RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

自然の豊かさを心の泉に

地球上の大自然は素晴らしい。その豊かさに抱かれて。
洪水が多過ぎNo 4062
0
    最近の天気が変だなぁと思うのは風が毎日強く吹いている事です。
    もう何日も強風が続いています。
    それも昼も夜も休み無く吹き荒れています。
    台風なら台風一過が有りますがこの天気は台風でもなく嵐でもなく荒れた天気と言う事でしょうか。

    ビニール傘などはあっという間に壊れてしまうから始末に負えません。
    前線の影響でしょうが何故南風が強いのか嫌になります。
    それに今朝は湿度88%もありましたから起きてから即刻エアコンです。

    こちらは風の強さに文句言ってますが、九州だけじゃなく岐阜や長野も洪水騒ぎで本当に大変な列島の状況です。
    どうにかならないのでしょうか?
    洪水の無い国になる為には国土を総合的に見直す必要が有りそうです。

    松下幸之助さんが現役時代に日本の山を削って海に埋め立てすれば日本国の面積は2倍や3倍になると言ってたそうです。
    日本は急斜面即ち山脈で東西や南北に分断されています。
    その為に河川は急流になり且つ水位が急増します。
    ゆっくりと流れる欧州の川などは洪水被害が少ない様な気がします。

    日本全土を平坦にすることには100年以上の長い時間が必要でしょうがこれからは洪水対策として考えねばならないかと思う。
    河川も新しく雄大な大きさにそして曲がりくねったものを真っ直ぐにしてしまう。
    そんな計画が出来ませんかね。

    土地改良と言う名目で我々の子供の頃だったか、田んぼを整理されました。
    それまでは小さな田んぼがごちゃごちゃとあって実に不合理な状態でした。
    それを碁盤の目の様に綺麗に改良されて今機械化できるのもそのお陰です。

    今度は河川の改良を行う時です。
    中国で行なっている揚子江の水を黄河に入れる計画があると聞いた事が有りますがこれはそれこそ100年ぐらい掛かるのでしょうか?
    ともあれ現状は河川の近くに都市・街が存在してますから全く違った河川を作り直す方法を考えてみたら如何だろうかと。

    リニア新線を作るよりも河川を作る方がまだ楽ではないかと思う。
    トンネルじゃ無く山を削ってしまうだけですから特殊な機械もそう要らなそうです。
    削った土は近くの海に埋立すれば一挙両得と言うものです。

    新河川は幅も深さも自由に設計出来ますから洪水の起きない河川にすることが出来ます。
    それと街と離れた場所に河川を作れば危険水域に達して避難勧告など出す必要性も無くなります。
    傷ましい犠牲者も出なくなります。

    家屋も財産も人命も農地もあらゆるものが洪水から守られれば新河川を作る費用は長い目で見れば賄える様な計算が成り立ちませんか?
    今後大きな危険度を孕んでいる河川は東京に向かっている荒川とか荒川放水路とかです。

    群馬県等々の山に超豪雨が降り東京に向かっている河川に水が溜まり出したら都内の半分近くが水没する様なことになるようです。
    ですから群馬県から東海道太平洋に向かわせてドデカ河川を作るのです。
    荒川・隅田川などは景観の為に残しておけば良いのですよ。
    上流で水量調整して何時でも美しい都会のオアシスとして。

    そんな長大な考えを持てないのが現役の役人でしょう。
    ですから秀吉なら出来たでしょう。
    しかし秀吉時代は洪水の騒ぎは無かったのでしょうかね。
    あったとしても河川の周りに民家がどれほど有ったか?
    自然界は長い時間を掛けて変化して来てましたが現代はその変化をも越さない様な施作を施しているのでしょう。

    河川の水辺で遊ぶ時は楽しく過ごせますが濁流になった途端に凶器に変わってしまいます。
    水の勢いは想定を超えてますから危険極まりないのです。

    洪水は後々の片付けが大変だなど言っている場合では有りません。
    洪水を無くす河川造りこそ政治の仕事です。
    自衛隊派遣などは対処療法です、抜本的なところに手を付けないとまだまだ同様の被害は続々と出てきます。
    現役引退後にボランティア活動の一環として新河川造りは楽しい時間になりそうです。

    現役を離れれば田舎暮らしも良いもので、河川造りに田舎の家で生活もいいじゃ無いですか。
    四季折々の自然に接する事ができます。
    鳥の囀り、イノシシとの出会い、狐もいます。
    小さな川で魚釣もいいです。
    過去にないほどの雨量なら、過去に無いほどの河川事業も有って良いのでは!
    | 由々しきこと | 10:26 | - | - | - | - |
    他の話題No 4017
    0
      やっと薄日の日差しが届いています。
      ですが腰痛の為ジッと我慢の1日になりそうです。
      今日1日で痛みを解消出来る予感がしますが明日の朝の状況次第です。

