RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

自然の豊かさを心の泉に

地球上の大自然は素晴らしい。その豊かさに抱かれて。
今年ももう10月早いです
0
    今朝は曇りで多少ひんやりした空気でした!
    しかしいい気候です!
    気温が20度ぐらいが一番良い様です。

    オリンピックもこの時期に行えば良いのに、サマータイムなどの心配が必要無いのですがね。
    あの組織委員会はおかしな事ばかり考えます!
    2020年はどんな気象になるかは想像しにくいでしょうが、どんどん温暖化が進めば暑くなる方向でしょう。

    良い気候になったと思ったらもう10月に入ったんです。
    実に早い一年でしたと言う感想がそろそろ聞こえてきます!
    未だ3ヶ月あるのにと思っているうちにジングルベルがそして年末商戦が来るのです。

    この3ヶ月を有効に使って今年を締めくくりたい気分です。
    それが日々相変わらずの過ごし方ですから変化もなく平穏そのものです。
    安倍政権は新しい内閣を発足させましたがそれほどの興味もなく、誰がなろうと変化は無いでしょう。

    ここでも平穏な日本なのです。
    株価も上昇し不安材料もないとなれば、一層平穏を感じてしまいます!
    確かに長期政権時代は世の中が平穏なんです。
    中曽根政権時代も長かったですが特別な動きも無かったのです。

    政権の長短は世の中の動向次第です。
    コロコロ首相が変わった時代はそれなりに激動してたのでしょう。
    田中、福田、三木、大平それぞれの政権は短命でした。

    しかし政治と言う面に気を回した時代でした。
    国民も誰が首相か、誰が大臣になるのか、評論したもんです。
    今じゃ政治の話は巷の噂にも上りません。
    シラケドリ無関心の感じがします。
    自分だけを考えていれば良い時代です。

    ま、そんな平穏の時代ですから、一年が過ぎるのも早いかなって思う。
    良い時代かなあ
    | 平穏 | 09:04 | - | - | - | - |
    気候の混迷の中で7月も終わろうとしています、来月は平穏になるか。
    0

      30度に達していないのにどうも暑くて敵わない、早朝からエアコンを入れてます。

      蝉の声がにぎやかで、夜中でも鳴いているのは熱帯夜のせいかのかどうか。

      今月は豪雨から異常高温、台風まで気象条件が異常でした。

       

      被害も大きかったから、復旧活動にも全力投球してるでしょうが中々進まないのが現状でしょう。

      大変な惨事でした、豪雨のもたらした無駄な経費はどう償(つぐな)えるのでしょうか。

      自然災害ほど人間の英知で少なくしたいものです。

       

      平穏な時は災害など考えても見ませんが、いざ被災すれば想像を絶する苦労が待っています。

      「安全」と言う言葉がどれほど「大切」かを知らされます。

      安全と危険の境界線が明確に線引きされている訳じゃないですが、出来れば安全の範囲内で日々を過ごしたいです。

       

      自然災害の多い日本です、これからどんな災害に見舞われるのか想定・研究は行われているのでしょう。

      今朝の記事では富士山が爆発した場合の降灰量を推定したものが有りました、都心にも大量の火山灰が積もる予想です。

      どんな状況になるのか想像さえ出来ません、安全を確保するにはどうするのか、全く分かりません。

       

      日本では山火事が起きませんが、先日バンクーバーの友人からのメールに近くの山林の火事の写真が添付されてました。

      物凄いです、自然の猛威を感じさせる迫力に驚きます。

      自然とは人間に想像できない程のエネルギーを排出する能力を持っているようです。

       

      そんな自然の中で生物は生きています、出来れば8月は静かに過ごせるように自然にお願いしたいものです。

      | 平穏 | 09:51 | - | - | - | - |
      真夏日とは暑い日の事、涼しくする工夫は無いものか。
      0

        こうも暑くちゃ何もしたくない、寝ていても暑いし、ぼーっとしていても暑いです。

        どうすればいいでしょうか。

        もちろん部屋の中はエアコンで温調していますが、いざ外に出ようものなら瞬時に汗が湧いてきます。

         

        こんな状態をなんとか涼しくする方法はないでしょうかね。

        いろんな技術が生まれますが、こと自然の動きについては成す術が有りません。

        男性も日傘を使うと言う記事を見ました。

         

