RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

自然の豊かさを心の泉に

地球上の大自然は素晴らしい。その豊かさに抱かれて。
個人事No 4054
0
    けさも普通の夜明けでした。
    雲が厚く垂れ込めて重圧を感じるものです。
    今日は個人的な事で早速お出かけです。

    久しぶりに1時間程電車に乗っての旅です。
    もし江戸時代だったら一日の行程では無理だったかも。
    そんな時代に生きていたらどんな生活をしてたんだろうかと想像できませんね。

    いくら小説や映画を読んでも見ても実感は掴めないものです。
    タイムスリップしてその時代に行ってみたら面白いかね、しかし大名とか有る程度の地位がなければ辛いだけかも。
    いやそうでも無いのかな?
    庶民の方が気軽さがあったのかも。

    そうやって時代に生きた人々が居て現在まで脈々と時代を歩んで来たんですから生物の凄さを感じます。
    いま紫陽花が綺麗にあちこちで見かけます。
    これも毎年この時期に花を付けるのですから生き物の不思議さを感じてしまいます。

    兎も角そんな訳で今日のブログは内容が無い取り止めのない事になりました。
    明日はじっくりと時間を作ります。
    | 気取らずに | 08:09 | - | - | - | - |
    音楽は友達 No 3892
    0
      実に素晴らしい晴天真快晴です。
      部屋の奥まで日が差し込んで眩しい程です。
      なんか勿体無い気がするのですがこの日光を保存する事が出来ないのが残念です。
      風船の中に溜め込んで置いて太陽がない時に風船から日光を取り出せれば良いんですがね。

      自然の出来事は儚いものです。
      でもこれが砂漠だったら毎日毎日太陽に晒されて生き物が存在すら出来ません。
      と言う事は儚さの自然だからこそ愛すべきものかもしれません。
      自然の風景は自然に作られたもので頑強な面と危なっかしい面の両面を持っています。

      そんな自然の景色を車窓から見るのが嬉しいものです。
      最近旅をしてませんが現役の頃は実にあちこちと行きました。
      多分全国の県は全部行ったと思いますよ。
      島としては佐渡ヶ島に行って無いのが残念ですが行く機会がありそうな気がしています。

      石垣島は行けないでしょうね。
      そうした車窓の自然の風景を音楽と同化させて考えているのです。
      即ち昔聴いた事のある曲音楽は懐かしい車窓の風景になるのです。
      とても好きな曲は住み慣れた風景って感じかな。

      落ち着く所です、音楽もこの曲を聴くと癒されてゆったりした感じを得ます。
      一方一度も聴いてなかった曲は風景もまだ見ていなかった所なんです。
      YouTubeで毎朝調理をしながら聴いてます。old musicが中心です。
      その中には何百回も聴いた曲もあれば全く耳にして無い曲も有るんです。

      それらの音楽を聴きながら車窓の風景を見ています。
      今日もこの場所が出てきたかとか、ええ聴いた事が無い曲だねえこの風景は外国かしらとかね。
      想像の世界でとても楽しく音楽と過ごしています。

      音楽の友と言う本が昔から有って学生時代に読んでました。
      主に当時はクラシック音楽に傾注してましたのでカラヤン等々の有名人の知識を得る為でした。
      その音楽の友と言う言葉が何も考えずにおりましたがこうして現在毎日聴いていると、スッポリと言葉が収まります。

      音楽の友と言うよりも音楽は友達って感じですかね。
      現役時代は友達が多すぎて音楽を友達にしてませんでした。
      しかしこうして友達が減ってくると音楽が身近に感じて音楽を手放す事が出来ません。

      それが実に素晴らしい事でこれからも音楽と旅の車窓をセッティングして想像の世界で楽しみます。
      先日遠く離れている友人の夢を見ましたが懐かしいです。
      音楽も昔の曲はとても懐かしく古い友人とご一緒と言った感じで聴いてます。
      | 気取らずに | 09:42 | - | - | - | - |
      ショート No 3869
      0
        良い天気になりました。
        年末と思えない程気温も高く良い気候です。
        これが温暖化の影響なんでしょうかね。

        今日はこれからお出掛けですので内容はショートにします。
        最近書き始めるとエキサイトして来て、長々の文章になってました。
        済みません、しかし頭に次々と浮かんでくるものを書かないと何か不満が残ってしまうんです。

