RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

自然の豊かさを心の泉に

地球上の大自然は素晴らしい。その豊かさに抱かれて。
静寂から喧騒へNo 4022
0
    やっと青空が戻ってきました。
    とは言っても快晴ではなく薄い雲が直射日光を遮って、優しい雰囲気です。
    初夏の一番いい時期です、ですが学校は相変わらず休校が続いて児童たちは可哀想です。
    校庭で騒ぎたいであろうがそれを許さない大人のエゴなのでしょうか?

    動物の中でこれ程までに抑制コントロールするのは人間だけでしょう。
    自然現象に対する防衛力が乏しい事ですか?
    洗練され過ぎた生き物にされて居るのでしょうか?
    アマゾン奥の原住民もコロナウイルスに侵されていると言う記事を見ましたが、現代人で無くてもコロナウイルスに弱い事を物語っています。

    自粛の際は世の中の静寂を何となく感じていましたが今は以前の状態に戻ったのでしょうか。
    殆どが出歩いてないので電車にも乗ってませんから街中のことは分からない状態です。
    テレビや記事でも実感出来ないのでそろそろ東京駅でも行って見ましょうかね?

    旅行者は移動者はどうなっているのでしょう。
    海外の人に会う事が出来るのでしょうか。
    土日の銀座歩行者天国は普通に戻っているなら出かけて見たいです、銀座ライオンで生ビールを2杯程飲んで銀ブラして。

    そんな気持ちを持てる様になって来たと言う事は普通になって来たのでしょう。
    矢張り街中の喧騒が刺激材料になります。
    ジッとステイホームではボケてしまうかも知れません。

    脳にはなんらかの刺激を常に与えて置かねば脳を使う必要が無くなってしまいます。
    これがボケへ繋がって行くのではと思うのです。
    今度の自粛でボケへ進んだ老人が多くなって居るのではと心配です。

    都会は静寂など無いのが普通ですから静寂の中は無刺激です、矢張り出歩いて刺激を求めたいです。
    テレビも記事も相変わらずコロナウイルスの関連が多くもう最近では刺激的な内容が無くなってます
    確かに毎日報道していれば、ネタが切れますよ。

    又登場人物の顔も代わり映えしませんからマンネリです。
    内容も人もマンネリですから刺激がなくなる事は当然でしょう。
    それにしてもコロナウイルスが中国で出た時の刺激は軽いものでした。
    しかし現実に都内で100人以上の感染者が出た時には緊張感が走りました。

    もし1000人以上もの数字が出たらどんな状況に心理的に恐怖感はどうだったのか?
    実に恐ろしい経験になっていたでしょう。
    勿論医療崩壊も起きていたでしょうし、死者数も何十倍になっていたでしょう。
    無事に一次波は過ぎましたので安心は出来ないですが、ホッとした気分になってます。
    この先どんな世界になって行くのか?未だ予断を許しません。

    ですから静寂の継続も良いかも、喧騒はもう少し後に先送りがいいでしょうか?
    銀ブラも来月になってからにしましょう!
    | 様変わり | 09:16 | - | - | - | - |
    新しい方向にNo 4011
    0
      分厚い雲に覆われた空はどす黒く今にも雨が落ちてくる様な雰囲気です。
      気温も低くとは言っても室温24.5度ですが肌着一枚では涼しい過ぎます。
      こんな日は自粛日ですかね。

      新型コロナウイルス関連ニュースも徐々に変わって来た感じがします。
      もう感染者数とかPCR検査とかに興味は無くなりました。
      世界で何百万人と言う数字が想像出来ない数字になって来ました。

      今後何処まで広がって行くのか?
      或いは収束して減って行くのか?
      誰も分からない事になって来ました。
      先が見えない事に心配しなければなりません。

      よって長い間この状態が続くでしょうから、その状態に従うしか無いです。
      これが「新しい生活スタイル」とすれば辛い時代になります。
      新たな日常に早く慣れて戸惑いを無くしたい所です。

      そんな状況になって居る現在、様々な新しい情報が多く見かける様になったと感じます。
      先ずは経済的な話が有りました。
      実際に経済を勉強せねば日銀短観だのGDP云々など素人には分かりません。

