RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

自然の豊かさを心の泉に

地球上の大自然は素晴らしい。その豊かさに抱かれて。
どうして天候が秋空に成らないのか?
0
    今日も曇り空、気分が乗らないです。
    晴天はもう期待出来ないのか?この先の予報でも太陽マークが出て来ません。
    秋といえば天高くが普通の気象ですが一体どうしたんでしょうかね?

    異常な状態だと思うのですが、天気予報を解説する予報官は特別だとは言いません。
    絶対に気象・気候が変わったんですよ!
    これは何らかの重要な問題を提起しているのではとも考えてしまいます。

    異常さが地下のマグマを刺激しているとか?富士山が噴火するとか??
    或いは関東大震災の警告なのか?
    空と地球の関連は無いのかも知れないけど、何処と無く可笑しいです!

    勿論、何かが起きる事を願っているわけじゃ有りませんが気分的にスッキリしないんです。
    でも人はそんな気象などどうでもいいと、気にするほど暇じゃ無いと言うでしょう。
    確かに通勤する時間にあくせくしている時に天候などどうでもいい事です。
    事務所に入れば外を見ている暇も無いし、帰る時に雨が降らなければいいなあ、と言う感覚しか無いでしょう!

    それが普通です、でも暇人の老人は秋は晴天が続く、その事を気にするんです。
    曇りの朝はどうしてって思うのです。
    そして余計な事を考えて危機感を覚えるのです。
    暇という事は思想の発展に繋がると思います!

    頭脳はいつでも働いているのでしょうから、現役を退いたら次に何かを探しているんでしょう!
    検索エンジンをどの方向に向けるか人様々です。
    そんな呑気な生活が老人?の日々です。
    徒然なるままに でしょうかね!
    | 残念 | 09:03 | - | - | - | - |
    パソコンの劣勢
    0
      秋の気配を感じる今朝です!
      起床して窓を開けた瞬間涼しいと身体が反応しました!
      これぞ待っていた秋風です!

      北からの乾燥した空気が流れ込んで来たのです。
      今の部屋の中の湿度は39%です!
      こんな湿度は冬以来じゃないかと思います。
      実に気分がいいです。

      今日は歯科医に行く予約を入れてます。
      なんと前歯が黒くなって来て虫歯とハッキリ分かるようになって来ました。
      歯科医も盆休みで今日からスタートですからその間に痛みが出たら大変と心配してました。

      実に歯の痛みは我慢が出来ないほどですから、過去に経験してるので恐ろしいです。
      今朝パソコンでブログを書こうとしたら突然訳の分からない画面が出て来て操作出来なくなりました。
      スマホのタブレットの方は何ら変わりなく今までの画面が出ます。

      もうパソコンは不用モノになりました。
      今後使う事が無くなるかも知れません。
      パソコンは一応机も必要ですし、場所も取ります!
      反応も遅くスマホを使い始めてからは遅いのが嫌になってしまいます!
      パソコンもまだまだ事業では欠かせませんが、どれ程色々な面で損失をしているか測り知れません。

      スマホタブレットがもう少しパソコンに近づけば文句無しですがね!
      パソコンの速度が遅い理由は何でしょうかね?文字変換だって考える時間が長い時もあり、結局変換出来ない場合も出てきます。

      ウインドーズも限界になったのか次の新OSが出て来ません。
      明らかにギブアップしたのでしょう。
      もう机の上からパソコンを無くします。
      あればスイッチを入れてしまうので、スイッチ入れてから立ち上がる迄の時間が勿体無い気がします!
      バカにされています!
      | 残念 | 09:25 | - | - | - | - |
      大型ドックが閉鎖する現実とは、競争に敗れた証。
      0

        お盆に入ることで帰省ラッシュが始まります。

        民族の移動ですがある意味では小旅行かも知れません、子供たちの田舎経験は良いものでしょう。

        実際には田舎に住まないと本来の田舎を理解するまで至らないかもね。

         

        ただ空気が違うことを感じるかも、重く感じる都会と軽快な柔らかさのある田舎の違いが。

        往復のラッシュには耐えねばならない、ちょっと辛いかも。

        昔、高速道路が無かった時代、一般道で延々と続いた混雑、のろのろとしか動かなかったことを思い起こします。

        仙台まで行ったことが有りましたが12時間もかかりました、途中の難儀さは大変なものでした。

         

