RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

02
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
--
>>
<<
--

自然の豊かさを心の泉に

地球上の大自然は素晴らしい。その豊かさに抱かれて。
クリスマスソングと一年
0

    2017年の11月も本日で終了いよいよカレンダーの最後の一枚に突入です。

    曇り空ですが朝方は気温が高く寒さを感じませんでした。

    春っぽい生暖かさが肌を撫でてました。

     

    この冬は寒さが厳しいのか今のところ予想が困難です。

    さて今年も残り僅かになったのですが一年を振り返ってみる時期です。

    よくよく考えてみると意外にいろんな事がありました。

     

    結局忙しい一年で有ったのです。

    ユーチューブ音楽のクリスマスソングを聞きながら一年を思い起こしています。

    それにしてもクリスマスソングはいろんな歌が有るのですね。

     

    ジングルベルとか聖夜とか数曲しか知りませんでしたがとても多くて聞いたことが無い曲が圧倒的です。

    確かにクリスマスソングのレコード・CDを買ったことが無いから知らないもの当然でしょうか。

    先ずはクリスマスそれ自体デコレーションケーキで終わってますからね。

     

    こうして日々に余裕が出て来るとクリスマスとは何かなど考えて見たくなりますがそもそもキリストの誕生祝いなのでしょうからピンと来ないです。

    キリスト教の聖書も読んだこともなければ礼拝堂に行って説教を聞いたことも無い、それなのにクリスマスソングだけは聞くのです。

    と言うか聞こえてくる方が正しいかも街のスピーカーから。

     

    それは兎も角年末イコールクリスマスソングです。

    それが目覚ましのベルになって今年はどうだったかを思い出させます。

    世界情勢も不安材料が多くなって来たようにも感じます。

     

    北の脅威は数日前のICBMで明らかになって来ました。

    日本人はもっと緊張感を持たねばならないのに安閑としているような気がします。

    最も近い地域に有る日本の国民は何ら危険と言う認識が有りません。

     

    弾道ミサイルがどんなものかも知りません。

    何故、北で開発にあれだけ力を入れているかも知りません。

    昔のヒトラーを思わせる様な熱狂的な群衆・軍人の様子が恐ろしく移るのですが近隣国の日本はこのままで良いのかどうか疑問です。

     

    今時戦争など起きないだろうと思う、これが日本人の殆どの考えでしょう。

    確かに戦争など起こすこと自体ばかげた行為で有るけども現実の過去はその馬鹿げたことをやって来た。

    激変が怖いと何処かにその恐怖を持っていた方がいいのではと思う。

     

    自然災害と違って戦争は予測・測定できるでしょうがしかし準備不足も考えられます。

    気持ちだけでも戦争の準備をしておきたいがでは何をと言う内容が分からない。

    地震であれば家具が倒れないような対策をしますが戦争は何を用意すればいいのか。

     

    政府が率先してこんな準備をしなさいとは言いにくいでしょう、とすればどこでどう教えるのか難問です。

    漫画風に風刺風になんとなく戦争とはこんなものだからこんな心構えが必要だとか作るのもどうかとも思う。

    実際に戦争と言うものは起きてから右往左往するものだろうか。

     

    もう戦争体験者(軍人)は極々僅かで未体験者がどうするか考えねばならない。

    困ったことだが今年の終わりに近付いので何らかの考えをまとめて見たいが経験のない未知の事だからこれまた難しい。

    今年は難問を抱えてしまった感がして年末もクリスマスソングもウキウキになれないのです。

     

    | 確定 | 09:39 | - | - | - | - |
    三つ子の魂百まで
    0
      近くの公園の桜が開花しました。
      確かに五輪程ですが、開花宣言出来ます。
      満開まで少し時間がかかりそうですが、やれやれここまで来たかと安堵してます。
      地上ではタンポポが芽を出して来ました。
      花壇には色とりどりの花が咲いています。

