RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

自然の豊かさを心の泉に

地球上の大自然は素晴らしい。その豊かさに抱かれて。
寝不足辛いNo 4172
0
    この晴天は一体何処からもたらされているのでしょうか?
    と問いたいくらい天気が悪かったですよ。
    それにしても直射日光の強い事1分も浴びられません。
    日光浴などとんでもない感じです。

    とは言えこの太陽はぜひぜひ長く続いて欲しい限りです。
    昨夜は睡眠を妨げる現象が起きて良く寝て無いんです。
    ですから朝起きた時から眠くて眠くて今に至ってます。
    早々に昼寝と思ってますが、午前中は何かと用事があった為やっとこれから昼寝出来ます。

    睡眠不足は血圧に影響するんですね、毎日の測定データより高く出てました。
    それでも何ら変わりなく作業をしましたが流石に目がしょぼしょぼになって眠いです。

    眠いってリラックスの証と思ってます。 
    緊張感の中で眠気は来ません。
    ですから眠いと言うリラックスが今の状態と楽観してます。
    そんな訳で今日も内容の無いブログになってしまいました。
    | 不幸 | 10:59 | - | - | - | - |
    比べるのが常No 4162
    0
      明るいのですが雲の厚みに圧倒されて太陽が顔を出しかねています。
      雲の威力と言うものですか?
      人間にとっては日光は大事な生活要素です。
      しかし他の動物たちにとってはどうなんでしょうか?
      それ程気にならないのかも?
      と言う事は人間も天候に左右されずに過ごせば良い事ですか。

      日々の過ごし方で最も気がかりはどうしても天候です。
      特にこうして曇っていると雨になるのかも心配せねばなりません。
      傘の用意をするかどうかも。

      寒さも徐々に身体に感じるようになり特に夜の就寝中は暖かくして置きたいものです。
      どう言う訳か寒さで目が覚めたときには怖い夢を見ているのです。
      時にはブルブル震えている事さえ有ります。
      何故起きるのか不思議です。
      当然おしっこも溜まってますがね。

      それにしても比べる、これは永遠に続く事なのでしょうか?
      朝起きて血圧を測定する前日と比べる、同様に体温も。
      数値的に殆ど変わらないのですが気にしたりする。
      何でそう比べる事に執着せねばならないのか?

      学生時代は受験勉強でどの程度の学力かをテストで確認します、その結果がクラスで何番目、学級で何番目と比べます。
      その癖がその後の人生生活に置いてずーっと比べるが続くのです。
      サラリーマンなら昇進と言う事にも気になり同期と比べたり、後輩に追い越されて悔しがったり。

      しかし終わってみればその比べるが本当に必要な行動だったのか、井の中の蛙で小さな所で気にしてたんです。
      馬鹿げた事ですが人間の性と言うものはこうしたものでしょう。
      では仕事から離れて自由な身になったから比べるは必要無いかといえば、そうでも無く相変わらず比べるの連続なんです。

      質カテゴリーは違いますが常にどうこうと比べるてます。
      これが人間以外に動物ならどうなんでしょう、鳩が集団であちこちで餌を探しているのを見て、それ程他を気にしているとは見えません。
      矢張り比べるは人だからの行動思考なんでしょうね。

      そこから抜け出せない重要事項ですか?
      辟易する程比べるをやってますがそれでも足りずに次の比べるをやってます。

      コロナ禍でも各国の首脳は頭を使っていろんな方策を出し対応してます。
      その方策もバラバラでそれぞれ比べるをやってます。
      自国の方策が最もベターとばかりに互いに方策の共有はしません。
      もう少し世界中でWHOが指導で統一的な対応策が有るかと思うのですがね。

      パンデミックが起きていると言う割には協調感が不足している気がします。
      それも比べるの行為が自国の優勢を持ちたい為でしょうか?
      ともあれ比べるはこの世で過ごすには避けられないものです。
      その中で出来るだけ少なく比べるをしていこうと考えるのですが如何でしょうか。
      | 不幸 | 10:18 | - | - | - | - |
      罪作りの人間No 4138
      0
        朝から太陽光が眩しく輝いてました。
        これは久しぶりの現象ですから嬉しく感じましたよ。
        早速布団を干して今ではフックらと膨らんでます。
        しかしこの天気も今日だけの様で数日後は熱帯低気圧で大雨になりそうです。
        秋らしくなりませんね。

        地球は人間だけの社会では無いのですが人間は勘違いして我々が支配しているのだと思ってます。
        その為に人間以外の動物たちは人間からいろんな脅威を受けて絶滅するモノも多くおります。
        人間は多種多様に罪作りをしています。

