RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

自然の豊かさを心の泉に

地球上の大自然は素晴らしい。その豊かさに抱かれて。
実に疲れました、お手伝い
0

    日替わりで天候が変わります、秋の空じゃないんですがね。

    そんな中、引っ越しのお手伝いを数日しました。

    とても疲れてしまいました。

     

    昨日は一応手伝いの終わりで乾杯して祝いました。

    フランスワインが出ましたので、軽く一本飲んでしまって、帰りは電車を乗り過ごしてしまって大分損をしました。

    と言うのも、都営電車はシルバーパスを持ってますから運賃はかなりません。

     

    と言う便利さと言うか経済性があります、そうすると約一時間以上も乗っても無料な方向があります。

    ところが昨夜はお酒の効き目が良かったために、いつもの駅で下車せずに数百円の損をしてしまいました。

    お酒は酔うものですが酔い過ぎは不味いです。

     

    それで今朝はゆっくりと寝ましたが、まだ何となく元気が半減です。

    午後には普通に戻ると思ってじっとしています。

    今回の引っ越しで感じたのは風水です、いろんな決まりごとが有るようで、はまったら大変になりそうです。

     

    ですからベッドの位置関係だけ風水に従って位置を決めましたが、これも中々です。

    建物が南北に正確に建てられていれば良いのですが、やはり多少のずれがあります。

    南西方向と言うのが良いとしても、ベッドを斜めに置くわけにいきませんから、南南西となります。

     

    そうするとその方向が良くないと言うことも出て来るんです、実に風水は難しいものです。

    そんなこんなで一応それなりに収めました。

    後は本人の気分次第です。

     

    しかし生まれた時には風水が決まってしまうのだそうですから、これはどうにも融通がききません。

    風水に従っての行動をしている人もいるんでしょうが、窮屈な生活になりやしないかとも思ったりしました。

    政権も風水が有るのかどうか分かりませんが、首相官邸などでも会議の場やなんやかんや有るんでしょうかね。

     

    どこまで考えるか、日本人は宗教さえ気にしない人が多いわけですから、風水など気にすることは少ないでしょう。

    今回初めて初歩的な部分を調べてみて、何か面倒だと思いまいした。

    そこまで考えますかと居直りました。

    | 面白い | 11:28 | - | - | - | - |
    何時の時代も「正直者はバカを見る」
    0

      いやはや花粉が舞い散る季節が今や最高潮です。

      杉花粉からヒノキ花粉に変わったようですが、実にきつ〜いです。

      夜中に鼻づまりが発生、息苦しくて目が覚めて、どうしようかと思案、結論薬を服用する事で実行。

       

      しばらく本を読んで薬の効くまで待って、やっと呼吸が楽に出来る状態になって就寝しました。

      目覚めた時は多少の寝不足、もうちょっと寝たい気分が残りました、外の気温は9度冷え込みを感じました。

      ストレッチもいつの半分で終わり、寒かった。

       

      島根県太田市で震度5強の地震に驚かれたでしょう。

      まだ5強とか6度とか経験してないので想像出来ませんが、怖かったでしょうね。

      余震が続いているようです気を付けて頂きたいです。

       

      「正直者が馬鹿を見る」の諺はこれが出来てからず〜っと使われて今でも通用していると思います。

      正直になることは難しいのです、その分自分には後ろめたさを感じるのですが、それに耐える事は簡単です。

      それは年中正直になっていないからです。

       

      正直と言うことはバカなのですから誰も正直を選ばないことになります。

      この世は正直で有る事を要求しないのかと言えば、概ね正直になってくださいと願うのです。

      しかし現実は正直の要求に答える人がいません。

       

      馬鹿正直と言う言葉も有ります、これが前提になっていれば言うに及ばずです。

      家康の生地三河人は正直者が多かったと小説では言ってます、しかし家康も狸とも揶揄されました。

      何処までも正直が正道に乗らないのですから、追及と言う場面程難しいものは有りません。

       

      結局追及側が疲れてしまって中途半端に終わるケースが多いです、即ちウヤムヤで終結です。

      森友学園問題も終焉になったようにメディアから遠のきました。

      何を追及すればいいのか目的・目標・ターゲットがボヤケテしまったのです。

       

