RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

自然の豊かさを心の泉に

地球上の大自然は素晴らしい。その豊かさに抱かれて。
待つしかない 常の事 No 3701
0
    今日も雨??このフレーズを毎日でも使えます。
    他に表現する言葉を探してみたいです。
    ともかくどうにかして欲しいと思うのですがね。

    しかし「待てば海路の日和あり」で言う通りいつかは晴れの日が来ます。
    人は常に待つ事を強いられています。
    天候だけではなく凡ゆる事で待っています。
    今の参議院選挙でも投票日が来てその結果を国民が待ってます。
    もちろん議員になれるかどうか候補者が一番待っているでしょうがね?
    それにしても静かです。

    ここの住民は少なくありませんが選挙カーが来ないですね?
    もう組織票で十分なのでしょうか。
    浮動票を狙う必要が無いのかも?
    参政権を放棄する人が多いですから一々隅々まで選挙カーを走らせないのですか?

    ともあれ選挙も結果待ち、日本がどう変わるか、変わらないかと言う瀬戸際でもない限り同じ結果が生まれるでしょう。
    顔ぶれが変わっても政治姿勢が変化しない、相変わらずと言う表現がぴったりです。
    日本は政党が多すぎて整理されるどころか集合離散の繰り返しで、これだけは待ってもどうにもなりませんかね。
    そうです、「待てど暮らせど」って事もあります。
    「待つ身になって」これは辛いです、許婚(いいなずけ)で待っていたのに、別の人と結婚しちゃった、なんてのが昔は有ったからね。

    現代は見合いも有るでしょうが、我の時代も親や親戚が嫁さんを見つけて来て見合いで結婚したもんです。
    友人もそうなんですよ!田舎の嫁候補を数人用意してくれて、田舎に帰ってそのうちから選ぶのです。
    もうそうした風習は無くなりましたか。

    嫁さんになる人は選ばれるまで待つしか無いんです。
    女性からあの人がいい、なんて事が有っても男性が決めてたのです。
    実に不公平だったと思います。

    でも適齢期を過ぎたら今度は嫁さん候補から漏れますから、待ってもダメ!ってなったのです。
    待つって必ずしも良い結果だけが有るわけじゃないですよ。

    しかし人は期待を胸に待つ事が実に多いです。
    何とも人の性と言うものは不思議なものです。
    そう言う事で、天気が良くなるまで待ちます。

    実はそれを待っているのです、キャンプファイアをしたいと思っているのでね。
    | 待つ | 09:35 | - | - | - | - |
    No 3691
    0
      朝方は太陽も出てましたが曇って来ました。
      この先しばらくは雨が続く予報ですから、今日はこのまま晴れて欲しい所です。
      西の方では台風が来るとか嫌な天候です。

      夏になれば暑さも厳しいですし、今は雨で蒸し暑いですし、快適な環境には程遠いです。
      日本の四季では春、秋の僅かな期間だけしか良い気候は無いですね。
      それ以外は耐える事に一生懸命です。

      保育園の園児たちは大騒ぎしています。
      何か紅白に分かれて競争しているようです。
      とても楽しそうな歓声です。
      矢張り勝ち負けの勝負は刺激的なんでしょう。

      キャーキャーと物凄い声を発しています、どっから出て来るのかね。
      そんな中ちょっと思うのですが、園児の時代は皆んなと遊ぶのが一番楽しいのでしょう。
      しかし個人的な面で見つめるとそれぞれに個性が有ると思えます。

      その個性を大事にして未来を見ると良いかなあと感じるんです。
      見極めはとても難しいでしょうが、この子は絵が上手に描けるとか、音楽に興味を持っているとか。
      他と違った特性を見つけてあげて、それぞれの方面に伸ばしてあげるのも良いかなあと思うのです。

      一律に同じ勉強をさせても、不得意分野は大きく差がつくでしょう。
      しかし違った分野では他を寄せ付けない能力があるかもしれないと感じるのです。
      そうした能力は園児の時代に決まる事が多いかとも言えます。

