RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

自然の豊かさを心の泉に

地球上の大自然は素晴らしい。その豊かさに抱かれて。
寒い時期に入った感No 4143
0
    今朝の冷気はひんやり感が有りました。
    冬の寒さとは別で気持ち良さを与えてくれるいい気候です。
    それにしても太陽が何故出て来ないの?
    明日は晴れマークですから大いに期待します。

    もう直ぐ10月です、寒くなるのもうなずけますがどうもこう曇りばかりじゃ季節感がイマイチです。
    洋服も秋物と言うか冬支度で夏物と入れ替えました。
    それ程の枚数じゃ無いですから簡単に整理出来てます。
    それでも夏冬ごっちゃにしていては困るので整理だけはきちんとしてます。

    生活もコロナを意識しての毎日ですがもう慣れて来ました。
    それ程のストレスになってません、手洗いや消毒マスクには気を付けますがそれ以外は感覚的に戻しているのです。
    この先コロナとの付き合いは長いですからそれなりに気分転換をしないとね。

    自粛などは最近気にせずに気ままに行動する様にしてます。
    ほぼ毎日リハビリと言うかマッサージに通ってますが治療用のベットも厳密に消毒している様には見えないし、ごく普通の対応です。
    ですから病院側も重大な感染症と捉えて無いかも知れません。

    整形外科は多くはお年寄りです、通える方々はとりあえず歩く元気が有るから通院しているのです。
    こちらもマッサージ後に楽になるからそれに時間も余裕ですから通います。
    そうした方々が集まる所は感染リスクは低いと見ています。
    殆ど心配していません。

    他にもスーパーの買い物なども最近は混み合ってますが一応全員マスクをしてますから気になりません。
    以前は混雑を避ける時間帯を狙いましたがね。
    こうしてどんどん普通の状態になって行くのでしょう。

    世間で言われている程このコロナ感染は重大事では無いのかもしれません。
    普通の風邪とそれ程違いが無いのかも?
    普通の風邪でもひどい時は数日寝込む事だって有りますからね。
    咳き込む事もまま有りますから、もし今までの風邪の患者数を拾ったら今の数字以上になっているかもよ。
    夏風邪を引いたなども良く有りましたからこのコロナウイルスだけが夏でも勢いがあると言うものでも無いのかも。

    WHO のパンデミックで世界中がビクビクしているだけかもしれません。
    日に四百人などの風邪患者は少ないですよ、都の人口が1200万人も居るのですから。
    以前に風邪患者数のデータが有れば比較してみたい所ですが無いでしょうね。
    風邪ですからね、単に風邪というだけの事です。
    但し昔から風邪は万病の元と言われてましたから大事に至る事は重々承知してます。

    マスクをして手洗い消毒に気をつけていれば怖がる必要が無いと感じて来ました。
    と言うか最初から普通の風邪程度だと言うふれ込みでしたから、実際にはその程度なのかも知れません。
    トランプの様々な発言はある面では当たっているかもよ。

    但しワクチンとかの発言に問題は有るとは思いますがね。
    最近のトランプはマスクを付けて無いですね、確かにマスクは鬱陶しいですよ、できれば外していたいです。
    道を歩く時は対向者無い時や混んで無い時にマスクを外しますが気持ちいいですよ。

    外気を直接吸える気分は何とも言えません。
    さて今日はマッサージ休みですからスーパーに買い物に行きます。
    今日は日曜日で混雑しているでしょう、消毒はちゃんとやる予定です。
    | 様変わり | 09:16 | - | - | - | - |
    彼岸の節目No 4140
    0
      台風が近づいているのに冷え込んでます。
      普通なら湿った南風に生暖かさを感じるのですが今日は寒いくらいです。
      20度の予報ですから急激な温度変化です。

      彼岸も明日で終わりですが実に言い当ててます。
      暑さ寒さも彼岸までと。
      その節目が予定通りに来るのがこれ又不思議です。
      彼岸は先祖様への御礼事かも知れませんが季節面から言えばガラッと変化する時期です。

