RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

自然の豊かさを心の泉に

地球上の大自然は素晴らしい。その豊かさに抱かれて。
キャッシュレス即ちカード決済の普及が増えて欲しい。
0

    曇り空雪でも降りそうな気配ですがここは雪国では有りませんから中々雪に巡り合えません。

    でもどうやら月曜日は舞い降る雪に出会えそうな予報です。

    欧州ではオランダなど大変な吹雪と言うか嵐に出会ったとかベビーカーに大木が倒れて来る映像を見ました。

     

    人が自転車と一緒に10mほども流されたり広場で人が転がっているところとか普通じゃ見られな光景が流されてました。

    ドイツでも大雪になっているとか地球上で異常な気象が頻発して来ています。

    その点ここ東京は平穏な気象状況になっていますから有りがたい事です。

     

    毎日の買い物ほぼスーパーですが土日は買い物客が多くてレジに並ぶ人が長蛇の列です。

    待つ時間が10分ぐらいは普通の状態です。

    平日は殆ど数分で通過ですから10分以上も並ぶとイライラが募って来ます。

     

    そこで思うのが現金決済です。

    カード決済にすればアッと言う間に決済が済みます。

    しかし現金の場合は小銭まで数えている客が殆どです。

     

    一円を出すのが手間取ったりしているのを見ると特にお年寄りなどは財布の中に有るかどうかを前もって調べてないですから改めてその場で中身を調べているんです。

    結局無かったとなって札を出すのです。

    その動作をつぶさに見ているので「何やってんだか」と憤慨するのです。

     

    その点カードは何も起こらずに数秒で終わります、そしてカードには少額ですがポイントも付きます。

    別の店では常に3%値引きしてくれます。

    便利なカードなのですが日本人は現金に拘ります。

     

    もし全員がカードで買い物すればレジ前の混雑は半減するでしょう、店も楽だしお客だって待ち時間が無いからイラ立ちもなくなります。

    なのにどうしても現金で決済したいんですね。

    不思議なことです、で今朝の記事に日本人がカードその他の非現金決済の割合を調べたデータが有りました。

     

    なんと20%以下です、即ちスーパーで見る様に殆どが現金で支払っているのです。

    カードを使う機会は大きな金額の時にしているとか、逆にスーパーで使ってほしいと思うのです。

    因みにお隣韓国では80%以上が非現金決済だそうです、そこまでならなくても半分の人がカードを使ってくれればと思います。

     

    どうやら2027年頃まで今の倍40%までなる様にしたいと言う考えが有るそうですが、スーパー側でお客様を大事にしたいと思うのであればもっともっと努力してカードを使わせる方向にして欲しい。

    例えばカード決済のレジコーナーを作ってそこはカードのみの人が優先される、現金決済の人は使えないようにするとか。

     

    そうすればカードを持って居る人はそちらに移動するでしょう絶対に早いから。

    現金決済の人もカードを持つことになるでしょう。

    そうなれば全体にカード決済が上がるでしょうからレジも早まります。

     

    又店側も現金を集計する際にも時間節約、或いは釣銭の用意も少なくて済みます。

    良い事が多いのにカード決済が進みません、何処か変です。

    店ではカードを作りませんかと言うアナウンスの店員がここのスーパーでも常時2人ほどいます。

     

    ですがカードを作ると500円貰えますよ、程度の話しかしないんです。

    カード決済するとレジに並ぶ時間が少なくなりイライラが解消されますとか他の面で説明するといいでしょう。

    又は現金が無い時だって買い物が出来る訳ですから、不足のお金を買い物前に銀行に行かなくてもいいわけです。

     

    振り込め詐欺に会う機会も少なくなるでしょう、カード決済を進めれば殆ど銀行に行くことが必要無くなります。

    銀行側も出し入れの時にかかる経費も節約出来るので経費面で助かります。

    カードを持っている人は相当いるのに使わないのが日本人の行動の様です。

     