        そんな訳で今日はこの辺で終わります。
        ご機嫌よう。
        | 気取らずに | 08:52 | - | - | - | - |
        首脳たちのお祭り No 3693
        0
          雨の週末この時期は行楽も出来ない状態でしょう。
          ここの公園はバーベキューが出来るキャンプ場的な所があります。
          晴れた日には多くの人が集まって焼き肉など食べてます。

          それも天気次第ですから今日も予定していた人もいたでしょうが残念でした。
          明日も雨ですから楽しみしていた子供達は可哀想です。
          予約制ですから混んでいるシーズンは中々取れないのではと。

          そうした行楽もあると言う事です。
          各国から集まって来た首脳たちも日本大阪に来て、色んな会談はあるでしょうが一部はお祭り的な感覚があるのでしょう!
          日本での開催は初めての様ですから、首脳の中には初めての日本訪問もあるでしょう。

          ともあれ、二日間の会合で何かを決めたり、方針を出すなど出来っこないですからワイワイガヤガヤで終了となるのでしょうか?
          それに対してメディアはこれ又色んな想定話に花を咲かせて、番組を構成してます。

          思うのは想定した通りに進めばそれなりに評価しますが、全く違っていた場合はメディア側で申し訳ないと言うメッセージが出ないのです。
          そこんところがどうもいい加減なメディア報道だと思うのです。
          偉そうな肩書きやら経歴を披露して、偉そうに分かっていると言うばかりの言動をはく輩もいます。

          それ程世界中が期待注目している訳じゃないのですから、首脳たちはお祭りなんですから、偉そうな言動は避けて欲しいと感じます。
          大阪が東京と同様に世界へ発信したと言う言い方は良いと思う。
          日本は東京しか無いと思っている欧州人も多いだろうと思いますよ。

          今後も是非イベントを大阪で開くと良いでしょうね。
          オリンピックも大阪でやれば良かったのに!
          万博は大阪でやる様ですが、先にもやってますからね。
          大阪といえば万博だけと思われてしまいそう。

          ともあれ、お祭りは今日でおしまい、その後日本観光も良いと思うけど、この天気じゃね、富士山も雲の中でしょう?
          京都の古都は雨でも良いかね、でもやっぱり日本晴れを見てもらいたいですね。
          | 気取らずに | 08:54 | - | - | - | - |
          下見の面白さ
          0
            晴天は今日も来ました、実に歓迎すべき事です。
            昨日は無事下見作業を完了出来ました。
            久々の所(洗足池)でしたから変わってるかと思いきや、全く同じでした。
            それも周りの風景まで以前とちっとも変わってません。
            逆にその方が驚きです、そして桜の木は老木になったのかも知れませんがまだまだ綺麗な花を見せてくれるでしょう。
            そう言う年輪年齢を人に当てはめたら30年の年月は人を全く変えてしまうでしょう。
            木々の寿命の長さを感じたものです。

            そして当然ながら桜の下でいっぱいやる為の食料品調達店も確認して、最も重要な二次会の場所を見つける事です。
            五反田の街も建物は変わってませんでしたがお店がガラッと違ってました。
            昼に飲む居酒屋風の店は中々見つからず探しましたら鮮魚を売り物にした店に遭遇して入りました。
            良い店で二次会もここなら大丈夫と。
            しかし昼は2時までその後夕方四時開店ですので、桜鑑賞飲み会の時間調整が必要になります。
            そんなこんなで下見は成功して帰路に着きました。
            当然顔は日焼けも有りますが酒で真っ赤になって電車に乗りどうやらちょっと寝たかも!

            最寄駅迄気分良く過ごしました。
            三人の旅は無事目的を達成し気分良く1日を楽しく過ごしました。
            今度は花見本番です。
            28日が第一の候補ですが天気次第では自由に変更します。

            何せ時間がたっぷり有る老人組ですから!
            平成最後の花見を勝海舟夫婦の墓の側で行うのも何かの因縁があるのか無いのか?
            海舟が夜明けを演出した明治から大正昭和平成と流れて来て、今度は何になるのか?
            次の元号が日本の再度の夜明けになって勢いの良い日本になって欲しいものです。
            | 気取らずに | 09:39 | - | - | - | - |
            無題もいいかなと思います。
            0

              今まさに太陽が顔を出す瞬間のようで真っ赤な地平線に太陽光が照らし始めました。

              強力な光線に目をつむってしまいます。

              今日も快晴の一日になるでしょう。

               

