RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

自然の豊かさを心の泉に

地球上の大自然は素晴らしい。その豊かさに抱かれて。
運動の秋保育園児が奮闘
0

    本当にいい気候になり嬉しい限りである。

    軽いジョギングしても適度に汗が出る程度で快適である。

    イチョウの木から銀杏がどんどん落ちて来て木の下はいっぱいに広がっている。

     

    拾う人も中にはいるが落ちている量が圧倒的に多い。

    キンモクセイの香りもいい公園内にたくさん有ってかぐわしい。

    紅葉は徐々に進んでもう直ぐ赤や黄色の景色になりそうだ。

     

    秋は運動の最適な条件になる。

    保育園の園児たちは連日の練習の結果を披露している。

    声援も凄いが驚くのはちゃんと目的を達成していることだ。

     

    玉入れが一番うれしそうだ、結果を一個一個数えるのだからこれも凄い。

    リレーだってやるんだよ。

    バトンが輪になったものを使うので渡しやすいし落とさない。

     

    この辺は工夫されていると思った。

    遊戯ダンスも教えられた様に出来るのだから幼児とは思えないくらいだ。

    2歳児からいるのだろうが5歳児は大人的な雰囲気を持っている。

     

    整列もしている、幼児ならば勝手気ままに動き回るのだがここでは自分の位置をしっかり守っている。

    なんでこんなにお利口さんなんだろうと感心してしまう。

    幼児教育はとても大事なことかも知れない。

     

    幼児に覚えた習慣を維持していればいいのだが年を重ねるとずる賢くなって勝手な行動をしたがる。

    三つ子の魂百までと言うがしっかりと魂を鍛えておきたいものだ。

    ともかく偉いなあと感心している。

     

    子供を大事に育てたいこれは親だけのことではない。

    国民全体がそう思っている。

    幼児虐待など有ってはならない。

     

    大切に見守りたいと運動会を見ながら感じるのだ。

    | 健康:自然の姿 | 09:00 | - | - | - | - |
    食欲の秋・体育の秋
    0

      秋が本格化してきた感がある。

      もう30度を超える事は無くなるだろう。

      となるとどうしても寂しい思いが出るがしかし今年は実に暑かった。

       

      気温もさることながら湿度で悩ましいねっとりした汗が飛んでいかない暑さで有った。

      シャワーをしても又べとつきが出て来てスカッとした気分が得られなかった。

      これが今年の夏模様であった。

       

      しかし秋は必ず来るものだ、清々しいの言葉を使える程になった。

      公園の散歩も楽ちんであるが、邪魔物が出て来た。

      それは蛇だ、昨日も歩道を蛇が横断しているのだ、近づいて行くと何となくこちらに首を向けて口を開けているのだ。

       

      挑戦して来たのかどうか分からないが何らかの牽制をしたはずだ。

      こちらも何もせずに通り過ぎたのでそのまま道路を横切った。

      折角だから写真をパチパチとスマホに収めた。

       

      そして友人たちに送った、大体が嫌がる。

      前に聞いたことがあるが蛇は非常に進化した動物だそうだ。

      何がと言うと忘れたが機能的に優れているのだと言う。

       

      しかし可愛いと言う雰囲気は無くペットにする人は無いだろう。

      だが自然に住んでいる動物として見ておかねば可哀そうだ、気嫌うだけでは蛇も立つ瀬がない。

      好き好んで人に接して来ている訳じゃないだろう、餌が少ないからだとも、カエルが好物のはずそのカエルが居ないのかも。

       

      蛇も秋になったので食欲が出始めたのか、しかし蛇の体温は相当に低いそうだから食べる量は少なくていいのかどうか。

      その点人は秋の豊かさにどん欲だ。

      果物がどんどん出て来て甘いし美味しい。

       

      この甘さは当然糖分だから食べ過ぎは太るにつながる、でも制限されるとストレスにつながり又食べてしまう。

      こうして秋はどうしたって太る要素がいっぱいだ。

      今日はこれから健康診断に行く、で朝食抜きであるのが非常に辛い、もうお腹の皮が背中にくっつきそうだ。

       

      食欲の秋に我慢するのは問題だ、今後は春の内に健康診断を済ませておくことにする。

      食欲を制限してダイエットするこれが流行っている様に感じる。

      テレビCMでのこの種のサプリメントがとても多い。

       

      しかし胴回り10cm減ったので喜びを感じている人が映像で出て来るがその後はどうなんだとその状態が続いているのかと聞きたい。

      これほどおいしいものが豊富な秋にダイエットが出来るものじゃ無い。

      無理しても結局は元に戻ってしまうのがおちだ。

       