      しかし最近は解説もわかる様な内容になって来た様に思えます。
      一方ウイルスに関しても喫煙者の問題点も実に分かりやすく説明した文章も見えてきました。
      重点部分だけメモで残してますが非常に参考になります。

      今後も共存と言う事が言われ続けるでしょうが、それには有る程度の理解が必要です。
      現在の政府筋の訳の分からない発信では今後市民を騙す事は出来なくなるでしょう。
      新しい生活をするには分かりやすい説明が必要なんです。

      この機会に様々な知識を身につけて、新しい生活スタイルをして行きたいですね。
      | 様変わり | 11:55 | - | - | - | - |
      動向の感心No4010
      0
        五月晴れが戻ってきました。
        日替わりの天気です。
        爽やかな1日になってますが、そろそろ自由な行動をしても良さそうでしょうか?
        東京の感染者数も急激に減って来てますから大丈夫ですよね。

        でも万が一を考えると躊躇してしまいます。
        何処に新型コロナウイルスがうろうろしているのかわかればそこを避ければ安全です、しかし見えないんですよね。
        当たるも八卦で、当たったらしょうがないと諦めますか?
        でも当たったら一大事です。
        実に困った事です。

        そうなるとステイホームてな横文字になりますが日本語は何処に行ってしまったのでしょう?
        その点中国はあくまでも漢字社会ですからカタカナ語は無いかもね。
        そんな事でいろんな記事を読む機会が多くなり知る事も多いです。

        昨日の仕入れたものはドイツの動向でした。
        と言うか当然コロナ関連での話ですが、ドイツと中国の深い関係が出てました。
        実にこうしたコロナ騒ぎが無ければ記事を読む機会が無かったかも。
        と言う事はコロナによって世界の動向が見えて来たとも言えます。

        幾つかメモして置きましたがドイツと中国がこれ程迄近づいていたとは想像外でした。
        何とメルケル首相が12回も中国を訪問して居たと言いますから驚きです、安倍首相は5回だそうですから段違いです。
        それと重慶とドイツの重要なデュイスブルグ港に鉄道が走っていて週に35〜40便も有ると言う事ですからビックリです。
        一方新中国州にバイエルン他2州があるそうですが、今回その州で感染者数が全体で17万人ちょっとのところこの3州で13万人以上も出て居ると言います。
        死者数も同様の傾向だそうです。
        と言う事は中国との関係の深かった所で日本で言うクラスターが発生したのでしょう。
        ドイツではクラスターと言う言葉は聞いた事が有りませんがね。

        又中国からドイツへの投資主にM&Aですが桁違いに増加して居た様です。
        2015年から2016年に何と24倍も増加したそうで多くの企業が中国企業の傘下に入ったそうです。
        いやはやこれまたビックリです。
        そういえば先日破綻したレナウンも中国資本が大きかった様です。

        その後も増加傾向が続きドイツも気付いた様で2018年に歯止めをかけて急激に激減して居るとか?
        今まで見えなかった世界中の動向が一部分ですが見せて貰いました。
        イタリアなどは既に中国にどっぷりと浸かってしまって居るのでしょうかね。
        その辺も知りたいと思って来ました。
        中国が2025年に世界の覇者になるのだと息巻いている様ですが現実に向かって居る様な感じを受けます。

        日本だって習近平主席を国賓で迎えると言う感覚ですから中国の恩恵に感謝感謝でしょうか?
        もう米国は影が薄くなって世界を纏める力が減退してきて居る様な感じさえ受けます。

        コロナでその勢いが潮目が変わって、一気に中国の流れに行ってしまうのでしょうか?
        日本はサプライチェーンの再構築だの言ってますが、なんと言っても中国の労働力や広大な大地を使わざるを得ないでしょう。
        となれば、従来と変えようが無い事になりますか?
        どうなってしまうのか、米国のビックさが消えるのでしょうか?

