RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

自然の豊かさを心の泉に

地球上の大自然は素晴らしい。その豊かさに抱かれて。
鬱陶しさが加速No 4060
0
    今朝も豪雨ではありませんがしっかりと降り続きました。
    やっと止んで明るくなって来てます。
    月曜日の雨は通勤者にとって鬱陶しいことでしょう。
    家の中はエアコンで快適な状態になってますがラッシュの電車は乗りたくありません。

    友人から電話が入り鬱陶しさが度を越した様だと、そろそろ飲み会でもと。
    しかしコロナウイルスは依然として頭から離れず即刻決めかねてます。
    取り敢えず公園でビールを飲む機会を考えることにしました。
    ですがこの梅雨でしょう、外は晴れの条件が必要です。

    中々憂さ晴らしの日取りも決まらずますます鬱陶しいのです。
    友人も言ってましたがテレビももう飽きてしまったし、本もそろそろ嫌になってきたと。
    そうですよ同じ報道を聞いても滅入るだけで気分転換できません。

    それにしても九州の豪雨災害は大変な状況でしたからそして今日も降り続いてこれ以上被害を広げないで欲しいです。
    それもこれも温暖化の影響が出ているとすればその事にも憂鬱さを感じます。
    都知事選も終わりここでも変化の無い女帝が再び登場したわけでこれも鬱陶しいです。

    変化を求める事で目先の方向に違ったものが見えれば鬱陶しさも多少減るでしょう。
    しかし同じ顔ではそれも権力の欲望者であるから余計に鬱陶しいのです。
    コロナウイルス感染者数も相変わらず100人以上をキープしていますがこれも政策的意図的なものが含まれて居るとか。

    即ち話題の新宿での検査は保健所が積極的に店に入ることをためらっているそうです。
    ですからある程度の情報をもとに検査を絞って行なっているとか。
    一斉に店に強制的な検査をする行動に出たら物凄い数字になると言います。

    ホストクラブの従業員の住処などは狭い部屋に数人の同居が普通だと言う。
    相手は女性で地方からも多く来ているとか。
    都内から近隣他県に拡散していることは当然と言います。
    夜の街は不夜城で夜明けまで飲み明かしているのが普通だとか。
    それらを取り締まれずに解放している都庁のお役人は何でしょうかね?
    小池知事の再任によって変化は起きない事になったので今以上の感染者数が出て来るでしょう。

    依然として夜の街を言い続けて解決策を見出せないでいるのです。
    実際に緊急事態の時にもホストクラブは裏で営業を続けていたそうです。
    現実に家賃が月に200万円も掛かるのに、一時金100万円貰っても家賃の足しにもならないと。

    兎も角こうした風俗的な業態にはちゃんとした仕組みを作らねば、このコロナウイルスを自由に活動させている事に繋がります。
    都内の住んでていてコロナウイルスの感染者が多くて心配と言っても家に閉じこもることはもう出来ません。
    身体が運動不足でブユブユに脂肪の塊が胴回りに増えてきてます。

    これ又憂鬱の種です。
    憂鬱ばかりが回りに転がっていて何処を向いても憂鬱ばかりです。
    ですから兎も角積極的に活動する、これしか憂鬱を振り払う方法はありません。
    | 疲れました | 10:52 | - | - | - | - |
    何が起きている?No 4059
    0
      球磨川の氾濫で今度も多くの犠牲者が出て痛ましいことです。
      事前の対応が出来ないのでしょうか?
      豪雨の予測も天気予報で十分に報道されていた筈が結果として老人に被害が出てしまいます。
      水害の事故は避難することで回避が可能だと思うのは現実を知らないから言えるのでしょうか?