      昨日は結局テレビは一度も付けずに過ごしましたのでコロナ話題から解放されました。
      そうなると今朝もそれ程気にならずにテレビをつけてません、そんなもんかも知れません。
      毎日毎日のコロナ報道で精神面で自然に疲れているかもね。

      そんな中で恣意的とは言えないでしょうが賭け麻雀の話が出てきてこれ又黒川氏が辞任騒ぎになってます。
      今後どうなるかはそれ程気になりませんが馬鹿な事をしたもんです。
      と言う程度ですが我々の若い頃は仕事終了と同時間に麻雀屋に行ってました。

      当時は麻雀屋が大繁盛でしたから卓を確保するのに苦労したものです。
      先ずは麻雀は四人のゲームですから朝のうちにメンバーを確保して置くわけです。
      そして夕方誰かが早めに場所取りをしておきます。

      ほぼ毎日の事ですからメンバーも有る程度決まってます、上手下手が有りますからね。
      下手が入るとイラだったりして楽しさも半減です。
      そこで賭け麻雀ですが、これは当然の成り行きです。

      勿論覚えたては賭け麻雀では有りませんが多少覚えて来たら早速賭け麻雀に入れてカモにします。
      これは厳しくしませんと上達に影響しますから。
      賭け金はドンドンエスカレートして行きますが、サラリーマンは先日の話程度以下です。

      ですから報道の2万円も動く賭けは大きな賭け金で行われていたと思いますよ。
      いろんな賭け方が有り、握りとか馬とか兎も角方法によっては大きな賭けになります。
      賭けは麻雀だけで無くゴルフでも当然の様に行いましたが今はどうでしょうかね。

      我々の時代はバブルを経験してますから、金銭面では有る程度ルーズなところがあった様に思います。
      バブルは金余り時代で、お金がなんとなく入って来るし出て行きました。
      そんな訳で賭ける事が当たり前的感覚でした。

      競馬競輪等々公共ギャンブルと言われているものも有りますから賭け事は仕方が無い気がします。
      ただ検事長ですかお偉いさんが賭け麻雀をやっていたと自白してはもうどうにも救えません。
      何ともガードの甘い人だったんですね。

      勿麻雀依存症だったのでしょう、パチンコ依存症は話題になりますが麻雀だってそうなりますよ。
      麻雀は実に楽しいゲームですが賭け無いとその魅力が半減以下になってしまいます。
      賭けは緊張感を上げる役割になり、真剣になり、結果ストレス解消にもなります。

      勿論その逆も出ます、負ければ色々と反省してあーっだったとか後で考えて悔しがり夜も眠れなくなったりとか。
      しかし概ね麻雀は精神面でも体力面でも疲れますから熟睡をむさぼります。
      それが次に繋がってやりたくなるのです、ですから想像ですが黒川氏は月に2、3回と言ってましたが、別のメンバーでもやっていたでしょう。
      時間の許す限りチャンスを作ってやってますよ、きっと。

      そんな話題で沸騰する日本です。
      平和そのものです、もし検事長が暇ならば平和そのものです。
      しかし暇を作って仕事をしないので有れば別問題です。
      杏里氏の選挙違反などは広島に任せっぱなしですが、最終的には検事長の所に上がって来るでしょう。

      それをどうするかは検事長の個人的判断でどうにでもなりそうです。
      そんなことから検事長の定年延長をして検事総長に持って行き、杏里氏の提訴をうやむやにしようとした。
      そんな内閣の恣意的な行動であったのなら安倍政権も政権の役割を果たせなくなります。

      田中角栄が有罪になるとは本人も我々も思っても見ませんでしたが、現実は検察庁の力が有ったからです。
      それが平和ボケの為か、なあなあに選挙違反も誰でもやって居るんだから大目に見てくれよ。
      それよりも好きな賭け麻雀をしていてくれよ。
      とか何とか内閣府から話が出ていたのなら小説にドラマになりそうです。

      だってそうでしょう、ここの地域の菅原一生などは未だに個人の家を訪問してビラ配りをしているそうだよ。
      回収したそうですがね。
      何らかの選挙違反になる様な行動をしているんですかね。
      そうした国会議員を監視するのは検察庁じゃないのかね。

      明治維新に川治利長が警察警視庁の組織を作って日本に犯罪取り締まりの行政を作ったのです。
      その組織が有ればこそ日本人は安心を得られたのです。
      検事は当時はまだ無かったのかな、裁判所ができてから検察庁が出来たのでしょう。

      いずれにしても、明治維新から国民を守る為の組織が作られてました。
      それが今になって警視庁や検察庁などが、政府の行政で力を失っては川治利長もガッカリでしょう。
      大久保利通も川治利長には期待もし力になって頑張ったのですからね。

      コロナから離れた話題も良いですが、チョット間が抜けた話題でしたか?
      毎日落語を聞き始めていますが、腹を抱えて笑ってます。
      笑いのある話題が欲しいモノです。
      | 由々しきこと | 10:53 | - | - | - | - |
      忍び寄る凶悪モノNo 3986
      0
        いい天気ですが気持ちは曇ってます。
        コロナの暴風に晒されて不気味な日々が続いています。
        救いは園児達の大声ですが普段と違って少数しか居ませんからやや寂しいです。