      これも定かではないが一度皮膚が大きくなってしまうと細胞が元に戻そうとするから、減っても元に戻るのだと言う。

      知り合いにダイエット常習犯が居る、即ち何かのサプリメントで減ってきたのでいいねえ、と言うとその後数か月後には元通り。

      そして再度挑戦しておおいいねえとなるが続かない。

       

      どうもその人の体形が太さでいいのだと言う結果が出ているのだと感じる。

      運動も適度に必要となるが気候が良くなったから運動するかと思ってもそう簡単じゃない。

      運動はとても努力が必用だ、毎朝ストレッチを25分ほど行っているがこれを継続するには眠さとの戦いだ。

       

      もう何十年もこのストレッチを続けているが自然体に慣れる訳じゃない、やろうとする意識が働かないと怠けてします。

      ここの公園での散歩もそうだ、毎日歩くのだが気力を持たないと玄関を出ることが無い。

      雨で今日は止めるかと思えば簡単に中止してしまう、身体が散歩を誘う訳じゃない気持ちの問題だ。

       

      運動とはそうしたもので努力なしに出来るもんじゃない。

      秋の食欲は自然に出来るが運動は気力次第、となればやはり秋は太るとなるのが当たり前。

      馬肥(こ)ゆる秋とは言い当てている。

      人もそうだ。

       

      | 健康:自然の姿 | 09:40 | - | - | - | - |
      食べものの美味しい季節、その食料。
      0
        秋晴れが続く連休、どこの行楽地も人人人でしょうかね。
        天気がいいと、気分も浮き立つもの、天気次第です。

        秋は収穫時、夏の日照りが作物を元気にしてくれたようで、何でも旨いです。
        果物は糖度が高く、甘くてみずみずしくて、最高の出来のような気がします。

        今年はいちぢくがたくさん採れているようで、いっぱい食べています。
        こんなに多いのは珍しいくらいです。
        りんごも甘さが強く、いつものりんごとちょっと違う気がします。

        ぶどうも旨いですね。
        いろんな果物がまだまだいっぱい食べられます。
        今年は当たり年かも知れません。

        しかし果物の甘さは果糖でしょうから、取り過ぎは禁物かも、ほどほどにしないと、実は甘さを苦手にしているので、その辺は大丈夫です。
        自然の恵み、これは人だけでなく、動物たちも喜んでいることでしょう。
        旨い、味を、味覚を知っているかどうか疑問ですが、果実が多いことで腹いっぱい食べているかも。

        食すると言う、これは生きている間は必要不可欠です。
        食料が有ればの話です。
        天候次第で作物の出来具合は違って来ます。

        もしも天候不順で作物の成長が無かったら、とても大変な状態になります。
        江戸時代以前は天候で飢饉も度々有ったとか、これは日本だけでなく世界的にも飢饉は有ったようです。
        韓ドラの歴史ものなども飢饉状態が出てきます。

        現代は流通と言うものが発達し、何処へでも運送出来ますから、海外のものだって手に入っていますから、飢饉の心配は無くなったと思います。
        しかしそうだからと言って、食料が豊富に有る訳では有りません。
        生産の限度と言うものが有ります。

        ですから、食料は決して無駄に、余すようなことはしない事です。
        大事な食料、毎日必要な食料、それに対する感謝を感じなければいけない気がします。

        食品加工工場などは、多くの廃棄物を出しています。
        これは機械化によって、安全への配慮から、いくぶんか余計に捨てる、その為ではないかと。
        惣菜工場などに行って見ると、廃棄されている量が物凄いですからね。

        実に勿体ない気もしますが、加工品を買う人が多いことが原因です。
        自分で料理すれば、廃棄する部分は出来るだけ少なく、その思いが有ります。
        しかし加工された食品にはその思いが出ません。

        美味しい食べ物、これをいつまでも食べたい、ならば大切にしなければ、その思いは大事なことです。
        これから買い物に行きますが、陳列されている食品、旨いもの、いっぱい、秋は太るのも不思議では有りません。
        太ったらダイエット、これが間違いです。

        ダイエットは痩せる食事療法と思っている傾向が有りますが、実は健康管理のことだそうです。
        健康を維持するために、どんな食生活をするか、そのことです。
        ここでも間違ったダイエットの用語使いをしているようです。

        この秋、健康のために、いろんなものをたくさん食べて、魅力的な体つくりをしたいですね・・・・・・
        | 健康:自然の姿 | 08:57 | comments(0) | - | - | - |
        一定の数字が安定的です。
        0
          花盛り、あちこちで見かける桜の花、美しい限りです。
          幼稚園の庭にも、小さな児童公園でも、お家の庭にも、ほとんどのところで満開を演出しています。
          さくら、一斉に咲くので、見ごたえがあります。

