RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

自然の豊かさを心の泉に

地球上の大自然は素晴らしい。その豊かさに抱かれて。
友とコーヒータイム No 3894
0
    快晴の空に小さな雲が浮いています。
    あの雲になれたらと、のんちゃん雲に乗るを思い浮かべました。
    静かにゆったりと世界を見渡して濁った人間社会を皮肉っているのでしょう。

    これから友人とコーヒータイムで外出になります。
    友人はいつも早い時間に電話予約して来るんですよ。
    友人とは言っても先輩もう80歳は過ぎていますがとてもお元気で励まされます。

    話など特別なサプライズも無く過ごすのですが何となく一定期間が過ぎると連絡が入ります。
    人の関係とはそう言ったもんでしょうかね。
    結びつき等細い糸でも宜しい様です。
    糸が切れなければ良いのです

    タコ糸の様に頑丈にすれば今度は気になって何してるかと心配になります。
    そう言う人も居ますがその友人とは数日に一回はメールを入れてます。
    矢張り気になります。
    細い糸か太い糸かどちらがいいのか分かりませんが友はあった方が有難いものです。

    何かと刺激を受ける事になるのでしょう、外を歩いていても他人から刺激等受けませんからね。
    そうですよね、殆どと言っても良い程他人です。
    しかし人間なんですよ。
    不思議ですね。

    家のエレベーターではちょいちょい同乗者に話を掛けます。
    主に子連れの女性に対して、すると素直な反応が有ります。
    そうなんですよ、皆素直なんです。
    園児達が騒ぎ回ってますが素直だからこそ元気なのです。

    これが腹に一物の何かしかを持っていたらあんなに大声で話など出来ないでしょう。
    井戸端会議などはそうした一物を持った人たちの会話ですから、こそこそ話になってます。
    それも大人の会話と捉えると結構面白く可笑しいものです。

    友とは他人では無い事、これが最大の特徴でしょうかね。
    友を大事に!
    | 平穏 | 09:02 | - | - | - | - |
    元年も最後の詰め No 3858
    0
      毎日暖かいですからとても助かります。
      朝起きも楽ですし外出も気になりません。
      ビジネスの方は今年も残り今週だけでしょう。
      来週は大掃除やら挨拶回りやら仕事になりませんね。

      ですけど商店街はこれから年末までが掻き入れ時です。
      クリスマスがあり、正月を迎える準備の品をたくさん売りたいでしょう。
      ここはスーパー2つと若干の専門店が有るだけでいわゆる商店街は有りません。

      ですからジングルベルの曲も流れて無いですから季節感が無い感じです。
      並んでいる商品はこの時期靴の中にギッシリいろんな物を入れて売ってます。
      これを見て子供達はクリスマスと感じ取るのでしょうかね。

      ともあれ消費が減退しているようですから商店主も気が気じゃないでしょう。
      老人組も年金が入って来て年越す準備にかかってます。
      年々正月らしさが無くなって来ましたね。
      門松などは見かけませんし、家の玄関の飾り物も付けなくなったし。
      商店街は貼り紙で正月の挨拶をするだけです。

      これも時代の流れが変わったもので良いのかどうか分かりません。
      残り二週間で少し頑張って何かの成果を出したいです。
      功績を作っても来年は桜の見る会が無いので、そこまではやる必要も無いかね。
      年末を意識して過ごす事にします。
      | 平穏 | 10:23 | - | - | - | - |
      夢見る少女 男も見るけどNo 3707
      0
        やっと冷え込みから解放された感じですが蒸し暑さに閉口しています。
        北風から一転南風に変わった為ですか。
        北海道に有った低気圧は消えてしまったのでしょうか。
        それにしても大気と言うものは掴み所がない程大暴れです。

        メキシコ湾でも大気が渦巻きハリケーンになるのではと、勝手に膨れ上がる気象には困りものです。
        それも決まって災害を出す所があるのですから、不公平です。
        地球全体を見渡せば雨の降る所、全く乾燥してしまっている所に分かれてしまっています。
        機会均等にならないのが地球の大気でしょうか。