        動物は知恵が無いというか他への影響を与えようとしない大人しい生き物です。
        それに反して人間はあらゆるモノを破壊する能力を持って居ます。
        破壊とは罪深い行為です。

        現在の最大の罪は地球を温暖化して様々に自然を異常化させてます。
        最近の台風の巨大化は恐ろしく、もし先般の10号が上陸していたらどれほどの被害が出たでしょうか?
        人間は自分を大事にする事で他へどれ程の悪影響を与えるかを天秤に掛けません。

        常に人間・自己中心で自分さえ良ければ、自分さえ満足出来れば、それ以外の思考は有りません。
        その欲望が罪を作る原動力です。
        詐欺事件などは最たるもので被害者を考えたら詐欺など出来ない筈です。
        しかし詐欺の横行は人間の必要条件みたいな感じを持たせます。

        あらゆる所で詐欺事件が勃発しています。
        人間は罪を罪と感じる脳を持っているのですが何故罪を犯すのでしょうか?
        という疑問質問はナンセンス愚なのでしょうか?
        昔から罪に対する厳しい制裁が有りましたがそれでも罪は消滅しません。

        この罪作りは永遠に不滅です、となると人間から新人類へと変えねばなりませんか。
        その時には罪と言う言葉を抹殺せねばならないでしょう。
        自然の動物の様に自然体で罪も犯さない行動になればいいのですがねえ。

        では人間は動物の様に教育を受けないで知能も発達させなければ良いのかと、それでもいいのかねえ。
        必ずしも知能が発達していれば幸せと言う事でもないし、罪を犯しても逃れる為の知能を持つ事が良いことかどうか。

        豚箱に入っている河合夫婦などは人間のクズと言えるかも知れません。
        そうかもねえ、罪を犯す人は全て人間の存在を否定させても良いかも。
        この時間この一瞬でも振り込め詐欺が発生しているかも、情報を吸い取られているかも(サイバー攻撃)、恐ろしい人間社会です。

        国勢調査の書類が届いてます。
        それにはインターネットで簡単と説明されてますが、これ又危ない事です。
        インターネットへのサイバー攻撃がある以上こうした重要な情報はアナログの方が安全だと思わねばなりません。
        ドコモ口座も簡単だから犯罪に使われた訳でしょう。
        セキュリティ云々では無いのです、サイバー攻撃はセキュリティを無効にしてしまう訳で、もはや防ぎ切れません。

        罪作りの人間は罪のある仕事に専念しているのですから次元の違う異次元人間なのです。
        罪の無い社会など作れる訳も有りません。
        残念な人間社会です。
        | 不幸 | 10:08 | - | - | - | - |
        甘い考えが現代人かNo 4118
        0
          蝉の鳴き声が非常に少なくなりました。
          逆に野鳥の騒ぎが耳に伝わってきて朝の目覚めの刺激です。
          ヒヨドリが多い様でギーギーとか綺麗な声じゃないんですよ。
          それが騒いでいるのですから必ずしも良い目覚めじゃ無いです。

          今は園児達の甲高い会話?がそしてこれ又キーと言う異常音にも刺激されてます。
          しかし元気さは凄いもんです。

          ここん所コラムと言うか記事に安倍政権に対する欠落政治などを書いた内容が出ていました。
          内容はとても的を得たモノですがそのコメント投稿を見ますと呆れるほど作者に非難轟々です。
          それが非常に幼稚な内容で自画自賛している風です。

          自分の考えが正しい事を強調して作者の意向を完全に封じたい気分なのです。
          現代人は簡単にこうした考えを発する事が出来ますから未熟な人生観でも一丁前に書き立てるのです。
          こうした風潮は我々の時代人には理解出来かねるんです。

          先ずは先人のご意見を拝聴し、一応納得して受け入れその後反論すると言う順序でした。
          兎も角同意見など有るはずもなく多少の意見の食い違いが当然起きる事です。
          しかし同感する事で人の繋がりが生まれます。
          それを全部が違っている風にはねつけたら、議論にもなりませんし、強調姿勢も出て来ません。
          確かに現代の風潮は一方的な傾向で政治特に安倍政権下で多くが見られました。

          うやむやにする!これは安倍政権の得意分野でしたが、これが強権である事が現代人には分からないのです。
          強いと言う意味合いを勘違いをしているのです。
          どうもこの先の日本人の思考が一般的常識からズレて行ってしまう危機を覚えます。

          日本の危機は日本人の頭脳から発する様な感じを受けます。
          教育のせいでしょうか?
          ユル社会のせいでしょうか?
          自分を失った感覚者が多くなってしまったのか?

