RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

自然の豊かさを心の泉に

地球上の大自然は素晴らしい。その豊かさに抱かれて。
理屈と原理原則No 4019
0
    五月晴れは何処に行ってしまったのか?雲の多い日々が続きます。
    暑さが和らいでいるのでいいとしても、スッキリと晴れた空を見上げたい気分です。
    緊急事態宣言も全面解除となり日本中が晴れ渡った状態になったと思いたくなります。

    しかし東京都はステージ2とか3とか言ってますが、何でしょうかね。
    よく分からない行政の方針です。
    いずれは第二波が来るのでしょうから取り敢えずスパッと解除して解放したら良いです。

    どうせ市民個人がどうするかは判断するわけで、東京都からの指針など気にして無いでしょう。
    解除されたって慎重にならざるを得ないと思っている人も居れば、もう大丈夫と思う人もいるでしょう。

    どちらも正しい判断ですから自由の解放が大事です。
    ライブもパチンコ屋もドンドン普段に戻れば市民もそれに伴って解放感を持てます。
    閉じ込められている感覚は辛いもんです、よく辛坊しましたよ。

    そんな事でこれからのいい季節を楽しみたい気分です。
    それにしてもですよ、理屈と言うモノは無くなりませんね。
    理屈と言うイメージは悪い感情を持っていると思うんです。

    理屈っぽいとか、それは理屈だよとか、理屈を並べてとか。
    しかし理屈を述べないと行動や言動の正当性を維持出来ないと言う言い分も有ります。
    これが政治の世界では応酬の道具に使います。

    定年延長も黒川氏の訓告もそれなりの理屈で説明してます。
    しかし庶民に取っては理屈じゃ分からない、もっと根本の所を知りたいとなります。
    理屈は何でしょうか、影に隠されたモノを含んでいるのでしょうか?

    原理原則は全てを包含していて、十分かつ満足を説明しているのかもしれません。
    ですから理屈じゃ分からないけど、この問題の原則は何々だと言えば、成る程と納得します。
    これが現政権は言わないです、上っ面の理屈だけでお茶を濁すのです。

    菅官房長官の言葉に誠実さを感じないのは原則論ではなく、理屈の説明ばかりです。
    そう言う面では企業の姿勢はより厳しいです、問題が発覚したらトップが居並んですみませんでしたと頭を一斉に下げます。
    政府が問題を起こしたって、首相や官房長官や財務相が一同に頭を下げる場面は見た事が有りません。

    それどころか何とかこの問題をうやむやにすべき、誰の責任にもし無い理屈を並べるのです。
    何々の責任は私に有りますと首相が見栄を張りますが、実際には責任が無いことの理屈を述べるにとどまります。

    こうして国民は理屈を聞いて政治の良し悪しを判断してますと言うか慣らされてしまってます。
    原理原則を真面に実行しようとしたら長期政権は維持出来ませんと言う考えが与党でしょう。
    と言うような世の中が人間社会と諦めるのか?

    こうして長い人生を歩んでいるとスッキリしない世である事を実感するモノです。
    根本に戻る事も出来ずに、疑問の連続です。
    | 無駄な事 | 11:05 | - | - | - | - |
    議論は尽きず焦点ボヤケNo 3999
    0
      金の連休も今日で終わり、いつもなら帰省ラッシュのニュースが流れている筈ですが、今年は様相をガラッと変わってます。
      高速道路も新幹線も飛行場も閑散とした風景が映像に映ります。
      何が起きているのだろうかと思いたくなり様な光景です。

      世界中で様々な行動を取って新型コロナウイルに立ち向かいましたが、中国韓国台湾などが成功したので連休を謳歌してました。
      一方日本も欧米も対応に遅れた為に折角のゴールデンウィークを捨て去りました。

      一年で一番遊べる、お金を使える時期ですから、それを当てにしている人々もいっぱい居るのです。
      しかしそのチャンスは失われて今後の生活さえままならない事になってしまいました。
      旅館業もお土産屋も食堂も小規模の所が集中して災害に出くわした様な感じです。