        後10年後が正念場になりましょうか。
        そういえばウイルスは10年毎に新しく現れるのは、10年で世の中を変える目的が有るからだと言う人が居ました。
        当たって居るかもね、昔から10年一昔と言いますからね。
        変化の動向を客観的に眺めるのもいいかも。
        | 様変わり | 11:17 | - | - | - | - |
        頼りは自分だけNo 3988
        0
          空は一面青く広がってますが風が強く吹いていて何となく冷えます。
          南風と言う事ですが感じでは北風っぽいです。
          早く落ち着いた暖かさが来ませんかねえ。

          今日からゴールデンウィークが始まって居る人も居るでしょうね。
          さてさて長い休みにどっかでのんびりしたいと言う気持ちは日本中で思って居るでしょう。
          新型コロナウイルスの言葉から逃れたい気持ちをどっかで払拭したい気分です。

          その払拭ですが結論はもう出ています。
          感染を抑える事です。
          それ以外に現状で対応できない訳です。
          ですから外に出ないでジッと辛坊の1ヶ月を過ごせば、良い結果が現れます。
          しかし辛坊出来ない輩が多いと今度は異常さが異常として現れて収拾が付かなくなります。

          それは海外で実証済みですからこれこそが確実なエビデンスです。
          そうしたエビデンスを知っていながら、何故辛坊出来ないのか?
          誰が言っても効き目の無い輩に、馬鹿につける薬がないのと同じです。

          馬耳東風とも、これに類する諺や言葉が多いです。
          多いと言うことは人間の性にこうした馬鹿さ加減が締める割合が高いと言う事でしょうか?
          どうにもならない車の渋滞を今日も起きているのでしょうか?

          ステイホームも効き目が無かったら、もうお手上げです。
          としたら、防衛は自分でやるしか無いのです。
          自分でやる!ここです。

          ここに油断を作ってしまったら、もうおしまいです。
          油断大敵と言う言葉が実に良く表現しています。
          油断こそが敵に敗北を生むのです。
          信長も本能寺で明智光秀に撃たれた事も油断の結果だったと思いますよ。

          兎も角、油断無く新型コロナウイルスに立ち向かわねば、緊張を緩めずに侵入を阻止せねばなりません。
          政府が知事がどんなことを発しても、効果は微小だとしたら、自分で防衛方法を確立させる事です。

          頼れるのは自分だけになってしまったんです。
          そうしたら完全な防衛策を自分で作る事です。
          考える時間は有り余る程有る現在、色んな面から検討して最良な防衛策を考案する事です。

          それにはエビデンスを最重要視することでしょう、中山教授も言ってます。
          政府筋のエビデンスを曲げてしまった警戒情報では自分を守れません。
          80%を70%に変える事がどんな意味合いかを理解しない安倍晋三の発言を信じていたら安全は確保出来ません。

          接触を80%減らすと言う事であって、街中の動いている人口を数えたって意味が違います。
          何か勘違いして居ます。
          接触とは人と会う事ですから、会う機会をゼロにする程度の覚悟が大事です。

          そうなんですよ!覚悟なんです。
          覚悟して辛坊するんです。
          基本的な底辺に置くものを知る事です。
          安倍晋三の言葉にそうした基本用語が使われて居ません。
          誰が書いたか分かりませんが、ダラダラと長い文章を読んでも、何処が大事なポイントか分かりません。

          そうなんです、今日の発言のポイントはこれですよ!と明快にすればいいのです。
          それを言った上で補足説明すれば良いのです。
          それと文章は簡潔に。
          政治の場でははぐらかす為に、ああでも無いこうでも無いとダラダラが多いです。
          ですが国民向けは相手が政治家じゃ無いんです。

          簡単な言葉と短い文体の組み合わせで、演説も選挙と違うのですから、簡潔に。
          話の相手は純朴な国民なんです。
          国会の政治家同士の狸と狐じゃないんです。

          それが出来ない安倍政権ですから、もう頼れません。
          だとしたら、答えは一つ自分で納得する防衛策の構築です。
          残念ながら政府への期待はゼロです。
          | 様変わり | 11:43 | - | - | - | - |
          中間層の減少か No 3814
          0
            多少の雲が出ているせいか涼しいです。
            昨日の様に快晴になれば又夏日になったのでしょうか?
            昨日は暑かったですよ、部屋の中に陽が燦々と入って来て裸で過ごしました。