    せめてスーパーの買い物はカードにして欲しいと願うレジの前です。

    | 苦言 | 09:33 | - | - | - | - |
    過大広告か?ドコモひかりテレビ
    0
      気温が低くなりますの予報に多少気を回して出かけましたが、何と暑くて大変でした。
      それは室内の事です。
      地下鉄でも暖房が入っていて、先ずそこからです。
      その後喫茶店に入っても暖房が、汗が出るくらいでした。
      そしてある場所でも暖房が効きすぎて気分が悪くなるくらいでした。

      どうも気温が下がると言う予報に全体が暖房を付ける行動を取ったせいでしょうか?
      なんとも不思議な現象に出くわしました。
      今日も早速出かけますが、要注意です。

      出かける理由はドコモショップに問いただす為です。
      広告ではひかりテレビ料金が1500円で50局見放題、しかし後程送られた契約書を見ると契約金額が2700円でした。
      勿論ルーターのレンタル料として500円の追加がありますが、それにしても違いが大き過ぎます。
      どんな説明なのか?興味深いところです。
      一方、50局と言いますが、番組表は50局無いんです。
      一体どう言う事かも正して来ます。

      先日も書いたかと思いますが、ドコモひかりに変更してください。
      そうすれば料金が多少安くなります。と言う事で変更。
      その後引っ越しして諸所の手続き中に光回線が無いから工事費をくれと言うのです。
      今時光回線が無い建物は有りません。
      と言っても、調べたら無いですの一点張り。
      実際にはちゃんと回線が有りました。

      要はドコモの成績を上げるために、いろんなことを包含しているのです。
      ですから分からないで営業している部分が多々有るようです。
      実際に役立つ事をしているのでしょうが、広げすぎで問題を起こしている様です。
      昨日家族もガラゲーからスマホに変える事にしました。
      しかし難しくて持て余しています。
      徐々に慣れるでしょうが時間がかかりそうです。
      変な話騙されているような気がするんです。
      今まででも十分だったのに!
      | 苦言 | 09:18 | comments(0) | - | - | - |
      豊かな日本語表現をメディア人は気配りして欲しい。
      0
        梅雨の季節らしくない最近の天気です。
        アジサイも折角の花が萎(しな)びて来た感じです。
        可愛そうです。

        やはり雨の時期はちゃんと雨が欲しいものです、そう植物が言いているような気がします。
        雨の雫(しずく)が花に、葉っぱに乗っかっている様は何とも言えないほど美しいです。
        それに太陽光が当たっていれば、七色に輝き、水晶のようです。

        「雨だれが 落ちてくる 窓の外の軒端(のきば)から 見ていると 綺麗だね 水晶のようだね」唱歌がありましたね。
        雨が水晶に変わる、何とも良い表現です。
        そう、日本語は含蓄・含みのある言葉が多いと思います。

        しかし、メディアの表現する日本語に面白みを見いだすことが出来ません。
        舛添知事の発言に対して、「内容が支離滅裂で耄碌(もうろく)しているんじゃない」とか、耄碌などの言葉が似合うんですがね。
        「腹蔵(ふくぞう)なく打ち明けて欲しい」とかも、いいじゃないですか。

        腹蔵とは「本心を隠して表に出さない事」です。
        一物の何かを隠しているのです。
        最近の一連の不祥事に関する発表は隠し通せるならば、そうしたい、と言う意識が見え隠れしています。

        決して、腹蔵のない説明など聞くことが出来ません。
        こうした言葉の選び方で、相手の気持ちを変化させることも出来ます。
        言葉は大事なインパクト(圧力とでもいいますか)が有ります。

        重圧を与えて、観念させることもいいじゃないですか。
        相手の弱みを追及するにも、通り一遍の言葉じゃなく、相手の心にグサッとくるような表現を考えてはどうでしょうかね。
        ともかく、メディアの言葉&文章は読者に共感を与えているとは到底思えません。