        暑さもぶり返して来ましたから、暑さ対策は十分にとって欲しいものです。

        今朝の記事でショックを受けました、大型ドックの閉鎖と言うものです。

        IHIの知多半島にある日本いや世界有数の大型ドックです。

         

        その当時30万トンの原油タンカーを作れるのは三菱造船と日立造船のドックしかなく、3大ドックでした。

        その威力は凄いものです、三菱造船の香焼工場に行ったことが有りますが、それはそれは想像を絶する超大型クレーンが動いていました。

        地上を走っているトラック?も車のタイヤが30個いや50個ぐらいついた大型トラックが一人の運転手が動かしているんです。

        ビックリも並大抵じゃ無かったです。

         

        そしてドックの中で作られているタンカーはそれはそれは巨大で海に浮かぶのだろうかと心配になったものです。

        当時は大型タンカーは日本は次々と世界造船会社から受注してきて、何とシェアは45%も有ったそうです。

        世界に冠たる造船国だったのに、今じゃ7%にも落ち込んでいるといいます。

         

        韓国と中国に全てを奪われてしまったのです、何故そうなったのか、造船技術は世界一だったのに、造船製造費が高かったのは確かでしょうが、安く製造する技術は生まれなかったのでしょうか。

        いや、どうしても言いたいのは日本の企業が負け始めたのは経営者の怠慢しかないと思うのです。

        製造している技術屋さんは優秀ですし、材料も国産で優れモノを使っていたでしょうし、世界に引け目を感じるところは無かったと思います。

         

        結局経営者の怠慢です、先を見越せない判断力の欠如です。

        当時も韓国が造船に力を入れていることは解ってましたが、軽く見ていたんでしょう、追いつきやしないと、しかしあっという間に追い越されたんです。

        今や日本の造船会社(船主)も韓国や中国に発注していると言います。

         

        ここも可笑しな話です、日本を思うならば日本の企業に発注する努力が必要でしょう、多少の金額差であれば、多分にして高額の差が有るのでしょう、しかしそこはお互い様、何かと面倒を見る感情もあってもいいかと思います。

        造船だけじゃなく、家電だって、繊維だって、もう世界を制した商品がいっぱい有りましたが、今じゃ何が残っているのと考えて見ても全てが失った感じです。

        世界で一番のもの、何が有りますか、それでGDPが2期ぶりに上がったと政府が発表したって、馬鹿言ってんじゃないよ、と一笑されます。

         

        中国の勢い、韓国の造船・スマホなどが世界一、そうしたものを日本で感じられればGDPが上昇した喜びも有ります。

        我々は日本を世界に羽ばたたせた功労者です、しかしその後はやせ細ってしたったのです。

        全てが経営者の能力が無かったのです、経営のトップに就くためにへいこらへいこらトップに従っていたのです。

        間違った経営も反論もせずに、空洞化などを進めたのです。

         

        残念でなりません、韓国の人口は日本の半分程度ですよ、なぜ負けるのですか????

        | 残念 | 10:08 | - | - | - | - |
        本当の政治家だったように思える翁長知事、冥福を祈ります。
        0

          台風は何事もなく通過してくれて安堵しています、今まだ東北を通過中でしょうが仙台の七夕祭りに影響が出ない様にして欲しいです。

          もう今年は自然の災害は十分に受けましたから、これ以上日本人を悩まさないでくださいと自然界に言ってやりたい。

          インドネシアの大地震は大きな被害が出たようで、死者も100人程度になった模様です、自然を侮ってはいけないと思うのです。

           

          ラオスでもダムが決壊し50人以上が犠牲になったとか、大雨による被害はアジア各地で起きています。

          今年は自然から痛めつけられているように思えてなりません。

          自然を冒とくしているとは言えない様に思うのですが、自然は冒とくされているからそのこそ仕返しをしているのだと言っているのでしょうか。

          そう言えば、欧州でもフランスは異常気温で大変な状態だとも言います、他の地域でも異常な状態が起きているのでしょうか、世界中の異常さを調べてもらえたらいいと思うのです。

           

          沖縄と言えば米軍基地が有ります、それも広大な所有地になっています。

          沖縄本島は小さな島ですが、狭い島にどうして大きな米軍施設を作ったのか、不思議でなりません。

          もし、本国に、関東に嘉手納基地程度の空軍基地が出来たら、絶対に反対し、移設してもらうべき運動も行うでしょう。

           

