RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

自然の豊かさを心の泉に

地球上の大自然は素晴らしい。その豊かさに抱かれて。
休息、一服もいいことです、張り詰めの連続は衰退へと。
0

    若干の曇り空ですが着実に春に向かってます。

    気温も上がってきましたので寒さの感じ方が変わって来ました。

    インナーも薄手に変えてもいいかなと気分は春です。

     

    お陰様でインフルエンザも感染しませんでしたし、もう風邪の時期は通り越したと思えます。

    花粉症も何だか分かりませんが症状が出ないです、助かってます。

    このまま花粉症が無くなればいいのですがね、その内ドッと押し寄せて来るでしょう。

     

    緊張と張り詰めの日々を送っていると休息を忘れています。

    身体が要求に答えようと一生懸命なっているんです。

    順調の時も、しくじった時も同様な状態になります。

     

    そんな時にちょっと気づいて身体に休息を与えてやることが大事かと思っています。

    たばこを吸う、これはいっぷくしようかと言う気持ちが安らぐ時です。

    昔はキセルで吸ってましたから、いっぷくはとても良い表現だったと思います。

     

    現代は一本を付ければ数分間も吸い続けねばなりません。

    身体にも吸い過ぎになりますし、煙が周囲に悪影響しています。

    昔のキセルにすれば禁煙条例など必要ないかも知れません。

     

    ともかく、いっぷくは必要であり、かつ次のステップへの活力になります。

    今日はそんな意味でブログもいっぷく状態です。

    さっそく出かけて気分転換して英気を養いたいと思っています。

     

    春に向かって身体づくりをせねば、散歩と階段上りは欠かせません。

    | 意識的に | 09:02 | - | - | - | - |
    準備(対応)は何処まで、いざ災害時に
    0

      朝方雨が落ちていたが上がってくれて助かる。

      それにしても小学生の元気さに驚きを覚える。

      自分たちの頃はこれほどの元気は無かったんじゃないかと思う。

       

      小学校に入った時代は戦後10年になったかどうかだから貧しい生活で食い物だって何が有ったか。

      よく覚えていないが学校に行って校庭を走り回る元気など無かった気がする。

      今では食べ物も豊富だし栄養満点エネルギッシュな子供たちであるからして、元気に遊ぶことしかり。

       

      心配なのは頭の方だ勉学にもエネルギッシュになっているかどうかだ。

      現代は世界のレベルでどの程度か知らないが我々の時代から比べたら相当に落ちている様に思う。

      学校参観でも有ったら行って見たいが父兄だけなのかどうか。

       

      今日はこれから9時から停電になる。

      午前も午後もあるから長時間である。

      停電することで復帰時の対応をしておかねばならない。

       

      或いは停電中にどんなアクシデントが起きるかも想定しなければならない。

      特別な医療器具など使ていないからその点は心配ない。

      電子機器類はと言うとそれほどのモノも無いパソコンなどは問題ないし、光テレビが回復時に操作が必要かもしれない。

       

      ルーターの電源が切れるからその後スムースに働くかどうかだ。

      冷蔵庫が心配だ、この時期だから即モノが腐ることは無いだろうが、冷凍ものがどうなるかだ。

      冷凍庫は殆ど使っていないのが現実で作った氷がどうなるか程度である。

       

      しかし冷凍食品を買っている家庭では十分な注意が必要だろう。

      保冷剤を使うことで幾分かは対応できるだろう。

      一方炊飯器の保温設定がどうなるかだ、通電再開時に保温の設定が保持されるかどうか。

       

      そんなところかな。

      電源(ブレーカー)は出来るだけ落とすようにと言う。

      なるほどそれも一理だがちょっと気がかりな面も無いではない。

       

      これが災害に見舞われるとなれば大変な状況になるのだろう。

      電機は無し、ガスも無し、水道も無し、電話も使えない等々無いもだらけだ。

      そろそろ切れる。途中だが投稿する

       

      | 意識的に | 09:00 | - | - | - | - |
      街づくりが出来ない都市
      0

        雲に覆われた空は間もなく晴天域になる予報残暑が厳しい。

        セミも最後の踏ん張り時期に来た。

        残って鳴いているのは子孫繁栄に貢献しているのか、セミはオスしか鳴かないそうだからメスを最後まで求めているのだろう。

         