      実際には避難所などへの移動が難しいのでしょうか?
      都会に住んでいればもし避難勧告が出たら即刻移動したい気分でおりますがどうなんでしょう。
      個人の判断に委ねているとすれば地域社会とは一体何なのか。

      今後も豪雨は何処でも襲ってきます。
      避難勧告を出せばいいと言うものでもなく、その地域で団結して避難する組織が必要かと思います。
      昔の火事はバケツリレーで消火に当たりました。
      地域を守る一念で皆が協力しました。
      現代は誰かが自治体がやってくれるもんだと、地域全体の責任感を持ち合わせて無いのでしょうか?

      災害が起きる度に同じ様な感想を持ってしまうのです。
      人の社会ですから地域の団結こそ今求められている気がします。
      絆とか分かりにくい言葉を使うのも良いでしょうがお隣さん的温かみの方が団結に近づく様に思えます。

      一方今日は都知事選が始まってます。
      すぐ目の前の小学校が投票場です、チラホラと投票する人が出入りしてます。
      結果は決まっているのでしょうがやはり投票に行きます。
      れいわ維新の山本太郎さんを応援してますが次点になれば良いとしますか。
      山本太郎さんはコロナに関して都民の心情を理解している人だと思うから応援してます。
      世界でも日本でも感染者数は増え続けています。

      各国とも異常事態宣言などを出さずに感染者数を増やして免疫者を増やそうとしているのかも知れません。
      40%まで上がればほぼ安全圏に入る様ですが、問題も出たと言います。
      それは中国からのレポートで免疫保持期間が3ヶ月程度で、その後再度感染する可能性が高くなると言います。

      ですからコロナウイルスが存在している限り感染から逃れられないと言う事でしょうかね。
      この事からコロナウイルスの予防にワクチンを投与したとしても、全く意味が無いことになると言います。
      急いで開発されているワクチンが有効では無いと言う結論になりそうです。

      やはりワクチンは急いでしまうと5年後ぐらいに後遺症とかの問題が起きかねないといいます。
      開発された新しいワクチンの投与はしない方がベターだそうです。
      安倍首相も米国の開発商品を手に入れるべく注文しているとか聞きますがこれ又オリンピックの為でしょう。

      なんもかもエビデンスを無視して前のめりに誤った方向に行こうとしています。
      もう一年後のオリンピックは諦めて、日本の方針を地に着いたものに方向転換する時期です。
      なんもかも中途半端で実りのない国家になっているのが悔しいです。

      もしこの7年間別の有能な首相が日本を舵取りしていたら素晴らしい国になって世界中から絶賛されていたでしょう。
      安倍首相には素晴らしい国造りの発想が無く、富豪の創出だけに終始した人です。
      富豪は個人だけで無く企業の富豪も作りました。

      日本銀行が発行した札束を企業の預金に回ってしまったのです、何百兆円と言う前代未聞の数値です。
      企業がお金を工場建設などに投資しなければお金は下層に行きません。
      株価もそうです、訳の分からない所が市場に介入して年金が6兆円も損害を出したとか報道されてます。

      一方で日銀が株価調整の為に介入しているそう、世界中でも日本だけだそうです。
      何故にこのコロナウイルス騒ぎの時に株価操作をするのか?
      雇用も減少して失業者がどんどん増えているのに株価はある一定の数字を行ったり来たりしてます。

      この時期は大暴落してもいい条件がいっぱいあります。
      暴落させて全ての国民が危機感を持ってどん底から這い上がる努力の時だと思うのです。
      西郷隆盛は明治維新の時に国がどん底まで破壊され、そこから立ち上がった方が強い維新が出来ると言う説を持っていた様です

      確かに日本は敗戦で無になりそこから立ち上がったのです。
      徹底的な壊滅でも底力を出す事ができます。
      火事場の力持ちとか言いましたか、仏壇など普段は持ち上げられないのに火事の時は外に持ち出せる力を発揮すると言うものです。
      兎も角現在の日本は何処に行くのか定まらず、何をしようとしているのかも国民に分かりません。