          そして実行されたでしょう、しかし沖縄は移設を訴えても日本政府はほったらかしです、聞く耳を持たない風です。

          米軍基地で沖縄県民が生活の糧にしているのならまだしも、本当に邪魔ものなのです。

          そうした沖縄を本当に沖縄県民の心を大事にした人は翁長知事だったんじゃないかと思うのです。

           

          政治家は何かと派手な振る舞いをするものです、パホーマンスでしょうか安倍さんなどは敬礼的な手を上げます。

          頭を下げればいいでしょうが、何となく格好を付けたがります、しかし翁長氏はまじめさが深々と伝わってきた人です。

          スキャンダルなど全く無かった政治家だったのではと、政治に一生をささげた人と思います。

           

          最後まで死を意識して迄政治から離れなかったのではと思えてなりません。

          日本人としてりっぱな政治家と言えます。

          こうした政治家は今後出て来るかどうか分かりませんが、意志の強い政治家を生みたいものです。

           

          現在の政治家の姿は付和雷同的な人ばっかりです、政治家個人としての意見など持ってないかに見えます。

          流れに乗り遅れないためにどうすればいいのか、ばかりに焦点が絞られています。

          安倍政権が続投するとなれば、皆がその方向に傾き、対抗馬を無視します。

           

          国民から見たら可笑しく感じます、異様に感じます、異常です。

          半々ぐらいの拮抗が有るのが普通、正常ですが、80%以上の傾きはその先は転倒です。

          安倍政権は多分、次の途中で転倒してしまう気がします、政治家としての魅力もないし、嘘つきだし、傲慢だし、政治家らしくのないのです。

           

          政治家の家に育って首相になる椅子を与えたのは家長の祖母でしょう、所謂長州藩の意志です。

          江戸時代に虐められたことを未だに未練がましく持っているのが長州人です、小さな田舎の街下関から首相が何人も出るのですから不思議と思いませんか。

          下関に行けば分かりますが、日本の中心では決して有りません、吉田松陰を排出していますが或いは高杉晋作も暴れまわってましたが、明治維新の政治家は木戸孝允だけだったのです。

           

           

          伊藤博文もいますが政治家としてはどこか変わったところがあったようです。

          そうして政治家の歴史を見て来ると翁長氏の政治への意欲に賛同しますし、敬意を表したい気持ちです。

          冥福を祈ります。

          | 残念 | 10:48 | - | - | - | - |
          真実は中々目の当たりに出て来ない、隠蔽ではないが。
          0

            台風が近づいて来ているのが雨や風で察知できます。

            今朝雲の流れを観測したら、なんと真上では東から流れ、西の方面では北から南へ、普通は上空全体がほぼ同じ方向に流れるのですが。

            結果、南の空に雲が集合し、見る見るうちに真黒な空になりました。

             

            あの方面が雨になっているだろうと思いました、そしたらその雨雲がこちらまで移動しザーザー降りになり、空の雲の動きが複雑です。

            今は風だけですが雨が伴う事になるでしょう、早めの買い物をせねばと若干の焦りを感じています。

            昨日研究所の話を書きましたが、今朝たまたま東芝研究所の記事が出ていました。

             

            なんと、研究費が一時期よりも半減しているとか、理由はいくつかあると思いますが、東芝からの新製品が我々のところに届く事は期待できないと感じました。

            我々の時代は新製品競争と言う記事が毎日のように話題にのぼりました。

             

            しかし現代は新製品を出した或いは開発中だとかの話はとんとありません。

            日経新聞の電子版を毎日見てますが、大よそそのたぐいの記事は見ません。

            企業の生き方即ち根本の真実など一般人には全く知らされません。

             

            特別に隠していると言う訳じゃ無いのでしょうが、企業の内容を紹介する記事が少な過ぎます。

            昔はカラーテレビの開発競争、それぞれの特徴を生かしたもの、ソニーならばトリニトロンなど、動向が良く見えました。

            DVD戦争もありました、ソニーグループ対松下電器グループで統一されずに走ってしまった。

             

            もう新製品の話題だらけでした。

            現代はスマホも韓国中国、パソコンも中国、テレビも韓国や中国などに押され気味です。

            そうした記事はほとんど有りません、ですからメイドインジャパンだと思っているのが殆どがメイドインチャイナになっています。

             