      節目が有って四季を感じる訳ですね。
      節目は季節だけで無くいろんな場面で存在します。
      所謂流れの中でこれまでを一応終わって次の始まりです。
      そう考えると面白いです。

      生き様もいろんな所で節目があります。
      よく言う厄年なども身体の変化する節目でありましょう。
      そんな中で今度の政権誕生も節目となるでしょうが未だ未だハッキリとした形が見えて来てません。

      政権と言うものから政治環境の節目にもなり得る時です。
      与野党も何らかの変化する節目で有るかどうか?
      与党内でも変化する兆しが生まれるかどうかです。

      新グループで分裂し野党になって与野党が伯仲すると言う場面になるかも!
      そんな勇気のある与党議員が今じゃ現れそうも無いですが、矢張り節目が来ればその流れもおき得ます。
      多分コロナ禍後にバブル崩壊して大きなうねりが生じるでしょうし、その節目に大きな変化も訪れる可能性が有ります。

      今朝の記事に中世の時代へ逆戻りする事も視野に入れている方も居ます。
      歴史は繰り返すと言う言葉が何らかの節目で起きる事も考えられます。
      ダラダラ進んでいる現在の世の中は決して正道では無い筈です。
      何らかの節目節目を見つめて正しい道を歩まねば落とし穴にはまり込んでしまいます。

      現状の金融緩和政策が一番混乱を引き起こす可能性が高そうに思えてなりません。
      その節目に何が起きるのかある面では崩壊で、次の面で新たな新生になるのです。
      それを予想出来れば楽しい事ですが季節の節目と違って人の社会は複雑過ぎます。
      富嶽を結集して計算すればどんな社会が望ましいのか?答えてくれましょうか。

      先ずは菅首相の出番の節目をじっくりと観察して置きたいです。
      安倍前政権の猛暑から菅政権の冷感へ移行したのかどうか?
      相変わらず猛暑何かどうか。
      何にしても不安要素だけは無い方が良いです。
      ストレスの無い社会であれば多少の辛さは我慢です。
      辛さがストレスとなれば別ですがね、程度問題です。
      | 様変わり | 10:22 | - | - | - | - |
      安住の場はいずこNo 4103
      0
        相変わらずの猛暑に言葉を失いました。
        関西風ではどんな表現になるんでしょうか?
        ボチボチでんなあ!の様な曖昧な言葉が有りますか。
        関東の言葉は直接的が多いですからキツイ表現になってしまって含みが無いんです。

        実際ふれあいも無いですから言葉も要らず、無口になってます。
        一昨日友人から電話が有りましたが長電話になってしまいます。
        やはり会話をしたがっているのです。
        いつになったら面と向かって会話が出来るのでしょうか?
        実際には3月後半から自粛などが始まり会話が途絶えたのですから半年に満たないのに、もう耐えられないのです。

        ふれあいと意思疎通が共存して初めて生き甲斐を感じると言うものです。
        それ程人恋しいのです。
        古い写真を見ても思い出は絵に出て来ますがそれだけです。
        満足の度合いがふれあいと全然違います。
        仲間と言うものが如何に大事かをコロナの分断で再確認しています。

        遠くまで遠征しての会合じゃ無くても今は遠慮しなくてはいけないのですからこのコロナは一体何者だ。
        悪魔の懲らしめだけでは無さそうです。
        人間に対する怨みを持って攻撃して来ている宇宙人的コロナです。
        それに歯向かう事も出来ずに自粛や控えろ的行動抑制は地球上に安住が無いです。
        日本だけならどっかに逃げる道も有るでしょうが米国もフランスもどこへ行っても似たり寄ったりです。

        安住の場がオアシスの湖が有ったら、どれほどの嬉しい事かと恨めしい気持ちです。
        普通ならこの猛暑時期だったら避暑地へ移動して涼む事も出来ますが、コロナ禍の為に移動さえ控えろ!ですからねえ。
        行く方も迎える方も疑心暗鬼になって気持ちが一致しません。
        沖縄も収まりそうですが、ちょっとした旅行者の多くが移動しただけで騒ぎが大きくなったのです。
        ジッとしていれば確かに感染しない事は実証済みですが耐え忍ぶ心構が大変です。 息抜きが必要です。