          どうやら社会の分断も大きな要因です。
          大家族の生活スタイルが無くなり大人と子供の生活の場が無くなったのです。
          おじいさんに叱られる事もなく両親の考えしか自分の人生を作る参考書しか無いんです。
          狭い思考で世に出てスマホで情報を読み人生経験も無い中で一丁前に自分の意見を述べるなど滑稽過ぎます。

          こうした未来人が日本の将来像なのかと思う時、どっか大きな穴が開いてしまった気がするのです。
          墓穴を掘る前に自分を鍛え直さないと可哀想な悲惨な日本人になってしまうと思う。
          と言う嘆きなど現代人に通じるわけがない、と思いながらも諦めずに書き続けます。
          | 不幸 | 10:21 | - | - | - | - |
          躊躇の連鎖No 4112
          0
            今朝の気温はフェーン現象じゃないかと思わせる湿った暑さでした。
            8時半で32.5度湿度78%でしたからね。
            今は気温は変わらず湿度が61%まで下がって少し楽になった様です。
            部屋の中でもエアコンの効き目で分かります。

            長い夏 コロナバテ有り 夏バテも
            大変な夏が続いています。
            特に日本が暑い様でパリもニューヨークも北京も普通の気温になっている様です。
            日本の地域で何が起きているのか?
            地下のマグマが地上に上がって来ているのか?
            富士山の噴火も近づいているのかどうか。

            コロナだけでも不安なのに噴火や地震も忘れてはいけない要素を持っている日本です。
            疫病神が日本に居座っているのではないかね。
            厄払いの神様に登場して貰ってお祓いをしなければなりませんか。

            そんな中でコロナで苦境に立たされている企業や個人の多さは計り知れない数でしょう。
            今は観光業が注目されて久しいですが一向に変化が起きていない事に関係者は苛立ちさえ感じていると思う。
            東京外しのGoToキャンペーンは重大な失策だったと思う。

            早々に躊躇無く解除して旅行者を喚起させたらいいのです。
            何故躊躇して来月迄待つのか理由がハキとしません。
            今の感染者数はピークを過ぎたと専門家が言っているのだし、感染者が若者が多いと言う現象では病院負担も軽いです。

            今のうちに旅行をしておかないと、旅行でお金を使わないと、秋冬には再度の第三波に見舞われる可能性が有ります。
            政府の躊躇ぶりはコロナの最初っからあった現象です。
            検査の問題もそうです。
            緊急事態宣言もそうです、後手後手と言われた政策は全て躊躇しているからです。

            いつ迄も躊躇の連鎖をしていると経済のダメ、感染予防もダメの方向に行ってしまいます。
            今は経済を活性化させる方向に進めているのですから躊躇無く旅行も解放させて飛行機も新幹線も旅館も盛況にしたらいいのです。
            感染者数が増る予想をして、病院体制を充実させる為のお金を政府がバラまけばいいのです。
            しっかりと対応する言葉は飽きるほど聞きましたから、今度は不言実行で対応のお金を出せば済む事です。

            今は病院もお金さえあれば能力は十分に持っていると思われますから躊躇無くお金を出す事です。
            検査もお金次第でしょう、検査数を増やすのもお金で解決出来ます。
            先日のクオモ知事の700万件の検査数、東京で1日6000件とか?もし1万件としても700日即ち2年近くかかってしまうわけですよ。

            倍の2万件でも一年掛かります。
            そんな状態が日本であり東京なんです。
            日本の企業や個人が蓄えているお金は1400兆円を超えている国なのにケチケチした行政の行動も躊躇して、一体コロナをどこまで甘く見ているのか?
            国債が発行出来ない訳じゃないのですよ、企業にも個人にも余裕があり過ぎるぐらいに有るのですから心配せずに国債発行をするのです。

            確かに未来人が払う事になると言いますが方法は有ります。
            ここでは述べませんがいい方法がいっぱい有ります。
            兎に角躊躇している間でも時間は刻々と過ぎているのです。
            躊躇している暇が無いのです。

            即刻東京外しを宣言して日本人の萎縮状態を解除して活気を取り戻すのです。
            東京外しがどれほど経済をダメにしたか?その検証がされてません。
            国交相が420万人の旅行者だと成功調で言いますが東京を外さなかったらの仮説計算はしないのですか?
            多分一千万人ぐらいの効果が有ったと思いますよ。