      いつもなら連休中に儲けたお金を数えてホクホクやまあまあかと胸を撫で下ろしている時です。
      しかし今は数えるお金が全く無いのです、資本主義経済にお金が無いとどうなりましょう?
      ですから、支援をどっかに求める訳です。
      それが国しか無いのです、友人を頼っても、友人だって困っているのです。
      じゃ銀行へと言ってもそう易々とお金を分けて貰えません。

      となれば、コツコツと貯めたお金を使うしか無いのです。
      これは辛い事です、というのも有り余る預金でも有れば別ですが、多少のお金で有れば直ぐに底をつきます。
      その時の怖さ、もうお金が無くなったと思った時に。

      そうした不安が連休の後に来るとは誰が想像していたでしょうか。
      連休こそ一年の正月以上の楽しみだった筈です。
      正月が地獄になったのです。

      そうした現状を見て居る政治家や富裕層はどう感じているのでしょうか?
      テレビでは相変わらず議論の連続です。
      議論して何かが決まり前進した事が有るでしょうか?

      多くは議論倒れです、昔の鍋島藩佐賀県ですが、議論好きでどんな時にも議論の相手をする気風が有ったと言います。
      そのせいか議論は優れていても、実行はままならず、戦う戦士も弱かったそうです。

      今まさに議論だけで対応策などが遅れ遅れになっています。
      議論には目的と結果を求めて置かないと議論だけの議論になってます。
      政府や与党や野党という場面では殆どが時間の無駄遣いです。

      テレビを見ていて最後に今日の討論で何何が進展したので皆さんも考えの参考になりましたか?と言える事が必要です。
      ダラダラと意見を並べてお互いに反論したり、受け入れの気持ちも無いまま過ごす事が緊急事態時に必要でしょうか?

      今必要なのは連休に当てにしてたお金が入らなかった人々にどう支援して上げたら良いのか?議論して実行へ持って行くことです。
      実行は政府即ち行政が行うのですから、議論の結末はちゃんと出して政府に働きかけて実行させる事です。
      全てが実行して結果を出す事です。

      実行には失敗も含まれます。
      失敗を恐れて行動しなければ結果が産まれません。
      議論も結果を産む為のものでなければ鍋島藩です。
      目を覚ましてください政治家殿、今が政治家殿の出番ですよ。
      | 無駄な事 | 11:42 | - | - | - | - |
      あやふやな理解No3974
      0
        今の外気温14度と言う事ですが北風の為でしょうかスースーと冷気を感じます。
        流石にコタツはもう片付けてしまったので我慢です。
        自粛の意識からか静かです、と思ったら園児達が外で遊んでいないのです。

        朝方は5人程度庭で遊んでいたんです。
        土曜日だから普段でも少ないですが今朝は極端に少なかったですよ。
        相当に制限をかけて受け入れている様です。
        これが5月の連休明け迄続くとなると家庭内で苦労するでしょうねえ。

        もしこうした自粛が感染阻止に繋がらないとしたら、都市封鎖になるかも知れません。
        予想ではそうなる可能性が高くなって来てます。
        東京だけが注目されてますが全国的に感染者数はうなぎ上りですから、全体で考えねばならないでしょう。

        緊急事態宣言が出た事で何が変わったのか、我々には殆ど変化は有りません。
        以前から外出は自粛してますし、人の多い所には行ってません。
        では誰が行動変化しているのでしょうか?

        サラリーマンは相変わらず電車通勤をある程度減っても行ってます。
        感染阻止は「人が移動しない事」に原点が有ります。
        しかし通勤を止めない限り移動を制御が出来ません。
        80%を移動しない様に求めても仕事と称して出勤する行動があるから、目標達成は初めから無理を承知で言っている事ですかね。

        その事です。
        即ち発信する側が受ける人に理解して貰わねば、目的は達しません。
        しかし現在の所理解し難い言葉の羅列で、具体的にどうしたら良いのか?
        多くの人は曖昧な感情で動いていると感じます。