            国を愛し、国を憂うのであれば、メイドインジャパンを歓迎すべきでしょう。

            米国もメイドインアメリカを目指して貿易戦争をしています、もうメイドインチャイナを止めた方がいいでしょう。

            安いから、その考えは貧困の思想です、エリート的な価値の分かる判断を持ち、メイドインジャパンにすべきです。

             

            何故、中国製品がこれほどまで日本に上陸しているのか、その記事は全く有りません。

            どちらが良い品物かを検討し、日本製品がいかにいいものかを記事にしたらいいと思うのです。

            だって、今テレビCMはサプリメント一色、家電製品や衣料品などのCMは見るのが珍しいです。

             

            日本を大事にして、日本の繁栄を願う国民にならねば中国の一部になってしまいます。

            不動産を買いに中国からわんさと来ているのです、友人からの話では物凄い物件を抱えて、そして売買で儲けて豪華な私生活を送っています。

            千葉のあるところに住んでいますが、10も有る部屋にカラオケもあり、バーもあり、そこにはワインが何百本も並べていると、外風呂もあり、豪華なものです。

             

            しかしこうした記事は見たことが有りませんが現実にいっぱいいるのです。

            華僑じゃないですが、仲間意識が強いですから、情報が流れて、友人に友人がまたまた不動産会社を作る段取りとか、その内に不動産もメイドインチャイナになってしまいます。

            不動産まで牛耳られたら、日本国はそれこそ中国になってしまいます。

             

            いいのかね、もっともっと真実を記事に書きまくってもらいたい。

            そのことをメディアにいいたいです。

            | 残念 | 09:51 | - | - | - | - |
            自伝、意外に残っていない。
            0

              アジサイの季節がやって来ました。

              あちこちで咲き始めたのをみかけます。

              アジサイは意外と強い花だそうで、花ことばも嫉妬とか、ともかく挿し木だけで育つと言います。

               

              沖縄の友人にメールしたら沖縄でも有名なアジサイ園があるそうで、とても綺麗だと言います。

              暑さに強い花なんでしょうね。

              道端で咲いていたり、場所がらも考えずに咲いている感じを受けます、それだけに強いのでしょう。

               

              歴史小説を読んでいると面白いの一言です。

              しかし書いている小説家は大変な努力でその当時の状況を調べているものと思います。

              もし家康が晩年に自伝・自叙伝を書いていたらもっとはっきりと歴史が分かる気がします。

               

              秀吉も天下を取るまでの経緯やらその後の豊富な金をどうして得られたのか、などなど実際に目に見える話になるかと思います。

              多くの歴史は結局物語になってしまって、本当の事は闇の中も多いかと思います。

              自伝があればなあ、と思うのです。

               

              どうしたって、他人が書けば想像に頼る部分が圧倒的でしょう、それに比して自伝であれば本物ですから判別がはっきりします。

              しかし小説の様な面白みが出ないかも知れません、現実面はそれほど面白可笑しい訳じゃないから、苦労話になってしまいましょうか。

              そうなると自伝が無い方が良いのかとも言えます。

               

              そんな風に考えると多くの権力者はあえて後年面白くするために自伝を書かなかったとも言えますか。

              現代は多くの事実が残されますから、未来の歴史小説で今の2000年以降それは面白味が欠けましょうか。

              闇の中が良いのかも知れないとも言えます。

               

              そんな中で自分の自伝を書いてみたいなあと思っています。

              思い出したことをメモっておいて、それを小説化できれば良いかなと、一度でいいから小説を書きたいと思っています。

              楽しく、面白く、そして事実を書ければいいのですが、才能に恵まれない事が残念です。

               

              自伝を書いたとしても読む人が居なければこれも寂しいもの、自伝も良し悪しでしょうかね。

              | 残念 | 09:27 | - | - | - | - |
              日本は先進国から後れを取っている、そう思う事が多い。
              0

                久しぶりに天候が怪しい、しかし連休も十分に楽しんだであろうから雨になってもいいかとも思っている人が多いであろうか。

                小学生も外で朝礼をして今終わったようで、連休ボケで勉強に身が入らないかもしれない。

                校庭では運動会の練習が始まっているようで、白線を引いて子供たちが走っている。

                 

                さて、我々時代人は日本が先進国と言う感覚強いのであるが、最近はそうでも無いのかどうか分からない。

                評論家の話では先進国から後れを取っていると表現しているのが見える。

                確かに、そう言えばそうかと感じる。

                 