        しかし息抜きもままなら無いコロナ禍をどう過ごすのか?
        家で旨いものを作って食べる満足は得られます。
        その次は体重の増加で、次は胴回りのブヨブヨに、次は血圧の上昇に、次々に悪のブーメランになります。
        ビールも日中の暑さを理由に早めに飲み始め枝豆にピーナツなども口に入りますから当然カロリーオーバーです。

        毎日の体重測定に脅威を感じ始めました。
        体重計の体年齢が57歳前後だったのが昨日は60歳に跳ね上がりました。
        この傾向はカロリーオーバーが原因です、外出などウロウロしていれば呑み食いせずに済むところですからねえ。
        そろそろ自粛を解禁して外出を再度進めましょうか?

        先月末から二週間以上も軟禁状態でしたからこの辺で少し歩き出します。
        安住の場が無いのですが、その時期迄待っていたらお腹ポッコリの爺様になってしまいそうです。
        コロナ禍の二次的被害者にならない工夫がこれからも必要です。
        | 様変わり | 10:34 | - | - | - | - |
        仕事量は減っている?No 4082
        0
          けさもどんよりと雲が垂れ込めて雨が落ちて来そうです。
          北陸や東北は豪雨の警戒中でしょうから早めの避難が出されている様です。
          コロナ禍の中での避難は二の足を踏みます。

          今年は豪雨禍が多く踏んだり蹴ったりの一年になってしまいました。
          この先も何が起きるのか心配の種が多いです。
          富士山の噴火も人ごとじゃ無いと先日コラムに有りました、既に噴火しても良い時期に来ているとか。
          都心の大地震もいつ来てもおかしくないとも言われて久しくいろんな心配事が重なってます。

          一方経済面では今どんな状態まで落ち込んでいるのか?数的な報道が少ないので分かりかねます。
          航空会社などは海外便で90%なにがしの減便とかありますが実際にどんな状態なんでしょうか。
          海外便のカウンターは閉鎖状態でしょうからそこで働いている人たちは何をしているのか。

          勿論カウンターだけでは有りません、飛行機を飛ばすためにはたくさんの人々が関わっている訳で、飛ばない今はその従業員の仕事は?
          何も運輸業だけでは無く他の業界でも昨年並みの仕事は無いでしょう。
          建設業だってオリンピック前の景気は今じゃ半分以下それ以上でしょう。

          多くの仕事量が減っているのだろうが、なぜテレワークが進まず、通勤が変わらないのか。
          実に不思議です。
          仕事量が減らない業種も有るかと思いますが多くは大幅な現象でしょう。
          ですから無理矢理にGoToキャンペーンを行う訳で、危険を犯してまで実施せざるを得ない事情になっています。

          では静かにコロナが通過する迄ジッと待つことは出来ないのか。
          経済を回さないと生活が出来ないのでしょうか?
          そうとは思われませんが、そうした記事が見当たりません。
          もしマイナス成長だとしても貧窮する事にもならないでしょうし、餓死者が出ることもないでしょう。

          何故に経済経済と政府は騒ぐのですか?と素人は見てますがどうなんでしょう。
          長年経済成長も順当だとは言えなかった安倍政権時代、アベノミクスはどうだったのかも検証されてない様な気がしますが。
          結局経済を論じると何か政治をやっているような錯覚に陥るのではと思う。
          外交は目詰まり状態で、北方領土も返還の声さえ出ません。
          拉致問題も最近首相からの発信はありません。
          イージスアショアも今後どうなるのかも、北朝鮮との外交も発展しません。
          ましてや韓国との親交などすっかり遠のいて、逆に難題がこれからどんどん出てきます。
          中国との問題も米中関係に大きな意見の違いが出ている現在、国賓で習近平を呼ぶなど不可能になってます。

          グローバル化から鎖国化に転換する程のコロナ禍ですからここは多少減速してもジッと辛坊の刻ではないでしょうかね。
          不用不急の言葉が今一番適合するのはサラリーマンに向けてではないなと思う。
          事務所に行って仕事量が少なかったら、サッサと家に帰れば通勤地獄から解放されます。
          朝も定時に出社しなくても、少ない仕事量だったら時間の予測は出来ますから遅めの出勤でも十分でしょう。
          昼時間のここの地下鉄は10%に満たない乗車率ですよ。