              しかし寒いです、5時半に起きたのですが部屋の中も寒いです。

              暖房はこたつだけでまだエアコンを使ってないのでそろそろ使わねばと思っています。

              ガスストーブが良いです、暖まるのが早いしガス代も安い気がします。

               

              毎日こうして思いつくまま文章を作っていますが、得てして今日の題目はどうしようと考える時が多々あります。

              しかし今日のように無題でもいいかなあと思っています。

              特別な思いが無ければ制限されないで書けます。

               

              自由な発想が出来ます。

              普通の会話にしても殆どが無題で喋りまくっています。

              話題が次々に持ち上がりそれについても私見を言い合い結論など出ないで終わるケースが圧倒的です。

               

              何のための会話だったのか時間をかけた割には得るものが少なかった、と言う印象が多く感じます。

              国会でのやりとりも終わってみれば質疑と答弁の食い違いが平行線で何がどう解決したのか分からないです。

              結果は無題と同じことのように思えてきます。

               

              日々の行動は無題で動きまわっているのかも知れません。

              はっきりとした目的意識が働いているのは買い物ぐらいかも。

              仕事も日々の暮らしに必要なものはルーチンワークであるし、運動だって意識的な部分はそれほど無く普段の延長です。

               

              やっと部屋も明るくなって来ましたので照明を消しました。

              今日は時間的に余裕が有りそうなのでゆっくりと考えながら行動しようと思っています。

              ここんところ時間に追われた昼前でしたから、のんびりと午前を過ごそうと。

               

              それにしても早起きはいいかも、時間の余裕を作るには早起きですかね。
              気持ちにゆとりが出来ます。

              モーツァルトの曲を聴きながらのブログつくり楽しいものです、余裕です。

               

              そんなことでこれから朝食を取って日常のスタイルに戻ります、余裕はこの辺でおしまい。

               

              | 気取らずに | 06:59 | - | - | - | - |
              無題もいいかなと思います。
              0

                今まさに太陽が顔を出す瞬間のようで真っ赤な地平線に太陽光が照らし始めました。

                強力な光線に目をつむってしまいます。

                今日も快晴の一日になるでしょう。

                 

                しかし寒いです、5時半に起きたのですが部屋の中も寒いです。

                暖房はこたつだけでまだエアコンを使ってないのでそろそろ使わねばと思っています。

                ガスストーブが良いです、暖まるのが早いしガス代も安い気がします。

                 

                毎日こうして思いつくまま文章を作っていますが、得てして今日の題目はどうしようと考える時が多々あります。

                しかし今日のように無題でもいいかなあと思っています。

                特別な思いが無ければ制限されないで書けます。

                 

                自由な発想が出来ます。

                普通の会話にしても殆どが無題で喋りまくっています。

                話題が次々に持ち上がりそれについても私見を言い合い結論など出ないで終わるケースが圧倒的です。

                 

                何のための会話だったのか時間をかけた割には得るものが少なかった、と言う印象が多く感じます。

                国会でのやりとりも終わってみれば質疑と答弁の食い違いが平行線で何がどう解決したのか分からないです。

                結果は無題と同じことのように思えてきます。

                 

                日々の行動は無題で動きまわっているのかも知れません。

                はっきりとした目的意識が働いているのは買い物ぐらいかも。

                仕事も日々の暮らしに必要なものはルーチンワークであるし、運動だって意識的な部分はそれほど無く普段の延長です。

                 

                やっと部屋も明るくなって来ましたので照明を消しました。

                今日は時間的に余裕が有りそうなのでゆっくりと考えながら行動しようと思っています。

                ここんところ時間に追われた昼前でしたから、のんびりと午前を過ごそうと。

                 

                それにしても早起きはいいかも、時間の余裕を作るには早起きですかね。
                気持ちにゆとりが出来ます。

                モーツァルトの曲を聴きながらのブログつくり楽しいものです、余裕です。

                 

                そんなことでこれから朝食を取って日常のスタイルに戻ります、余裕はこの辺でおしまい。

                | 気取らずに | 06:58 | - | - | - | - |
                読みもまんざらでは無い気がしています。
                0
                  天気晴朗、春の気配がいっぱい、気分が高揚して落ち着きません。
                  どこかに飛んで行きたい、鳥だったらなあ、と思います、そうだ、近所の小川に飛来している鴨たちはどうしているかな。
                  今日見に行こう、元気に子育てしているどうか、しかし10羽程度育てても、来年飛来するのは1羽程度とか、ほとんどが北へ帰る途中に命を落とすと聞いたことが有ります。