      公文書の改ざんが問題なのか、嘘が蔓延っておるのか、利権で金儲けした人が居たのか、お友達の優先か、どれをとっても正直に話をする人などいないでしょう。

      もし誰かが正直に話したら困る人が大量に出て来て収集が付かなくなるでしょう。

      ですから適度に誰が調整する訳ではないのでしょうが、正直がでないまま終結する訳です。

       

      これは官民いずれもそうです、企業で改ざんしたデータの出どころなど一般には知り得ません、企業努力で解決します、となります。

      改ざんした係が出て来て実は私が指示し実行してたんです、なんて正直に言える機会は有りません。

      ウヤムヤにして終わりです、文書書き換えも同様にウヤムヤになるでしょう。

       

      ウヤムヤの根源は正直者が馬鹿を見るの諺です。

      この諺を誰が作ったのか、作った人に責任を取ってもらいたい、しかしその本人も正直には言わないでしょう、馬鹿扱いになりますから。

      | 面白い | 09:28 | - | - | - | - |
      佳境に入って来た嘘の現実、では誰が。
      0

        朝から晴天で太陽が顔を出すと気分がいいです、若干気温が低いですが。

        花粉の飛散量が半端じゃないです、薬の効き目を疑問視するほど鼻水と目がかゆいです。

        春になるにはこうした峠を越えねばなりません、現在は上り坂、花見頃から下り坂になりましょうか。

         

        いよいよ今日が正念場になって来ました。

        と言うか、既に報道されて改竄がはっきりして来ました。

        一枚の内容を変えるとなれば全体に影響するでしょうから、全部を改ざんした訳でしょう、担当役人も大変だったでしょう。

         

        文章を変えればそれなりに整合性を要求されますから、一部を変えて後の仕事は膨大な時間をかけたでしょう。

        そして国会答弁で文章を抹殺したと言い、実は残ってたし、国会で配布されたものに違いが出ていると言います。

        とんだことになってしまいました、これは政府筋の言葉でしょう。

         

        国会の権威を失墜させた事は明らかです、一役所の幹部が平気で嘘をつける国会だったんです。

        それを認めた政府関係者、麻生財務大臣、安倍首相の責任は国民からみたら辞職に値するものです。

        国会をなんだと思っているかと怒り心頭です、なめんなよ!これが殆どの意見では無いかと思うのです。

         

        明治政権が出来て以降国会で公正な意見交換をして、いい方向に導いて良い国家を作る事だったはずなのに、公正どころか嘘に塗られた国会を当時の西郷隆盛などはどんな気分でしょうかね。

        役人とはそれ程に偉く、政治家は役人に従う時代なのかと思うほどです。

        これほどの改竄は過去に無かったと言う結末になるでしょう、では誰が指示したかです。

         

        役人はこうした改ざんを自ら行う事は無いと言いますが、それも嘘でしょう。

        役人程こうした改ざんに慣れているのではと、不都合が起きれば文章は捨てたとも言い、出てくれば改竄していたとなります。

        回答書が有るのでしょう、その中に嘘は正当化されているんです。

         

        今日からどう展開していくのか、外野席から見ていれば興味深々ですが、面白がっていてもいいのかどうか、国の権威に関わる重大事でもあるのでね。

        ともかく、実態が明らかになることを願いたいですが、国民が納得できるまで追求が行われるかどうかも疑問視です。

        過去の事例でも最後は尻切れトンボ的な結果を見せつけられてきました。

         

        その点、田中角栄のロッキード事件で角栄が実刑判決がでたのは凄い事だったと思います。

        即ち、判決を出す場所に移さねば国会内だけで決着をつけるとなれば、うやむやになって終わります。

        国会議員は同じ貉(むじな)ですから、同じ痛みをしってますから、容赦しないどころか、かばい合う癖が有ります。

         

        これじゃ、本番に至らないで終わってしまうでしょう。

        影の力がどう働いたのか、その本質を知りたいのが国民です、森友になんぼで売ったかなどそれ程の問題じゃないです。

        本質は誰が指示したかです、安倍首相が嘘をついているとなればこれは国家の存続に影響してきます。

         