          この際真面目な日本人サラリーマンの変革の刻ではと感じて仕方が無いのです。
          勿論経営者の方も考えを変えねばなりませんが、お偉方は下々の仕事など分かりませんから、自主的にサラリーマンの方で行動する事です。
          もし就業時間より少ない時間しか事務所にいなかったからと言って給料が下がる事は無いでしょう。

          もし下がったとしても多少の減額など気にする事は有りません。
          最近サラリーマンの服装も変わってきたとも言います。
          これはフランスでの報道でしたが、女性はブラジャーなどしなくなったとか?
          靴にハイヒールなどはやめて、運動靴にしているとか。
          勿論服装はラフな感じで、背広はほとんど無しで、背広屋さんが困っていると言います。
          日本で言えば青山等の洋品店でしょうがか?

          コロナ禍は人間の生活スタイルを変えさせようとしているかに見えます。
          それに抗っても結果はコロナ感染者数を増大させるだけで、コロナ時代を演出させて居るのです。
          コロナを収束させる事が人社会の目標目的だった筈ですが、共存とか増大とかを許す人間の知恵はどっか間違っています。

          仕事量が少ない時の知恵を早く見つけて対応させ、コロナをやっつける工夫が大事な刻です。
          逆に仕事量を増やそうとヤッキになって居る政府は勘違いの産物です。
          自然の状態はどんな形かを再考する時期に来ています。
          | 様変わり | 09:58 | - | - | - | - |
          活気の歓声No 4026
          0
            太陽が中々現れない今日この頃午後はカラッと晴れる予報ですがどうなりますか?
            だいぶ厚い雲ですから吹き飛んでくれるにでしょうか。
            このまま梅雨入りになるのかどうか。

            園児たちが普段の状態に戻って来た様です。
            それはそれは凄い歓声が届いています。
            元気そのものです。
            園児たちは嬉しくて手当たり次第遊んでいます。

            保育士も久しぶりに子供達と会えて頑張って居ます。
            こうして普通に戻って何事も無く過ごせたらと思ってましたが、案外早く来ました。
            数ヶ月の自粛がなんだったのか?と思う気分です。

            過ぎ去ってしまえば辛さも消えてしまいます。
            勿論感染して病院で苦労をされた方々には悪夢だったでしょう。
            医療従事者の懸命な対応も死に物狂いで戦ったでしょう。
            自分を顧みないで人の命を救う精神は並大抵のものでは有りません。

            有る時は恐怖に押しつぶされて涙も流したでしょう。
            命を救ってあげられなかったと悔やみも有るでしょう。
            医療器具材料が有ったらもっと安全に行動出来たのにと憤りも感じたでしょう。

            それぞれの人が何かを経験したわけです。
            一方自粛を徹底して外出も外食も居酒屋も行かない事はこれまた初めての経験でした。
            コロナ疲れとも言われて之また精神的な圧迫も有りました。
            しかし時の経過と共にウイルスの感染力の減退か?人の行動自制努力の結果か?現在に至りました。

            世界中で自由な行動へシフトを変えて、コロナウイルスを気にしながらの生活に戻りました。
            まだまだ感染の危険があるものの、自由を束縛する事の難しさも世界中で経験しました。
            人は病気の怖さを知っても自由の束縛の方が怖がる事を物語っているのです。

            しかし中国はどうでしょう?人の自由を国家が制限して束縛する状態は尋常では有りません。
            どんなに稼いで海外に遊びに行ったとしても一時的な自由だけしか無いわけです。
            香港の自由な生活を制限する事は人間社会では有ってはならない事です。

            現在の世界でこうした自由を制限されている国家は中国だけでしょう。
            経済的に世界のトップに躍り出ても、人間らしい生き方が出来ないのなら貧乏国で有ってもそちらを選ぶでしょう。
            中国の思想改革はいつかは行われる筈です。