      これから投票に行きますが疑問を持ちながらの行動になってます。
      | 難しい | 09:33 | - | - | - | - |
      自粛を自らNo 4058
      0
        球磨川の氾濫で犠牲者が出ない事を祈ります。
        梅雨の時期とは言え集中豪雨になれば被害は避けられません。
        日本の河川は氾濫危険箇所が数えられないほど有るそうですから豪雨には十分な注意が必要です。

        ただ注意しても相手は天候ですから制御も出来ず成り行きに任せるしか無いところです。
        命だけは守る行動になりましょう。
        地震と違って変化が徐々に現れてますから注意しようがあります。
        土砂災害も必ずでます。危険な崖は前もって知っている筈です。
        その辺に注意点を強めて置きたいです。

        コロナ時期と重なった時の避難所問題は今後の大きな課題でしょう。
        球磨川の流域だけの問題ではありません。
        どう対応するか自治体の腕の見せ所です。

        そんな中、東京はいよいよコロナウイルスの猛威をもう一度感じなければならない様です。
        明日は知事選の投票日ですが自粛の号令が出ないのは投票率が下がる理由でしょうかね。
        東京アラートを発して都庁を真っ赤にライトアップじゃ投票も控える人が多くなるでしょう。

        しかし6日以降にまだ100人を超える様だったら即刻アラート宣言になりますよ。
        アラートを出したくてイライラしているのが分かります。
        小池知事の続投でしょうから不満でもコロナ対応をキチンとやって貰いたいです。

        自粛要請など出なくても自ら自粛する様な雰囲気になっています。
        勿論完全に緩めたわけは無いですが相当のところは自由さを求めていました。
        そのせいか気分的なリラックスを感じてまして身体がとても力強く動くのです。

        歩いていても若者に追い越される事が多かったのに最近はサクサクと軽い足取りです。
        最近はお年寄りなら追い抜いています。
        歩く時のスピードは老化の重要なポイントかも知れません。
        確かにサプリメントの宣伝でも歩く姿を強調してます、よくわかる様な気がします。
        しかしサプリメントで力強くなれるとは思われませんがね、どうでしょうか?

        自粛も前回の経験で家の中での生活が主でしたが今度は積極的に外歩きしようと思ってます。
        人の少ない場はいっぱい有りますからそんなに苦労しなくてすみそうです。

        不要不急の外出は避けて、これが問題でした。
        外出は不要ではなく身体の維持には必要不可欠なんです。
        エネルギーを作り出すのも運動して消費するから次を摂取する訳でその循環を促進させる事、生き物の必要条件です。

        外出は控え目に、次回の自粛要請にはこの言葉を削除してほしいと思っています。
        人との接触もマスクで相当に感染防止に役立っているでしょう。
        怖がらずに普通の生活を続ける工夫ですよ。

        どうしても気がかりは食事の場ですかね。
        此処だけはマスクを着けたままじゃ食えないし飲めないですから。
        特にエアコンの時期ですから窓の解放されている所以外では要注意したいです。

        そういえばここは大江戸線の地下鉄利用が多いのですが、窓を開けての走行です、実に物凄い爆音ですよ。
        特にカーブを曲がる時に線路と車輪が接する異常な音は初めはびっくりでしたが最近は慣れました。
        逆に窓の開いていない車両には乗りたく無いです。

        昼の地下鉄はガラガラですから問題ないかとも思うしマスクは100%付けてます。
        この点は流石に日本人気質を発揮してます。
        今日からの自主自粛をどう言う活動内容範囲にするか研究です。
        | 待つ | 10:33 | - | - | - | - |
        衰えぬウイルスNo4057
        0
          薄日射しねっとり湿った熱風に晒されそうな外です。
          朝からエアコンに頼ってますが時には換気も必要なんでしょうかね。
          家に感染者が居なくても換気するべきなのかコロナに対する過敏症が問題かも。

          外から帰ればしっかりと石鹸で丁寧に手洗い、しかしその前にウイルスを体内に入れてしまった場合には遅きに失した事になります。
          兎も角ウイルスの存在が見えないだけに手探りの対応です。
          都内の感染者数も順調に(?)上昇傾向になってきてます。