        中国では習首相が生涯首相でいられる憲法改正が行われましたが、日本でも首相を長く出来る法改正をするとか、でも安部さんではダメです。

        一方、奥方の幸恵夫人が行動している森友との関係もちゃんと説明してもらいたいです。

        電話やフアックスが度々使われていたそうですから、何らかの影響が有ったのは確かでしょう。

         

        しかしこの点を追及する勇気がメディアにはないのかどうか。

        本人にインタビューすることではっきりするでしょうが、難しいのでしょうかね。

        先ずは、今日の動き次第で事件につながるかどうか、当然関連役人は処分されるでしょう、ですがそれは筋違いと言うものだと思うのです。

         

        改ざんに苦心して作らされた労力の代償が減給やら降格では割が合いません。

        指示された通りの仕事を行なうのが役所なのですから、指示を断れり切れないのですから、それが処分じゃ可哀そうです。

        関係者の役人本人も家族も戦々恐々と震えているのではないかと思います。

         

        悪い事をしたなどと思ってないでしょう、ですからもし処分されてしまったら、世間にたいして堂々とこうされた、しかし私のしたことは誰々から支持されて行ったのだと、言った方がいいです、今後の役人の為にも。

        黙っていること自体嘘の上塗りです。

        佳境とはこうした悪い事に使う訳じゃないのですが、今回は悪いの面になりました。

        だって、佳境の佳は良い事の意味でしょう、良いか悪いかの境目でしょうか。

         

        | 面白い | 09:41 | - | - | - | - |
        必要なのですが無駄に見える事も多々
        0

          快晴の空を見上げると美しいなあ!と感じ入ります。

          冬の空は特別に透き通って見えますので宇宙に吸い込まれそうです。

          校庭では子供たちが授業前の鬼ごっこをしています、チャイムが鳴ったんでしょう一斉に教室に向かってます。

           

          一時間目から体操の授業もあるみたいで赤い帽子をかぶった小さな子供たちが出てきました、また校庭の周りを走るのでしょうか。

          寒いから裸にならないでと言ってあげたいインフルエンザも流行っているからね。

          無理は禁物です。

           

          北陸の方は降雪に対応せねばなりません。

          NHKのLIVEの映像で小松飛行場を見てまいした。

          6台の除雪車と言うか4台はブルドーザーの前に雪除け用の三角みたいなものを付けてます。

           

          その除雪光景をじっと見てたんですがあっという間に駐機場近辺が綺麗になりました。

          積雪はおおよそ50僂ら1mの間かと思われます。

          昨日は飛行場を閉鎖のかどうか、今朝からの運行のための準備作業が急ピッチです。

           

          雪搔きの作業は実に大変です。

          しかし除雪しなければその場所を利用できません。

          実に厄介な代物です。

           

          どうしても除雪は必要なものですが考えてみれば無駄の代名詞みたいなものです。

          雪が無ければ除雪などと言う苦労はしなくてもいいのです。

          除雪したからと言って何かを生産する訳じゃないし、経費を費やすだけです。

           

          ここ太平洋側は降雪が少ない、いや飛行場で除雪しなければならないほど降りません。

          もし羽田が除雪しなければならないような雪国だったら現状の便数をこなし切れないでしょう。

          欠航が相次ぐでしょう、除雪の無駄な作業が大変な不利益を出します。

           

          そんなことで除雪は必要不可欠しかし実は無駄な経費の消耗、ここんところが雪の困ったところです。

          しかしこうした無駄な経費は雪だけじゃないかも知れません。

          日常的にも同類の無駄が有る様な気がします。

           

          掃除もそかも知れません。

          毎日の掃除は欠かすことが出来ません、しかし掃除から得られる生産性は無いのです。

          汚さなければ掃除も必要ないと思いますが、程度問題です。

           

          昔の生活は風呂など無かった時代に人は身体をどうやって洗っていたんでしょうかね。

          現代は毎日風呂に入るかシャワーで身体を洗います、洗いすぎかも知れませんが。

          考えてみればここでも無駄をしているかもと考えてしまいます。

           