        例えば臨時休業になったから沖縄等に旅行に行こうと言う人が後を立ちません。
        これは感染させるリスクは有っても、3蜜から見たら旅行は大丈夫ですと言うでしょう。
        飛行機は大丈夫、ホテルもOK、観光地も気を付ければ問題なし、食事はレストランで離れて食べる。
        と言う感覚で旅行しても何ら関係が無いと強行するのです。

        ですから、3蜜をどう理解して良いのか分かり難いのです。
        多くの解説者や医者も政府が専門家が作ったからだろうけど、その3蜜を盛んに使ってます。
        しかしその言葉を使われてから自粛を要請したにも関わらず急激なカーブで増えてます。

        結局3蜜の言葉は失敗だったと言わざるを得ません。
        移動の制限こそ感染阻止に繋がるわけですから、移動の自粛を叫ぶ様にする事が大事でしょう。
        都会からどんどん地方の街へ移動しているのが報道で知らされます。

        しかしその事について政府から移動の抑制を聞きません、地方の知事などから悲鳴に近い叫びが聞こえてきます。
        一方国会議員に対してはお国へ帰る事を自粛させているとか聞きました。

        どうもちぐはぐです。
        政府は色んな事を発信してますがいずれも混乱していて、理解に苦しみます。
        過ぎた事はそれとして次の行動にと、反省が伴わない為に混乱の連続なんです。
        東さんが言ってましたね、その通りですよ。

        先ずはこの発信した言葉が市民に理解されているかどうかを慎重に検討する事から出直して欲しい。
        国民は教育レベルが高いから言っていることは全て理解されていると思っているでしょうが、大凡半分程度しか理解されません。
        ですから、単純な言葉で、少ない言葉が良いのです。

        海外で使われているのはソーシャルディスタンスとスティホームだけです。
        3蜜を言っている国は無いでしょう。
        先日も書きましたが密着が入っていないからプラスしたらと、しかし先日のテレビ番組に出ていた国会議員(コロナ担当)が密着と言ってましたよ。
        3蜜がわかり難いのですよ。

        1.5m空けなさい、これが守られたら居酒屋もOKですとね。
        飲んでいる時は1.5mを保てる、電車で帰る時は1.5mは難しいですよね。
        とすれば飲みに行く事も出来ない訳ですよ。
        それで良いんじゃ無いかねえ。

        簡便さを望みたい。
        | 無駄な事 | 10:52 | - | - | - | - |
        専門家会議の解散No 3936
        0
          春霞が戻ってきました。
          これから気温が上がって気持ちの良い春気分を味わえそうです。
          そんな訳で今日はお出掛けして街中を見物して来ます。

          不要不急を言われている時ですが世間を眺めるのも不要とは言えないでしょう。
          専門家会議の議長が不要不急はどんな状態との質問に即答えられなかった事を考えれば、意味が無いのかもしれません。
          精神論的な表現です。
          そして昨日又専門家会議の要望が出されました。

          ビックリです。
          前回の方針では子供達に言及せず、学校閉鎖も視野に有りませんでした。
          所が今回は取ってつけた様な説明がなされています。
          10代20代30代から老人へ感染させるから注意せよと。

          これは全く今迄の方針に無かった事です。
          即ち急遽これを説明に入れた訳です。
          その意味合いは安倍政権に対する忖度以外に他の理由を探す事が出来ません。
          これまで子供から大人に感染する例は稀で殆ど報告が無いと言ってました。

          それが10代の人から感染すると言うのです。
          この意味は学校閉鎖する理由にしているのです。
          だったら10歳以下の子供達は学校にいける様にしたらいいのです。
          即ち学級閉鎖で良かったんです。

          実際に今日も下の園児たちは元気に大声ではしゃいでいます。
          小学校の下級生は園児に毛が生えた程度の子供達ですから、家でジッとしていられる訳が有りません。
          と言う事ですから専門家会議の方針は忖度なのです。

          今更追加的に方針を出す事も変ですし無理が有ります。
          前回の方針がジックリと練られたものじゃ無いと言われても反論は出来ないでしょう。
          それと学校閉鎖を政治判断したと言いますから、専門家会議の存在は無に等しいです。