          コロナウイルスがどっかにいるわけだから自由な行動になれば当然の結果です。
          それが始まりの時は自由を制限する事がしきりに言われましたが現在は抑制自粛など言う人はいません。
          まだ大丈夫と言う判断が言われてますが、最近は専門家の意見でどうのこうのと言わなくなりました。

          専門家も形なしです。
          結局局面が大きくならない限り自粛等の要請は出せないと反省しているのでしょう。
          実際にあの時の自粛がどれだけ必要性があったかどうか?
          この点の検証は出されたのでしょうか?

          自粛での倒産はどの程度かもハッキリ出てない様で、コロナ倒産全体で300件越えの数字だけです。
          自粛から解放されて居酒屋等々はなんとか挽回したいと頑張っているはずです。
          やっと少しずつ戻ってきているでしょうが儲けが出るほどには至って無いでしょう。

          ですから多少の犠牲者が出ても今度は自粛慎重論が出ると感じます。
          それにしてもキャバクラやホストクラブなどはどんな人が行くのでしょうかね。
          飲み代だって高いでしょうし、夜の夜中まで飲まなくてもいいじゃないかって思うのです。
          我々の若かりし時代にはピンキャバに行って楽しみましたが早い時間だけでしたよ。
          それも密接な接触でしたが半時間程度と短かったですよ。

          兎も角若い時分にはそうした場所に行きたがることは確かです。
          しかしそこが感染の巣になっているだけでは無いでしょう。
          そこが実に多くの人の働く場になっているとしたら職場の在り方の指針を厚労省かねで作った方がいいでしょう。
          やり玉にあげるだけでなく指導を徹底することも必要です。

          江戸時代の遊郭は厳格な法律的な決まりがあった様です。
          しかし今の社交的な場には勝手な営業をしているのではと思えます。
          免許とか許可証とかは取得せねばならないでしょうが場所とか時間とかが自由すぎやしませんかね。

          この夏の暑さの中でもウイルスが活発に渡り歩いているのは驚きです。
          余程に人の体内が安定出来る場なのでしょう。
          米国で一日5万人以上の感染者が確認されたと言う脅威をどう見るのか?
          数字だけの報道しかなく、どうしてと聞きたい気分です。

          自由度は米国も日本も同じで有ろうし人口密度などは東京の方が高いし、条件的に日本の方が良いとも言えないのです。
          米国人の方がウイルスの居心地が良くて広がるのかどうか?
          初期の段階以上に活発になるウイルスに人は一種の諦めを感じでしまったのでしょうか。

          ウイルス退治は無理だから自由の方を選択したいと方向変換した様にも見えます。
          結局何割かの抗体を持つまでウイルスは強く生き続けるのでしょう。
          そう割り切って行動自粛せずに今日も働き続けます、人の道は厳しいものです。
          | 意外なこと | 09:33 | - | - | - | - |
          晴天に感謝No 4056
          0
            久々に青空に恵まれてとても幸せな感じです。
            ですが朝方まで雨でしたから布団が干せないのが残念です。
            風は相変わらず強く吹いてますので涼しく軽井沢の避暑地に来ているみたいな錯覚を覚えます。

            そういえば軽井沢も随分と行ってないです。
            と言うか別荘がある訳じゃないですからゴルフで行った程度ですがね。
            軽井沢銀座は今コロナ騒ぎでも人では多いでしょうか?