          風呂は三日か四日程度で良いかも、その間は行水で身体を拭く程度でいいのかも。

          経済的な効果は出ると思います、ガス代やら水道代が助かるはずです。

          身体も洗剤で皮膚上部の脂肪分を除去してしまいますから皮膚が弱るのではと感じてます。

           

          アトピーとかかゆみとかに関係が有る様な気がします。

          必要ですが過剰ではないかと思う無駄を探り出して改善することが現代の必要な事柄ではと思うのです。

          除雪を見ていると無駄な作業だなあと、もし雪が無かったらなあと、面白がって見ていていいのかと、そんな気がしたんです。

          | 面白い | 09:05 | - | - | - | - |
          得るものを得たら次も得たい欲望の連続
          0

            昨日の雪は残雪を溶かしてくれました。

            ここはまだまだいっぱい根雪が残ってましたが大分解消されました。

            歩く道幅も広がり助かってます。

             

            春っぽく感じるのですが節分の勢でしょうか。

            豆まきをして鬼を追い出さねばなりません。

            一番の鬼はかみさんでしょうが既に追い出してしまいましたので豆まきの必要がないかな。

             

            今日は友人のマンション購入のつきそいて行きます。

            ちょっと田舎に行きますと結構いい物件がいっぱいあります。

            選択するのが大変です。

             

            中古マンションですが築20年以内であればそれほど古くは感じません。

            それに田舎は都内と比べたら非常に安いし環境がいいし、空気がうまいです。

            良い事ばかりです。

             

            しかし都内に住みたい願望は依然として高いようで次々に出来るマンションは殆ど即完売のようです。

            公園も無く道路に面していてうるさいし空気は汚いし、3悪がそろっているのに都内に住みたい気持ちはなんでしょうかね。

            田舎とは言っても電車に乗れば都心まで30分とかそんな程度です。

             

            兎も角、住まいを安定させれば安心できます。

            ですが人はそれだけでは永遠に満足するのじゃ無く又次が欲しくなります。

            この欲しい欲望は無くなることが有りません。

             

            お金との相談になるかとは思いますが欲望が消え去ることが無いのです。

            欲望を駆り立てるのは一体どんな悪魔なんでしょうか。

            この節分で悪魔も払いのけた方が良さそうです。

             

            そんなこんなで今日は多忙極まりない一日です。

            早速出かけます。

            | 面白い | 08:26 | - | - | - | - |
            自分の経歴を記録
            0

              雪国の降雪の猛威も一段落で良かったと思いますがその後も不安は残ります。

              来週は気温が上がり雪崩の危険にさらされると言います。

              早く雪が溶けて春が来てほしいと願っている事でしょうしかし今は屋根に積もった雪を除去せねばならない大事な仕事が残っています。

               

              この作業で事故が起きてしまうのは残念です既に数人が犠牲になっています。

              屋根の上は実に危険そのものです雪国ならではの設計は出来ないものかと思ってしまいます。

              屋根の傾斜を通常よりも強くしておけば雪が積もらずに落ちてくれるだろうと思うのですが一般的じゃないのでしょうか。

               

              今年に入って自分の記録即ち経歴を整理しようと思って始めました。

              生まれたところからその前に両親のことも調べなきゃならないかも、祖父や祖母もしかし今となっては親に聞くことが出来ないので残念です。

              多分に記録は連続的に思い出すことが出来ないので追加追加でまとめる様になります。

               

              まとめ上げれば相当な量(膨大)になるかもしれません。

              役に立ちそうなのが写真です日付が入っていれば都合がいいのですがこれから写真を見直してみます。

              面白くなりそうです。

               

              実に自分と言う存在を意識することが無く日々を過ごしています。

              友人との飲み会の時に歴史(過去)を語り合いそうっだったあの時はと自分を思い出すだけです。

              生きている時はそうしたものでしょうか現在にのみ気を取られて過去などすっかり忘れています。

               

              考えれば自分の存在感とは何か?分からないのです。

              そろそろ74歳になりますがこの世に自分が存在したことがどんな役割だったのか評価すら出来ません。

              生まれた時はいい人生が待っていると親は考えるでしょうが果たしていい人生とは何かも分かりません。

               