          専門家会議の結論を待ってクルーズ客船から乗客を下船させた訳で、これも政治判断が出来たはずです。
          完全な隔離と専門家会議の結論でしたがその後の発症は何の説明も有りません。
          それから最近は尾身氏が表に出てきて以前の議長は陰に隠れています。
          下船の判断説明は議長だったですから、今もそうすべきでしょうが出て来ません。
          下船基準は忖度だったからと思わざるを得ません。

          今度もそうですから、我々は専門家会議を信用してません。
          だったら市民に信用されない専門家会議は解散するのが普通です。
          あるからこそ混乱を引き出し、政治判断に追従するのであれば意味が有りません。

          それと初めに戻りますが正しく恐るの意味合いが分からなくなって来てます。
          現在は恐ろしい感染病だと煽ってます。
          家の中で過ごしましょうと盛んに言ってますが、家の中での感染が最も多いと言う点に関しての見解は有りません。

          勿論自然に家の中に新型コロナウイルスが飛び込んでくる訳じゃ有りませんが、拾ってきたウイルスをどう家の中で退治するのかをもう少し専門家らしい答えが出ませんか?
          手を洗う程度は素人だって知ってますが、素人の方が危機意識を持ってアルコールやらマスクを求めてます。

          しかし市井には品切れです。
          その時のどう言う工夫をすれば感染を防げるかを研究して教えるのが専門家ですよ。
          屋形船に乗るな、立食パーティーをするななんて馬鹿げた事です。

          満員電車通勤については未だに言及してません。
          先日の大学入試で40万人が受験した事も一言も言ってません。
          カラオケも危ないと言っても家族で行く分には問題ないでしょう。

          と言う事でもう専門家会議を解散させる事です。
          信用出来ません。
          | 無駄な事 | 09:16 | - | - | - | - |
          不要不急の困惑No 3924
          0
            快晴になった東京の空、静かで暖かく春です。
            春の季節とはどんな状態かをハッキリと説明が難しいです。
            冬は北風、秋は枯れ葉、夏は猛暑、梅雨は雨降り、そこで春はと言うと桜でしょうかね。

            桜も早く咲きそうですから春も早々に来るでしょう。
            そうそう春の最大の特徴は花粉でした、今朝も酷かったですよ、鼻水対策の薬で何とか止めていますがね。
            頭もぼーっとしてます。

            外出が辛いですが黒マスクをして行きます。
            黒マスクはまるで泥棒の姿ですよ、似合いませんが買いに行った時それしか無かったんです。
            しかし黒は活性炭が含まれているとかで吸着効果は若干良いのじゃないかって人は言ってますが果たしてどうでしょうか?

            不要不急の外出は避けて下さい。
            これは実に実行する段階で考えてしまいます。
            今は不要でも不用の字でしたか?
            必要と不用の関係も中々難しい判断です。
            同時に不急も急が無い場合は出歩か無いと。

            急と言う事も何かですよ。
            急ぎでも無いですが必要な場合は結構有ります。
            ではいつが急でいつが普通かわからないのです。
            この言葉を使った人はどんな時を想定して言ったのでしょうかね。

            意味がハッキリと分かる言葉が今必要な喫緊の課題ですよ。
            新型コロナウイルスに関する政府見解は意味不明が多すぎて理解に苦しみます。
            市民にとっては理解しなければ不安になります。
            下船条件も実に意味不明でした。

            オーストラリアに搬送された人から陽性が出たと言う事に関して政府見解はどう言うでしょうかね。
            下船してしまったからこれから再度船に戻りましょう、など言える訳が有りません。
            自宅待機して下さいとなっても、不用不急じゃ無くても外出する事だって有ります。

            老人で引退組は不用不急を気にかけるでしょうが現役の仕事人は既に解放されたんで自由に仕事に戻っているでしょう。
            他人に感染させる事が心配になると思うでしょうが、実はもう市井では誰が感染者か分からない状態ですから心配も要らないかも。
            症状が出ない感染者が多くいる様ですから咳などのシグナルがない訳です。

            と言う事は感染を受けない方策をするしか無いのです。
            それこそ不用不急の外出は避けるに限ります。
            では外出はいつ行えば良いの?って誰に聞いて判断するの?