        徐々に徐々に足音が高く聞こえてくる様な感じです。
        それも静かに音が聞こえないぐらいに忍び寄ってきてます。
        一昨日に病院感染者の発表が有り昨日も感染者が出てしまいました。(24人)

        そこはこの地域の大きな病院です。
        普段は多くの患者が集まっている所です。
        1人の看護師がコロナに感染して入院患者に感染させた模様で、それが医師まで感染しているようです。
        所謂院内感染と言う現象でしょう。

        他に我々が健康診断するクリニックも数カ所有りますがいざと言う時の救急医療機関が閉鎖されては心配が募ります。
        もう新型コロナウイルスが所構わず侵入している事が実感して来ました。
        この地域はスーパーも二ヶ所有りますが、殆ど地域内の人が集まってますので、その中には感染者が居ると思った方が良いと思ってます。

        スーパーは相当気を配っている様に見受けられますが、問題は客の方です。
        客の方でもそれとなく距離を考慮するとか、出来るだけ会話をしないとか、買い物時間を少なくするとか工夫が必要です。
        店の中に長く居ることを避けて短時間で終わらせる様に考えねばなりません。

        それと買い物回数減らす工夫も大事です。
        毎日から4日分をまとめ買いすれば当然店の混み具合も1/4に減らせます。
        勿論デリバリーで買い物する事が一番ですが我々老人はどうしても見て買う習慣が有りますので困り物です。

        ともかく、もう直ぐそこまでいやもう感染して居るかも知れないほど切迫して来てます。

        感染して無症状であれば、他人に感染させてしまいます。
        症状が軽症と言う表現に簡単に考えてはならない事を最近知りました。
        それは軽症とは酸素吸入の必要の無い人で風邪の症状は厳しい物が有ります。

        軽症と言う言葉も紛らわしい表現です、軽症だったら感染しても良いかなと思う人も居るかもしれません。
        これが感染拡大に繋がって居るのではと考えたりしてます。
        この新型コロナウイルスに関する色んな表現方法の問題点は危険面での抜け穴です。

        怖い感染病と言う表現は未だにされてません。
        何々は良いですよ!と言う事が多く有りました。
        ジョギングは良いですよ!散歩は良いですよ!買い物は良いですよ。
        この良いですよが曲者だったのです。

        良いですの深い意味は心配無いですが多少の注意は必要ですよ!的なニュアンスに聞こえて来てました。
        満員電車も電車の中では会話する人が少ないか居ないかですので感染リスクが少ないから良いですよ!と言ってました。
        しかしもうそう言う人は誰も居ないでしょう。

        スーパーも小池百合子知事が今日なんらかの話をする様ですが、買い物は良いですよ!からどんな風に変えるのでしょうか?
        もう我々は政府や政治家の意見で行動していては遅くなってしまって参考になりません。
        次の行動に移して居ます。

        後手後手は政府も政治家も専門家も皆同じです。
        先を読み切れないのです。
        現状に立って見て居るだけで、どんな変化が生まれて居るのかを確認して居るだけです。

        ビッグデータを観察してから対応すると西村が言ってますが、それじゃ遅いのは素人でも分かります。
        ビッグデータは後々の検討資料で現時点では次に進めねばなりません。

        国会内でも既に感染者が居るはずです。
        対応はどうするのか対策はできて居るのですか?

        政治家に記者が寄り添って会見をしてますが、やめて欲しいですよ。
        3密を避けて下さいと言いながら記者達が群がって居る状態をどう判断してますか?
        ですからお互いに2m離れてくれなければ記者発表しませんよと言うのが普通常識でしょう。

        何処にでも抜け穴があり過ぎて、緊張感が無くて、危機意識も薄れてしまってます。
        その結果がジワジワと摺り足で迫って来るのが新型コロナウイルスの行動です。
        目に見えないだけじゃ無いのです。
        忍び寄る音も聞こえないのです。

        どんなに五感を働かせても確認出来ないのです。
        それが怖いのです。
        怖さの表現を3密から、忍び寄る忍者兇悪モノへと変更して下さい。
        | 由々しきこと | 11:31 | - | - | - | - |
        非常事態とはNo 3950
        0
          今朝の外気は冷たかったですよ。
          校庭が一部氷ができていた様に見えましたがどうだったのか?
          今は8度程度に上がってますが何となく寒いです。

          株価の乱高下が凄いですねえ。
          過去に無い上がり下がりが繰り返されてます。
          投資家は大変でしょうが聞くところによるとAI (CP)で売り買いやっているとかで心理的な介入がない様です。

          とすれば素人では怪我をするだけでしょうかね。
          今朝も下げから始まって今はプラスに変わってます。
          変化のグラフを見てるだけで楽しい(?)です。
          しかしこれが実社会の景気に同調するとしたら我々の生活は由々しきものになってしまいます。

          物価が今日は下がっているから買い物に行かないと、とかなったらジッとしてられません。
          外出を控え目になんて言ってられない状況になってしまいます。
          安定が一番ですが現状では不安定を消す事は難しいと思います。

          世界中で緊急事態宣言が出ていますが日本は悠長なもので未だ出ていません。
          しかし現実には出てると同じ様な状態です。
          ですから日本政府と言う所は不思議な所です。
          海外からも不思議と見られて居るでしょうね。

          だって、先ず学校の休校は異常事態ですよね。
          イベントの自粛もこれ程の異常さは有りません。
          野球もサッカーも色んなスポーツが試合中止になったり無観客試合になったりこれが異常では無いのでしょうか?