            話で聞いたことが有りますが退職して隠居の身になったら早速軽井沢に移る人もあるとか。
            家庭菜園をしながら自然と一体感を持ち忙しかった現役時代と区切りをつけるとか。
            しかし退職後すぐに行動を起こさないと後々の計画では実行しないそうです。
            時間と共にだんだん判断し難くなるんでしょうかね。

            今日の軽井沢はどんな天気か快適な晴天でしょうか。
            晴れ間も今日一日で明日から又々梅雨の長雨になる予報です。
            今年はしっかりしたつゆの特徴を出しています。
            いいのか悪いのかコロナにとってはどうなんでしょう。

            折角の晴天ですから何かやっておきたい事があるかと、でも特別に思い当たらないです。
            日々の生活は晴天であろうと雨で有ろうとやるべき事はちゃんとしているのです。
            確かに生き物は自然の変化に乗って過ごしているので、自然と隔離しては生きていけないものでしょう。

            そうなると宇宙ステーションの生活はどんなもんですかね。
            狭い空間で自然も無いところで生きられるのが不思議です。
            やはり宇宙人になるってことですか?
            コロナも宇宙に持っていくわけに行きませんからね。

            さてさて東京の感染者が多くなって来てますが誰もそれ程気にしている様子は見当たりません。
            安倍さんも最近は全く出て来ません。
            のんびりワンちゃんと家で過ごしているのでしょうか?
            昭恵夫人は自分の居酒屋経営でご多忙でしょうか?

            ともあれ騒がしい時期は過ぎた感じでこの束の間の晴天を楽しむ事ですかね。
            今朝は若干早起きしてますから時間の余裕を感じてます。
            最近は積極的に外に出てますのでそろそろ用意して出掛けます。
            晴天の幸せをじっくりと感じ取りたいです。
            | 快感 | 09:05 | - | - | - | - |
            対立は無駄骨No 4055
            0
              強風の一日になってます。
              窓が風でガタガタと音を立てています。
              一方窓をちょっと開けていると風を切るビュービューと唸り声が聞こえてきます。
              眼下に見える木の枝が千切れそうな曲がり方をしてます。
              台風並みの強さです。

              昨日はふれあいをして来ましたのでとても楽しい時間を過ごしました。
              人の欲望の一つを満足させるだけで気分は晴れ晴れでした。
              我々引退組は会社に行く訳じゃないから人との接触ふれあいは殆どありません。
              ですからふれあいに枯渇状態です。
              そんなことからどうやら昼カラオケがもてはやされている様です。
              こんな話も聞きました、地域で催しものをやるかどうかで会議を持ったら老人組は是非にとせがんだそうです。
              逆に若い方が老人を保護する為に中止を提言したと言います。
              即ち老人はふれあいを望んでいるのですよ。

              コロナが望むべきふれあいを容赦なく破談破壊したのです。
              これじゃ老人はたまったもんじゃ無いです。
              年中家の中にいて外出も精々日々の買い物程度、会話は家族だけで、テレビもラジオもYouTubeもそれ程の感動も刺激も受けず、笑いも出ない日々。
              これは普通の生活じゃ無いですよ。

              しかし世界を見渡せば、今度はふれあいから対立と言う場面が目に着きます。
              米中の覇権争いなどで世界中が迷惑を受けている訳ですよ。
              「世界は皆兄弟」と言った競艇の笹川良一氏の言葉を思い出します。
              今度は「世界中でふれあいを」のキャッチフレーズは如何なものか。

              しかしコロナでこれはご法度になり、エルボーバンプ(腕で挨拶)じゃ喧嘩腰ですよ。
              地球は人間がいかに幸せに暮らせる場かを模索すれば良いものを、逆の方向に行っては苦労するだけです。
              争い程無駄はありません。

              先の大戦で大きなダメージを受けそしてどれだけの人々が苦労したか。
              対立に無駄はあっても利益は皆無です。
              現在コロナで膨大な損失を産んでいますがそれでも国同士でいがみ合いが除去されません。
              日韓の貿易だって大きなダメージになっているでしょう。
              お互いにスムーズにふれあいができればスーパードライも旨いと飲んで貰えるでしょう。