            そうしたら航空会社も鉄道会社も旅行社もバス会社も旅館業もお土産屋も飲食店もその材料供給側も相乗効果は計り知れない訳です。
            東京外しを躊躇無く実行した事は真逆の行為だったのです。
            なすべき事をやらずに躊躇の連鎖が続く限り日本経済を復活させ得ません。

            この先失業者が増え続ければどうなるかは誰の計算でも不安だけがよぎります。
            日本にクオモ知事を為政者として招いて日本を再生して貰いましょうよ。
            日本人の対応思考では躊躇の連鎖反応を消滅させる事が出来ないです。
            気付かない政府筋はどっか変ですよ!
            | 不幸 | 09:26 | - | - | - | - |
            甘さを好むNo 4095
            0
              薄い雲に覆われて日光は強く無い様に見受けられますが気温はグングン上昇しています。
              と言うか昨夜は気温が下がらず夜中でも28度ぐらいありました。
              今日の日中は36度の予想ですが、ピンポイントでは最も高くなるかも。

              特に直射日光の下では40度を超えるでしょう。
              そんな中で少年野球やサッカーの練習を行なっています。
              校庭の暑さは物凄いと思いますがね。
              散水のスプリンクラーも設備されて居る様ですが学校が休みなので使わないのかな?
              兎も角注意せねば、鳥取ですかサッカー部のクラスター騒ぎも発生してスポーツ練習への考えも一考を要します。

              それにしても一向に収まらないコロナ感染、日本だけじゃなく世界中で急拡大している様相です。
              しかし多くの人々は感染慣れして怖さもそれ程身に染みて感じて無いかも。
              普通の風邪程度で感染しても数日で治ってしまう人も多い様です。
              考え方によっては軽く考え事も悪くは無いです。

              しかし重傷者を引き起こす原因が感染拡大と見れば、やはり感染を抑制しなければいけない。
              と言う結論です。
              ですが、多くの若者はその原理原則を知りながら行動は自己抑制出来ないのです。

              確かに若さと言うものは無謀そのもので、冒険心が無くなれば若さを失います。
              今若者が多く感染して居るのもうなずける結果です。
              それをなんとか押さえつける為にプラカードを掲げて訴えても、馬耳東風かもしれない。

              会食も止めてくれ、キャバクラも行かないで、と言ってもそれは若者じゃ無く中年以上の人達への話です。
              若者は絶えず若者同士で会合し、おしゃべりまくって、安いドリンクを回し飲みしてマスクもせずに遊びほけています。
              そこに感染拡大を制御する対策など無いに等しいです。
              サッカー部の寮生活はその典型的な行動でしょう。

              濃密な生活スタイルの中で感染しない事が不思議と言うものです。
              この考えが甘いと外から言えますが、現場はそれまでの習慣通りに先輩から指導員から言われれば、従うしかないのが選手です。
              それも11人の出場しか出来ないサッカーに100人以上も練習生が居る事が何時もおかしいって思ってました。

              11人有れば成立するんですから、精々3倍程度即ち40人ぐらいの部員でいいじゃ無いかと。
              そうすれば密度も減るし感染リスクも減少します。
              しかしどう言う訳か強いチーム程グループへ集まるのです。
              野球もそうです。

              この辺でアマチュアスポーツでもグループの人数制限を行った方が良いでしょう。
              プロでは当然経費問題もあるでしょうが採用数を制限しています。
              自由さを束縛すると言う理由も有るでしょうが、そこは常識的な思考も必要です。
              練習イコール正選手でグランドに出たい事です。
              万年補欠か応援だけの為に部員になる事が自由の尊重でしょうか。
              逆だと思う、もっと違った方面で目を出せる努力を指導する事も教育者では無いかと。

              部員さえ多くればと言う獲得競争をして居るので有れば即刻部員数制限をするのが常道です。
              どっかに教育の甘さが感じてなりません。
              我々の教育は厳しいの表現が有りましたが、現代は柔らかく扱う卵の様な神経質になってます。
              どっか一本の強さを感じさせないのです。
              個性と言うか、特徴というか、頑固というか、何でもいいのですが強さを持ち合わせて貰いたい。

              甘い事に慣れてしまって少しキツイ言葉でも行動でもされたら、萎れてしまうのが現代人です。
              園児たちを見て居ると自由闊達ですが、ちょっと注意されると泣き出す子も多く見かけます。
              家庭で甘やかされて居ることを象徴して居るのです。

