              こんな世は続くのでしょうか?
              少子化による労働人口の減少で生産性も落ち込み、税金も減少して無償保育園等消滅する日が来るように思えます。

              それも半世紀先では無く、間もなくやって来る恐ろしさを感じている人がどれぐらい居るかです。
              歪みとは一方的な思考から出てきます。
              天秤の一方に重さの有るモノを載せれば当然傾きます。
              これが歪みに繋がる訳ですから天秤の平衡を常にチェックしておかねばなりません。

              チェック機構即ちYESとノウの両面が存在してバランスが取れると言うものです。
              現在のあらゆる所でYES MANが横行してnoと言うには相当の勇気と決断が必要な時代になってます。
              これは相当な歪みを形成していると見て良いでしょう。

              この現象は江戸時代の流れで言えば幕閣の中で柳沢吉保の権力が増大した時に起きています。
              安倍晋三も吉保気取りで全権を握ってすき勝手に桜の下で宴会をしているのです。
              それも国民からの税金を使ってですよ。

              誰も納得する訳無いでしょう。
              公明正大を主張する公明党はすっかり言葉を無くして良いも悪いも言いません。
              吉保に睨まれたら大変とばかりです。
              歪みを是正する事は相当のエネルギーが必要になります。
              園児達のエネルギーじゃとても足りません。

              一度平衡バランスを欠くとドンドン傾きが大きくなって戻る事が出来ません。
              憲法改正に関する件でもドンドン歪みを発展させています。
              保坂さんも今日の記事で訴えています。

              多くの識者が憲法に向かう姿勢が間違っていると表現しています。
              その言葉を無視すれば歪みは大きくなって来ます。
              もう日本は危ういと言っても過言じゃ無い。

              そう言う意見が多くなってしまってから反省し変更しようとしても起き上がれない事になります。
              寝たっきり老人の介護は出来ますが、寝たっきりの国を誰が介護出来ますか?
              米国だってそんな国を簡単に捨てるでしょう。
              歪みを常々意識する事、これが出来ない安倍晋三は早早に退散する事が国民を救うたった一つの回答です。
              | 不幸 | 10:09 | - | - | - | - |
              怒らせる No 3837
              0
                天候不順まるで梅雨の時期かと思ってしまいます。
                雨曇りと湿度が100%近いのではないでしょうか?
                床のフローリングは滑りません。

                さて年末も近づいて多少慌しくなって来たのではないでしょうか?
                とは言っても隠居組は別段変化は有りませんがね。
                日々を徒然に過ごしているだけですから四季を感じるのは自然の変化だけです。
                今はイチョウも綺麗に色変わりして美しい景観を醸し出しています。

                桜も結構紅葉に相応しい程度に美を表現してます。
                それに伴い困った事は落ち葉です。

                土日は清掃作業員の休日ですから二日間でたくさんの落ち葉の山が出来てます。
                この落ち葉掃除を簡便にする方策があればと何時も思って見ているのです。
                お部屋の掃除は掃除機と言う便利なものがありますが外は相変わらず箒です この光景は子供の頃と変わってませんね。
                箒と塵取りがセットでコレを何とか機械的に出来ないのかと。

                又も韓国が怒っている様ですね。
                日本側の発表に対して適切では無いと文句を付けられたとか。
                日本人はこの所こうしたミスが多すぎる気がします。

                ホワイト国の時も余計な文を入れたが為に怒らせてしまったとも言います。
                今度の桜問題も国民を怒らせています。
                いろんな場面で一言の注意があれば怒らせることが無いのにと思います。

                しかし人を怒らせる癖が有りそうです。
                相手の立場を尊重すれば怒らせる事は決して出来ません。
                ですが現代は人を尊重すると言う概念を持った人が極端に少なくなったと感じます。

                特に政治家はそうです、確かに競争の連続でしょうから他人を蹴飛ばしても自分を鼓舞せねばならないのでしょう。
                しかし政治家を終わって静かに物事を考える時間が来たら悔やむ事でしょう。
                もっともっと良い方法があった筈と、人を国民を尊ぶ気持ちを持っていたら良い政治が出来たと思うとね。