                  ずーっと生まれた小川にいれば良いものを、渡り鳥の習性に逆らえないのでしょうかね。
                  危険を親が教えないのかね、日本に残して、又来年に再会すればいいじゃないかと、そして次の年は大人になったんだから、今度は飛行中でも体力があるから大丈夫と。

                  鳴き声を出しますが、会話じゃないのかも、そう会話は出来ないのだろう。
                  カラスも大きな声を発するが、会話まで出来ていない、そうかも知れない。
                  しかし、夜明けに鶏鳴(けいめい)と言いますが、ここでは夜明け前からカラス鳴(からすめい?)が聞こえて来ますよ。
                  カラスの起床は早いです。

                  今日の記事に日本の株価はマネーゲームだと、はっきりと書かれていました。
                  数日前でしたか、そう思ってブログに書きましたが、同意見にまんざらでは無い気がしています。
                  記事を書いている人は経済専門家で、統計的な面から経済動向を読んでいる方です。

                  記事の結論はアベノミクス破綻です。
                  折角の資源安、円安の輸出差益、があるにも関わらず、実質賃金が全く上がっていない、これでは消費GDPがマイナスになるのも当たりまえと、統計的なことは良く理解していませんが、何となくわかるような気がします。

                  景気が良く感じないのは思い切って買い物が出来ない、飲み食いにどんどんお金を使えない、どこどこに旅行しようと言うプランが少ない、プレゼント(お誕生日、入学式、卒業、合格等々)をしなくなったなどなど、お金を使いません。
                  日々の暮らしでも、デパートで食材を買うことも少なく、安いスーパーで間に合わせます。

                  それも売り出しの時は、ポイントの多い時は、大勢のお客が集まってきます。
                  それほどに家計が苦しいのでしょうか。
                  実質賃金が上がらないのでは仕方がないでしょう。

                  アベノミクスが始まったのは2012年だったようですが、それ以前よりも悪くなっていると言います。
                  株価が上がっているので、その悪さも消されているように見えたのでしょう。
                  今、その内実が浮かび上がって、株価が乱調に、経済とは関係なく、マネーゲームに走っている、と言います。

                  ともあれ、実質がものを言います、実質とは何か、どうやら名目から物価変動を引いたもののようです。
                  即ち、賃金が3000円上がったが、物価が4000円上がったとすれば、実質はマイナスとなるのです。
                  確かに、食料品は上がっていますね、魚などは顕著です、それも近海ものが少なくなり、さんまは無かったし、いかなども一ぱい100円程度が普通ですが、今は200円が安い方で、300円以上の時も多々あります。

                  細かく調べれば、どれほど上がっているかの統計が取れるでしょう。
                  レシートを全部集めていますから、前年と比較してみましょうかね、調べたら書きます。

                  そんな訳で、この日本はどうやら景気が悪い、企業だけは儲かっている、そんな現状です。
                  儲かったものは内部保留ですから、給料には絶対に反映されません。
                  だって、あれだけ儲けているトヨタも3000円のベースアップ?、考えられません。

                  我々の初任給は3万円足らず(昭和42年)、しかし次の年は6万円翌年は10万円と倍々ゲームでしたよ。
                  会社が儲けたものは社員に振り分けていました、内部保留するようなケチな経営者は少なかったのです。
                  設備投資も積極的でしたから、景気は上昇の一途でした。

                  現代のように設備投資がマイナス成長などあり得ませんでした。
                  ですから、今の経営が何だか変だなあ、と違和感を覚えるのです。
                  内部保留するよりもどんどん設備投資をして、国内を景気づけ、消費を増やさせる、そうしれば、又自分のところにお金が戻ってくる、好循環になります。

                  物が売れるまで設備投資をしない、じゃ、いつまで経っても沈滞ムードです。
                  景気の上昇が有った時代、中小企業は近代化資金と言うお金を借りて、新しい工場や設備を買いました。
                  借金経営ですよ、しかしものを作るれば売れたんです、借金も返すのに苦労は無かったんです。

                  お金の好循環が景気を良くし、皆が満足してました、格差社会など感じませんでした、人の輪も広がって、いい時代だったなあ。
                  現代人に経験させたい気分です。
                  忙しかった、しかしいい思い出でも有りました。
                  | 気取らずに | 09:11 | comments(0) | - | - | - |
                  魅力、常に持ち合わせていたい。
                  0
                    10月も後半に入りました。
                    益々寒さを感じる日々です。
                     