          渡航者を制限してインバウンドのおこぼれを受けていた企業や個人業がどれだけ迷惑して居るか?
          これも異常事態では無いですか。
          全てが異常事態と思えるのに未だ日本は異常事態では無いと安倍が言ってますが、これ程馬鹿だとは思いませんでした。

          国会で異常事態宣言を出す事が出来る法案を時間をかけて審議し法律化したのに、何を躊躇して居るのでしょうか?
          市民には分かりかねる行動です。
          一体どんな状態になったら異常事態と言うのでしょうかその基準を示して欲しい。

          多分判断基準など持ってなくオリンピック開催国が異常事態宣言を出したら世界中からどんな目で見られるか心配して居るだけでしょう。
          もうそんな心配も解消されますよ。
          オリンピックは中止になると想像してます。

          その報告は間も無くIOCから届くでしょう。
          世界中で感染拡大死者も増大しているのに、新型コロナウイルス対策もこれと言って有効なものが無い時に、オリンピックが開かれる訳が無いです。
          そこも安倍晋三の言っている事が馬鹿げています。
          昨日の電話会談で開催はG7が求めていると、本当ですか?

          もしそうだとしたら開催しても良いでしょうが、米国の新型コロナウイルスは夏頃にピークになりそうだとトランプも言ってます。
          米国の選手が来ますかね?
          日本人だけでオリンピックゲームをする事になりますよ。

          アフリカだってこれから感染が広がる気配です。
          南アフリカも異常事態宣言を出しました。
          ヨーロッパは殆どに主要国で異常事態宣言を出してます。

          スポーツも禁止されて予選のゲーム試合が出来ないと言う報道も有ります。
          一方日本のピークはこれからだと言う専門家も居ます。
          特に死者が多く出るのはこれからだと。

          先ずは異常事態宣言を出して国民に危険信号を出す事が今必要な方策です。
          そして国民が心配している生活の保証を手厚く心配しない様にと心の籠もった発表をして貰いたいです。

          中小企業も個人業も助けて上げますから今年一年頑張って下さいと言えばいいのです。
          美容室などは接触感染しやすい距離ですからみんな行かないでしょう。
          そうした個人業には今までの収入を担保して上げますよと早急に現金支給すれば良いと思いますよ。

          芸人さん達は高給取りは良いとしても薄給の下っ端の人たちは大変な様です。
          イベントを自粛要請とはいっても中止と同じ意味合いが有りますから生活権を取り上げたと同じです。
          サラリーマンだけが仕事人では無いんです。
          サービス業に従事している人が非常に多いのです。

          こんな異常事態の時に助け合いがどれほど必要か、異常事態宣言を出して全体で国を守ろうと団結する時です。
          イタリアは悲惨な状況ですがとても明るくみんなで苦境を乗り越えようと努力している姿が現れています。
          夕方6時に皆さん窓を開けて歌をバイオリンをトランペットをサックスフォーンをと色んな事でお年寄りを励ましている様子はいい事ですよ。

          異常事態宣言を出したからと言って暗くなるものでも有りません。
          異常なんだからみんなで協力しましょうと再意識が生まれるのです。
          何を考えているのか安倍晋三の頭が何とも見えてみません。
          | 由々しきこと | 10:24 | - | - | - | - |
          次の次に何が起きるかNo 3942
          0
            今日から本格的な春になる予報ですが、今の時点では若干寒さが残ってます。
            一気に春が来るわけじゃ無い訳ですね。
            徐々に徐々に波が押し寄せて来る感じです。
            大津波になっては大変ですからダルマさん転んだ的な進み具合です。

            新型コロナウイルスも世界中に広がってしまったですからこの先は収束を待つだけです。
            暫くは世界中で感染の猛威に晒される事になります。
            特定の地域では無く世界中に満遍なく波及するでしょう。

            となると世界は自国を守る為にグローバルを止めて、ヒッソリと過ごす方向に舵を切ります。

            今日から中国と韓国から実質入国を拒否してしまいましたから国交が無くなります。
            この先イタリアもそうなるでしょう、フランスもそしていよいよ米国とも行き来が途絶えるでしょう。
            即ち国を鎖国する訳です、外部の汚染から護る為です。