      植物が一番春を待って居たのかもしれません。
      野鳥も多いですが、地上を嘴で突いているんです、何を探しているかと思って見てますとどうやらミミズのようです。
      たまに見つけたミミズを食べている様子がみえます。

      三つ子の魂百までと言いますが、本当に性格は変わりませんね。
      無口な人は雄弁家になる事もなく、雄弁家が無口になる事も有りません。
      整理整頓をする人は常に気にしてます。
      一方逆の人は散らかって居ても平気です。

      綺麗にしないと気にかかって仕舞うのですが、汚い状態に慣れる人は清掃と言う事を知りません。
      この事が社会を混乱させる原因になっているような気がします。
      皆が同じ教育を受けて大人になりますが、大人の行動、言動が「三つ子の魂百まで」の影響が出るのでしょうか。

      悪徳を根底の持った人は百まで悪徳から解放されないのでしょう。
      魂とは具体的に見えるものじゃ無いかも知れませんが、現実に存在しています。
      入魂と言う事もよく聞きます。
      人は最初から入魂されてます。
      それがそれぞれ違った入魂です。
      正しい入魂が普通ですが、やはり間違いも有るのでしょうか?人の行いですから。

      親のせいにする子供、これが子供の言い分です。
      そうかも、三つ子の時は自分と言うものの存在を知る由もありません。
      結局は育てた親の責任か?と。
      子育ては重要かつ将来の子供の全てです。
      保育園に預けて子育てを他人に任せる、将来の子供の全てをです。
      何処かに不自然さを感じてしまうのです。
      子供の自然な行動を見ていると素直に育って欲しいと願うものです。
      どこでどう間違うのか悪を悪と思わなくなる方向に行って仕舞う。
      これも三つ子の魂百までの諺に当てはまるのでしょうか?

      どの様に育てられたか、そこを調べた上で候補者選びも一つの選択技かと感じる最近の政治家群です。
      | 確定 | 09:09 | comments(0) | - | - | - |
      時間が来れば、結論が出る、紆余曲折が有っても。
      0
        晴天域から曇りがちな天空に変わって来ました。
        やはり冬型の天気図から春型に移行した為でしょうか。
        これからしばらくは複雑な天気図になるでしょう。

        花粉はまだ大量に飛んでいないと見えて、苦痛までは感じません、鼻水が落ちる程度です。
        春霞もそろそろ出て来ましょうか、一日一日春が近づきます。

        新一年生ももう我慢できないんじゃないかな、ランドセルを何回も背負って見ているかね。
        私立だと指定の制服を作って、おしゃれしているかな。
        春は人々を楽しくさせてくれます、苦労を忘れさせます。

        そうして時間が寒さの冬から春へと誘います。
        そうです、時間が全てを解決してくれるのです。
        シャープもいよいよ結論を出す時期に来ました、その間ずいぶん騒がれましたが、結局落ちつくところに導かれます。

        台湾の会社に身売りする訳で、日本の大手企業では珍しいことかも知れません。
        それも日本で得意としている電器産業で、そうか得意としていたのは過去の話で、今では不得手の分野でしょうかね。
        高度成長時代に活躍した我々は家電と言えば、先ずテレビでしたか、それから冷蔵庫、炊飯器、電気ポット、レコードプレヤー・コンポ等々ともかくいっぱい買い込んだもんです。

        どこの家電メーカーも工場増設・新設等で大変なことでした。
        松下も東芝も日立も、そして後発のシャープや三洋電機も、ともかく拡大の一途でした。
        その後、バブルが弾けて消費も落ち込み、各社は急速に窮地に立たされてしまった。

        日本は同業会社が多すぎる傾向です。
        家電も自動車もともかくメーカーが多いです、国内で競争、しのぎを削って消耗戦になってしまいます。
        日本代表が多すぎたんですね。