          風もなく、穏やかな日が続いていますので、長持ちしそうです。
          今日も花見でどこもかしこもいっぱいでしょう。
          日本の春、いいですね、しかし花粉症に悩まされている人にとっては辛いんです。
          マスクと満開、どうもピンとこないです。

          健康のCMが多いのには参ってしまいます。
          昼の時間帯のCMはほとんどが健康食品です。
          それも最近は有名な薬屋さん(製薬会社)が堂々とCMを流しています。
          変わったなあと思います。

          昔は訳の分からない会社の健康食品に疑問を持ちながら、買っていた人も多かったと思いますが、今では有名な製薬会社の製品だから安心とばかりに、宣伝しています。
          医薬品の販売がそれほどまでに苦しいのかと、現代の風潮を見せつけられます。

          何事も成長から徐々に衰退へと、この条理を避けることが出来ないんでしょう。
          シャープが危機に面していると、液晶で君臨していたのが、凋落へと、その道しかないのでしょう。
          一定の条件、数字が並んでおれば、それとなく安定していますが、一度落ち込む数字が出ると、もう這い上がれないのが普通の状態です。

          そのことを分かっていても、その轍を踏むのですから、人とは欲にかられているものだと、つくづく思います。
          欲望、そこには限りないほどの魅力が有ります。
          鬼平を読んでいても、盗賊たちの欲望に限度が無く、遂にはお縄になってしまいます、死罪も免れません。
          欲望は今の状態以上になりたい、このことです。

          限度の無い数字を追いかけまわす、しかし必ず限度は有ります、そして凋落が待っています。
          数字によって、良し悪しを決められるものでは有りませんが、数字に拘(こだわ)る人がとても多いことが人の社会です。
          毎日数字を計算しないことは無いでしょう、使ったお金を家計簿に(今はエクセル)記入します。
          しかしその数字が何を意味しているんでしょうか、多くなることが、残ることが、嬉しいのでしょうか。

          ともかく、数字に頼ることの多い現代、他にもっと頼れるものを持ちたいものです。
          | 健康:自然の姿 | 09:25 | comments(0) | - | - | - |
          時間の長さを感じています。風邪で臥せっている今。
          0
            桜の花が一輪、また一輪と開いていると聞かされて、早く風邪からの脱却をしたいと、焦りの気持ちになっています。

            金曜日から咳とのどの痛みに悩まされ、やっと先ほど近所の医者にみてもらいました。

            身体もあちこち痛くて、どうにも自由な行動が制限され寝るしかないです。

            そんな時に感じるのは時間です。

            時計をみる機会が何故か頻繁になっていて、あれまだ3時とか、まだ30分しか経っていないの、とかともかく時間の進み具合が遅く感じます。

            健康な状態では時間などそれほど気にしていないことがよく分かります。

            健康状態、時間を気にしない時間帯なんでしょう。

            鳥たちが活発に鳴いたり飛んだり餌を探している姿、それは健康そのものだからで有りましょう。

            時間空間、気にならないことがいいのです、時間に左右されがちな人生、しかし人の生きる時間は限られていて、活動そのものです。

            ベットから早く離れて時間の経過を忘れたい、現状の気持ちです。
            | 健康:自然の姿 | 13:13 | comments(0) | - | - | - |
            寒い朝勇気を奮って行動開始しています。
            0
              実に寒くなりました。
              初霜や初雪やら初冠雪やらあちらこちらで言われています。
              それも昨年より何日も早いとか、今年の冬は寒さが厳しいのでしょうか。

              夏の暑さも尋常では有りませんでしたから、冬もそうなるんでしょうかね。
              寒い朝は起きる時辛いです。
              毎朝5時に起床と決めていますので、目覚ましで起こされた時は真夜中ではと思ってしまいます。
              外は当然夜明け前、暗いとは言っても都会の夜は明るいですがね。

              しかし電柱の街灯はまだ消えていません。
              窓を開けるとひんやりとした風が侵入してきます。
              そうして体を動かすこと20分行います。

              ようやっと身体が目覚めて来て、さあ今日も行動開始ってなわけです。
              そこまでたどり着のが容易では有りません。
              奮い立たせる気力が必要なんです。
              暖房を付けて快適な温度で部屋をコントロールすればいいのですが、温調が嫌いで自然の状態にしているんです。