            そんなこんな色んな事が今回は提示されています。
            面白い現象が起きた思います。

            日本は教育も高度で人々の頭脳も優れていると思いますが、実に抜けている部分も多い様に見えます。
            有る面ではズサンな国民性を持っている様です。
            言葉一つをとっても曖昧で分かりにくいです。

            杜撰と曖昧さの混じり合った所が日本的と言えそうです。
            桜を見る会などはまさにそれを代表してます。
            どこか一本の骨格が出来上がって無く、ふにゃふにゃのアンコウの様な感じがします。

            筋を通す!この厳格さが今の日本人に必要な事だと強く感じています。
            秀吉が明智光秀を敵討ちしたのは信長を愛しているからこそ、筋金入りです。
            日本人はこうした強さを持っていたのです。
            残念ながら現代人はこれを置き忘れています。
            抜けているのがこれです。
            | 無駄な事 | 10:02 | - | - | - | - |
            期待は結果で No3885
            0
              晴天が戻って来ました。
              素晴らしい抜けるような快晴です。
              しかし気温は低く現在4度です。

              暖冬で雪不足の報を見て嘆くよりも雪の為の雪下ろし作業が少ない方を優先させたいですね。
              豪雪になれば家の倒壊だって心配になります、その為にお年寄りが屋根に登らねばならない事になり本当に大変です。
              暖冬は必ずしも歓迎では有りませんが数年に一度ぐらいは有っても良いかなあ。

              江戸時代だって暖冬があった様で時代もの小説などにその光景が表されています。
              果たして本当かどうかは分かりませんがね。
              さてさて令和2年になってますが今年は何に期待しますかね。

              オリンピックで色んな方々が期待されてます。
              しかし結果がメダル獲得につながらなかった時はガッカリさせられます。
              期待は結果が良いと言うものです。

              期待するには特別な結果が無ければならないとても過酷なものです。
              しかし期待だけ持たせて結果がデタラメも結構多いです。
              安倍政権のやり方は全て期待させて結果はズタズタ何も無いのです。

              謳い文句は凄く期待感を感じさせますが実行段階でつまづき結果が出ないのです。
              それでも又懲りずに次の期待項目を並べます。
              又ダメです。
              その繰り返しに国民は辟易してますが自民党諸君は自己反省もせずにノンベンダらりんと見ているだけです。

              党内から何やってんだと罵声が上がっても良い筈ですが罵声どころか反論も出ません。
              ましてや野党は反論どころか相手にされて無いのです。
              これじゃ期待と結果などどうでも良い事になってしまいます。

              今日も中村喜四郎氏のコメントが載ってますが国会の危機意識が相当に高まっているのです。
              何もしない!この事です。
              茫然と首相の行動を傍観しているだけが国会議員です。

              中東に自衛官を派遣するに対しても大々的な反対デモを企てるとか野党は何やってんだと叱られても良いくらいです。
              自衛官を守るのは反対してこそ出来るのです。
              今回はイランもうやむやにしていますが中東程危険な所が無いわけで自衛官の身の安全を国民が守ってあげたい気分です。

              防衛大臣の一言で派遣を余儀なくされる訳で国民は期待しているでしょうか?
              原油船舶の危険を護る為でしょうがどんな危険なのか具体的な内容を国民に知らせて欲しいものです。
              その調査に行くのだと言うなら現在何も知見を持って居ないのかと言いたくなります。

              調査に対する期待度をどう考えたらいいのか?
              昔南極調査団の船が出港した時には見送りの人々で桟橋いっぱいになりました。
              これは期待がそれ程高かったと言う事でしょう。
              しかし今回中東派遣の自衛艦を見送る人はどの程度集まるでしょうか?