        その点、海外は何となく整理されているような気がします、米国ならGE(ゼネラルエレクトリック)しか知りませんし、欧州ならどこでしょうかね、直ぐに思い出せないです。
        日本は海外に輸出しない限り企業の発展は無いでしょうが、過剰の企業群が競争するんですから、厳しすぎます。

        もうちょっと整理整頓された企業構造が欲しい気がします。
        韓国なら財閥でしょうか、大手企業が牛耳っているようですから、国内競争に翻弄されずに海外へシフトできているかに見えます。
        日本の企業は今や疲弊した老化現象を起こしています。

        サプリメントが必要なのかも知れません、体力をつけるために、疲れを取るために、栄養不足を補うために、健康体へ変革しなければなりません。
        ついに疲れ切って、海外企業へ身投げ、シャープの選択は情けない日本企業でした。
        外部から見たら、我々の成長しか知らない世代から見たら、自殺行為です。

        三洋電機のように分離して消滅した方が日本人としてすっき感を覚えます。
        台湾の企業が巨大でろうが、日本的な思想を持たない企業の経営になるわけで、混乱を極めるでしょう。
        何分信用面で大丈夫かと、そう思わせます。

        時間が来たので結論を出す、これが一般的な流れです。
        どんな状態でも時間が来れば結果がでます、今度の参議院選挙も投票日が来れば、当落が決着するんです。
        民主党・維新が併合しようがどうしようが、経過はどうあれ、数か月後は一喜一憂になるんです。

        時間の恐ろしさとも言えます。
        経過に苦しむ、これが人の世なんです、苦しまなくても時間が解決するのに、異常なほど苦しむんですね。
        それほどの良策など浮かばないのに、一生懸命に夜も熟睡することが出来ないほど苦慮するんです。

        しかし過去になったときの、何とも重荷をおろした気分になって、軽い自分に気づくはずです。
        そして、何であんなに悩んだんだろうかって、必ず思うでしょう。
        生涯、あの苦労は一時期だったんだと思い返されるでしょう、時間が解決したんだと、そう思うでしょう。

        熟慮したところで、永遠に最良をつかむことなどないはずです。
        最良の上に、又最良が有るんですから、苦慮は必要ないのかも知れません。
        良いことも、悪いことも、全てが時間で消し去られるもんです。

        時間、それは過去を作る道具です。
        | 確定 | 09:24 | comments(0) | - | - | - |
        年末に近づいて日本一がだんだん出てきます。
        0
          良い天気が続き、行楽するのにいい条件です。
          しかし紅葉が平地ではいまいち、困ったものです。
          東北の山並みはどうだったんでしょうか、もう雪景色へと移行したでしょうかね。
           
          行楽、旅行、これは嬉しいものです。
          この時期温泉で温まるのもいいです。
          年末の慌ただしい時期に、のんびりと湯につかることが出来たら、極楽ですよね。
          中々できません、しかし温泉地の方々は一年中極楽なんでしょう、うらやましい限りです。
           
          今年の日本一が、ゴルフでは男女とも決まったとか、残念ながらどちらも賞金王は韓国人に決まったようです。
          特に女子は5位まですべて韓国・台湾人です、日本人は下手なんでしょうかね。
          何百人いるか分かりませんが、プロになっても中々賞金を稼ぐところまで行けないで、苦労している人が圧倒的に多いことがこうした結果から分かります。
           
          何故日本の舞台で優勝できないんでしょかね、何故韓国人や外人が優勝するのでしょうかね。
          今年の女子のメジャー大会(4回)で日本人の優勝者がいなかったといいます。
          これではテレビもみたいとも思いません、いつも韓国人が上位にいるのでね。
           
          プロの世界は大変な努力が必要なんでしょうが、精神的な面でも強さがなければ最後のところで勝ちをもぎとれない、そうなんでしょう。
          日本一になりたい、その強烈な意欲が全てなんじゃないかと、ある程度の賞金をもらえれば、先ずは生活に支障が無い、程度の意識では駄目でしょうね。
           