        何とも男らしいし微笑ましい、人間の不倫と同質にされては困ると言っている。

        それにしても人はどうして不倫に走るのだろうか、それ程不満の日々なのだろうか。

        不倫が満足を与えてくれるだろうか。疑わしいことだ。

         

        記事に都内の分譲マンション5万棟余りあるがその内1万棟余りが老朽化して来ている。

        建て替えが必要としている。

        分譲だから住民の資産だ、壊すも建て替えるのも住民が行うことになる。

         

        勿論住民がお金をださねばならない、しかし建て替えにはいろんな条件があり簡単ではない。

        現状の住居数で建て替えられれば良い方で部屋数が減ることになる。

        住民が全員入れないのだ、あぶれた家族は住めない。

         

        しかし老朽化した分譲マンションを見るとなんとも街の中に無理矢理スペースを作って建てている感がある。

        周りの景観も日照も度外視し街にそぐわない建物が多い。

        もちろん街にとっては邪魔物的な印象さえある。

         

        以前から街つくりについて気がかりだった。

        美しい街を作れないのかと言う思いがずーっとある。

        今住んでいるこの地域は理想的な住宅街になっている。

         

        まず人の歩く道が独立している、一般の車が来ないので危険な場面が無い。

        買い物でも通学でも車事故の心配がない。

        老人向けだけではないだろうが階段にエスカレーターやエレベーターが付帯しているところが多い。

         

        住宅はすべてRC構造の建物で耐震基準を全てクリアーしている。

        建物も密集していなく全て空間がある、日照も景観も十分に考慮されている。

        そして最も気に入っているのが近所とはいっても同敷地と言ってもいいだろうが広大な公園(約70ヘクタール)が隣接している。

         

        毎日公園を散歩するのはこうした条件があるからだ。

        これほどゆったりとした街は贅沢過ぎるがその十分の一でも今の街に作れたらと思う。

        渋谷は駅前の街はどんどん変化しているが建物だけの人の街になっている。

         

        自然を極端に排除してしまっている。

        銀座も変わったがすべてコンクリート化している。

        今度池袋が変わる駅近くにある公園を音楽できる公園になるようだ(野外音楽)。

         

        街は変わるが人の街として変わる訳じゃない。

        人工的な街になるだけだ。

        秀吉が長浜に城を作り街を商店街を作ったと言う、信長は安土城と街を。

         

        家康は江戸を、それぞれ街は人のために作った。

        しかし現代は経済的な面だけで作られている。

        分譲マンションなどは売れればいいと言う発想で人の街を壊している。

         

        誰も規制が出来ない自由な街破壊が可能なのだ。

        もういっぺん江戸時代の初めに戻って、ここは鍛冶屋町、ここは呉服町、ここは市場街等々作り変えたらいいだろうがね。

        もう出来ない街になってしまった。

         

        人はそうした窮屈な汚い町並みで生活し生きなければならないのだ。

        極端な言い方をすれば難民のスラム街と変わらない気もする。

        一見綺麗な街並みに見えるが実は危険いっぱいの歩道に電柱、人は車を避けながら自転車をよけながらの通学買い物が現実だ。

         

        よくも事故が少なくて済んでいると思うくらいだ。

        どうしようもない街になってしまった、どうすることもできない出口が無い迷路に入ってしまっている人の街。

        ゴーストタウンとは人が居なくなった街ではなく、人がいっぱいいても住みにくい街のことを言うのかも知れない。

        | 意識的に | 09:55 | - | - | - | - |
        適度な範疇
        0
          この曇り空でも紫外線が強いのか肌は日焼けが進んで有る様だ。
          それにしても雲の多い日々が続く。
          台風の影響も出て来ているのかも。

          適度にと言うとそれぞれの判断で決めてしまっている。
          どこまでが適度に当てはまるのか?基準は無い。
          小学校の校庭で子供達のサッカークラブの練習を見ていると酷過ぎる気がしてくる。