              だから夜中に寒くて目が覚めたりします。
              そう言えば近くの小川に例年通り鴨が渡って来ました。
              10羽程度いました、長旅で疲れているんでしょう、丸くなって流れのゆるいところでぐっすいりと睡眠していました。
              この小川は魚がいないように見えますが、魚ではなくコケを食べているんでしょうかね。

              毎年来る時期は冬の入り口なんでしょう、鴨イコール寒さを連想させます。
              そんな冬の季節に、冬の陣ではないですが、総選挙が有りそうです。
              寒さなど政治家は関係が無い、そんな元気さを持っています。

              そう元気、これがこれから一番必要な言葉です。
              寒さも元気で吹き飛ばす、気持ち次第で寒さも無くなります。
              ともかく体を動かす、そうすれば熱が発生し、身体がぽかぽかします。
              さてっと、落ち葉の掃除でもしましょうかね。
              | 健康:自然の姿 | 08:54 | comments(0) | - | - | - |
              2014年の躍動が始まりました、年末までどんな事になりますか。
              0
                今朝は日本晴れ、素晴らしい仕事始めの日和になりました。
                幸先(さいさき)がいいと言いますが、この天気が今年を占っている感じがします。
                きっといい年で終るような気がします。

                毎年この仕事始めが有りますが、今年は例年と違って何か良いことが有りそうな気分です。
                今年は良いことを強調して考えて見たい、そんな気持ちでいます。
                報道はどちらかと言うと、悪いことが多く、良いことは表に中々出てきません。
                その辺を探って、いいことを見つけるようにしたいです。

                それから、この世と過去の世の比較をしたいとも思っています。
                そのために、いろんな歴史小説を読みたいとも思っています。
                日本人で有りながら、日本の歴史についてそう詳しく知っていないのが現状です。

                江戸時代の本は読む機会が多く有りましたが、平安時代とか、奈良時代とか、まだまだ古い時代とか、いろんなことを知りたいと、そう思います。
                その時代に生まれ、そして一生を過ごす訳で有りますから、人の命(生涯)ってのは面白いものです。
                どの時代がいいのか、それは誰にも分からないことでしょう。

                憧(あこが)れは有っても、現代以外には暮らすことが出来ないのですから、ここんところも面白い現実です。
                何時の時代でも健康と言うことについては、一番の感心ごとで有ったでしょう。
                そのとき、どんな考えを持っていたんでしょうかね、現代みたいに健康食品などに感心が有った訳ではないはずです。

                実際に、我々の時代に健康食品などのコマーシャル見たことも有りませんでしたからね。
                極最近、健康食品ブームが高まっているだけで、それまでは自然食を中心に、あくまでも自然の旬のものを食していました。
                それが、現代は加工食品ばやり、冷凍食品ばやり、スナック菓子ばやり、そうすることで、健康が損なわれ、健康食品を必要としているのでしょうか。

                もう少し、自然を見つめなおし、自然に近づくことがいいことだと思います。
                もうちょっと前は自然食品ブームが有ったんです。
                最近はどうなっているでしょうか。
                ブーム、それがその時代を象徴しているのでしょう。

                ま、そんな訳で、どんな食をし、どんな健康状態を作るか、これが生涯の課題ですかね。
                 
                | 健康:自然の姿 | 09:56 | comments(0) | - | - | - |
                あっという間に、長い休みは終ります。
                0
                  今日は頗(すこぶ)る寒いです。
                  この時間でも外は3度程度ですから、太陽の光が如何に高いエネルギーを持っているかが分かります。
                  雲が寸断されれば、日射しが舞い落ちて来るのでしょうが、どうも厚い雲は安定しいます。
                  雪が降りそうな雰囲気です。

                  さて、もう正月休みは終わります。
                  明日は仕事始めで、あいさつ回りが主な仕事でしょう。
                  しかし、休みもそこそこに仕事を続けているところも少なく有りません。
                  牛乳会社は一年中製造の休暇は有りません、牛が乳を出している間は製造を止めることが出来ないのです。

                  牛も正月だから、乳を搾らなくてもいいよ、てなことになれば別ですが、毎日決まった時間に搾乳しないと、牛が参ってしまうのです。
                  外から見ると、あれほど大きな乳がぶら下がっているのですから、あの中身は乳でいっぱい、それを出して上げないと、乳が落っこちてしまいますかね。

                  他にも、スーパーなど2日から営業しています、働く方々の苦労は大変でしょう。
                  長期の休暇で、里帰り、今度は帰京の混雑、いずれにしても休暇はあっという間です。
                  そしていよいよ2014年がスタートし、又々いろんな出来事が待っているのでしょう。