        これはいいじゃないかと思いましたね。

        昔は日傘と言えば殿様が使ったものです、大きな日傘で、中国でも大昔から有りました。

        そういう観点から考えれば男が日傘は当たり前になるかな、と思ったりしてます。

         

        他に無いでしょうかね、帽子も意外に暑いんです、髪の毛を短くしていますがそれでも涼しくなったと言えません。

        シャツも出来るだけ露出型にしますが、逆に直射日光で皮膚が痛くなります。

        参りました、かと言って部屋の中ばかりでは気分が悪いです。

         

        早速外出する予定ですが、水を持たねばならないから、小さなリュックを背負います、これが背中に汗を流させるのです。

        一時間もしないうちにシャツはびしょ濡れになって気持ちが悪い、そんな暑さが今年です、いやもう何年もこうした暑さに耐えて来てますか。

        涼しい工夫、教えて欲しいものです、園児たちがかぶっている帽子は首の後ろ側に布が付いています、これは良いじゃ無いかと見ています。

         

        戦争当時の日本軍の帽子もそんな恰好のモノだったような、暑さ対策かどうか聞きたいものです。

        ハンカチを濡らして首に巻いていますが、これも直ぐに暑くなるんですよ。

        氷を中に入れればいいかと思ってますが、今度は冷えすぎで痛いんです。

         

        どうしたものか、日傘が先ず試しに使って見たいのですが、どう見られますかね、傍目を気にしないでもいいのですが、どうも多少の勇気が必要なところです、使って見ますか???

        | 平穏 | 09:19 | - | - | - | - |
        梅雨入りも間近、空梅雨になって欲しいですが。
        0

          二日後には本番がやって来る、既に選手の入場門が出来上がったので、雰囲気が出てきました。

          最終的な練習のチェックでしょうかね。

          今は踊りの練習をしているようで、黒の洋服に統一されてます。

           

          さて季節も梅雨が巡って来ました。

          どの程度の期間か分かりませんが、この時期は湿度に悩まされます。

          特に洗濯物を部屋の中に干すことになるといよいようっとうしいです。

           

          出来れば雨が少ない事を祈りたいです。

          適度に降って太陽も時には顔を出す程度がいいです。

          この時期を経過しなければ夏は来ない訳で海に近い日本の特徴でしょうか。

           

          それにしても魚が少ないですね。

          さんまもイカも殆ど有りません。

          サバもいつもは安いので好きなので食べてましたが、今は高いです、それに時たましか有りません。

           

          アジも店頭に並んでいる数が少ない、イワシも同じです。

          築地市場が移転するので魚さんも嫌がっているのでしょうかね。

          豊洲市場に並びたくないよって思っているのかも、それにしてもごたごたはいつまでも続きます。

           

          千客万来ですか、行楽施設が中断するとか、豊洲のどこかに鬼門が有るのでしょうか。

          スムーズに事が運びません。

          梅雨の時期の気分落ち込みに似てます。

           

          ま、運動会でも楽しく観戦することで気分転換です、土曜日は晴れマークが保証されてます。

          | 平穏 | 09:06 | - | - | - | - |
          5月も中旬、今年も間もなく半分が過ぎようとしています。早い。
          0

            曇り空ですが気持ちのいい朝です。

            身体に適した気温そして湿度なのでしょうか、寒いも暑いも感じません。

            確かに運動すれば汗ばむかもしれません、校庭では早速サッカーの練習が始まっています、黄色のユニホームと紺色ですが今日は試合をするようです。

             

            もう5月も半ばになり、この間正月、花見をしたばかりなのにと思ってしまいます。

            そろそろ梅酒の仕込み時期になりそうです、昨年のものは残り少なくなり一年で消費してしまいました、飲んでしまった。

            実にうまく出来ますから友人に飲ませると喜んでくれるので作った甲斐が有ったと言うものです。

             

            それにしてもこの半年の日々は本当に何もなく過ぎてしまいました。

            友人の手伝いもしましたが、それ以外はほとんど毎日の行動はサラリーマンの様に時間割に乗ってました。

            これが平穏の世の中なんでしょう。

             

            もし戦争などが有ったら、どんな生活をしているんでしょうか、想像できない程悲惨なのでしょう。

            もし災害に直面していたら、平穏と言うものが無いかも知れません。

            平穏ほど幸せな事はないでしょう。

             

            平穏を維持するには何といってもお互いに理解し合えることが必要です。

            北朝鮮もいよいよこの世の平穏を求めたのでしょうか、米朝の理解を深める会議が間もなく行われます。

            いがみ合っていれば平穏など訪れる事がありません。

             