          何もそこまで真剣にやらなくても良いじゃ無いかと。
          しかし練習をしている子供達は上手くなりたいが為に練習が一番であると思って励む。
          だが、スポーツには天性と言う物が必要だと思う。

          誰もが練習すれば素晴らしいアスリートになれるとは思えない。
          頭脳だってそうだ。
          絵の天才はやはり才能が左右される。
          どんなに絵の勉強をしたって天才の域に達せない。
          音楽だって、彫刻だってあらゆる場面で天性が支配している。

          だから適度にと言う言葉が生まれたのだろう。
          諦めろと言うのでは無く適度に程度で抑えるのも良い事だと思うのだ。

          過度の追求は逆に減退になる気がする。
          しかし人はその事に中々気付かない。
          やれば必ずやっただけの結果があるはずだと猛進してしまう。
          人とはそうした信じる所を持って生きているのであろう。

          外野からは頑張れと励ます。
          これも客観的では無い、天性を見抜ければ適度にと言う表現になるだろう。
          兎も角人はいい加減な動物かも、適度にの範疇を見定める事が出来ないのだ。
          一寸先は闇の諺が人の行動を暗示している。
          | 意識的に | 10:36 | - | - | - | - |
          疑惑製造機関
          0
            今日も曇り空に気持ちが上向かない。
            上を向いて歩こう、しかし曇天では面白みがない。
            雲も青空にぽっかり浮かんでいる状態は可愛いが空いっぱいを支配されては面白くない。

            湿度も高く今年の夏は異常ではなかろうか?この先も曇りマークが続いている。
            そんな曇り空に疑惑と言う灰色がぴったりで有る。
            疑惑製造をしている政権与党は一体どうしてなのか?

            一向に晴れ間が出てこない混沌として来た疑惑の渦、天候と似て来てしまった。
            国民も諦めてどうにでもなれと思う様になり始めた。
            1つでも疑惑が解明されたら、どれ程スッキリする事か。

            多くのお偉い官僚の方々が記憶にない、聞いていない、そんな話は無い等全て逃げ腰で対応する。
            誰一人として疑惑を晴らす行動を取らない。

            とすれば疑惑じゃ無いかもと思ってしまう。
            しかしメディアは疑惑だと報道する。
            では、疑惑製造機関はメディアなのか?
            そうでもなさそうだ。
            先般の自衛隊における情報リークは内部からのもので、クーデターとも言われている。
            本当にそうだとしたら、いよいよの時に自衛隊が独自の行動に出て来る事だって有るわけだ。

            昔の日本軍の様に大本営を作ってしまう事だって有る。
            疑惑を隠そうとする、隠蔽体質が今の政権に見えて来た。

            官房長官自身が政権を維持するために工作する事が多いと思いたくなる。
            多分細かな情報網を持っていて、細部に渡って指示していると思われる。
            江戸時代初期の諸大名を制圧する為に敷かれた政策と似ているように感じる。

            何れにしても疑惑を作る事が誰であれ正直になれば解消する筈。
            嘘で誤魔化そうとすればする程、窮地に陥ってしまう。
            結果稲田氏の様な辞任劇に至る。
            数日後に閣僚が決まる、そしてその中から疑惑が登場する。
            この繰り返しが現政権で有る。
            自民党体質とは疑惑の温床で有るのだ。

            小池知事に疑惑が生じることは無い。
            何故か?自民党と対決する側にいる人だからだ。
            自民党推薦で当選していたら、疑惑製造をどんどんやっていたと思う。
            過去の石原氏、次の猪瀬氏舛添氏を見れば納得で有る。

            疑惑製造機関は自民党なのだ。
            | 意識的に | 09:35 | - | - | - | - |
            久々にパソコンを使う
            0

              小学校の運動会の練習も終盤に入りました。

              校庭には白線が引かれて今日は走る練習が有りそうです。

              先生方も生徒も勉強どころでは無いかも知れません。

               

              久しぶりにパソコンを開けて見ました。

              数か月電源をONにしてませんでしたので、ONした後かなりの時間が掛かって稼働しました。

              Ipadを使ってから殆どパソコンを見てませんでした。

              開いてみたら、意外にメールも少なく何ら問題は有りませんでした。

               