                受動喫煙問題は中々進まない、簡単に公衆の場で禁煙と言う張り紙を出せば良いのではと思うのだが、どうもそうじゃないらしい。

                官僚の天下り先のJTに対する配慮とか、議員などは飲食店からの票が取れなくらるからとか、どうも個人的な理由が厳しい法案が出せないらしい。

                公明党も野党も国民を無視して法案に対する関わりを持ちたくないとも言う。

                 

                こうなればやはり先進国じゃないと思う。

                既に55か国が禁煙を実施しているというから(WHOの方針)、日本は先進国から落第したのではと思う。

                先進国と言うレッテルは貴重であるのに、それを簡単に捨ててしまったのかと憤慨するのだ。

                 

                国民もマナー、躾(しつけ)がなっていない、ともいえる。

                道路に吸い殻をポイ捨て、してはいけないことを平気で行っている、これはその人が自分を先進国人では無い、と言っている事になるのだ。

                しかしそうした行為を行う日本人は多いのである。

                 

                我々が日本を発展させ、世界でもGDP2位まで持って行ったのに、今ではどんどん低下して来て学力も先進国でも下位になっているとか、どうにも知能の低さを感じる。

                先進国と言う威厳を感じれば、他国よりも優れた先進を発揮する、これが他国に遅れているのではもう日本も終焉である。

                経済発展も技術発展もマナーも遅れを取っている現状を日本人が気づくべきです。

                 

                そして、禁煙を全面的に国民が受け入れる気概を見せるべきです。

                国民が何もしない、今の日本人はも盲人になってしまったのかと思いたくなる。

                | 残念 | 09:04 | comments(0) | - | - | - |
                失敗、途中で変な邪魔が入ってブログ抹消してしまった。
                0

                  どうにもならない、折角書いた文章がなくなってしまうのですから。

                  これも現代の技術ではどうにもならないのですかね。

                  もし紙に書いていたら絶対に書いた文章は残ります。

                   

                  しかしペーパーレス時代にレポート用紙に文章を残す方法は無いかも知れません。

                  そんなもんでしょうが、誤って文章を消した場合の救済措置方を考えてソフトを作ってもらいたい気がします。

                  残念でしょうがいほど悔しいです。

                   

                  もう意気消沈して続きを書けません、朝鮮半島の統一に関する考えをまとめていたんです。

                  民族分断が解消される、これは地球上で最後まで残っていた課題が氷解する訳ですから、世界中が注目するのも当然です。

                  暖かい目で今後を見守りたいと思います。

                  | 残念 | 09:53 | - | - | - | - |
                  本屋さんが消えていく、一抹の寂しさ
                  0

                    校庭では子供たちが鬼ごっこで思いっ切り走り回っいます。

                    授業の時に疲れ果てて居眠りをしなければと心配してしまいますが、子供たちはそれだけ余分なエネルギーを持っているのでしょう。

                    それにしても鬼ごっこ、鬼は逃げる側ですが、追っかける方は何と言うのでしょうかね、いつ頃からこの鬼ごっこが始まったのかで決まりますか、もし江戸時代だったら十手を持っていた岡っ引きかも知れません。

                     

                    でも鬼ですからね、桃太郎の鬼退治から来ていれば又別かも知れません。

                    逃げるを現代版にすれば犯人を追いかける警官になりますか。

                    いずれにしても、面白いのでしょう、ともかく命がけで逃げ、追いかけています。

                     

                    今朝の記事に本屋さんの減少が載ってました。

                    以前にもこうした内容を書きましたが、本当に寂しい思いです。

                    2000年には2万軒もあった本屋さんが今では43%も減少したと言います。

                     

                    こうした流れは今後も続くのでしょう。

                    本はネットで買えますから探す暇も要らないし、本屋に足を運ばなくてもいいのです。

                    一方、本を読むと言う事も機会も少なくなって来たのでしょう、スマホに時間を取られてしまってますから。

                     

                    実際にここんところ本屋に行く機会が少ないです、以前に買った本を再度読み返しているためです。

                    かなりの買い求めましたので本箱いっぱいです、何となく偏ってしまって、著者に拘ってしまってます。

                    それと何となく買った本は気に入らない事が多く、都度捨ててしまった経緯もあります。

                     

                    多分買った内の半分は捨てたかも知れません、勿体ないと思いますが、場所が許さないために仕方なく可哀そうだと思いながら。

                    そして残っている本を次々に読み返していますが、どれも内容を記憶していないのが実情です。

                    となると、本を読む行為は何なのかと思ってしまいますが、読んでいる時の興奮と言うか著者との会話が楽しい気がします。

                     