            ドラマの多くはいがみ合いによる犯罪やら不穏やら、平穏を乱す内容が多いです。

            如何に平穏の維持が難しいかを物語っています。

            ですから、平穏だと感じている時が幸せなんです、幸せを長く感じていたい気持ちです。

            | 平穏 | 08:52 | - | - | - | - |
            先の計画せいぜい数か月、長期が殆ど無い寂しい
            0

              イチョウの葉が可愛いです、生まれたての葉も大人の葉と同じ形をしているんです。

              遺伝子がそうしているのでしょうが不思議にも思う。

              イチョウ並木があちこちにありますので、これからが楽しみです。

               

              チューリップが鮮やかに咲き始めています、色の鮮やかさが特徴ですね。

              真っ赤、まっ黄色、真っ白と単独の色を強調しています。

              これも又球根に遺伝子がちゃんと乗っかっているのだと思うと生物の世界は遺伝子の支配下にあるわけですね。

               

              さて今年と言うか今年度もスタートしていろんな目標に向かって進むであろうと思います。

              それは会社での話で個人になると意外に目標など無いもんです。

              意識的に作らねばならないのですが日に任せてしまっています。

               

              有ったとしてもせいぜい2か月先程度のもの、5月にはどこどこに行こうか程度でもう少し計画をしてもよさそうなものですがしません。

              と感じたので、今日は毎月何をするかの目標を作ってみようと思いつきました。

              一か月は30日ありますから、その内の半分ほど何か具体的な行動計画が有ればいいと思うのですがね。

               

              それと目先はいいとしても長期的な計画だって欲しいものです。

              3年先とか5年先とか考えに全く無いのですから、困った事です。

              ここ数日はじっくりと思案してみます。

               

              そうすれば日々の過ごし方も徒然にならないで済むでしょう。

              趣味はいっぱい経験で持ってますから選択に事欠かないのです。

              ただ現在はおいそれと友人を作り誘うことが中々難しいですから、どうしても個人的な面に限定されがちです。

               

              そんなこんなで無意味な日々から有意義な日々へと変革できればと思っています。

              良い事を思う浮かぶのですが、いざ実行となるとこれが意志薄弱と言うかいい加減と言うか中々なんです。

              これも親からの遺伝でしょうか、遺伝子組み換えを行わないといけないかも。

               

              そいえば、小泉進次郎氏も親の遺伝子をちゃんと受け継いでいるような印象を受けます。

              大したもんです、頑張って欲しいと思うし、未来がちゃんと出来上がっている様にも見えます。

              実に羨ましいです、若さよりも着実さに感動します。

               

              一方の安倍首相の遺伝子は岸信介、佐藤栄作等々の凄い政治力でしょうが、元を追えば毛利家の遺伝子かも知れません。

              毛利家は家康に対抗した関ケ原1600年以来の遺伝子が脈々と続いているのでしょう。

              徳川憎しで幕末を迎え、幕府を倒し、明治維新を成し遂げたことで毛利藩の権勢力は後々まで続いています。

               

              この政治に対する遺伝子も凄すぎます、絶対権力を握るわけですから。

              安倍一強と言われている様に他の追随を許しません、これも毛利家の遺伝子なんでしょう。

              ともかく、生物は遺伝子の支配下、それに従うしか方法は無いのかも、無理せずにのんびりと過ごす遺伝子を受け継いでいる事をしれば、今までの過ごし方でいいかな、とも思ったり複雑です。

              | 平穏 | 09:15 | - | - | - | - |
              今年も残り17日 さてやり残しは
              0

                今日も晴天冬の気候は快感を与えてくれます。

                これで寒さが無かったら最高ですが空気が冷たいから手袋まで用意をせざるを得ないです。

                完全防寒までは要りませんが有る程度の服装じゃないといけないです。

                 

                今年も酉年は良かったのかどうかそれ程の変化も無く過ごした様に思います。

                平穏無事と言う事でしょうか。

                今年の正月に何を計画したかと振り返っても思いさせない様な大した内容では無かったのかと。

                 

                とすれば今になってやり残したと言うものも無いしまあまあの年だったのでしょう。

                歯科医に通ったのが一番だったか 5月から今月まで長期間月曜日に行きました。

                最初は虫歯で激痛を感じて行き始めたのですが歯垢がくっ付いていると言うので清掃しました。

                 