            フランス革命だって自由を求めて戦い、自由を得たのですから同じ経過を中国にも来る事は自明の理です。
            コロナ惨事を機会に世界が変わる一番は中国思想の改革です。
            中国が自由を尊重する国になったら世界一良い国家になるでしょう。

            中国には古い古い文化もたくさん有り考古学的にも魅力の有る国です。
            日本は近隣ですから数時間でいつでも旅行する事が出来ます。
            世界が分断した社会を作ろうとする動きが有る反面、逆にもっともっと近しい間柄を作ろうと言う気持ちだって有る筈です。

            活気が戻って来ても世界が分断して居れば楽しい社会では有りません。
            お互いにお互いを敬い助け合い楽園を作る努力が為されればいい地球になります。
            夢の様な世界がコロナ後に生まれて欲しいと願望しています。
            | 様変わり | 10:05 | - | - | - | - |
            静寂から喧騒へNo 4022
            0
              やっと青空が戻ってきました。
              とは言っても快晴ではなく薄い雲が直射日光を遮って、優しい雰囲気です。
              初夏の一番いい時期です、ですが学校は相変わらず休校が続いて児童たちは可哀想です。
              校庭で騒ぎたいであろうがそれを許さない大人のエゴなのでしょうか?

              動物の中でこれ程までに抑制コントロールするのは人間だけでしょう。
              自然現象に対する防衛力が乏しい事ですか?
              洗練され過ぎた生き物にされて居るのでしょうか?
              アマゾン奥の原住民もコロナウイルスに侵されていると言う記事を見ましたが、現代人で無くてもコロナウイルスに弱い事を物語っています。

              自粛の際は世の中の静寂を何となく感じていましたが今は以前の状態に戻ったのでしょうか。
              殆どが出歩いてないので電車にも乗ってませんから街中のことは分からない状態です。
              テレビや記事でも実感出来ないのでそろそろ東京駅でも行って見ましょうかね?

              旅行者は移動者はどうなっているのでしょう。
              海外の人に会う事が出来るのでしょうか。
              土日の銀座歩行者天国は普通に戻っているなら出かけて見たいです、銀座ライオンで生ビールを2杯程飲んで銀ブラして。

              そんな気持ちを持てる様になって来たと言う事は普通になって来たのでしょう。
              矢張り街中の喧騒が刺激材料になります。
              ジッとステイホームではボケてしまうかも知れません。

              脳にはなんらかの刺激を常に与えて置かねば脳を使う必要が無くなってしまいます。
              これがボケへ繋がって行くのではと思うのです。
              今度の自粛でボケへ進んだ老人が多くなって居るのではと心配です。

              都会は静寂など無いのが普通ですから静寂の中は無刺激です、矢張り出歩いて刺激を求めたいです。
              テレビも記事も相変わらずコロナウイルスの関連が多くもう最近では刺激的な内容が無くなってます
              確かに毎日報道していれば、ネタが切れますよ。

              又登場人物の顔も代わり映えしませんからマンネリです。
              内容も人もマンネリですから刺激がなくなる事は当然でしょう。
              それにしてもコロナウイルスが中国で出た時の刺激は軽いものでした。
              しかし現実に都内で100人以上の感染者が出た時には緊張感が走りました。

              もし1000人以上もの数字が出たらどんな状況に心理的に恐怖感はどうだったのか?
              実に恐ろしい経験になっていたでしょう。
              勿論医療崩壊も起きていたでしょうし、死者数も何十倍になっていたでしょう。
              無事に一次波は過ぎましたので安心は出来ないですが、ホッとした気分になってます。
              この先どんな世界になって行くのか?未だ予断を許しません。

              ですから静寂の継続も良いかも、喧騒はもう少し後に先送りがいいでしょうか?
              銀ブラも来月になってからにしましょう!
              | 様変わり | 09:16 | - | - | - | - |
              新しい方向にNo 4011
              0
                分厚い雲に覆われた空はどす黒く今にも雨が落ちてくる様な雰囲気です。
                気温も低くとは言っても室温24.5度ですが肌着一枚では涼しい過ぎます。
                こんな日は自粛日ですかね。