                  どんなことが起きるか、事実は小説より奇なり、で想定外です。
                  世界が、アジアが、日本は、地域が、そして自分の周りが、どんなことになるのか、分かりません。
                  それがいいのでしょう、もし想定した通りならば、驚きも、感動も、嘆きも、憤慨も、等々無いわけですからね。

                  一年の経緯を今年もじっくり眺めながら、過ごして行きたいと思っています。
                  感激の多い年になって欲しいと願うのです、憤慨に傾くことが無い様に。
                   
                  | 健康:自然の姿 | 09:27 | comments(0) | - | - | - |
                  新年のおもてなし。
                  0
                    新年おめでとう御座います。
                    ご挨拶がこの日のなってしまいました、その理由は訪問された方のおもてなしで、一生懸命でした。
                    年末から準備をし、一日からおもてなし、やっと今お帰りになり、十分な満足をして戴きました。

                    天候も良くて、とてもいい正月三が日でした。
                    近くに温泉も有りますので、ゆったりと癒しもしていただけました。
                    しかし、温泉は大盛況で、混雑さは普段の数倍のため、多少気がかりでした。
                    それでも温泉好きなので、大満足のようでした。

                    おもてなし、これは本当に一生懸命にしなければと、今回はつくづく思いました。
                    京都に迎賓館が出来て6年になるそうです、テレビで紹介されました。
                    その中で思うことは、物凄く気配りしていました。
                    おもてなし、とはそうした気配りが一番大事なことだと知らせれました。

                    いい正月でした、今年はこのように、いっぱいおもてなしをしたと、そんなスタートです。
                    先ずは満足の正月で開始しましたから、これからも楽しく過ごせそうです。
                     
                    | 健康:自然の姿 | 11:18 | comments(0) | - | - | - |
                    もう一日の今年、いろんなことが有りました、それが最終日にも。
                    0
                      これほど健康のコマーシャルをしている時代は無いほど、テレビ・ラジオ・新聞等々で宣伝されています。
                      しかし、健康食品を販売するためのもので、健康管理と言う面では何も言っておりません。
                      今年の最後に来て、又しても、最高責任者の頭の下がるのを見なければなりませんでした。
                      日本の企業はいったいどこに経営の主眼を置いているのでしょうか、と疑問を持ちます。

                      食品を製造する、そこにはどうしたって健康被害を出さない、その品質管理が主眼になければなりません。
                      今回の場合、どんな理由から農薬が混入したか明らかになっていませんが、物凄い量と多種類に及んでいることから、製造後に何らかの悪戯(いたずら)とは考えにくいです。
                      中国の餃子事件とは質の違ったものであろうかと思います。

                      これは製造の品質管理以外に考えられません。
                      ある主婦が出荷前に何故分からなかったかと、言ってました。
                      これが正しいのです、冷凍食品は製造してから、即出荷は無いかと思います。
                      冷凍庫に保存して、その内から出荷するわけですから、製品チャックする時間は十分に有ります。

                      しかし、出荷して、子供が吐き気を催して初めて知るとは、品質の管理が如何にズサンかを覚えます。
                      現代は冷凍食品時代とばかりに、冷蔵庫も冷凍庫と言ってもいいほど、冷凍庫が大きくスペースを取ってます。
                      チンすれば即料理無しで食卓に並べられます。

                      しかし、本当にいいのだろうかと、何か健康に悪影響が無いのだろうかと、常々心配していました。
                      いくら冷凍と言っても、徐々に製品の品質は劣化します。
                      特に、細菌の汚染は避けられません。
                      そこで殺虫剤を使うことになりますが、冷凍状態が悪ければ細菌の発生量も多くなり、その結果殺虫剤も多くなり、そんな問題点が有ったのではなかろうかと、邪推しています。

                      もう冷凍食品でも事故はこの程度で留めて欲しいと思います。
                      この正月用にも冷凍のおせちが食卓にいっぱい並ぶことでしょう。
                      その中のエビが問題ではなく、その冷凍食品に殺虫剤が混入していない、そう言い切れないのでは無いでしょうか。

                      多少なら中毒を起こさないから、大丈夫、しかし、毎日冷凍食品を食べていれば、これは身体に少しずつ農薬は入っているわけで、堆積する物質であれば、問題が置きかねません。
                      日々の食、これは欠かすことが出来ません、できれば冷凍食品などに頼らないで、自分で料理することが大事です。
                      そして自分の料理はこの世で一番美味しいのです、本当ですよ。
                       
                      | 健康:自然の姿 | 09:40 | comments(0) | - | - | - |