        儚さ、この漢字をよく見るとニンベンに夢です。
        人が見る夢とは儚いものなんですかね。
        夢見る少女と言いますが、少女だけじゃなく誰でも見ます。
        しかし夢の世界は儚いものなんですか。
        現実と違うものですが、時には夢の様になって欲しいと思う事も有ります。

        一方夢を描くとも言います。
        夢物語も有ります。
        夢を見てるんじゃ無いの?って言われる事も有ります。
        どれを取っても儚い世界なんです。
        外交もそうした夢物語なのでしょうか。

        韓国では日本語を排除しようと教育関係者が訴えている様です。
        戦争中の日本が英語を使わせなかった様なもですかね。
        野球でストライクを「いい球」一つと表現したとか。

        可笑しな事ですが実際に有った事です。
        韓国も戦争を始めようとしているのかどうか?
        それとも悪夢を見てるのかどうか?
        現実は厳しくても楽しい夢を見て将来に期待した方が良いのでは。

        夢は五臓の煩いと言うとか、韓国もあちこち疲弊しているから夢で誤魔化そうとしてるのかな。
        何処へ行くつくのか、目的地はどんな光景が待っているのか?

        見えない夢に儚さも有りません。
        隣人を愛する、クリスチャンが使う言葉でしょう、韓国はクリスチャンが多いですから、この言葉を実行してはどうなの?
        隣人不信が事をこじらせる元凶です。
        信頼が著しく損なわれた、この言葉が出てしまうと友好も喪失します。
        現状の日韓関係は夢なのか、現実なのか?
        夢を見た少女にどう映っているのか?
        | 平穏 | 09:58 | - | - | - | - |
        梅雨入りかも、園児は遠足 No3671
        0

          今にも雨が落ちて来そうな空の色、鉛色って言うのでしょうか。

          予報ではそろそろ落ちて来る時間ですが、まだ園児たちは外で遊んでますから大丈夫そうです。

          その園児の中で20名ほどが遠足に早々と出かけてい来ました。

           

          年長組なんでしょうか、引率の先生方も大変でしょうが頑張って貰いたいですね。

          どうやら近くの遊園地に行ったかも、有名な豊島園が車で15分ぐらいの所にあります。

          リュックサックを背負って弁当が入っているんでしょうか、母親の心のこもった弁当でしょう。

           

          ただ気になるのが雨です、折角の遠足ですから雨は夕方にしてあげて欲しいですね、天に願うだけです。

          まだ梅雨入りして無いと思うのでなんとか帰って来るまで鉛雲のままでいて欲しい。

          園児たちもこうして園内から外の景色を見て知り、少しずつ世間を見て何かを感じるでしょう。

           

          一歩人間社会に足を突っ込んだのかも。

          これからこの社会がどんなに厳しいか、風当たりが凄いか、を知って分かって行くんです。

          人の社会、集団はもっと優しく、温和であれば良いのですが、実に暴風雨の中で生きているような感覚も無いとは言えません。

           

          順風満帆で生き抜く事など不可能です、紆余曲折試練の連続かも知れません。

          特に受験地獄に嵌ったら塾通いで小学校に入ってから大学入試まで、長い間塾が勉強の基軸になってしまいます。

          一方ではスポーツ方面に向かって小さなころからゴルフのスイングやテニスのラケット振り、卓球の練習スケート場へと、多種多様な方向もあります。

           

          又棋士として才能が認められ天才的な能力を発揮する場合もあります。

          どんな人生かは天運に従うのでしょうけど、努力と言う事も天が方向を指示しているんでしょうかね。

          ともかく、そんなこんなで園児たちは未来に向かって遠足を楽しむ事でしょう、梅雨入りはちょっと待ってあげてください。

          | 平穏 | 09:53 | - | - | - | - |
          久しぶりのパソコン No3667
          0

            雲の多い気候になって来ましたので、そろそろ梅雨入りでしょうか。

            湿度も部屋の中で55%になっています。

            アジサイも咲き始めましたし、6月にも入ったことから梅雨もいいかもね。

             