                新型コロナウイルス関連ニュースも徐々に変わって来た感じがします。
                もう感染者数とかPCR検査とかに興味は無くなりました。
                世界で何百万人と言う数字が想像出来ない数字になって来ました。

                今後何処まで広がって行くのか?
                或いは収束して減って行くのか?
                誰も分からない事になって来ました。
                先が見えない事に心配しなければなりません。

                よって長い間この状態が続くでしょうから、その状態に従うしか無いです。
                これが「新しい生活スタイル」とすれば辛い時代になります。
                新たな日常に早く慣れて戸惑いを無くしたい所です。

                そんな状況になって居る現在、様々な新しい情報が多く見かける様になったと感じます。
                先ずは経済的な話が有りました。
                実際に経済を勉強せねば日銀短観だのGDP云々など素人には分かりません。

                しかし最近は解説もわかる様な内容になって来た様に思えます。
                一方ウイルスに関しても喫煙者の問題点も実に分かりやすく説明した文章も見えてきました。
                重点部分だけメモで残してますが非常に参考になります。

                今後も共存と言う事が言われ続けるでしょうが、それには有る程度の理解が必要です。
                現在の政府筋の訳の分からない発信では今後市民を騙す事は出来なくなるでしょう。
                新しい生活をするには分かりやすい説明が必要なんです。

                この機会に様々な知識を身につけて、新しい生活スタイルをして行きたいですね。
                | 様変わり | 11:55 | - | - | - | - |
                動向の感心No4010
                0
                  五月晴れが戻ってきました。
                  日替わりの天気です。
                  爽やかな1日になってますが、そろそろ自由な行動をしても良さそうでしょうか?
                  東京の感染者数も急激に減って来てますから大丈夫ですよね。

                  でも万が一を考えると躊躇してしまいます。
                  何処に新型コロナウイルスがうろうろしているのかわかればそこを避ければ安全です、しかし見えないんですよね。
                  当たるも八卦で、当たったらしょうがないと諦めますか?
                  でも当たったら一大事です。
                  実に困った事です。

                  そうなるとステイホームてな横文字になりますが日本語は何処に行ってしまったのでしょう?
                  その点中国はあくまでも漢字社会ですからカタカナ語は無いかもね。
                  そんな事でいろんな記事を読む機会が多くなり知る事も多いです。

                  昨日の仕入れたものはドイツの動向でした。
                  と言うか当然コロナ関連での話ですが、ドイツと中国の深い関係が出てました。
                  実にこうしたコロナ騒ぎが無ければ記事を読む機会が無かったかも。
                  と言う事はコロナによって世界の動向が見えて来たとも言えます。

                  幾つかメモして置きましたがドイツと中国がこれ程迄近づいていたとは想像外でした。
                  何とメルケル首相が12回も中国を訪問して居たと言いますから驚きです、安倍首相は5回だそうですから段違いです。
                  それと重慶とドイツの重要なデュイスブルグ港に鉄道が走っていて週に35〜40便も有ると言う事ですからビックリです。
                  一方新中国州にバイエルン他2州があるそうですが、今回その州で感染者数が全体で17万人ちょっとのところこの3州で13万人以上も出て居ると言います。
                  死者数も同様の傾向だそうです。
                  と言う事は中国との関係の深かった所で日本で言うクラスターが発生したのでしょう。
                  ドイツではクラスターと言う言葉は聞いた事が有りませんがね。

                  又中国からドイツへの投資主にM&Aですが桁違いに増加して居た様です。
                  2015年から2016年に何と24倍も増加したそうで多くの企業が中国企業の傘下に入ったそうです。
                  いやはやこれまたビックリです。
                  そういえば先日破綻したレナウンも中国資本が大きかった様です。

                  その後も増加傾向が続きドイツも気付いた様で2018年に歯止めをかけて急激に激減して居るとか?
                  今まで見えなかった世界中の動向が一部分ですが見せて貰いました。
                  イタリアなどは既に中国にどっぷりと浸かってしまって居るのでしょうかね。
                  その辺も知りたいと思って来ました。
                  中国が2025年に世界の覇者になるのだと息巻いている様ですが現実に向かって居る様な感じを受けます。

                  日本だって習近平主席を国賓で迎えると言う感覚ですから中国の恩恵に感謝感謝でしょうか?
                  もう米国は影が薄くなって世界を纏める力が減退してきて居る様な感じさえ受けます。

                  コロナでその勢いが潮目が変わって、一気に中国の流れに行ってしまうのでしょうか?
                  日本はサプライチェーンの再構築だの言ってますが、なんと言っても中国の労働力や広大な大地を使わざるを得ないでしょう。
                  となれば、従来と変えようが無い事になりますか?
                  どうなってしまうのか、米国のビックさが消えるのでしょうか?