            11月に入ったんですから天気も落ち着いて欲しいものです。
            ニュースでメコン川の水が少なくなって1km程有った川幅が数十mになっているとか?
            あちらはモンスーンが来ない為も有るとか。
            その分日本に来たのではないかね。
            それにしても1kmの川幅とは凄いです、多摩川もそれだけの川幅だったら安心出来ますがね。

            いつのまにか見られなくなったビトンのバッグ、不思議です。
            我々の若い頃は女性たちのバッグはビトンがほぼ100%近く持ってました。
            財布もそうです、財布は男性も多く持ってました。
            いわゆる中間層の生活を見せたい気分があったのでしょうかね。

            ブランド品を持つ、これが中間層にとって重要な要素だったようです。
            ネクタイはエルメスを高級品として使ってました。
            今は殆ど使いませんが100本程度タンスに入れてます。
            コートはチェックの裏地即ち忘れちゃったでしたよ。思い出したバーバリー。

            ベルトはダンフィル、眼鏡もダンフィル、時計はオメガ、背広は英国生地などなど。
            そうした所に余計なお金を使ったのでした。
            それが普通でしたから当然タンス預金は少なかったですよ。

            しかし現代はすっかり姿を変えてユニクロの安価なもの、100円ショップの客が多いこと、安い牛丼とかに群がる昼食とか。
            どうしたのでしょうかね?

            勿論我々の時代は消費税など有りませんでしたから正札通りで買えたのですがね
            家具類も結構いっぱい買い込んでました。
            どこの家でもセパレートのステレオが狭い部屋で威張ってました。
            兎も角一応高級品を目指して、しかしある程度の所で妥協して、即ち中間層なんです。

            経済成長も凄かったですから社員旅行は海外に行ってました。
            ニューヨークとかフランスまでは行けませんでしたがグアムとか東南アジアとか矢張り中間層身分です。
            それが現代は富裕層と低い層の間、即ち中間層が無くなった様に感じます。

            1億円以上の収入があって自由に使える富裕層は300万人を超えているとか?
            一方年収500万円程度が平均の様ですが、家のローンや子供の養育などで使えるお金が少ないのでしょうか?
            中間層の意識が持てないのでしょう。

            別に中間層の意識が無いからって特別に卑下する人は居ないでしょう。
            周りを見れば皆ユニクロ、100円ショップですからブランド品を持たなくても何ら気にならないのです。
            意識と言うものは恐ろしいものです。

            こうした日本になってしまったのでデフレも当然の結果です。
            日本人がみんなでデフレを脱却させようと言う気持ちが生まれれば、積極的に買い物すればデフレは解消します。
            30年間もデフレ状態が続いている事は精神的に滅入ってしまって居るのです。

            意識改革して日本が昔の様に景気良くするんだと気持ちを切り替えれば、簡単にデフレは消えます。
            皆中間層意識になる事です。
            頑張ればそう言う気分にもなります。
            | 様変わり | 10:01 | - | - | - | - |
            みんな仲良しから個人へNo 3737(皆々)
            0
              雲が一面に広がってますが相変わらず気温は上昇してます。
              太陽光よりも大気が暑いのですか。
              即ち温暖化と言う現象ですね。
              地球の上空を温暖化ガスで封鎖されているから熱した空気が宇宙に逃げて行かない。

              その主な物質が二酸化炭素となれば、燃焼で起きる物質です。
              燃焼で出る排ガスこれがほぼ二酸化炭素ですから、どこでも誰でも出しています。
              特にこの時期は車の移動が激しいですから大量に二酸化炭素が出来上がってます。

              車社会と言う並外れの二酸化炭素製造時代で何を考えるかです。
              電気自動車にしてもエネルギーを充電するには二酸化炭素を作っている訳です。
              便利な世の中になったとは言え、この調子では後1000年後は人間が数万人程度しか生きられないかも?
              次の生物は暑さに強い者が地球を支配するでしょう。
              どんな動物か?