            温暖化の影響が何処かしこで現れているようですが梅雨入りは温暖化と関係があるのかどうか。

            今日は久々にパソコンでブログを書いています。

            やっぱりスマホのタブレットの方がサクサク感は有りますが、それでもパソコンのキーボードも懐かしくなって使って見ようと思った次第です。

             

            今日は非常に順調な変換が出来ていてトラブってません。

            これならばパソコンでもいいのですが、これがパソコンも気分屋で動かなくなったらどうにもなりません。

            子供が駄々をこねるようなもんです、にっちもさっちも(二進も三進も)ならないんですからね。

             

            今のところ順調なのでこの辺で終わりにすれば今日は満足したことになりますが、まだ何となく物足りない気がします。

            昨日も暇の使い方教室を考えましたが実に深刻に考えねばならないと思うのです。

            漫然と時間を過ごしている事がどれ程無駄なのか。

             

            多忙な現役社会人を手助け出来ればいいのですが、引退してしまうと全く関りが無くなってしまい会社訪問すらしません。

            これが人間社会の普通の姿でしょうから、引退後は別の社会を作らねばならないのでしょう。

            この地域でも月曜日かな、コーヒー100円の集まる部屋が用意されています、もちろん誰でも入れるのですが外から見た範囲では老人一色です。

             

            どうもそうした場があまり好きじゃないので遠慮してますが、行って見て経験することも必要かなとも考えもしています。

            友人を今更作ることも何となく鬱陶しい気分なんです。

            一人の生活が如何にも自由で束縛が無いことを長い間過ごして来ましたんで、それを壊す事が出来ないんです。

             

            ですから、自分中心に自分の気分次第が一番いいです。

            そんな訳でこの先も勝手気ままに過ごす事になりそうです、ただ暇を何とか有効にしたい気は消えません。

            | 平穏 | 09:52 | - | - | - | - |
            待つことの多い事 No3635
            0

              連休の2日目、絶好調の天候で行楽地は大変な盛況でしょう。

              野外での遊びはたくさん有って自分が選ぶものは何か迷ってしまいます。

              でも何かしかの選択をして遊ぶわけです、楽しいことも有り苦しい山登りなどもあり、それぞれの個性があります。

               

              連休を待っていた人たちも来てみれば忙しい事で閉口している人もいるでしょう。

              弁当を作る時間がないとか、荷物をリュックに入れたり出したりとか、兎も角出かけるまでは多忙そのものです。

              大いに頑張ってもらいたいものです。

               

              連休を待つ、ともかく待つことの多い事、殆ど未来の事は待つことに尽きます。

              待つの時間で人生が過ぎているのかも知れません。

              幸多かれと、婚礼の時に使われる言葉、未来への待ちです。

               

              多くの幸が訪れる事をじっと待つのではなく、努力して幸を得られる様にするのです。

              では過去の事は待つ事は無いかと言えば、そうでも無いかも知れません。

              発掘などで古い時代を見出せる事は研究の努力の結果で待たねばならない、と言えます。

               

              実に待たないで過ごす事が出来ないのが人間です。

              一般の動物はどうなんでしょうかね、豊作を待っているのかどうか、凶作の時は何を待つのでしょうか。

              サバンナが乾燥し雨を待つ、そう言う意識があるのでしょうかね、ただ自然界の現象に従っているだけで努力などしないでしょう。

               

              やはり待つの意義は何らかの努力が伴う様な気がします。

              人は善悪に関わらず努力と言う事を忘れません、無駄な事だってそれなりに努力しています。

              もし、努力と言う行為を行わなくなったら、多分生きていられないと思います。

              生きている証が努力であり、待つであろうかと信じてます。

              | 平穏 | 08:53 | - | - | - | - |
              特別な予定無し No3634
              0
                大型から長期連休になったので移動組は大変な苦労をしているでしょうね。
                日本は狭い国土だけどもあちこち行ってみたいと思う人が多いのでしょうね。
                沖縄などにも行って泳ぎたいと言う方々は既に海に飛び込んでいましょうか。
                天気はイマイチの様ですが日焼けしないからいいかもね。