          日本人よ、頑張ってほしいものです。
          他にもこれからいろんな面で日本一が発表されると思いますが、日本人は負けないで欲しいです。
          羽生の世界一を聴くと、日本人やったね、とみんなが嬉しくなります。
           
          こうも世の中が暗きニュースに覆われてしまっている時に、嬉しい話が欲しいものです。
          日本人が頑張っている姿に微笑みたい気分です。
           
          日本一バンザイ\(^o^)/
          | 確定 | 10:20 | comments(0) | - | - | - |
          今年はどうだった、思う時期に来ました。
          0
            今日は11度と寒い一日になります。
            これから気温が下がるようですから、普段と違う気象です。
            大気・寒気の影響でしょうが、乱れているような気がします。
             
            風邪に要注意です、インフルエンザの予防注射をいた方がいいでしょうかね、過去に1度だけ打ちましたが、その年は風邪をひきました。
            ですから、その後予防接種は受けていません。
            風邪を引いても比較的軽くおさまるので、今年も打つのをやめましょう。
            そろそろ今年はどうだったかな、って思う時期です。
             
            世間は本当に騒がしいことが多かった。
            しかし直接関係するものが無かった分、幸せだったと言う気がします。
            被害を受けた、その方々はとても辛い一年だったろうし、正月を迎えるのもいつもと違う、とても寂しい気持ちでしょう。
             
            普段の、いつもの通り、これが一番喜ばしいことです。
            健康も普段の生活さえできていれば、十分です、サプリメントを飲んで、元気はつらつにならなくたって、いいじゃないですか。
            普段の姿、自然はすべてが普段のままです。
             
            木々は今着飾っていますが、それもいつもの通り、美しい色とりどりの、思うがままの、そんな紅葉に見とれてしまいます。
            近所の公園(平和公園)の銀杏が真っ黄色に輝きはじめました、遅かったね、と話しかけましたが、銀杏は普段通りよ、って言ってました。
            平和感を受けます。
             
            事件が何故こんなにも多いのか、殺傷も多いし、詐欺的なことだって無限にあるような感じです。
            際限のない、これが悪の世界かんでしょうか、悪を撲滅できない、この世の定めでしょうか。
            嘘は泥棒の始まり。と言うように、嘘からどんどんエスカレートして悪が本格化しているのでしょう。
             
            偽装が先ず嘘の始まりで、その後に控えている悪はどんなものか、表ざたされない、しかし恐ろしいことになってしまう。
            利害の世、これは今始まったことではなく、戦(いくさ)時代でも、どちらにつけば将来自分の立場が良くなるか、そんな利害関係で敵味方に分かれたとか、関ケ原の戦い。
             
            いや、今一瞬びっくりでした、画面が消えてしまたんです、またまたブログが消えたかと、しかし上部の欄に有ったでの助かりました。
            そんなこんなで、今年一年をじっくりと見直してみたい気分です。
            幸い寒い一日、一月からブログを読みなおしてみようかと、それなりに事件は追っかけていたので、思い出すことになるでしょうかね。
             
            それにしても、炬燵が欲しいですよ、まだ用意していないんです。
            | 確定 | 10:04 | comments(0) | - | - | - |
            実感、体験の後に得られるものです。
            0
              まだ真夏になっていないのでしょう。
              蝉の声が聞こえてきません。
              7月も半ばになりました、もうそろそろ梅雨明けになり、ミンミンミンと騒がしくなってくるはずです。

              しかし今年はエルニューニョ現象が発生しているとか、冷夏の恐れあり、そんな話も聞きます。
              どうなるのか、この先は来てみないと実感できないところです。
              予想は予想、実感は予想段階では得られないものです。

              しかし記事の中には予想も結構多いですね。
              即ち見通しがこうなる、あうなる、確実にその方向に行く、などなど評論することの多さ、ま、楽しく読んでいますがね。
              結果が違ったって、どうってことのない内容が多いですから。