                  後10年後が正念場になりましょうか。
                  そういえばウイルスは10年毎に新しく現れるのは、10年で世の中を変える目的が有るからだと言う人が居ました。
                  当たって居るかもね、昔から10年一昔と言いますからね。
                  変化の動向を客観的に眺めるのもいいかも。
                  | 様変わり | 11:17 | - | - | - | - |
                  頼りは自分だけNo 3988
                  0
                    空は一面青く広がってますが風が強く吹いていて何となく冷えます。
                    南風と言う事ですが感じでは北風っぽいです。
                    早く落ち着いた暖かさが来ませんかねえ。

                    今日からゴールデンウィークが始まって居る人も居るでしょうね。
                    さてさて長い休みにどっかでのんびりしたいと言う気持ちは日本中で思って居るでしょう。
                    新型コロナウイルスの言葉から逃れたい気持ちをどっかで払拭したい気分です。

                    その払拭ですが結論はもう出ています。
                    感染を抑える事です。
                    それ以外に現状で対応できない訳です。
                    ですから外に出ないでジッと辛坊の1ヶ月を過ごせば、良い結果が現れます。
                    しかし辛坊出来ない輩が多いと今度は異常さが異常として現れて収拾が付かなくなります。

                    それは海外で実証済みですからこれこそが確実なエビデンスです。
                    そうしたエビデンスを知っていながら、何故辛坊出来ないのか?
                    誰が言っても効き目の無い輩に、馬鹿につける薬がないのと同じです。

                    馬耳東風とも、これに類する諺や言葉が多いです。
                    多いと言うことは人間の性にこうした馬鹿さ加減が締める割合が高いと言う事でしょうか?
                    どうにもならない車の渋滞を今日も起きているのでしょうか?

                    ステイホームも効き目が無かったら、もうお手上げです。
                    としたら、防衛は自分でやるしか無いのです。
                    自分でやる!ここです。

                    ここに油断を作ってしまったら、もうおしまいです。
                    油断大敵と言う言葉が実に良く表現しています。
                    油断こそが敵に敗北を生むのです。
                    信長も本能寺で明智光秀に撃たれた事も油断の結果だったと思いますよ。

                    兎も角、油断無く新型コロナウイルスに立ち向かわねば、緊張を緩めずに侵入を阻止せねばなりません。
                    政府が知事がどんなことを発しても、効果は微小だとしたら、自分で防衛方法を確立させる事です。

                    頼れるのは自分だけになってしまったんです。
                    そうしたら完全な防衛策を自分で作る事です。
                    考える時間は有り余る程有る現在、色んな面から検討して最良な防衛策を考案する事です。

                    それにはエビデンスを最重要視することでしょう、中山教授も言ってます。
                    政府筋のエビデンスを曲げてしまった警戒情報では自分を守れません。
                    80%を70%に変える事がどんな意味合いかを理解しない安倍晋三の発言を信じていたら安全は確保出来ません。

                    接触を80%減らすと言う事であって、街中の動いている人口を数えたって意味が違います。
                    何か勘違いして居ます。
                    接触とは人と会う事ですから、会う機会をゼロにする程度の覚悟が大事です。

                    そうなんですよ!覚悟なんです。
                    覚悟して辛坊するんです。
                    基本的な底辺に置くものを知る事です。
                    安倍晋三の言葉にそうした基本用語が使われて居ません。
                    誰が書いたか分かりませんが、ダラダラと長い文章を読んでも、何処が大事なポイントか分かりません。