                日本に復帰してから間もない時期に行った時も有りましたが当時は米国のにおいが残っていてどこか異国の感じもあったんです。
                その後発展して沖縄は観光地としていい所です。
                友人もいますから行ってみたい気もしますが連休は絶対に外します。

                北国では桜の満開で花見に行く事もいいです、弘前城は実に素晴らしいと言う記憶だね。
                日本海の魚は特別に美味いと思うので金沢辺りにも行ってみたい気分になるね。

                遠出で九州迄車で飛ばすドライブもいいかな、大阪、広島などを横目で見て一目散に鹿児島までと言うルートも面白いよ。
                経験は東京から福岡迄、当時高速道路は福岡迄だったから、三人でドライブほぼ一人で運転したよ、実は友人がスピード違反30kmで即免停だったから。
                もう一人は免許持ってないから。

                BMWだったからスピードは出る事簡単、200km/hぐらい出した記憶です。
                夜中だったんでスピードの感覚は無しでした。
                思い出はもう書ききれないほど有ります。

                それは若かりし頃であり、現在は静かそのものです。
                ま、皆さんそんな訳で連休に思い出作りでご多忙でしょう?
                大いに楽しんでくださいと激励したいですね。

                老人組は毎日連休ですから、いつでも何処かに行けます、近く計画を練って奥日光に行きます。
                | 平穏 | 09:46 | - | - | - | - |
                クリスマスイブ なんでも平成最後
                0
                  12月24日のクリスマスイブの日です!
                  とは言っても教会に行く訳じゃ無いし、クリスチャンでも無いし、しかしクリスマスソングを聴いて何処かに安らぎを求めている様な気分です。
                  クリスチャンにとっては特別な日なのでしょう。

                  我々無神教の感覚からすれば大げさなと思ってしまいます。
                  でも何かを信じるものがあるのは良い事かも知れません。
                  この世は何を信用すれば良いのか?皆目分かりません。

                  電話が来て何々の請求が来るからその処理をしてあげると騙されて1億円以上を騙し取られたと言うニュースは驚きよりも馬鹿げたジョークでは無いかと思ってしまいます!
                  現実に信用してしまうこの詐欺が一向に減らない現象をどう受け止めたら良いのか、日本だけの特殊性が有るのでしょうか?
                  無宗教と言う事が要因の一つでしょうか?
                  宗教に何を求めるのかは無宗教人には見当が付きませんが、もし一歩でも止まる余裕が得られるとすれば、ひょっとして詐欺を脳裏に浮かべられるのかどうか?

                  クリスチャンは生まれた時に洗礼を受けてその時点からその世界の人になります。
                  仏教には洗礼など無いし仏門に入るにはそれ相当に覚悟が必要かとも思えます!
                  即ち生まれた時からスムーズに宗教を取り入れるものじゃ無いかも知れません。
                  兎も角宗教に関するものへ近づく事も消極的です。
                  クリスチャンは普及活動を欠かせないものがあるようで、ここの地下鉄?入り口に土日は数人立っています!
                  しかし立ち止まって話を聞いている人を見かけません。

                  日本人はいかに宗教に興味を持たないかを物語っているような気がします!
                  でも今日は宗教とは違った意味合いでクリスマイブを祝い楽しみます。
                  鶏肉をケンタッキーで買い、ケーキを有名な?店で買い、赤ワインを買い、家族でロウソクなどで雰囲気を出します。
                  一方豪華なディナーショーを見ながらのイブを過ごす人も多いはずです!
                  イルミネーションを楽しみながら寒さも忘れて恋人同士の熱気も有ります。