              期待もしないし送り出す事も容認したく無い訳です。
              そんな立場の自衛官は一抹の淋しさを感じるであろうと思います。

              もう安倍政権には期待も結果も持ち合わせてません。
              いつ辞めても名残惜しいと思いません。
              これまで期待を外した首相も珍しいですからね。
              今も中東歴訪と言って出掛けてますが何も結果を生まない歴訪でしょうと呆れるばかりです。

              首相よりも外務大臣がもっと外交に積極的になる事が必要ですが安倍自身が行きたがる子供の様です。
              首相はどっしり構えて部下達に働いて貰えば良いのです、その方が結果が得られるのです。

              最近は呆れる事多しです。
              | 無駄な事 | 08:09 | - | - | - | - |
              暇人のつぶやきNo 3759
              0
                今年の紅葉はどうなりましょうか?
                気温が下がる時期はいつ頃になりましょうか。
                彼岸が過ぎれば変わるのかどうか。
                今日もエアコンを付けてます。

                暇な時間が結構ある老人は何をして過ごすのが良いのでしょうかね。
                一定のスタンスは有りますがもう一歩進んで何かをしたいと思うのです。
                ギャンブル依存性になるのもある面では良いのかも。

                ただパチンコは環境が良く有りませんから老人向きでは有りません。
                じゃ屋外でとなれば競馬はどうですかね。
                競馬場に足を運ぶ運動にもなるし一日中時間を使えます。
                馬券を買うのも少額にしていればそうそうお金が減らないでしょう。

                しかしそうは言ってもギャンブルですから熱くなるとどうなるか分かりません。
                同様な競輪や競艇も有りますがどうなんでしょう。
                行ったこともないし興味が湧かないですからねえ。

                では健全なものとして釣りが有りますか?
                田舎で生活していた子供の頃毎日の様に小川に釣りに行ってました。
                ここ都会では釣り場はそうあるわけじゃないし、釣り場は相当な人混みだと聞きます、友人夫婦が行っているんです。

                他に運動テニスとかゴルフとかですが、若い頃十分にやりましたのでもうそれ程の興味も有りません。
                スポーツは下手だと長続きしないんです、一生懸命にやって上手くなれるから面白いのです。

                旅はどうかと行ってもお金がかかるからね、安いバス旅行が老人の人気だとか。
                ただ団体での行動は若干窮屈です。
                いろんな事を考えても良い案が浮かばないです。
                しかし日々悶々と過ごしているのであれば改善しなければと思うのです。
                老後の人々の楽しい場を作るのは自分でやるしかないんですよね。

                ある友人は地域の市民大学に行って、俳句の会に入会して、スポーツをこよなく好きで、多種多用な趣味を持っています。
                実にいい人生を送っていて、毎日多忙だともいいます。
                そろそろ本気を出して暇を埋めるべきものを探さないとこの先思いやられます。
                今の所活動的に動けますから今のうちに見つけないとね。
                老人の独り言ってつまらない事が多いです。
                | 無駄な事 | 09:47 | - | - | - | - |
                世論と現実の差 No 3730
                0
                  今朝は若干気温が低いです、とは言っても32.7度ですがね。(10時)
                  多分今日も35度まで上昇する事になるでしょう。
                  その後も36、36、35、33、33と予報は続きます。
                  30度を切る日はいつのことか恨めしい感じです。

                  世論というものは一体何を基準に表現されるのでしょう?
                  様々な世論調査と言ってメディアで数字を出してます。
                  しかし方法論はともかく現実との違いが出る事が多いです。

                  特に顕著なのは選挙の時の世論調査です。
                  学生時代に調査のアルバイトが有って参加しました。
                  部落を一軒一軒調査票にもとずいて聞き取りしたんです。

                  確か数日かかった気がしました。
                  そして不在者が居れば翌日再度訪問です。
                  そうして得られた結果は当時野党の社会党を支持する方が多かったんですが、実際には与党自民党が圧勝でした。
                  この事が未だに続いているようです、先日の参議院選挙でも野党を考えていると言う若者の行動はほぼ与党に投票したと言う話がありました。

                  今もホワイト国除外を60%の支持があったと報道しています。
                  内容も何も知らない人が支持したって意味を持たないと思うのですが、世論と言う武器が与党を動かすのです。
                  実際にホワイト国除外したって輸出も輸入も全く今まで通りに行われるのですから変化が無いのです。