                何せ20年か30年以上も歯科医に言ってなかったから歯垢が付くのも当たり前だったようです。

                奥歯が二本抜けたままだったので入れ歯もつけました。

                その他にも折れた歯が一本有ったのでそこにも入歯をくっつけ(接着)ました。

                 

                それやこれやで半年近く通って完了し今後は一年に一度歯のメンテナンスをすることとなったのです。

                長い間だったので歯科医の先生(女医さん)と仲良くなり今後行く必要が無くなって寂しい限りです。

                とは言ってもお隣の歯医者ですからいつでも行けるのです。

                 

                たまに顔を出そうと思ってます。

                他に変化は屋移りしたことですか。

                これは引っ越しが大変でしたがその時だけで特に大変なことでは無かったです。

                 

                でも生活環境が大きく変わった気がします。

                住宅地の立地条件がとても良くて見晴らしも良く一日中太陽が部屋に入って来るので冬はいいですね。

                近くに大きな公園があり散歩は最高の条件です。

                 

                木々もたくさん有り 今木々の名前を整理してますが50種類以上も有りそうです。

                まとまったら書いてみます。

                一日の散歩歩数は1万歩以上が普通です。

                 

                自転車も起伏が少ないしそれに道が広いので多くの人が利用してます。

                自転車は行動範囲を広げますからどんどん新天地を探索してます。

                こう寒くなってきたので自転車も楽じゃないですが今日もちょいと行きたいところが有りますので乗ります。

                 

                後は日々単調な暮らしを昨日書きましたが現役の時代と比べたら暇が多過ぎます。

                農業や商店など自営業をやっている人ならば生涯仕事が付いてきますがサラリーマンは区切りがあるからその後が暇です。

                来年はなんとか忙しい一年にしたい気分ですが気持ちと行動が一致しないのが困りものです。

                 

                来年は戌年、犬は小さいころに噛まれたので好きになれないです。

                戌の方も分かるらしく可愛がってもらえないと思うのでしょうなつきません。

                犬猿の仲と言うことですがら元々相性が悪いのでしょうか猿年生まれですから。

                 

                となれば来年はどうなるかやや不安材料が有るかも知れません。

                来年の事を 鬼に笑われますか。

                でも来年は18日後に来ますカレンダーの悪戯でしょうか。

                | 平穏 | 10:04 | - | - | - | - |
                日記の単調さ 続かない
                0

                  今朝の起床時は気温ゼロ度で有った様だけでもそれ程感じませんでした。

                  外に出た時にブルブルと身体が縮こまるようでも有りません。

                  吐く息も白くなりましたが薄い状態でしたここはゼロ度にはなってなかったと思います。

                   

                  日の出も遅くなりました6時40分頃ですから夏のこの時間は太陽がギラギラ状態でしょう。

                  日の入りも4時半ごろと予報に出ていますが夏であればこちらもギラギラ状態です夏冬の差が驚くほど有ります。

                  赤道直下であればこうした変化は少ないのでしょうかその辺りで生活してみたいです。

                   

                  今月に入って今年の最後を飾って日記でもつけて見ようと思って書き始めたら一日でダウンでした。

                  何せ書くものが無いと来てます単調な日々ですから一日目は書けても二日目も同じじゃ何を書いたらいいかと思いましたね。

                  6時10分に目覚ましで目覚め体操ストレッチを15分から20分、顔を洗って朝食の用意料理約1時間半程度、食事後ブログを書いて投稿します。

                   

                  10時ごろに近くのスーパーやちょっと離れた八百屋さんに買いものに出かけます。散歩も兼ねて。

                  昼前に戻り昼ごはんを簡単に済ませます。

                  朝はちゃんとおかず(4種類程度)やみそ汁を作りますから昼はその残りで間に合います。

                   

                  そして午後は時間が余暇になります夕方3時頃までは自由です。

                  ここんところ晴天が続いているから部屋に入って来る太陽でテレビも見えなくなるのでカーテンをせざるを得ません。

                  暗くなった部屋では折角の太陽が勿体ないと思って外出したりします。

                   

                  ここは公園がいくつも有りますからあちこちに行きます。

                  3時ごろから夕飯の支度に入ります。

                  ビールを飲みながらあれこれと材料を用意して包丁さばき巧みに(?)に始まります。

                   

                  そして2時間後には完成します。

                  夕食後はテレビが中心ですかね。

                  風呂に入り就寝です9時には眠くなります。

                   