            と言うシナリオが出来上がってますから、スポーツの祭典など吹っ飛んでます。
            しかしオリンピックに関連する人たちは延期又は中止を口に出せないのが辛い所でしょうが、そろそろ決断の時です。
            スポーツと病気のどっちを優先するかなど論じる必要は有りません。
            結論は決まっているのですから。

            ですから当然の結末です。
            その次に何が起きるか、そしてその次に何が起きるか。
            その辺迄考えて置かねば大パニック、大恐慌になりかねません。
            新型コロナウイルスが沈静化して普通の状態に即刻戻れるとは到底考えられません。

            各国とも経済ダメージを受けて国内の状況は相当に混乱するでしょう。
            サプライチェーン等々言われてますが、工業だけで無く食料品だってサプライチェーン的な動きになってます。
            日本も自給率の低さがどう影響して来るのかが心配です。

            貿易が即刻従来通りに動くとは考え難いです。
            各国とも自国の復興を最優先する訳ですから輸出関連は後回しになります。
            となれば日本は食糧不足になりかねません。
            特に肉類は口に入らなくなるでしょう。
            輸入肉だけじゃ無く飼料の原料がなくなる訳ですから国産肉も減少します。
            そうした先を考えるとこの新型コロナウイルス騒ぎは少々の問題では無いのです。

            検査数がどうのこうのとか、入国禁止とかなどはどうでも良くなって、生きる為に必要な食物の確保が大変になると思うのです。
            先の先を読んで今から少しづつ対応策を考えて置けば、いざと言う時に慌てずに済みます。

            危機意識危機管理などと難しい事を言わないで、先の心配をしていれば自ずと準備出来ます。
            個人的には長期保存食の確保をしておきたいと考えてます。
            これからいろんな食品類を検討して置きます。

            一時的か長期になるかは全く見えません。
            これが世界恐慌と言う恐ろしさです。
            パンデミックは既に心配を過ぎてます。
            次に来るのが恐慌だと考えて置いても良いだろうと、そんな事を考える官僚も居ても良いかなと思ってます。
            | 由々しきこと | 10:41 | - | - | - | - |
            気持ちがダラけたNo 3921
            0
              とても素晴らしい青空に驚いています。
              真っ青と言うか深く吸い込まれそうな気分になります。
              園児達も元気いっぱい大声ではしゃぎ回ってます。

              矢張り人間の身体は天候に影響されながら過ごしている様に感じます。
              病は気からと言います、同時に元気も気からとなりましょう。
              その気は天候に左右される事、大です。

              さてさて武漢肺炎も色んな報道を読んだり見たりしてますが多少緩みが出てきた様に思います。
              初めのウイルス上陸の時と比べると緊張感も危険度感も薄れた気がします。
              ま、普通の風邪程度の感覚になってます。

              実際に終わってみれば風邪の軽い症状程度だったと言う事になるかとも思って来ました。
              武漢だけはどうやら特別だったのでは無いかとも。
              何故特別かはその地域の特性と言うか特徴かも知れません。

              武漢は良くは知りませんが、10年ぐらい前でしたか2度程武漢に行った事が有り仕事で二週間程滞在しました。
              その時の印象は兎も角貧困状態をあちこちで見かけました。
              家も洞穴では無いにしても何となくちゃんとした家では無い様に見えました。

              現在は経済発展で相当に変わっているのでしょうが底辺にはこれ又貧民が居るのではと思っています。
              そうした地域柄で新型コロナウイルスが発生して蔓延した特殊性を感じています。
              即ち貧困がもたらした医療の対応だったのではと。
              風邪程度が肺炎に発展してそれでも医療機関に行けない状態では無かったかと。

              もし風邪症状が長引けば何らかの対応をしていたでしょう。
              肺炎を起こして重症重篤になっても医者に行けなかったのではと思います。
              その結果は現在に至る状態を作ってしまったと。
              騒ぎが起きたときにはボヤから本格的な火災になってしまってそれも山林火災の様な延焼状態になってしまった。
              次々に感染し次々に肺炎を起こして死者も出てしまった。

              先般のオーストラリアの山林火災と似た様な動物達が逃げ場を失い焼け死んでしまった。
              その状況が貧困者に襲ったと見えて来てます。
              状況は中々入って来ないので真実は分かりませんがもう直ぐ状況が伝わってくる様な気がします。

              となれば、医療機関の対応に感染者が応じれば終息への道が開そうです。
              一般の風邪と考えて出来るだけ人に移さないと言う注意をしていればウイルスの移動は少なくなると思います。
              感染しても症状が出ない事も有ると言いますからこのウイルスは比較的弱いのではとも感じてます。

              問題はこのウイルスかどうかを見極める事が先決です。
              普通の風邪、インフルエンザの風邪そして武漢風邪と言う風に分けてどの対策をするかでしょう。
              クリニックで診てもらいたい人が多いと思いますよ。

              行きつけの医者はクリニックが多いですからね。
              そこで気軽に風邪見たいだけどと相談していろいろと指導を仰げば早く解決出来ると思います。
              感染力は強いですが弱いウイルスだとしたら感染したって問題無いのですよ。