              しかし何世紀先には対立も疲れ果てて全世界が平和になると期待したいです。
              やはり人類の年齢がまだ若いのでしょう。
              人間の脳が未発達段階なのかも。
              鳥などは種類が違っても対立などせずに毎日せっせと餌求めをして生きてます。
              人間も仕事は餌を求めているのと同じ現象です。
              鳥は餌を加工せずに自然のまま食べますが人はいろんな加工技術を身につけたので複雑な食事になりました。
              いずれも腹が空けば餌が必要なのです。

              結局世界で起きている対立は餌の取り合いでしかないのですよ。
              地球と言うパイの中で取りあいっこしているだけです。
              その欲望が際限なく続き貧富の差などに目を向けません。
              自由には貧富の差を助長する役目目的が有るのです。
              富豪リストに載るかどうか、なんて馬鹿げたことを平気で取り沙汰します。
              逆に貧困のリストも作れば良いものをこちらには目を向けません。

              今の強風は8m/sec程度ですからかなりの強度風です。
              コロナも人間を狙った強風の様なもの、いずれは静かに収まるでしょう。
              コロナも人間と共存したいと言う願望がある訳じゃ無いでしょうが住みやすさを感じたら長い間人間にまとわりつくでしょう。

              コロナとの戦争と言う対立を強調した指導者が多かったですが、対立ではなく本来の姿をよくよく検証してみる事だったと思うね。
              コロナの悪さは何かを突き止めて、悪さをしでかさない対応をすれば言い訳ですよ。
              小池百合子知事もその辺をサジを投げた風で対応の方式無しと言う事みたいです。

              それでいいかもよ。
              もう自然に任せてコロナを放任したらいいかも。
              我々も怖がらずにふれあいをドンドンすればいいかもね。
              対立からお友達へコロナとふれあいを、嫌だけどね。
              | 意識の変化 | 08:58 | - | - | - | - |
              個人事No 4054
              0
                けさも普通の夜明けでした。
                雲が厚く垂れ込めて重圧を感じるものです。
                今日は個人的な事で早速お出かけです。

                久しぶりに1時間程電車に乗っての旅です。
                もし江戸時代だったら一日の行程では無理だったかも。
                そんな時代に生きていたらどんな生活をしてたんだろうかと想像できませんね。

                いくら小説や映画を読んでも見ても実感は掴めないものです。
                タイムスリップしてその時代に行ってみたら面白いかね、しかし大名とか有る程度の地位がなければ辛いだけかも。
                いやそうでも無いのかな?
                庶民の方が気軽さがあったのかも。

                そうやって時代に生きた人々が居て現在まで脈々と時代を歩んで来たんですから生物の凄さを感じます。
                いま紫陽花が綺麗にあちこちで見かけます。
                これも毎年この時期に花を付けるのですから生き物の不思議さを感じてしまいます。

                兎も角そんな訳で今日のブログは内容が無い取り止めのない事になりました。
                明日はじっくりと時間を作ります。
                | 気取らずに | 08:09 | - | - | - | - |
                一つでも安心をNo 4053
                0
                  けさ方太陽光が出ましたが束の間でした。
                  やっぱりこの時期は一日中照りつける状態を期待する方が無理というものです。
                  少しでも出ればの程度しか望めませんか。

                  昨日から布マスクをして外出してますがいいですね。
                  何となく優しく顔を包みます。
                  五層構造で内側はガーゼになっているので肌触りが良いのかも。

                  今迄は黒のマスクでしたが内側にメッシュガーゼがついてましたがどうも肌がチクチクして痒いのです。
                  やはり値段の高いものにせねばダメですね。
                  これからもマスクと長い付き合いですから多少なりとも安心の品物を着けたいです。

                  最近感染者数が増えてきた傾向は東京だけではなく北京もそうですし米国の方は1日4万人以上の数ですから驚きです。
                  世界中で1000万人と言う数字は特に驚きません、実際にはその何十倍か何百倍かいるでしょう。
                  ただ検査出来ていないだけで世界中のデータは気になりません。