      自分を見る事など出来ない園児たちはただ環境の中で騒ぐだけです。
      もし方向をつけてあげたら予想外の能力を発揮するかもと考えてます。
      一律にから個性へ、未来の方向は自己の能力に任せる、そうした教育も有っても良いかな。

      保育園の先生方も目を肥やして園児たちの能力開発に一躍買って欲しいのです。
      園児が小説を書くかも知れないし、ゴーギャンの様な絵を描くかも知れないのです。
      不思議な事が起きませんかね?
      | 待つ | 10:01 | - | - | - | - |
      地下鉄新車導入の意図
      0
        多少春を感じる様になって来ましたが気のせいでしょうか。
        相変わらず北風は冷たいし暖房無しには過ごせないです。
        ですが、温度管理の面では若干下げ気味の様で部屋の温度が暑すぎる事は有りません。
        地下鉄なども丁度程よい感じになってます。

        そういえば、ここの地下鉄都営ですが新車が導入されました、先日それに乗りました。
        新しい匂いがするのです、変わったなあと思うこと数点あります。
        まず優先席の部分ですが席が一つ減らしました、5人がけから4人がけに。
        理由は分かりませんが優先席を求める人が少なかったのかどうか?
        或いは優先席の役割をしていなかったのか、即ち優先席に乗った人が席を譲る行為をしないためか?

        次に座席の奥行きが数センチ縮めた様です、席が小さくなったのです。
        我々年寄りは身体も小さくなって来ましたから良いとしても、一般座席も同様ですから困る事もありそうです。
        その結果立ち席が広くなったのです。
        より多くの人を乗せる苦肉の策とも言えます。

        その現れがドアーの両端部分が人が立てるほどの空間も作ったのです。
        即ち座席を減らして出来るだけ多く人が立てるスペースを用意したとなります。
        たっだら他の電車でやって居るような時間帯で座席を使わせない方法も考慮したら良かったのに。

        何処に焦点を持って設計されたのか疑問です。
        これからオリンピックに向かって外国人が大勢来ますが特に欧米人の人達は子供用の座席だと勘違いするのではと心配です。
        バカな車両を作った物だと思いました!
        たまたま同電車に乗った老人と話したら、年寄り向けの電車じゃ無くなったとこぼしてました。

        小池百合子知事の前から設計され制作されたんでしょうが?小池百合子知事の反応を是非聞いてみたいものです。
        そんな訳でこれから新車がどんどん増えるでしょう。
        乗客の反応は如何に????
        | 待つ | 10:53 | - | - | - | - |
        彼岸迄寒いでしょうか?
        0
          今日は昨日と比較したら随分気温が上がりそうです!
          しかしこの時期五度程度上がっても暖かいとは感じません。
          やはり寒さは身に答えます!

          寒さ暑さも彼岸までの諺通りなんでしょうか?
          日本はこうした表現が有りますが外国はどんなもんでしょうか?
          いずれにしても早う春がきんしゃいと思っています。

          中庭の梅の花は咲きほころんでいます。
          白梅が二本満開で、紅梅は一本咲き始めです。
          そこで
          紅梅が 白梅の園(その) 色付けて
          と詠みました。
          或いは
          梅咲きて 紅白彩(いろど)る 祝い花
          とも、何にしても寒さに耐えられる気概と言うか元気さが良いです。
          生ぬるい春を待たずに厳寒で花を開くのですから尊敬してしまいます。

          冬来りなば春遠からずですが、この期間が結構長いんです。
          冬をいつから見るかですが、日本は四季と言っても二季の様な感じもあります。
          丁度いい時期は少ないですからね。

          彼岸までまだ1ヶ月以上もあるでしょう?
          そこまで我慢の毎日です!
          早く来い来いお正月ではなく、彼岸に変えねばなりませんか?
          しかし気になるのが一つあります。
          バレンタインデーではなく、その日から例年花粉症が始まります。
          今年も寒いからと言っても花粉症が遅れる事は無いと思います。
          何となく今朝は鼻がムズムズしてきた感じが起きました。
          春は啓蟄も有りますから色んな生き物が出しゃばってきます。