              身体からスルー(排出)してくれれば何ら問題無いですから。
              重症重篤な肺炎に発展した方には十分な医療をしてあげて命を救う事がお医者さんでしょう。
              元気な感染者を看病する理由は有りませんからね。

              タクシーの運転手が普通に仕事していて陽性だと言って驚いてますがこれは驚かしているだけです。
              病は気からにさせているのです。
              元気なら保菌者だって別にどって事が無いんです。
              今までも満員電車の中で咳をしたりしていた事を見てましたが、それを思えば大した事じゃ無いのです。

              返ってインフルエンザの方が怖いのですよ、子供から老人に至るまで全年齢を対象に襲って来ますからね。
              そんな事を考えていたら今回は騒ぎ過ぎだし、大袈裟な報道だったとちょっと気持ちが下火になってます。
              中国の共産党に混乱させられた感じがします。

              慌てずに一般クリニックで診てもらって安心すれば事が済む問題ですよきっと。
              今じゃ院内感染とかでクリニックにも行けず、薬の処方箋を貰うのも気遣う様では医療と言う本来の事から本末転倒です。
              そうした内容を政府は市民に伝達しメディアにも注意した方が良さそうです。
              マスクも宴会も自由に選択して楽しんでくださいとね。
              中国式街閉鎖は無駄な事だと判断したらいいですよ。

              今日の空の青さは健康を象徴しています。
              青春即ち青い春です。(ちょっと意味合いが違いますが敢えてそう読ませたいです。)
              | 由々しきこと | 09:45 | - | - | - | - |
              先が見えない袋小路 No 3839
              0
                又もや曇天、太陽の恋しい事が募ります。
                ドンドン気温も下がって来て冬到来も目の前に押し寄せて、しっかりと対応の準備をしています。
                昨年いろんな洋服を買ってあったので先ずは大丈夫です。

                気候は一応順番通り秋から冬に移行する事になりますが、世の中の動きはどうも落ち着きません。
                この先が暗闇でサッパリ見えません。
                一体地球上の人間どもはどうしようとしているのか?

                宇宙人はどんな感想を抱いているのかインタビューして見たいです。
                桜は今紅葉真っ盛りですが、今の話題は咲き誇っている時期を背景に何が起きたのかを論じています。
                私物化と言う言葉も飛び出して紆余曲折どうなるやら。

                元々政治は国家国民の為と大上段を構えますが、現実は自分の選挙に勝つだけに終始してます。
                これは私物化では無いでしょうかね。
                大臣の椅子だって何とか座りたいが為に順番待ちして、トップに忖度甚だしいのです。
                これが私物化でなくて何と表現しましょうか?

                私物化の論議も良いですがこの先の事をみえる様に導いて貰いたいです。
                これは与野党共です。
                野党も未来はこうしたいと言う姿を国民に示して政権を奪取する意欲を見せて貰いたい。

                私物化の問題からいろんな発展方法が有る筈です。
                そうです、発展をどうさせるのかを国民に示した方がこの先の勝利に繋がるでしょう。
                米国はトランプの私物化に耐えかねて弾劾を追求してます。

                日本も安倍の私物化で追求を緩めずに、弾劾できる様な行動が大事です。
                しかしそこだけにとどまっていては発展に続きません。
                先を示す具体策を導いて国民を引っ張る力が必要なのです。

                牽引車、即ち機関車です。
                今は各車両に動力が付いているので機関車は必要ないとなってますが、矢張り機関車は期待が大きいです。
                蒸気機関車時代はその強力な力を見て凄いなあと感じ入ったものです。

                その牽引車力に憧れたのです。
                そうです、政治も憧れる様になると皆が注目してくれます。
                政治家は憧れの的になれば良いのです。
                現代は真逆で何やってんだか?

                大凡政治不信ですから、アンケートを取って支持率を見ても変わる事は有りません。
                それは政治不信を表しているからです、即ちどうでもいいじゃん。
                と言う諦めなんです。
                日本は今後どうなるか分からないからまあ現状でいいじゃんと。

                国民が先を見れない袋小路に迷っている事を政治家は見ようともしません。
                私利私欲に奔走しているだけです。
                私物化は当然の結果がついて来ただけです。

                そうなると我々隠居組は何をすればと、何も無い時間を過ごす訳です。
                そこで良い案が浮かびました。
                浪曲です。

                広川虎造の浪曲をユーチューブで見つけて聴き始めました。
                実に楽しいと言ったら有りません。
                実は清水の次郎長や大政小政森の石松等の事は知ってましたが物語りを聞くのは初めてです。

                しかし良いもんです、昨日は4時間も連続で聞きました。
                30分程度で、ちょうど時間となりましたと入って一休み、又続きモノです。
                これは先がどうなるのか興味深々で聴きたくなるのです。
                今日も聴きます。
                と言う訳では楽しみが増えました。