              みんな仲良し、これは誰もが小さい時に経験した事です。
              誰彼構わずに仲良しになって人を選ぶ事など有りません。
              あの子が好き、あいつは嫌いと感じるのは小学校に入ってからかも。

              好き嫌いは人の性なんでしょうが、これが混乱を引き起こす原因で有ろうか?
              親が子供を虐待する話は聞くに耐えません。
              何故?誰しもが思う事です。
              逆も多々有ります。
              親を殺傷する等の記事が絶え間無く出て来ます。
              これ又どうしてですか?と唸りたくなります。

              仲良しになれないのは何故か、何処かで何かと葛藤するのです。
              それが愛と言うものなのか?分かりません。
              確かに愛と言うか人を恋する思いが生まれると必死にその事をひた隠したくなります。

              親にも兄弟にも他人に知られたくないと防衛してしまうのです。
              これがみんな仲良しから自分中心に変化するのです。
              面白いのですがこの変化が物議を醸し出すから面倒な事になります。
              即ち事件に発展してしまうのです。

              個人と言う尊い存在とみんなも同等に尊いのですが、自分が勝ってしまうのです。
              自分をそれ程迄に愛したいのでしょう。
              その半分でもみんなを思う気持ちが出来れば、この世は良い事だらけになるでしょうね。楽園です。

              しかし真逆の方向に行ってしまうのが地球上の人間の仕業です。
              楽園があるのにわざわざそれを壊して住みにくい社会を作るのです。
              根本の解決策はみんな仲良しの出発点に戻る事です。
              園児たちが手を繋いで近くの公園に散歩出かけます、その姿こそ貴重な存在です。

              手を繋ぐ和を作る、これが令和の時代の要求でしょう、しかし真逆になってます。
              手も取り合わない、和も必要ない自己主張のみに明け暮れる政権は楽園をぶち壊しているのです。
              早く気づいて欲しい、みんなが待っている事です。
              | 様変わり | 09:51 | - | - | - | - |
              No3685 健康の源 サプリ?
              0
                曇りで湿度高こうなれば梅雨その特徴でしょう。
                世界主要都市を見てみたら結構湿度が高いです。
                梅雨は北半球で同時に起きているのでしょうか?
                沖縄の友人からのメールでも毎日雨で洗濯物が大変との事エアコンで乾かしているとか。

                週末は雨になる予報で嫌ですね。
                出歩くとベタベタっとした汗が背中に流れ気持ち悪いです。
                家ん中にいた方がいかもね。

                こうした嫌な期間を過ごせば暑い暑い夏がやって来ます。
                こちらも暑さで出歩くのが億劫になるし、気候のいい時期は本当に少ないですね。
                健康を維持するのが大変ですかね。

                そんな事からテレビを見る機会が若干増えました。
                民放ではCMが当然でしょうがドラマの半分の時間を取っている感じを受けます。
                全く無いNHK もトイレタイムが取れないのでこれも困りものですが、民放を見ている場合はCMの時サイレントにしてます。
                映像だけにしてドラマが始まったら音を出します。

                そんな苦労をしてテレビを見ているのですが、それは良いとしてサプリのCMが多い事。
                その内容は医学的な説明をしているのが多いです。
                何々の物質が足りないから補給して元気になりましょうと言う具合です。

                それがいろんな部位に不足が生じるのですから年はとりたく無いと言えるでしょう。
                しかし不足すると言う事が本当かどうか?怪しいと思うのです。
                だって誰もかれもが腰痛に悩むわけでも無いし、ひざ痛になるわけじゃ無いですからね。

                それは兎も角サプリを呑まないと健康は保てないとすればですよ、サプリで健康を買っているようなもんです。
                健康年齢と言っても、それはサプリ年齢じゃないかとね。
                CMに出てくる有名人老人は特にそう見えます。

                80歳過ぎても元気ですよって言ってますが、もしサプリを摂取してなかったら健康維持ができなかったんでしょうかね?
                サプリ健康をずーっと継続して行くのであればお金もそれなりに、もっと年取ったら不足する物が増えて又別のサプリが必要となるのではと。

                結局サプリ健康は継続できないでしょう、現実にサプリ利用者の平均金額は1300円とか聞いた事が有ります。
                普通のサプリ1ヶ月金額は2500円程度が多いと感じます。
                ですから、最初は飲んでも途中でやめちゃう人が多いと言う事でしょう。

                そんな状況なのに何故これ程多くのCMを流しているのでしょう?
                それもサントリーとか味の素とか一流企業が多いです。
                昔のサプリメーカーは聞いた事もない企業が多かったですが今は一流上場企業が多いです。