              ですから自分の歩んだ道をじっくりと眺めてその中にいい人生がどの位有ったのかを確認してみたいんです。

              逆の悪い面も逃さずに記録してみたいです。

              どうも記憶面ですらすらと出て来る能力を持ち合わせてないので時間がかかりそうです。

               

              出来上がったらさぞかし楽しい経歴になりそうです一年がかりでも作ってみたいです。

              やっと今年の目標が得られました いいところに気付きました。

              ちょっと嬉しい気分です。

               

              そう言えばこのブログを始めたのは2009年1月10日でした。9年を超えたんです3175件を投稿しました。

              | 面白い | 09:27 | - | - | - | - |
              得意不得意は天性か努力か
              0

                北国は大変な雪の様で気の毒に思います。

                こちらはいい天気ですから勿体ない気持ちです。

                電車の中に閉じ込められた人達の心境を察します。暖房はあったとしても緊張が持続するわけですから精神的な疲労は相当なものでしょう。

                 

                今日もその寒気が居座っているそうで早く開放されることを祈ります。これも自然災害の一つでしょう。

                処によっては平年の3から10倍も雪が積もっているとか地域住民は戸惑いも有るでしょう。

                近年は雪が少なくなったように感じていたんですが寒気が来れば大雪の降る条件があるわけです。

                 

                こちらも寒さはだんだん厳しくなって来たように感じますが小学校の校庭では相変わらず子供たちが運動着半袖半ズボンで走り回ってます。

                昨日は全校生徒が縄跳びをしてました、大きな縄を回してその中に入って縄を飛び越えて出て来る単純な運動です。

                次々に回転している縄の輪に入って行くのですがしかし見ているとうまく出来る子と出来ない子がいるんです。

                 

                運動にはそれなりの運動神経が必要なんでしょうが何故出来ないのと不思議な思いもあります。

                我々の子供時代の遊びと言えば縄跳びは常でした。

                出来ない子はいなかった様に思い出すのですがどうだったか?

                 

                運動はそもそも出来る出来ないの差がはっきりと表れます。

                野球などはプロ選手になるには絶対に上手くなければならない訳で天性の運動神経が備わってなければならないのでしょう。

                この校庭でも土日には子供野球団ジャイアンツが練習しています。

                 

                見ているとまあまあって感じですそれなりにやってます。

                しかし上手いと言う動きは自ずと見えて来ますそれは野球と言う型(何となく)にはまっている感じがするのです。

                まずそういった子供は居ないです天性に恵まれた子が見当たりません。

                 

                ですから努力で上手くなるしかないのですがこれも限度がありますから それと天性は真剣さへの重みをもっているような気がします。真面目と言うか。

                しかし努力する方はどこかに遊びの方向に向かっている様に見えます。

                この辺の違いがあるんでしょうゴルフもフィギュアスケートもなんもかも天性のある人は真剣そのものでぶつかっていきます。

                 

                縄跳びだって単純と言いながら出来ない子がいると言うことは運動とは少なからず天性に恵まれねばならないと言うことでしょう。

                今はサッカーの時代でしょうがこれもまた誰でも出来るものじゃなくプロ級になるには努力だけでは行く着くことは出来ないでしょう。

                では天性とは生まれつきのもの 生まれたときに与えられたもの とすればそれに気づくことで未来が開ける訳ですか。

                 

                人は生まれた時は誰もが同等のものを持っていると思ってましたが違うのですかね。

                生まれた瞬間からプロになれるべきものを与えられたのでしょうきっと。

                我もその天性を持って生まれればよかったのになあと悔やみますがこれだけは神様の仕業(しわざ)でしょうかね。

                 

                外部から見ていると良く分かりますが自分の中では自覚することは難しいです。

                天性を見抜くこと これが生きる上で早く出来るかどうか 人生の生涯が決まるもの 気づくのが遅かった。

                天性だけじゃない 自分と言う存在もまだ気づかないでいる様に思える。

                幽霊か???