                  では何故そうした行動をしたかが問題視するのがメディアなんです。
                  しかし現在のメディアはどうも知恵、知能がなさ過ぎです。
                  事の内容を十分に研究し理解して無いのです。

                  昨日のテレビ報道番組で従来通りの輸出入ができますよ、と有る専門家(ホワイト国関連を手がけた人)が言った事をここで初めて知りましたとキャスターが言うのです。
                  という無様さです。
                  一生懸命にホワイト国除外になったら包括云々が出来なくなると報じてましたがそれは嘘だったんです。
                  包括出来る仕組みになっていると言うのです。

                  知らない報道と間違いを報道されている人たちの世論など何の意味が有りましょうか。
                  世論がさも現在の政治を支持しているが如くメディアが報じているのが可笑しいし滑稽と言えます。

                  本来政治は戦時中の歴史問題を処理し、ホワイト国除外問題は産業界の自主的な折衝で解決されるべきだとも言えるようです。
                  ごっちゃごちゃにしてしまった安倍氏はいつものパターンです。

                  もりかけ問題だってなんだか訳が解らないうちにうやむやにしてます。
                  筋が一歩通って無い状態で論議しているのですから分からないのが当然です。
                  逆に言えば、国民に分からないように操作しているのが安倍氏の得意な行動かも。

                  韓国が慌てているのはホワイト国と言う事自体日本から教えてもらったので、これ又よく理解して無いそうで、その専門家の所に問い合わせが殺到したと言います。
                  ですが従来通り出来ますと答えると安心しているそうです。

                  ですから産業界は何ら心配事など無いと言います。
                  よってお互いにエスカレートさせる政治家や外務省関係は手を引くべき時です。
                  もちろんメディアもいい加減な報道は辞めて欲しいのです。
                  ホワイト国除外の発動が行われれば産業界の方で今まで以上に慎重さを持って対応するだけ、即ち怪しい会社が淘汰されるのですから産業界にとっては喜ばしいのです。

                  歴史問題から端を発してエキサイトしてますが、現在は北朝鮮の脅威の方が重要な課題です。
                  日本は完全にミサイル射程距離内に入っている事がハッキリしてます。
                  金正恩氏との会話を持つ努力を安倍氏が行う事が喫緊の仕事です。

                  どんなにトランプ氏に頼んだってトランプ氏はファーストアメリカなんですから、日本が弱くなる事を願っているのです。
                  トヨタの社長も安閑としてられないと、常に行っている事が象徴的です。
                  どうしたってトランプ氏はアメリカの自動車会社を強くしたいのです。
                  日産が北米でダメになったからトランプ氏はほくそ笑んでいると思いますよ。

                  日本の独立がアメリカの保護無しでは成り立って無い事を日本人は知るべき時が来たんです。
                  日本はアメリカに介護を依頼しているのです。
                  大きな介護保険料を払いながら、最近その保険料を5倍にすると言って来ているのです。
                  これもいずれは介護に必要な経費として上納するのです。

                  そしてアメリカは世界で最も偉大な国になるのです。
                  しかし中国という目の上のタンコブが有り苦慮してます。
                  貿易でやっつけようとしてますが、相手も実力を十分に蓄えらので、そう安安と凹みません。

                  世論とはそうした全てを包括的に考えての結果であればいいのですが、断片的で一片のカケラでしか無いのです。
                  壺の形になっていない断片では姿が見えますん。
                  メディアの世論調査ほど無意味な事は無いと断言出来ます。
                  世論調査は国民を煽るのに都合のいいものです。

                  今は冷静にと言っていながら庶民を煽っているのです、民放もNHK もです。
                  | 無駄な事 | 10:06 | - | - | - | - |
                  さて参議院選挙結果は No 3715
                  0
                    曇り空じっとりとした湿度の重圧に屈してしまいそうです。
                    エアコンが活躍してますが扇風機が昨日壊れて困ってます。
                    早速買いに行かねば、取り敢えず夏前に考えてましたので目当ては有ります。