                サプリ健康を推進する役目を果たそうとしているのかどうか?
                あるいは国策で政府が裏でメーカーに奨励してるのかどうか?
                長寿国を維持するためにサプリ健康を作り上げようとしているのかどうか?
                分からない事ばかりです。
                | 様変わり | 09:36 | - | - | - | - |
                音楽か騒音か?
                0
                  昨日の冬模様にはせっかくの春を台無しにしてしまった感があります。
                  手頃な湯加減が冷水を入れて震え上がった様なもんです。
                  今日もそれ程気温が上がらないでしょうから風邪に要注意です。
                  と言っても既に風邪っぽくて咳が出るし、喉がエヘン虫の大群に侵されている感じです。

                  エヘン虫はシツコイですよ、トローチじゃ退治出来ませんし、龍角散もダメ、喉のうがい薬もダメ、施しようがない程蔓延っています。
                  それでも毎日の生活スタイルは変えずに頑張る所が性格に出るのでしょうか?
                  咳をしながら買い物へ行ったり、料理をしたり、何時もの様に日々を送っています。

                  所で最近と言うか随分前からですが、音楽と言うジャンルが騒音になっている様な気がしています。
                  音楽と言えば静かに聞くものでしょうと言いたいですが、そうじゃなくてノリノリ状態にならないといけないみたいです。
                  昔のノリノリはダンスの為のリズムだった様に感じてますが、今はしっちゃかめっちゃかでもいいのです。
                  先ずは喧しいの一言です。

                  それが普段もそうだから静寂と言う世界を作る事が出来ないのでしょうかね。
                  日本人の精神は何故こんなに変わったのでしょうか?
                  日本人の心のが日本人から離れて、日本を離脱してます。
                  英国のEU離脱なら理屈で分かりますが、日本人が日本から離脱したらどう彷徨うのでしょうかね。

                  宇宙遊泳して暮らすのでしょうか?
                  宇宙空間はそれはそれは静寂なんてもんじゃ無いから生きていけないのではと思ってしまうのです。
                  静かさってとても良い所ですよ。
                  音が無いと思っても実は心臓の鼓動などが聴こえて来るもんです。
                  必ず波動が有れば音が発生しています。
                  聞こえる範囲外の波動も有りますから、耳を澄まして聞けば今迄聞いたことのない音も入ってきます。

                  しかし現代は耳を澄ましてと言う言葉を使う時が無いです。
                  童謡にある様に、耳を澄ましてお聞きなさい、コトコトカッタン コトコトカッタン 水車の音が聞こえて来るんです。
                  そんな風景を空想する現代人は居ないでしょう!

                  騒音が音楽か?
                  馬鹿げた社会になったもんです。
                  でもいつかはきっと変わる日が来るでしょう。
                  そういえば、現代の日本のマスク姿も可笑しな風景です。
                  マスクが歩いている様な異様な光景です。

                  これも流行かと言えるのかどうか、いずれはこのマスク姿も消え去るでしょう。
                  オリンピックの開催中に日本人のマスク姿を見たら外国人は異常さを感じましょう。
                  日本の空気はそれ程に汚染された状態なのかってね?
                  やめなさいマスク姿を!誰も言わない。
                  騒音と同じで麻痺状態に陥っています。
                  | 様変わり | 09:23 | - | - | - | - |
                  冬に思う暖房等
                  0

                    寒さが厳しくなってきた様に感じます!
                    部屋の温度も16度程度ですからエアコンが必要になって来ました!
                    まだ部分的なコタツで過ごしてますから部屋全体の温度調整をせねばならないですかね!

                    コタツの温もりから出たく無いです。
                    昔はネコって言ってましたかね?
                    炭を起こしてネコの様な形のコタツに入れてその上にコタツ台を置き布団を掛けたんです。
                    行火(あんか)と言いました思い出しました。 これだけの説明では経験して無いと理解出来ないかな?
                    その内に練炭に変わって火が長持ちしたのです。
                    練炭は一酸化炭素を出しますから若干危険要素が有ります。
                    実際にコタツに潜り込んだ子供が犠牲になった事を報じる事も有りました!