                 

                 

                | 面白い | 09:14 | - | - | - | - |
                竜馬が歴史から消える(教科書の中で)
                0

                  晴天の空を北国に持って行きたい気がします。

                  今朝のNHKの動画を見ていると雪が吹雪いて大変な状況を感じました。

                  たまたま学生時代の場所が映像に出てまして懐かしく感動しました。

                   

                  雪の深さは当時と変わらないぐらいです 道路の雪は除去が間に合わないのか車の腹をこすっていました。

                  当時も一晩で50兩僂發襪里鷲當未両態でしたから除雪車が出ても一部分だけしか出来ないのです。

                  雪の除去はお金をかけても見返りがないものです 捨て金です と官庁の人が言っていたのを思い出します。

                   

                  今朝の記事で教科書から坂本龍馬が消されてしますと出てました。

                  我々は竜馬有りきの歴史ですがどうやら小説で虚構だったのかも知れません。

                  しかしそれでも竜馬は歴史上で消すことが出来ない程深く入り込んでいます。

                   

                  小説が全て真実でないと決めつけたら我々歴史小説の好きなものからすれば「いいじゃないか」と反論したくなります。

                  実際に竜馬が歴史に係ることが少なく日本の夜明けに関係してないと言うのが真実ならば「じゃ誰がそうしたのか」をはっきりさせて欲しいと思います。

                  大政奉還を進めたのは竜馬じゃないとするならば誰が慶喜に提言したのか 慶喜自身が気づいたのかを明確に説明してもらいたい。

                   

                  司馬遼太郎だって頭の中だけで書いた訳じゃないし歴史書をいっぱい読んでから書いたのでしょう。

                  中国史 司馬遷が作った「史書」だって小説的なものですがちゃんと歴史書になっているんでしょう。

                  歴史はいや現実も本当の事など分からないことが多いです。

                   

                  誰の発案かなど言って見れば官僚の地位の低い人が居ても無視されるでしょう竜馬だって無名だったんではないだろうかと思う。

                  しかし竜馬はそれなりに広範囲に行動し顔が広くなり言動が重視されたのではなかろうかと思うのです。

                  だから竜馬は言わなかったじゃなくて行ったかもしれない程度でもいいから歴史の教科書に載せて置いてほしい。

                   

                  じゃないと歴史小説が全面的に否定されてしまう気がするし これから読もうとする子供たちにも小説を読んでも参考にならないと思われてしまうかも知れない。

                  歴史は小説から入っていくと楽しくてもっともっと読みたい知りたいと言う世界です。

                  教科書から何の楽しみも無いし興味も持てないのですから是非小説を敵視しないでもらいたい。

                   

                  歴史小説に魅せられてもいいじゃないですか。大河ドラマも全て否定ですか。

                  | 面白い | 09:17 | - | - | - | - |
                  竜馬が歴史から消える(教科書の中で)
                  0

                    晴天の空を北国に持って行きたい気がします。

                    今朝のNHKの動画を見ていると雪が吹雪いて大変な状況を感じました。

                    たまたま学生時代の場所が映像に出てまして懐かしく感動しました。

                     

                    雪の深さは当時と変わらないぐらいです 道路の雪は除去が間に合わないのか車の腹をこすっていました。

                    当時も一晩で50兩僂發襪里鷲當未両態でしたから除雪車が出ても一部分だけしか出来ないのです。

                    雪の除去はお金をかけても見返りがないものです 捨て金です と官庁の人が言っていたのを思い出します。

                     

                    今朝の記事で教科書から坂本龍馬が消されてしまうと出てました。

                    我々は竜馬有りきの歴史ですがどうやら小説は虚構だったと言うのでしょうか。

                    しかしそれでも竜馬は歴史上で消すことが出来ない程深く入り込んでいます。

                     

                    小説が全て真実でないと決めつけたら我々歴史小説の好きなものからすれば「いいじゃないか」と反論したくなります。

                    実際に竜馬が歴史に係ることが少なく日本の夜明けに関係してないと言うのが真実ならば「じゃ誰がそうしたのか」をはっきりさせて欲しいと思います。

                    大政奉還を進めたのは竜馬じゃないとするならば誰が慶喜に提言したのか 慶喜自身が気づいたのかを明確に説明してもらいたい。

                     