              甘いの中に塩辛い事も料理には必要です。
              即ち塩加減と言うものです。
              砂糖を使うときは塩もちょっと入れると味が良くなるんです。
              この塩加減は普段の生活にも欠かせない要素ですが現代は塩加減を忘れています。

              しかし熱中症予防に塩飴を用意し持ち歩いています。
              これ又贅沢なもので食塩を持って歩けばいい事なんです。
              我々子供の頃は梅干を竹の葉っぱに入れてしゃぶってました。
              丁度良い塩加減なのです、思い出しますよ。

              コロナ対策も甘いだけで塩辛さが感じません。
              ですから全ての味が悪いのです。
              この夏は特別の夏と言うなら塩を多めに使う事を勧めては如何か?
              塩が何であるかを説明せねばならないが若者に今更塩を掛けても矯正されませんか?

              兎も角もこの暑い夏、既に秋に入ったようですが、残暑の厳しさの中で甘え構造から脱却して厳しい塩を舐めて、辛さを取り戻す事が必要かも。
              30代はもう若者じゃ無いと言う認識も辛口です、自覚の足りなさは甘さが残っているからです。
              | 不幸 | 10:09 | - | - | - | - |
              違いの一つに距離No 4093
              0
                曇天の空ですが33度まで上昇するとの予測です。
                もし雲が去ったら36度になるかも。
                来週の天気予報に37度が有りますから妥当な想像でしょう。
                この先台風はどんな状況になるやら心配の種は尽きません。

                コロナの影響で様々な変化が来ると予想されてますが身近なところでは人の暮らしで距離も一つと思われます。
                三密からソーシャルデスタンスへの移行です。
                人は三密即ちふれあいが三大欲望の一つです。
                それがソーシャルデスタンスと言う言葉で人と人が切り離されてしまいました。

                これは人間社会では初めての激変では無いでしょうか?
                人間がこの世に出てきて家族を作り集団を作り皆がひしめき合って生活するのが基本であった。
                何をするにも互いにふれあいの中で密に関係を作り協力もし発展もしてきた。

                しかしコロナによってソーシャルデスタンスを強要されて引き裂かれた生活を余儀なくされました。
                この違いは今後人間社会に大きな影響を与える事でしょう。
                日本語でよそよそしい!と言う言葉が有りますが、何となく人と人の間に隙間を感じてしまう気がします。

                意思疎通も人の欲望の一つですがこれも多分ふれあいがあればこそで、よそよそしい関係であれば互いに理解出来ない事になりそうです。
                互いに手を取り合って!これも放棄せざるを得ないとなれば人社会はどうなってしまうでしょうか?
                怖いです。

                テレワークを推奨する、仕事の容態を変える、これも恐ろしい発想です。
                ふれあいが無い職場など日本人には辛すぎます。
                日本人は絆で結ばれた社会に馴染んでましたからデスタンス距離感はゼロだったんです。
                しかし今は盛んにデスタンスを取れ取れと言われて、この盆休みも郷里に帰れないのです。

                本当にこれが普通になってしまったら人間社会の激変を人々は受け入れて生活が可能なのかどうか?
                実に難題を抱える事になります。
                三密を避ける、ソーシャルデスタンスを確保する、これはコロナ対策中だけで後々迄続けるわけでは無いとメッセージが欲しいです。

                そうすれば今の時期だけ我慢辛坊すればコロナ後は安堵の世間を迎えられます。
                しかし生活様式の変容とかの言葉も出て来ているのは多少行き過ぎだと思う。
                コロナで新言葉がたくさん出て来て非常に問題です。
                内容を本当に吟味して発信していればいいのですが、いい加減さも多数見受けられます。
                特別の夏!これも数日前の新語です、新語でも無いかどうか、しかしここで使う言葉かと疑問に思う。

                兎も角このコロナが無事通過して普通に戻ったら思いっきり距離を縮めて生活したいです。
                ベタベタとふれあいながら、気持ち悪いかな。
                握手も出来ない昨今、勿論抱擁もダメ、即濃厚接触になってしまって危険となる訳で不満がいっぱいです。

                コロナ事件の収束は距離を保つと言う一言でしょうが、コロナ後はその距離を削除したいです。
                普通に戻れればそれで良いのです。
                変容は必要無しと言いたいです。
                | 不幸 | 09:55 | - | - | - | - |
                道具の選択ミスNo 4076
                0
                  曇り雨の予報ですが今のところ明るいですからこのまま降らなければと思ってます。
                  今の空は入道雲の崩れた様な雲で梅雨明けになったら雄大な入道雲を毎日見る事になるでしょう。
                  暑い夏が予想されます。