                他人を怒らせて良い事が待っているとは思えません。
                お互いが人間同士良い気分で過ごしたい事に変わりが有りません。
                そうするには相手を蹴落とすのでは気分爽快にさせられません。

                どうすれば相手が喜び、お互いが尊敬し会えるか。
                ここをしっかりと思う事が若い連中の政治家に要求したいです。
                進次郎さんが結婚した相手を尊いと思っている事を国民にも向ければ良いのです。
                それだけで世の中は変わります。
                | 不幸 | 10:06 | - | - | - | - |
                もっと若者が No 3834
                0
                  雨で寒い1日になりました。
                  これから冬に向かう訳ですからこんな日も無ければ冬を迎えることを忘れてしまいます。
                  平和ボケじゃないですが天気ボケかもあり得ます。

                  やっとここに来てメディアでも問題化してきました現政権の悪しき所を。
                  国民の多くが高支持率をしている現政権の問題点をメディアが報じない事が大きなネックになってました。
                  何らかの圧力が有ったのではと疑いさえ持ってました。

                  どうしたって反対勢力が無いと奢りは必ず出てきて結局はその政権が潰れて行くのですが国政ともなると潰す訳に行きません。
                  悪性を我慢して生活するのが国民なのです

                  その国民ですが特に若者は脳タリンになっていて困った現象です。
                  若者は世の中に敏感に対処するのが特徴です。
                  訳は十分理解して無くてもなんか可笑しいと思えば、何らかの反応するモノです。

                  それが全く無くここに来てやっと大人たち特に年齢的には高い層の人人が政権の悪しき姿を言い始めて来ました。
                  これが本来なら若者大学生が立ち上がるのが普通の感覚です。
                  香港などの映像を日本の学生がどう見ているのか、バカげた姿と言うなら日本も遂に終わったかと奈落の底に落ちてしまいます。

                  日本は明治維新の運命は若者たちに委ねられていたのです。
                  20歳そこそこの脱藩浪人が日本を目覚めさせたのです。
                  坂本龍馬だけが全てでは有りませんが、そうした若僧が頑張ったのです。

                  そこには大変な犠牲も有りましたが大きな変革を起こしたのです。
                  我々の時代も高度成長の少し前は政権に対して常に反対闘争をしました。
                  結果いろんな議論がなされて最小限度の結論に達して立法されました。

                  政治家だけで無く国民が中でも学生が反論する事で政治の抑制になったのです。
                  原潜反対は凄かったですよ、原子力潜水艦は原爆とは関係の無い事ですが原爆を抑止する効果になった筈です。
                  佐藤栄作がノーベル賞平和賞を貰ったのも非核三原則を掲げたからです。
                  その考えに影響したのが学生のデモだったとしたら凄い抑止力になっています。

                  桜の見る会がいいじゃなかと言う学生が多いと聞きビックリです。
                  一番先に学生があれはオカシイと気付かねばならないし、メディアを動かす事をせねばならないのです。
                  それがオカシイと思えない程脳タリンになって居るのです。

                  現代は大学受験して殆どが合格出来る学校へ進学します。
                  しかし我々の時代は10倍以上の倍率で合格するのがとでも大変でした。
                  ですから浪人組との競合になりいよいよ猛勉強をしたもんです。

                  今の韓国は狭き門である様ですがそうで無いと脳タリン学生が多数になってしまいます。
                  反対する事で何が得られるか、それは物事に真剣に向かう事が出来るからです。
                  本来の姿、本質を追求する事が養われるのです。
                  その訓練をしていれば常にこの本質は何処にあるかを見極められます。
                  ボーッと世を見ている現代若者にはならないのです。

                  相当に研ぎ澄まされた官能感応を持たねば馬鹿扱いにされます。
                  我々から見れば現代若者は老人に見えて仕舞うのです。
                  いや老人以下かも、最近の老人は元気いっぱいに国会の前で憲法改憲反対闘争をしてます。