                    司馬遼太郎だって頭の中だけで書いた訳じゃないし歴史書をいっぱい読んでから書いたのでしょう。

                    中国史 司馬遷が作った「史書」だって小説的なものですがちゃんと歴史書になっているんでしょう。

                    歴史はいや現実も本当の事など分からないことが多いです。

                     

                    誰の発案かなど言って見れば官僚の地位の低い人が居ても無視されるでしょう竜馬だって無名だったんではないだろうかと思う。

                    しかし竜馬はそれなりに広範囲に行動し顔が広くなり言動が重視されたのではなかろうかと思うのです。

                    だから竜馬は言わなかったじゃなくて言ったかもしれない程度でもいいから歴史の教科書に載せて置いてほしい。

                     

                    じゃないと歴史小説が全面的に否定されてしまう気がするし これから読もうとする子供たちにも小説を読んでも参考にならないと思われてしまうかも知れない。

                    歴史は小説から入っていくと楽しくてもっともっと読みたい知りたいと言う世界です。

                    教科書から何の楽しみも無いし興味も持てないのですから是非小説を敵視しないでもらいたい。

                     

                    歴史小説に魅せられてもいいじゃないですか。大河ドラマも全て否定ですか。

                    | 面白い | 09:17 | - | - | - | - |
                    竜馬が歴史から消える(教科書の中で)
                    0

                      晴天の空を北国に持って行きたい気がします。

                      今朝のNHKの動画を見ていると雪が吹雪いて大変な状況を感じました。

                      たまたま学生時代の場所が映像に出てまして懐かしく感動しました。

                       

                      雪の深さは当時と変わらないぐらいです 道路の雪は除去が間に合わないのか車の腹をこすっていました。

                      当時も一晩で50兩僂發襪里鷲當未両態でしたから除雪車が出ても一部分だけしか出来ないのです。

                      雪の除去はお金をかけても見返りがないものです 捨て金です と官庁の人が言っていたのを思い出します。

                       

                      今朝の記事で教科書から坂本龍馬が消されてしますと出てました。

                      我々は竜馬有りきの歴史ですがどうやら小説で虚構だったのかも知れません。

                      しかしそれでも竜馬は歴史上で消すことが出来ない程深く入り込んでいます。

                       

                      小説が全て真実でないと決めつけたら我々歴史小説の好きなものからすれば「いいじゃないか」と反論したくなります。

                      実際に竜馬が歴史に係ることが少なく日本の夜明けに関係してないと言うのが真実ならば「じゃ誰がそうしたのか」をはっきりさせて欲しいと思います。

                      大政奉還を進めたのは竜馬じゃないとするならば誰が慶喜に提言したのか 慶喜自身が気づいたのかを明確に説明してもらいたい。

                       

                      司馬遼太郎だって頭の中だけで書いた訳じゃないし歴史書をいっぱい読んでから書いたのでしょう。

                      中国史 司馬遷が作った「史書」だって小説的なものですがちゃんと歴史書になっているんでしょう。

                      歴史はいや現実も本当の事など分からないことが多いです。

                       

                      誰の発案かなど言って見れば官僚の地位の低い人が居ても無視されるでしょう竜馬だって無名だったんではないだろうかと思う。

                      しかし竜馬はそれなりに広範囲に行動し顔が広くなり言動が重視されたのではなかろうかと思うのです。

                      だから竜馬は言わなかったじゃなくて行ったかもしれない程度でもいいから歴史の教科書に載せて置いてほしい。

                       

                      じゃないと歴史小説が全面的に否定されてしまう気がするし これから読もうとする子供たちにも小説を読んでも参考にならないと思われてしまうかも知れない。

                      歴史は小説から入っていくと楽しくてもっともっと読みたい知りたいと言う世界です。

                      教科書から何の楽しみも無いし興味も持てないのですから是非小説を敵視しないでもらいたい。

                       

                      歴史小説に魅せられてもいいじゃないですか。大河ドラマも全て否定ですか。

                      | 面白い | 09:16 | - | - | - | - |