                  そんな暑い夏でも新型コロナウイルスの風邪症状が相変わらず猛威で活発に人を渡り歩いています。
                  凄いウイルスなんですよきっと。
                  逆に寒くなったらウイルスも寒さに凍えて不活になるでしょうかね、無理だね。
                  明日から連休が始まり政府が移動せよとキャンペーンを張ってますから益々ウイルスもあちこち飛び回るのです。

                  こんな状態にして感染拡大にならないと政府は判断しているとしたら大バカ者です。

                  敢えて感染拡大は承知の上で旅を後押しすると言う言い方なら多少は仕方がないかと同情もします。
                  しかしそうした説明もなく混乱に次ぐ混乱の中で実施された訳ですから、自ずと結果は混乱したものになります。
                  即ち良い結果が生まれないと言う事です。

                  諸葛孔明の様な思慮深い人が日本には生まれないのでしょうか。
                  三顧の礼をしてまで政権に迎える入れる様な人を探す事が出来ないのでしょうか?
                  ここは一番頼れる人が現れてくる事を期待したいです。

                  でも諦めてはいけません、捨てる神もいれば拾う神も居ると言いますから、希望は捨て難いです。
                  それにしても滑稽です、このキャンペーンを取り仕切っている連中の行動判断は有能な人の行為では有りません。
                  確かに政治家は単に選挙で選ばれた人であって、選挙上手なだけの人も多いと思うのです。

                  必ずしも有能な人が政治家ではありません、特に自民党議員は過去の流れで政治家になっているだけです。
                  小泉進次郎だって果たして有能な政治家所謂能力が有るかといえば疑問符が付きます。
                  今度のキャンペーンについて疑問が有ればドンドン意見を突きつける勇気も無ければただが黙って見ているだけです。
                  この姿勢は江戸幕府時代の名残です。

                  流れに乗って自己の位置を保全することに徹したのです。
                  これが今で言う保守派で自民党なわけです。
                  自分の選挙区で盤石の状態を維持するだけで政治家の行動の殆どを費やしているのです。
                  所謂地元の為に働く先生になるわけです。

                  ですからキャンペーンが道理にかなわないと言ってもどうでも良いわけで選挙に余り影響が無ければいいのです。
                  勿論自民党の支持率が下がって野党と肉薄すれば真剣度も増しますが現状では野党を大幅に引き離していますから安泰なんです。

                  怖いもの無しの自民党政治家なのです、そこには危機意識も無ければ改善等も思考しなくていいのです。
                  ただ安全な椅子を確保できれば騒ぐ必要は有りません。
                  国会の閉鎖中は自由ですから地元で夏祭り等に参加すれば良いだけで、今年は祭りも中止が多いですから何もする事が無いでしょう。

                  だったら国会を開いてあーでも無いこーでも無いと議論を交わしていればいいのですがそれも億劫で野党からの国会開催を拒否しています。
                  本当に政治をしようと国会議員になったからには兎に角国民と接点を持って国をどう言う方向に持っていくのか勉強するでしょう。

                  この地域に小泉進次郎等来た事が有りません、ましてや地元の議員はメロン配りに忙しい菅原一誠ですから議員懇談会など開ける状態でもありません。
                  結局議員の力などゼロと言ってもいいでしょう。
                  その意味から考えると有能な勇敢なトップ政治家が必要になって来るわけです。

                  維新などと政治団体の名前に入れるので有れば、もっともっと維新の勉強をして維持を目指して欲しいのです。
                  しかし多分維新と言う言葉で国民にいい印象を与える様な低レベルで有れば期待はゼロです。
                  又明治維新の維新を想像させているのでしょうが、明治維新は失敗作の維新です。

                  明治維新は大久保利通の強権政治で有り、山縣有朋の貴族等を優遇した爵位社会を作り際立った贅沢をしたのです。
                  まだ市民にとっては江戸幕府時代の方が良かったのです。
                  ただ世界が産業革命で物づくりし始めた影響で鎖国状態を解体せねばならなかっただけです。

                  もし徳川慶喜が鎖国を解除して世界と手を取り合えば、維新無くして日本はスムーズに政治体制を変えられたでしょう。
                  攘夷などの言葉も生まれないで済んだでしょう、国内の内乱もせずに犠牲者も出さずに。
                  歴史を変える事は出来ませんが、当時十分な熟慮の出来る人が存在していれば、と言うことです。

                  日本には本当に有能な人がいないのでしょうか?
                  藤井棋聖の様な若々しいスターが政治部門で出てきませんか?
                  天才的な奇抜な手をこなせる人が居てもおかしく無い気がするのですが、政治は個人技を発揮出来ない団体戦ですからダメですか?