                  学生が学ぶものは無限です。
                  その事は周囲に敏感に対応しなくて何が得られると言うでしょうか?
                  そうなんです、得ようとする意欲が無いのです、スマホで見ているものは政治ではなく事件や芸能スポーツに偏って居るのでしょう。

                  ですから茶の間の話題だけが詳しくなって老人と同じなんです。
                  実に可愛そうな時代を過ごしています。
                  自己鍛錬の場を捨てているのです。
                  政治に真剣に対峙したら世界を見る目が変わり常に緊張感が出てきます。
                  安倍晋三のダラダラに腹が立って来るのです。
                  そう言う学生が育たない日本は江戸時代の武士達と同じです。

                  武士は戦いの為に有る職業ですが、戦がなくなってしまった江戸時代は武士はノホホンと育ち過ごして、下屋敷で賭博に明け暮れているのです。
                  それと同じパターンが現代の学生ですかね。
                  緊張感の無い日々を送っているのです。
                  桜もいいじゃなかとね。
                  | 不幸 | 10:51 | - | - | - | - |
                  疑惑が問題 No 3829
                  0
                    うっすらと雲が出てますが暖かいです。
                    いい気候です。
                    起きた時多少冷気を感じましたが太陽が出ると急に暖気に変わった様です。

                    問題が山積と言いますがその中に疑惑も結構多いです。
                    桜の問題も疑惑があるかどうかの観点で悪いかどうかになります。
                    ですから、いろんな意見が噴出してます。

                    辛坊氏は野党バカ呼ばわりしたり、関口氏は若者は良いじゃんと言っていると言う。
                    二人とも桜問題を疑惑と考えてないからどうでもいいのです。

                    一方で疑惑だからその点を追求してやろうと言う視点で問題視しています。
                    トランプだって疑惑で弾劾されている訳で疑惑は大きな攻撃材料なんです。
                    野党もここに来て勢いづいて来たのはいいことです。
                    日本の政党は独裁と同じで自民党だけで政治をやってます。
                    日本も2大政党を育てる工夫が必要です。

                    その意味からすればメディアが野党の応援に回る行動をする事が必要なんです。
                    野党バカと言っていては‘いつまで経ってもバカな女ねえ’と歌になってしまいます。
                    自民党独裁だからこそ政権内で辞職者が出ても国民はそうですか?と見ているだけです。

                    もし米国の様に2大政党になれば大臣の辞職は大きな攻撃のターゲットになります。
                    現在の野党は弱体化しているから直ぐに息切れして追求が中途半端になりがちです。
                    そこん所をメディアが後押ししてやればいいのです。

                    メディアにとって現状の変化無しのまま進んでも大きな話題が無いからテレビは見ないし、新聞も週刊誌も読まないのです。
                    政変などが起きればメディアが物凄く活躍する場が来ます。
                    国民の関心度がグーンと高まり視聴率もオリンピックを超えるでしょう。

                    メディアも商売で経営に苦慮しているなら2大政党を作れる様に方向転換したらいいのです。
                    先ずは疑惑のあるものは徹底取材して週刊文春と協力してその疑惑を解明すれば国民から支持されます。

                    適当に評論家を招いて、専門家と紹介して、それが大凡自民党ベースの思想家ですから疑惑など追求されません。
                    それじゃ視聴率も上がらないでしょう。
                    一方番組の方もアナウンサーではなく、いろんな有名人を使ってますから責任の無い番組になってます。

                    これも視聴率を上げる為と思って居るでしょうが見る側からすると本末転倒の感です。
                    やはり局の人が仕切って初めて責任有る言葉や放映が出来ると皆感じてます。
                    ニュース番組がバラエティ番組になっているのです。

                    それじゃ疑惑解明など遠い所に行って仕舞うでしょう。
                    疑惑は非常に重要問題とする様になれば、疑惑を作らなくなると思うのです。
                    メディアの変革を望みたいですが、変化しないのは自民党独裁にエールを送っているからでしょうか。
                    と疑惑を持ちたくなります。
                    | 不幸 | 10:35 | - | - | - | - |
                    真剣勝負 No 3825
                    0
                      遂に雲の多い日になってます。
                      晴天が続いて気持ちよかったんですがこの先どうなるんでしょう。
                      金土日は晴天の予報ですからちょっと我慢ですかね。
                      しかし寒さも徐々に感じる様になり食器洗いの時の水道水は冷たくなりました。