                    そうそう火鉢も有りました、これは手をかざして温まるもので、暖房にはちょっとかな?ただうんと炭を入れれば別ですがね!
                    鉄瓶を乗っけていつもチリンチリンと音がしてました、丁度部屋の湿度を保てる様に。

                    そして電気コタツです、これは長い間冬の暖房でした、同時に電気ストーブも。
                    次に石油ストーブが出回り部屋中を温める事が出来ました。
                    石油ストーブはとても暖かくて最初に出会ったのが学生時代の寮でした。
                    当時は石油ストーブなど高額だったですから持っている人は僅かです!
                    実に暖かいから感心しました。

                    石油ストーブは結構事故が多かった気がします、火事の原因にもなったし部屋の換気をしなかったために矢張り中毒を起こしたりと。
                    そして現代のエアコンです、これは危険度も低いし部屋中を温めるし言う事なしです。
                    しかし金銭面から見れば他の方法の何倍も掛かってしまうでしょう。

                    現代は便利を追求するとお金が無制限に出て行ってしまう事が欠点です。
                    何処かで制御コントロールせねばなりません。
                    自然にお金が入ってくるルートが有れば別ですが年金だけでは相当に精度の高い計算が必要です。
                    そんな事で部分的暖房にしているんです。

                    着る物に気を配ればだいぶ違ってきます!
                    ごく最近ダウンのチョッキを買って来ましたら暖かいですね。
                    友人が以前から着ていたのを見てたんです、暖かいのかもなあって思ってました。
                    実に良いものです、それも30%の値引きがあって、かつ日曜日だったのでカード支払いでは更に10%引きでした。
                    半額近い金額で手に入りました。
                    冬物はこの時期が狙い目ですかね?

                    冬は鍋料理が温まります、ここんところ毎日の様に鍋です!
                    タラがいい味を出しますから鱈ちりが多いです。
                    残った汁でオジヤにすれば美味いですよ?
                    野菜もたっぷり食出来ますのでダイエットにもなるかも。

                    これでこの冬の寒さを凌ぐ条件が整いつつある様に思います!
                    今夜も鍋ですからこれから買い出しに行ってきます!
                    そう寒い時には熱燗も必須です。
                    | 様変わり | 10:16 | - | - | - | - |
                    急変の起こる例は結構多いと天候も気持ちも
                    0
                      昨夜から秋雨が降り続いて8時頃まで小雨が残ってました。
                      所が今9時、太陽が顔出して??一面靄(もや)っています!
                      あれまあ!と驚きと言うか、呆れてしまいます!

                      そんなに簡単に変化するものかとね!
                      気まぐれとしか思えない感情です!
                      雨雲は何処に飛んで行ったんでしょうか?

                      特別に風もなく雲の移動をどう処理したのか?
                      てな思いでいますが、この急変の現象は色んな所で遭遇します。

                      台風なども、急に強風が吹いたりして準備気分を持たせません。
                      それにしても24号台風は凄かったですね!
                      未だに公園の倒れた木を処分しきれない状態です!
                      残がいが残っています!

                      自然現象には突然と言う事は当たり前かもしれないですが、気持ちの面でも意外に急変が多いかも?
                      子供など?泣いていたと思ったら大きな声で笑い出すなど普通です。
                      気持ち気分と言うものは何処から生まれるのか?

                      コロコロ変わる表現意見なども凶変と言う事になり困り者です。
                      信じていた人が突然嘘を言う事だって有ります。
                      そうなると立場が一変に良から悪に変身です!
                      事件ものはそのぐじゃぐじゃ状態でしょう。
                      行ったり来たり、収集が取れない事が多いでしょう。

                      警察も本当にご苦労さんです。
                      病気も急変は年中有ります。
                      歯の痛みなどは予告無しで痛たたた、と来ます!
                      頭痛だってもう何でも急です!

                      この急変というものは平時から変化する事ですが、平時にあんのんと過ごしているから驚くのでしょう。
                      常に急変が来る覚悟を持っていれば良いのですが、余裕が無いですかね!
                      そんな事で今朝の天気も脅かされています。
                      25度まで上がる気温にも驚いています!
                      人生は驚きの連続??でしょうか?
                      | 様変わり | 08:56 | - | - | - | - |