          人の社会だけじゃ無い自然の目覚めでも有ります。
          生物は皆春を待っている、彼岸と言う節目を^_^
          | 待つ | 09:42 | - | - | - | - |
          餅つき 今年も終わりか
          0
            良い天気が続きます、冬の気候になってます。
            風もなく穏やかなクリスマスになりました。
            静かにバロック音楽が似合います。

            それにしてもキリスト教は賛美歌とか色んな音楽を持っているのが凄いというか不思議です。
            他の仏教とかに賛美歌の様な音楽はないですからね。
            せいぜいドラとかの打楽器程度でしょう!

            クリスマスにこうした音楽を聴くと心が何となく洗われるような感じを持ちます!
            バッハは宗教音楽を作る専門家だったのでしょうか?
            何曲作曲したのか知りませんが物凄い多くの作品があるんでしょう。
            何故それ程必要だったのか、賛美歌にしても兎も角いっぱい有ります。
            キリスト教には音楽が絶対に必要だったんでしょう。

            教会にもパイプオルガンが有り、聖歌隊が美しい声で歌うのです。
            もし仏教にこうした音楽があったら、どんな雰囲気の曲が生まれたのか?
            確かに経典を読むと言うよりは奏でる感じの節回しが有ります。
            そこんところを音楽的な曲として作っていたら面白いと思うね。

            それは兎も角として下の保育園では餅つきをしています。
            園児たちも小さな杵を振り上げて真似事をしてます!
            日本は正月に餅が無けれなならない必需品です。

            例年通り知り合いの農家に頼んでます、30日についてくれて送ってくれます!
            実に美味しいです!
            市販のお餅はいつ作ったか分からないし、美味さも一段落ちる様に感じます。
            昼に児童達はつきたての餅を食べるのでしょうけどキット旨いと騒ぐでしょうね?

            こうして年末を迎えて今年も終わりです。
            今日は25日ですから残り僅かです!
            昨日は大掃除をしましたがもうちょっと磨きたいです。
            天気の良い日にやらねばね!
            | 待つ | 10:16 | - | - | - | - |
            日を追う、余裕がない証です。
            0

              今朝も6時起床30度に今日もかと諦めが先に立ちます。

              ストレッチ後、即エアコンをスイッチオンしました。

              先月の電気量はその前の月のプラス2000円程度まで跳ね上がってましたから、今月も同様の金額になりそうです。

               

              気象庁が「部屋の中でもためらわずに冷房を」と催促していますから当然の結果です。

              それと水の補給は欠かさずに、その結果とトイレ回数が増えてしまいました。

              確かに、一日2ℓの水を飲んだ方が良いと言う話が以前に聞いて実行している人もいましたが、そこまで飲めばトイレは何度も行くことになるでしょう。

               

              ここんところカレンダーを見る機会が多いです、それは何故かと言えば年金の支払日を確認するためです。

              何日後に、これが日を追う理由です。

              昔は給料日が待ち遠しかったですが、今は年金です。

               

              給料時代はボーナスが有りましたから、それとなく多少の余裕を持つ事が出来ましたが、今は年金だけですからぎりぎりの状態です。

              と言うか、多少の余裕を作れますがそこまでして倹約しなければならないのかと、なんかそうした気持ちに向かわないんです。

              ですから、振り込み日までが楽しみと言うか苦しい日々を送ると言うか、複雑です。

               

              入れば支払いで次々と出て行きますから、又次の振り込み日まで日を追います。

              結局余裕がないのです。

              そう言えば、安いものを買う、これが余裕を作る条件でしょうかね。

               

              先般、電池を買いました、単3と単2です。

              12個入りで普通は1500円程度はしますが、ノジマと言う電気屋が隣町にありますから自転車で行き買いました。

              なんと、490円でした、何故と思うほどに安く買えました。

               