                  諦めきれない日本の行くへ、新型コロナウイルスの様なニューフェイスに対抗出来るニューフェイスを出したいですがねえ!
                  | 不幸 | 09:36 | - | - | - | - |
                  一年先は読めないのかNo 4067
                  0
                    今週は雨の連続予報になってます。
                    小雨だから良いもののもし豪雨の連続であればここでも重大な災害地になることでしょう。
                    昨日は久しぶりに太陽が真上から射して来て気持ち良い日焼けをしました。

                    いつ頃梅雨明けになるやらニュースに出て来ませんね。
                    コロナもウンザリですが梅雨もうっとうしいです。
                    心が萎えること、それを吹き飛ばす苦労は日本人皆でしょう。

                    しかしそうした状況なのに政府筋から出てくるコメントは先の見通しなどありません。
                    GOTOキャンペーンだけは聞こえて来ますがどれほどの関心が有るのか政府筋は掴んでいるのだろうか?
                    世界中でも感染者数が過去を更新してドンドン増えていますがそうした数字を日本政府はどう認識し判断しているのか。
                    全く関心が無いのか国民などどうでも良いから経済が立ち直ればいいのだ。
                    と言うことでしょうか。

                    このキャンペーンが成功すると思っているのかどうか、1兆円以上ものお金を使うのなら被災地へ回したら良いと思うがね。
                    被災した人々は何もかも濁流に流されて欲しいものがいっぱい有るでしょう。
                    それに使って貰えば経済効果にも役立つでしょう。

                    臨機応変と言う良い言葉が有るのですからぜひ頭の回転を良くして欲しい。
                    この先甚大な自然災害は必ず来ると予想しておくことが肝心です。
                    台風も相当に大型化してくる事も予想の内です。

                    ですからこの先1年間の問題になりそうな予測をして置くことで次の手を早く打てます。
                    コロナについてもここまで感染拡大が続いているなら一年後には収束の見通しが立つでしょうか。
                    誰の目から見ても無理と思うでしょう。
                    早めにオリンピックについては結論を出したらいいだが政府はかじりついてます。

                    政治とは現時点も大事ですが先の見通しが明るい状態にする事も重要な課題です。
                    現時点でどう見たって明るさが見えません、GOTOキャンペーンが明るい材料としようとしているのが見え見えです。
                    しかし誰も振り向かねば失敗です、失敗の典型的な思考です。
                    大阪も阪神色を点灯したそうですからね(黄色)
                    東京も巨人色のオレンジを点灯したらいいのに、真似事好きな小池新知事さんよ。

                    黄色もオレンジ色も中途半端な色合いですから今時丁度良いかも。
                    先日の真っ赤はいただけませんでしたよ。
                    誰が見ても激しすぎで刺激が大きかったです。
                    色彩感覚に問題があるのかどうか。

                    国会も休みですから国の方向も市民は聞くことが出来ません。
                    こんな時に重要な課題が多くあるのに議員達は賭けゴルフ賭け麻雀などしていて良いもんですかね。(原監督などの様に)
                    しかし我々は賭け事については何となく正義感から外れると思いながらやってました。
                    ところが現代は金額が少なければ賭け事はOKだと是認しているのです。

                    では花札やチンチロリン(サイコロ)なども街中(勿論家に中で)でやっても良いのですかね。
                    チンチロリンは結構ハマりの賭け事です。
                    123は倍付、456は倍返し、ピンゾロは5倍とか実に賽の目の面白さは時間を忘れさせます。
                    老人などは簡単ですから直ぐに夢中になるかもよ。

                    サイコロ3個とどんぶりが有ればどこでもいつでも何人でも出来ます。
                    ただ音がどんぶりにぶつかりサイコロのチンチロリンと出るのが喧しいかもよ。
                    兎も角時代は変わったのですから賭け事はドンドンやるべしです。
                    昔から賭け事が一つの生きがい的な魔物です。

                    それが面白いのです。
                    とんでもない話題に進んでいますがこの辺で戻さねばなりません。
                    一年後先程度ぐらい政府は市民に示して欲しいものです。
                    予測ですから当然その通りに行きませんが、夏には熱中症対策を、秋には台風が、冬にはコロナ再拡大とか、来年の春はとか、なんとかかんとか予測してみたら良いと思う。

                    そこに市民の安心材料が含まれればこの先に前進し易いです。
                    何も示されないから市民は賭けに走ってパチンコ屋に殺到しているのです。
                    夜の街に通う訳です。
                    宴会も多くなって行くでしょう。
                    何もかも先が見えないから手探りで行動しているわけです。
                    恐ろしい時代ですがこれが現実の社会です。
                    | 不幸 | 09:37 | - | - | - | - |
                    政治色指導者が多いNo 4037
                    0
                      梅雨らしい雨になって自粛には適してますがアラートも解除され自粛も自然解消と、なんだか嘘の様な自粛期間でした。
                      なんだったのか?
                      世間の騒ぎはメディアの影響だったのかも。
                      人間の行動は恐怖に弱い事を物語ったのか?