                    そうなんです、今日の発言のポイントはこれですよ!と明快にすればいいのです。
                    それを言った上で補足説明すれば良いのです。
                    それと文章は簡潔に。
                    政治の場でははぐらかす為に、ああでも無いこうでも無いとダラダラが多いです。
                    ですが国民向けは相手が政治家じゃ無いんです。

                    簡単な言葉と短い文体の組み合わせで、演説も選挙と違うのですから、簡潔に。
                    話の相手は純朴な国民なんです。
                    国会の政治家同士の狸と狐じゃないんです。

                    それが出来ない安倍政権ですから、もう頼れません。
                    だとしたら、答えは一つ自分で納得する防衛策の構築です。
                    残念ながら政府への期待はゼロです。
                    | 様変わり | 11:43 | - | - | - | - |
                    中間層の減少か No 3814
                    0
                      多少の雲が出ているせいか涼しいです。
                      昨日の様に快晴になれば又夏日になったのでしょうか?
                      昨日は暑かったですよ、部屋の中に陽が燦々と入って来て裸で過ごしました。

                      11月に入ったんですから天気も落ち着いて欲しいものです。
                      ニュースでメコン川の水が少なくなって1km程有った川幅が数十mになっているとか?
                      あちらはモンスーンが来ない為も有るとか。
                      その分日本に来たのではないかね。
                      それにしても1kmの川幅とは凄いです、多摩川もそれだけの川幅だったら安心出来ますがね。

                      いつのまにか見られなくなったビトンのバッグ、不思議です。
                      我々の若い頃は女性たちのバッグはビトンがほぼ100%近く持ってました。
                      財布もそうです、財布は男性も多く持ってました。
                      いわゆる中間層の生活を見せたい気分があったのでしょうかね。

                      ブランド品を持つ、これが中間層にとって重要な要素だったようです。
                      ネクタイはエルメスを高級品として使ってました。
                      今は殆ど使いませんが100本程度タンスに入れてます。
                      コートはチェックの裏地即ち忘れちゃったでしたよ。思い出したバーバリー。

                      ベルトはダンフィル、眼鏡もダンフィル、時計はオメガ、背広は英国生地などなど。
                      そうした所に余計なお金を使ったのでした。
                      それが普通でしたから当然タンス預金は少なかったですよ。

                      しかし現代はすっかり姿を変えてユニクロの安価なもの、100円ショップの客が多いこと、安い牛丼とかに群がる昼食とか。
                      どうしたのでしょうかね?

                      勿論我々の時代は消費税など有りませんでしたから正札通りで買えたのですがね
                      家具類も結構いっぱい買い込んでました。
                      どこの家でもセパレートのステレオが狭い部屋で威張ってました。
                      兎も角一応高級品を目指して、しかしある程度の所で妥協して、即ち中間層なんです。

                      経済成長も凄かったですから社員旅行は海外に行ってました。
                      ニューヨークとかフランスまでは行けませんでしたがグアムとか東南アジアとか矢張り中間層身分です。
                      それが現代は富裕層と低い層の間、即ち中間層が無くなった様に感じます。

                      1億円以上の収入があって自由に使える富裕層は300万人を超えているとか?
                      一方年収500万円程度が平均の様ですが、家のローンや子供の養育などで使えるお金が少ないのでしょうか?
                      中間層の意識が持てないのでしょう。

                      別に中間層の意識が無いからって特別に卑下する人は居ないでしょう。
                      周りを見れば皆ユニクロ、100円ショップですからブランド品を持たなくても何ら気にならないのです。
                      意識と言うものは恐ろしいものです。

                      こうした日本になってしまったのでデフレも当然の結果です。
                      日本人がみんなでデフレを脱却させようと言う気持ちが生まれれば、積極的に買い物すればデフレは解消します。
                      30年間もデフレ状態が続いている事は精神的に滅入ってしまって居るのです。

                      意識改革して日本が昔の様に景気良くするんだと気持ちを切り替えれば、簡単にデフレは消えます。
                      皆中間層意識になる事です。
                      頑張ればそう言う気分にもなります。
                      | 様変わり | 10:01 | - | - | - | - |