                  どうしても地元の東京での数をどう考えるのかです。
                  都知事選で忙しい小池百合子氏からのメッセージは特に出てませんよね。
                  最近テレビは見ないからスマホのニュースだけで状況判断してます。
                  あれほど東京アラートで騒いだレインボーブリッジが寂しそうです。

                  再度真っ赤に色付けしてよ!と要求しているかに見えます。
                  取り敢えず注意喚起する為にオレンジ色でも良いですから変化したらどうでしょう。
                  東京タワーでも良いし、スカイツリーでもいいですよ。
                  或いは東京駅にライトアップさせてオレンジ色で50人突破しましたよ!と警鐘したらいいかも。

                  いずれにしても都民は安心が欲しいのです。
                  ゴタゴタと理屈を言うのではなくシンプルに30人の時は紫色、50人でオレンジ色、70人で真っ赤な色とかどうですか?
                  色分けするだけで今の状態が一目で分かるし注意も怠りなくやろうかと思えばそれでいいのですよ。

                  7項目の中で何何がどうのこうのと言っても所詮内容が曖昧で分かりません。
                  都民に警告したいのなら緑色即ち20人代以下で抑えて欲しいと要望すればどうですか。

                  勿論感染者ゼロが目標ですがその時は純白のライトアップ即ち色がゼロと言う事にしては如何かな。
                  安心は非常に単純なものです
                  ゼロになれば誰でも安心と感じるのですから。

                  酒を飲みながら会話も大声をさせない、お互いに多少でも距離を意識して、顔をよせないとか不安の中での酒では二合をあっという間に飲んでしまい早々に帰り道です。
                  まさかマスクしながらの飲み会は無いですよ。

                  都知事選後に何が待っているのか、安心のできる都政を求めて投票所に行きます。
                  | 待ち遠しい | 10:01 | - | - | - | - |
                  自由の渇望No4052
                  0
                    雨の日曜日海にでも行きたいところですが日本の梅雨時期には何もできません。
                    詰まらないと子供達は嘆いているかもね。
                    しかし子供達だけじゃ無く大人だって羽を伸ばしたい気分になっています。

                    自由にはばたける開放感がいま何よりの望みでしょう。
                    英国の報道の写真によるとビーチに人がひしめいて過密状態でした。
                    33度で晴天であれば誰でも海に行きたくなるし日焼けもしたい欲望にかられます。
                    それもコロナの厳しい制限が続いた後だけに耐えきれない局面を如実に表しているのでしょう。

                    自由が得られないと精神的に鬱の状態になりかねませんから、この辺で開放もいいことだと思います。
                    多少の感染者数が増えても精神衛生的に考えれば良しです。
                    自由の束縛がどれほど辛いのかを物語ってます。

                    一方で米国ですがこれはマスクの話です。
                    どうやら政府筋ではマスク着用を促してますが一般市民はマスクなどできるかとマスク嫌いを行動に出してます。
                    トランプもマスク嫌いの代表的な人です。
                    ここでも個人の自由を確保したいのです。

                    しかしマスクの効用はコロナに限っては有りそうですから自由の欲求だけで良いのかどうか。
                    フロリダで1万人近い感染者が出たと言います。
                    米国の場合、自由か感染防止かとなれば難しい選択なんでしょう。

                    日本はマスク習慣を小さい頃から学んでますから特に自由だとかの問題になりません。
                    ここで今日からマスクの材質を布製に変えることにしました。

                    勿論日本製で値段も二枚で2700円ですので高価な商品です。
                    何故変えるか、それは毎日洗って使えるからです、やはり外を歩いていれば汚れはそれなりに着いてます。
                    マスクの大事な点は清潔であるのに数日も同じマスクでは清潔を保持出来ないと判断したからです。

                    こうなるとアベノマスクもまんざらじゃ無かったのかとも、しかし世帯に二枚じゃ、少なくとも一人に二枚は必要ですよ。
                    そんな事ですが最近の飲み屋の繁盛ぶりは高まってます。
                    焼き鳥屋も以前のめいっぱい状態では無いにしても混んでます。
                    居酒屋も回復状況になってます。