                    どことなく寒さと暑さの狭間(はざま)、行ったり来たりで外出着が決まりません。
                    今日もそろそろお出かけするのですが、さて何を着たらいいか、困惑しています。
                    気温は20度を超えてますが、風が若干冷たいし、街中は温かいだろうしね。
                     
                    魅力ある、魅力的な、そんな言葉を聞くことが少なくなっています。
                    魅力の漢字に何か不気味な雰囲気は有ります。
                    引かれる気分になります。
                     
                    しかしどうも本人が醸し出す魅力と、他人が認める魅力と、食い違いが出来ることが多いです。
                    それにしても、改ざんする、このことは決して魅力的な行いでは有りません。
                    インフルエンザで現場を二日間も休んだ、しかし仕事(杭打ち)は続いていた、その間に会社から応援が無かったとしたら、改ざんどころか、いい加減な現場仕事となります。
                     
                    大事な基礎的な、肝心なところを、そんなにいい加減でいいのかどうか。
                    その人が別の現場でも管理者となって施工していた、早急にその現場を調査すると、住民はたまったものじゃない。
                    不安が不安を呼びます。
                     
                    これは魅力の逆方向です。
                    魅力的な行いと言うものはみんなが真似したくなる、私もそうしたい、そんな気持ちになるものです。
                    しかし逆のことはみんなから批判を浴びるものです。
                     
                    どちらを選ぶか、当然分かっている、にも関わらず反対の方向を目指してしまう。
                    悪の意識が有るのかどうか、改ざんが正しいと思っているのかどうか。
                    或いは、改ざんは当たり前のこと、当然のこと、とした常識が有るとすれば、とんでもないことです。
                     
                    この世は変わってしまって、魅力的な現代になれない、そんな気がします。
                    古い意識(思想)かも知れませんが、道徳的に優れている人、やはり魅力を感じます。
                    正義感の強い人、嘘ができない人、いいですね。
                    魅力とはそうした普通では出来ないことを、できる人かと思います。
                     
                    改ざんも普通は出来ません、しかしこれは悪の魅力でしょう。
                    悪も魅力が有り、引かれることも多々あるでしょう、大麻などがその典型的なものです。
                    善悪をちゃんとわきまえて事を行う、これが出来れば普通なんですが、この普通ができないのです。
                     
                    普通の人が結局魅力的な人となりそうです。
                    改ざんはこの先どんな方向に波及するか、見守って行きます。
                    | 気取らずに | 09:52 | comments(0) | - | - | - |
                    簡単に済ませる。
                    0
                      5月も下旬に入り、夏も目の前に来ました。
                      と言ってももう夏のような天候で、日差しが強いですね。
                      腕の日焼けは相当なもの、日焼け止めでも必要かなと、長い夏になりそうです。

                      毎日の暮らしの中で、出来れば簡単に済ませたいものっていっぱい有ります。
                      朝食を簡単に済ませたい、休日の朝に思うことです。
                      寝坊したいから、これが若いころの話です。

                      今は6時の起床で毎朝必ず味噌汁を中心にしっかりした朝食を取っています。
                      では昼食を簡単に、そうなると外食となりますが、どうも最近の外食は不味(まず)いものが多くて、行きたくありません。
                      お腹をいっぱいにするだけの目的(食事)では満足できませんからね。

                      そして夕食を簡単に、居酒屋にでも行っていっぱい飲みながらの夕食、これも味気なくて、結局自分の料理に舌鼓します。
                      毎日のこと、簡単に済ます、しかしどうも満足というものが欲しい場合は自分で手を下さねばなりません。
                      ですから、簡単に済ますの考えを自分流に解釈して、この程度まで簡略化できる、ところを作っています。

                      現代は時間が多方面に使うために、時間不足と言う場面が多く、何でも簡単に済ましたい気分です。
                      しかし時間の使い方でじっくりしなければ、このことも多いはずです。
                      研究者が自己の論文つくりを簡単にするため、他の文献を引用する、これが現代版論文になって騒がれます。

                      どうにも現代の騒々しい世の中、簡略が横行している、そんな風潮かなと、気になります。
                      簡単に済ます、たまにはいいでしょう、でもいつもは困りものです。
                      | 気取らずに | 09:22 | comments(0) | - | - | - |