              ノジマのオリジナル製品なんですが、性能は保証されていますから、何ら問題はありません。

              こうした買い物をしなければと思った次第です。

              ネットで買えば安いと言いますが、日々の買い物は食料品など日常品です、ですからネットは使えません。

               

              日常の買い物もカードで買っています、何故か普通の日は3%オフ、土曜日は5%オフになるからです。

              ウォルマート即ち西武ですが、このカードはそうした特典があります。

              値段も隣のイオンよりも若干ですが安いのです。

               

              工夫は余裕を生ませるコツでしょうが、それでも日を追うんですからね。

              ま、そんなこんなで日々が過ぎていきます、そして振り込まれる日が来ます。

              嬉しいことです、労働もせずに収入があるのですから、有りがたい事です。

               

              実に大事に使わねばと、思う次第です。

              | 待つ | 09:46 | - | - | - | - |
              花見の準備を考慮中あれやこれやと
              0

                昨日靖国神社の桜が開花宣言されました、例年よりも9日も早かったとか寒い冬だったのに桜も頑張っています。

                今日も肌寒いですが花を開いてしまったからには皆さん見に来てください!と待っている事でしょう。

                早速昨日近くの桜の開花状態を確認したのですが、ここはまだでした。

                 

                多分今朝は開いているかもしれません、これから確認です。

                花見も1週間先になるでしょうからその準備を頭の中で考え中です。

                取りあえず友人(先輩後輩)との花見です。

                 

                日程は27,28日ごろを予定しようかと、天気がどうなるのか予報を調べています。

                時間は昼頃を狙って集合時間は11時半ごろと、先輩と相談しました。

                今回はここの近くの公園に集まる予定ですから、皆に来てもらいます。

                 

                老木の桜も結構あり、とても素晴らしい花見になると思います。

                花見の出来る場所も広いですからのんびりとゆったりと出来ます。

                今までは浅草の隅田公園に行ってましたが狭いし場所取りも大変だしと遠いしで今回はやめました。

                 

                6人が集まりますが今度は広々とした場所で花見出来ますからゆったりと出来ます。

                料理というか酒のつまみと言うか花より団子と言うか、その辺を考慮中です。

                どんな材料を使ってどんな料理にするかです。

                 

                今度は近場ですからたくさん作って迎えようと思っています。

                スーパーであれこれと物色中です、先ずは材料を確認しておかないと。

                もう花見の楽しみは老人どもの一番かも知れません。

                 

                既に河津桜を見に行って来ましたがやはりソメイヨシノは日本の桜と貫禄を感じます。

                大木にあれほど花を付ける木は他に無いでしょう、梅もたくさんの花を付けますが大木を見かけません。

                何と言ってもソメイヨシです。

                 

                さてさて、こころがウキウキして来ましたところで早速開花の状況を確認してきます。

                気の早い人は既に花見をしているかも知れません。

                お酒でも持参して行った方がいいですかね、でもちょっと花曇りで肌寒いです。

                | 待つ | 09:12 | - | - | - | - |
                年号が事前に 過去に例があったのかな
                0

                  晴天がいいです今朝は抜ける様な青空が広がっています。

                  雲が遠くに浮かんでいる天上には全く見当たらない。

                  今冬は寒さが例年より早く厳しくなっていると言いますがこの晴天で気持ちが助かっています。

                   

                  北国の方面では雪雲が出て来て太陽の顔など見ることが出来ないでしょうそれを考えるとなんと幸せであることか。

                  勿体ない気分である訳ですがこれだけはお裾分(すそわ)けできません残念です。

                  しかし首筋の痛さはまだ多少残っていて普通の首振りが出来ない状態が続いています。

                   

                  歯痛は歯医者に行って相談したら虫歯では無くなんと歯茎の問題でした。

                  いやな事に痛いところの歯茎から膿が出て来たと言います。

                  抗生物質で対処することになり朝晩飲むことになりました。

                   