              しばらく使ってないので、このブログはパソコンで打っています。

              大分動きが良くなったと思いたいですが、やはり変換時に動きが止まることが相変わらず起きます。

              もう、個人的な通信やらノートなどにはパソコンは必要ないです。

              スマホかipadで十分です。

              こうなると、パソコン業界は将来的に発展の道が閉ざされる事になるでしょう。

               

              勿論業務用にはパソコンは欠かせませんが、開発当初の思想に戻ったのかも知れません。

              パソコンが普及し、個人でも使い出したのはそうですね、30年前ぐらいじゃないでしょうかね。

              パソコンを持ち歩き、電車の中でキーボードを打っている姿を見かけたのはそんなに古い話じゃありません。

               

              それが今ではパソコンを電車の中で、不思議な光景を見ているような感じさえ有ります。

              発展の速度が速いと思わせる現代の象徴的現象です。

              この先スマホやIpadに変わるものがいつ出来るのでしょうか?

              パソコンの前はワープロが流行りました、これは一般家庭でも結構使いました。

               

              その前はタイプライターでしょうか、これはタイピストと言う人に頼んで打って貰いました。

              その前はすべてが手書きです。

              計算もエクセルが出て来て飛躍的に早く出来ますが、以前はカシオの計算機です。

              計算機の使う手の速さで、凄いなと思わせたものです。

              その前はそろばんです。

               

              我々の時代はそろばんの級を取ることは普通でした、1級はなかなか取れませんでしたが、それでも検定試験に行ったものです。

              仕事仲間でもそろばんの特異な人がいて、計算機は使いませんでした。

              その方は後々パソコンも使いませんでした、結局パソコンの操作を知らないで終わったようです。

              時代はこうして変化が激しく移ってます。

               

              しかし時間はほんの僅かな経過だけです、その前は長い長い悠長な時代でした。

              西暦で言えばもう2017年ですが、戦争が終結し、復興する時間は相当にかかりました。

              しかし、一度火が付いた発展は加速度を付けてどんどん早くなってしまったんです。

              多分、ここ30年で何も可も変わったんじゃないかと思うくらいです。

               

              今校庭でスプリンクラーで水まきしてます、びっくりです、スプリンクラーを見るのはゴルフ場ぐらいでしたから、小学校の校庭でスプリンクラーねえ、驚きです。

              そうして、なにもかも変わってしまって、便利になって、いい時代かも知れません。

              この現象が栄枯盛衰の道を辿るのかどうか、未来人しか見ることが出来ません。

               

              | 意識的に | 08:26 | - | - | - | - |
              机に向かう姿勢
              0
                今日も晴天、小学校の校庭で早くから子供達が野球の練習をしています。
                冬はもう過ぎ去った感が有ります。
                寒いと縮こまる事なく、元気に運動、良いですね。
                我も一緒にと言う気分は有りますが、実行に至りません。

                やっと日々の暮らしに戻り、今は机に向かってブログを書いています。
                書くと言うよりもキーボードを打っている訳です。
                もう書くの言葉を使う事が少なくなってしまいました。
                メモもスマホのメモに入れる様になり、そう、買い物の時スマホを見ている人がいたんで、なんでと思ったら、そこに買い物のメモが有ったんです。
                成る程と思い、その方法を取り入れる事にしました。

                もう机も椅子も要らない、何処でも手の上で文章が出来、メモが作れます。
                そう、書くのでは無いんですね。
                これで、ボールペンの消費量が減ったんじゃ無いかと思うのですが、実際はどうなんでしょうかね?
                これから机の必要性が減って、会社でもソファーでリラックスした姿で仕事する時が来そうです。

                机のスペースは意外に大きく、もし椅子、ソファーだけなら事務所も相当に狭く出来ます。
                特に営業の机はあさと帰ってからしか使いません、昼はその場所が空き地の様なものです。
                勿体無いスペースです。
                スマホ、アイパッド、そして携帯プリンターが一般的になってます。
                となると一体机の使い道は何処に有るのか?となります。
                事務系の仕事は確かに書類が多いから机が必要でしょうが、それでもアイパッドを利用すれば、袖机など必要無いとなります。