              しかし書いている内容は実に本当にそうなるのかも、そんな迫力のものも有ります。
              ですが、結果が出てしまえば、それほどのものではなく、実感としては平凡なものが多いです。
              結局、この世の出来事は平凡の積み重ねでしょうかね。

              平凡でないく、異変になれば、それは大変なことになり、場合によってはパニックにもなります。
              ですから平凡が幸せの根拠かも知れません。
              人はこの平凡さから抜け出し、異質のものを探そうともがきます。

              イノベーションとか、改革とか、今までの平凡さを壊して、新たなものへ挑戦しようと言う気構えが有ります。
              ですが、結果が得られれば、それは古臭くなり、次へのステップを探します。
              ラジオが世に出た時に、メデアの最新でした、これほどのメデアに驚嘆した人々がいっぱいいたのです。

              しかし、今はどうでしょう、ラジオを聞くのは車の運転中、いやもう車もテレビを見ている時代になり、ラジオの存在感はどこにいったのでしょうか。
              ラジオから肉声が聞こえた時の驚きの実感、その実感が過去のものになって、感動も無くなります。

              人はこうして実感の感動を得ようと模索しています。
              しかし、良い事だけでは有りません、台風が通過した処では相当にひどい状況になっていることでしょう、その実感は感激するものではなく、苦痛になります。

              いろんな実感の連続を体験し、人は生きているのですかね。
              平凡に何も感動せずに、体験もせずに、それほどの実感も感じないで過ごすことになれば、痴呆症になってしまうのでしょうか。
              ともかく、何かを求めて、大それたものでは無くても、変化していることに満足するのかも知れません。

              その点人間以外の動物は変化を求めていないのでしょう、何時ものように餌を求めて公園を飛び回っている鳩を見ていると、平和観を感じます。
              平和に変化は必要ないものでしょうかね。
               
              | 確定 | 09:22 | comments(0) | - | - | - |
              結果が出る、これが現実の事実、この世の常。
              0
                台風の影響でしょうか、曇り空です。
                今頃小笠原付近を通過中とか、暴風雨に悩まされていることでしょう。
                ご注意ください。

                さて、米国の議会も選挙結果が出て、両党ともその結果に一喜一憂していることでしょう。
                選挙に投入するエネルギーは相当なものでしょうから、終わってほっと一息といったところでしょうか。
                勝っても負けてもその結果に従わねばなりません。
                どちらもその後は辛い人生が待っているんでしょう。

                勝てば責任重大、負ければただの人、政治の世界は分からないことだらけです。
                オバマもこれからが試練の連続でしょう。
                こうした結果が最初の大統領就任時に考えたでしょうか。
                順調な未来しか無かったのではないかと、しかし未来の予測ほど分からないものは有りません。

                確定した後、残り2年間のオバマは今何を考えているんでしょうかね。
                機能不全に陥った米国政治とメデアで言われ始めたそうです。
                過酷な表現です、日本ではそういう表現はするでしょうか。
                しかし結果が出ると、メデアも一般市民も冷たく見てしまいます。

                冷たい風はこの秋にふさわしいとも言えますが、世間の風は暖かい方がいいに決まっています。
                米国の今後、これは日本の政治にも影響が出るでしょうね。
                しかしですよ、株が過去最高値になったと言います。
                政治と経済はかけ離れたものなのでしょうか。

                機能不全の政治に対して、経済は順風とは、どこか違和感が有ります。
                株の暴落が無ければいいのですが、これも未来のこと、誰にも分からない分野でしょう。
                結果、それは恐ろしい現象です。
                しかし結果は常の事、その結果に従順にならねばなりません。

                先日MRI検査を行いました、その結果が本日言い渡されます。
                既に結果は出ています。
                恐ろしいやら、気分が複雑です。
                ま、午後には分かること、それに従わねばなりません。
                受け入れます。
                | 確定 | 08:41 | comments(0) | - | - | - |