        ですから、小説(の文章)に戻ると、ああ日本語に巡り合えた、と安堵します。
        日々、メディアの言葉だけを目にしているスマホ人、日本語も日本文の良さを忘れてしまいますよ。
        第一に乱暴な言葉遣いが多いです。

        次いで文脈に繋がりを持たないで、羅列している感が有ります。
        文章から何かを想像させたり、考えさせることも有りません。
        知らない(むずかしい)漢字も平気で使います、外来語も多用です。

        結論は読み手側にたっていない、書き手主導です。
        書いてなんぼ(金銭)の世界なんでしょうかね、いい日本語を探して、求めて、書く心がけが大事です。
        それには、小説を読まねば、メディア人に小説を読むことを進めたいですね。
         
        | 苦言 | 08:58 | comments(0) | - | - | - |
        時の人、世間を騒然とさせる、それが日本の首都に。
        0
          空は真っ青で美しい、実に素晴らしい色合いです。
          しかし地上はとなると、北風が轟音と伴に吹き荒れています。
          この時期北風が吹くとは、狂い咲きの花のようです。

          近くの公園でカサブランカが見事に咲き始めました、ラッパを想像させます、花の茎をよく見ると枝から直角に横向きになっているのが分かります。
          花が大きいので曲がり(直角)の部分から切れて仕舞わないだろうかと、心配するほどです。

          そしてつぼみがいっぱい着いています、これからしばらくは咲き続けるでしょう、楽しみです。
          今、時の花はカサブランカ、では時の人はと言えば、知れたこと舛添の名前です。
          中々日本では聞くことが出来ない名字(みょうじ)です。

          毎日報道されるこの名字が世間を騒がせています。
          何をしたか、それさえも分からないで、騒がれているのですから、不思議なもんです。
          清原も同時に騒がれていますが、こちらはちゃんとした犯罪者ですから、原因がはっきりしています。

          しかし都知事が何をしたのか、何故「時の人」なのか、昨日の所信表明演説でも分かりません。
          即ち、白黒の中間色なんでしょうか、灰色とも言います、鼠色とも言います。
          中間色は目立ちませんし、人を引きつける力も弱いです。

          でもこれほど世間を騒がせているんですから、強烈な真紅ではないかと、真紅のバラは誰でも好きです。
          しかしこの真紅は何でしょうかね、血の色でしょうかね。
          血税と言う言葉が有ります。

          我々老人都民は年金で生活しています、その中から血のでるような税金を払っています、真紅のお金です。
          その中から、都知事は毎月145万6千円もらいます、ボーナスは12月に418万円、6月に380万円、そして別に手当がついて、合計2900万円が年間支払われます。
          その原資は我々の血税です。

          しかしこれだけを税金からもらっても、まだ足りないとばかりに、今度は国からもらう政治に必要なお金を利用しようとしたんです。
          この政治資金も税金です。
          税金を無限に自分のものにしようとする考えは政治家で有れば簡単に出来るんでしょうか。

          ファーストクラスを使って海外へ行く、いいじゃないですか。
          重要な知事の立場で、しかしスイートルームはいけませんね。
          会合をするんならば、ホテルにいくらでも会議場が有ります。

          私利私欲から来ているのか、泊まってみたかったのか、子供じみた感覚なんでしょうか。
          結局騒がれている内容がさっぱりはっきりしません。
          悪いことをしたのか、別に許される範囲のことなのか、判断できないでいます。

          安倍首相は何にも所見を述べません、見て見ぬふりをしています。
          一国の首都で起きている騒ぎを鎮めるにはどうするのか、安倍さんが一言有ってもいいんじゃないですか。
          政治家は他人の不祥事に首を突っ込まない、と言う不文律があるんでしょうかね。