                  激痛は有りませんが膿の状態はどうなるのか数日様子見です。

                  どうやら原因は夜中に歯を食い縛る癖があるためのようです。

                  昔から寝ていて歯ぎしりしてましたからその癖が残っているようです。

                   

                  その為に奥歯ですが歯茎に影響している模様で化膿した様です普通は60堋度の力でものを食べているようですが歯ぎしりはその何倍かの力で有るそうです。

                  若いうちは歯茎も丈夫でしょうがこうして年齢が増せば弱ってくる事必至です。

                  ですから何らかの問題点がでるのは致し方なしと言う結論です。

                   

                  夜中に歯ぎしりしても歯茎への影響を少なくする方策も有るそうでその内その方法を取らねばならないかも知れません。

                  老化とはそしたもろもろの現象が変化することのようだと思いましたね。

                  その変化と言う事ですが年号が変わるのです。

                   

                  再来年の4月ですか5月からでしょうか新しい年号が始まります。

                  こうした前もって年号を変えると言う作業は日本では過去に有ったんでしょうか。

                  今までは天皇が崩御されてからその時点で年号を変えたのではと思うのですがどんなもんでしょうか。

                   

                  しかしそうでもないのかな江戸時代はその前も結構年号が変わってますね。

                  その都度天皇が変わっていたんでしょうか。

                  それとも明治以降の年号は今の制度になったのでしょうか知らない事ばかりです。

                   

                  ともあれ事前に年号が変わるとなればいろんな面で経済的だと思います。

                  書類関係が突然の変化で従来の書式が使えなくなる事多々あります。

                  最近は西暦での表現が多いですがしかし官庁は旧態依然として日本の年号を主にしています。

                   

                  それらの印刷物は全て廃棄されるわけでそれも税金が捨てられるわけです。

                  印刷物は今から注意して発注して貰いたいです。

                  年号が変わると経済効果もあると思います印刷物は当然増えるでしょう他にもいろんなところで変更が余儀なくされるでしょう。

                   

                  我が家も何を変えればならないか考えても何もないですかね。

                  一般家庭はそうしたものでしょう年号で変化するこのはなさそうです。

                  明治→大正→昭和→平成そして今度はなんでしょうか→

                   

                  ともあれ変化することが人の世ですそして変化を望んでいます。

                  平穏で平和な世になることだけは変わら無いで欲しいです。

                   

                  | 待つ | 08:59 | - | - | - | - |
                  冬の到来に準備不足
                  0

                    11月も下旬に入ってしまった。

                    寒空に冬の到来を感じる。

                    今日はこたつの中で一日を過ごしたい気分だ。

                     

                    部屋の温度も17度しかない、大きめのセーターも着ている。

                    冬になったんだと思わなければならない、しかしまだ秋の気分なので心の準備が出来ていない。

                    この季節の変わり目と言うのは中々認識しづらいところがある。

                     

                    この日から冬とかがはっきりしない、その内に冬になって寒い寒いの連発で気づくことが多い。

                    四季の変化が日本でははっきりと表れるが変わり目の曖昧さが面白い。

                    しかし今年も残り40日程度になってしまった。

                     

                    早い一年であった、毎年365日が有るのに今年は100日程度しか無かったような気分である。

                    何故こんなに早いのか考えてみても回答が得られない。

                    残りの40日間でもう少し満足、納得の行く今年にしたいと思うのだが何をすればいいのか。

                     

                    そう何をすればいいのかである。

                    未来しかないのだから未来に対する準備をすべきなのだ。

                    ところが行き当たりばったりの毎日だから準備など殆どしていない。


                    日常生活で考えてみれば主婦業的な時間は半分以上であろう。

                    食事・洗濯・掃除・買い物等でほぼ三分の二、残りで何をするかテレビを見てしまえばあっという間に過ぎてしまう。

                    ではテニスなどの運動?これが続かないのだ。

                     