                    ここでも自己の自由を確認しているのです。大勢の会合ではなく数人で飲んでますから一応は気にしているのかなと感じます。
                    どうしたって酒と会話は人の基本的な欲求です。

                    自由をどう得るか、過去にこれ程考えることが必要無かったから今は兎も角自由を考えてしまいます。
                    そんな事も有るのかどうか夜の街のクラブやキャバクラに人が集まるのも自然な自由を求めた形かもしれない。
                    ただそこにはコロナウイルスが存在している事が多いと言われているわけですが行く選択は個人の自由で有るからどうにもなりません。

                    以前ならこれほど多くの感染者を出したキャバクラなどはクラスターと言って店を休業させたんでしょうが、いまはゆるゆるになっています。
                    これも都知事選の影響でしょうか?
                    小池百合子氏が規制を強めたら投票数が減ると思っているのでしょうか。
                    都知事選が終われば再度東京アラートを発動するかも知れませんよ。
                    前にも良い例がありましたね。
                    東京オリンピックの延期前と後での対応の急変、それですよ。

                    しかしこれほどの自由を確保してしまったらアラートも役立た無い気がします。
                    自由とはそうした強力な強さを秘めています。
                    自由の抑制は代価無しには出来ないでしょう。
                    自由を闊歩しながら日々を過ごして行きます。
                    | 快感 | 10:57 | - | - | - | - |
                    今求める物No 4051
                    0
                      昨日は久々に太陽の顔を見ましたが熱線の強さに抗いながらの歩行でした。
                      今朝は太陽光無くても暑さは残っている様です。
                      この先も曇りや雨の予報が続いてますから又しばらくは雲の下の生活が続きます。

                      こうして梅雨の時期は天候に影響されて行動も気分も欲望も低下傾向です。
                      一体いま何を求めたら良いのか?
                      これと言って具体的なものが浮かびません。
                      マスクも取り敢えず間に合ってますし、物質的なものは特に有りません。
                      やはり精神面のことが欲求の一つでしょう。
                      欲望のふれあいが今自由にならない。
                      このことでしょう。

                      電話一本で喫茶店や居酒屋に誘えないのが辛いところですかね。
                      こちらは良いと思っても相手が心配性であればふれあいができません。
                      この不自由さに慣れろと言われても中々です。

                      最近は一人居酒屋や一人喫茶店などしてますが、これはふれあいの無い個人行動です。
                      いまはお隣の方に気安く話し込めないですからね。
                      電車に乗ってもどっかよそよそしい感じがします。

                      いつ迄で続ければ普通に戻るんでしょうか。
                      経済面で元に早く戻そうと政府筋は指導してますが肝心の人の心は置き去りです。
                      もっと日々が楽しくなる様な明るい話が政府筋から出て来ませんかね。

                      自粛は解除されたと言いますが精神面ではまだまだ自粛してます。
                      心が閉鎖されたまま開放感を感じません。
                      都知事選も静かなものです。
                      選挙カーなど見かけませんし、ウグイス嬢の甲高い声も有りません。

                      ふれあい無くして投票人を選べるのか?
                      有利なのは現職です、新人はいろんな応援者に助けられるチャンスがありません。
                      いずれ小池百合子氏が当選となるでしょうが東京をどう導くのか先が見えません。
                      ふれあいの街新宿の夜街も一方的にコロナ話題になって、ふれあいを悪と決めつけている小池百合子氏に賛成はできませんね。

                      公約に東京ふれあいの街と打って出た候補者がいれば投票します。
                      人の基本となる欲望を満たすのが為政者の筈です。
                      前にも書いてますが、ふれあいと意思疎通と運動の三要素が人の欲望なのです。
                      選挙もふれあいって、演説に共感して、働いてくれる人と思える知事を選びたいですいまは何も無いのです。
                      | 難しい | 09:05 | - | - | - | - |