                      兎も角も経済回復への歩行が始まりましたが、一方では第二波の恐怖も相変わらず残っています。
                      昨日の報道でベトナムやタイの状況を知りましたが、優等生の国が非常に神経質に対応している事を知りました。
                      日本でも岩手は優等生そのものですが矢張り感染防止に対する気構えが違うのかも知れません。

                      ベトナムは死者ゼロです。その対応は早々に海外遮断をした事が良かった様です。
                      社会主義国ですが国民全てに何らかの危機感を共有出来たのではないかと思います。
                      勿論街を封鎖した様ですがそれでも経済は落ちてない様です。

                      タイも死者も少なく安全な国になって人の行動も活発になって来たとか。
                      但し夜の街即ち飲み屋はまだ規制中だとか?
                      日本よりも優等生なのに厳しくする所はキチンと管理しているものだと感心しました。
                      それに比べて東京はまだ25人も感染者が出ているのに飲食店や夜の街を緩和するアラート解除は拙速と言う他無いです。

                      全てが指導者の判断で行動を規制か緩和かに分かれます。
                      良き指導者に導かれた国は幸運です。 一方米国の様に愚鈍な指導者では国民も不幸になってしまいます。
                      トランプは次の選挙運動を行う必要が無い、ある意味では絶対の条件を与えられたのです。

                      しかしトランプは別の行動を取りました即ちコロナ対策をなおざりにして、国民の信頼を失いました。
                      通常災難などが起きたときはそれに集中して対策を行えば支持率は70%を超える程高くなるのです。
                      しかしトランプは逆でした、支持率は下がり相手を優位な状態へ押しやったのです。

                      日本ではどうでしょうか?
                      安倍政権も支持率の低下で国民の信頼から遠く離れています。
                      小泉元首相が色紙に何とかの信頼と言う事を書いて二階氏に渡したそうですが。今は信頼を得る努力しか残ってません。

                      こうして見ると指導者の基本は物事をキチッと完了させる為の努力が要求させているだけです。
                      指導者が何事もキチンと処理すれば国民も安心して行動も一糸乱れず行います。
                      安倍政権は全て逆の事しかしませんから次々に不信が積み重なってます。
                      安倍政権の特徴ですかね、ずーっと長い政権下で同じパターンで不信の連続でした。
                      こんな政権も珍しいですが、その事に誰も手を出せなかったとは情けない政治家連中です。

                      一強を許した国会議員の全員に落第の証書を渡して上げたいです。
                      今の議員は次の選挙に立候補出来ない法律を作って貰いたいです。
                      国会議員は一期だけとする、そうすれば新しい人材が生まれて、新し企画も作られて、新しい時代が来ます

                      東京都も小池百合子さんの立候補はダメと言う自治体法が出来れば、コレまでの様なデタラメなアラートなど作らなかったと思います。
                      この先アラートの解除で感染者急増が起きると考えた方がいいでしょう。
                      しかしアラート解除したんです、それは選挙の為です。
                      アラート解除と同時に立候補するとアナウンスしたのには馬鹿じゃ無いと感じました。

                      一方でメディアもそれに乗っかり前回の得票数をオーバーする様な事を書いてます。
                      コレ又馬鹿げた報道です。
                      それよりも選挙に出ないで最後までコロナ対策に翻弄されて終わりたいと言ったら、都民が是非是非続けて欲しいと願うでしょう。

                      ニューヨーククオモ知事の様な確かな対応をしてくれれば誰でも続けて!って言いますよ。
                      馬鹿な指導者の下で過ごさねばならない国民都民が可哀想です。
                      ベトナムもタイもニュージーランドも良い指導者に恵まれて早い段階から自由と仕事を両立しています。

                      指導者は政治色に染まっては為政者になれません。
                      指導者は政治家では有りません、為政者なのです。
                      政治家はトランプや安倍晋三の様な人です。
                      | 不幸 | 10:55 | - | - | - | - |