          その点、下村議員(衆議院・都出身)はちゃんと自分の意見を言って、辞めざるを得ないと。
          そうこなくっちゃね。
          今現在、灰色で騒いているだけの余裕などない経済状態、都内では若い奥方が働かないとやっていけない、そんな経済環境の中で、保育園の不足を解消することが先決です。

          しかし美術館を見て廻って、保育園を作ることに役立つでしょうかね。
          こんな皮肉も出て来ます。
          ともかく、早急に騒ぎをお終(しま)いにする、その為に辞職する、これしか無いですよ。

          その後のことなど、どうにでもなりますから、臨機応変に進めればいいだけのこと。
          舛添と言う名字を報道から削除すべきです、お気に入りに入れる必要は有りません。
          どんな報道記事を見たって解決策など書かれていません。

          無駄な報道ばかり、しかし騒ぎに対して一応は目を通すますが、くだらない、の一言です。
          ここ東京は首都ですよ、そこでスキャンダラスな騒ぎは早々に止めて欲しい、これが都民の国民の願いです。
          離婚を繰り返した人のようですが、都庁から離婚を突きつけましょうかね。
          | 苦言 | 08:49 | comments(0) | - | - | - |
          意味不明の文章が多いインターネットイの記事、主語の欠落。
          0
            冬型の天気、太平洋側の晴天が続きます。
            ただし、昨日の昼頃の湿度は25%程度で、カラッカラに乾いています。
            ​もし火事でも起きたら、大惨事になりかねません、江戸の大火はこうした冬に起きたんでしょう。

            毎朝インターネットでニュースなどを見ています。
            msnや朝日新聞、日経新聞電子版ですが、とても理解しにくい記事が多いですね。
            今朝も朝日新聞ですが、​文章に主語が無いので、誰がどうしたのか訳が分からないのです。
            書いている本人は頭の中で解釈出来ているのでしょうが、読んでいる方はチンプンカンプンです。
             
            文の前に戻って、この人が主語で、そのことかと、しかしつじつまが合わないので、どうも分からない、となります。
            よくも、そんな難解な文章を載せるものだと、不快感を持ちます。
            内容はそれほどの重要なものじゃないもので、単純に誰がどうした、と箇条書きにすればいいのです。
             
            長々と訳の分からない文章ほど読みにくいものは有りません。
            記者が相当に頭がいいのか、悪いのか、判断に困りますが、中学生が理解できる程度の表現力で十分かと思うのです。
            先ずは文章のはじめに、主語(主人)を置くこと、これが大切なんですが、主人が誰なのか推理させる文章は受験の時だけでいいのです。
             
            ちょっと逸(そ)れますが、昨夜カナダ・トロントの街並みを紹介する放送が有りました。
            一部分しか見ませんでしたが、住民が自然体に生きているように感じました。
            移民者も多くいるようで、その方々は街(トロント)に溶け込んでいる、とても幸せな感じなんです。
             
            ここ以外にこんなにいい処はない、移民のおばあさんが言ってました。
            街並みの道路を注意して見ることにしているんですが、単純そのもの、中央線の白線があるだけ、ごてごてと「停止線」やら、「止まれ」やら、「T」字路とか、有りません。
             
            横断歩道の表示も有ったり無かったり、いいですよ。
            日本の道路は落書きのように、うるさいほど表示しています。
            そこにかかる(道路標示専門業者へ)お金は大変なもんでしょう、ここは住宅街、車の通過は非常に少ない、しかし小さな道でももういっぱい表示されています。
             
            馬鹿な行政ですよ。
            一方、お店なんですが、皆個性があるんです、日本はどこに行っても、同じようなコンビニ、ファーストフード、ドラッグストア等々、個性なんか有りません。
            日本は個性を持つ個人の店はつぶれてしまうのですから、何とも味気ない風景です。
             
            もう一つ大事な事は街を美しく見せる、その意識が違います。
            トロントは看板がとても少ないのです、日本はともかく看板だらけ、それもマチマチ、何の統一性も無いし、自由勝手に、人の迷惑顧みずです。
             