                事務所の賃貸経費は企業にとって頭の痛いところ、先ずは机を無くし、ソファー形式の事務所にしたらと思うのですが。
                多分本格的に検討したら、半分まで縮小出来ると想定します。
                昔は書類の山が仕事の量と言われたでしょうが、今は書類は必要なく、アイパッドが全てを包含出来ます。
                いつでも何処でもデータは見られるし、取り出せます。
                書庫から、引き出しから書類を探す必要が無いのです。

                これで机屋さんも困る事になりますか?
                ボールペンも机も要らない?早くソファーの良いものを開発した方が良いかも。
                それもバラエティに富んだソファーを、面白いなあ〜そんな事務所に行って見たい?
                | 意識的に | 09:02 | comments(0) | - | - | - |
                色の基調
                0
                  昨日の雪は久しぶりでしたから、もっと降れと期待したのですが、今朝は晴天になりました。
                  西日本は大雪の予報ですが、どの程度でしょうか?
                  やはり雪が積もって雪化粧が出来ないとつまらない。

                  北風は相変わらずですが、どこと無く気持ちが春です。
                  河津桜の開花の便りを聞いて、気分が一層春に傾きます。
                  城ヶ島の水仙も見頃かも知れません。

                  何処にでも色と言うものが有ります。
                  今の自然界は枯れた色とでも言いますか?
                  何処と無く殺風景です。
                  人工の色は変化する事なくずーっと同じです。

                  自然と人工の違いは変化でしょうか?
                  人工で一度決められた色は殆どそのままです。
                  これが若干不思議な面かも知れません。
                  街並みも色を変える事で、新鮮さも出るように思うのですが、一向に変化しないです。
                  先ずは白の基調が圧倒的に多いですか?
                  部屋などは白の部分がほぼ全部です。
                  これを赤や緑などにしたらどうなんでしょうかね。
                  自然色を取り入れる工夫は無いものかどうか?

                  ここは住宅の全部が10階以上の建物です。
                  その殆どが白っぽいものです。
                  色分けして街の区分けをする事も出来そうだけど、無いです。
                  結局、色に対する配慮が、検討が、無いのですかね。
                  街づくり、特徴の有る街にする一案として、色を考えてはどうかな?
                  確か東急沿線で白だけの街が有ったはず、ギリシャを想定したとか。
                  町おこしに色はどうかな?
                  | 意識的に | 09:28 | comments(0) | - | - | - |
                  広い世界と狭い視野
                  0

                    今日の気温は37度の予報ですが、この数字今まで聞いたことが無い気がします。

                    体温よりも高い、身体の温度調整機構が狂ってしまいそうです。

                    風邪で37度にもなったら、体温の変調に気付きます、それが大気温度、外出すればその温度に支配されます。

                     

                    これは一大事です。

                    午前中はまだ大丈夫そうですから、買い物は早めに行こうと思っています。

                    毎日の食事は新鮮さを求めてますので、買いだめせずに都度必要なものを買います。

                     

                    リオオリンピックは日本人の活躍に活気を感じます。

                    頑張って欲しいものです。

                    世界中から実力のあるアスリートが集合して競い合う、そこでメダルを取るなんてのは至高そのものです。

                     

                    体操日本、復活しましたね、嬉しい限りです。

                    世界は物凄く広いし、多くの人々がいます。

                    オリンピックはそうした意識を再確認させます。

                     

                    その広さを普段は殆ど感じていません。

                    狭い地域を見ているだけです。

                    「木を見て森を見ず」などの諺が有りますが、もっともっと広い世界です。

                     

                    宇宙船からはそうした地球の大きさを見ることができるでしょう。

                    しかしちょっと離れすぎでしょうか、日本がリオが何をしているかは見えないでしょう。

                    広い世界のことが手に取るように分かるといいですが、中々知るというチャンスは無いですね。

                     

                    ニュースも大事件が起きない限り、欧州の状況など聞くことが有りません。

                    ですが、日々何らかの動向があるはず、イギリスのその後の動きなども知りたいし、ノルウェーなどの話など殆ど聞きません。

                    又、アフリカ大陸、どんな変化が起きているのか、地域的な紛争が生きたときにニュースで報道されるだけです。

                     