                  布団ベッドに入って本を読む癖があり毎晩読みますが2ページが精一杯眠さに勝てません。

                  夜中は1回程度12頃トイレタイム定期的にそして朝方5時ごろに膀胱拡張で目が覚め6時10分まで待てないので行きます。

                  その後また眠って目覚ましで眠りを剥奪されて起きざるを得ません。

                  又一日が始まります。

                   

                  と言う程度の単調さの日々ですから一日書けば次の日記の記事が見当たりません。

                  で止めましたと言いたいところですが実はスマホにメモを出来る場所が有るのでそこにどんどん気づいたことを書いてます。

                  これは日々の出来事じゃなく思いついたことをつづっているものです。

                   

                  ブログの材料にもなりそうな内容を書いています。

                  昨日は便利と言うカテゴリーで思いつくままメモりました。

                  書き始めるとどんどん記憶の中からいろんなものが出てきます。

                   

                  面白いほど長く書けるのです。

                  最近これが楽しくなってきました。

                  単純単調さに変化を加えるとすれば過去を経験を思い出して書いてみることが良いじゃないかと思っています。

                   

                  確かに変化を求めて新しいものへ挑戦することも大事ですがそうそう行動に実行に至りません。

                  ですから逆に経験を思い出し記憶を記録することが面白いのです。

                  過去を今までそれ程顧みていなかったからいい機会だと思ったりしてます。

                   

                  単調さの毎日に活を入れる日記じゃダメでした記憶の記録に切り替えました。
                  しかし記憶もだんだん薄れて来るのであろうから寂しい事になるかどうか?

                  楽しければ何でもいいんだが。

                   

                  | 平穏 | 09:51 | - | - | - | - |
                  変化しない国の力関係
                  0

                    今朝は寒さが一段と増した感じがした。

                    吐く息の白さも広がりいよいよ冬に入ったと感じた。

                    学校の体育館の屋根に霜が降りのもそう遠くはなさそうに思われる。

                     

                    国際を見渡すと大きな変化は殆ど無い。

                    アメリカそして日本の構造が長い間経済大国であった、その後中国が台頭してきてからアメリカ・中国・日本と変わった。

                    この経済三大国は今後のもい間変わらないだろう。

                     

                    世界は広いし国も多いが力関係では極々限られた国に牛耳られている。

                    軍事面で言えばアメリカ・中国・ロシアが三大軍事国であろうか。

                    それ以外は同盟関係で対面を保持している。

                     

                    こうした力関係を打ち破るために北朝鮮が挑戦しているのかも。

                    しかしそうした行為は戦争を起こした日本やドイツを彷彿させるような気がする。

                    多くは国内の情勢が悪くなり外に目を向けさせるための様だ。

                     

                    西郷さんも征韓論を言い出したのは国内の軍人の不満をそらす口実だったのであろうから国内情勢と言うものが問題になる。

                    日本は経済大国で有る間は外国と事を起こす事は出来ない。

                    もし恐慌にでもなって国内の経済が壊滅したら海外へ派兵することだって有り得るだろう。

                     

                    だが現代は平穏な時代だからそうした考えは全く起きない。

                    その為か北の危険な行動にも無頓着でいられるのかも知れない。

                    アメリカでは盛んに北に対して挑発的な言動を行っているがこれは止めて欲しいと思う気がする。

                     

                    多分に北の行動は日本に向かう事ありきであろう。

                    アメリカは遠すぎるから取りあえず同盟国をいじめて人質的なことになりやしないかと心配する。

                    一番の心配は核を搭載されたミサイルが日本に来る・落ちることである。

                     

                    日本は既に世界で初めての原爆被害国であるがそこに再来したらそれ程不運なことは無い。

                    絶対に避けねばならない。

                    「二度あることは三度ある」の格言は絶対にあってはならない。

                     

                    力関係を崩すためには荒っぽい行動に出るだろうが素手のケンカ程度に収めて欲しい。

                    これが大国の大国たる所以(ゆえん)である。

                    大人と子供のケンカに大人が真剣になったら子供は何をするか分からない、適当にあしらっていればいいのだ。

                     

                    今後も日本の経済大国は維持されるだろうが優位な状態の時こそ隣国への支援なりをしてあげればいいと思う。

                    搾取だけに走ると劣国はもがき苦しみ憎しみだけが残る。

                    日本製品は世界的にも優秀だし世界中でメイドインジャパンの製品を持ちたいと思っているだろう。

                     