                    公園内にテニスの壁打ち出来る場所がある、毎日やればいいと思うがやらない。

                    散歩はあれこれと1時間はするがその程度である。

                    兎も角長い一年を感じる様にするにはどうするかだ。

                     

                    考えてみれば学校に通っていた時分が一番長く感じたように思い出す。

                    それは試験と言うものが学期ごとに待っていたからだと思う。

                    試験から逃れたい、即ち早く試験の無い大人になりたいと言う願望が常にあった気がする。

                     

                    となると試験の試練が長い一年になるのだ。

                    そう言うことであれば試験を受ける場面を作ればいいのかも知れないがどんな試験を受けるかだ。

                    しかし柔軟な頭の時代と違ってニワトリのように直ぐに忘れる脳であるからして諦めが先に立つ。

                     

                    結局何もせずに一年は早いと嘆き、友人との会話にも今年は早かったと言うセンテンスが行き来する。

                    しかし数日後に友人にパソコンのワードを教えることになった。

                    どこかに新鮮な内容を見出した。

                     

                    日々人に教えるなどと言う行動は無い、教えを乞うことも無い、ただ漫然と過ごしているだけだ。

                    これでは脳に刺激が全く無いのだ、しかし教える教えられるは脳に適度の刺激、違った言語が入って来る。

                    そこで新たな脳を開発出来るのだが使わない脳は勿体ない。

                     

                    脳は数値化出来ない程無限に近い能力が有るはずだが日常使っている脳は1ppb以下であろうか。(10憶分の一)

                    いやいやそれ程も使っていない、全く使わないでも一日が過ぎてしまう。

                    そうか、脳を使わないから時間経過が早いと感じるのか。

                     

                    そうかもな、読書をする時間ってはっきり言って進むのが遅いと思う。

                    何ページ読んだと思っても数分しか経っていない、一時間連続で読むなんてしんどい気がする。

                    長いと感じるのだから脳がフル回転しているのだろう。

                     

                    そうか、脳を使うことにしよう、一生懸命に脳を使う訓練をしてみる。

                    脳の準備運動をせねばなるまい。

                    硬直した脳が果たして順応してくれるかどうかだがやってみる価値が有りそうだ。

                     

                     

                    | 待つ | 10:09 | - | - | - | - |
                    景気が良いそうだが実感無い
                    0
                      スッキリと晴天にならず薄雲が掛かっている。
                      でも暑さは厳しい。
                      クーラーの活躍に感謝である。
                      もし扇風機だけだったどうなっているだろうかと。

                      景気が良くなっていると言うけどどうだろうか?
                      実感が無しである。
                      個人消費が伸びていると言う。

                      今までと変わらない生活スタイルである。
                      商店もそれ程の混雑もなく普通である。
                      何処で個人消費をしているのか?
                      実感出来無い。

                      しかし景気が上向く事はいい事で有るが、年金生活者に取ってはどうでもいい様に感じる。
                      年金が増える事はあり得ない。
                      税金が減税なる事もあり得ない。
                      物価が安くなる傾向はあるにしても微々たるものだ。

                      で、年金生活者がどんどん増えているこの社会で景気上昇の恩恵はだんだん少なくなって来た。
                      先日有る方と国民年金窓口に行った。
                      その方の国民年金支払いが何十年と有るのに65歳になって受け取るのが一月数万円である。
                      どうやって生活する事になるだろうか?

                      一生涯働かねばならない。
                      しかし店でも持っていればいいがパートをしようにも雇ってくれない。
                      これで本当に福祉国家なのかと不思議な気持ちになる。
                      景気が良い、その報道をする前に老人が生活出来る福祉国家を作る様に働きかけるメディアが無いのですか?と問いたい。
                      老人社会になると言う報道よりも住み良い老人社会を提言して欲しいのだ。
                      幸い厚生年金者は恵まれているからなんとか生活は出来る。
                      他の方々を救う道を開いて欲しいのだ。
                      | 待つ | 09:30 | - | - | - | - |