                      11月も中旬ですから当然でしょう。
                      でも寒さはどうしたって辛いですよ。
                      洋服も冬物を出しましたので安心ですが矢っ張り薄手で居るのが一番です。

                      桜を見る会の招待を受けられる人は下関のあべ晋三の後援会に入っていればチャンスが有りそうです。
                      あべ晋三事務所から案内とかが来ると言うから、しかしここ東京の菅原事務所からは何も来ません。
                      香典は届いても招待状は持ってこないです。

                      それ程桜を見る会は特殊な内容が含まれている様です。
                      始まりは吉田首相だったそうですがその時とは打って変わって功労者どころか芸能人迄招待するとは何じゃいな。

                      ましてや後援会やら親子連れ迄、18000人以上に5000万円以上使って招待、それが税金だからね。
                      税金を使いたいなら災害の被災者に送ったらいいじゃ無い。
                      馬鹿げた事をするのが安倍晋三なんです。

                      田原総一郎がダレている安倍晋三だと言ってますが今国民に映る安倍の姿を見て同感です。
                      各国のトップはニタニタ笑う人など居ません。
                      韓国の文大統領をコケにしてますが文大統領の真剣な顔は評価に値します。

                      トランプだって何言ってんだか分からない言われますが、いつでも真剣に口をパクパクさせてます。
                      ジョンソン首相などは迫力満点で話ます。
                      所が安倍晋三は国会の質問を受けたりして答弁する時などニタニタ笑いで、質問者を馬鹿にした態度です。

                      最近の野党は質問者が強い口調で追求しますから迫力が出てきました。
                      しかし安倍はそれを交わす様にニタニタ笑うのです。
                      もう日本のトップとして落第です。

                      馬鹿殿的な存在です。
                      何が可笑しいのかなぜニタニタ笑いが出るのか、アホかいなと見えてきます。
                      実際にアホかも知れない。
                      答弁でも災害会議等々での話は正面を向いて話が出来ないのです。
                      即ち自身の言葉じゃ無く官僚の文章を読み上げるだけです。
                      普通ならジョンソンなどを見ていると堂々と相手に対して正面から言葉をぶつけています。

                      最近の話題の森田健作も下を見て文章を読み上げてます。
                      多分長い間知事をしていても自身の政治をやっている訳じゃない、官僚に頼っているだけです。
                      自身の個人的な問題でも文章を読み上げるのですからなんとも悲しい頭脳です。

                      この世はダラダラとして生きる事は許されないのです。
                      常に真剣勝負何です。
                      これ以上ニタニタ顔を見たくないので国会中継は見ない事にします。

                      一方国会は何なのか?
                      桜の見る会の疑問に国会を使うのですか?
                      今は民放の報道番組で真剣に韓国との間をなんとか正常に戻らないか等々の議論をあらゆる方面から追求してます。

                      それも十分な時間を掛けて、何回も何回も、それは真剣です。
                      又香港問題も中国との関係とかもいろんな知識を持って話し合ってます。
                      しかし国会は与野党間でどうするのかの話し合いが行われていますか?

                      インターネットの記事のトップにそんな政治面が出てきません。
                      日本の政治の貧困さを物語っています。
                      桜などどうでもいいのです、週刊誌に任せてドンドン追い詰めて辞任させればいいのです。
                      しかし韓国問題は週刊誌任せに出来ません。

                      譲歩も解決の一途なのです、水仙寺の歌じゃ無いですが押してもダメなら引いてみな、その事ですよ。
                      もっともっと真剣に対応して欲しいですがもう安倍晋三に期待は出来ませんか?
                      ニタニタ安倍に何を求めるか?
                      | 不幸 | 09:20 | - | - | - | - |