            はたまた、規制など無視して道路(歩道)に看板やらのぼり(フラッグ)やら、ともかく外国人がみたら、驚きでしょうね。
            東洋風と言えばそれまでですが、日本が先進国と自負しているのであれば、そろそろ人の社会を大事にする雰囲気が欲しいものです。
            競争社会、それだけでしょうか、ゆったりとお茶(こーひー)を飲むところも欲しいのもです。
            そこは個性豊かな個人の店がいいのです。
             
            日本人はどこかに欠陥を背負っている気がします。
            原因は欧米化のせいでしょう、しかしそれは間違った欧米化であって、欧米は個性的なものを大事にしていると思うのです。
            日本人は本来美しい四季を愛(め)で、美しさに神経を使った人種だと思うのです。
            しかし日本は乱雑な世になっている現代、文章も雑なものになって、意味不明な文章がまかり通っているのです。
             
            それほどスピードを上げる必要も無く、じっくりと思慮深くなってもらいたい、それが今朝の感想です。
            こんなにいい天気なのに、個性豊かな喫茶店がごく最近店じまいしてしまったんで、行くところを探さねばなりません。
            豊かさ、それは個性的、そのことです。
            | 苦言 | 08:49 | comments(0) | - | - | - |
            又消えてしまいました。
            0
              今日はもう書けません。
              2回もブログ投稿記事が消えました。

              せっかく書いた、努力が一瞬で無くなってしまいます。
              パソコンの問題よりも、通信の不具合で起きるものです。

              どうもこの地域の通信状況が悪いのでしょうか。
              しばらく、休息した方がいいのかどうか、しかし今日で2194回目になりますから、続けたい気がします。

              先ほど途中まで書いた内容が発明とか改善とかの思いについてでしたが、それは後日にします。
              又消えては困りますので、この辺で終わります。
               
              | 苦言 | 10:05 | comments(0) | - | - | - |
              侵害に注意が必要です。
              0
                何となく春めいた気分が感じられます。
                気温とかはまだまだですが、気持ちが春を呼んでいるのかも知れません。
                気の早い人、そう言われそうですがルンルンの思いが有ります。

                そう、今年小学校に入学する子供たちもきっとそんな気分に浸っているでしょう。
                ランドセルを何回も背負って、家じゅうを歩き回っている、そんな風景が目に浮かびます。
                春が待ち遠しい、誰も同じ思いです。

                そんな春っぽい気分になっている時に、しつっこい電話がかかって来るんです。
                今では携帯電話、非常に便利ですが、この問題点は相手かまわずに、相手への思いやりなど無く、自分の意志だけで行動を起こすことが多いかも知れません。
                こちらはその相手と話もしたくないのに、相手はそんな気持ちなど無視してかけて来るんです。

                なんとも迷惑千万です。
                迷惑と言う意識が無いんですね。
                その人の情報を得たいがために、それだけのことです。
                個人情報を大切に、現代はそうした気配りをするのが常識ですが、老人になるとそうしたことに無頓着になります。

                もう閉口しています。
                勝手な行動、相手かまわずの行動、これが現代の携帯電話です。
                持っていてもそれほど必要性が無いので、止めようかとも思っています。
                携帯電話が無かった時代に戻っても何ら問題は無いとも、そう考えています。

                我々の時代は50歳過ぎぐらいから持ち始めたような記憶です。
                それまでは公衆電話でしたが、連絡が必要のときなどそれでも十分に間に合ってました。
                しかし現代は携帯電話じゃないと、対応が十分に出来ないと、そう思い込んでいます。
                そう慣らされています。

                急ぎなどそれほどないのに、兎も角セッカチな行動が現代です。
                そんなに急いでどこに行くの、言いたいですね。
                | 苦言 | 09:53 | comments(0) | - | - | - |