                先が楽しみ、日本の政治も先に期待が持てれば楽しい筈です。
                | 由々しきこと | 10:11 | - | - | - | - |
                マツコは何様か No 3738
                0
                  暗雲が漂っています、何かこの先不運が起きるような気配を感じてます。
                  大雨になって災害が起きなければ良いですが、昨日は御巣鷹山で慰霊祭が行われました。
                  520人もに命が奪われてしまったのも、事前に原因があったのでしょう、予期せぬ物だっかたどうか?
                  天候は吉兆を占う一つの方法かと思います。

                  今朝の記事でとても腹立たしい内容に出くわしました。
                  昨日はN国の立花氏がマツコの番組出演する場所で演説したそうです。
                  その理由はマツコが先日の選挙でN国に投票した人を罵ったようです。
                  「気持ち悪い人たち」「ふざけて入れた人も相当にいると思う」「宗教的」と非難した事に対する砲撃だったのでしょう。

                  実に言論の自由と言うものがあるにせよ、国民が選んだ結果に対する侮辱とも取れる発言は許せません。
                  大層売れっ子で何を言っても通用するとの思い込みは有るでしょうが、我々芸能人に疎い人は何ものぞと言う感覚しか有りません。
                  偉そうに!この一言です。

                  国家が国会を持つ、そこでいろいろと議論をして国家をどう導くか、実に貴重な場であるのです。
                  その場に行く為には選挙で選ばれると言う絶対条件があるのです。
                  その選ばれた議員に対して侮辱とも言える言葉を吐く事自体ナンセンスで有り、軽薄そのものです。
                  これを称して何様かと言いたいのです。

                  今国家はどう言う危機に直面しているかを問うのであればそれなりに評価しますが、けなす事は何の意味が有りましょうか?
                  日本は芸能人がテレビを牛耳っている様に見えます、殆どの芸能人出演の番組はパスしてます。

                  何故か、お笑いがそれ程必要では無いからです、くだらないの一言です。
                  もっともっと真剣に考える様にならないと日本はドンドン落ちこぼれてしまうでしょう。
                  リカレントを提唱している大前研一さん等がテレビに出てきて日本人の必要なリカレント番組を繰り返しやるのが今の日本に必要な事です。

                  訳の分からない芸能人が訳の分からない笑いを要求したって、こちとら面白くもヘチマもないモンです。
                  テレビ局のノータリンさに辟易しているのがずーっと有ります。
                  ですから、立花氏のN国の話は一つのキッカケになって番組構成へ影響を及ぼすと良いと思うのです。

                  有能な政治家になって欲しいと応援したい気分になるのです、それを何ですか、宗教的だと決めつける愚弄は本人が如何に馬鹿かを暴露してます。
                  選挙も真剣勝負、そして議員になったらもっと真剣になるでしょう。
                  バカはもうたくさんです、電波を使う局の頭脳改革を是非行って貰いたいのです。
                  | 由々しきこと | 08:54 | - | - | - | - |
                  そろそろ消費税の話題 No 3736
                  0
                    今日はもくもくと入道雲が発達してます。
                    それも上空一体に出来ていて夏空を強く演出してます。
                    それに伴って当然気温も高くなってます。
                    残り何日が真夏日かそろそろ下火になりそうにも思いますが、中々どうしてどうして残暑厳しいとの話です。

                    10月がもうすぐやって来ますが消費税増税に関する話題が日韓問題で出て来ませんが日韓以上に問題です。
                    山本太郎氏が訴えてる消費税減税の方が正しいという意見が今朝も出ています。
                    これこそ国民にとって死活問題と捉える時です。
                    優遇措置も有りそうですがどうなるのかもハッキリと分かりません。

                    食料品は今まで通りなのか、持ち帰り云々で違いが出るとか説明をして貰いたい所です。
                    何せ増税されれば、その分を買い物で減らさねばならないのです。
                    同じ収入しかない年金生活者にとって、支出を同じにせねばならないのです、増税分年金額が増えれば別ですがね。

                    と言う事は当然毎日買う食料品の量を減らすことになります。
                    豆腐1パックを毎日一個だったのを半分にするとかになるでしょう。
                    何事も半分の気分で買うことになりそうです。

                    そうなるとどう言う結果が生まれるか?と言う重大な問題が起きるのです。
                    即ち商品の数量が極端に減少します。
                    製造業者にとってはこれ又死活問題です。
                    スーパーへのサプライヤーは量がまとまる事で利益を確保してますから量が減れば当然経営が苦しくなります。

                    大手食料品会社はまだしも、小企業の豆腐屋さんとかこんにゃく屋さんとか兎も角我々にとって必要な物が場合によっては値上げせざるを得ないかも。
                    とすれば、消費税は上がるは商品は上がるわで往復ビンタを食らいます。

                    消費者とって暗黒の世を迎える事になります。
                    デフレが今以上に進む事を想像出来ます。
                    デフレだから商品価格が下がるかと言えばそうじゃなくて上がって、商品を買わなくてなるデフレです。