                    いよいよ選挙と言う事ですが、結果は一つも変化がないでしょう。
                    政党の勢力図が変わるわけじゃ無いし、目新しい議員が誕生する訳でも有りません。
                    目玉が台風の様にハッキリと見えればそれなりに興味も出ますが微風の中ではサプライズも起きません。

                    そうして夕方には特番で長い時間選挙結果を放送する訳です。
                    評論家の稼ぎ時です。ボーナスかも。
                    変化も生まれないのに評論するネタを探すのに苦労は無いものでしょうか?
                    それはそれ評論家の持ち味が有りますからそれに期待する訳です。
                    ともあれこれ程話題性のない選挙も珍しいのではと思います。

                    実はたくさんの問題を抱えているのですが、議論にならないと言うか解決策を見出せないのです。
                    ですから論戦から外れてしまってます。

                    しかし山本太郎氏の演説は今後の日本に旋風を巻くかも知れません。
                    消費税ゼロと言う奇抜な論議は十分に検討する価値が有ります。
                    消費税など無かった時代即ち我々の現役時代ですが消費の落ち込みなど無かったです。

                    それいけドンドンでした、その頃の欧州は停滞していた様に見受けられました。
                    ですから消費税も必要だったんでしょう、成長が止まると税金が入って来ないから消費税と言うまやかしの税金を作った訳です。

                    それも金持ちから、即ち高額の商品に消費税をかけてた訳で、贅沢税だったのです。
                    それは日本にも有ったと思いますよ。
                    高額の貴金属を買えば相当の税金がかかりました。

                    英国は新聞でも食品でも税金は無いです、しかし日本は一律ですから堪んないです。
                    消費の冷え込みは消費税の為です。
                    考えてみれば分かります。
                    8%の計算をしてみれば、家族3人の年間の食事は大体70から80万円程でしょうか?それに8%を掛ければ約6万円程の税金を払うことになります。

                    もしこの金額が他に使えれば洋服だって買えるし、旅行だって出来ます。
                    そうして使ったお金から法人税を取れば良いのです。

                    兎も角、消費税がお金の循環を悪くしているのです。
                    そうした議論をしているのが山本太郎氏ですから今後の日本に何らかの刺激になる事を期待して投票します。
                    | 無駄な事 | 09:47 | - | - | - | - |
                    参議院選挙 争点無し No 3698
                    0
                      雨の始まりにうんざりの今日この頃です。
                      昨日はちょっとの隙間から日光が見えましたが今朝は又々厚い雲から水が落ちて来てます!
                      海に囲まれた列島ですから雨も仕方がないですが長すぎです。

                      鹿児島はどうなるのでしょうか?
                      友人も知り合いもいないから様子を直接得られないのが残念です。
                      若い頃九州営業所に勤務した時には鹿児島へ毎月行ってました。
                      良いところです。

                      当時は飛行場も錦江湾の方に有り、市内に近かったです。
                      YS機で福岡から乗ると美しい天草五島を見て霧島連山を超えて間もなく鹿児島です。
                      30分程度だったでしょうか、素晴らしい空の旅でした。

                      今大雨で土砂崩れも発生する事もあり得るでしょう、心配になります。
                      今日公示される参議院選挙、3年に一度と言う定期的な選挙ですから特別にこれはと思う事は無いです。
                      争点も特別に無いですし、個人的に応援する人もなく盛り上がりません。

                      でも一応参政権を行使せねばと思い投票はします。
                      これから候補者の連呼がうるさくなるでしょうがしばらくの我慢です。
                      そう言えば、昨日はうるさい蝉の声が聞こえて来たんです。

                      令和で初めての蝉の声がです。
                      多分一匹だけかも、ちょっと声の調子を見たのかどうか?
                      しかし蝉の感覚と言うものは凄いと思いました、そのちょっとの間とは、日光が雲の隙間から漏れた時です。

                      待ってましたと蝉も太陽に挨拶したのかどうか?
                      兎も角これから梅雨が明けたら蝉の声に耳が痛くなりそうです。
                      園児たちの声をどっちが大きいか?絶対蝉に軍牌が上がります。
                      | 無駄な事 | 09:38 | - | - | - | - |