                  それも今夜だけ明日にはクリスマスソングも無くクリスマスツリー?も取り払います!
                  お祭りの一環なのです。
                  これが平穏な日本式クリスマスイブです。
                  平成最後の、ここに来るとこの言葉が枕詞になります!
                  昨日の天皇陛下の誕生日の言葉も、平成最後となります。
                  来年の流行語は決まりですね!「平成最後の」
                  そんな事でこれから鶏肉を買ってショートケーキを買って?ワイン?を用意してイブを楽しみますか?
                  それが平成最後のクリスマスですから??
                  | 平穏 | 09:38 | - | - | - | - |
                  今年ももう10月早いです
                  0
                    今朝は曇りで多少ひんやりした空気でした!
                    しかしいい気候です!
                    気温が20度ぐらいが一番良い様です。

                    オリンピックもこの時期に行えば良いのに、サマータイムなどの心配が必要無いのですがね。
                    あの組織委員会はおかしな事ばかり考えます!
                    2020年はどんな気象になるかは想像しにくいでしょうが、どんどん温暖化が進めば暑くなる方向でしょう。

                    良い気候になったと思ったらもう10月に入ったんです。
                    実に早い一年でしたと言う感想がそろそろ聞こえてきます!
                    未だ3ヶ月あるのにと思っているうちにジングルベルがそして年末商戦が来るのです。

                    この3ヶ月を有効に使って今年を締めくくりたい気分です。
                    それが日々相変わらずの過ごし方ですから変化もなく平穏そのものです。
                    安倍政権は新しい内閣を発足させましたがそれほどの興味もなく、誰がなろうと変化は無いでしょう。

                    ここでも平穏な日本なのです。
                    株価も上昇し不安材料もないとなれば、一層平穏を感じてしまいます!
                    確かに長期政権時代は世の中が平穏なんです。
                    中曽根政権時代も長かったですが特別な動きも無かったのです。

                    政権の長短は世の中の動向次第です。
                    コロコロ首相が変わった時代はそれなりに激動してたのでしょう。
                    田中、福田、三木、大平それぞれの政権は短命でした。

                    しかし政治と言う面に気を回した時代でした。
                    国民も誰が首相か、誰が大臣になるのか、評論したもんです。
                    今じゃ政治の話は巷の噂にも上りません。
                    シラケドリ無関心の感じがします。
                    自分だけを考えていれば良い時代です。

                    ま、そんな平穏の時代ですから、一年が過ぎるのも早いかなって思う。
                    良い時代かなあ
                    | 平穏 | 09:04 | - | - | - | - |
                    気候の混迷の中で7月も終わろうとしています、来月は平穏になるか。
                    0

                      30度に達していないのにどうも暑くて敵わない、早朝からエアコンを入れてます。

                      蝉の声がにぎやかで、夜中でも鳴いているのは熱帯夜のせいかのかどうか。

                      今月は豪雨から異常高温、台風まで気象条件が異常でした。

                       

                      被害も大きかったから、復旧活動にも全力投球してるでしょうが中々進まないのが現状でしょう。

                      大変な惨事でした、豪雨のもたらした無駄な経費はどう償(つぐな)えるのでしょうか。

                      自然災害ほど人間の英知で少なくしたいものです。

                       

                      平穏な時は災害など考えても見ませんが、いざ被災すれば想像を絶する苦労が待っています。

                      「安全」と言う言葉がどれほど「大切」かを知らされます。

                      安全と危険の境界線が明確に線引きされている訳じゃないですが、出来れば安全の範囲内で日々を過ごしたいです。

                       

                      自然災害の多い日本です、これからどんな災害に見舞われるのか想定・研究は行われているのでしょう。

                      今朝の記事では富士山が爆発した場合の降灰量を推定したものが有りました、都心にも大量の火山灰が積もる予想です。

                      どんな状況になるのか想像さえ出来ません、安全を確保するにはどうするのか、全く分かりません。

                       

                      日本では山火事が起きませんが、先日バンクーバーの友人からのメールに近くの山林の火事の写真が添付されてました。

                      物凄いです、自然の猛威を感じさせる迫力に驚きます。

                      自然とは人間に想像できない程のエネルギーを排出する能力を持っているようです。

                       

                      そんな自然の中で生物は生きています、出来れば8月は静かに過ごせるように自然にお願いしたいものです。

                      | 平穏 | 09:51 | - | - | - | - |