                    物語の展開も面白いですが、こう言う表現、言葉遣い、会話風景などなどいろんな刺激を受けます。

                    時代物を多く選んでますが、こうした表現が出来ればいいと思う事度々です。

                    実に凄いものだと、専門家だから使えるのかと、どこからどう言う風に文字を言葉を持ってくるのかと、そうした処に魅かれます。

                     

                    本は人生の先生かも知れません、著者に直接教えを受けているような気分さえなります。

                    そうした本が本屋さんで買い求めていたのが今では本屋さんが必要ないと言わんばかりです。

                    本屋さんの無い自治体がなんと420か所もあると書いてました、即ちその町に本屋さんが一軒も無いと言う事です。

                     

                    本屋さんの良さは時間が有ったときに立ち寄って何冊かに目を通す楽しみが有ります。

                    神田駅前に小さな本屋さんが有って、友人との待ち合わせで早く着いてしまったときに本屋をのぞき込みしてました、そんな時っていい本を見つけたりするんです。

                    しかし何時頃だったか時間が有ったのでじゃ本屋さんにと勇んでいきましたがコンビニに変わってました。

                     

                    ガッカリしたのを思い出してます。

                    馴染みの本屋さんが姿を消すとそのショックは大きいです。

                    又、本屋さんが目印にもなっていまいした、友人との待ち合わせなども、どこどこの本屋さんの近くだよ、と説明に使ったものです。

                     

                    何千件も減ってしまった本屋さんが再び戻って来ることが有るのでしょうか。

                    時代が先に行った時に、本屋さんの無い街が殆どになってしまったら、寂しい限りです、本屋さんの温もりが消えてしまうのです。

                    いっぱい詰まった著者の魂に接するチャンスを持てなくなるのですからね、良いのでしょうかと疑いたくなります。

                    | 残念 | 09:11 | - | - | - | - |
                    失敗の本質は気づくのが遅かった
                    0

                      今朝は昨日よりも幾分外気温が上がったのですが曇っているために寒さは継続しています。

                      気温も上昇してません。

                      この分だと雪の解ける事もなさそうです。

                       

                      凍った雪はつるんつるんで危ないです。

                      道路の両端にはまだまだいっぱい残っています。

                      校舎の屋根にも5冂度真っ白な雪が載っています。

                       

                      失敗は誰もが経験するものですが失敗が無ければ今頃はどんな生活をしていたかと思うものです。

                      前に失敗の本質と言う本を読んだような気がします。

                      しかし書かれていた事を何も覚えていないのです、結論はその本から得るものが無かったか、或いは本質と言う内容を気づかなかったのかです。

                       

                      多分にして多くは気づかずに失敗しているようなものです。

                      又気づいても実行しなかったことも有ります。

                      いずれにしても意識として強く持つ事をしなかったのです。

                       

                      過去を思うとあの時にこうすれば良かったとか、しておけば良かったとか、もう反省の山です。

                      結局何かの行動を起こして居る訳で、行動に間違いが有ったのでしょう。

                      或いは試行錯誤して居る内にチャンスを逃したことも有るでしょう。

                       

                      実に頭脳がどう働かせるかです。

                      しかし人は無限の頭脳を持ちながら使わないでも平気でいられるから面白いです。

                      気づきながら平気で見逃しているのです。

                       

                      後になって理由を付ける時になって頭脳を使うのです、実に変な頭脳の使い方です。

                      何だか分かりませんが仮想通貨ネムNEMが不正流出したとか、全くその分野に疎いのですが、580億円も、この失敗の本質も甘い管理を放置といいます。

                      気づいていたにも関わらず厳しい管理をしてなかったと、結局失敗して気づきの遅さに気付くのです。

                       

                      人の意識と言う面に強弱が有って、気づきの面は弱いのでしょうか。

                      どうすれば気づいた時に実行すべ強さに発展させる事が出来るかです。

                      難題ですがそれを解決しない限り、失敗は継続されて、いい人生を作り上げられないでしょう。

                       

                      気の遠くなりそうな幻の楽園を追い続けていた人生だったんですが、失敗の本質を見抜けなかったが為に夢は破れたりです。

                      夢破れて山河あり、城春にして草木深し ですかね。

                      自然と言う風景が又いいかな。

                      | 残念 | 09:20 | - | - | - | - |