                    儲け主義はいいのだが世界は日本ほど裕福なものじゃない、もっともっと安い価格帯にすべきであろう。

                    日本製品が儲け半分にすれば世界中に日本製品が広がると思う。

                    東南アジアにもアフリカにも日本製炊飯器が使われたら美味しいご飯が食べられると思う。

                     

                    それには儲け半分の思想を作り上げて製品の価格を引き下げることだ。

                    211兆円と言う企業の財産があるのだからそれ以上増やす必要はないと思う。

                    日本は経済大国の恩恵で毎年50兆円も財産が上積みされているともいうからお金は有り余っている。

                     

                    儲けが半分になったってどうってことは無い、それなら還元セールじゃないけども今までの製品を大幅値引きをしてアフリカに日本の製品を普及させてほしい。

                    今はバーゲンセールと言う言い方が無くなっていつでも減額した名札・価格表が付いている。

                     

                    多くは30%引き50%引きも珍しくも無い。

                    これは利益を儲けを減らしての販売であるのだから海外に対しても値引きすればいいと思う。

                    先般ドバイの商店街を中国資本で作った話を中国放送(CCTV)でやっていた、数字は忘れたが1000社以上の企業が店を開いている。

                     

                    そこでは中国製品を大々的に販売しているドバイに周辺国から買い物に来ていると言う。

                    勿論日本製品は無い、もし並べても金額的に大きな差が出るだろうと思う。

                    中国製品と同等の価格になればいいがそれに近づける工夫が必要だろう、それには儲けを少なくするしかない。

                     

                    競争力が有る即ち力が強い事である。

                    今後中国に経済面で水をあけられている事必至であるのだからこの辺で日本の活路も考えを変えないと経済大国の維持が困難になりじり貧する可能性も出て来るだろう。

                    現状維持をする程度からも一度経済大国ナンバー2になる意気込みが必要な気がする。

                     

                     

                    | 平穏 | 09:30 | - | - | - | - |
                    青さが深い
                    0

                      今日の空の天上の青さは一番ではないかと思わせた。

                      頭上の空は青さを越して黒くさえ見えた。

                      宇宙は黒いそうだが宇宙空間を思わせた。

                       

                      こんなにも美しい空は無かった気がする。

                      冬場に入ればこうした空が多くなると思うが北からの寒気団のせいだろうか。

                      北の空はきっと綺麗なんだろう、澄み切っているのだろう。

                       

                      南だって太平洋だからチリ一つないはずなのにこんな空は無い。

                      ともあれ嬉しいの一言だ。

                      気温も丁度いい、部屋の温度は21.2度快適そのものだ、窓も開放している。

                       

                      これも平穏な時だからだろう。

                      我々の生まれた時代は戦争の中であった。

                      全く覚えてないがこのようないい天気にも関わらず空襲の飛来が有ったのだろう。

                       

                      空襲警報などとラジオで放送されたんだろう。

                      空などを見上げると青空では無く爆弾を積んだ飛行機だったのだ。

                      恐ろしい事であったろうし必死で被害に会わないように逃げたりしたであろう。

                       

                      しかしどこにでも空襲が来たので逃げ場が無かったようだ。

                      東京だけが空襲の目標だと思っていたがいやはやあらゆる場所に爆弾が落ちてきているのだ。

                      爆弾は人を殺すもの、今は日米同盟で友好国だが戦争中米国人は日本人をどれだけ殺したか、友好国も良いが流した涙も忘れてはいけない。

                       

                      靖国神社だけではない平民が爆弾で犠牲になっているのだ。

                      多分兵隊よりも多いのじゃないかと思う。

                      その供養をする人々も少なくなっているだろう。

                       

                      戦争などすっかり忘れている現代、思い起こすことは8月15日ごろに放送される戦争関連記事だけだ。

                      青空が戻って欲しいいと戦争中は思ったであろう、爆撃機の無い平和な空を欲していたはずだ。

                      今はその空がある、飛行機雲は平和な旅客機だ、爆撃機ではない。

                       

                      しかし北の動き次第で米国が戦争を仕掛けるかもしれない状況も忘れてはいけない。

                      戦争が始まればケンカと違って収まるまでに相当の時間がかかる、その間は緊張の連続ストレスがたまる。

                      平和こそが青空の平穏さを物語っている。

                       

                       

                      | 平穏 | 09:26 | - | - | - | - |