                    そこにも人の生活が有り、問題もかかえているでしょうが、サバンナの動物映像だけです。

                    世界中の動き、知らなくてもいいかも知れませんが、同じ地球に住んでいる人・人間が知り合いになるのもいいじゃないかと。

                    狭いスマホの世界に生きる現代人、ポケモンGOはより狭い世界へ引きずり込みます。

                     

                    確かに、世界各国のニュース番組がありますが、もう少し分かりやすく、そして世界全体像を見せるような番組でもあるといいですね。

                    日本に集まったもの全体を編集して、今の世の動きとして見せて欲しいものです。

                    テーマ(カテゴリー)ごとでもいいです、自然災害などあちこちで今洪水問題が起きています。

                     

                    報道のないアフリカなどは洪水が無いのでしょうか、地球環境が変わった現代、いろいろな情報が欲しいものです。

                    狭い視野しか見ないでも生きていけますが、折角ある広い世界、知っても損にはならないでしょう。

                     

                    | 意識的に | 09:05 | comments(0) | - | - | - |
                    ちょっと休憩、梅雨バテってあるかね。
                    0

                      こうも暑いんじゃ、休息が一番です。

                      夏バテは有るでしょうが、梅雨バテは聞いたことが無い。

                      でも今年はバテ気味です。

                       

                      どこか変な気候です。

                      これからモーニングコーヒーに行って、友人とダベリングです。

                      選挙のこととか、いろいろと話題は豊富です。

                       

                      しかし休息とはいっても、専業主婦は中々思い通りになりません。

                      やはり、意識的に家庭の仕事を分担するとか、休息を取るような工夫をするとか、ともかく、食事の支度やら家事の多さにやってみればびっくりします。

                       

                      男は外で働いて家族を養う、しかし家庭を守る主婦も大変な日々を送っています。

                      先ず、休みなし、年中無休ですからね。

                      特に子育てしていれば、気遣いも大変です。

                       

                      平等と言う精神は尊いものですが、これが実際面になると、不平等です。

                      人間社会に平等って有るかどうか、多分無いんじゃないかと。

                      しかし人は常に平等を柱に考えているふりをします。

                       

                      貧富の差を無くしましょう、て言っても、無くなりません。

                      労働の平等化も実際には行われていません。

                      無償残業などは中小企業では当たり前です。

                       

                      賃金も企業の利益配分ではなく、働く人には薄く、資本家には厚く、何故って思います。

                      ですから、平等精神は空論であって、現実面で何か表現する方法は無いでしょうかね。

                      人と人のこの世、せめて仲良くして、喧嘩などしないことです。

                       

                      平等は仲良しに言い換えればいいのかも知れません。

                      そうかも、子供たちは比較的平等に遊んでいます。

                      みんな仲良しだから、平均化しているのかも。

                       

                      しかしガキ大将が現れると、平等が崩れて、利害関係が生まれます。

                      ここんところですかね、一生懸命に勉強して東大に入り、官庁に入り、お偉いさんになり、優雅な生活を送る、そんな人と別な道を歩む人は平等の人間として見られません。

                      実に、ガキ大将精神がこの世です。

                       

                      ですから、政治家も平等などと言う言葉を使わない、出来ないから。

                      もし使えば、そのしっぺ返しが来ます。

                      実に平等と言うことは困難極まりないものです。

                       

                      都知事選の告示がそろそろです、そして選挙運動でこれをします、やります、と言うでしょうが、平等について公約する人がいたら、投票します。

                      しかし出来ないでしょうがね、口先三寸で誤魔化しですかね。

                       

                      ま、そんなこんなで、日々は過ぎて、平穏な一日一日が来ています。

                      何も世の中に角を立てる必要もないと言うもの、しかしモノ申すことが好きなだけに、いろんな考えが出て来ます。

                      仲良しが実社会で広がれば、良い世になるんじゃないかと、EU離脱は仲良しの手を切ったのかね。

                       

                      | 意識的に | 08:45 | comments(0) | - | - | - |