                    国民の多く若者が自民党に投票して消費税増税を黙認してますが、将来自分たちが年金生活者になった時に驚きを感じるでしょう。
                    それにもっともっとデフレが進めば年金だってどんどん下がります。

                    2000万円を貯め込むことが絶対条件になるでしょう。
                    しかしそれは幻になる可能性が有ります。
                    それはデフレです、賃金が横ばい程度しか上がらないで、消費税が上がるといままで預金を崩さねばならないのです。
                    即ち預金どころでは無くなるのです。
                    簡単に消費税増税3%がどれほどの物か計算してみれば分かります。
                    年間500万円は使っているとすれば、3%で15万円です、この分を多く支出することになる訳です。
                    15万円??20年間で300万円も税金で出て行きます。

                    実は全体の消費税額は10%ですから、消費税は50万円です、20年で1000万円も失われます。
                    もし消費税が無かったら、普通に生活して預金をしていれば2000万円は実に簡単に蓄え出来ます。

                    消費税が何処に使われているかじっくりと勉強した方が良いのです。
                    社会福祉と言う名目は誤魔化しです、これは山本太郎氏が主張している事です。
                    大手企業の減税負担しているのです。
                    サラリーマンも減税されているかに見えますが消費税が上がったら増税と変わらないのです。

                    兎も角上がってしまったら下がるまでどれ程時間と労力がかかるか?
                    政権を変えない限り下がりません。
                    今が国民の大声を発する時です。
                    日韓問題で盛り上げさせておいて、消費税増税を話題にさせない政権の魂胆が見え見えです。
                    これじゃ日本もそう長く先進国で居られるかどうか?
                    疑問を持つ国民にならねばならないのですが、平々凡々と歩きスマホに夢中になっている若者では未来は自分たちの崩壊へ向かうでしょう。

                    警鐘が波打って寄せて来てます。
                    | 由々しきこと | 09:56 | - | - | - | - |
                    No3684 何処かおかしな方向に
                    0
                      曇ると湿度が上がって蒸し暑くなって来ました。
                      やっぱり梅雨の最中なんです。
                      それにしても園児達の元気な声で年寄りも励まされます!

                      キンキンな声音が老人には良いそうです!
                      脳の萎縮を阻止する働きがあるとかで、昔は大家族で孫ひ孫に老人は刺激を受け痴呆症が無かったとか聞きます。
                      鳥の鳴き声も自然ですが園児達の声はそれ以上に有効なんです。

                      そうした変わらない子供達の生き方ですが、大人になってどんな未来が待っているのか?
                      苦労の連続が待っているのでしょうか?
                      先日パソコンで書いたサマルカンドのブログが消えたんですが、実にその事なんです。

                      サマルカンドってシルクロードの中間点だそうで古くからオアシスとして繁栄していたそうです、しかしジンギスカンによって滅ぼされ一時は消滅したがなんとかと言う人が再興したようです。
                      それはともかく、サマルカンドの人々はそれはそれは幸せな日々を送っているのです。
                      サマルカンドで生まれて幸せですと若者が口に出すのです。

                      しかし日本の今はどうでしょうか、年金では足りないから2000万円用意しなさいと政府が要求する社会など恥じですよ。
                      我々の時代は老後など全く心配しないで若い時代を謳歌しました、もし2000万円を蓄えなさいと言われたら使うお金など無かったでしょう?
                      毎日仕事の帰りにはいっぱい飲み屋で過ごした時代です。

                      これからの現役人は高級マンションを65歳迄ローンを抱えて尚且つ2000万円貯めねばならないのですから遊ぶ事が出来ないでしょう。
                      70歳まで働きましょうと言われたって元気とは言え辛いですよ。
                      健康年齢が72歳だから70歳はまだまだと言うのです。

                      確かに75歳になっても元気ですし、何処も悪いところ無しですが、それは65歳から遊んで暮らしているからでしょう。
                      もし70歳迄働いたらボロボロになっているのではと思ってしまいます。
                      どうして日本はこうした社会になってしまったんでしょう?
                      サマルカンドは老人も若者も一緒に1箇所で生活しています、大家族です。
                      男の子が結婚すると長男も次男も三男もその嫁さんと一緒に親の家で生活します。
                      そうすれば老後は子供が親の面倒を見るのは当然です。
                      赤ちゃんはおばあちゃんが面倒を見ます。
                      兎も角心配の種が無いんです。

                      実にいい環境が出来上がっています。
                      日本の核家族が日本の未来を崩壊させたのでしょう。
                      老後問題がこの先大問題と言う事自体がおかしな事です。

                      人間は必ず老人になるわけですから当たり前の事で、そこで不安になったんでは人生とはなんだったのか?
                      そう思うでしょう、子供の未来が無ければ子供も要らないし、結婚もしないでしょう。
                      サマルカンドの様に子供を作り育てる楽しみを持てる社会にせねばならないのに逆方向へ進んでいます。

                      変だよ日本ニッポンに気づかねば??
                      | 由々しきこと | 10:43 | - | - | - | - |